昭和七年版

佛教年鑑

佛誕二千四百九十八年

1 大勢篇 一
2 宗務篇 二一
3 教學篇 九五
4 布教篇 一二八
5 事業篇 一四三
6 時事篇 二四二
7 人事篇 二八七
8 法令篇 四三九
9 統計篇 四七四
10 雜纂篇 四八三



昭和七年(壬申)略曆
新曆 大 一三 五 七 八 十 十二
   小 二(閏) 四 六 九 十一
庚申 二月廿九日 四月廿九日 六月廿八日 八月廿七日 十月廿六日 十二月廿五日
八專 二月廿一日 四月廿一日 六月廿日 八月十九日 十月十八日 十二月十七日
土用 一月十八日 四月十七日 七月廿日 十月廿日

四方神 一月一日
元始祭 一月三日
新年宴會 一月五日
紀元節 二月十一日
春季皇靈祭 三月廿一日
神武天皇祭 四月三日

締盟國 露國レニン忌祭 一月二十一日
希臘國祭日 四月七日
波蘭國祭日 五月三日
西班牙皇帝誕辰 五月十七日
亞爾然丁獨立日 五月廿五日
英國皇帝誕辰 六月三日
瑞典皇帝誕辰 六月十六日
米國獨立記念日 七月四日
佛蘭西國祭日 七月十四日
秘露國祭日 七月廿八日
瑞西國祭日 八月一日
諾威皇帝誕辰 八月三日
獨逸憲法記念日 八月十一日

年中行
入臺 一月十日
藪入 一月十六日
初年 二月十五日
節分 二月四日
憲法紀念日 二月十一日
春彼岸入 三月十八日
上巳節句 三月三日
護佛會 四月八日
狩獵禁止 四月十五日
八十八夜 五月二日
端午節句 五月五日

皇紀二千五百九十二年 佛誕 二千四百九十八年 西曆 千九百三十二年

天長節 四月廿九日
秋季皇靈祭 九月廿三日
神甞祭 十月十七日
明治節 十一月三日
新甞祭 十一月廿三日
大正天皇祭 十二月廿五日

祝祭日
和蘭女帝誕辰 八月卅一日
墨西哥獨立日 九月十六日
智利獨立日 九月十八日
丁抹皇帝誕辰 九月二十六日
葡萄牙國祭日 十月五日
支那國祭日 十月十日
チエツコ國誕日 十月廿八日
土耳其共和祭 十月廿九日
暹羅皇帝誕辰 十一月八日
伊太利皇帝誕辰 十一月十一日
伯刺西爾國祭日 十一月十五日
白耳義皇帝命名 十一月十五日
芬蘭獨立日 十二月六日

事其他
時記念日 六月十日
入梅 六月十日
七夕祭 七月七日
盂蘭盆 七月十五日
震災記念日 九月一日
二百十日 九月一日
秋彼岸入 九月廿日
成道會 十二月八日
大祓 十二月卅一日

二十四節
小寒 一月六日
大寒 一月廿一日
立春 二月五日
雨水 二月廿日
驚蟄 三月六日
春分 三月廿一日
清明 四月五日
榖雨 四月廿日
立夏 五月六日
小滿 五月廿一日
芒種 六月六日
夏至 六月廿一日
小暑 七月八日
大署 七月廿四日
立秋 八月八日
處暑 八月廿三日
白露 九月八日
秋分 九月廿四日
寒露 十月八日
霜降 十月廿四日
立冬 十一月八日
小雪 十一月廿二日
大雪 十二月七日
冬至 十二月廿二日

日曜表
一月 三日、十日、十七日、廿四日、卅一日
二月 七日、十四日、廿一日、廿八日
三月 六日、十三日、廿日、廿七日
四月 三日、十日、十七日、廿四日
五月 一日、八日、十五日、廿二日、廿九日
六月 五日、十二日、十九日、廿六日
七月 三日、十日、十七日、廿四日、卅一日
八月 七日、十四日、廿一日、廿八日
九月 四日、十一日、十八日、廿五日
十月 二日、九日、十六日、廿三日、卅日
十一月 六日、十三日 、廿日、廿七日
十二月 四日、十一日、十八日、廿五日

舊曆 大 正 二 三 五 七 九
   小 十二 四 六 八 十 十一
甲子 一月四日 三月四日 五月三日 七月一一日 八月卅一日 十月卅日 十二月廿九日
乙巳 一月九日 三月九日 五月八日 七月七日 九月五日 十一月四日
社日 三月十八日 九月廿日


頁一
明治天皇

教育勅語

朕惟フ二我カ 皇宗皇宗 國ヲ肇ムルコト宏遠ニ 德ヲ樹ツルコト深厚ナリ 我カ臣民克ク忠ニ 克ク孝ニ億兆心チ一二シテ 世々厥ノ美チ濟セルハ 此レ我カ國體ノ精華ニシテ 教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス 爾臣民 父母ニ孝二 兄弟ニ友ニ 夫婦相和シ 朋友相信シ 奉儉已レヲ持シ 博愛衆ニボシ 學ヲ修メ 業ヲ習ヒ 以テ智能ヲ啟發シ 德器ヲ成就シ 進テ公益ヲ廣メ 世務ヲ開キ 常ニ國憲ヲ重シ 國法ニ遵ヒ 一旦綏急アレハ 義勇公ニ奉シ 以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ 是ノ如キハ 獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス 又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン斯ノ道ハ 實二我カ 皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ 子孫臣民ニ俱ニ遵守スへキ所 之ヲ古今二通シテ謬ラス 之ヲ中外エ●シテ悖ラス 朕爾臣民ト俱二拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日

御名御璽

今上天皇御卽位式

勅語

朕惟フニ 我カ皇祖皇宗惟神ノ大道ニ遵ヒ 天業ヲ經綸シ 萬世不易ノ丕基ヲ肇事メ 一系無窮ノ永祚ヲ傳へ以テ朕カ躬ニ逮ヘリ 朕祖宗ノ威靈ニ頼リ 敬シテ大統ヲ承ケ 恭シク神器ヲ奉シ 茲ニ卽位ノ禮ヲ行ヒ 昭ニ爾有衆ニ誥ク

皇祖皇宗國ヲ建テ民ニ臨ムヤ 國ヲ以テ家ト為シ 民ヲ視ルコト子ノ如シ 列聖相承ケテ仁恕ノ化下ニ洽ク兆民相率ヰテ敬忠ノ俗上ニ奉シ 上下感孚シ 君民體ヲ一ニス 是レ我カ國體ノ精華ニシテ 當ニ天地ト並ヒスヘキ所ナリ

皇祖考古今ニ鑒シテ 維新ノ鴻圖ヲ闢キ 中外ニ徵シテ立憲ノ遠猷ヲ敷キ 文ヲ經トシ 武ヲ緯トシ 以テ曠世ノ大業ヲ建ツ 皇考先朝ノ宏謨ヲ紹繼シ 中興ノ丕績ヲ恢弘シ 以テ皇風ヲ宇內ニ宣フ 朕寡薄ヲ以テ忝ク遺緒ヲ嗣キ 祖宗ノ擁護ト 億兆ノ翼戴トニ賴リ以テ天職ヲ治メ 墜スコト無ク 愆ツコト無カラムコトヲ庶幾フ

朕內ハ卽チ教化ヲ醇厚ニシ 愈民心ノ和會ヲ致シ 益國運ノ隆昌ヲ進メムコト念ヒ 外ハ卽チ國交ヲ親善ニム 永ク世界ノ平和ヲ保チ 普ク人類ノ福祉ヲ益サムコトヲ冀フ 爾有衆其レ心ヲ協へ 力ヲ戮セ 私ヲ忘レ 公ニ奉シ 以テ朕カ志ヲ弼成シ 朕ヲシテ祖宗作述ノ遺烈ヲ揚ケ 以テ祖宗神靈ノ降鑿ニ對フルコトヲ得シメヨ

昭和三年十一月一日


頁二
國民精神作興詔書

朕惟フニ國家興隆ノ本ハ國民精神ノ剛健ニ在リ 之ヲ涵養シ之ヲ振作シテ 以テ國本ヲ固クセルヘカラス 是ヲ以テ先帝意ヲ教育ニ留メルセラレ 國體二基キ 淵源ニ遡リ 皇祖皇宗ノ遺訓ヲ揭ケテ其ノ大綱ヲ昭示シタマヒ 後又臣民ニ詔シテ忠實勤儉ヲ勸メ 信義ノ訓ヲ申ネテ荒怠ノ誡ヲ垂レタマヘリ 是レ皆道德ヲ尊重シテ 國民精神ヲ涵養振作スル所以ノ洪謨ニ非サルナシ 爾來趨向一定シテ效果大ニ者レ 以テ國家ノ興隆ヲ致セリ 朕卽位以來夙夜兢兢トシテ常二紹述ヲ思ヒシニ 俄ニ災變二遭ヒ憂悚交々至レリ

輓近學術益々開ケ 人智日ニ進ム 然レトモ浮華放縱ノ習漸ク萠シ 輕佻詭激ノ風モ亦生ス 今ニ及ヒテ時弊ヲ革メスムハ 或ハ前緒ヲ失墜セムコトヲ恐ル 況ヤ今次ノ災禍甚タ大ニシテ 文化ノ紹復國カノ振興ハ皆國民ノ精神二待ツヲヤ 是レ實ニ上下協戮振作更張ノ時ナリ 振作更張ノ道ハ他ナシ 先帝ノ聖訓ニ恪遵シテ 其ノ實效ヲ舉クルニ在ルノミ 宜ク教育ノ淵源ヲ崇ヒテ 智德ノ並進ヲ努メ 綱紀ヲ肅正シ 風俗ヲ匡勵シ 浮華放縱ヲ斥ケテ質實剛健二趨キ 輕佻詭激ヲ矯メテ 醇厚中正二歸シ 人倫ヲ明ニシテ親和ヲ致シ 公德ヲ守リテ秩序ヲ保チ 責任ヲ重シ 節制ヲ尚ヒ 忠孝義勇ノ美ヲ揚ク 博愛共存ノ誼ヲ篤クシ 入リテハ恭儉勤敏業二服シ産ヲ治メ 出テハ一己ノ利害ニ偏セスシテ 力ヲ公益世務ニ竭シ 以テ國家ノ興隆ト 民族ノ安榮社會ノ福祉トチ圖ルヘシ 朕ハ臣民ノ協翼ニ賴リテ 彌々國本ヲ固クシ 以テ大業ヲ恢弘セムコトヲ翼フ 爾臣民其レ之ヲ勉メヨ

御名 御璽

攝政名

國務大臣副署

大正十二年十一月一日


頁三
法皇入道御受戒一覽表

御名 法諱 年代 戒師
聖武 勝滿 天平勝寶元年 行基
孝謙 法基尼 天平寶字元年 鑑眞
平城  大同五年 空海
仁明 嘉祥三年
清和 素眞 貞觀元年 圓仁
陽成  天曆三年 
宇多 空理 昌泰二年 益信
醍醐 金剛寶 延長八年 尊意
朱雀 佛陀壽 天曆六年 寬空
村上 覺貞 康保四年
圓融 金剛法 寬和元年 寬朝
花山 入覺 寬和二年
一條 精進覺 寬弘八年
三條 金剛淨 寬仁元年
後一條  長元九年
後朱雀  寬德二年
後三條 金剛行 延久五年 性信
白河 融覺 嘉保三年 勝覺
鳥羽 空覺 保延七年 信證
崇德  保元元年
後白河 行眞 嘉應元年 覺忠

御名 法諱 年代 戒師
後鳥羽 良然 永久三年 俊芿
土御門 行源 寬喜三年
後嵯峨 素覺 文永五年 尊助
後深草 素實 正應三年
龜山 金剛源 正應二年 了邊
後宇多 金剛性 德治二年 禪助
伏見 素融 正和二年 公什
後伏見 理覺 元弘三年 尊道
花園 遍行 建武二年 惠鎮
長慶 覺理
後龜山 金剛心 明德三年
光巖 勝光智 觀應三年
光明 眞常智 文和四年
崇光 勝圓心 明德三年
後光嚴 光融 應安七年 聖皐
後圓融 光淨 明德四年 同
後小松 素行智 永享三年
後花園 圓滿智 應仁元年 增運
後水尾 圓淨 應安四年
靈元 素淨 正德三年 道仁



各宗高僧入滅年代及諡號宣下年月日

宗名 大師國師號及名 寺名 世壽 入滅年代 諡號宣下年月 自入滅年至昭和七年
天台 傳教大師最澄 延曆寺 五六 弘仁十三年六月四日 貞觀八年四月十四日 一一一一
眞言 弘法大師空海 金剛峯寺 六二 承和二年三月廿一日 延喜廿一年六月廿八日 一〇九八
天台 智證大師圓珍 圓城寺 七八 寬平七年四月三十日 延長三年十二月十七日 一〇三八
融通念佛 聖應大師良忍 大念佛寺 六一 長承元年二月一日 安永二年十月十六日 八〇〇
眞言 興教大師覺鍐 大傳法院 四九 康治二年十二月十二日 天文九年十月十二日 七九〇
淨土 明照大師源空 知恩院 八〇 建麟二年正月廿五日 明治四十四年二月廿五日 七二一
臨濟 千光國師榮西 建仁寺 七五 建保三年七月十日 ……………… 七一八
眞言 月輪大師俊芿 泉涌寺 六二 安貞元年閏三月八日 明治十六年六月廿八日 七〇六
淨土 鑑智國師證空 歡喜心院 七一 寶治元年十一月廿六日 寬政八年 六八六
曹洞 承陽大師道元 永平寺 五四 建長五年八月廿八日 明治十一年十一月廿二日 六八〇
眞宗 見眞大師親鸞 本願寺 九〇 弘長二年十一月廿八日 明治十二年十一月廿六日 六七一
臨濟 聖一國師圓爾 東福寺 七九 弘安三年十月十七日 應長元年十二月廿五日 六五三
日蓮 立正大師日蓮 久遠寺 六一 弘安五年十月十三日 大正十一年十月十三日 六五一
時宗 圓照大師一遍 清靜光寺 五一 正應二年八月二十三日 明治十九年八月廿三日 六四四
曹洞 常濟大師瑩山 總持寺 五八 正中二年八月十五日 明治四十二年九月八日 六〇八
臨濟 無相大師關山 妙心寺 八四 延文五年十二月十二日 明治四十二年四月七日 五七二
天台 慈攝大師眞盛 西教寺 五三 明應四年二月一日 明治十六年六月廿日 四三八
眞宗 慧燈大師蓮如 本願寺 八五 明應八年三月廿五日 明治十五年三月廿一日 四三四
天台 慈眼大師天海 寬永寺 一〇八 寬永二十年十月二日 慶安元年四月十一日 二九〇
黃檗 眞空大師隱元 萬福寺 八〇 寬永元年四月三日 大正六年三月七日 二六〇



昭和七年度 佛教年鑑目次

第一 大勢篇
『佛教年鑑』の使命と價值 土屋詮教 一
昭和六年の佛教界を觀る 渡邊海旭 四
昭和六年の佛教學界 常盤大定 八
最近一年間の反宗教運動と佛教との對立(理論及び實踐の概說) 宇野圓空 一三
藝術現象の概說 赤松月船 一六
我國の佛教青年會及聯盟の概說 常光浩然 一八

第二 宗務篇
各宗派總本山大本山及本山 二一
各宗派管長、宗務所、出張所 二四
各宗派(宗務所、本山、門跡、宗務出張所)職員 二七
天台宗 二七
天台宗寺門派 二九
天台宗盛派 三一
古義眞言宗 三一
眞言宗醍醐派 三三
眞言宗東寺派 三四
弘法大師一千百年御忌事務局 三五
眞言宗泉涌寺派 三五
眞言宗山階派 三五
眞言宗善通寺派 三六
新義眞言宗智山派 三六
新義眞言宗豐山派 三八
眞言律宗 三九
律宗 四〇
淨土宗 四〇
淨土宗西山禪林寺派 四二
淨土宗西山光明寺派 四三
淨土宗西山深草派 四三
臨濟宗天龍寺派 四四
臨濟宗相國寺派 四五
臨濟宗建仁寺派 四五
臨濟宗南禪寺派 四五
臨濟宗妙心寺派 四七
臨濟宗建長寺派 四八
臨濟宗東福寺派 四九
臨濟宗大德寺派 五〇
臨濟宗圓覺寺派 五〇
臨濟宗永源寺派 五一
臨濟宗方廣寺派 五一
臨濟宗佛通寺派 五二
臨濟宗國泰寺派 五二
臨濟宗向嶽寺派 五二
曹洞宗 五二
黃檗宗 五六
眞宗本願寺派 五七
眞宗大谷派 六〇
眞宗高田派 六二
眞宗興正派 六四
眞宗佛光寺派 六四
眞宗木邊派 六五



眞宗出雲路派 六五
眞宗山元派 六五
眞宗誠照寺派 六五
眞宗三門徒派 六六
日蓮宗 六六
日蓮正宗 七〇
顯本法華宗 七〇
本門宗 七一
本門法華宗 七二
法華宗 七二
本妙法華宗 七三
日蓮宗不受不施派 七四
日蓮宗不受不施派講門派 七四
時宗 七四
融通念佛宗 七五
法相宗 七六
華嚴宗 七六
各宗派宗會議員 七七
朝鮮三十一本山 八三
佛教聯合會 八三
文部省宗教事務職員 八九
各宗派宗議會名稱及其組織 九二

第三 教學篇
佛教各宗派僧侶教師の養成 九五
各大學專門學校の佛教講座 一〇五
東京帝國大學文學部 一〇五
京都帝國大學文學部 一〇五
東北帝國大學法文學部 一〇五
九州帝國大學法文學部 一〇五
京城帝國大學法文學部 一〇六
早稻田大學文學部 一〇六
龍谷大學學部 一〇六
大谷大學學部 一〇六
駒澤大學佛教學科 一〇七
東洋大學學部 一〇八
立正大學學部及專門部 一〇八
高野山大學 一〇八
大正大學 一〇九
臨濟宗大學 一一〇
佛教專門學校 一一〇
智山專門學校 一一〇
西山專門學校 一一一
眞宗專門學校 一一一
中央佛教專門學校 一一一
京都女子高等專門學校 一一一
千代田女子專門學校 一一一
相愛女子專門學校 一一一
東京女子體操音樂學校 一一一
大谷女子專門學校 一一一
大學の卒業論文 一一二
佛教關係の中學及實業學校 一一九
佛教關係の高等學校及實科女學校 一二一
專門道場及學院並に尼衆學校 一二五

第四 布教篇
各宗派に於ける布教現況 一二八
內地布教の現勢 一二八
海外開教の現勢 一三七
古義眞言宗 一三七
眞言宗醍醐派 一三七
新義眞言宗智山派 一三七
新義眞言宗豐山派 一三七
淨土宗 一三七
臨濟宗妙心寺派 一三八
臨濟宗圓覺寺派 一三八
曹洞宗 一三八
黃檗宗 一三八
眞宗本願寺派 一三八
眞宗大谷派 一四一



眞宗興正派 一四一
眞宗佛光寺派 一四二
眞宗山元派 一四二
日蓮宗 一四二
顯本法華宗 一四二
本門法華宗 一四二

第五 事業篇
佛教者經營の社會事業一覽 一四三
北海道 一四三
東京府一四三
京都府 一四七
大阪府 一五〇
神奈川縣 一五一
兵庫縣 一五二
長崎縣 一五三
新潟縣 一五四
埼玉縣 一五五
群馬縣 一五六
千葉縣 一五七
茨城縣 一五七
栃木縣 一五八
奈良縣 一五八
三重縣 一五九
愛知縣 一六〇
靜岡縣 一六二
山梨縣 一六三
滋賀縣 一六三
岐阜縣 一六四
長野縣 一六五
宮城縣 一六六
福島縣 一六八
岩手縣 一六九
青森縣 一七〇
山形縣 一七〇
秋田縣 一七一
福井縣 一七一
石川縣 一七一
富山縣 一七二
鳥取縣 一七二
島根縣 一七二
岡山縣 一七三
廣島縣 一七四
山口縣 一七四
和歌山縣 一七五
德島縣 一七六
香川縣 一七六
愛媛縣 一七六
高知縣 一七七
福岡縣 一七七
大分縣 一七八
佐賀縣 一七八
熊本縣 一七九
宮崎縣 一七九
鹿兒島縣 一七九
沖繩縣 一七九
臺灣 一七九
樺太 一七九
朝鮮 一七九
滿洲 一八〇
佛青聯盟の事業 一八〇
佛教者關係の教化修養團體 一八一
教化團體 一八一
佛教徒融和事業 一九二
信仰團體 一九二
學術團體 一九四
佛教婦人會 一九五
佛教青年會佛教女子青年會 一九六
佛教青年會 一九六
佛教女子青年會 二〇三
布哇佛教青年會 二〇四
佛教に關する新刋圖書 二〇七
佛教關係の社團及財團法人 二一二



佛教關係の新聞雜誌 二二七

第六 時事篇
宗政關係 二四三
妙心寺派宗會 二四三
古義眞言宗宗會 二四三
天台宗宗會 二四三
曹洞宗宗會 二四四
智山派宗會 二四四
豐山派宗會 二四四
本願寺派宗會 二四五
淨土宗宗會 二四五
大谷派臨時宗會 二四六
高田派議會解散 二四六
日蓮宗宗會 二四六
融通念佛宗定期宗會 二四六
本妙法華宗宗會 二四七
天龍寺派參事會 二四七
南禪寺派宗會 二四七
大谷派定期宗會 二四七
善通寺派臨時宗會 二四八
融通念佛宗宗會 二四八
曹洞宗全國宗制調查打合並近幾大會 二四八
深草派參事會 二四九
大谷派更正會 二四九
曹洞宗教學審議會 二四九
曹洞宗制度調查會 二四九
智山派全國支所管理會 二五〇
黃檗宗新宗憲認可 二五〇
小野派が善通寺派と改稱 二五〇
時宗管長に桑畑大僧正 二五〇
相國寺派執事長選舉 二五〇
日蓮宗柴田內局成る 二五〇
眞言宗山階派管長決定 二五一
善通寺派新管長 二五一
建仁寺派管長選舉 二五一
善通寺本山執事決定 二五一
天龍寺派執事更迭 二五一
大谷派內局總辭職 二五一
岡田教篤氏身延山へ 二五一
知恩院加藤內局組織 二五一
增上寺野上新內局成る 二五一
妙心寺派內局動搖 二五一
古義釋內局成る 二五一
築地本願寺の新設計 二五二
政教關係 二五二
佛教聯合會の五大請願提出 二五二
寺院佛堂國有境內地問題 二五二
井上藏相と特別委員の任命 二五二
特別委員會と答申案及法律案 二五三
大藏當局佛聯に諒解を求む 二五三
佛教聯合の對策活動 二五三
佛聯の修正案及修正案作成の理由 二五四
寺院佛堂の國有境內地處分に關する法律案 二五四
佛聯の修正案に對する京都各宗派重役會議 二五五
國有境內整理法律案議會提出延期となる 二五五
僧侶諸宗教師政社加入權附與衆議院を通過す 二五五
佛聯五請願と貴族院 二五六
東京佛教護國團の請願 二五六
本願寺派佛教婦人會の婦人公民權獲得運動 二五六
市町村制北海道會法中改正請願書 二五六
眞宗協和會と神社法私案 二五六
佛聯常務幹事主事改選 二五六
行政整理と宗教局 二五七
寺院が監督官廳からへの手續で怠り易い諸點 二五七



學界消息 二五七
駒大佛教學會年報 二五七
京大佛教青年會創立 二五七
大藏經編纂近く完成 二五七
高麗版慧琳一切經音義 二五七
東大印哲研究室からへ暹邏から藏經寄贈 三五八
龍谷大學からへも御寄贈 二五八
東洋大學學長に高楠順次郎博士就任 二五八
宇井博士受賞 二五八
加藤咄堂居士表彰祝賀會 二五八
境野黃洋氏からへ文博 二五八
眞言宗年表 二五八
佛教諸團體の活動 二五九
暹邏皇帝奉迎式と日比谷の花祭 二五九
京都の花祭 二五九
大阪の花祭 二六〇
第三回日本佛教學大會 二六〇
癩病救濟の光明會結成 二六〇
全日本佛教青年聯盟の創立 二六〇
世界宗教平和會議 二六一
日本宗教平和會議 二六一
全國佛教保育大會 二六二
天台宗青年會の組織 二六二
智山教化事業聯盟成る 二六二
京都帝大に佛教青年會生る 二六三
京都佛教社會事業協會成る 二六三
智山互助會生る 二六三
京都佛教青年聯盟成る 二六四
光德寺善隣館のシュー、ポーイス、ユニオン 二六四
東京佛教護國團役員改選 二六四
全布哇の第四回佛青大會 二六四
女子會館の建設 二六五
統一團協讚會設立計畫 二六五
曹洞宗保育講習會 二六五
佛聯第二十二回評議員會 二六五
東京濟世軍開館式 二六五
大阪四天王寺の施藥療病院開放 二六五
教化事業功勞者選獎 二六六
弘法大師奉讚會 二六六
劇、映畫、音樂 二六六
宗教劇團の旗上げ 二六六
佛教音樂協會役員總會 二六六
佛教音樂會第一回講習會 二六六
大谷派の宗教教育映畫協會 二六七
大阪淨土宗教團小型映畫作成 二六七
映畫教化聯盟生る 二六七
日蓮宗の立正映畫協會 二六七
海外の佛教 二六七
布哇本願寺からへ米人入門 二六七
米國陸軍大尉の佛式結婚 二六八
ラーゲル博士ライデン大學教授となる 二六八
大德寺からへ米國禪僧 二六八
セイロン佛教徒觀光團 二六八
布哇に日本文庫建設の計畫 三六八
奈良佛教の研究にバ大學ワーナー教授來朝 二六九
日佛佛教協會が巴里に研究所新設 二六九
鶴見高女からへ日系市民留學 二六九
佛立講が伯國で普及 二六九
反宗教運動と教界の動搖 二六九
反宗教鬪爭同盟 二七〇
運動方針大綱 二七〇
反宗教鬪爭同盟準備會行動綱領 二七七
反宗教鬪爭同盟準備會 二七八
同上規約 二七八
宗教打倒演說會スローガン 二七九
日本反宗教同盟 二七九
全國水平社、全農組合の協同鬪爭委員會 二八〇



全國宗教擁護同盟 二八〇
同上目的 二八〇
同上名稱 二八〇
同上構成 二八〇
同上組織 二八〇
同上附則 二八〇
佛教青年聯盟 二八〇
同上スローガン 二八〇
同上檄 二八〇
反宗教運動折伏聯盟 二八一
同上宣言 二八一
同上綱領 二八一
反宗教運動と日本宗教協會 二八二
本願寺派が反宗教運動研究調查を開始 二八二
反宗教運動と佛教 二八二
反宗と天台青年會 二八二
反宗教同盟結成大會 二八二
「時局批判」と改稱せる反宗教演說會 二八二
教界片々 二八三
立正大師に勅額下賜 二八三
AKから全國へ盂蘭盆法要の放送 二八三
國寶の觀音四天王燒く 二八三
三十三間堂本尊の作者時代等の確證出づ 二八四
親鸞存生中の最古寫本經發見 二八四
鐵眼禪師二百五十回忌と窮民救助の大施行 二八四
伊藤博文公の菩提寺春畝山博文寺地鎮式 二八四
臺北東本願寺別院 二八四
小田原道了尊の都入り 二八四
震災記念堂に佛舍利を奉安 二八四
盆の供米で缺食兒童の救濟 二八五
九月一日の震災記念堂 二八五
皇后陛下の香爐御下賜 二八五
支那水害と佛教徒の義金 二八五
女性僧侶の進出 二八五
教界の哀悼 二八五
竹田默雷老師の遷化 二八五
信隆日秀師遷化 二八五
杉田日布師遷化 二四六
本多日生師の宗葬 二八六
山本富賢氏逝去 二八六
田村智範氏遷化 二八六
手島文蒼氏逝去 二八六
下間空教氏の訃 二八六
野口日主師逝去 二八六
弓波龍大學長の訃 二八六
福原隆成氏逝去 二八六

第七 人事篇
各宗派管長(宗派順配列)
現代著名佛教者(五十音順配列)
アの部 二九四
イ(ニ)の部 三〇一
ウの部 三一二
エ(ヱ)の部 三一五
オ(ヲ)の部 三一七
カの部 三一八
キの部 三三八
クの部 三四一
コの部 三四六
サの部 三五二
シの部 三五七
スの部 三六二
セの部 三六五
ソの部 三六六
タの部 三六七
チの部 三七六
ツの部 三七八
テの部 三八〇



トの部 三八一
ナの部 三八四
ニの部 三八九
ヌの部 三九一
ネの部 三九二
ノの部 三九二
ハの部 三九三
ヒの部 三九八
フの部 四〇二
ヘの部 四〇二
ホの部 四〇八
マの部 四一一
ミの部 四一六
ムの部 四二一
メの部 四二二
モの部 四二三
ヤの部 四二五
ユの部 四三〇
ヨの部 四三一
リの部 五三三
ロの部 四三三
ワの部 四三四

第八 法令篇
宗教に關する所管の沿革大要 四三九
宗教法規 四四〇
總目次 四四〇
第一類 神佛道 四四〇
第二類 神佛道以外の宗教 四四九
第三類 國寶保存 四四九
第四類 報告 四五一
第五類 關係法規 四五二
宗教法規年表 四五四
宗教法制定問題 四六八
寺院國有境內地問題 四七二

第九 統計篇
各宗管長教師及非教師數 四七四
各宗派寺院及住職數 四七六
教會及說教所數 四七八
各宗派檀信徒員數 四七九

第十 雜纂篇
僧侶各種議員一覽 四八三
貴族院議員 四八三
衆議院議員 四八三
府會議員 四八三
縣會議員 四八三
市會議員 四八三
町長 四八三
町會議員 四八三
村長 四八四
助役 四八四
村會議員 四八四
東京市區會議員 四八六
佛教聖歌 四八七
弔祭の歌 四八七
盆會の歌 四八七
迷ひの鳥 四八七
少年少女の歌 四八八
結婚式の歌 三八八
光明皇后奉讚の歌 四九三
涅槃會 四九三
各宗派年中行事抄 四八九
民間信仰巡拜の栞 四九四
諸國巡拜札の部 四九四
南都七大寺 四九四
西國三十三所觀音 四九四
阪東三十三所觀音 四九五
秩父三十四所觀音 四九五
百觀音 四九六



四國八十八ケ所 四九六
島四國遍路 四九八
淨土宗洛陽四十八願路 四九八
淨土宗二十五ケ靈場 四九八
眞宗二十四輩 四九九
眞宗關東七ケ寺 四九九
眞宗關東六老僧 四九九
日蓮宗十六本山めぐり 四九九
修驗道六山 五〇〇
六阿彌陀 五〇〇
洛陽六地藏 五〇〇
東都六地藏 五〇〇
鑄銅六地藏 五〇〇
東都五色不動 五〇〇
風俗の部 五 〇
修驗者 五〇〇
虛無僧 五〇一
六十六部 五〇一
順禮 五〇一
千ケ寺詣 五〇一
空也念佛 五〇一
寒詣 五〇一
教界日誌抄 五〇二
昭和四年(十月以降) 五〇二
昭和五年 五〇六
昭和六年(九月迄) 五二九

佛教年鑑目次 終


頁一
第一 大勢篇

「佛教年鑑」の使命と價值

土屋詮教


世界に於ける日本帝國の立場は、從來、列國環視の中に、正しく認識されてゐただらうか。日支紛爭問題が國際聯盟に映じた反影は、最初果して如何なる觀念を彼等の多數者に抱懷せしめつ々あつたヾらうか。我が國民は少くとも佛陀の精神により、千數百年來、自覺、覺他、平等、布施、精進、智慧等の理想を目的とする教化に孚まれ、慈悲と正義とにより人類救濟を實現すべく培はれて、世界同胞の見地に立脚し行動せるに反し、支那國民の大多數には理想、慈悲、信仰ともに缺如し、無秩序、不統一にして殘虐暴戾なる資質を有し、人道に背く國民性なることを、恐らく、未だ歐米人の正視し得ない所謂認識不足による誤解が、少なからず日本を不利の地位に導きつヽあつたのではなからうか。

過去の辨證を根據とする現代人は、歸納的にあらゆる事實の概念を分析し、檢討し、研究して、その眞價を確實に認識する材料を提示しなければ、空虛な單なる觀念論として、荀も重視し、把握し、滿足するものでない。佛教が動もすると他教に比して、一般社會人、殊に、多數外人や、インテリゲンチヤや、科學者等に、その本質職位を認識し重視されないのは、恰も日本の國家民人が歐米人から、徹底的に我が國民性の本質價值を觀得されないで、何日も欺瞞に巧みなる支那側の宣傳等に先を越され、却つて、我が公明な正義の行動も、彼等から非難され、その辯解釋明に惱まさるヽが如きものであるまいかと思ふ。

X

佛教徒は人類社會に絕大なる文化的業績を殘しつヽ、その成績紀錄が完全でなく、毎年佛教各宗派の傳道施設、事業經營、或は社會運動等の綜合的決算が、判然と國家社會人に公示し、之を認識せしむる機關が備はつて無かつたのである。

教界に於ける此の缺典を遺憾とし微力を以て「佛教年鑑」の創刋を計劃斷行し、旣に這般その第三回を重ね、昭和七年度を發行するに至つたのである。故に本年鑑の使命とその


頁二
價值等に關し、今更こヽに贅言する迄もなく、佛教の人類社會及び國家に、今日如何なる役割をなしつヽあるかを紀錄し而も明日各宗の共同提携の事業を助成するに役立つ有意義の出版物として、我が教界人は勿論のこと、茍しくも、思想に教育に、政治に、社會事業に、直接間接關心を持たるヽ活動家は、等しく「佛教年鑑」の重要なることを十分に味得し知悉されたことは、創設者として私の衷心より欣幸とし感謝する所以なのである。

が、尚ほ「佛教年鑑」の内容と價值とを證明する好例として、茲に私の尊重する佛教教育家淺野孝之氏の昭和六年度「佛教年鑑」に對する感想と批評との一部を、次に登載して如何に本年鑑の重要性あるかを明かにしたいのである。

本年四月二十九日から五月三日に亘る「文化時報」に連載されたものに、次の如く「教家の虎の卷」として讚辭を賜はつたので、寧ろ私としては忸怩たらざるを得ない感を深くするのである。

X

先年歐米旅行の際、眞に役立つたものは、案内書と其國國の年鑑てあつた。短日月の間に比較的多くの見學をなし且つ確實に近いアウトラインを掴まんとするには、兩書はなくてはならぬ資料であつた。此時位年鑑の必要を認めたことなく、かくて日本にても出でんと取沙汰せられてゐた土屋氏の「佛教年鑑」をどんなに待遠く思つたとであらう。

佛教國と云はわ大乘相應の國と自ら許して、國史と共に進展して來た佛教、日本の殆ど全勢力を占むるとさへ云はるヽ佛教が、若き歷史と僅に二十萬の信徒を有するに過ぎぬ基督教に一籌を輸して、早くも彼れに備はる年鑑が我れにないとはどうした事か。體裁の上から云つたも情ない話だ。一體佛教には年鑑に盛るべき資料がないのか。換言すれば寺院は寶物の管理所となりきつて、時代思想の活動をなすべき氣力と實力とを缺いて居るといふのか。これは旅中深く憂とした所であつた。

然るに渡米直に昭和五年「佛教年鑑」を手にするを得、佛誕二四九六と、何處にも書いてくれない佛曆を見た時は、宛ら難產後に生れ出した愛兒の顔に、見入る時の如き無量の感懷の湧くを禁じ得なかった。そうして紙數と内容の豫想以上の豐富さを見るに及んで、土屋氏が充血した病眼を撫しつヽ語つた苦心談を想起して、そヾろに合掌したい程の處しさを覺へたのであつた。「日本宗教史」は誰でも書く。併しこれは氏を外にしてはと思ふと共に、不朽の聖業として、いつまでも守り立てヽ行かねばならぬと云ふ覺悟が自ら湧き出たことであつた。

佛教といへば、尚且偷安の死宗教扱ひして、何等事業の見るべきなしと侮られて來てゐるが、纏めて見れば、こんなにも賑かさがあつたのであつた。各宗教夫々に相當の事業もやつては居るが、その何れもが分立獨步で少しも協同提携の步み寄りがない。常に初步入門の所を往還して無用な努力と惱みとを繰返しつヽ、一向に思ひ切つた前進の氣配を見せぬ。餘りの無駄骨折りを見るにつけて、矢張り


頁三
此度でもかの感なきを得ず。希くは合せて一のカとなしたいとの超宗派的な併し全佛教的な願心も起つて來た譯てあつた。同一目的地に達するに、かくも銘々が同じ難路を辿らればならぬのか。先人と後進とに何等相通ずる所もなく日旣に傾きて道尚遠く、何れもが半途に喘ぐのをみて、寧ろ痛々しさを覺える位であつた。佛教はと聞かれて誰か綜括的に其事業を說明し得るの材料を持合す者があらうか。惜しいことだ殘念なことだと、熟々感じてゐた。

一體佛教徒は新なる活動人のヒントなり、資料なりを何れに求めんとするのか。年鑑は單なる古き記錄でもなく歷史でもない。寺院明細簿でもなければ人名簿でもない。過去の活動を推して大勢を察し、やがて將來への活動資料を得るのである。從來之れを必要としなかつた事は、如何にも佛教徒の無自覺さと、時代への無關心さを語る洵に恥づべきことであつた。此意味に於て「佛教年鑑」は教家は勿論各宗本山、寺院、各種宗教團體、心ある檀信徒、佛教に興味を持つ人々の必らず備ふべき虎の卷である。

今や重ねて昭和六年版が刋行された。五年度に比して見違へるばかりの優美さと堅牢さ、剩へ豐富なる内容を盛つて、全く新しき面目と特色を出してゐる。(以下十篇の内容に對する詳細の招介と批評とは全部省略)。

要するに八百餘頁に亘る年鑑を通讀する時、全く百科全書を繙くの感がある。それは唯教義の部分を除ける外、教界一切の事柄を大小悉く網羅して、而かも潑溂たる姿を以て吾等に直面してゐる。過去を知るの資料のみでなく、又單なる研究への指針にも止らない。實に活ける資材として新時代に活躍し、又すべき教界人への糧食であり、彈丸であり、指針でもあるのである。其の載する所實に教界の常識として、何人もが所持すべきもの、一本を購ひて悔なきのみならず、一旦編者の苦心努力に想到する時、自ら尊敬と感謝の念禁ずる能はざるものがあるであらう。

以上淺野氏の讚辭は私等の微力なる報恩業に對し、淚ぐましい同情として、その過褒に感激せざるを得ないのである。

今や昭和七年「佛教年鑑」が、「新布教大系」と相待つて堀口、高崎兩氏をはじめ教界新通の人士によつて、編纂せらるヽに至つたのは、私が創刋に際してかヽけた五大要綱の素志貫徹で、全く各宗本山、文部省の賛助と、先輩諸氏の指導と編纂員並に事務諸員の協カとの然らしむる賜物に外ならない。これにより佛教が將來國際的に進出し、現代の行き詰まれる各國の精神物質兩方面に、佛陀の大光明を普照せしめ、その法鼓を六合に放送する機關ともならば、私が「佛教年鑑」の發行を試みた最初の念願を達し得たと言はねばならぬのである。併しながら「佛教年鑑」の使命は、一時的でなし永遠に大成を期するものであるから、我が全佛教徒の聯合重要機關として、その普及に於て、聊か所懷を陳べ、廣く大衆各位に期望する次第である。


頁四
昭和六年の佛教界を觀る

渡邊海旭

思想上より見るも、將た實際上より考ふるも吾が佛教界は幾多の重大なる債務を負ふて、未決濟のまヽに其の整理の方針すら立たず、茲に昭和六年を送るべき姿となつた。卽ち幾多の問題や懸案は殆ど未解決のまヽに、これを新春に持ち越さざるを得ない實情になつてゐる。

理論上から見ると一部の宗教に對する攻擊と拒否とに對してまだ防衞と反撃の陣地すら確立せず、外敵門に逼つて手を空して為すなきの樣ではないか。現代の青少年や知識階級の思想指導の方針に於ても、殆ど支離滅裂の狀態ではない乎、教理の系統的、組織的説明の如きも、前途甚だ遼遠の感が深いのではない乎。かくの如して佛教々理の現代生活と一般思潮とに於ける位置は、現在としては、むしろ空零に近いものとしか認められず、其の權威の如きは殆ど言ふに足らざる悲しむべき實狀にあるのではない乎。

更に實際問題に入ると佛教界の現在ほど、糾紛を極はめ、混沌腐亂を盡してゐるものはないやうな悲觀も生じ得る。勿論、現今の社會は甚しく自覺を缺きて混亂不安定に悶へつヽあることは誰とて異論のないことながら、佛教界はこの鼎沸魚爛の渦中にありて常に指導力に乏しく、其の救濟の債務に於いて、果すところ著しい僅少なるが為めに、それ丈けその腐敗と紛亂とが目につくことヽなるのである。否、何事に於ても寧ろ一般社會に牽引せられ、制御せられて自發的な反撥力の見るべきなき緩漫の教界にありては、自然社會の最惡最醜のものまでも無關心に決行して恥ともしない壯勢となるのだ。各宗派に於ける所謂宗政の紛爭といふものは、俗間政治家の陋劣を學んで其の上乘たるものだ。議員選舉といふものヽ醜狀の憐むべく唾棄すべきことは、府縣會や衆議院議員の選舉に於いて行はるヽ罪惡に比して、その法律的の制裁を免るヽ丈それ丈惡辣なものヽあるは掩ふべからざることではないか。かくの如き實際狀態に處して退いて教界の將來を考ふるときは、教派の統制及び經濟の問題を如何にすべき乎。治外法權と見られてゐる山門の中にも、佛教庫院の間にも、今や忌憚なき批判の暴風雨が襲來し、辛辣な言論が到るところに烽火を舉ぐる際、その將來の對策を如何にするのであるか。而してこれに關聯する僧侶の生活問題を如何にすればよいか、其の社會的職能の發揮、其の更生の奮起を如何に導けばよいか、凡そこれ等の問題は佛教界のものが解決の責あるは勿論。社會としても、國家としても、今や一大斧鉞を下さ


頁五
ねばならぬ時機に達してゐる樣にも考へられる。卽ち自ら之が解決を下さず、自ら其の決濟整理の責務を果さざる曉は、やがては債權者の強制處分を覺悟せねばならぬ時機に逼りつヽあるのである。

實狀は大體に於いて實に斯くの如きものである。然し吾々はこの間に於いて各宗派先覺の奮鬪と、新進教徒の眞劍の努力を無視することは出來ぬ。否、これあるが為めに教界は多大の負債に苦しみつヽ、尚ほ破産の最後を免れて居るのである。吾々は佛教を根幹とせろ東洋學の中心は漸く我國にその基礎を据ゆべき曙光を認めざるを得ない。世界的に生命ある諸種の佛教公刋が大正より昭和に亘りて續行せられてゐるのを見逃すことは出來ない、宗派聯合の機運が年と共に緊密強固を加へ、其の社會的の自覺が、政治的にも、教育的にも、漸くにして確實のものあることは誰かこれを否定しよう。

各宗派の社會事業が着々進捗がし來り、教化事業に於ても、花祭や成道會の普及の如き、二三見るべきものあるのは疑ふべからざる事實である。而して佛教の國際運動に於いても日獨、日佛の如き細々ながら、猶ほ堅實なる將來を約束し、世界佛教青年會の聯合運動も漸く共の緒に就いた氣勢を示して居る。排酒貞潔の諸運動も幸ひに一二の先覺者がある為め、兎に角佛教徒の社會的に活動すべき根據を造り、世界宗教平和會議もまた大いに佛教徒の伸ぶべき機會を提供しつヽある。宗派衰へたりと雖も、人材は猶ほ濟々として風雲を睨むで手に唾して居る。教勢振はずと雖も、民心は未だに佛教を離れず、その奮起を熱望しつヽある。

昭和六年の初頭に於て「中央佛教」に公表したる已上佛教界に對する愚見は二三の語句を置き換へればそのまヽに本年を回顧すべき感想となる。卽ち之れを序文としてこの年に於ける教海に於ける波瀾起伏の狀勢を撮略して見よう。

第一に記すべきは佛教の歷史的の功績が、各山の大法會記念事業等を通じて本年は特に著しく顯はれたことだ。醍醐三寶院に於ける醍醐天皇御遠忌記念事業が着々として進捗じ、仁和寺の宇多天皇一千年御遠忌も盛大に行はれ之れを機會に同山の興隆となり莊麗なる御室記念館及び寶物館の竣功を見た。日蓮宗の宗祖六百五十年の遠忌に際して立正大師の勅額下賜の恩命に接したることは其光榮單に同宗に留まらず、佛教一般の為めにも大いに祝賀すべきことであつた。黃檗宗に於ける鐵眼禪師二百五十年の法要と共に禪師の功業、精神が彌々其光を發し來れることも本年に於ける賀すべきものヽ一つであらう。元寇記念六百五十年の記念祭に對して佛教の之れに對せる功勞も亦回顧の資料となつた。聖德太子奉讚會が遺德顯彰の事業益々其基礎を固くし四月に於ける聖靈中會が嚴肅盛大に行はれて總裁久通宮、同妃大蛇三殿下の御親拜ありその山門興隆學術振興の事業が極めて着實に行はれたことは十月の靜寬院宮奉讚會の恒例大法要が都下公私女學四十餘校の代表參拜及び諸婦人團體の献香二萬に上り、摯實に女子教化の實効を舉げ四内親王殿下の御代拜あり盛況を極めたことに相對しで日本國民として今更ながら、皇室の餘光と仰ぐことである。佛教界が先年歷史の背景に依りて其教化の上に


頁六
新らしき伸展をなしつヽあることは先づ特筆すべきことてあらう。

第二に教界の聯合運動として先づ佛教聯合會の成績に見よう、同會が其數年に亘れる努力は漸く其權威を示すに至り、春に於ける寺院佛堂國有土地整理案を攻擊して之れを衆議院上程前に葬り去れること、秋に於て行政整理に依る宗教局長の兼任問題を抑止したること共に同會の與りて力あることであつた。國際問題に於ても中華民國の畫家の歡迎につき對支諸團體と協力し、同國の水害に際しては逸早く追悼會を修して各宗に範を示す所あり、慰問の事業にも相當努カする所があつた。特に暹羅皇帝御來遊に付きての歡迎及び震災記念堂に於ける佛舎利奉安式に斡旋して日暹の親善に貢献する所少なからざりしは沒すべからざる功勞であらう。反宗教運動起るに及びて特に其行動に關する精察の調查に努め、且つ當局に對する警告、注意等が時宜を誤らざりしことは特記に價しやう。記者としては同會が今後單に政教問題、權益問題にのみ重きを置く傳統を去りて國際上及び思想上に於ける本來の努カが一層進展せんことを切望して止まない。佛教護國團其他の團體も聯合會の共同戰線の下に相當の活動をした。青年會の聯盟は創立日淺きが為めに未だ見るに足る成績は舉げ得ざるも將來を拘束すべき意氣は其存するを認められる。東京に於ける佛教大學の聯盟道會佛教主義女學校の聯盟の如きも漸次其全國的の聯絡と發展とを希望して置く。社會事業に關する聯合機關は七八年前の元氣今や銷沈して見るべきものなきを恨む。

第三に國際上の事業につきては神道及び基督教との聯合計畫になれる日本宗教平和會議が三日に亘リて行はれ世界の視聽を惹き、世界宗教平和會議に對する日本委員會も多數の佛教代表者十數回を重ねて出席し參畫する所少なくなかつた。暹羅皇帝の御來遊と共に日暹佛教徒の親善益々強固となり、特に同皇帝御卽位記念として勅刋となれるパーリ三藏の佛教各大學及び著名佛教學者への恩賜は一層兩國の連鎖を密にした。日獨文化協會を通じて我國佛教徒の盡力しつヽある、マールブルヒ大學の佛教研究室及び博物館、ハイデルベルグの佛教研究室等の交際も記すべきものであり、日佛々教協會が遲々たる步みながら確實に行進を續けて今や佛教各宗及び實業家援助助の下に第一期の研究所開始の基礎確定したるは喜ぶべきことである。日獨佛教協會は本年は尚ほ準備期にあつて見るべき活動に入る能はざる樣であつた。大德建仁諸禪刹に於ける外人の入道者と共に高野大正等の大學に於ける支那僧の留學は國際上注意すべく、布哇に於ける西本願寺の白人傳道が着々成功すると共に其事業たる布哇日本文庫の建設は朝野内外の賞讚を博しつヽある。之れと共に各宗の布哇に於ける教化事業も今や收穫期に向ひ、駒澤高女に三名、淑德高女に六名の同島日系市民の女子が入學したるは之を證すべきが如し。唯、佛教紹介に養すべき外語機關が資源枯竭の為めに甚しく凋落し、「ヤングイースト」の休刋、「イ―スタ―ン・プツヂズム」の續刋も著しく困難の狀態にあるは特に各宗當局の猛省を請ひたい。

第四に各宗の教勢に就き記すべき順序となつた。然し各宗


頁七
々會に於ける波瀾の起伏は各其理窟はあるべき大局より觀て其紛々擾々には甚だしく興味ある事項にあらず、大谷派及び融通念佛の諸問題、覺山王市件の如きも茲には一切の批判を避けて之れを「彙報」と「日誌」とに讓る。但し各宗ともに内部整理の必要に迫らるヽと共に一面には彼の反宗教運動が多少とも刺戟を與へ制度調查及び教線統一及び進展の方策につき各計畫する所あるが如く見ゆる。箇々の事實を云へば寧ろ氣勢を舉ぐべき資料多く大谷派の大潤會病院西派のアソカ病院の竣功何れも其勢力の衰へざるを示し、東京のみにても此財界困憊の中に曹洞宗青松寺の落成、西本願寺別院の立柱式等は社會の耳目を驚かした。社會事業方面に於ては別に記する所あるを以て之れを略するが概して順調に發達しつヽある。

第五に各宗の教育事業に就き一言したい。各宗は今や教權と自由討究との交涉につき其大學教育に於て著しき煩悶に陷りつヽある。是寧ろ必然の結果にして必らず一たびは通過せざるべきざる陣痛であると共に所謂思想混亂を訴ふるの今日特に其然るを認めざるを得ない。各宗の當局者が其黨同代異の政黨ゴツコを一擲して眞實に討究すべきは實に是等の問題にあらう。大學經費と合同問題の如きも將來は一考すべき時代を見るに至るであらう。各宗の公開中學經營に就きては一二の例外を除いて多くは絕大の困難に瀕して整理の聲が各宗に動いて居る。今春に於ける教界の問題は恐らくはこの學制整理のそれではなからうか。記者は之れに就きて佛教大中學の聯絡機關が一層發達して共同の利害得失を内部的に研究し實行することの現實が、右の大勢と共に今年中に現れ出さんことを望まざるを得ない。學界に關する事項、純粹佛教學及び應用佛教學とも云ふべき佛教の現代思想批判、佛教社會科學、佛教對マルキシズムの諸問題は別に記事あるべきを以て之れに言及しない。學術と關聯した大正一切經續刋の漸く成果に近づけること、望月信亨氏の佛教大辭典、眞言古義の諸學匠の執筆に依れる密教辭典の刋行の如き教界の出版物も亦之れを略する。

第六に教派以外の佛教運動に就きて一言して置きたい。信仰戰の前衛に立つ佛教濟世軍佛教プロレタリヤ運動を標榜する新興佛教の諸團體、護國佛教を以て極右的に進みつヽある大乘會、無本山主義の野依氏の眞宗協會等は各其方面に於て活動する所があつた。就中野依氏の眞宗協會は宏壯なる會館の建設に成功した。觀音信仰を中心とする上中流階級の各種の團體、弘法大師信仰の下に團結し和讚修行を中心として集團せる下流の運動も又將來を注意さるべきものであらう。是等とは全然性質を異にし嚴然たる一宗派ではあるが、其各宗派以外に特立し巧に地下運動を為し教線を擴張しつヽある本門佛立講本年の活動も茲に附記する必要を認める。特殊の團體として慈雲尊者の讃仰會も此項を終るに臨み附記して置くを適當としよう。

第七に最近の滿蒙事變に關する各宗の慰問法要其他の活動は特に記する必要もなからう。大谷光瑞氏や尊由氏の對外宣言の如きは一部佛教徒の聲として其氣魄を見るに足る。但し、佛教徒の活動は將來の文化國策の根本問題に向つて其堅實な


頁八
る準備を急がねばなるまい。正義と人道とに基ける滿蒙事件の最後の解決は佛教徒に殘されて居るのを今や切實に考へ置くべきことヽ思ふ。

最後卽ち第八として本年に於て物故せられた教界關係諸氏の功業を叙して深厚の敬意を表する。

辯論家として晚年は思想指導の為めに大いに働いた本多日生氏、氣骨稜々常に國士と交り印度歐米を法衣で通した奇傑野ロ日主氏、宗教法規に關する權威として勇斷辣腕一世を動かした下間空教氏、西派の長老弓波瑞明氏、日蓮宗の岡田日歸氏、淨土宗の福原隆成氏、是等諸師の訃は實に教界の大なる損害であつた。外護の居士として令名のあつた久米兵之助氏、法醫學の權威として我國禁酒界の恩人として佛教の為めに盡された片山國嘉氏の逝去は佛門の為め其後繼者の寥々たるに痛惜なきを得ぬ。寬永寺淺草寺の檀信總代として增上寺興隆會の會長として、聖德太子奉讚會にも靜寬院宮奉讃會にも全力を費され教界の社會事業教化に多く其思を蒙つたs澁澤榮一氏の逝去は朝野内外舉つて哀悼した。大正一切經の為にも盡力し其の宗教法案にも關係のあつた花井卓藏氏も又佛教信者として近く其葬儀を青山に舉げた。

昭和六年の佛教學界

文學博士 常盤大定

昨年、「昭和五年の佛教學界」を取り扱つた因緣によつて、本年もまた執筆する樣にとの事である。本年二月下旬不慮の災禍に罹つて、半年以上而も讀書の好季節を平臥したが為に本年は辭退したいのであるけれども、折角學に携はる以上はよし狹い眼光であるにせよとの意より、遂にまた禿筆を呵する事とした。洩れたものが多いに相違ないから、その點は、あらかじめ大方の宏量の訴へて置き、本年もまた昨年の例にならひ昨五年より本六年に跨る事とする。勿論、重複せぬ事に注意を拂ふのである。

先づ著述の方面から筆を通むれば、第一著は姉崎正治博士のHistory of Japanese Religion (1930)を舉げねばならぬこれは「宗教學論集」に寄稿の挨拶にとて、特に新著の寄送に接したものであるが、あの堂々たる論集に對する挨拶として、博士の著書の寄贈に接するといふ事は、如何に學界にして相應はしい事でその點に於て、或は多くの例が無いかも知れぬ。まだ能く拝見せぬが如何にも要を得たもので、現今の如き時節に於て日本を諒解せしむるについて、多大の効果を奏したものと思ふ。


頁九
十一月に宇井伯壽博士の「印度哲學研究」第六が現はれた殆んど眞諦三藏の研究を以て始終して居る。もと印度佛教を闡明せんとの意圖よりしたと斷はつてあるが、その緻密な研究は、いつもながら專門研究者を瞠若たらしめる。

十二月出版で、本六年早々に世に送られたものに、拙著の『支那に於ける佛教と儒教道教』がある。これは自分の著であるから、たヾ書名を舉るに止める。

二月に辻善之助博士の「日本佛教史之研究」積編がある。史料編纂官たる關係もあつて材料の豐富な點に於て、他の追隨を許さぬものがあつて、足利時代に於ける日蓮宗の宮廷への接近や、黑衣の宰相金地院崇傳の如き、聞いた以上の實際に驚かされる。附錄の僧侶建言の如きも、頗るよい材料である。

四月に境野黃洋博士の「日本佛教史譜」が現はれた。講話といふ名稱であるが、内容は例によつて少し武斷に過ぐる批評もあらうが、新說が至る所に見られるとの定評である。七月に上杉文秀師の『善導大師及び徃生禮讚の研究」といふが現はれた。往生禮讚に左程の價值があるものかと思はるヽのに、斯くまで堂々ある研究となれるは、人を得たが為である。それよりも學府を離れて居た師に、この細緻な研究のあるに、一層驚かされるのである。

長友故島地大等兄の遺者が、本年五月に「佛教大綱」として同時十一月に「教理と史論」として現れ之に先づ三著を合して五冊まで公になつたのである。「佛教大綱」中の白眉は、本覺思想概說であろう。天台學の重心が觀心釋にある事を熟知して居る故人は、實踐門の上に立つて、本覺思想の題目の下に、その實、一乘佛教を概說したのであつてその中に盛られた博大な組織は、今後の學徒によつて、部分的に闡明せられるべきものである。他の宇宙論、實在論、因果論等も、浩瀚な佛教を如何にまとめるべきかにつきての無比の指導資料たるを失はぬ。「教理と史論」の中には、當時名聲があつた德一や壽靈や法進の教學を論ぜるものが加へられてある外に、日本天台教籍開題や、天台三大部中の學派人名、並に書目や、一實神道やの如き貴重な論文も含まれて居る。筆者は、一時神道の論文のあるを耳にしつヽ、まだ之に接するを得なかつたが、これらがいづれも新らしい形に於て表れた事を斯學の為に、大に喜とするものである。

以上によつて、昨年末より本年にかけての有數な專門的著述は、大體盡きると思ふが、佛教關係のものとして、猶二個を數ふれは、三月に現れた細川龜市氏の「日本上代佛教の社會經濟」と、二月に現れた故人弔慰會編「物外三好愛吉先生」である。前者は經濟問題の八ケ間しい現時に取つて多くの題目を提供したものであり、後者は佛教精神に立つ教育者としての故人の面目を活躍せしめて、現代に何等かの暗示を與へねば止まぬものである。十三回忌に初めて現れたといふ點に於て、旣に故人の人格感化の深きを知らしむ。師弟の情誼が云々せられるが、萬事は人格によつて解決せらるヽ事を適切に教へるものである。筆者は、宗教學二十五年記念會に於て、また故木村泰賢博士の最後に於て、今また三好愛吉兄の弔慰會に於て、頗る人意を強くせしむるものあるを


頁一〇
喜ぶものである。

著述ではなく、論文ではあるが、大に見ごたへのするものを少し並べて見る。東洋史講座の中に橋本增吉氏の「佛教東漸時代」(五年六月)といふがあつて、西域印度までを織り込めて、隨分手を盡したものである。田邊尚雄氏の「東洋音樂史」(五年九月)といふがあつて、その中に佛教音樂の事が説かれてある。類例が他にあるまいと思ふから、こヽに舉げる。關野貞博士の朝鮮の「美術工藝」(六年一月)の三分二以上、卽ち新羅統一時代以後は殆んど佛教關係のものである。伊東忠太博士の「支那建築史」(六年三月)は六朝時代までであるが、その六朝時代は全部佛教に屬するものと言つてよい石田幹之助氏の「中央亞細亞探檢の經過とその成果」(六年十月)は、勿論佛教以外のものをも含むが、多くは佛教關係で如何にもよく西域の探檢成績をとめてある。以上の中には、後の藝術の部門に入れるのを適當とするものが多い。けれども、講義錄といふ性質から、こヽに一緒に舉げたのである。

大正大學學報五年五月の「荻原博士還曆記念祝賀論文集」は邦文西文の二冊より成り、西文の中にはプサン、ロイマン、ワレーザ、ストラウス等の如き西哲の論文が揭げられてあるのは、日本學界の意を強くせしめるものである。邦文のものには、宇井、望月、椎尾、矢吹諸博士のもの、それ□結構であるが、自分は久野芳隆氏の「菩薩十地思想の起原の開展及内容」を以て、頗る力作なりと思ふ。

史學雜誌の岩井大慧氏の「善導傳の一考察」は數號に亘つた有力な研究であり、史林に見えた德重淺吉氏の「維新前後の基督教問題と思想統一運動」も、また從來の人のまだ手をの著けなんだ材料を多分に含んで居る。以上は咋五年に屬するものであるが、本年に至つては、三月に「日本佛教理協會年報」第三年が現はれた。内容は教理、歷史、藝術、言語の四部門に分れ、この趨勢な持續せば、大に頼もしい氣持を起さしめる。教理部門の金子大榮氏の「普賢行と空觀」言語都門の木村龍寬氏の「密語文學と空富蘭那」、山田龍城氏の「四十二字門」、歷史部門の德重淺吉氏の「新出闢邪史料」禿氏祐祥氏の「本尊としての佛名と經題」の如き、それ□力がこもつて見られる。自分の柄にない藝術部門の「石佛」にも、新しい考察を含めた積りである。

「宗教研究」の中に重要な論文の見えるのは、今更言ふまでもないが、昨年十一月に宮本正尊氏が「佛教の發達と新鎌倉の提唱」に於て、大に氣焰を舉げたのと、十二月に結城令聞氏が「曇曠の唯識思想」を論じたのとは、學界の注意を引いた。本年に至り三月號に西義雄氏が「三世實有論の研究」を公にした。山本快龍氏が「自在黑年代考」を公にし、十一月の臨時特輯號「現代の佛教研究」中に、宮本正尊氏が「佛教に於ける辯證法」を公にしたのとは、よい收穫である。此誌の中に青年學者の力作のあるのが頼もしい。外に、布施浩岳氏の「法華經研究」など、數へ來れば限りが無いから、この項はこれにて擱筆する。本年に至つて新らしいものは、東方文化學院が東京と西京とから三月に出した「東方學報」である。その東京一の中には結城令聞氏の「成唯識を中心とせ


頁一一

る唐代諸宗の阿賴耶識論』があり、京都一には、塚本善隆氏の「引路菩薩信仰について」がある。今後この學報の中にも相次いで佛教に關する論文が現はれるであらう。

研究の集積にして而も他の為に大なる基礎となるものに、本年十一月に第一卷を出した望月信亨博士の「佛教大辭典」がある。長年月の苦心の結果であるだけ、學界を稗益する多大なものがあるに相違ない。之に先だちて、同じく十一月に現はわた自分の「支那佛教史蹟記念集」がある。これは前々年に五人の學土を伴ひ、廣東福建二省を踏查せる成績で、之に加へた「評解」は、六祖慧能や、雪峰や、雲門等に關する新史料を提供して居ると信ずる。同時に第三集の「英評解」が現はれたが、鈴木大拙氏の妙腕に成つたものである。一月に出でた故佐々木戸樵氏の「漢譯四本對照、附藏譯、攝大乘論」も、まに推薦せらるべきものであり、四月に出でた。豐山派弘法大師一千百年御遠忌事務局編「眞言宗年表」も、また勞作たるを失はぬ。特に最後に加へられた索引、引用書目及雜誌目が、學者を資益する。また六月に佛典研究會編の「佛教論文總目錄」が出で更に七月に龍谷大學圖書館編「佛教學關係雜誌論文分類目錄」が出でたのは、頗る時宜に適したものである。たヾ遺憾な事には、折角前人の研究があるを指示せられつヽ、その雜誌が容易に見られぬといふ點がある。この兩目錄のあらはれた事は、今後の圖書館當事者に、大なる教訓を與へたものである。五年十二月に、宮內省圖書寮より、「圖書寮漢籍善本書目」が出で、その附錄の大藏經細目に、福州本六千二百六十二卷の書目と欵職の悉くが載せられてあるのに、特殊の興味と資料とを得るのである。之とはやヽ方面を異にするが、京都文化研究所から、十月に景教遺文たる「一神論」卷第三、「序聽迷詩所經」一卷」、同本一卷が公にせられた事は、また特殊の學欲をそヽる。景教僧景淨が、佛沙門般若と佛典飜譯に從事した事もあつた程で、是等景教文献中に如何なる程度まで佛教との交涉を有するか、新な研究を起すだらうと思ふ。

重要な出版に屬するものに、本年もまた「大正大藏經」を第一着に舉げねばならぬ。續藏經の性質を帶ぶる日本部に成つてから、購求者が暴減したので、經營甚しく困難との事が傳へらるヽので、蔭ばがら心配して居るが、にも關はらずこの世界的不景氣の中に、ドン□進行して、早やその完成も二三ケ月間に迫つた事を喜ぶ。これと相並んで「國譯一切經」が滯りなく進捗して居るのも、喜ばしい。國譯の長處はその解題にある。各自が最上の努力を惜まぬのであるから、それ自體が旣に論文の價值を有するので、これがいよ□進むにつれて、何程佛教學に貢献するか分らぬ。又久しく中絕して居た浩々洞編の「佛教大系」が、昨年からその未完の部分の續刋せられて居るのも結構である。この外に「淨土宗全書」の刋行もあり、「道元全集」の刋行もあり、又甚だ異つたものに、荻原雲來博士の校訂に出でた梵文瑜伽論「菩薩地」の第一卷出版があり、泉芳璟氏の校訂に成れる梵文「金光明經」の出版がある。思へば本邦の佛教學界も、隔世の感あらしむ


頁一二
るまでの進步を遂げたものである。然し是等學者の出版上の苦心は、一通りやニ通りのものでない事だけは、大に認めねばならぬ。西人の佛教學については、狹い自分の知識だけでも、若きラーデル氏の瑜伽系思想の研究や、ぺツツオルト氏の天台學の大著への努力や、アツカン氏の西域探檢などが知られる。アグノーエル氏も、切々たゆまぬ努力を為してゐるとの事であるが、是等諸氏の大乘思想の把握が、如何に世界文化の向上に資するかは、長く我邦に大使たりしゾルフ翁の今回の献身的努力に見ても、豫想せられる所である。

眼を藝術方面に轉ずれば、事は古いが、早く考古學會編の「造象銘記」の公にせられた事を忘れてはならぬ。この種の出版は、他に多くの例を見ぬから、序でを以てこヽに一筆する。これまた過去に屬するが、逸見梅榮氏の「印度佛教美術」もまた大なる勞作であつた。氏は夥多の材料を有して居るが、出版が出來ぬので、脾肉の歎を抱いて居るであらう。「國華」が、ドン□立派な論文と材料とを滿載して、大系の步みを續くるのは、美術界の誇りであり、「國寶全集」の續々出版せられるのも、また特筆すべきである。「寧樂」が正倉院號を發刋したのは、同人の趣味の然らしめた所、一層の精進あらんを願ふて已まぬ。

學者が精進さへすれば、何等かの方法がそこに起る例として、前年も書いたが、前年もこヽに記して青年學者の奮起を祈る下とする。東洋文庫では、、旣に自分の前記「佛教と儒教道教」を出版したが、來七年には花山信勝氏の「聖德太子の法華經義疏の研究」を出版するとの事である。啟明會では、前記望月博士の「佛教大辭典」に多大なる後援を與へた。太子奉讚會では、本年新に喜田新六、佐藤純英、藤田海龍三學士を後援し、石田茂作氏の「四十八院研究」を續くる事となつたとの事である。又、自分は還曆記念會の後援によつて、前記「支那佛教史蹟記念集」を公刋し得た。

本年十一月に駒澤大學に開かれた日本佛教學協會の總會に於て、遠く佛國シルヷン・レヸ老博士の日佛佛教協會に對する努力を感謝し、近く高楠順次郎博士の「大正大藏經」の公刋を謝した、猶その續刋を冀ひ、また自分の「支那佛教史蹟」の完成を祝せられた事は、學會としての一新事例を開いたもので、自分は日本佛教學協會の名に於て、この認識を得た車を、何よりも大なる面目とするものである。因みに佛教學協會に對して、一の老婆心的注文を捧げる。昨年、折角四部門を分ち、總會の外に部會を開いて、相當の成績を舉げたので本年はと一層の期待を懸けたのであつたが、昨年に比してやヽさびしく感ぜられたのは、自分一人のみの僻目では無いと思ふ。ついては、この會に本部を置きそこに常任幹事を東西に一人つヽ於いて、本年の會に於て、早く來年の會場の外に、發表者を出すべき學校を定め、一二ケ月の後にその人名を本都に於て取りまとめ、四部門の配當を都合よく配當して置く事としては如何なものであらう。會場當番學校で、何から何までやる事は、よし可能であつても、前掲の如くするに過ぐる下は出來まいと思ふ。斯くまでの有機組織が出來た以上は


頁一三
モツト■研究の熱の高まる樣の方法を、熟考實施せられん事を希望して已まぬのである。

執筆の依頼を受けた際には、書く事が少いだらうと思ふた所が、昨年末より本年にかけての著述目錄だけを見て、其多いのに驚かされた。而も著述から少しだけしか取らずして前掲の如く出來る限りの諸方面に眼を走らせたが為に、斯く長くなつて、同時に日本佛教學の盛大なるに、自分ながら驚いた。が、更に一考すれば、日本佛教學の現狀は、恰もまだ夏の末の如くであろうか、百花繚亂ではあるが、秋の收穫にはまた間があるといふ感がせられる。學に行の靈が加はらねば、收穫が望まれぬ。多少は早稻もあるが、一般としてはまだ夏の末の如くに思はれる。更にも一つの感想は、印度研究の旺盛である。勿論三國佛教の礎であるから、結構な事ではあるけれども、印度のみでは如何にやと思ふ。支那日本の研究がモツと獎勵せられてよいだろう。帝大でいふならば、京城や臺灣には、何よりも支那佛教の研究があつて然るべき事と思ふ。

以上、可なり無遠慮に走つた點もあると思ふから、こヽに重ねて大方の宏量に訴へて、擱筆する事とする。

最近一年間の反宗教運動と佛教との對立 (理論及び實踐の概觀)

宇野圓空



最近の反宗教思想及び運動は、何れもマルクス主義理論に立脚したものであるが、マルクス主義の宗教否定の理論が社會の表面に云為され始めたのは昭和五年の正月以降と考へてよい。併し一昨年のそれは單獨なるマルクス主義理論家の宗教に對する理論抗爭で、マルクス主義の實踐的陣營とは有機的連絡をもつてゐなかつたらしく、所詮は宗教側に對して宗教否定の定石的理論を紹介し、理論的な意味に於て宗教側を刺戟啟蒙したに止まる。それは理論方面にも資料方面にも我國の宗教の特殊事情に對しては正確な調査や研究をしないで、只それが宗教であるといふ理由の下に高踏的に理論的に


頁一四
否定しやうとしたのである。

ところが昨年度の反宗教運動の事情はこれと大いに異なる次にその主張の趣旨を要約してみやう。

勤勞大衆の無宗教分子はその全體數より見ればとるに足りない。尚大多數の勤勞大衆は宗教並びに文化反動の影響の下につなぎとめられてゐる。反宗教鬪爭はこれ等の後れた層を一刻も早く宗教並びに文化反動の束繩より切りはなして、階級鬪爭の能動的分子は轉化させることを目的とする。併し勿論反宗教鬪爭は、後れた勤勞大衆をその束繩より切り離すといふ消極的な仕事にのみ止まるものではなく、當然にその積極的な側面をもつ。



卽ち宗教並びに文化反動より大衆を切りはなすといふことは、同時にマルクス=レーニン主義世界觀の注入を意味するのである。勤勞大衆は階級鬪爭の實踐によつて、マルクス=レーニン主義世界觀を把握する時、初めて意識的な階級戰士となり、共産主義者となる。しかしながら反宗教鬪爭のみが獨力でよくこの仕事を為し得ると考へるならば、それはこの運動に對する過重評價である。反宗教運動はあらゆる文化運動と同樣に政治鬪爭に從屬させられ、それに密接に協カする時に最も効果的な運動となり得る。只宗教は他のイデオロギーも著しく包括的であり、その領域がはるかに廣汎であり、且つそれ自身の特殊性をもつてゐるために、これに對する鬪爭は、他の種類の文化鬪爭に比して特殊な地位を占めるものである。

宗教は現實の世界が歪曲され顛倒されて人間意識に反映したものである。これを今日の資本主義社會についていへば、生産の無政府狀態こそ人間に宗教心を生み出さしむろ根柢である。だから宗教を根こそぎに無くしやう上するには先づ計畫經濟の行はれる社會、換言すれば社會主義社會を建設しなければならぬ。社會主義社會を建設するために先づ資本主義社會を打ち倒さなければならぬ。けれども社會主義社會到來を呆然と待つて、宗教の自然消滅を待つのは、資本主義の自然倒壞を待つのと同じ機械論である。確かに宗教の完全な消滅は、計畫經濟の行はれる社會が來なければ實現せられない。けれども資本主義社會に於ても、反宗教鬪爭は階級鬪爭の具體的な實踐に從屬させられ、一般努働大衆に對する文化的啓蒙運動として展開さる時、堅實な地步を一步一步獲得してゆく。反宗教鬪爭は從つて階級鬪爭の一翼であり、政治鬪爭に從屬されねばならぬといふこと、これがこの運動にとつて第一に考慮されねばならぬ點である。それ故反宗教鬪爭の同盟を構成する組織單位は原則として他の種類の大衆組織の内部に設けられなければならぬ。殊に政治鬪爭經濟鬪爭を行ふ大衆組織内に設けられねばならぬ。その運動の方法は大體宣傳、煽動、說得、組織の四つであつて、就中説得は最も有力に使用さるべき武器である。

以上の如き所論が本年度の反宗教思想及び運動の主流として四月以降社會の表面に出て來た「反宗教鬪爭同盟準備會」の趣旨方針の要領であるがマルクス主義宗教否定の理論から


頁一五
は極めて要を盡した論議である。この準備會は機關雜誌「反宗教鬪爭」を三卷出し、パンフレツト「反宗教鬪爭の旗の下に」を刋行して、理論的資料的に現代の宗教の社會機構を暴露せんとし、諸處に公開講演會も用いた。

この運動に關連して矢張り四月以降主として社民的傾向をとる人々によつて提唱せられた「日本反宗教同盟」が起つたが右の「鬪爭同盟準備會」とその組織方針に於て意見が合はず、所謂合法非合法の問題を起し、分離して關西等で講演會を開催した由傳へられる。



これに對して宗教側殊に佛教側は如何なる態度對策をとつたかを見るに、成立教團は大體に於て靜觀的態度をとり、主なる大教團は有の思潮運動に關する調查機關を設置した。その論難對策に動いた團體及び人々は、主として自由思想家及びそれ等によつてなる思想的團體であつたといつてよからう。就中注目すべきは青年宗門者及び宗門大學生は相當大きな衝擊を受けたと思はれる。また日本宗教協會の如きはその成り行きを靜視する態度を懇談し、歸一協會の如きもその事情を聽取した程度であつた。

これら反宗教思想及び運動に對し積極的な反對態度に出でんとしたものに、「反宗教運動折伏聯盟」や「反宗教運動排擊同盟」があり、その他三四の稍實働的及び研究的團體の結集せられるかの如くに新聞紙上では傳へられたがその實蹟は先づ上つて居らぬとみてよい。その他にこれ等に二つの對立傾向のいはヾ中間的なもの或は教團革新運動の團體としては「新興佛教青年聯盟」「佛教社會科學研究會」等があつた。寧ろ見るべきものとしては諸學者思想家のこの運動に對する批判論難である。その種々相を要約すれば次のやうにまとめられやう。

一、反宗教運動によつて教團はより刺戟を受けるであろうそのためにはこの運動は慶賀すべきである。

二、反宗教運動によつて人間本有の宗教心はなくならない

三、宗教そのもの、宗教の論理的方法は反宗教運動によつて克服されはしない。

四、宗教學的立場から社會變革運動宗教性神秘性を指摘するもの。

五、マルクス主義宗教理論のうち發生論が宗教學的に幼稚誤謬なることを指摘するもの。

六、反宗教運動が日本の現實性に卽してゐたいといふ批評に連絡して東洋汎神論の吟味を主張するもの。

七、マルクス主義宗教理論全體の構想を思想的連絡から批評せんとするもの。等に分けられる。



以上が大體昨年度上半期に於ける反宗教思想及び運動と、これに對する宗教ことに佛教側の態度であるが、一昨年の事情と同樣に昨年も亦これらの諸問題は九月以降になつて少なくとも表面的には下火となつた。反宗教側に於て内部的に彈壓やその他先進分子の身邊の事情もあつたであらうが、ともかく表面的でなくなつた。前記「鬪爭同盟」の結成大會及び


頁一六
講演會が九月に何れも彈壓解散にあひ、その後九月末「反宗教鬪爭同盟」は「日本戰鬪的無神論者同盟」と改稱し、新らしく運動方計や綱領規約を決めてゐるが、そのいふ處は資料的に具體的なものを出してゐた。そして「宗教的募財、寄附拒絶、賽錢不納同盟」等の標語をかヽげて技術的に一方合法的態度とヽもに非合法的計畫にも入るべきことを宣してゐる。

更らに前述の「日本宗教同盟」も去る十一月初めに結成大會を舉げて會報「反宗教」を刋行してゐるし。十一月末には前述の「反宗教運動拆伏連盟」が「反宗教思想拆伏聯盟」として結成式及び講演會を行つた。

九月以降の事情は有のやうであるが、注目すべき教界の傾向としては、これ等の對論對戰の他に、自己の圈內に遷つて反省革新を期する機運が伺はれ、教團革新の問題やことに佛教を現代的に更生せしむる理念の研究が漸次興りつヽある。

藝術現象の概觀

赤松月船

教界が藝術に對して要求乃至關心をもつといふことは、私をして云はしめるならは生命の水を欲するのと同樣でなけれはならぬのである。この場合藝術とは、文壇作家の作品であることを決して必要としない。互ひの生活を融通するためにはそれを可能にする形式を創造せねばならぬ。生活の深さ強さ、震動の大きに從つて形式も亦深度とカと幅とをもつ。この形式の創造が卽ち藝術にほかならない。今、教界の占める役割について考へるに、宗教的文化價值の社會的浸潤を行動することがそれであるからして、その行動の効果を配慮する上からは當然にいかなる方法、いかなる形式を選擇するかの吟味がつねに親切にとりあげられてゐなければならぬ等である。音樂や映畫や詩歌や小説や繪畫や建築等一般藝術の分野とされてゐるもののほかに、教界にはなほ豐富な藝術の領土が存することを氣づかねばならぬ。種々な讃佛講式法要儀式服裝等一々藝術的形態をもたぬものはない。これらの古典がかつて社會大衆に働きかけた所の敬虔崇高或は純粹清靜の精神的躍動を更に現實的に如何に新鮮によび起すべきかの如きも當然藝術的要求となるべきものである。

「花まつり」は、恐らく今日の教界が社會的印象に於て最も明るさをかち待てゐる唯一の行事であらうが、「花まつり」といふ名前がもつところの美しさゆたかさ、及び名前の効果を通じて透見し得られろ社會大衆の快明晴朗の生活動向、これ


頁一七
らは決して見のがしてはならないものである。「花まつり」はたヾに「花まつり」自體として獨自的に發展して來たものといふより、多分には日曜學校との關聯に於て複合的に成長して來たもののやうに看取される。日曜學校に包容されてゐる童謠童話かード等の釀し出した親しみと憧憬、子供を通じての一般社會との結びつきが「花まつり」に對する感情をどれだけ明るいものにしてゐるか分らない。私は、これらの消息をはつきりと認識することは、今後の「花まつり」の形式によき參考を提供し更に政界の行事全體によき示唆を與へるものであることを確信する。

本年に入つて童謠を振付けた舞踊が盛んに行はれるやりになつたが、この傾向は、新しき舞踊の壯勢に相應したものであり、單に兒童教化と云はず、佛教行事に一つの諧調を加へる點で向後ますます盛んにしたいものである。又いふまでもなく大いに盛んになるであらう。

聖歌の選定に從ひつつある佛教音樂協會は本年も「光明皇后奉讃の歌」以下數篇を發表したのはその不斷の努カと佛教音樂に對する貢献を多とせねばならぬ。時には題目の選擇を自由にして作者をして感動のまヽを歌作せしめるといふやうな試みがもつてもいいのではないか。聖歌、奉讃歌の獨唱會がしばしば開かれ、レコードの吹き込み又合唱團の組織等、次第に佛教音樂展開の形勢を見せて來た私の希望をいふならば、佛教各大學がそれ□に音樂部をもちオーケストラを組蹴して音樂そのものの本質的な研究修練を積み、どしどし演奏會を催すやうでありたい。佛教音樂の古曲、たとへば、聲明の如き新しき音樂の理解をもつて眺めたなら現代に働きかける力も定めし大きなものがあるであらうし、又音樂藝術一般に與へる影響刺戟のほど必ずやはかり知りがたいものがあるに違ひなからう。御詠歌の復興はついて非常な努力を示した宗派があつたが、私は御詠歌和讃もたしかに藝術の一形式であると信じてゐる。あの節の如きも佛教聖歌の譜の中に十分生かされていいものではないか。

鷲尾順敬氏の親鸞を劇化する試みは夙くから傳へらわてゐた事であつたが、いよいよそれが竹柴金作氏の脚色により花村絣紗子主演の下に帝國ホテル演舞場に於て發表實現を見た鷲尾氏の親鸞に對する新しい解釋は、花村氏の眞摯な演技によつて精彩を得た。淨土宗の寺西飛水氏は自作の「法然劇」を携へて京都をはじめ各地を巡演したがその熱心な態度は大いに教界人を動かすものがあつた。

映畫の方面では、作品として特に舉ぐべきものがあつたわけではないが、各宗派がフイルムの功用價值を氣づいた以上に、フイルム自體としてすぐれたものを作らねばならぬといふやうな氣配が兆候的にではあるが見え出したやうに思はれる。東本願寺が三河殉教物語をフイルムにする計劃をたてたことが報ぜられた。

雜誌「佛教思想」に「石山風雲史」を連載してゐる志貴桂石氏がシナリオを書くさうであるからいいものが出來るであらう。教化の一方法として映畫を利用することは今後大いに盛んになるであらうが、教界人自らが製作に當るだけの理解と技術並びに經濟的負擔を用意する自信が欲いものである。


頁一八
小説では中里介山氏の「法然」が出たことを舉げねばならぬ。生田長江氏の佛傳の「小公子」の續稿が期待されたが、氏の健康の狀態が執筆をはばんだ、あれだけ構想の大きさと經嚴な學的研究とを準備しながら全く惜しい氣がする。今東光氏が一夏鬼怒川べりの別墅にこもつて書き上げた長篇「僧兵」の發表は新しい年を迎へてからであらりと思はれる。大谷派の眞摯なる學徒橋川正氏が急逝したのは全く惜しい。遺稿「流泉集」は歌人としての氏の風貌を傳へるものとしてわれわれにとつてはかなしくなつかしい記念である。淨土宗の若き詩人眞田幸喜氏の新月は必ずしも大きな詩集ではないが、澄んでだ素質を示してゐる。文壇から僧房へいつた入で宮島資夫氏や今東光氏ほど問題にはならなかつたが津田光造氏が「小說僧房の黎明」を出したことも忘れてはならない。

教界の藝術的形態は現在のところ決して價值的に大なるものがあるとはいひがたいが、併し、私は決して非觀してはゐない。より豐富な創造が漸次的に現象するやうに豫感されるし又私自身も微少ながら將來この方面に努力を捧げたいと思ふ。

我國の佛教青年會及聯盟の概觀──我國の佛青運動の發達──

常光浩然

明治維新の政的大變革に遭つた我が佛教は、廢佛毀釋といふ鐵鎚を被つたか、此の大法難に當り、毅然としてその復活運動に當つた教界の先覺者は、何れも教界當年の有為なる青年であつた。遂に神佛分離となり、各宗復興の時期となり、益々教界に活動的人物が輩出し、社會のあらゆる方面に顯著なる業績を舉ぐるに至つたのである。明治十七年に發布せられた大政官布達に依り、各宗が獨立自治となり、同二十二年帝國憲法に信教の自由を闡明せらるヽや、佛教の青年運動は益々團結力を強め、佛教青年は、各種の佛教團體を組織し或は筆に或は舌に、佛教精神の宣傳に力を致し、かくて佛教青年會創設の機運は漸く熟したのである。

明治二十五年一月六日、帝國大學、第一高等中學、東京專門學校、慶應義塾、法學院、哲學館の官私諸學校に在學せる佛教青年數十名が、東京本鄉駒込の眞淨寺に會し、東都諸學校佛教青年聯合會を創立した。これが所謂佛教青年會の始めで、大日本佛教青年會の前身である。この時專ら斡旋盡力の勞を執つたのは寺田福壽師で、島地默雷、大内青巒等の教界諸先輩亦大に援助する所があつた。この時先づ幹事を選定し


頁一九

事務所を森川町に置き、關西地方の佛教青年と連絡を圖り、釋尊降誕會、夏期講習會等を開催し、大に佛教青年會の運動を助長することに努めた。

先づ關西方面に於ては第三高等中學、大谷派大學寮、本願寺派大學林、同文學寮及び京都尋常中學校等參加し、第一回夏期講習會を攝西須磨の現光寺に開設し、第二回は東部は鎌倉圓覺寺に、西部は二見正覺寺に開會した。而して第三回は明治二十七年三河會堂に、第四回は湘南三崎に開催し、毎回來會の青年會員は實に數百名に達した。而してこの講習會は、爾來二十數回各所に行はれ、毎年の釋尊降誕會は、每年の釋尊降誕會は、各學校巡回的に舉行し、或時は神田の錦町會館に於て盛大に開會した其後佛教青年會は、全國各地の學校、寺院、會館、工場に設けられ、且つ女子佛教青年會の設立も漸次その數を增加し佛教精神に中心を置く團體は、今や全國に數百を以て數ふる事が出來るやうになつた。大正十五年には全國の佛教青年會運動の促進を目的とする青年佛教協會が生れ、昭和五年には布哇ホノルルに於て、第一回汎大平洋佛教青年會議が開會せられて、この運動に全國的國際的意味を深むるに至つた。これより先き、京都、大阪、九州、四國、東京、石川縣等の各地には、それ□佛教青年會地方聯盟が設けられ、地方的に各佛教青年會の連絡が保たれて居たが、本年四月更に全日本佛教青年會聯盟が成立し、全國的に大同團結の機會の到來したことは、吾人の等しく欣快とするところである。かくて我國の佛教青年會は、漸く實質的に内容を刷新し、更に一大進展をなすために、互に提携研究をなし、いよㄑ大聯盟の下に新たなる陣容を整へんとするに至つた。

全日本佛青聯盟の結成

全國各地に創設せられて居る男女佛教青年會は、其の數約四百に達して居るが、此等の各團體の有機的連絡を行ふ計劃は、早くから實施せられたのであるが、未だ完全なる發達をなさヾる内に、遺憾ながら中絶の形となつて來たのである。然るに昨夏布哇に開かれた汎太平洋佛青會議によりて、全日本佛青聯盟結成の機運が釀成せらるに至つた。實は布哇へ日本の佛青代表送迭る前に、全日本の佛青聯盟の成立があつてほしかつたのであるが、種々の事情の為めに遂にこの全國佛青聯盟の結成は、布哇の會議後に讓ることになつた。卽ち布哇の會議終了後の九月には、日本佛教青年會聯盟創立事務所を東京に設けて、聯盟創立の事務に着手した。その年卽昭和五年十二月には、全國佛青有志代表者は東京に集會して、更に昭和六年四月三日に東京に於て、正式に全日本佛教青年會聯盟創立大會を開會し、聯盟の規約及役員等が決定せられた。茲に於て多年の宿望であつた全日本の佛青聯盟は完全に成立したのである。聯盟規約第二條に「本聯盟ハ日本ニ於ケル男女佛教青年團體ノ連絡統一チ圖リ、且ツ世界各地ニ於ケル佛教青年會ト提携シ、以テ佛教精神ノ自覺及ビ振興チ期ス」云々とあるのが、この聯盟の目的てある使命である。之れに依りて佛青聯盟の目的は、三つの要素を含んで居ると思推せられる、先ず第一に日本內地の各男女佛青間の連絡統一、第二には國際的に各國佛青團體


頁二〇
との連絡提携、第三に佛教精神の自覺及び振興である。各團體間の連絡機關としての聯盟では、この程度の仕事が適當であらう。この聯盟創立大會の前後に、佛教青年會の指導原理又は指導精神といふ問題に於て、種々論議が行はれた。この佛青の指導精神を如何にすべきかといふ問題は、何とかハツキリと掲げげたいといふことは、誰れも同樣に希望する所であり、又、何等か適正なる解答が與へられるものと信ずるのである。然しながら、實際問題としては甚だ復雜困難なる問題である。何となればこの全國聯盟に參加して居る所の男女佛青團體は、夫々異つた立場に立つて居るのである。YMCAのやうに單一の青年會から分化したものでなく、始めから異つた立場に於て生れたものを綜合したに過ぎないものであろから、一律の原理に依つて指導するといふことは、理想としてはとにかく實際に於ては、容易に妥當なる結論に到達しかねたのである。佛青の中には男子のものあり、女子のものあり、宗派に從屬してゐるもの、宗派に無關係のもの、學校内にあるもの、各宗共同經營の會館に屬するもの等の別がある。例へば妹尾義郎氏を中心として成立した新興佛教青年聯盟では、旣成宗派の存在は、釋尊の眞精神に反するもの、又現代の資本主義經濟組織は佛教精神に反するものと主張するが如く各種の立場があるので、此等を一律に指導する原理は當然決定せられるべきものであろうが、創立早々の聯盟會議に於て、端的に決定するといふことは困難であつたのである。依つてこれを佛青聯盟の綱領として研究することヽなり、委員に附託せられたのである。又、一面に於ては聯盟は、事務的に國內的、國際的に、各佛青間の連絡事務、又佛青の共通の運動の中で、實行可能の問題から、着手すべきであるといふ論も相當に強かつたのである。斯樣な狀態の下に、坦懷に論議して、宣言は相當強いものが可決せられ、綱領は續行して研究することになつた。恰もこの全日本佛教青年會聯盟創立の時期と前後して、今東光氏を中心とする佛教青年聯盟と、前記妹尾義郎氏を中心とする新興佛教青年聯盟とが創立せられた。二者共に新進氣銳の意氣を以て生れた。同じ似通つた名稱の佛教青年の聯盟が三つも同時に出來たので、多少その間の識別に迷ふ傾きはあつた。この三つの若き新しき、強き聯盟は何れも中心人物があつて、一つの實行團體として生れたのであるが、この全日本の聯盟は、各團體間の連絡機關として生れたのであるから、前二者と同一線上に於て、同一の論鋒で批評することは出來ない。今一つ、全日本の佛青聯盟の幹部が何れも老人ばかりで、青年の意氣が認められぬといふ非難があつた。これは實に尤もの事であり吾々として新しい人物に於て、この聯盟が統卒せられんことを念願してやまない。然しながら今日までの經過、又、現在の佛教青年會の現狀から推して、各方面の代表者を網羅する方法として許さるべきものであらう。又、吾々には先輩に對する禮讓を考へ、先づ第一年度としては、一應これを以て成立を告げしめ第二年度以降に於ては、宜しく各方面の代表者の協議に依つて眞に青年の代表者を決すべきものである。希く新進の諸子に於て、將來十分の發達を為さんことを望んでやまない。(我國の佛青運動の發達は土屋詮教氏に教へらるヽ所である)


頁二一
第二 宗務篇

各宗派總本山大本山及本山
天台宗 總本山 延曆寺 滋賀縣滋賀郡坂本村
同 寺門派 總本山 園城寺 同縣大津市別所
 大本山 圓滿院 同
 大本山 聖護院 京都市左京區聖護院町
 大本山 實相院 京都府愛宕郡岩倉村
同 眞盛派 總本山 西教寺 滋賀縣滋賀郡坂本村
古義眞言宗 總本山 金剛峰寺 和歌山縣伊都郡高野町
 大本山 仁和寺 京都府葛野郡花園村
 大本山 大覺寺 同 葛野郡嵯峨町
同 醍醐派 總本山 醍醐寺 同府宇治郡醍醐村
 大本山 三寶院 同
同 東寺派 總本山 教王護國寺 京都市下京區九條東寺町
同 泉涌派 大本山 泉涌寺 同市下京區今熊野
同 山階派 大本山 勸修寺 京都府宇治郡山科町
同 小野派 大本山 隨心院 同
新義眞言宗智山派 總本山 智積院 京都市下京區東瓦町
同 豐山派 總本山 長谷寺 奈良縣磯城郡初瀨町
智山、豐山兩派所屬大本山 大傳法院 和歌山縣那賀郡根來村
眞言律宗 總本山 西大寺 奈良縣生駒郡伏見村
律宗 總本山 唐招覺寺 同 郡都跡村五條
淨土宗 總本山 知恩院 京都市東山區林下町
 大本山 金戒光明寺 京都市左京區黑谷町
 大本山 清淨華院 同 寺町廣小路
 大本山 增上寺 東京市芝區芝公園
同 西山禪林寺派 總本山 禪林寺 京都市上京區永觀堂町
同 西山光明寺派 總本山 光明寺 京都府乙調郡乙調村栗生
同 西山深草派 總本山 誓願寺 京都市下京區新京極櫻之町
 大本山 圓福寺 愛知縣額田郡岩津村
臨濟宗天龍寺派 大本山 天龍寺 京都府葛野郡嵯峨町
同 相國寺派 大本山 相國寺 同上京區今出川門前町
同 建仁寺派 大本山 建仁寺 京都市東山區大和大路四條下ル四丁目
同 南禪寺派 大本山 南禪寺 同市上京去南禪寺町
同 妙心寺 大本山 妙心寺 京都府葛野郡花園村
同 建長寺 大本山 建長寺 神奈川縣鎌倉郡小坂村
同 東福寺派 大本山 東福寺 京都市下京區本町大德寺町
同 大德寺派 大本山 大德寺 京都市上京區紫野
同 圓覺寺派 大本山 圓覺寺 神奈川縣鎌倉郡小坂村
同 永源寺派 大本山 永源寺 滋賀縣愛知郡高野村
同 方廣寺派 大本山 方廣寺 靜岡縣引佐郡奧山村
同 佛通寺派 大本山 佛通寺 廣島縣豐田郡高阪村
同 國泰寺派 大本山 國泰寺 富山縣氷見郡太田村
同 向嶽寺派 大本山 向嶽寺 山梨縣東山梨郡七里村


頁二二
曹洞宗 大本山 永平寺 福井縣吉田郡志比谷村
 大本山 總持寺 神奈川縣橫濱市鶴見區
黃檗宗 大本山 萬福寺 京都府宇治郡宇治村
眞宗本願寺派 本山 本願寺 京都市下京區堀川通
 同 大谷派 本山 本願寺 同市下京區烏丸通上ル
 同 高田派 本山 專修寺 三重縣河藝郡一身田町
 同 興正派 本山 興正寺 京都下京區華園町
 同 佛光寺派 本山 佛光寺 同市下京區新開町
 同 木邊派 本山 錦織寺 滋賀縣野洲郡中里村
 同 出雲路派 本山 毫攝寺 福井縣今立郡眞野村
 同 山元派 本山 證誠寺 同郡新橫江村
 同 誠照寺派 本山 誠照寺 同郡鯖江町
 同 三門徒派 本山 專照寺 福井市豐町
日蓮宗 總本山 久遠寺 山梨縣南巨摩郡身延村
 大本山 本門寺 東京府荏原郡池上町
 大本山 妙顯寺 京都市上京區小川頭前町
 大本山 本圀寺 同市下京町柿本町
 大本山 法華經寺 千葉縣東葛飾郡中山町
 本山 妙法寺 山梨縣南巨摩郡穗積村
 本山 藻源寺 千葉縣長生郡茂原町
 本山 妙傳寺 京都市左京區北門前町
 本山 報恩寺 和歌山市眞砂町
 本山 鏡忍寺 千葉縣安房郡東條村
 本山 本土寺 千葉縣東葛飾郡小金町平賀
 本山 弘法寺 同郡市川町眞間
 本山 海長寺 靜岡縣清水市村松町
 本山 蓮永寺 同 安倍郡千代田村
 本山 實相寺 同縣宮士郡岩松村岩本
 本山 妙覺寺 千葉縣東隅郡興津村
 本山 妙法寺 新潟縣三島郡島田村村田
 本山 本法寺 京都市上京區小川通本法寺町前
 本山 孝勝寺 仙臺市東九番町
 本山 妙宣寺 新潟縣佐度郡眞野村阿佛房
 本山 妙照寺 同郡二宮村市ノ澤
 本山 正法寺 千葉縣山武郡大和村小西
 本山 國前寺 廣島市尾長町
 本山 本滿寺 京都市上京區寺町今出川上ル鶴山町
 本山 妙純寺 神奈川縣愛甲郡依知村
 本山 佛現寺 靜岡縣田方郡伊東町
 本山 本覺寺 同縣安倍郡豐田村
 本山 久昌寺 茨城縣久慈郡譽田村
 本山 日本寺 千葉縣香取郡中村
 本山 光勝寺 佐賀縣小城郡岩松村
 本山 妙成寺 石川縣羽咋郡上甘田村
 本山 本立寺 靜岡縣田方郡韭山村
 本山 妙本寺 神奈川縣鎌倉町大町
 本山 妙顯寺 栃木縣安蘇郡堀來町
 本山 根本寺 新潟縣佐度郡新穗村大野
 本山 立本寺 京都上京區七本松通一番町
 本山 妙國寺 堺市材木町


頁二三
 本山本遠寺 山梨縣南巨摩郡身延村大野
 本山 妙興寺 千葉縣千葉郡白井村
 本山 妙覺寺 京都市上京區室町頭下清藏口町
 本山 妙法華寺 靜岡縣田方郡錦田村
 本山 頂妙寺 京都市左京區仁王門川東大菊町
 本山 誕生寺 千葉縣安房郡小湊町
 本山 龍口寺 神奈川縣鎌倉郡川口村
日蓮正宗 總本山 大石寺 靜岡縣富士郡野村上條
顯本法華宗 總本山 妙滿寺 京都市上京區寺町通榎木町
本門宗 本山本門寺 靜岡縣富士郡北山村
 本山 要法寺 京都市左京區法泉寺町
 本山 實成寺 靜岡縣田方郡中大見村
 本山 妙蓮寺 同縣富士郡上野村
 本山 久遠寺 同郡富士根村
 本山 妙本寺 千葉縣安房郡保田町
 本山 本門寺 靜岡縣富士郡芝宮村
本門 法華宗 大本山 光長寺 同縣駿東郡金岡村
 大本山 鷲山寺 千葉縣長生郡茂原町
 大本山 妙蓮寺 京都市上京區寺ノ內大宮東入
 大本山 本興寺 兵庫縣尼崎市別所寺町
 大本山 本能寺 京都市上京區寺町御池南
法華宗 總本山 本成寺 新潟縣南蒲原郡三條町
本妙法華宗 總本山 本隆寺 京都市上京區智惠光院紋屋町
日蓮宗不受不施派 祖山 妙覺寺 岡山縣御澤郡金川町
同不受不施講門派 本山 本覺寺 同
時宗 總本山 清淨光寺 神奈川縣藤澤町
 大本山 蓮華寺 滋賀縣阪田郡鳥野村
 大本山 無量光寺 神奈川縣高座郡麻溝村
 大本山 金蓮寺 京都市下京區新京極仲ノ町
 大本山 正法寺 同 清閑寺町
融通念佛宗 總本山 大念佛寺 大阪市住吉區平野町
法相宗 大本山 興福寺 奈良市登大路町
 大本山 法隆寺 奈良縣生駒郡法隆寺村
 大本山 藥師寺 同郡都跡村
華嚴宗 大本山 東大寺 奈良市雜司町
朝鮮三十一本山 通度寺 慶尚南道 威鳳寺 全羅北道
 傳燈寺 京畿道 永明寺 平安南道
 桐華寺 慶尚北道 海印寺 慶尚南道
 貝葉寺 黃海道 歸州寺 咸興南道
 白羊寺 全羅南道 祇林寺 慶尚北道
 普賢寺 平安北道 銀海寺 慶尚北道
 奉恩寺 京畿道 華嚴寺 全羅南道
 法興寺 平安南道 月精寺 江原道
 法住寺 忠清北道 乾鳳寺 江原道
 奉先寺 京畿道 孤雲寺 慶尚北道
 寶石寺 全羅北道 金龍寺 慶尚北道
 梵魚寺 慶尚南道 釋王寺 咸鏡南道
 麻谷寺 忠清南道 松廣寺 全羅南道
 榆岾寺 江原道 成佛寺 黃海道
 龍珠寺 京畿道 仙巖寺 全羅南道
 大興寺 全羅南道


頁二四
各宗派管長、宗務所、出張所 (昭和五年九月調查)

(宗派) (管長) (宗務所) (東京出張所)
天台宗 座主 梅谷孝永 宗務廳 滋賀縣滋賀郡坂本村(電、坂本一八) 下谷區上野櫻木町寬永寺(電、下谷一一、四四〇)
同寺門派 長吏 山科晃玉 法務局 大津市園城寺內(電、坂本一三) 市外大久保町大聖院
同 眞盛派 山田智善 教務所 滋賀縣滋賀郡坂本村西教寺內(電、坂本一三) 市外杉並町高圓寺眞盛寺內(電、四谷一、七一一七)
古義眞言宗 龍池密雄 宗務所 和歌山縣高野町高野山(電、高野一、一一三一一) 本所區元町大德院(電、本所一、九四七)
眞言宗醍醐寺 平之亮禪 同 京都府宇治郡醍醐村(電、醍醐二) 市外品川町南品川一四三品川寺內(電、高輪五、〇六八)
同 東寺派 松永昇道 同 京都市下京區九條一(電、下三、一二五、一、一三一) 小石川區高田老松町吉祥院內
同 泉涌寺派 椋本龍海 同 同 今熊野町泉涌寺內(電、祇園一、五五一) 深川區深川公園永代寺內
同 山階派 和田大圓同 京都府山科町勸修寺內 日本橋區小傳馬上町大安樂寺內
同 小野派 湯崎弘雄 同 同 同 小野隨心院內 芝區芝公園五號ノ八(電、芝三、三七〇)
新義眞言宗智山派 旭純榮 同 東京市芝區愛宕町一ノ八(電、大塚六三九)
同 豐山派 湯澤龍岳 同 小石川區大塚坂下町一七(電、大塚六三九)
眞言律宗 佐伯悟龍 同 奈良縣生駒郡伏見村西大寺內 小石川區仲町一七常泉院內
律宗 北川智彙 同 奈良縣生駒郡都跡村唐招提寺內 深川區深川公園永代寺內
淨土宗 山下現有 同 東京市芝區芝公園地一五ノ四(電、芝八四〇、一、三五二)
同 西山禪林寺派 大西玄光 寺務所 京都市上京區永觀堂町(電、上一一、四四八) 日本橋區小傳馬町圓光寺內(電、浪花七、一一七三)
同 西山光明寺派 關本諦承 同 京都府乙訓郡乙訓村光明寺內(電、向日町一一) 右に同じ
同 西山深草派 富永慶法 同 京都市下京區新京極櫻之町誓願寺內(電、本九五八──九) 右に同じ


頁二五
臨濟宗天龍寺派 關清拙 宗務本院 京都府嵯峨町天龍寺內 (電、嵯峨一五六)本鄉區駒込東片町龍光寺內
同 相國寺 橋本獨山 同 京都市上區相國寺門前(電、上一〇一) 右に同じ
同 建仁寺派 竹田默雷 同 同 下京區小松町一三九建仁寺內(電、中一九〇) 右に同じ
同 南禪寺派 赤井義勇 宗務本所 同 上京區南禪寺福地(電、上三六五) 右に同じ
同 妙心派 神月徹宗 同 同 市外花園村(電、西陣一〇六) 本鄉區龍岡町麟祥院內
同 建長寺派 菅原時保 宗務院 神奈川縣鎌倉郡小坂村山ノ內建長寺內(電、鎌倉二三三) 市外品川町北品川二三八清德寺內
同 東福寺派 尾關本孝 宗務本院 京都市下京區本町一五丁目東福寺內(電、祇園八七) 本鄉區駒込東片町龍光寺內
同 大德寺派 圓山全提 宗務本院 同 上京區紫野町大德寺內(電、西陣一九) 下谷區北稻荷町廣德寺內
同 圓覺寺派 太田常正 宗務本院 神奈川縣鎌倉郡小坂村山一內圓覺寺內(電、鎌倉四七八) 牛込區市ケ谷河田町月桂寺(電、牛込三、〇八五)
同 永源寺派 高木默鳳 宗務本院 滋賀縣愛知郡高野村永源寺內 市外龜戶町三丁目長壽寺內
同 方廣寺派 足利紫山 宗務本院 靜岡縣引佐郡奧山村方廣寺內 本鄉區駒込東片町龍光寺內
同 佛通寺派 山崎益洲 同 廣島縣豐田郡高坂村彿通寺內 右に同じ
同 國泰寺派 佐竹龍水 宗務院 富山縣氷見郡太田郡 右に同じ
同 向嶽寺派 勝部敬學 宗務本院 山梨縣東山梨郡七里村向嶽寺內 本鄉區駒込蓬萊町勝林寺內
曹洞宗 秋野孝道 宗務院 東京市芝區新堀町三六(電、三田三、七五〇)
黃檗宗 星野直翁 宗務本院 京都府宇治郡宇治村萬福寺內 芝區白金臺町一瑞聖寺內
眞宗本願寺派 伯爵大谷光照 執行所 京都下京區堀川通本願寺門前西本願寺內(電、下二四〇、二四二──三) 京橋區築地三丁目本願寺別院(電、京橋三九七、四、七二〇)
同 大谷派 伯爵大谷光暢 宗務所 同 同 烏丸通七條上ル東本願寺內(電、下二〇四──六、四、九〇〇) 淺草區松清町大谷派別院(電、淺草三、七四〇)
同 高田派 男爵常磐井堯猷 寺務所 三重縣河藝郡一身田町(電、一身田一) 本所區石原町


頁二六
同 興正派 男爵 華園眞淳 同 京都市下京區堀川通七條上ル興正寺內(電 下七五) 下谷區御徒町一ノ五〇眞宗興正派興正寺說教所內
同 佛光寺派 男爵澁谷隆教 同 新開町佛光寺(電、九七〇) 下谷區龍泉寺町佛光寺別院內
同 木邊派 男爵木邊孝慈 同 滋賀縣野洲郡中里村木部錦織寺內 本所區綠町四丁目錦織寺教會堂內
同 出雲路派 藤光曜 同 福井縣今立郡味眞野毫攝寺內 神田區旭町二六
同 山元派 藤原善敬 同 同 新橫江村橫越證誠寺內 京橋區築地三ノ四三淨泉寺內
同 誠照寺派 二條秀曉 同 同 鯖江町誠照寺(電 鯖江一三九) 市外高田町大字雜司ケ谷四二六
同 三門徒派 平光圓 同 福井市豐町專照寺內(電 福井九六八) 市外目黑町上黑一六九六
日蓮宗 酒井日慎 宗務院 東京市芝區二本榎町一ノ一五(電 高輪九五九)
日蓮正宗 阿部日開 同 靜岡縣富士郡上野村上條二〇五七 本所區向島小梅町常泉寺內(電 墨田三、二六一)
顯本法華宗 井村日咸 宗務廳 東京市牛込區原町二ノ三〇
本門宗 稻葉日乾 宗務院 靜岡縣富士郡北山村本門寺內 芝區二本榎町上行寺內
本門法華宗 木村日舜 宗務廳 東京市本鄉區駒込淺嘉町七五(電 小石川三、八〇三)
法華宗 岡田日惇 宗務所 新潟縣三條町本成寺內 市外西巢鴨二五本妙寺內(電 大塚一、四二〇)
本妙法華宗 小澤日寬 同 京都市上京區西陣紋屋町本隆寺內 牛込區五軒町眞清淨寺內
日蓮不受不施派 釋日壽 事務所 岡山縣金川町金川六〇〇(電 金川三九) 麻布區本村町一八一
同不受不施派 佐藤日柱 宗務局 同 同 本覺寺內
時宗 小林大空 教務院 神奈川縣藤澤町清淨光寺內 淺草區芝崎町日輪寺內
融通念佛宗 山上戒空 宗務所 大阪市住吉町平野上町(電 平野二六) 右に同じ
法相宗 大西良慶 同 奈良市奈良公園登大路興福寺內 赤坂區青山南町四丁目梅窓院內
華嚴宗 三宅英慶 法務所 同 雜司町東大寺內(電 良奈二九) 淺草區神吉町四七幡隨院內(電 下谷三三)


頁二七
各宗派(宗務所、本山、門跡、宗務出張所)職員 (昭和六年九月調查)

天台宗
座主 大僧正 梅谷孝永
總務 僧正 壬生雄舜
庶務部長 權僧正 菅原英信
教學部長 大僧都 半田孝海
財務部長 權大僧都 菅野教純
錄事 權大僧都 高松義隆
秘書 少僧都 落合寬茂
同 權大僧都 吉田眞猿
同 少僧都 小暮慈全
同 中律師 室生貞信
社會課主任 大律師 片岡祐仁
天台宗務廳出張所
管事 大僧都 石川光祐
地方宗務監查員
大僧都 吉田亮樁
同 權大僧都 志井覺秀
同 權大僧都 武藤舜應
教區宗務所竝教區長
京都、左京、淨土寺眞如、松林院
第一 權大僧都 松田實雄
和歌山、海草、和歌浦町、雲蓋院
第二 權僧正 朝倉實念
滋賀、滋賀、坂本村、新宿院
第三 大僧都、大橋良廣
長野、長野、元善、藥王院
第四 僧都 原順榮
岐阜、揖斐、谷汲村、明王院
第五 權大僧都 不破台觀
大阪、天王寺、元、中之院
第六 大僧都 森田潮應
愛知、名古屋、中、高須賀、願成寺
第七 僧都 橫地全映
豊橋、紺屋、神宮寺
第八 權大僧都 山田全顯
神奈川縣、橘樹、日吉村、金藏寺
第九 僧正 關根大見
東京、南葛飾、龜戶町、龍眼寺
第十 權僧正 池月順孝
東京、下谷、上野櫻木、等覺院
第十一 大僧都 石川光裕
埼玉、入間、古谷村、實相院
第十二 權僧正 高柳亮純
埼玉、北埼玉、中條、常光院
第十三 僧正 小久保豊田
群馬、碓氷、里見村、常福寺
第十四 大僧都 金井覺純
前橋、片貝、般若寺內
第十五 大僧都 藤井祐寶
栃木、上都賀、日光町、輪王寺門跡內
第十六 權僧正 貴船諶晃
茨城、東茨城、吉田村、藥王院
第十七 少僧都 中村純漢
茨城、稻敷、太田村、逢善寺
第十八 中律師 坂本顯眞
千葉、印旛、中鄉村、城固寺
第十九 少僧都 鈴木諄映
千葉、市原、鶴舞、光明寺
第二十 權少僧都 河邊堯貫
千葉、夷隅、長者町、西善寺
第二十一 僧都 太田亮諦
兵庫、明石、伊川谷村、與樂寺
第二十二 大僧都 市原卽盛
岡山、淺口、金光町、寂光院
第二十三 權僧正 今井紀綱
鳥取、立川 大雲院
第二十四 僧正 武田光俊


頁二八
丸龜、富屋、妙法寺
第二十五 權大僧都 黑田眞超
大分、直入、豊岡村、大泉寺
第二十六 僧正 青山映道
佐賀、杵島、須古村、安福寺
第二十七 權大僧都 嘉瀨範護
福島、伊達、川俣町、大圓寺
第二十八 大僧都 西坂寂榮
仙臺、元寺小路、滿願寺
第二十九 大僧都 松好亮研
山形、東村山、山寺村、立石寺
第三十 僧正 壬生芳田
天台宗北海道宗務所 凾館、春日、天祐寺
理事 僧正 山口智順
總本山延曆寺
住職 大僧正 梅谷孝永
延曆寺事務所
執行 權大僧正 赤松圓麟
幹事 權僧正 池田長田
同 大僧都 佐井記皎覺
同 權大僧都 山田惠諦
同 權大僧都 森川淳契
同 權大僧都 上阪寶山
門跡寺院
妙法院 京都、東山、大佛妙法院前側
門跡 大僧正 梅谷孝永
青蓮院 同、左京、粟田三條坊町
門跡 僧正 今出川圓俊
三千院 京都、愛宕、大原村
門跡 僧正 堀惠慶
曼殊院 同、同、修學院村
門跡 權大僧正 久田全珖
毘沙門堂 京都、宇治、山科村
門跡 大僧正 菊岡義裏
滋賀院 滋賀、滋賀、阪本村
門跡 (缺員)
輪王寺 東京、下谷、上野公園
門跡 權大僧正 大多喜守忍
輪王寺 栃木、上都賀、日光町
門跡 僧正 今井德順
安樂律院事務所 同上 安樂律院
貫主 安樂律院住職和尚 草香妙靈
直院 法同沙彌 杉本千外
京都、蛸藥師、油小路西、極樂院
空也堂極樂院部事務所
極樂院住職上人 葛原定慶
修驗道事務所
管領 金峯山寺住職僧正、正大先達 長尾智泉
鹿兒島、長田、常樂院
地神盲僧常樂院事務所
事務取扱 常樂院住職大檢校 江田俊了
福岡、筑紫、八幡村、成就院
地神盲僧玄清部事務所
統管 成就院住職權僧正 梶谷良諦
宗機顧問
同 大僧正 菊岡義裏
同 權大僧正 久田全珖
同 權大僧正 大多喜守忍
同 權大僧正 塚原大應
同 權大僧正 大久保良俊
同 僧正 今井德順
同 僧正 奧田公昭
精查局
精查局長 加藤觀澄
精查員 塚田亮澄
同 太田深澄
同 水尾寂曉
同 大角實田
同 朝倉實念
同 市川圓常
同 館亮諦
同 清水谷善照


頁二九
同 關口寬文
同 源田貫道
審理局
京都、愛宕、修學院、曼殊院門跡內
審理局長 久田全珖
審理員 大宮孝潤
同 關口慈眞
同 今井紀綱
同 朝倉實念
錄事 木下寂元

天台宗寺門派
長吏 大僧帳 山科晃玉
執事長 權大僧正 三浦道海
教務課執事 僧正 直林教範
教務課執事補 權少僧都 岡田祐孝
庶務課執事 權僧正 滋野敬憲
庶務課執事補 大僧正 津田慶純
主計課執事 僧正 福家守明
主計課執事補 少僧正 眞島慶亮
東京出張所
書記 少僧都 河瀨聖長
法務支局竝管事
滋賀縣下 大津、園城寺山內、電(九九七)
大僧都 津田慶純
岐阜縣下 加茂、古井町、大德院
第一 大律師 座間正清
同 武儀、上麻生村、寶生寺
第二 律師 田口惠全
(副)少僧都 田口秀全
愛知縣下 知多、有松町
第一 少僧都 橫井開元
同 名古屋、天白村、八事表山、日光院
第二 權少僧都 尾崎覺淨
(副)權少僧都 河野元覺
靜岡縣下 富士、富士根村、淨蓮院
權少僧都 北畠榮鎮
神奈川縣下 中、秦野町、不動堂
第一 權律師 高橋隆英
同 足柄下、大窪村、板橋、景覺院
第二 權少僧都 山本義元
東京府下、南足立、江北村、皿沼、永昌院
第一 權少僧都 近藤普卜
同 東京、下谷、龍泉院、正寶院
第二 大僧都 近藤教圓
同 東京市外、大久保町、大聖院
第三 權少僧都 河瀨聖長
埼玉縣下 北足立、芝村、大行院
第一 權少僧都 富山賢成
同 比企、高坂村、岩嚴、正存院
第二 權少僧都 若林照慶
同 浦和町
第三 大僧都 金子正覺
(副)大律師 井上初光
群馬縣下 利根、吉馬牧村、神力院
第一 權大律師 藤原源長
(副)權大律師 三善良長
同 山田、梅田村、淺都、南藏院
第二 權少僧都 村上德永
同 群馬、元總社村、長見寺
第三 大律師 長尾智忠
長野縣下 北佐久、三都和村、寬聚院
(管事々務取扱)
第一 少僧都 宮坂賴母
同 下高井、都住村、滿昌院
第二 律師 渡邊桂芳
富山縣下 (缺員)
山梨縣下 南都留、谷村町、東正院
權大律師 金子智剛
(副)權律師 有賀友由
福井縣下 福井、老松中、和合院
律師 吉峰璞次
新潟縣下 高田、布古、胎藏院
第一 律師 高井仁龍
同 西類城、西海村、雲臺寺


頁三〇
第二 權僧正 田原光圓
同 北魚沼、藪神村、吉祥院
第三 大律師 駒形明壽
同 中魚沼、中條院、大慶院
第四 大律師 中川光猶
(副) 權律師 關澤教順
同 南魚沼、神立村、大教院
第五 大僧都 小河祐阿
(副)律師 石田圭善
宮城縣下、伊具、大內村、一明院
第一(副)大律師 武田元榮
同 遠田、北浦、藥王院
第二 大律師 豊田亮道
(副)律師 豊田祐善
福島縣下 信夫、渡利村、八幡院
第一 權律師 三井豊興
同 相馬、八幡村
第二 律師 青田隆教
同 田村、文殊村、清涼寺
第三 大律師 富塚宥仙
同 安達、下田崎村、蓮泉寺
第四 權律師 宮田宥順
山形縣下 東置賜、龜岡村、善行院
第一 律師 鈴木光榮
(副)權大律師 加納榮明
山形 東置賜、上鄉村、淺川、泉養院
第二 大律師 鈴木宥泰
同 同 、龜岡院、行藏院
第三 律師 吉田寬興
岩手縣下 稗貴、好地村、松林寺
律師 小田島重好
(副)律師 長谷川宗觀
大阪府下 豊能、箕面村、瀧安寺、電(三)
第一 大僧都 大西圓照
同 大阪市外、美囊、志染村、伽耶院
權少僧都 岡本孝信
第一(管事)權少僧都 宮家貢
同 吉備、足守町、日光院、電(四二)
第二 少僧都 清谷靜昌
同 苫田、泉村、西屋、長命寺
第三 權少僧都 梅本照光
同 岡山、磨屋、金藏院
第四 準教師 尾關大觀
同 兒島、鄉內村、大泉院
第五 權少僧都 毛利正賢
廣島縣下 深安、上竹田村、貴法院
第一 大僧都 橋本覺正
廣島縣下 深安郡、中條村、會明寺
第二 大律師 松崗實雅
島根縣下 那賀、石見村、黑川、神正寺
律師 金森教覺
福岡縣下 粕屋、新宮村、下府、永福院
第一 權少僧都 高橋智海
同 田川、赤村、內田、朝日寺
第二 大僧都 熊谷正照
香川縣下 大川、長尾町、長尾寺、電(四一)
權大僧正 村岡俊岳
(副)權大僧都 十河俊榮
高治縣下 幡氣、大川筋村、寶積院
(管事々務取扱)權律師 土居儀光
愛媛縣下 松山、東雲、常樂寺、電(六二一)
大僧都 今井貞勝
(副) 律師 宮內覺
同 越智、清水村、不動院
第二 大僧都 小笠原晃
(副)律師 長井清光
同 同 波止濱町、西寶院
第三 大僧都 八木泰洲
同 北宇和、立間村、當學寺
(管事々務取扱)
第四 權律師 澤近道榮
(副管事々務取扱) 準教師 西村慈泉


頁三一
總本山園成寺
住職 大僧正 柳田暹□=[目+景=caw034-01]
門跡寺院
大本山圓滿院 大津、別所、電(二三八)
門跡 大僧正 山科晃玉
大本山聖護院
京都、上京、聖護院、電(上一八八〇)
門跡(兼) 大僧正 柳田暹□=[目+景=caw034-01]
大本山實相院 京都市外、岩倉村
門跡 大僧正 田中道淳

天台宗眞盛派
管長 大僧正 山田智善
執事長 大僧都 栗田觀明
庶務課長 大僧都 北村實仁
會計課長 權僧正 成實觀瑞
學務課長 大僧都 十河泰隆
布教課長 同
布教副課長
庶務課主事 大僧都 松尾秀信
同書記 權少僧都 辻眞稱
布教課主事 大僧都 八耳順叨
學務課主事 大僧都 野村堯間
會計課主事 權大僧都 山口映順
顧問 權大僧正 西村冏念
同 權大僧正 小泉妙德
同 僧正 長谷川眞徹
同 僧正 松尾秀導
同 僧正 八耳哲道
東京教務出張所
主任 僧正 岩田教圓
教務支所管事
三重津 津市寺、西來寺
權大僧正 西村冏念
三重松阪 三重、一志、倭村上ノ村、成願寺
權僧正 明野儀海
三重伊賀 三重、阿山、城南、淺宇田、九品寺
權僧正 若山智山
滋賀 滋賀、神崎、御園村、光林寺
權僧正 山內觀晃
福井 福井、武生町、引接寺
僧正 長谷川眞徹
大阪 堺、戎之、東四丁、智禪寺(管事々務取扱)
權大僧都 大上良忍
北海道 凾館、榮、善光寺
僧正 前田智圓
總本山 西教寺
住職 大僧正 山田智善
由緒寺院 本光院
京都、元誓願寺通、七本松
住職 尼教師 藤原光善

古義眞言宗
管長 龍池密雄
執行長(總務) 釋法傳
執行(教務部長) 龜山圓海
執行(庶務部長) 高橋慈本
執行(財物部長) 岡崎密乘
執行(學務部長)(兼) 釋法傳
主事 佐和隆惠
主事 古谷英應
書記 高木泰澄
同 山本密梁
同 小野秀典
同 武內卓雅
同 山口耕俊
同 東孝範
同 五十嵐大祐
同 山田觀玄
同 井村義丸
同 曾和彌榮
同 岩倉信一
同 所康雄
同 日野壽太郎


頁三二
同 堀武二
同 前田勇治
同 士生川齊三
同 守田虎之亟
同 高橋芳夫
同 林正樹
宗務出張所並所長
東京 東京、本院、元大德院(欠員)
京都 京都、嵯峨町、大覺寺 谷內清巖
宗務支所並所長
東京 麻布區櫻田町
正光院 香川英良
埼玉 大里郡妻治町
歡喜院 鈴木英良
山梨 中巨摩郡三惠村
法善寺 今村大法
神奈川 橫濱市鳥山町
三會寺 向山亮雲
群馬 新田郡島之鄉村
西慶寺 田口義道
福井 福井縣教賀町
金前寺 山田覺初
石川 能美郡粟津村
大王寺 木崎觀明
富山 富山市梅澤町
眞興寺 長龍潭
靜岡 濱松市龍禪寺町
龍禪寺 高橋孔淳
三重 津市下部田町
密藏院 佐伯良善
愛知 名古屋市中區橫三藏町
松林寺 橋本本眞
岐阜 稻葉郡長良村
護國之寺 廣瀨良禪
奈良 生駒郡矢田村
松尾寺 松岡秀賢
和歌山 那賀郡安樂川村
蓮臺寺 織田隆寶
京都 久世郡宇治町
正覺院 小川義吽
兩丹 天田郡上豊富村
雲龍寺 野村澄光
大阪 天王寺區生玉前町
持名院 藤村忍隆
和泉 堺市熊野町東五丁
長樂寺 仲村隆賢
河內 南河內郡天野村
金剛寺 曾我部俊雄
播磨 兵庫縣加古川町
稱名寺 米澤義孝
淡路 三原郡榎列村
榮福寺 岡崎密乘
兵庫 武庫郡甲東村
東光寺 松田道莢
但馬 養父郡高柳村
高照寺 密祐弘
德島 德島市寺町
常慶院 岡本慈航
香川 高松市築地町
高野山別院 高橋淨賢
愛媛 今治市慶應町
神供寺 服部覺禪
備前 兒島郡琴浦町
蓮臺寺 佐伯增行
美作 苫田郡香々美村
圓通寺 小川弘章
備中 倉敷市本町
觀龍寺 村田俊學
鳥取 氣高郡大和村
長谷寺 岡田教傳
島根 松江市外講武村
樂師院 小川義秀
廣島 福山市西町
龍華院 佐伯惠眼
山口 吉敷郡秋穗二島村


頁三三
眞照院 辻弘道
福岡 福岡市馬出上町一丁目
惠光院 岩吉亮海
大分 大分市上野町
寶戒寺 宗尊空
肥前 佐賀縣杵島郡住吉村
定林寺 池上宣海
北海道 雨龍郡深川町
眞言寺 資延典信
朝鮮 京城府新町
高野山別院 龜山弘應
滿洲 大連市攝津町
大聖院 菅野經禪
總本山金剛峰寺
座主 龍池密雄
執行長 釋法傳
執行 眞淵實榮
執行 加藤清章
主事 新丸快寶
同 鷲峯惠賢
同 古谷眞勝
奧院維那 宮野宥智
山林技師 奧原朝而朗
靈寶館主事 堀田眞快
大本山大覺寺
門跡 藤村密幢
執行 三好龍彰
主事 百合眞一
同 密祐成
大本山仁和寺
門跡 石堂惠猛
執行 眞井覺深
主事 南岳大雲
同 大原最俊
御遠忌事務局
和歌山、伊都、高野山、電(二二六)
總裁 龍池密雄
總監 庄野琳眞
理事 靜盛應
同 馬池泰純
同 宮崎忍海
參務 飯田俊正
參務 服部覺道
參務補 高木秀榮

眞言宗醍醐派
管長 大僧正 平之亮禪
執行長 權少僧正 岡田戒玉
執行 權少僧正 岩岳勝躳
執行 權大僧都 世木大眞
執行 中僧都 山田廣圖
錄事 中僧都 服部如實
同 中僧都 楳林靜雲
同 中僧都 板脇寰雄
同 律師 衫岡宥秀
同 少僧都 三浦良榮
同 源信珠
醍醐修驗道宗務廳 京都市伏見區醍醐
執行長 岡田戒玉
執行 岩越勝躳
執行 世木大眞
執行 山田廣圓
醍醐派御遠忌事務局 京都市伏見區醍醐
總理 權中僧正 岩鶴密傳
醍醐派寺院財產調查局
京都市伏見區醍醐
局長 權中僧正 龍田宥量
東京宗務出張所 東京市外品川町 品川寺
主任 權少僧正 仲田順海
宗務支所學頭及管理
山形 米澤市外南原村 福壽院
學頭 中僧都 齊藤龍元
管理 權少僧都 眞島正賢
新潟北部 北蒲原郡菅谷村 菅谷寺
學頭 少僧正 山岸經應


頁三四
副管理 律師 岡田信隆
新潟南部 北魚沼、小千谷村 法榮寺
學頭 大僧都 小林教嚴
管理 權少僧都 大淵政充
新潟中部 刈羽郡刈羽村 福壽院
學頭(兼)管理權少僧都 池上龍慶
新潟西部 中蒲原郡村松町 金剛院
學頭 權大僧都 市川清庸
管理 權少僧都 雷東多
富山 高岡、片原町 大福院
學頭 中僧都 神子高盛嶽
山梨、甲府、元紺屋 行藏院
學頭 權中僧都 壬生善導
管理 權少僧都 岡隆照
駿豆 庵原、袖師村 榮松院
學頭 權大僧都 天野實榮
管理 權中僧都 望月榮岱
遠江 引佐、井伊谷村 正寶院
學頭(兼)管理權中僧都 石川實圓
三河 幡豆那幡豆町 太山寺
學頭 權少僧都 小笠原惠嚴
管理 權中僧都 磯島賢禪
尾張 東春日、鳥居松村 大龍院
學頭 權大僧都 林春光
管理 權少僧都 福田惠由
岐阜 岐阜、伊奈波 安乘院
學頭 大僧都 松枝秀晃
管理 權大僧都 玉護正仙
三重 津、大門 大寶院
學頭 權中僧正 岩鶴密傳
管理 權少僧正 白山良榮
兩丹 加佐、志樂村 松尾寺
學頭 大僧都 松尾空我
管理 同 松尾一空
奈良 生駒、平群村 光寺
學頭 權少僧正 吉田諦禪
管理 少僧都 中野乘彭
兵庫 佐用、幕山村 福圓寺
學頭 權少僧都 福山觀蓮
管理 教師試補 小山心道
備前 兒島、八濱町 金剛院
學頭 中僧都 松岡覺澄
副管理 少僧都 平井玉暉
美作 苫天、田邑村 泉水寺
學頭 中僧都 安東法定
管理 律師 山本法寶
島根 簸川、川跡村 多福寺
學頭 大僧都 前島神雄
管理 教師試補 田村興洲
山口 玖珂、麻里布町 藥師院
學頭 少僧正 高木秀道
管理 少僧正 朝枝東山
肥前 杵島、住吉村 定林寺
支所長(囑託) 池上宣海
福岡 久留米、苧扱川
學頭 權大僧都 中村英毅
管理 權中僧都 中村龍現
熊本 熊本、本庄 本藏院
學頭 權大僧都 藏本亮榮
大分 北海部、下浦村 海岸寺
學頭 大僧都 原山智道
管理 權大僧都 瀧本秀榮
愛媛 溫泉、栗井村 蓮福寺
學頭 權中僧正 龍田宥量
管理 權少僧都 六車諦忍
朝鮮 京城府南山町三ノ五代寺
布教管理者 綾地亮凞
總本山醍醐寺
座主 大僧正 平之亮禪
門跡寺院
三寶院 京都、宇治 醍醐村
門跡 大僧正 平之亮禪

眞言宗東寺派
管長 松永昇道


頁三五
宗務長 加藤宥信
執行 上田實道
同 山本忍梁
同 松森戒玉
事務員 鈴木海龍
同 木村澄覺
同 幡山寬定
同 法本教道
同 藤生義泰
同 谷田眞英
書記 川崎眞澄
同 伊藤智淳
同 在問宜範
同 西谷眞道
宗務出張所
東京
教務 中僧正 松田密信
神奈川支所 神奈川、中、國府津、寶金剛寺
學頭 少僧正 神谷諦辨
總本山教王護國寺
法主 松永昇道
事務長 加藤宥信
執事 上田實道
同 山本忍梁
同 松森戒玉
常務 法本教道
同 川崎眞道

弘法大師一千百年御忌事務局
九條東寺中
總裁 松永昇道
總務 鷲尾光遍
理事 加藤宥信
同 上田實道
同 山本忍梁
同 松森戒玉
參務 幡山寬定
同 水上堯禪
同 木村澄覺
同 法本教道
同 藤生義泰
同 谷田眞美
書記 川崎眞澄

眞言宗泉涌寺派
管長 大僧正 椋本龍海
宗務長 (缺員)
執事 少僧正 椋本教尊
執事 權大僧正 平野龍法
東京出張所
主任 權少僧正 前田宥昶
宗務取締
靜岡宗務取締 大僧都 高橋孔淳
廣島宗務取締 中僧正 棗田良道
大本山泉涌寺
長老 大僧正 椋本龍海
執事 椋本教尊
同 平野龍法
御由緒門跡寺院
泉涌寺 京都、今熊野
長老 大僧正 椋本龍海
中宮寺 奈良、生駒、法隆寺村
門跡 權少僧正 近衛尊覺尼

眞言宗山階派
管長事務取扱 權少僧正 佐竹信光
宗務長 權少僧正 佐竹信光
參事 中僧都 德田定圓
宗務支所 和歌山、那賀、安樂川 蓮臺寺
支所長 權少僧正 織田隆寶
東京宗務傳達所
東京、日本橋、小傳馬町 大安樂寺
主務 少僧正 香川英良
大本山勸修寺
門跡事務取扱 權少僧正 佐竹信光


頁三六
事務長 權少僧正 佐竹信光
執事 中僧都 德田定圓

眞言宗善通寺派
管長 大僧正 蓮生觀善
宗務長 中光歡
執事 江崎明道
執事 龜谷宥英
眞言宗善通寺宗務所京都出張所
主任 龜谷宥英
大本山善通寺 香川、仲多度、善通町
法主 大僧正 蓮生觀善
事務長 中光歡
執事 龜谷宥英
執事 江崎明道

新義眞言宗智山派
管長 大僧正 旭純榮
宗務長 權中僧正 平幡照法
財務部長 權少僧正 相澤湛海
教學部長 權少僧正 芙蓉淨淳
庶務部長 大僧都 倉持秀峰
庶務部主事 中僧都 金剛興照
教學部主事 權大僧都 阿部龍傳
財務部主事 中僧都 河原普意
書記 中僧都 番場憲隆
書記 大僧都 小島眞融
書記 權少僧都 深谷榮良
教學部書記 權中僧都 森岡隆宥
教學財團書記 權少僧都 野澤光了
宗務支所並管理
京都市 京都、下京、六角道、東洞院西入
愛染院 少僧正 連隆觀
京都府 京都、相樂、高麗村 神重寺
少僧都 茆原政憲
和歌山縣 和歌山、那賀、根來町 律乘院
少僧都 寺尾賢雄
愛媛縣 松山、泉町 藥師寺
權中僧都 吉川禮寶
長崎縣 佐世保、日宇 青蓮寺
大僧都 松園名敬
宮崎縣 宮崎、兒湯、都於郡村 黑貫寺
(副) 少僧都 澤村慈光
高知縣 高知、長岡、五棗山村 竹林寺
權大僧都 海老塚義隆
福井縣 福井、坂井、三國町 瀧谷寺
大僧都 菅野隆本
滋賀縣東部 滋賀、坂田、照神村 神照寺
權少僧正 矢島承啟
滋賀縣西部 滋賀、高島、海津村 寶幢院
少僧正 高井觀海
岐阜縣 岐阜、武儀、關町 新長谷寺
中僧都 鷲津龍圓
愛知縣 名古屋、中、門前 七寺
中僧都 落合良弘
靜岡縣 靜岡、周知、宇刈村 西樂寺
中僧都 高木陽範
山梨縣甲 山梨、東山梨、松里村 放光寺
少僧正 岡弘元
山梨縣乙 同、同 岡部村 大藏經寺
中僧都 楠體本
長野縣南部 長野、諏取、平野村 照光寺
中僧都 橘堯應
長野縣北部 長野、上田市、橫町 宗吽寺
大僧都 桑澤俊盈
群馬縣 群馬、多野、神流村 觀音寺
權大僧都 廣瀨義照
埼玉縣東部 埼玉、南埼玉、川通 大光寺
大僧都 遠藤隆學
埼玉縣西部 同、北足立、鴻巢町 法要寺
權中僧都 井桁眞
埼玉縣南部 同、同、蕨町 三學院
大僧都 倉持秀峰
埼玉縣騎西 埼玉、北埼玉、三俣村 觀音寺
權中僧都 關根隆岳


頁三七
埼玉縣羽生 北埼玉、不動岡町、惣願寺
大僧都 山口定憲
埼玉縣熊谷 埼玉、大里、熊谷町 石上寺
權少僧正 伊佐辨長
東京府 東京、芝 愛宕一ノ六 鏡照院
第一號 少僧正 內藤隆深
東京府 東京、南多摩、七生村 金剛寺
第二號 大僧都 金岡秀明
神奈川縣 川崎、大師河原 平間寺
少僧正 高橋隆超
千葉縣安房 千葉、安房、千倉 圓藏院
權中僧正 玉瀧義秀
千葉縣中島 千葉、君津、中村 成願寺
權少僧正 鈴木隆嶽
千葉縣君原 千葉、君津、馬來田村 善雄寺
權少僧正 楠純雄
千葉縣小久保 千葉、君津、大貫町 眞福寺
權大僧都 平野眞全
千葉縣作田 千葉、夷隅、上野村 長谷寺
(管理事務取扱) 少僧都 古谷定倫
千葉縣山武 千葉、山武、豊岡村 地福寺
權大僧都 渡邊照憲
千葉縣香取 香取、日吉村、新善光寺
權大僧都 半田照如
千葉區匠嵯 千葉、匠嵯、野田村 圓長寺
權大僧都 立石弘賢
千葉縣印旛 千葉、印旛、成田町 新勝寺
權中僧正 荒木照定
千葉縣海上 千葉、海上、矢指村 長禪寺
權大僧都 伊藤亮信
茨城縣 茨城、猿島、神大實村 延命院
第一號 權大僧都 神戶快俊
茨城縣 茨城、新治、石岡町 國分寺
第二號 權少僧正 岩田照守
茨城縣 茨城、那珂、町 華藏院
第三號 權中僧都 仲田英賢
茨城縣 茨城、鹿島、輕野村 星福寺
第四號 權大僧都 池田照英
栃木縣下都賀 下都賀、壬生町、興生寺
少僧正 竹村智蓮
栃木縣中央 栃木、石橋 開雲寺
大僧都 鹽澤法乘
栃木縣北部 栃木、那須、大田原町 遍照院
中僧都 高野照寶
栃木縣芳賀 栃木、芳賀、茂木町 貴成院
中僧都 片野眞憲
福島憲磐城 福島、石城、赤井村 常福寺
中僧都 相川亮雅
福島縣岩代 福島、若松市 松桂院
中僧都 稻生法蓮
福島縣中部 福島、西白河、古福村 滿願寺
權中僧都 中野誠教
新潟縣甲 新潟、中蒲原、金津村 普談寺
權少僧正 菊入周知
新潟縣乙 新潟、中魚沼、岩澤村 不動寺
權大僧都 松永祐慶
宮城縣 仙臺、東三番 大聖寺
大僧都 藤間實如
岩手縣 岩手、氣仙、氣仙村 金剛寺
權大僧都 加藤覺隆
青森縣 弘前、銅屋 最勝院
(管理事務取扱)權少僧都 手塚智猛
北海道 根室國根室町 清澄寺
權大僧都 細川卓靜
山形縣 山形 南村山、上ノ山町 觀音寺
第一號 大僧都 鎌土際昇
山形縣 同、東置賜、龜岡村 大聖寺
第二號 少僧正 疋田運猷
山形縣 鶴岡、銀 南岳寺
第三號 中僧都 天野及普
秋田縣 秋田、川尼 一乘院
大僧都 加藤義惠
新潟縣南海 新潟、佐渡、羽幾村 弘仁寺
權中僧正 日下敝道
新潟縣南部 同、同、二宮 長福寺


頁三八
大僧都 計良範瑞
朝鮮 朝鮮、釜山寺 金剛寺
權中僧正 見田政照
總本山智積院
化主 大僧正 旭純榮
事務長 權中僧正 平澤照尊
執事 大僧都 青木榮俊
主事 權中僧都 松田照應
書記 律師 龜谷隆宗
書記 中僧都 加藤快順
常在布教師 權大僧都 岩村義運

新義眞言宗豊山派
管長 湯澤龍岳
宗務長 市橋覺俊
庶務部長 杉村祐善
教學部長 中村秀忍
財務部長 長岡慶信
庶務屬 山田鏡阿
教學屬 馬場海壽
財務屬 倉本量識
同 金子融豊
宗務支所並支所長及主任
東京府 小石川、大塚坂下町 護國寺中
第一號 那須宥豊
同 北豊島、巢鴨町 眞性寺中
第二號 清水教譽
同 南葛飾、東淵江村 寶藏寺中
第三號 福田良歡
同 北豊島、石神井村 長命寺中
第四號 村亮善
同 西多摩、吉野村 卽清寺中
第五號 金子融仁
神奈川縣 都筑、柿生村 王禪寺中
森成三
埼玉縣 北足立、浦和町 玉藏院中
第一號 岩田秀全
同 南埼玉、大相模村 大聖寺中
第二號 加藤慶進
同 同、高野村 永福寺中
第三號 山高龍觀
同 大里、本鄉、東福寺中
第四號 紺野天真
同 兒玉、秋平村 本覺院中
第五號 藏西快善
千葉縣 千葉、千葉寺町 千葉寺中
第一 松木孤峯
同 葛飾 東葛飾、葛飾町 大覺院中
堀豊嶽
同 同 、野田町 西光院中
第四號 小室光盈
同 市原、白鳥村 金藏院中
第五號 川村祐善
同 君津、木更津町 愛染院中
第六號 宮崎識榮
同 印幡、酒々井町 東光寺中
第七號 酒井照岱
同 香取、佐原町 觀福寺中
第八號 石本海隆
茨城縣 東茨城、岩船村 大山寺中
第一號 渡邊眞善
同 鹿島、波野村 海賢寺中
第二號 石井勝道
同 新治、眞鍋町 善應寺中
第三號 大越眞靜
同 同、東村 大聖寺中
第四號 塚越秀忍
同 同、榮村 慈恩寺中
第五號 酒井快雲
同 眞璧、下妻町 圓福寺中
第六號 寺尾法貫
同 結城、中結城村 醫王寺中
第七號 渡邊智海
同 新治、小幡村 藥王院中
第八號 根本眞海


頁三九
栃木縣 下都賀、國府村 勝光寺中
第一號 平野賴法
同 安蘇、赤見村 西光院中
第二號 伊藤相圓
同 足利、久野村 寶藏寺中
第三號 二宮泰元
群馬縣 群馬、佐波、赤堀村 萬德寺中
第一號 笠原宥靜
同 碓氷、安中町 法樂寺中
第二號 篠崎辨識
同 多野、三波川村 金剛寺中
第三號 巖清良
同 佐渡、剛志村 能滿寺中
第四號 高橋了照
同 邑樂、館林町 五寶寺中
第五號 足立弘忍
長野縣 更級郡信田村 專照寺中
寺澤猛司
越後 西蒲原、岩室 青龍寺中
第一號 和田海應
同 刈羽、內鄉村 永安寺中
第二號 權田嵪峴
同 中頸城、黑川村 密藏院中
第三號 佐藤太俊
新潟縣直轄事務所
北蒲原、松蒲村 教海寺中
(直轄事務取扱) 松澤長成
同 佐渡 佐渡、吉井村 普門寺中
(同) 計良淨諦
福島縣 福島市清明町 眞淨院中
第一號(同) 網代智高
同 田村、片曾根村 般若寺中
第二號(同) 渡邊達道
同 若松市、博勞町 自在院中
第三號(同) 阿住智宏
山形縣 米澤、御國 法音寺中
第一號(同) 高梨宥相
山形縣 鶴岡、高畑、龍覺寺中
第二號(同) 恩田教泉
愛知縣 名古屋、西袋 醫王寺中
(同) 樋江井惠昇
滋賀縣 東淺井、下草町 寂靜院中
喜田大惠
三重縣 阿山、上野 萬福寺中
(同) 坂諦信
奈良縣 宇陀、室生 室生寺中
(同) 鈴木英明
和歌山縣 那賀、山崎村 阿彌陀寺中
田村海澄
愛媛縣 溫泉、久米、淨土寺中
(同) 菅義光
高知縣 高岡、宇佐村 青龍寺
(同) 田串勝道
岩手縣 直轄事務所 和賀、二子村 遍照寺
(直轄事務取扱) 久米眞興
北海道開教事務所
天鹽、上川、土別町 大河寺
開教師長 小島秀元
朝鮮開教事務所
慶尚南道、河東、辰橋里 眞照寺中
開教師長 小林正盛
權太開教事務所 大泊、大泊町、通町三
開教師長 立岩寶傳
總本山長谷寺
化主 小林正盛
事務長 平岡全教

眞言律宗
管長 長老大僧正 佐伯悟龍
上綱 大和尚權中僧正 喜多乘圓
執事布教課長 中和尚少僧正 高島眞雄
執事庶務課長 中和尚少僧正 金田元成
執事會計課長 少和尚權大僧都 佐伯寶龍


頁四〇
書記 大法師中僧都 佐伯快龍
書記 大法師中僧都 藤村芳定
眞言律宗宗務出張所
事務囑託 五等司教權大僧都 向井隆法
眞言律宗宗務支所
伊賀宗務支所
三重、名賀、阿保町 寶嚴寺內
支所詰 (缺員)
磐城宗務支所
福島、石城、赤井村 鹽田寺內
管理 大法師權大僧都 伊藤宥榮
總本山西大寺
住職 長老大僧正 佐伯悟龍
門跡由緒寺院
法華寺 奈良 法華寺
住職事務取扱 大法師權中僧都 梅崎春城尼
眞言律宗學林
奈良、生駒、伏見村 西大寺內
總理 長老大僧正 佐伯悟龍
學頭 大和尚權大僧正 駒岡慧證

律宗
管長 長老、大和尚大僧正 北川智築
事務長 和尚、少僧正 北川行戒
庶務課長(兼)北川行戒
會計課長 大德權中僧都 益田快靜
書記 教師試補 架谷定海
律宗毘尼苑 奈良、生駒、都跡村 唐招提寺
學頭 長老、大和尚 大僧正 北川智築
理事 阿闍梨 權中僧都 北浦明觀
東京出張所
事務囑託 大僧都 前田宥昶
長老 北川智築

淨土宗
管長 大僧正 山下現有
執綱 渡邊海旭
教學部長 中村辨康
庶務部長 原田靈道
財務部長 小林園達
主事兼社會課主任 里見達雄
教學部管事 神谷秀瑞
庶務部管事 岡本空丈
財務部管事 太田良海
書記 虎岡幽眠
同 石川龍道
同 藤本俊道
同 篠田大英
同 千田俊雄
同 小川秀善
同 光山明道
同 安藤昌尚
同 藤井實應
同 畑中眞隆
明照會館主任 別宮全孝
復興後援會主任 杉浦演順 町田弘道
教區教務所並所長
東京 芝、芝公園 大本山增上寺中
里見義隆
神奈川 平塚町、新宿 晴雲寺中
石川實恩
千葉 東葛飾、南行德村欠眞間 源心寺
所長事務取扱 松岡隆衙
茨城 水海道町 報國寺
大谷泰徹
埼玉 北足立、青木村下青木 西方寺
村上運梢
栃木 栃木川西町 常念堂
福田大冏
宮城 仙臺、新寺小路 成覺寺


頁四一
所長事務取扱 中明眞瑞
福島、郡山 善導寺 河野大徹
磐城、福島、中村町 興仁寺
名木橋秀天
岩手 盛岡市、油町 大泉寺
鈴木重海
青森 弘前、新寺 西福寺
工藤順昌
山形 米澤、東寺 極樂寺
松野良恩
秋田 秋田、寺 當福寺
渡邊良歡
凾館 室蘭市、澤町 滿冏寺
飯島覺道
北海 川、五條通 善光寺
越野大興
加能越 富山、魚津町下村本町 大泉寺
梅原善苗
群馬 群馬、前橋、立川 大蓮寺
蓮池辨冏
佐渡 新潟、佐渡、相川町 大安寺
寺尾隆冏
山梨 山梨、西山梨、甲運 光福寺
武內諦道
新潟 高田 善導寺
內山信孝
北信 長野、元善 堂照坊
若麻績信契
南信 長野、上諏訪町 教念寺
河西秀蓮
靜岡 靜岡、下魚 寶臺院
野上運外
尾張 名古屋、中、白川 法藏院
飯尾辯重
三河 愛知、碧海、伊佐美 法榮寺
林碩應
岐阜 岐阜、赤坂 安樂寺
澤大巖
伊勢 津、寺 春養院
森山實應
伊賀 三重、阿山、河合村 善福寺
常住良穩
京都 東山、知恩院內 浩德院
大橋圓誠
滋賀 大津、下百石 悉念寺
井野亮秀
福井 福井、敦賀町 善妙寺
吉川汀巖
兵庫 城崎那港村 頂福寺
岸田宏玄
大阪市 東、八丁目中寺 誓福寺
籔內彥瑞
攝河泉 大阪、北河內、庭窪村 來迎寺
石原顯光
奈良 奈良、南葛城、葛村 西方寺
大橋廓靜
和歌山 和歌山、有田、御靈 大乘寺
堀練雄
南海 丸龜、古條 壽覺院
泉隆定
鳥取 氣高、湖山村 栖岸寺
伊藤法瑞
出雲 鳥取、簸川、伊波野 大光寺
桑門學念
石見 鳥根、邇摩、大國村 金皇寺
保國觀淨
岡山 岡山、仁王 正覺寺
仁保還眞
廣島 竹原町 西方寺
林隆音
山口 山口、厚狹町 清安寺
二宮堯本
福岡 福岡、宮內町 一行寺
福部賢舟


頁四二
日豐 大分、杵築 長昌寺
木付玄聖
長崎 佐世保、谷鄉 九品寺
小田信巖
熊本 熊本、西唐人 心光寺
中原麟宏
佐賀 佐賀、本庄村 西光寺
事務取扱 廣木德應
臺灣開教區教務所
臺北、丸山公園 淨土宗別院
區長 田村智學
朝鮮開教區教務所
朝鮮、京城、本、三丁目 淨土宗開教院
區長 久家慈光
支那開教區教務所 大連、對馬 明照寺
區長 吉武堯雨
樺太開教區教務所
樺太、豊原町 淨土宗開教院
區長 曾我徹隨
布哇開教區教務所
布哇、ホノルル 淨土宗開教院
區長 福田闡正
總本山、大本山
總本山知恩院
住職(門跡)大僧正 山下現有
執事長 加藤鏡心
大本山增上寺 東京、芝、芝公園地
電(芝四四五、四四六、四四七)
住職 大僧正、司教勸學 道重信教
執事長 野上運外
大本山金戒光明寺
京都、上京、黑谷 電(上四一三二)
住職 大僧正、司教巳講 郁芳隨圓
執事長 大河內賢良
大本山知恩寺
住職 正僧正、司教勸學 林彥明
執事長 岩本諦圓
大本山清淨華院
住職 大僧正、司教 大野法音
執事長 藤井貞存
御由緒寺院
光照院 京都、上京、新、寺ノ內下ル
住職 權大僧都、輔教 廣橋聖瑞
三時知恩院 同、同、新、上立賣下
住職 (缺員)

淨土宗西山禪林寺派
管長 大僧正 大西玄光
執事長 權中僧正、巳講 藤原齡教
執事 權少僧正 堀尾慈鏡
執事 權大僧都 國枝隆海
錄事 中僧都 西田秀光
錄事 權中僧都 池西亮俊
顧問 權中僧正 齡木隆榮
顧問 中僧正、巳講 淵江朴閱
顧問 權少僧正、巳講 柴田隆明
東京出張所
所長 少僧都、得業 內藤隆諦
寺務支所竝所長
京都府 京都、東山本町一ノ橋 寶樹寺
權少僧正 尾川心靜
愛知縣 名古屋、中、白川 誓願寺
大僧都 近藤玄量
岐阜縣 岐阜、山縣谷合 善導寺
權中僧正 根來融堂
福井縣 福井、照手中 成覺寺
權少僧正 前田順眞
兵庫縣 兵庫、飾磨飾磨町 救鱗寺
權少僧正 酒見謙空
滋賀縣 滋賀、滋賀 稱念寺
權大僧都 桑田義雄
但馬國 兵庫、朝來、生野町 西福寺
權少僧正、得業 箱田宣誠
大阪府 港九條通四 梅翁寺
權少僧都 佐々木準超


頁四三
山口縣 山口、阿武荻 安養寺
權大僧都 水上祥雲
高知縣 高知、伊野、加茂 本願寺支所
少僧都 內田法玉
北海道 石狩、兩龍、深川 天性寺
權少僧正 祖父江性溫
總本山禪林寺
住職 大僧正 大西玄亮
禪林宗學院 宗都、左京、永觀堂
院長事務取扱 權中僧正巳講 藤原齡教
聖峯中學 同上 電(上二四四八)
院長 大僧都、巳講 根來旭惠

淨土宗西山光明派
管長 大僧正 關本諦承
執事長 少僧正 田村歡陽
執事 大僧都 門田順哲
執事 中僧都 鬼頭善弘
書記 權中僧都 加藤光舜
書記 授講 松尾金龍
財圖主事 中僧都 鬼頭善弘
財圖書記 權少僧都 堀田寬隆
參與 權少僧正 加藤俊哲
參與 權少僧正 內海瑞然
同 大僧都 長澤亮歡
顧問 中僧正 賴松祥巖
同 中僧正 岡村辨禮
東京出張所
所長 少僧都 內藤隆諦
寺務支所並所長
京都府 東都、寺町市姬 延壽寺
權大僧都 山田準提
岐阜縣、岐阜山縣、春近寺 清閑寺
少僧正、巳講 井田徹賢
三重縣 桑名、清水町 淨土寺
權少僧正 大森海然
丹波國 南桑田、大井 法然寺
權中僧都 近石倫瑞
奈良縣 奈良、油坂 西方寺
權少僧正、得業 櫻井觀明
大阪府 大阪、天王寺町 萬福寺
權大僧都 前田徹定
和歌山縣 海草、和歌浦町 毘沙門寺
大僧都 竹本歡問
兵庫縣 揖保、譽田村 阿彌陀寺
擬講補 森田臻瑞
淡路國 三原、松帆村 光明寺
大僧都 高橋俊英
山口縣 下關、伊崎郡 三蓮寺
大僧都 舟木實英
福岡縣 京都、苅田町 東傳寺
權少僧正、得業 森本隆善
筑前國 糸島、渡多江村 西方寺
權少僧都 湯川瑞祥
大分縣 大分、生石町 乘願寺
擬講 佐藤觀暢
北海道 旭川、中島 興隆寺
權中僧都 杉森省隆
河內教務所 北河內、星田村 光林寺
權大僧都 堀本賢明
南山城教務所 相樂、稻田村 阿彌陀寺
准擬講 小野蒿巖
總本山光明寺住職(所在前出)
大僧正 關本諦承
西山專門學校長 同所
少僧正、巳講 小早川隨康
尼衆教習所長 同所
少僧正、得業 田村歡陽

淨土宗西山深草派
管長 大僧正 富永慶法
執事長 權中僧正 辻村輪勇
執事 少僧正 宮島廓道
執事 權大僧都 松井慶嚴


頁四四
書記 權大僧都 高橋恭淳
同 中僧都 加藤全孝
錄事 中僧都 伴義台
顧問 中僧正、巳講 山本勝叡
同 權中僧正、巳講 山口貫成
財務顧問 伯爵勸修寺經雄
同 竹上藤次郎
財務參與 山田啟之助
東京事務出張所
所長 少僧都、得業 內藤隆諦
教區長
京都、下京、清水坂一丁目 寶德寺
第一 中僧都 榊原慶雲
兵庫、多紀、八上村、小多田 善導寺
第二 擬講 加藤全隆
愛知、知多、大野町 東龍寺
第三 少僧正 岩瀨亮範
愛知、西加茂、三好村 全海寺
第四 少僧都 野野山龍全
同 額田、宮崎村、木下 東向寺
第五 少僧都 杉江勝音
同 額田郡、本宿村 所淨寺
第六 中僧都 祖父江義重
同、寶飯、三谷町 觀音寺
第七 中僧都 大塚寶明
同、幡豆、幡豆町 德林寺
第八 少僧正 奧村玄導
同、同 橫須賀村、饗庭 淨正寺
第九 中僧都 芳賀悟空
同、同、平坂町、上矢田 東光寺
第十 少僧都 板倉謙法
同、同、寺津町 妙光寺
第十一 權中僧正 宮地顯空
同、同、三和村、貝吹 正顯寺
第十二 擬講 磯貝豊隆
總本山誓願寺住職
住職 大僧正 富永慶法
大本山圓福寺
住職 權大僧正 鈴木諦教
內事部長 權中僧正 榊原順章
錄事 權大僧都 木俣覺定
同 大僧都、得業 平野有善

臨濟宗天龍寺派
管長 大教師 關清拙
執事長 二等教師 伊藤正山
會計課長 二等教師 小川菱堂
庶務課長 四等教師 平田滴禪
法務課 教師補 清水元亮
書記 教師補 吹田玄薩
東京出張所
事務擔任 二等教師 松井承參
各教區宗務支院並取締
京都、葛野、嵯峨町 金剛院
第一 二等教師 櫻井天祥
京都、南桑田、保津村 文覺寺
第二 教師補 中道默翁
京都、北桑田、黑田村 常燈寺
第三 六等教師 坂本大痴
京都、加佐、中舞鶴 雲門寺
第四 二等教師 堀尾大祐
京都、中、峰山町 全性寺
第五 一等教師 佐竹龍洲
兵庫、美方、濱坂町 慈濟軒
第六 教師 玉井讓岳
山口、玖珂、北河內村 龍雲寺
第七 三等教師 森角宗柏
大本山天龍寺
住職 大教師 關清拙
專門道場 同上
師家 大教師 關清拙
御由緒寺院
曇華院 京都、葛野 嵯峨町
住職 六等教師 飛鳥井慈孝
林丘寺 京都、愛宕、修學院村


頁四五
兼務住職 六等教師 飛鳥井慈孝

臨濟宗相國寺派
管長 大教師 橋本獨山
執事長兼會計 二等教師 坂根良谷
執事 二等教師 山田荊州
書記 五等教師 山木莞全
東京出張所
執事 二等教師 松井承參
宗務支院並宗務取締及その副
第一(兼)二區宗務支院
大本山相國寺事務所
五等教師 丹羽恭山
(副)五等教師 大津櫪堂
第三區宗務支院 津、乙部 淨明院
二等教師 安達易堂
第四區 福井、大阪、高濱町 元興寺
二等教師 一瀨惠舜
(副)二等教師 平尾宗貫
第五區 島根、篠川、伊波野村 富田寺
三等教師 原島文昌
(副)五等教師 藤岡大仙
第六區 鹿兒島、南林寺 南洲寺
二等教師 伊東惠聰
(副)五等教師 山口承玄
大本山相國寺
住職 大教師 橋本獨山
副住職 一等教師 山崎大耕
執事長 二等教師 牧野忍宗
法務(兼)庶務執事二等教師 山口荊州
會計 五等教師 山木莞堂
土地係執事 田中恭次郎
專門道場 一等教師 山崎大耕
御由緒寺院
大聖寺
京都、上京烏丸今出川上ル御所八幡
住職 二等教師 石野慈榮(尼)
寶鏡寺 同、同、寺ノ內堀川東入百々
住職 二等教師 平松周禪(尼)
慈受院 同所
兼務住職 六等教師 早瀨祖匡(尼)
住職 四等教師 堀內清巖(尼)

臨濟宗建仁寺派
管長 大教師 竹田穎川
執事長 一等教師 藤木實秀
執事 二等教師 奧村探道
同 二等教師 坂井田仰山
書記 三等教師 吉野東越
東京出張所
主事 二等教師 松井承參
宗務支院
京都東山、小松町 建仁寺、永源院
宗務取締 一等教師 眞神淨遠
同 福井、大飯、青鄉村 日置大成寺
宗務取締 一等教師 武田大廳
同 山口、吉敷、山口町 洞春寺
宗務取締 一等教師 中村泰祐
副取締 三等教師 木村玄龍
同 大分、大分、植田村 大泉寺
宗務取締 二等教師 三ケ尻覺州
同 愛知、稻枝村、肥田、崇德寺
宗務取締 四等教師 高瀨英一
大本山建仁寺
住職 大教師 竹田穎川
專門道場 大本山建仁寺塔頭 靈洞院
師家 大教師 竹田穎川

臨濟宗南禪寺派
管長 大教師 赤井義勇
執事長 三等教師 夏秋元信
學務執事 三等教師 三木五乘
法務執事 三等教師 伊藤宗堅
庶事執事 二等教師 赤木神龍


頁四六
會計執事 四等教師 直山元珠
東京出張所
主事 四等教師 松浦宗彭
宗務支所並取締教師
塔頭 光雲寺
第一 三等教師 稻垣乾同
京都、乙調、大原野 喜春菴
第二 四等教師 伊藤清眞
神戶、西柳原、福海寺
第三 四等教師 大海元秀
同、板宿 禪昌寺
第四 一等教師 島田菊僊
福井、遠敷、西津村 圓通寺
第五 三等教師 中井文猷
京都、何鹿、奧上林村 金剛寺
第六 四等教師 大島元逸
同、天田、福知山 海眼寺
第七 五等教師 花房瓊岩
同、熊野、久美濱 宗雲寺
第八 三等教師 習田義徹
兵庫、美方、濱城 滿願寺
第九 二等教師 松濤勝美
島根、八東、本庄村 華藏寺
第十 四等教師 水野海信
島根、八東、朝酌村 禪定寺
第十一 三等教師 深貝文郁
同、能義、廣瀨町 城安寺
第十二 四等教師 小林道本
山口、都濃、鹿野村 龍雲寺
第十三(事務取扱)同 片山慶順
同、阿武、荻町 大照院
第十四 二等教師 碓井承秀
佐賀、杵島、橘村 長泉寺
第十六 四等教師 瀧川峰道
同、東松浦、唐津町 自南寺
第十七 同 飯田竺源
同、小城、砥川村 常福寺
第十八 三等教師 氷竹敏豊
佐賀、小城、晴田村 本龍院
第十九 五等教師 天山信義
同 佐賀、久保田村 圓光院
第二十 四等教師 河野石禪
同、同、川上村 地福寺
第二十一 五等教師 中臣祖竹
同、同、嘉瀨 富泉院
第二十二 三等教師 泉憲堂
福岡、三瀦、西牟田村 寬元寺
第二十三 同 金丸竺道
熊本、八代、宮地村 春光寺
第二十四 三等教師 荒川星宗
大分、速見、杵築町 安住寺
第二十五 三等教師 綾部玄道
三重、度會、四鄉村 永松寺
第二十六 三等教師 百合文鄉
岐阜、可兒、小泉村 壽教寺
第二十七 五等教師 林惠梁
東京、南多摩、由井 梅洞寺
第二十八 三等教師 富岡俊道
埼玉、大里、大麻生村 正光寺
第二十九 三等教師 安藤哲廳
同、秩父、大宮町 永源寺
第三十 三等教師 永田宗禎
大本山南禪寺
住職 大教師 赤井義勇
專門道場
師家 河野霧海
永保寺專門道場 岐阜、可兒 豊岡町
師家 加藤至道
圓通寺專門道場 佐賀、西松浦、牧島村
師家(囑託) 武井徹定
御由緒寺院
靈鑑寺 京都、上京、鹿ケ谷
住職 三等教師 六條祖興
禪智院 滋賀、高島、拜戶村
住職 四等教師 平賀善道


頁四七
臨濟宗妙心寺派
管長 神月徹宗
宗務總長 後藤亮一
監正部長 朝日義諦
教學部長 武井明堂
庶務部長 大崎龍淵
財務部長 魚住松巖
錄事 遠山禪益
部員(監正部)速水惠相
同(教學部) 西山義英
同(庶務部) 片岡龍關
同(財務部) 淺田千雄
同(同) 曾田圓翁
同 橘禮道
書記 石河南嶽
宗務所並宗務所長 久留米寺、寺町 德雲寺
第一教區 關無庵
別府、濱脇町 崇福寺
第二教區 篠田海洲
宇和島、丸穗 西江寺
第三教區 五葉謙道
愛媛、周桑、吉井村 正德寺
第四教區 松岡奉道
廣島、新川場 禪林寺
第五教區 松本指道
岡山、富田町 安禪寺
第六教區 小川月江
島根、簸川、東村 一畑寺
第七教區 飯塚謙道
兵庫、朝來、牧田村 惠林寺
第八教區 小林禪友
同、飾磨、水上村 慶雲寺
第九教區 衣笠興道
京都、花園妙心寺町 雜華院
第十教區 澁谷鼎山
京都、船井、富木村 大日寺
第十一教區 苅谷惠眞
和歌山、東牟婁、新富町 松巖院
第十二教區 山崎惠文
三重、度會、五ケ所村 大聖寺
第十三教區 小山卓杖
滋賀、神崎、南五ケ莊村 石馬寺
第十四教區 山田宗泰
愛知、愛知、天白村 高照寺
第十五教區 山田宗欽
愛知、渥美、高師村 正光寺
第十六教區 市原無參
岐阜、山縣、大桑村 南泉村
第十七教區 土岐禪村
岐阜、土岐、釜戶村 天猷寺
第十八教區 高木大光
長野、西筑摩、福島町 長福寺
第十九教區 三宅寶洲
山梨、中巨摩、貢川村 聖德寺
第二十教區 鈴木惠最
沼津、幸町 永明寺
第二十一教區 間瀨宗眼
靜岡、濱名、小野口村 西福寺
第二十二教區 永田規外
東京、淺草、高原町 金龍寺
第二十三教區 西條宗悅
栃木、足利、北鄉村 光明寺
第二十四教區 小野玄保
宮城、宮城、鹽釜町 願成寺
第二十五教區 鈴木惠人
岩手、上閉伊、小友村 常樂寺
第二十六教區 木村祖明
布教監督
沖繩市布教監督 首里、當藏 圓覺寺
雪下惠林
北海道布教監督 札幌、藻岩 瑞龍寺
三浦承天
臺灣布教監督 臺北、圓山 臨濟寺


頁四八
坂上鈍外
南滿洲布教監督 大連、圓山臺
妙心寺別院 圓山太嶺
朝鮮布教監督 京城、長沙洞 妙心寺別院
華山大義
大本山妙心寺
住職 神月徹宗
門跡寺院
圓照寺 奈良、添上、帶解村
住職 近衛秀山(尼)
專門道場並師家
岐阜、加茂、伊深村
正眼寺 小南惟精
京都、右京花園妙心寺町
妙心寺 林惠鏡
同、綴喜、八幡町
圓福寺 神月徹宗
岐阜、寺
瑞龍寺 濱村精道
神戶、奧平野
祥福寺 五葉愚溪
名古屋、東、新出來
德源寺 古仲鳳洲
久留米、京
梅林寺 東海東達
福岡、御供所
聖福寺 龍淵謙道
大分、東新
萬壽寺 奧大節
埼玉、北足立、大和田町
平林寺 峰尾宗悅
大分、北海郡、佐伯町
養賢寺 三關雪堂
宮城、宮城、松島村
瑞巖寺 松原禪礎
臺北、圓山 臨濟寺
鎮南 坂上鈍外
京城、長沙洞 妙心寺別院
京城 華山大義
臨濟宗大學 京都、右京、花園寺妙心町
學長 棲梧寶嶽
花園中學校 同上
校長 奧江順傳
公認花園專修學院 同上 電(西陣三〇一九)
院長 西山宗徹
公認妙興禪林 愛知、中島、大和村
林長 松岡寬慶
公認宗榮尼衆學林 同、丹羽、城東村
林長 伊藤宜周(尼)
公認美濃尼衆學林 岐阜、稻葉、北長森村
林長 濱村精道

臨濟宗建長寺派
管長 大教正 菅原時保
宗務總理 二等教師 近藤元亨
第一部執事 三等教師 渡邊謙榮
第二部執事 三等教師 渡邊謙榮
第三部執事 (缺員)
第四部執事 三等教師 早川說宗
宗務屬 三等教師 鎌田玄猷
同 四等教師 雪澗道
同 五等教師 峰藤澤禪
東京出張所
主幹 四等教師 森麗山
宗務支院並正副取締
特別區宗務支院
神奈川、鎌倉、鎌倉町、扇谷
壽福寺 一等教師 內田元讓
(副) 四等教師 齋木侃宗
神奈川、三浦、衣笠村 滿昌村
第一區 四等教師 永井宗育
(副) 五等教師 石澤祖誠
神奈川、足柄山、山田村 了義寺
第二區 二等教師 日種祐邦
(副) 四等教師 小形文郁


頁四九
(副) 四等教師 平本玄虎
同、津久井、中野町 祥泉寺
第三區 三等教師 天利梁宗
(副) 五等教師 高橋玄德
(副) 五等教師 藤田弘基
山梨、北留郡、富濱村 圓福寺
第四區 三等教師 曦原成
(副) 五等教師 千田宗俊
(副) 四等教師 小澤宗重
東京、北多摩、立川町 普濟寺
第五區 二等教師 柴崎廣道
(副) 三等教師 世良田祖誠
(副) 四等教師 田島禪昌
埼玉、北足立、白子村 金泉寺
第六區 四等教師 安藤奉巖
栃木、足利、久野村 壽德寺
第七區 三等教師 大藏元江
(副) 三等教師 伊東宗泰
(副) 五等教師 深尾文靜
(副) 四等教師 高橋宗育
(副) 五等教師 千葉諦道
千葉、安房、南三原村 自性院
第八區 三等教師 石井識元
靜岡、田方、三島町 福聚院
第九區 三等教師 鬼頭喝堂
同、賀松町 郡定寺
第十區 五等教師 古澤玄龍
(副) 六等教師 小池大蓮
神奈川、愛甲、依知村 建德寺
第十一區 五等教師 多田弘文
山梨、東八代、錦村 慈雲寺
第十二區 四等教師 竹內宣徹
(副) 五等教師 松波文雅
靜岡、賀茂、下河津村 栖足寺
第十三區 三等教師 千葉星定
同、同、南上村 慈眼寺
第十四區 四等教師 井上固道
大本山建長寺
住職 大教正 菅原時保
建長寺派專門道場 同上、二二
師家 大教正 菅原時保

臨濟宗東福寺派
管長 尾關本孝
宗務執事 吉田清拙
同 上杉大峰
同 爾以三
同 奧野康宗
常住執事 岡根守堅
宗務書記 直木義孝
東京出張所
主任 松井承參
教區取締
仙臺、通町 光明寺
第一 大內大圓
名古屋、東矢田、長母寺
第二(取扱事務管掌) 上杉大峰
三重、河藝、神戶村 龍光寺
第三 衣斐令讓
同、阿山、三田村 三田寺
第四 百南義貞
滋賀、高島、大溝町 圓光寺
第五 伊藤湖陵
京都、加佐、志樂村 金龍寺
第六 大槻謙隨
同、南桑田、河原林村 極樂寺
第七甲部 細見師祐
同、何鹿、山家村 隨岸寺
第七乙部 初瀨川陽舟
西之宮 如意寺
第八 峰山大雄
和歌山、西牟婁、東富田村 草堂寺
第九甲部 清水令溫
和歌山、東牟婁、大島村 蓮生寺
第九乙部 堀端瑞廳


頁五〇
香川、三豊、觀音寺 西光寺
第十 高橋研道
愛媛、周桑、田野村 願成寺
第十一甲部 鳳快洲
同、越智、日高 圓照寺
第十一乙部 華山邊洲
同、伊豫、下灘村 正法寺
第十二甲部 本多大應
同、東宇和、多田 大安樂寺
第十二乙部 菊池謙堂
岡山、吉備、服部村 神護寺
第十三 石井圓應
山口、佐渡、防舟町 蘆樵寺
第十四甲部 松永義貫
下關、關後地 海門寺
第十四乙部 里村宗圓
島根、那賀、都治村 慈恩寺
第十五 賀川宗儒
大分、西國東、中眞玉村 安養寺
第十六 矢野雪道
福岡、上辻堂町 寶聚庵
第十七 萩尾士謙
佐賀、杵島、福治村 定福寺
第十八 古田義道

臨濟宗大德寺派
管長 大教師 圓山全提
執事長 二等教師 渡邊鴻園
執事 二等教師 上島探玄
執事 二等教師 能見山宗然
書記 二等教師 上阪天慧
顧問 二等教師 金陵好晴
顧問 二等教師 小堀要道
東京出張所
執事 二等教師 福富龍瑞
教區宗務所並取締
京都、上京、紫野大德寺 三玄院
第一教區 藤井宗憲
滋賀、滋賀、堅田町 福衆院
第二教區 戶上柏宗
神奈川、足柄下、湯本町 正昭寺
第三教區 岩崎宗恰
東京、豊多摩、澁谷町 祥雲寺
第四教區 廣瀨壽山
堺、小林寺 少林寺
第五教區 橫井宗皎
兵庫、出石、小坂村 龍谷寺
第六教區 雪尾恭道
大分、宇佐、宇佐町 瑞泉寺
第七教區 加藤亮將
大分、西國東、高田町 光嚴寺
第八教區 秋吉碩雲
福岡、千代 崇福寺
第九教區 小田棲雲
長崎、壹岐、那賀村 國分寺
第十教區 齋藤賢外
大本山大德寺 京都、上京、紫野 大德寺
住職 圓山全提
龍翔寺專門道場 同上
師家 圓山全提
南宗寺專門道場 堺、南旅●
師家 橘荊林

臨濟宗圓覺寺派
管長 大教正 太田常正
宗務總理 二等教師 東海裕山
宗務執事 四等教師 西尾德應
法務執事 四等教師 田原大雄
東京出張所
執事 三等教師 齋藤玉應
宗務支院並宗務取締
神奈川、鎌倉、小坂村、山ノ內 富陽庵
第一區 二等教師 橫田文忠
神奈川、高座、澁谷村 東勝寺


頁五一
第二區 五等教師 石井宗喜
同、足柄上、福澤村、慈田 珠明寺
第三區 三等教師 橘川宗信
靜岡、田方、韮山村、奈古谷 龍泉院
第四區 五等教師 鷲嶺弘道
同、同、西浦村、先野 先得寺
第五區 六等教師 丸田祉破
同、加茂、田子村 圓成寺
第六區 三等教師 龜井智要
東京、小石川、茗荷谷 德雲寺
第七區 三等教師 齋藤玉應
埼玉、比企、三保谷表 養竹院
第八區 五等教師 小野宗應
千葉、安房、富浦 寶鏡寺
第九區 教師補 小泉太覺
埼玉、大里、長井村、八ツ口 長昌寺
第十區 四等教師 小杉宜道
茨城、久慈、中里村 玉簾寺
第十一區 四等教師 佐野禪流
福島、岩瀨、白江村 瑞岩寺
第十二區 五等教師 織田慧悛
新潟、南魚沼、石打村 關興寺
第十三區 三等教師 大原啟道
神奈川、三浦、浦賀町 貞昌寺
第十四區 三等教師 竹林士恭
大本山圓覺寺住職 大教正 太田常正
專門道場
師家 大教正 太田常正

臨濟宗永源寺派
管長 大教師 高木□=[蜀+犬=caw034-02]鳳
執事長 二等教師 西堀宜整
第一課宗務執事 二等教師 西堀宜整
第二課紀綱執事 四等教師 伊藤庭山
第三課監寺執事 四等教師 大崎琢禪
東京出張所
主事 四等教師 石橋宗焽
京都出張所
京都、下京、坊城通佛光寺上ル 新德寺
主事 四等教師 最上文拙
宗務支局竝宗務取締
滋賀、愛知、西小椋村 松雲寺
第一教區 二等教師 伊藤越道
同、犬上、高宮町 德性寺
第二教區 四等教師 小野宗音
同、甲賀、龍池村 慈眼寺
第三教區 教師補 室田文應
京都、下京、坊城通佛光寺上ル 新德寺
第四教區 四等教師 尾關宗賢
岡山、阿哲、熊谷村 眞福寺
第五教區 四等教師 納富慶澤
廣島、甲奴、階見村 養源寺
第六教區 四等教師 壽福龍道
愛知、南設樂、作手村 甘泉寺
第七教區 三等教師 清堅州
群馬、群馬、白鄉井村 空惠寺
第八教區 四等教師 黑田文昌
大本山永源寺
住職 大教師 高木□=[蜀+犬=caw034-02]鳳
永源寺派專門道場 同所
師家 大教師 高木□=[蜀+犬=caw034-02]鳳

臨濟宗方廣寺派
管長 大教師 足利紫山
事務總理 一等教師 林宗賢
庶務部長 二等教師 戶昌石鼎
學務部長 四等教師 宮田正雄
會計部長 三等教師 石原龍嶽
教會課長 三等教師 長崎峻岳
教會理事 (缺員)
庶事部員 四等教師 內藤宗謙
同 六等教師 仲村德應
東京出張所
事務囑託 松井承參


頁五二
宗務支院取締
靜岡、引佐、奧山 臥雲院
第一 一等教師 渡邊宗哲
同、濱名、小野口 紹隆寺
第二 四等教師 池谷一道
同、同、曳馬村 少林寺
第三 五等教師 岡田文導
同、同、舞坂町 寶珠院
第四 四等教師 片桐歡海

臨濟宗佛通寺派
管長 大教師 山崎益州
執事 三等教師 平川愚溪
東京出張所
主任 松井承參
宗務支院取締
岡山、後月、芳井町 重玄寺
第一 一等教師 藤井宗昌
廣島、御調、吉合村 西願寺
第二 三等教師 岡田實道
愛媛、越智、盛口村 西光寺
第三 二等教師 照峰馨山
廣島、御調、久井村 禪河寺
第四 三等教師 太田南谷
同、雙三、吉舍町 寶壽寺
第五 二等教師 曾根警岩
大本山佛通寺
住職 山崎益州
佛通寺派專門道場
師家 山崎益州

臨濟宗國泰寺派
管長 大教師 佐竹龍水
執事長 二等教師 佐竹大明
執事 四等教師 安田慈孝
會計 五等教師 岩城隆道
宗務出張所
東京出張所
執事 松井承參
京都出張所
京都、中立賣千本西 普門軒
執事 奧村實堂
地方宗務教區及取締
同、同、加納村 寶光寺
第一 二等教師 圓山宣嶽
同、東礪波、般若村 藥勝寺
第二 二等教師 般林洪川
富山、大泉 興國寺
第三 二等教師 梅谷香川
石川、珠川、若山村 願成寺
第四 六等教師 中川了眞
富山、氷見 宮田村 實相寺
塔頭 二等教師 上野文國
大本山國奉寺
住職 佐竹龍水
本派專門道場 國泰寺
師家 佐竹龍水

臨濟宗向嶽寺派
管長 勝部敬學
執事長 山角積善
教學執事 芦澤樵禪
會計執事 伊神昌山
部員 大崎浩養
副司 竹島堯州

曹洞宗
管長 北野元峰
總務 祥雲晚成
尚署 上野舜顯
庶務部
部長 吉川悅隆
主事 吉村雄鳳
同 杉原宗道
書記 秦慧錦同 後藤回天


頁五三
同 中川 豊舜 同 植木孝禪
同 伊藤貫宗 同 原口大仙
級階查定會
書記 桑原彭禪
教學部
部長 織田活道
主事 福井天章
同 三尾透關
書記 小熊月照 同 橫關了胤
同 竹內實明 同 高島隆基
同 福島精巖 同 村上道隆
財務部
部長 嶽岡悅安
主事 花井淳義
同 宮崎亮雲
書記 奈迫本龍 同 大門銀亮
同 廣瀨玄麟 同 大村戒賢
人事部
部長 保坂眞哉
主事 阿部義禪
同 茂木無文
書記 長田義孝 同 佐藤瑞苗
同 大久保孝順 同 曾根田俊龍
教育興隆會
主事 關谷雲巖
書記 多形則心 同 櫻井仙英
曹洞教會
兼主事 福井天章
同 三尾透關
兼書記 小熊月照
同 福島精巖
承事 伊藤慈仙
同 中澤孝元
宗務所並所長事務取扱
東京、本鄉、本鄉六丁目 喜福寺
東京府第一 今井鐵城
南多摩郡町田町 宗保院
東京府第二 鬼頭玄定
神奈川縣 足柄下、酒匂村 宗福寺
清野珍英
埼玉縣 北足立、大宮町 東光寺
須田貫孝
佐波、赤堀村 寶珠寺
群馬縣第一 松村以一
利根、沼田町 舒林寺
同 第二 天野延秋
邑樂、梅島村 宗龍寺內
同 第三 前山禪應
多野、多胡村 仁叟村
同 第四 渡邊石橋
那須、烏山町 天性寺
栃木縣第一 大山秋光
足利、毛野村 龍雲寺
同 第二 川島玉堂
茨城縣 眞璧、下館町 妙西寺
橫井泰明
千葉市、吾妻町 宗胤寺
千葉縣第一 兒玉榮一
市原、平三村 大通寺
同 第二 機道寬道
安房、岩井町 福聚院
同 第三 栗原三省
靜岡市安西 瑞光寺
靜岡縣第一 柴田普門
富士、富士町 金正寺
同 第二 古川義宗
田方、北狩野村 玉洞院
同 第三 木村秀成
志太、岡部町 光泰寺
同 第四 池田文庵
榛原、相樂町 般若寺
同 第五 西村隆教
小笠、曾我村 正法寺
同 第六 水野拙道
磐田、野部村 一雲齋


頁五四
同 第七 眞川透關
濱松視下池川 天林寺
同 第八 高岡悟中
名古屋、中、裏門前町 福壽院
愛知縣第一 加藤晁堂
幡豆、西尾町 康全寺
同 第二 中野教道
西加茂、石野村 廣濟寺
同 第三 酒井徹學
寶飯、大塚村 法住寺
同 第四 榊原音禪
東八代、田野村 景德院
山梨縣第一 堀內寰瑞
西八代、富里村 常幸院
同 第二 松井道仙
南都留、谷村町 圓通院
同 第三 佐々木祖道
中巨摩、中巨摩、御影村 桃岳院
同 第四 清水玄邊
北巨摩、若神子村 正覺寺
同 第五 澤田逸峯
長野市、田町 普濟寺
長野縣第一 水澤玉禪
上高井、錦內村 如法寺
同 第二 沼田亮義
小縣、和村 興善寺
同 第三 柴田慧泉
松本市、清水町 大松寺
同 第四 森活道
上伊那、伊那町 常圓寺
同 第五 柴宮實道
鈴鹿、關町 瑞光寺
三重縣第一 堤鐵觜
宇治山田、八日市場 等觀寺
同 第二 伊藤文令
南牟婁、木本町 極樂寺
同 第三 服部嘉運
野洲、守山町 大光寺
滋賀縣第一 川口得庵
高島、饗庭村 報恩寺
同 第二 高部正立
埼阜縣 武儀、關町 香積寺
樺山勵本
京都市上京、出水通、七本松角 慈眼寺
京都府第一 五十川春芳
與謝、宮津町 智源寺
同 第二 牧田徹梅
大阪、浪花區元町 月江院
大阪府 高島莫能
奈良縣 吉野、大淀町 世尊寺
上田萬鏡
和歌山縣 東牟婁、新宮町 全龍寺
駒大哲
有馬、有馬村 善福寺
兵庫縣第一 長瀨透玄
多紀、畑村 太寧寺
同 第二 彥坂宗光
城崎、三方村 隆國寺
同 第三 山崎覺道
美囊、三木町 雲龍寺
同 第四 多田彥龍
岡山縣 小田、川面村 蓮華寺
石橋百仙
廣島縣 比婆、西城町 淨久寺
多飯道海
鳥取縣 東伯、花見村 長傳寺
高橋慈航
能義、安來町 松源寺
島根縣第一 中村寬道
簸川、大社町 神光寺
同 第二 渡邊清巖
那賀、濱田町 觀音寺
同 第三 坂本禪隆
山口縣 大島、久賀町 久屋寺
金子默丈


頁五五
德島縣 勝浦、多家良村 丈六寺
豐田明貫
香川縣 高松市濱之町 見性寺
吉武龍松
高知縣 高岡、久禮町 善教寺
西森恭翁
喜多、五城村 高昌寺
愛媛縣第一 秋本良雄
宇和島市、神田小田原町 泰平寺
同 第二 星野太龍
松山市、御幸町 龍穩寺
同 第三 中野義道
周桑、石根村 興雲寺
同 第四 佐伯道隆
福岡縣 粕屋、新宮村 興雲寺
松崎祐禪
大分縣 字佐、北馬城村 大雄寺
本田關極
北松浦、佐々村 東光寺
長崎縣第一 佐々木泰翁
南松浦、玉ノ浦村 寶泉寺
同 第二 海西瑞光
壹岐、田河村 龍城寺
同 第三 植村龍瞳
下縣、嚴原町 國分寺
同 第四 伊藤崇隆
佐賀、本庄村 高傳寺
佐賀縣第一 高閑者知一
杵島、山口村 龍澤寺
同 第二 御木琢成
東松浦、久里村 醫王寺
同 第三 寺澤融洞
下益城、小川町 妙音寺
熊本縣第一 池田仙龍
天草、本村 東向寺
同 第二 高雲石龍
宮崎縣 東臼杵、伊形村 極樂寺
柳田秀明
鹿兒島縣 肝屬、鹿島町 安樂寺
寺師徹巖
福井縣 敦賀、敦賀町 永嚴寺
安孫子孝童
金澤市八坂 松山寺
伊井野天真
鹿島、笠師保村 大覺寺
同 第二 久安常光
富山、梅澤町、梅岸寺
富山縣第一 城石禪英
高岡市芳野町 繁久寺
同 第二 在田知山
中蒲原、十全村 天照寺
新潟縣第一 今井鐵嶺
北蒲原、黑川村 長谷寺
同 第二 安澤泰應
長岡市、新町 長福寺
同 第三 永井諦學
北魚沼、千田村 潮音寺
新潟縣第四 牧東海
刈羽、柏崎町 魚積寺
同 第五 田邊松巖
佐渡、加茂村 利濟庵
同 第六 本間太應
福島縣 福島市舟場町 長樂寺
谷川孝山
宮城縣 仙臺市、石名坂町 圓福寺
三田村龜範
岩手縣 盛岡 永祥院
遠藤洲山
弘前、西茂森町 泉光院
青森縣第一 柿崎素明
八戶市 光龍寺
同 第二 田川雄禪
河邊、新屋町 天龍寺
秋田縣第一 八島德丸
平鹿、大森町 大慈寺


頁五六
同 第二 小野覺應
山本、能代町 長慶寺
同 第三 深川慈雲
東村山、長崎町 天性寺
山形縣第一 毛利光隆
西村山、高松村 長泉寺
同 第二 宇野泰音
北村山、楯岡町 祥雲寺
同 第三 金森成滿
最上、鮭川村 雲德寺
同 第四 細谷知全
米澤、花澤町 常信庵
同 第五 渡邊玉仙
西田川、大山町 寶藏寺
同 第六 秋葉眞嚴
東田川、山添村 吉祥寺
同 第七 永壽喝雷
飽海、遊佐村 安養寺
同 第八 藤原良智
北海道 札幌市、南六條 中央寺
尾崎文英
大本山永平寺
住職 北野元峰
監院 熊澤泰音
大本山永平寺東京出張所(麻布區笄町)
監院 上野舜穎
大本山總持寺
住職 秋野孝道
監院 黑田鐵巖
大本山總持寺東京出張所(芝區芝公園十一地)
監院 祥雲晚成

黃檗宗
管長 星野直翁
宗務總長 林義昌
財務部長 前田義昌
庶務部長 中村秀光
主事 和田文承
東京宗務院
執事 古市活禪
宗務所並所長
長崎、下筑後 福濟寺
第一區甲部 三浦實道
熊本、球磨、岡原村 福元寺
同 乙部 辛島至道
佐賀市、神野町 大興寺
第二區甲部 中島教宗
佐賀、藤津、古枝村 普明寺
第二區乙部 吉井鸞峰
福岡、三池、銀水村 惠日寺
第三區 深柄泰龍
小倉、足原 福聚寺
第四區 林隆照
大分、下毛、鶴居村 法華寺
第五區 小畑雪江
愛媛、溫泉、莊原村 安樂寺
第六區 乘松正芳
山口、豐浦、長府町、覺苑寺
第七區 近藤端堂
同、玖珂、高森町 通化寺
第八區甲部 上田鷲嶺
山口、萩町 東光寺
同 乙部 桂默要
米子、博勞 了春寺
第丸區甲部 浮田俊英
岡山、苫田、田邑村 千年寺
同 乙部 北川大成
鳥取、栗谷 興禪寺
同 丙部 稻垣丹田
姬路市、河間町 雲松寺
第十區 岩戶大仙
兵庫、有馬 清涼院
第十一區 大野一道
大阪、天王寺、勝山 清壽院
第十二區 鬼武圓成


頁五七
大阪、南河內、川西村 龍雲寺
第十三區 隆崎義光
奈良、生駒、矢田村 發志院
第十四區 飯野純道
京都市、伏見、桃山町 海寶寺
第十五區 荒木幸山
滋賀、蒲生、馬淵村 福壽寺
第十六區甲部 多々良東溪
滋賀、蒲生、日野町 淨光寺
同 乙部 奧田誠隆
同、愛知、稻枝 國昌寺
第十七區 中川大成
岐阜、稻葉、芥見村 眞聖寺
第十八區 村瀨譽洲
長野、北佐、小沼村 普賢寺
第十九區甲部 神津玄門
同、上高井、仁禮村 高原寺
同 乙部 中西秀岳
三重、阿山、拓植村 靈山寺
第二十區甲部 首藤諦音
三重、飯南、神戶村 海會寺
同 乙部 廣野廣禪
愛知、知多、鬼崎村 龍雲寺
第二十一區 村瀨道戒
靜岡、引佐、中川 寶林寺
第二十二區 加藤正弘
東京、南品川 大龍寺
第二十三區 岩下章道
群馬、碓氷、原市町 聖明寺
第二十四區 廣瀨紀道
青森、南津輕、山形村 藥師寺
第二十五區 小野知道
大本山塔頭 京都、宇治、宇治町 寶善庵
佐藤鐵門
大本山萬福寺
住職 星野直翁

眞宗本願寺派
管長 伯爵大谷光照
法主保攝會長 大谷光明
保攝 大谷光瑞
保攝 大谷尊由
保攝(常務) 大谷昭道
執行所
內局
執行長 後藤環爾
執行 長尾雲龍
執行 斯波隨性
執行 千葉康之
樞密部
部長 梅山英夫
出仕(兼)高木俊一
出仕(兼) 清谷惠眼
中書(兼) 梅山英夫
中書 蒼本三朝
出仕 關次郎
錄事 大岩道隆
錄事 伊東照屯
錄事(兼) 平山云爾
錄事 深川博道
情報課
主事 清谷惠眼
錄事 平山云爾
法制部
部長 石松貞雲
錄事(兼) 平山云爾
錄事 岡村周啟
教務局
布教部
部長 井上德命
出仕(兼)渡邊隆勝
賛事(兼) 中神文雄
賛事 青山秀雄
錄事 大島圓諦
錄事々務取扱 小溪有屬


頁五八
佛教婦人會聯合本部
佛教青年會聯合本部
主事 中神文雄
錄事々務取扱 小溪有朋
工廠青年會本部
主事(兼) 井上德命
錄事 安藤龍英
錄事 工藤義修
布教研究所
所長 內田晃融
主事 小泉義照
教育部
部長(兼) 山崎精華
錄事 巖靜也
社會部
部長 山崎精華
出仕(兼) 藤音得忍
錄事 前田芳雄
錄事 原田慶範
錄事 小島茂政
錄事々務取扱 若林諦演
庶務局
庶務部
部長 北條宗允
賛事々務取扱 玉川義隆
錄事 禿川澤叡
錄事(兼) 麻山唯信
錄事々務取扱 遠藤了洲
財團課
主事 玉川義隆
錄事 麻山唯信
財務局
財務部
部長 武岳順淨
出仕 苗村幹隆
賛事々務取扱 矢島道堅
錄事 八雲圓成
錄事々務取扱 竹村寶信
同 平尾良道
同 岸大朗
參拜部
部長(兼) 北條宗允
出仕(兼) 苗村幹隆
賛事(兼) 中神文雄
出仕(兼) 清谷惠眼
賛事々務取扱 花山秀眞
同 玉川義隆
錄事(兼) 前田芳雄
同 大八木謙三
同 巖靜也
同 九條賢誠
同 原田慶範
同 八雲圓成
同 竹村寶信
風紀部
部長(兼) 武岳順靜
司察(兼) 矢島道堅
司察(兼) 八雲圓成
司察 大西源四郎
司察 竹野惣太郎
奉仕局
式典部
會行事 武田瑞忍
副會行事(兼) 痴山義亮
侍眞長 六雄瑞慶
侍眞 痴山義亮
侍眞 卜半義文
侍眞(兼) 後藤環爾
侍眞 泉尾尊正
侍眞補(兼) 長尾雲龍
侍眞補(兼) 柱本瑞俊
侍眞補 藤山准昭
侍眞補(兼) 斯波隨性
侍眞補(兼) 千葉康之
會役者(兼) 阿部珀琳


頁五九
會役者(兼) 花山秀眞
會役者(兼) 大八木謙三
會役者 九條賢誠
大谷本廟
守眞長 痴山義亮
法務部
部長 阿部珀琳
賛事々務取扱 花山秀眞
錄事 大八木謙三
錄事 九條賢誠
室內部
部長 柱本瑞俊
部員 野村榮三郎
同 松尾善英
同 中戶堅正
同 倉田柘藏
顧問所
顧問上首 梅上尊融
顧問 松原深諦
同 足利瑞義
同 菅了法
同 大洲鐵也
同 三谷教應
東京出張所
所長(兼) 後藤環爾
賛事(兼) 岡部宗城
賛事 蒼下三朗
賛事 多賀義仁
賛事々務取扱 南條了因
同 三上孝基
同 江上利生
錄事 高辻惠雄
錄事々務取扱 川瀨眞澄
同 本多靜正
同 細川景雄
同 清水慈想
同 坂井本良
堅正局
局長 伊藤義賢
監事 廣瀨了山
監事 上原寬成
錄事 岡村周啟
錄事々務取扱 岩尾秀慧
褒賞局
局長(兼) 伊藤義賢
監事 廣瀨了山
監事 上原寬成
錄事 岡村周啟
錄事々務取扱 岩尾秀慧
會計檢查部
部長(兼) 梅山英夫
檢查係 廣瀨了山
檢查係 上原寬成
檢查係 矢島道堅
札幌、南四條五丁目
本願寺別院 電(三〇三)
北海道教區 宇野本空
仙臺、東一番、本願寺別院(電九五七)
奧羽教區 福永俊良
東京、京橋、築地三丁目 本願寺別院
電(長京橋三九七、京橋四七二〇)
東京教區 岡部宗城
長野、西後 本願寺別院內
長野教區 圓山竟乘
新潟、三島、與板町 本願寺別院
新潟教區 堀賢雄
福井、尾上中、本願寺別院 電(二〇七)
福井教區 金松三直
富山、總曲輪、本願寺別院 電六一一)
富山教區 林嶺信
高岡、櫻馬通道
高岡教區(管事々務取扱) 寺野宗欣
金澤、五寶、本願寺別院電(四二九、二八二六)
石川教區 石原堅正
岐師、西野 本願寺別院 電(二三一)


頁六〇
岐阜教區 利國靜意
三重、桑名町、萱 法隆寺
東海教區 廣橋了以
大津、南、本願寺別院
滋賀教區 谷治達映
京都、下京、堀川通 本願寺
京都教區 八尋慈薰
奈良、上三條 淨教寺
奈良教區 宇治田貞亮
大阪、東、本、四丁目 本願寺別院
電(長本町二二二)
大阪教區 本多惠隆
和歌山、鷺森 本願寺別院 電(二七二)
和歌山教區 渡邊顯正
神戶、四番、二ノ四
兵庫教區 下間教證
丸龜、鹽屋 本願寺別院
西川教區 菅田了海
尾道、土堂、新道一七〇
備後教區 吉田南英
廣島、寺、本願寺別院 電(一三三)
安藝教區 藤井玄瀛
松江、新雜賀
山陰教區(管事々務取扱) 越野定顯
山口、大正通榮村
山口教區 朝枝誓實
別府、下野口、一八〇六
南豐教區 佐々木清海
門司大里鎮西別院 電(長門司七九八)
北豐教區(管事々務取扱) 佐々木正凞
福岡、下園 覺永寺
福岡教區 北畠玄融
佐賀、高木 願正寺
佐賀教區 熊谷廣濟
長崎、今籠 大光寺
長崎教區(管事々務取扱) 藤谷顯英
熊本、魚屋 正龍寺
熊本教區(管事々務取扱) 巖根義準
鹿兒島、東千石、本願寺別院電(五一)
鹿兒島教區 後藤澄心
本山本願寺
住職(門跡) 伯爵 大谷光照

眞宗大谷派
管長 從五位伯爵 大谷光暢
夾輔 大僧正 大谷璧誠
上局
宗務總長 僧正 阿部惠水
參務 權僧正 龍山嚴雄
參務 權僧正 竹中茂丸
參務 大僧都 一柳知成
宗務所
文書課
課長 權大僧都 正七、勳六 小江榮慶
出仕 華房義温
錄事 權僧都 輦止淨觀
書記 金森重貫
書記 奧野次郎
書記 高木松之助
監正課
課長 權僧都 倉富了矣
錄事 律師 穴水顯一
內務部
部長 參務 竹中茂丸
庶務課
課長 權大僧都 房岡義成
錄事 藤本良一
書記 權僧都 廣小路祐信
書記 藤井則惠
出仕 半田良直
地方課
課長 權大僧都 安藤宣成
錄事 僧都 室江了圓
錄事 僧都 片野憲章
書記 僧都 平靈圓


頁六一
書記 松本護
書記 金華了寬
書記 隄孝三
教學部
部長 參務 一柳知成
教學課
課長 僧都 高濱哲雄
錄事 僧都 圓山千之
書記 川那邊慧正
社會課
課長 權大僧都 竹中慧正
錄事 律師 朝倉一道
錄事 僧都 清田元章
會計部
部長心得 權大僧都 鈴木憲雄
財務顧問 岩田惣三郎
會計顧問 田代重右衛門
經理課
主任 福島哲三郎
書記 加藤重信
書記 岡田常次郎
書記 小野陽
書記 譽田與吉
書記 織田字三郎
書記 吉田嘉一郎
出納課
主任 僧都 菅原澄了
錄事 權僧都 服部謙了
書記 佐々木晴堂
書記 一二三初次郎
書記 增田久次郎
出仕 田尻庄藏
財務監查局
財務監查 神野金之助
輔事 正六、勳五 岡本昇
書記 桂伊太郎
書記 武內榮三郎
法務局
局長 僧正 井澤勝什
錄事 權僧都 大橋曉
內事局
局長 大僧都 信國堅城
用掛 大僧都 花山大安
用掛 權大僧都 遠藤義觀
錄事 僧都 高勇勝
書記 僧都 蜂須賀法海
東京宗務出張所並地方教務所
所長事務取扱 權大僧都 朝倉慶友
賛事 僧都 岡寺興良
主計 柘植庄三郎
北海 札幌、山鼻
大僧都 大照德順
京都 京都、下京、萬年寺烏丸西入
權大僧都 細川憲壽
大阪 大阪、東、北久太郎 大谷派別院
大僧都 奧田靈靜
長濱、滋賀、坂田、長濱町 大谷派別院
僧都 七岡見龍
桑名 三重、桑名、桑名町 大谷派別院
僧都 菅原教廳
名古屋 名古屋、中、下茶屋
權大僧都 廣瀨大船
大垣 大垣、傳馬 大谷派別院
大僧都 春日現祐
岐阜 岐阜、小熊 大谷派別院
權大僧都 北條義章
高山 岐阜、大野、高山町 大谷派別院
大僧都 千羽秀學
福井 福井、乾中 大谷派別院
大僧都 藤井現俊
大聖寺 石川、江沼、大聖寺町
僧都 福田定信
小松 同、能美、小松町


頁六二
僧都 廣橋陵雲
金澤 金澤、橫安江 大谷派別院
僧都 上野興仁
七尾 石川、鹿島、七尾町
僧都 林在中
富山 富山、總曲輪 大谷派別院
權大僧都 惠美安靈
高岡 高岡、堀上
大僧都 滋野井行圓
三條 新潟、南蒲原、三條町 大谷派別院
大僧都 滋谷智淵
東北 山形、香澄、木ノ實小路
安田鐵雲
神戶 神戶、神戶荒田三 大谷派別院
本田學
西日市 大分、宇佐、四日市町 大谷派別院
僧都 竹中德源
久留米 久留米、日吉
僧都 深谷惠灌
鹿兒島 鹿兒島、新 大谷派別院
權大僧都 蕪城賢順
長崎 長崎、西坂
僧都 五百井泯雄
高松 高松、古馬場
權大僧都 愛德鐵定
高田 高田、下寺 大谷派別院
僧都 安藤源靜
奧羽 秋田、山本、能代港町 盤若
僧都 富田義導
本山本願寺
住職(門跡) 從五、伯 大谷光暢
京都大谷專修學院
下京、大和大路七條下ル
院長(兼) 僧都 清水俊榮

眞宗高田派
管長 正四、男、文學博士 常磐井堯猷
參事 大僧都 大西顯純
參事 權大僧都 玉樹眞龍
錄事 中僧都 松山親彥
同 少僧都 長松眞海
同 少僧都 久野俊台
承事 少僧都 森眞量
承事 權少僧都 富田淨信
法式課
(主務)錄事(兼) 長松眞海
維那(兼)權中僧都 玉樹眞龍
同 權中僧都 實良稔
同 (以下豫備) 少僧正 清水谷純祥
同 少僧正 水沼寬厚
同 大僧都 岩崎清均
同 大僧都 泰英元
同 權少僧都 今橋勝眞
知堂 中僧都 鷲山教明
同 高福龍雄
同 中僧都 藤田誓鎧
恭敬衆 高倉唯乘
同 權少僧都 岩田得成
同 權律師 千賀正信
同 大律師 藤森親敬
同 山崎德勝
淨華臺詰 恭敬衆代勤
雅樂員幹事 押小路證
雅樂員 權少僧都 雪里詮教
同 權少僧都 藤本義教
同 大律師 瀧玄龍
同 權律師 高島廣緣
同 杉田淨信
同 權律師 山內唯然
同 律師 岡田證
同 大律師 兼門泰道
教務學務課
(主務)錄事 松山親彥
社會課
(主務)錄事 松山親彥


頁六三
日曜學校常務委員
(兼)錄事 久野俊台
財務課錄事 長松眞海
財團課書記 權少僧都 谷口大周
同 內田林九郎
財務相談役 山路伊一郎
吉田伊兵衛
山中傳四郎
久保田恒麿
下津利兵衛
伊藤平三郎
伊坂又右衛門
中村近之進
小林嘉平治
辻孫一部
小林藤吉郎
齋藤小右衛門
財務委員 今井源之助
森川市兵衛
小田常吉
●繕係 小管九左衛門
進納所承事 富田淨信
(主務)錄事 久野俊台
受付 森眞量
監正部
理事(兼) 清水谷純祥
同(兼) 權中僧都 今橋勝眞
同 的屋智光
同 梅林光顯
同 高臣亮岳
同 栗山純
同 中僧都 田中嚴正
顧問局
顧問 堅田麗嚴
同 清水谷純祥
同 水沼寬厚
同 松山忍明
同 長井眞琴
同 久保田恒麿
同 渡邊龍聖
同 杉谷泰山
同 荻野仲三郎
同 片岡敬吉
同 磯貝幸三郎
內事局
近侍 今井辨藏
同 權中僧都 高橋芳雄
同 權律師 鷲山哲良
豫備近侍 大僧都 隆德誠
家扶 長井胖
出仕 大僧都 杉谷泰山
門室中書 少僧正 松山忍明
東京出張所
法務主任 高山良賢
下野高田山專修寺 栃木、芳賀 物都村
事務長(兼) 玉樹眞巃
監事 權中僧都 德照滿
京都別院 京都、河原、二條上ル
輪番 大僧都 上杉大定
愛知別院 名古屋、西、替地
輪番 大僧都 海原曉雲
福井別院 福井、寶永上
輪番 大律師 佐々木雅亮
神戶別院 三重、河藝、神戶町
臨時輪番事務取扱 藤谷信誠
札幌別院 札幌、南四條東四丁目
輪番 權大僧都 井上舜教
三日市兼帶所
輪番 江上德雄
同 中僧都 小谷智道
同 少僧都 清水智乘
眞宗高田派十萬人講財團 本山內
理事長(當勤) 大僧都 天白光宣


頁六四
參事(常勤) 中僧都 福井光淳
眞宗高田派教育財團 本山內
理事長(常勤) 權大僧都 大西顯純
參事(兼) 中僧都 松山親彥
高田教化財團 本山內
理事長
參事(兼) 長松眞海
高田幼稚園
園長(兼) 松山親彥
眞宗勸學院 三重、河藝、一身田町
總理心得、教授 眞弓慧光
教習所 本山內
所長(兼) 眞弓慧光
高田慈光院(養老院)
院長 水沼寬厚

眞宗興正派
管長 從四、男 華園眞淳
顧問 中僧正 三原俊榮
同 權中僧正 菊池覺明
同 小僧正 華園信由
同 權少僧正 千葉憲亮
同 同 越智敏雄
同 同 堀照俊
同 大僧都 三浦教善
同 權小僧正 長尾猛
同 權小僧正 梅園良秀
總務 小僧正 蓮井良隨
參務 權大僧都 吉本諏導
秘書 中僧都 三原憲照
承事 少僧都 片岡正凱
奉仕暑
僧綱 少僧正 華園信由
維那 大僧都 下間蓮明
知堂(兼) 三原憲照
同 少僧都 木村信成
同(兼) 少僧都 片岡正凱
堂掌 土居顯正
出仕 大僧都 龍村俊雄
權中僧都 山下芳雄
內事局長 長尾猛
出仕 平井三郎
教學部長(兼) 蓮井良隨
監正局長 大僧都 土居榮量
監正員 中僧都 大熊廓徃
同 權大僧都 越智宣曜
同 權中僧都 鈴木惠順
同 權大僧都 佐々木智導
同 權中僧都 吉田圭文
同 少僧都 大林順教
東京出張所
主事 少僧都 榊員海靜
本山興正寺
住職(門跡) 從四、男 華園眞淳

眞宗佛光寺派
管長 正四、男 澁谷隆教
執事 奧博愛
參事 法務課兼教學課主任 佐々木篤祐
參事 會計課主任 今岡信岳
參事 庶務課兼秘書課主任內事局事務取扱 湯川信敬
錄事 教學課、庶務課事務取扱 藤原靜照
內局出仕 內事局兼庶務課、事務取扱 石田千代之輔
錄事 庶務課、會計課事務取扱 松城教道
同 會計課、事務取扱 長田慈聚
同 同 仲井信敬
司鑰長 佐々木良祐
司鑰 物部長寬
同(兼) 奧博愛
同(兼) 佐々木篤祐
同 奧博仁


頁六五
同 佐々木元祐
同 物部義道
同 奧博良
同 補 佐々木乾祐
奉仕 法務課、事務取扱 鎌田滿信
同試補 同 知禿賢龍
同試補 同 七里惠雲
顧問(兼) 物部長寬
顧問 野瀨玄靜
顧問 護城一雄
顧問(兼) 佐々木良祐
東京出張所
所長(兼) 奧博愛
本山佛光寺
住職 門跡、正四、男 澁谷隆教

眞宗木邊派
管長 從三、男 木邊孝慈
執事 高田善達
注記 小倉龍乘
同 正八澤智教
書記 桑原直隆
奉仕部長 辻圓證
同輔佐 今井義乘
知堂 寺元善了
同 華園善源
同 石原圓成
同 木田志堅
同 藤本秀成
同 福永達惠
內事部長 二村四亥
東京出張所
主任 伊藤敬順
本山錦織寺住職 門跡、從三男 木邊孝慈

眞宗出雲路派
管長 藤光曜
特授耆宿 藤光雲
執事(兼)會計部長 畑門部
參事(兼)總務部長 菅原正壽
參事(兼)教學部長興法會長 小泉宗一
各部局出任(兼)興法會理事 宮武一
承事 清水靈瑞
示事 黑谷智隆
同 □=[(陳-東)+區=caw034-03]蘆多玄城
承事心得 □=[(陳-東)+區=caw034-03]蘆多玄融
會計部主任 細井彥左衛門
會計部 河端良助
同 田畑小右衛門
會計監查 竹內前左衛門
同 杉谷又助
東京出張所
主任 藤基知章
旭川教務所 旭川、五ノ一九 願成寺
管務 平通方
本山毫攝寺 福井、今立、味眞野村 清水頭
住職(法主) 藤光曜

眞宗山元派
管長 藤原善瑩
執事 藤堂智順
錄事 法水智教
錄事 法水誠運
朝鮮開教管理 法水法運
會計部長 岩壁善助
證誠寺護持財團主事 吉田三郎
顧問上首 佛木道詮
東京出張所
主任 藤園賢海
本山證誠寺 福井、今立、新橫江村、橫越
住職(法主) 藤原善瑩

眞宗誠照寺派


頁六六
管長 二條秀曉
內局
寺務總理 二條源通
法式局執綱 北野源雄
教學部執事 波多野源乘
庶務部執事 波多野源流
財務部執事(兼) 二條源通
秘書課
管事 安野源智
褒賞課
管事 刑部教惠
風紀課
管事(事務取扱) 波多野玄猷
教學部
執事 波多野源乘
參事 朝倉惠聞
錄事 波多野玄猷
錄事 櫻井德周
錄事 波多野曉淨
社會課
主任 波多野玄猷
上野佛教婦人會本部
主事 波多野玄猷
庶務部
執事 波多野源流
參事(兼) 長田正教
錄事 一峰淨圓
錄事 小泉了海
財務課
執事 二條源通
參事(兼) 稻田晃盛
錄事 長田智龍
承事 夏梅鶴吉
承事 渡邊新吉
法式局
執綱 北野源雄
鑰役 北野曉眞
法務 長田正教
副法務 畠山超證
監正局
局長 二條源通
監事 大梧諦空
審事 稻田晃盛
審事 朝倉惠聞
錄事(兼) 櫻井德周
內事部
顧問 小泉了諦
內事長、事務取扱 安野源智
主事 長田正教
主事 小泉了海
東京出張所
事務主任 稻田晃盛
本山誠照寺
住職(法主) 二條秀曉

眞宗三門徒派
管長 平光圓
執事 黑龍悅神
參事 水野了應
同 水尾兵馬
同 帆山俊英
會計主任 塚谷圓之助
同出仕 上田教忍
東京出張所主任 宇佐美信英
本山專照寺
住職(法主) 平光圓

日蓮宗
管長 大僧正 酒井日慎
宗務總監總務部長 僧正 柴田一能
主事 大僧都 馬田卽貞
臨時詰 僧都 佐野是光
教學部長 僧正 西村慈珖
主事 大僧都 上島行暢
主事 僧都 望月眞亮


頁六七
書記 僧都 出島龍謙
社會課主事 大僧都 加藤通温
臨時詰 權僧都 猊倉存明
庶務部長 權僧正 妙立英壽
主事 大僧都 堀龍淳
書記 權僧都 西龍泰
同 大講師 上野智啟
財務部長 權僧正 橫山仁秀
主事 大僧都 田中謙周
書記 僧都 町田練秀
書記 大講師 金子文讓
臨時詰 大講師 島田堯存
同 講師 望月辨修
同 川村遵義
壹百萬人會常務理事 僧正 常岡智光
書記 僧都 吉田智惠
特別調查會主查 大僧都 本望順薩
書記 權僧都 奧邨學進
雇員 權僧都 合川泰讓
教誌係書記 准講師 鬼武耀賢
臨時詰 僧都 齋藤玄準
同 權僧都 一木日良
雇員 磯村幸治郎
府縣宗務所竝所長
東京、深川、靈岸 淨心寺 電(本所二八〇八)
東京府東部 僧正 松井日量
同、豊多摩、淀橋町 電(四谷一四一一)
同 西部 權大僧正 及川眞龍
東京、荏原、池上、本門寺內 電(大森三四二)
同 南部 權僧正 酒井惠祐
東京、下谷、谷中 大行寺 電(下谷六五五一)
同 北部 肉倉寶運
橫濱、中、平沼 久成寺 電(長者町二七四五)
神奈川縣第一部 大僧都 佐藤宣朗
神奈川、鎌倉、大町 安國論寺
同 第二部 藤原玄通
橫須賀、公鄉町 泉福寺
同 第三部 大僧都 丸山英觀
神奈川、中、大磯町 妙大寺
同 第四部 飯久保義學
神奈川、足柄下、足柄村 今井本光寺
同 第五部 三宅惠滿
埼玉縣 北足立、戶田村、新會 妙顯寺內
鈴木日壽
茨城、東茨城、常盤村 本行寺
茨城縣第一部 權僧正 釋日雄
結城、結城町 妙國寺
同 第二部 高橋了照
那須、大田原町 正法寺
栃木縣第一部 中井本儀
栃木、下都賀、小山 妙建寺
同 第二部 西口玄幹
群馬縣 高崎、九藏 正法寺
大僧都 石橋要識
千葉、東葛飾、中山町 法宣院
千葉縣第一部 遠藤寬照
同、香取、中村 妙興寺
同 第二部 大僧都 中西顯忠
同、長生、茂原町 藻原寺
同 第三部 權大僧正 荒居養壽
同、夷隅、總元堀ノ內 妙光寺
同 第四部 權僧正 山野宣照
同、安房、富浦村、南無谷 妙福寺
同 第五部 山本隆宣
山梨、南巨摩、身延村 本行坊
山梨縣第一部 下里是察
同、南巨摩、增穗村 善住寺
同 第二部 原田見翁
同、中巨摩、源村 行善寺
同 第三部 加茂嶺文
同、東八代、石和町 遠妙寺
同 第四部 大僧都 長澤順乾
長野、松本、常盤 圓乘寺
長野縣第一部 坂本海亮
長野小縣部 法善寺


頁六八
同 第二部 大僧都 清水要山
靜岡、寺町、二丁目 感應寺
靜岡縣第一部 龜口龍謙
同、田方、三島町 圓明寺
同 第二部 大僧都 松山靜全
同、小笠、中村 滿勝寺
同 第三部 大僧都 小澤湛漸
名古屋、東、小川 本要寺
愛知縣第一部 高村行惠
愛知、西春日井 妙禪寺
同 第二部 權僧都 吉田友文
岡崎、祐金 善立寺
同 第三部 僧都 後藤潮順
三重縣 宇治、山田、一ノ木町 常明寺
大橋憲孝
岐阜縣 岐阜稻葉郡、加納 妙泉寺
祖父江口誠
京都、上京、妙顯寺前 妙顯寺內
電西陣二四五〇)
京都府第一部 明渡日正
京都、船井、園部 妙光寺
同 第二部 川端英卽
京都、富津 本妙寺
同 第三部 鈴木眞靜
石川縣 石川、河北、三谷 本興寺
福井本周
第一部 石川、鹿島、能登部村 本土寺
同 第二部 青野慈明
富山、梅澤 大法寺
富山縣第一部 權僧正 中村寬澄
高岡、片原 妙國寺
同 第二部 權僧正 昇塚日景
滋賀、蒲生、馬淵 妙感寺
滋賀縣北部 權僧都 渡邊行正
大津、寺町 眞常寺
同 南部 川上卽正
福井 泉久寺
福井縣第一部 僧正 鈴木行泰
福井、足羽上町 妙國寺
同 第二部 岡田學妙
福井、大飯、高濱町 妙長寺
同 第三部 大僧都 馬田卽信
大阪、北、末廣 成正寺
大阪府第一部 山村貫立
大阪、三島、五領村 妙淨寺
同 第二部 權僧都 山本龍善
同、豊能、田尻村 長久寺
同 第三部 森亮遠
同、堺、西湊町 長源寺
同 第四部 安東正惠
奈良縣 奈良、油坂 蓮長寺
僧都 河田行誡
尼崎、寺 長遠寺
兵庫縣第一部 權僧正 池田博耀
姬路、五軒邸 圓光寺
同 第二部 權僧正 藤田惠身
兵庫、城崎、八條村 勝妙寺
同 第三部 僧正 野村能忍
和歌山縣 和歌山、毛皮屋 宣教寺
武內潮泰
岡山、御津野谷 幸福寺
岡山縣第一部 安國一審
同、都窪、早鳥町 妙法寺
同 第二部 大僧都 佐藤學秀
同、吉備、穩井田村 本住寺
同 第三部 水島學僧
同、苫田、津山市 妙法寺
同 第四部 權僧都 貫名見善
愛媛、松山、魚町 妙法寺
愛媛第一部 中臣泰純
同、喜多、新谷 法眼寺
同 第二部 上木龍慶
香川縣 高松、天神前 廣昌寺
岡觀修


頁六九
高知縣 高知、潮江 要法寺內
大僧都 池誠亨
德島縣 德島、寺町 妙長寺
權僧都 江草朗貞
廣島、沼限、水吞村 妙顯寺
廣島縣第一部 大僧都 山下憲雅
同、双三、三次町 法音寺
同 第二部 岡本潮照
廣島、左官 妙頂寺
同 第三部 僧都 頂丘龍選
山口縣 山口、阿武、萩 法華寺
大僧都 秋田本定
那賀、濱田 龍泉寺
島根縣第一部 大僧都 笹部日要
松江、和多見 慈雲寺
同 第二部 大僧都 落合日慈
鳥取、馬場町 芳心寺
鳥取縣第一部 大僧都 河合日俊
米子市、大工町 妙興寺
同 第二部 酒井孝順
熊本縣 熊本、妙體寺町 妙體寺
大僧都 馬場本壽
佐世保、太田 延壽寺
長崎縣第一部 柴田嶺秀
長崎、東彼杵、西大村 本經寺
同 第二部 清水麗昇
大分縣 大分、下毛、中津町 大法寺
大僧都 太田誠鑑
佐賀縣 佐賀、長瀨町 奉教寺
平井智濟
福岡、直方市、羽衣町 長遠寺
福岡縣第一部 栗原正明
久留米、寺 妙正寺
同部二部 僧正 藤本日照
福岡、築上、椎田町 實成寺
同 第三部 大講師 木庭啟義
宮崎縣 鹿兒島市、松原 經王寺
鹿兒島縣 淺野常瑞
沖繩縣
新潟、佐渡、畑野村 妙滿寺
新潟縣第一部 權僧都 金子順義
同、中蒲原、新津町 妙本寺
同 第二部 權僧都 岩橋順良
同、三島、島田、村田 妙法寺
同 第三部 高田日雅
同、刈羽、刈羽入和田 玉泉寺
同 第四部 齋藤憲孝
高田、中寺、淨法寺
同 第五部 大僧都 罍要禎
宮城縣 仙臺、東九番 法輪院
河上鍊學
山形縣 山形、七日町 大寶寺
大山遵讓
秋田縣 秋田、山本、能代湊町 本澄寺
僧都 都柴田寬栗
福島縣 福島、本白河、棚倉 長久寺
僧都 菅原海順
青森、寺 蓮華寺
青森縣第一部 權僧正 角田堯現
弘前、新寺 本行寺
同 第二部 權僧正 中村鳳立
凾館、船見 實行寺
北海道第一部 僧正 山本顯秀
札幌、豊平 經王寺
同 第二部 沼上光學
開教地樺太
樺太、豊原、東一條 法華寺內
司監 僧正 增田鳳明
同 朝鮮 京城、旭町 護國寺
都守泰一
同 滿洲 關東洲、大連、春日町大蓮寺內
司監 平間壽本
支那 上海、乍甫路百二〇號 本圀寺別院
杉山仁雅
同 臺灣 臺北、若竹 法華寺


頁七〇
司監 岡田榮源
總本山、大本山
總本山久遠寺
住職
大本山本門寺
住職 大僧正 酒井日慎
大本山妙顯寺
住職 大僧正 河合日辰
大本山本圀寺
住職 權大僧正 渡邊日雄
大本山法華經寺
住職 權大僧正 伊藤日修
門跡寺院
瑞龍寺 京都、上京、西陣、堅門前
住職 權大僧正 九條日淨
日蓮宗布教院 京都、下京、柿本 本圀寺內
院長 權大僧正 渡邊日雄
講師 僧正 鹽出孝潤
幹事 拾井惠正

日蓮正宗
管長 大僧正 阿部日開
宗務總監 權僧正 水谷秀道
宗務院執事 僧都 崎尾正道
理事 僧都 野木慈隆
理事補 准講師 岡田諦齡
同 同 有川法梁
書記 准講師 大村壽道
宗務院東京出張所
出張所長 權僧正 水谷秀道
幹事 權僧都 櫻井仁道
宗務支院並幹事
栃木、下都賀、國分寺、小金井、蓮行寺
第三教區 大僧師 小松照道
福島、岩瀨、仁井田村、願成寺
第四教區 大僧都 高萩慈愍
仙臺、荒 佛眼寺
第五教區 大僧師 佐藤覺仁
小樽、花園、日蓮正宗教會所
第六教區 權僧都 宮本義道
愛知、丹羽、岩倉 興道寺
第七教區 僧都 富田慈妙
大阪、北、野崎、蓮華寺
第八教區 大僧都 鈴木慈謙
香川、三島、桑山 日蓮正宗教會所
第九教區 大僧都 三野徹妙
久留米、京、七丁目 霑妙寺
第十教區 僧都 井上慈善
總本山大石寺
住職 大僧正 阿部日開
富士學林 靜岡、富士、上野村上條 大石寺
總長 大僧正 阿部日開
教頭 僧都 小笠原慈聞

顯本法華宗
管長 大僧正 井村日咸
宗務總監 權大僧正 笹川日堂
法務部長 僧都 堂日照
教務部長 權僧都 星野純義
財務部長 權僧都 土屋信玄
社會部長 僧都 栗原顯有
錄事 大學統 中村信孝
教區管事駐在所並區管事
第一、十五、十六布教區
東京、本鄉、駒込蓬萊町 顯本寺
大學統 池澤泰名
千葉市本町 本圓寺
第二布教區 僧都 草切信榮
同、君津、木更津釘、木更津 成就寺
第三布教區 權僧都 小竹俊雄
同、長生、豊岡村、萱場 本大寺
第四布教區 權大學統 北田知一
同、山武、土氣本鄉、土氣 善勝寺
第五布教區 權僧都 溝口會旭
千葉、山武、公平村、松之鄉 本松寺


頁七一
第六教區 僧都 夏目智誓
盛岡、北山 法華寺
第七、八布教區 權僧都 木下圓通
名古屋、中、古渡
第九布教區 權僧都 清水一乘
福井、丹生、志津村、山田 本行寺
第十布教區 大學統 藤啟純
京都、上京、川東西寺、二條下ル 本行寺
第十一布教區 僧都 金光孝碩
岡山、和氣、和氣町 本正寺
第十二布教區 僧都 烏田日闡
廣島、東寺町 本照寺
第十三、十四布教區 權僧都 紀野俊耀
總本山妙滿寺
住職 大僧正 井村日咸
統合宗學林高等部
東京、小石川、白山前、一六
(統合宗學林ハ顯本法華宗、日蓮正宗、本門宗ノ共同設立ニ依ル)
部長 僧正 木村日保
教授 權僧都 長谷川義一
教授(兼)舍監 大學統 笠原信良
同 普通部 千葉、東金町
部長 權大僧正 中村日錦
教頭 僧正 齋藤日章
教授 僧都 栗原顯有
同 僧都 成島日衞
同 僧都 木村義明

本門宗
管長 大僧正 稻葉日乾
宗務總監 權僧正 柳下日寶
宗務監事 大僧都 村松智海
書記 僧都 井上正友
書記 少講師 加藤正孝
本門宗務院出張所
所長 大僧都 村松智海
教區事務所竝宗務取締
東京府下、西巢鴨町、池袋 妙典寺
本門宗第一 僧都 長倉孝美
福島、伊達、南牟田村、妙藏寺
同 第二 僧都 寺島智宏
新潟、佐渡、眞野村 世尊寺
同 第三 權僧正 本間俊明
千葉、君津、湊町、加藤 本乘寺
同 第四 權僧正 青木貫一
山梨、北巨摩、龍岡村 本照寺
同 第五 權大僧都 大井義學
靜岡、田方、宇佐美村 行蓮寺
同 第六 僧都 山本良心
同、富士、芝富村、西山 本山本門寺
同 第七 權大僧正 石井日省
同、同、岩松瀧戶 代信寺
同 第八 權大僧都 倉田圓勇
京都、上京、法皇寺 本山要法寺
同 第九 權少僧都 丹羽義溫
大阪、北、末廣 蓮興寺
同 第十 權僧正 矢田日亮
香川、三豊、下高瀨村 法華寺
同 第十一
(缺員)主事 大講師 貞廣祐覺
島根、仁多、香本村 安養寺
同 第十二 權大僧都 石倉圓妙
同、簸川、千田 本妙寺
同 第十三 權僧都 錦織義承
同、同、天神村 妙雲寺
同 第十四 大僧都 阪本蓮玄
同、安濃、大田町 法藏寺
同 第十五 權大僧正 足立日城
宮崎、東臼杵、南方村 本東寺
同 第十六 僧正 吉田海全
本山
本山本門寺
貫首 權大僧正 井上日光
本山要法寺


頁七二
貫首 大僧正 竹部日宗
本山實成寺
貫首 (缺員)
本山妙蓮寺
貫首 大僧正 稻葉日乾
本山久遠寺
貫首 僧正 稻葉日悟
本山妙本寺
貫首 (缺員)
本山本門寺
貫首 權大僧正 石井日省

本門法華宗
管長 大僧正 神原日祐
宗務總監 僧正 三吉顯隆
執事 僧都 小西憲紹
書記 權少講師 瀨田石顯淨
宗務取締
東京、麻布、宮村、光隆寺 電(青山五〇九四)
第一教區 僧正 龜井現行
京都、大宮寺內、妙蓮寺內 圓常院
第二教區 中講師 眞鍋日富
大阪、天王寺、高津中寺 妙堯寺
第三教區 僧正 信隆日通
神戶、本須磨寺ノ前町 妙興寺
第四教區 權僧正 三島惠常
兵庫、津名、多賀村 本壽寺
第五教區 僧正 井上日必
千葉、山武、白里村、四天木 要行寺
第六教區 僧正 露崎日豪
三重、阿山、山田村田 妙藏寺
第七教區 權僧都 桃井日秀
靜岡、駿東、片濱村、東問門 妙傳寺
第八教區 權僧正 原川日毅
秋田、由利、本莊町 大法寺
第九教區 大講師 田中日壽
札幌、南二十二條、西八丁目六二六 久遠寺法務所
第十教區 大講師 森禎龍
石川、大聖寺町 本光寺
第十一教區 中講師 桃井日禮
福井、南條、南杣山村別所 高照寺
第十二教區 僧正 佐竹奉演
岡山、都窪、加茂新庄 本隆寺
第十三教區 大講師 太田日彥
廣島、沼隈、千年村、能登原 正瑞寺
第十四教區 大講師 村田日宙
德島、寺 妙興寺
第十五教區 大講師 高本冲龍
香川、三豊、辻村 大法寺
第十六教區 權僧都 淡河禎秀
下關、西ノ端 本行寺
第十七教區 僧正 藤井日將
宮崎、佐土原町 吉祥寺
第十八教區 僧都 仲野智諒
鹿兒島、能毛、西之表 本源寺
第十九教區 權少講師 土屋智順
大本山
大本山光長寺
住職 大僧正 神原日祐
大本山鷲山寺
住職 未定
大本山妙蓮寺
住職 大僧正 福原日事
大本山本興寺
住職 大僧正 增田日繼
大本山本能寺
大僧正 桃井日晃
本門法華宗學林 尼崎 別妙寺
學林長 僧正 釋日遵

法華宗
管長 大僧正 岡田日淳
宗務總長 權大僧正 橫山日雲
宗務部長 權僧正 牧野玄成


頁七三
宗務執事 僧都 藤本奘岳
宗務顧問 僧正 田邊日孝
本山部長 權僧正 小林良順
本山執事 權僧都 三浦行祐
東京出張所
主任 (缺員)
宗務支所竝所長及管事
(前は所長後は管事)
新潟、南蒲、三條町 本成寺
第一教區 (缺員)
權僧都 三浦行祐
富山、婦負、里瀨谷村 本法寺
第二教區 僧正 田邊日淨
權正 吉村文英
京都、上京、寺町通廣小路上ル、本禪想
第三教區 僧正 田邊日孝
權僧正 阿部舜清
兵庫、宍粟、山崎町 青蓮寺
第四教區 大僧正 石川日全
僧都 星川眞雄
愛知、額田、龍ケ谷村、長福寺
第五教區 僧正 橫山日雲
僧都 長島紹哲
靜岡、濱名、吉津村、鷲津 本興寺
第六教區 僧正 西山日瞻
僧都 駒形隆圓
東北、北豐島、西巢鴨町 本妙寺
第七教區 (缺員)
權僧正 大森舜行
山刑、飽海、酒西町 妙法寺
第八教區 權僧正 飯田諦英
大講義 加藤章詮
北海道、天鹽、幌延村 長應寺
第九教區 (缺員)
權僧正 片岡舜諦
總本山本成寺
住職 大僧正 岡田日淳
宗學林 總本山本成寺內
學林長 權大僧正 田邊日孝
教授 僧正 西山日瞻
教授 僧正 石川日全
同 僧正 田邊日孝
同 權僧正 水本卓堂
同 僧都 佐々布正海
同 僧都 高橋明靜
專修科主任 權僧正 水本卓堂
高等科普通科主任 僧都 佐々布正海

本妙法華宗
管長 大僧正 小澤日寬
宗務總監 僧正 竹內日升
宗務執事 大講義 笹川良隨
同 執事前 堀內靜明
同 書記 少講義 岡本一誠
本妙法華宗宗務支所
東京、牛込、西五軒 眞清淨寺
所長 僧都 釋眞誓
地方教區管事
京都、上立賣千本西 本久寺
第一 眞技眞雄
福井、丹生、吉野村 眞淨寺
第二 宮川順學
福井、丹生、吉川 平等會寺
第三 加藤日淳
金澤、野田寺 本妙寺
第四 貫名志堅
福井、遠敷、內外海 圓明院
第五 日下部辨良
兵庫、城崎町 本住寺
第六 件保田眞英
兵庫、飾磨、飾磨町 芳蓮寺
第七 水野良昌
大阪、豐能、地黃村 持經寺
第八 坪內了選
北海道、千歲、島松 日勝寺


頁七四
第九 林勝道
總本山本隆寺
住職 大僧正 小澤日寬
正執事 權僧正 林順要
副執事 大講義 笹川良隨
宗學林長 僧正 上島田珠

日蓮宗不受不施派
管長 一等上座 釋日壽
事務所主事 一等中座 花房日秀
東京出張所
所長 一等中座 草野日淳
祖山妙覺寺
岡山、御津、金川町、金川六〇〇
住職 一等上座 釋日壽
能化 一等中座 花房日秀

日蓮宗不受不施講門派
管長 大僧正 佐藤日柱
理事 僧正 橫山日省
會計監查役 大僧師 岡村學明 
同 岸啟太郎
同 井上節夫
會計部長 石坂益治
日蓮宗不受不施講門派宗務支局
岡山市外大野村大安寺 法華正教會
主事 僧正 橫山日省
日蓮宗不受不施講門派宗務支局
京都、上京、田中門前、四二 京都教會
主事 大講師 大崎泰弘
東京支局 下谷、眞島町一ノ四
執事 中川泰
大本山本覺寺
住職 大僧正 佐藤日柱

時宗
管長 桑畑靜善
執事(教務、學務、會計、社會課長) 飯田良傳
執事 小栗實穩
執事 大川察聞
執事 高木貞隆
書記 神一倫道
同 竹田玄有
時宗教務支院
東京、淺草、芝崎 日輪寺
主幹 高木教順
教務支所
東京、品川町、四丁目 長德寺
第一區第一號 水島隨順
東京、五日市町、舘谷 正光寺
第一區第二號 今井宗一
千葉、東葛飾、富勢村 善照寺
第一區第三號 川本進善
神戶、兵庫、須佐野通 眞光寺
第二區第一號 河野文敬
大阪、天王寺、下寺 圓成院
第二區第二號 榊原泰然
京都、下京、圓山公園 長樂寺
第三區 石黑壽山
神奈川、藤澤 眞淨院
第四區第一號 原悅道
神奈川、高座、麻溝村 無景光寺
第四區第二號 長島大道
神奈川、足柄下、小田原町 福田寺
第四區第三號 佐藤明觀
茨城、久慈、太田町 淨光寺
第五區第一號 古川察輪
茨城、結城、結城町 常光寺
第五區第二號 中村敬亮
栃木、佐野町 涅槃寺
第六區 吉田察英
埼玉、入間、名細村 常樂寺
第七區第一號 米山大讓
群馬、桐生、西久米町 青蓮寺


頁七五
第七區第二號 本間亮海
甲府市太田町 一蓮寺
第八區第一號 星徹定
靜岡、三島町 西福寺
第八區第二號 矢弓眞善
靜岡、靜岡、丸山町 安西寺
第八區第三號 藤澤智善
靜岡、磐田、池田村 行興寺
第八區第四號 川口仁定
愛知、矢作町 光明寺
第九區 西田法輪
福井、武生町 稱名寺
第十區 山田惠照
滋賀、伊香、木本町 淨信寺
第十一區 木本學禪
福島、三春町 法藏寺
第十二區第一號 多田顯壽
山形市七日町 光明寺
第十二區第二號 河野快眞
仙臺、新寺小路 阿彌陀寺
第十三區第一號 河野澄學
岩手、稗貫、湯口村 常樂寺
第十三區第二號 寶池立善
新潟、中魚沼、十日町 來迎寺
第十四區 河野文乘
尾道市久保町 海德寺
第十五區第一號 高尾察玄
島根、安來町 向陽寺
第十五區第二號 加藤實法
福岡市馬出町
第十六區 河野智光
滋賀、坂田、息鄉村 蓮華寺
第十七區第一事務分所 佐原窿應
栃木、下都賀、野木村 光明寺
第十八區第二事務分所 榊原辨達
山形、東村山、大鄉村 向谷寺
第十九區第三事務分所 西崎了惠
總本山清淨光寺
住職 桑畑靜善

融通念佛宗
管長 大僧正 山上戒全
宗務長 中僧都 尾崎全明
總務課長 權大僧都 森田桂誠
法務課長(兼)教學課長 全中僧都 仲角晴山
會計課長 權大僧都 楳園良瑞
宗務助員 權少僧都 山岡幸義
同 權大僧都 山崎仁讓
出張所長(囑託)高木教順
教區事務所並教區長
堺市綾ノ町、西二丁 來迎寺
第一 大僧都 黃塚慈鶴
中河內、牧岡村、豐浦 淨國寺
第二 少僧都 伊藤義譽
南河內、川西村、竹山 長福寺
第三 權大僧都 河合英隆
中河內、堅下村 法善寺、壺井寺
第四 權大僧都 森田桂巖
北河內、牧野、坂 清岸寺
第五 權中僧都 箸尾良雅
奈良、生駒、法隆寺 淨念寺
第六 權大僧都 橫田全誡
同、磯城、三輪町 心念寺
第七 權大僧都 小野聞海
同、生駒、安堵 大寶寺
第八 權大僧都 西本良顯
奈良、生駒、南生駒、西畑 道願寺
第九 權中僧都 辻本義秀
奈良、添上、大安寺 融福寺
第十 權大僧都 熊木圓海
奈良、生駒、平群、吉新 正明寺
第十一 三等準教師 勝山靈覺
奈良、山邊 西方寺
第十二 權中僧都 磯田了全


頁七六
奈良、添上、辰市、西九條 井戶寺
第十三 權中僧都 西本良誘
總本山大念佛寺
住職 大僧正 山上戒全
執事長 中僧都 尾崎全明
執事 權大僧都 森田桂誠
執事 權中僧都 仲角晴山
執事 權大僧都 楳園良瑞
執事 中僧都 山村靜圓
法務助員 權少僧都 山岡幸義
同 權大僧都 山崎仁讓
釋放者保護興仁會
會長 尾崎全明
理事 森田桂誠
參事 山崎仁讓

法相宗
管長 探題大僧正 大西良慶
執事(庶務)已講權中僧正 樋口貞俊
執事(法務)已講權中僧正 (缺員)
錄事 多川染俊
東京出張所
事務囑託 山田了然
大本山
興福寺
管主 探題大僧正 大西良慶
法隆寺
管主 探題大僧正 佐伯定胤
藥師寺 同、同、都跡村
兼務住職 探題大僧正 佐伯定胤
私立法相宗勸學院 法隆寺內
院長 探題大僧正 佐伯定胤
理事 探題權僧正 佐伯良謙
錄事 擬得業律師 東浦學猷

華嚴宗
管長 大僧正 三宅英慶
執事長(兼社會部)權僧正 鷲尾隆慶
執事(財務部)權僧正 清水公俊
同(庶務部) 權僧正 北河原公海
同(教學部法務部)大僧都 平岡明海
課員(會計) 稻垣圓清
課員(出納)堀池道貫
課員(用度)掛樋忠純
課員(社會)栗原武平
大本山東大寺
住職 大僧正 三宅英慶
華嚴宗勸學院 奈良、雜司
院長 大僧正 三宅英慶
主事 同 平岡明海

彼岸のつどひ
佛教音樂協會作

一、とこしへにわれ等の家を護ります代々の御魂を共に祭らむ
ニ、むつみあふわれ等の胸に御佛の大御力はいつも宿らむ
三、御佛の限なき慈悲に照されてすぐる月日のいかに貴き
四、榮え行われ等の家のめでたきを代々の御魂も共にめづらむ

諸行無常
佛教音樂協會作



たかねにかかるしらくもの
あはれつかのまいこふみにも
なほあめつちにみつるいのちを
たえずたのめばさながらやすし



ながれにうかぶうたかたの
あはれはかなくきゆるよにも
なほとことはののりのひかりを
きよくうつさばしやうじにすまむ



こころにゑがくまぼろしの
あはれむなしくむすぶゆめも
なほまよひぢのとゐのおくやま
いましこゆればあとなくさめむ


頁七七
各宗派宗會議員

天台宗宗會議員
叡南覺誠 神田尚順 渡邊亮深
木下寂善 櫛笥亮寶 茂渡惠寬
長尾智泉 大橋照田 橋尾實光
田中延暢 田中秀順 山村光敏
鹽入舜道 大澤亮勉 薄墨榮達
水谷教章 鈴木常觀 青山映道
奧田慈應 大泊實順 今林定俊
立松魯豪 阿見寺賢雄 柳本俊海
大久保良顯 弘海堯永 石川宥眞
青木道晃 和田靜貫 佐藤實眞

天台宗寺門派宗會議員
三浦道海 青峯良覺 石座密道
岩本光徹 大岡重實 十河俊榮
河野元覺 中川光猶 秋田厚心
座間正清 關慶芳 富澤長舜
鈴木榮光

天台宗眞盛派宗會議員
谷口義孝 簑輪觀宗 若井亮寬
森尾卽如 石山覺念 藤田堯道
田中堯允 藤田智廣 水野觀隨
北角性英 十河奉隆 武田圓信
牧野觀空 德井隆源 加藤靜香

古義眞言宗宗會議員
特選議員 眞井覺深 清瀧智龍
關榮覺 角田定海
公選議員 山本芳遵 大谷良眞
前田宥昶 山田覺初 尾山照徧
石坪哲眞 向井義觀 松尾孝順
麻生靈光 福岡琢明 林眞憲
浦上仁隆 近藤本玄 鈴木了道
石原徹猛 田口眞能 佐藤秀海
今川海嚴 松浦淋章 福島諦嚴
赤松密道 池田玉澄 黑髮教寬
山岡瑞圓 笠谷靈海

眞言宗醍醐派宗會議員
佐伯惠眼 佐竹信光 龍田宥量
林春光 田村智範 中村英毅
稻谷海瑞 仲田順海 中川清光
小林教嚴 雲峰日雷 水守明桀
白山良榮 府川密龍 橋本溪聲
細川英道

眞言宗東寺派總代會議員
鷲尾光迥 日下義禪 伊達義禪
加藤宥信 片岡憲章 高木快雅
鳥越道眼

眞言宗泉涌寺派總代表會議員
森田慈航 小林海印 小松洪賢
向井俊恭 大三輪信哉

眞言宗山階派本末協議會議員
岡本祐基 秋山海然 木村榮眞
瀧光匡 辻本維寶 淺井齊賢
前田密禪

眞言宗善通寺派本末議員
龜谷宥英 水谷智修 建林良賢
高吉清澄 大林教快

新義眞言宗智山派宗會議員
高橋隆起 中島榮知 松平實亮
荒木照定 野口照清 吉田眞也
惠美周晁 楠隆純 岡田徹雄
小島教盛 角田澄宣 桑澤宥心
榎本實範 大森眞教 金岡秀明
鷲島照盛 安藤周慶 玉瀧義秀
木村照龍 阿刀良運 中林宥專

新義眞言宗豊山派宗會議員
關澄道(議長) 網代智海 (副議長)
田中恭盛 大岡純雅 中村教信
清水義昌 大山秀顯 尾上玄盛
永井義猛 石口惠了 根本順道
川島晃阿 片岡應譽 飯塚榮山
大澤紹恭 市橋本賢 林尊實


頁七八
三品宥勝 遠藤長舜 室野井信聽
山口元瑩 酒井隆山 蒼森龍法
岡森榮眞 光田仁章 野路井教海
常盤快雅

眞言律宗宗會議員
特選議員 駒岡慧證 中野堅照
坂上津榮
公選議員 金田元成 喜多乘圓
佐伯寶龍 高島眞雄 瀨木俊明
植村尊龍 佐伯快龍

律宗宗會議員
北浦明觀 岡本靜心 森本孝順
松浦融海 西村澄道

淨土宗宗會議員
岡本貫玉 中谷在禪(議長) 里見達雄
中村廣道 漆昌賢 鈴木在念
伊藤法龍 野村在定 田中智肇
小林隆雄 野口周善 佐藤瑞明
日野祥雄 楠美龍祥 橫井徹山
宮下靈隨 佐藤善肇 黑川顯苗
中村辨康 淺野辨眞 黑野了運
藤田立信 豐岡博道 渡邊教淳
森眞靜 鹽竈義清 鹽竈義詮
江藤澂英 郁芳隨潤 松尾玄澄
柴田玄鳳 藤野立本 乾順澄
橫井信道 三枝樹貫道 野島宣道
石橋圓廣 神谷秀瑞 矢口圓海
揚井執眞 吉武堯爾 筑場義定
大木靈道 小田信嚴 立川圓月
小川徹龍 久家慈光 南澤善立

淨土宗西山禪林寺派宗會議員
源德明 山田觀岳 高木眞光
水野實雄 倉橋旭靜 太田瞻誠
水谷亮諫 若園善成 青木善哲
高橋泰岳 喜始明道 岩尾景明
井上瑞禮 渡邊朴全 御藤忍良
笹尾祥海

淨土宗西山光明寺派宗會議員
前田徹定 馬居瑞祥 春名孝瑞
柳浦精一 齊良範 丸谷諦俊
薄律山 漢喜法 深水俊冏
水崎仰選 岡本善隆 若宮秀禪
畑崎覺定 秋月俊瑞 大籔學誠

淨土宗西山深草派宗會議員
板倉良海(議長) 平井隆寶(副議長)
鵜飼然道 伊藤瑞道 小島亮光
手島謙瑞 山西俊榮 筒井玄隆
稻吉義盛 佐伯順法 富永慶逸
渡邊觀亮 井川隆逸 中村孝翁

臨濟宗天龍寺派宗會議員
島見默宗 宮裡紀堂 長岡文海
細川道一 坂本大痴 今村文教
竹岡祖祐 佐竹龍洲 須谷昭玄
森角宗柏 金澤玄淋

臨濟宗相國寺派參事會員
日種讓山 近藤義詮 牧野忍宗
丹羽恭山 大津櫪堂 安達易堂
一瀨惠舜 平尾宗貫 原島文昌
伊藤惠聰

臨濟宗建仁寺派宗會議員
瑞岳惟陶 眞神淨遠 三ケ尻覺州
大塚宗輔 中村恭祐 木村玄能
北村龍淵 武田大應 心山義繁

臨濟宗南禪寺派宗會議員
樂々露山 佐藤惠明 村山天球
湖海玄昌 畠山宗欽 深貝文郁
碓井承秀 林山太空 小森慶深
古賀默傳 副島自範 高橋良道
綾部玄道 河相大徹 富岡俊道
細見祖英

臨濟宗妙心寺派宗會議員
後藤棲道(議長) 圓山方嶽(副議長)
大神最洲 小倉宏船 和久中恪
高橋南洲 畠山竺元 鷲尾祖鳳
臺宜鳳 渡邊弘音 原雍明


頁七九
河野玄要 安食宗贇 森山彰宗
石川清見 須原秀文 寺島俊巖
相澤宗復 堀宗一 東海正守
岡部祖雍 高田嘉應 大川柏巖
竹中玄徹 安田無染 鷲見紹隆
笹尾智法 楠惠勝 山本完道
大橋禪寔

臨濟宗建長寺派宗會議員
內田元讓 菅原東丘 山口春岳
齋藤金繩 小澤養光 日種祐邦
小澤秀蘭 宮田東珉 奈良覺誓
平田眞道 福岡碩應 鎌田玄猷
小鳥居古應 永瀨積道 木村慈船
齋藤義昌 早川寬邦 富永道廓
本田禪徹 沖文英 小澤宗重
山中廣琔 小菅光倫 岩田銓光
中山易誠 川上誠宗 山本元照
長谷不徹

臨濟宗東福寺派宗會議員
爾圭瑞 岡根守堅 國安泰嶺
田宮琢堂 清水玄俊 水谷文外
中西楚榮 大石諒叔 大井洞雲
丹羽春海 字草德洲 石丸南齡
三井陽山 有松靈峰 柳井惠篤
泉精文 池永禪誠 平兮土德
大塚宗信

臨濟宗大德寺派宗會議員
上坂天慧 森山歡溪 玉井澤洲
戶上柏宗 江口玄亮 今井宗恭
廣瀨壽山 田谷南柯 河村宗寔
長尾宗觀 秋吉硯雲 小田棲雲
瓜生無庵 松永賢韜

臨濟宗圓覺寺派宗會議員
朝比奈宗源 中西大玄 宇野唐穎
關瀨潑 中島研山 三橋紹圓
巢山正欣 長田節道 平林貫道
金嶽良孝 中村物外

臨濟宗永源寺派宗會議員
伊藤越道 小野宗音 室田文應
山田義德 尾關宗賢 納富慶深
壽福龍道 木津和雄峯 清堅洲
黑田文昌

臨濟宗方廣寺派宗會議員
岩田全要 小楠實翁 大崎宗純
南谷宗謙 補泉宣敬 加藤崐山
細川兮山 今枝文永 高田自祥
關宗半 吉田荊道 中島宗一
法山高道 山田義顯 矢島宗龍

臨濟宗佛通寺派宗會議員
藤井宗昌 照峯馨山 岡田祖格
羽田野共道 宮野宜詮 太田南谷
錦織儀鳳 服部宜啟 桂等義
曾根警岩 岡田實道

臨濟宗國泰寺派宗會議員
佐竹大明 上野文國 圓山宜嶽
梅谷香川 般林洪川 中川了眞

臨濟宗向嶽寺派宗會議員
雨宮鐵翁 伊神昌山 角田文啟
伊神文郁 岩田宗保 窪川無隱
高橋豐洲 大崎浩養 森山森洲
宮本玄透 荻須無一 山角積善
竹島堯洲 早矢仕耕庵 石馬研學

曹洞宗宗會議員
特選議員 玉置廣道 庄司隆圖
阿部法猷 菊地眞龍 伊藤戒芳
小倉俊丈 杉崗清道 原曉堂
金澤文雄 山田奕鳳 乙川文獅
中西宏道 沖津大象 河合眞英
長谷川孝善 近藤輪如
公選議員 野口蓮生 鈴木孝順
平賢孝 山本大全 小塚宗憲
清泉眞龍 加藤道順 山下哲丈
武田信雄 渡邊畫仙 宮坂喆宗
水野玄秀 兒玉獅賢 平松月洲
小松原國乘 西村元信 花井嶺松


頁八〇
日比正麟 阪野眞祐 奧村洞麟
高田良三 岡田友豐 長田曉玄
中村雲超 門脇探玄 阿部天海
伊藤梅雄 谷口虎山 梅田隆全
清水文雄 東野玉尖 清水慈船
田中義猷 西鄉道白 吉井義道
鈴木仙苗 長澤孝全 後藤勇禪
矢荻賢宗 谷山了玄 清水孝詮
大道英仙 岩井孝溫 大石堅童
高松魁學 壽上金光 田宮嶷堂
武井周峰 多田野道準 伊東泰邦
安田正道 香川瑞鳳

黃檗宗宗會議員
花岩義堂 龜川興輝 近藤清寧
宮脇千丈 仁來邊春耕 森嶺又玄
深山大輪 四海達道 岡田桂岳
奧田榮惠 木山琢道 岡島禪晃
福山朝丸 阪田龍潭 盛井未了
石田松榮 山吉玄翁 足立義光
西河寶山 山本悟玄 藥師寺藤樹
武藤寶山 鷲峯龍水 堀木卓雨
脇阪義勝 朝比奈信康

眞宗本願寺派集會會衆
 特選會衆 須原淨眞 三松永成
轉法輪公美 藤音晃超 拓植信秀
小野經龍 岡田海乘 河野普現
花田凌雲 原田了哲 藤井玄瀛
後藤澄心 河名識雄 六雄瑞慶
井上德命
 總代會衆 石田慶封 岡部宗城
藤本有教 佐竹大雄 本多惠隆
崇島良忠 龍島祐天 林嶺信
寺野宗欣 堀賢雄 越野定顯
眞門道嚴 前田德水 本多周山
巖根義準 赤松慈恩 芝原玄超
福永俊良 北條宗允 谷治達映
宇野本空 芳瀧智銈 北岡順了
橘覺信 津村雅量 芳瀧智導
和田實儀 斯波隨性 楠藏也
豐原堅明 今里游玄 小島秀哲
長尾雲龍 田坂利行 朝枝不朽
朝枝誓實 下間教證 藤野哲雄
松原達藏 後藤環爾 田丸道忍
井上叩端 筑紫文基 千葉康之
內田晃融 佐々木正熙 末廣唯信
能令實圓

眞宗大谷派宗議會議員
大垣圓了(議長) 岩倉惠□=[宣+見=caw034-04](副議長)
松本雪城 河邊賢雄 甲良德雄
松村賢隆 稻葉教山 花原淨山
江村速雄 藤波大圓 長谷得靜
高月敬丸 田中現捷 清秀圓
武田祐言 比叡義國 內記亮也
長崎教照 藤原亮快 千葉篤順
鷲惠證 一柳知成 瀨邊信教
石川了整 杉浦徹邊 和田稔
為鄉世淳 安藤嶺丸 服部開運
進藤龍玄 三浦祐智 穴水義鎧
三森實言 金正解 山崎隆英
大瀧龐竈 丸寶良行 田宮宗城
鷲尾忠孝 金村憲三 藤裔常倫
瀧澤宓 末森法慶 吉塚積雄
蓮池外進 常本照憲 熊谷心學
梅原嚴矣 糺地智寬 富樫石溪
春日慶緣 蓑輪秀華 五百井泯雄
湯朝觀良 菊池敏彥 三角見龍
大津山了應 村上鐵眼 藤谷尋道
加藤實

眞宗高田派宗議會議員
恆河天龍 多賀淳 高志一成
藤高貞雄 佐藤慶巖 藤井秀光
小倉得善 誓山信曉 鷹田豐丸
暮澤定雄 栗山純 柳寶淨
土屋寶珠 畑英揚 武田眞孝
佐藤正教 佐々木智海 愛洲祐亮


頁八一
的屋智光

眞宗興正派圓頓參議會員
赤澤靜海(議長) 堀照俊(副議長)
黑田唯正 田宮宗淳 大熊勝貞
井原正雄 高橋淨照 桑山專號
辻憲雄 青樹昌榮 占部順寧
藤井正念 藤井澄清 穴吹義海
藤田光之 綾浩然 馬屋原惠達
青樹波水 越智宣雄 片岡正凱
三原憲照 今泉俊英 綾義照
園清海 橘德雄 三村秀圓
佐々木亮榮 藤井義顯

眞宗佛光寺派本山議會員
奧博仁 山本惠勝 藤園光閣
富永顯道 藤谷宗圓 野瀨玄猷
藤下宗誠 大仰秀賢 竹川秀道
遠上圓仁 川端龍範 松下淨雲
富士谷證道 善運法住 菊地孝詮
廣澤憲證 佐々木淨道 八木文雄

眞宗山元派宗會議員
藤堂智順 高帛淨泰 法水秀岳
松永說默 法水誠運 嶺山秀山
佛木道詮 法水智教 石黑源七
吉田三郎 松原左衛門 岩崎豐作
齋藤三良兵衞 石黑右衛門 山本勘右衛門
岩壁善助

眞宗誠照寺派代議者
朝倉惠開 波多野源流 稻田晃盛
長田正教 織田源應 大梧諦空
安野源智 波多野源乘 本多源龍
北野源雄

眞宗三門徒派派會議員
月澤鎮丸 福田乘諱 島津實峰
照林實源 黑田真空 松永良雄
城崎江千代

日蓮宗宗會議員
 一級議員 神代智明 松下貞通
香取珖惠 布施日健 高田日雅
堀內潮清 中込寬量 小野日熹
增田海圓 三浦顯孝
 二級議員 深川觀察 野村能忍
中臣泰純 宮崎玄養 宇根海辨
原智溫 中野學園 小林本明
畑榮明 山本顯秀
山田潮進 松井日景 肉倉寶運
石川謙靜 山本日偉 片野玄貞
田中謙周 伊藤海聞 戶村慈精
栗原教和 志村玄誓 松井鍊靜
秋山智照 泉堯海 玉谷堯海
伊藤如音 金森隨善 關厚勇
 特選議員 山田一英 宇都宮日綱
島田勝存

日蓮正宗宗會議員
下山廣健 下山廣琳 井上慈善
福重照平 松本諦雄 松永行道
水谷秀圓 相馬文覺 櫻井仁道
大石興道 早瀨慈雄 宮本義道

顯本法華宗宗會議員
今成日誓 清水一乘 野老乾一
森川泰修 京藤義應 山本通辨
橫山日哲 吉永日洋 兒玉日見
渡邊義準 黑須無外 金光孝碩
成島日衞 海老澤乾樹 宮川日佑
中田景叔

本門法華宗宗會議員
大場泰嶽 松永良應 眞鍋日富
杉本義尚 大久保日康 蓮池完靜
伊達清徹 古川日完 梶本清純
鎌廣普翁 信隆日通 市島日事
金森清了 露崎日豪 三浦精翁
貫名泰俊 小西熹紹 田中日壽
正法泰琢 豊田日珖 藤景日將
佐々木孝良 仲野智諒

本妙法華宗宗會議員
松井勇學 足立眞然 林了聰


頁八二
加藤唯敬 齋藤圓海 嶼日長
龍泉宗惠 長谷川眞聰 藤井覺常
山田智顯 三村信誠 田中日城
法谷日泉

融通念佛宗宗會議員
今大路慈圓 安岡良戒 橋本正雄
栗山慈全 寺內奉道 戶田浤圓
竹岡芳雄 芳村良詮 村田瑞澄
前田泰音 山田憲靜 增田仙學
奧野良鎧 川島得隆 西尾慈貫
伊藤義龍 金森良勝 阿波谷道雄
倍巖良瑞 清原良聞 瀨川良巍
礒田亮義 西本憲亮 大東良清
堀內貫誠 伊藤榮智 正野得明
 特選議員 辻本義通 西洞院時雄
夏野義教 清原義歡 塩野泰隆

時宗宗會議員
大本山議員 佐原窿應 長島大道
柴田智道
 特選議員 河野文敬 高木教順
星徹定 水島隨順 秋庭正道
 公選議員 今井宗一 小泉淨惠
梅谷徹正 林義善 中村敬亮
桑原善教 吉田龍海 桑田龍音
西川傳承 山田惠照 岩田廓然
寺島察道 寶池立善 河野文乘
河野惠良 河野智光 石川隆道
峰崎了純 小笠原敬榮

法相宗宗會議員
佐伯良謙 板橋良玄 橋本凝胤
吉田覺胤 中村雅眞 細谷法鎧
辰巳楢太郎 戶尾善衛門

華嚴宗宗會議員
稻垣晋清 筒井英俊 雲井春海
平岡明海 上司永普 北河原公海
狹川明俊

日蓮宗不受不施講門派宗會議員
木山覺治 井上節夫 向井紀一
蜂谷靜太 和氣政次 武本清三郎
岸啟太郎 田淵磯次郎 江田繁太郎
矢津磯吉 後藤二郎 松尾貞次郎
橫山日省 岡村學明 大崎泰弘

出雲路派本山宗會議員
菅原正壽 平淨俊 畑門部
小泉宗一 友金重任 清水靈瑞
藤法眞教 藤原龍士

本門宗宗會議員
本間俊明 足立日城 青木宣如
旭重臣 矢田日亮 原智承
神田眞道 原田體玄 吉田海善
河瀨道承 保田義辨 竹部日正
井上日光 石井日省 稻葉日悟

法華宗宗會議員
田邊日孝 橫山日雲 石川日全
西山日膽 田邊日淨 飯田諦英
笹原宗玄 宮口領運 荒井全曉
山田觀英 羽佐町教宣 駒形隆圓
高野義明 小林存行 水本卓堂

佛さま (兒童用)
豐橋市 山田靜



のんのののさま佛さま
わたしの好きな母さまの
お胸のやうにやんわりと
だかれてみたい佛さま



のんのののさま佛さま
わたしの好きな父さまの
おててのやうにしつかりと
すがつてみたい佛さま


お燈明あげて香焚いて
じつと拜めばきらきらと
金の後光も光ります
のんのののさま佛さま


頁八三
朝鮮三十一本山

威鳳寺 〇全羅北道全州郡所陽面。
永明寺 〇平安南道平壤府。
海印寺 〇慶尚南道陜川郡伽倻面。
歸州寺 〇咸興南道咸興郡北州東面。
祇林寺 〇慶尚北道慶州郡陽北面。
銀海寺 〇慶尚北道永仙郡清通面。
華嚴寺 〇全羅南道求禮郡馬山面。
月精寺 〇江原道平昌郡珍富面。
乾鳳寺 〇江原道高城郡悟垈面。
孤雲寺 〇慶尚北道義城郡丹村面。
金龍寺 〇慶尚北道聞慶郡山北面。
釋王寺 〇咸鏡南道安邊郡文山面。
松廣寺 〇全羅南道順天郡松廣面。
成佛寺 〇黃海道黃州郡州南面。
仙巖寺 〇全羅南道順天郡雙岩面。
大興寺 〇全羅南道海南郡三山面。
通度寺 〇慶尚南道梁山郡下地面。
傳燈寺 〇京畿道江華郡吉祥面。
桐華寺 〇慶尚北道達成郡公山面。
貝葉寺 〇黃海道信川郡文武面。
白羊寺 〇全羅南道長城郡北下面。
普賢寺 〇平安北道寧邊郡北薪峴面。
奉恩寺 〇京畿道廣州郡彥州面。
法興寺 〇平安南道平原郡平原面。
法住寺 〇忠清北道報恩郡俗離面。
奉先寺 〇京畿道楊州郡榛接面。
寶石寺 〇全羅北道錦山郡南二面。
梵魚寺 〇慶尚南道東華郡北面。
麻谷寺 〇忠清南道公州郡寺谷面。
榆岵寺 〇江原道高城郡西面。
龍珠寺 〇京畿道水原郡安龍面。

佛教聯合會
本部 東京市芝區芝公園八ノ二 電(芝二八七〇番)
出張所 京都市東山區清水寺內 電(下二三九番)

一、規則
第一條 本會ハ佛教聯合會ト稱シ本部ヲ東京ニ出張所ヲ京都ニ置ク
第二條 本會ハ各宗派管長及宗務ノ要職ヲ以テ組織ス
第三條 本會ハ管長及宗務要職者間ノ親睦ヲ敦クシテ各宗派共通ノ事項ヲ審議處辨スルヲ以テ目的トス
第四條 本會ニ左ノ役員ヲ置ク
幹事 十二名
主事 一名
書記 若干名
必要ニ依リ顧問及囑託ヲ置クコトヲ得
第五條 幹事ハ左ノ振合ニ依リ各宗派ヨリ之ヲ選出
但シ數宗派聯合ノモノアリテハ其組合內宗教ノ協定ニ依リ幹事ヲ選出
天台宗 一人
同 寺門派
同 眞盛派
古義眞言宗 一人
眞言宗東寺派
同 醍醐派
同 山階派
同 泉涌寺派
同 小野派


頁八四
新義眞言宗智山派 一人
同 豐山派 一人
臨濟宗妙心寺派 一人
同 建長寺派
同 南禪寺派
同 東福寺派
同 圓覺寺派
同 方廣寺派
同 大德寺派
同 永源寺派
同 天龍寺派
同 相國寺派
同 建仁寺派
同 向嶽寺派
同 佛通寺派
同 國泰寺派
黃檗宗
曹洞宗 一人
淨土宗 一人
眞言本願寺派 二人
同 大谷派 一人
同 高田派 一人
同 佛光寺派
同 興正派
同 木邊派
同 誠照寺派
同 出雲路派
同 三門教派
同 山元派
淨土宗西山光明寺派 一人
同 禪林寺派
同 深草派
時宗
融通念佛宗
眞言律宗
律宗
法相宗
華嚴宗
日蓮宗 一人
顯本法華宗
本門宗
法華宗
本妙法華宗
日蓮正宗
日蓮宗不受不施派
同 不受不施講門派
主事 其他ノ職員ハ幹事會ニ於テ之ヲ選任ス
第六條 幹事ハ本會ヲ代表シ會務一切ノ責ニ任ス
主事ハ幹事會ノ命ニ依リ事務ヲ管掌ス書記ハ上長ノ命ヲ受ケ庶務ニ從事スルモノトス
第七條 評議員會ハ各宗派ヨリ選出シタル評議會ヲ以テ組織ス 各宗ニヨリ選出スル評議員ノ數ハ一宗ニ一人トス 但シ所屬寺院一千餘寺ヲ超ユル宗派ニアリテハ二千箇寺ヲ增ス每ニ一人ノ評議員ヲ加フルコトヲ得
第八條 本會ニ支部ヲ置ク 支部ハ各府縣ニ設置シ之ニ關スル規定ハ別ニ定ム
第九條 本會ノ經費ハ評議員會ニ於テ其ノ豫算ヲ定メ左ノ割合ニ依リ各宗派ヨリ之ヲ徵收ス 但シ臨時費ニ限リ管長割ト寺數割ノ比例ハ評議員會ノ決議ニ依リ適宜變更スルコトヲ得
一、管長制 十分ノ二
二、寺數割 十分ノ八
第十條 本會ノ幹事及評議員ハ無報酬トス 但シ事件ニ依リ旅費又ハ其ノ他ノ費用ヲ支給スルコトアルベシ


頁八五
第十一條 此ノ會則施行ニ關シ必要ノ規定ハ幹事ニ於テ別ニ之ヲ定ム

附則
第一條 此ノ會則ハ幹事ノ提案ニヨリ評議員會ノ議決ヲ經ルニアラサレハ之カ改更ヲ為スコトヲ得ス
第二條 此ノ會則昭和三年一月一日ヲリ施行ス

二、會則施行規定
第一條 幹事ノ互選ニ依リ常務幹事三名ヲ置キ幹事會ヲ代表シテ會務ヲ執行セシム
第二條 常務幹事ハ一ケ年主事ハ二ケ年ヲ以テ任期トス
第三條 幹事會ハ每月一回之ヲ開キ常務幹事ニ於テ必要ト認ムル場合隨時之ヲ開ク
第四條 評議員ハ各宗派管長ニ於テ之ヲ選任シ本部ニ屆出ツルモノトス
第五條 評議員會ノ開會期日、會場、議題ハ幹事會ニ於テ之ヲ定メ開會期日十五日前ニ各宗派ヘ通牒スヘシ 但シ緊急必要ト認ムル場合ハ開會通牒ノ期日ヲ短縮スルコトヲ得
第六條 評議員會ヲ開會スルノ必要ヲ認ムルモ之ヲ開會スルコト能ハサル相當ノ理由アル場合ハ文書ヲ以テ評議員ニ諮リ其ノ賛否ハ之ヲ評議員會ノ決議ト認ムルコトヲ得 但シ此ノ事項ハ次期ノ評議員會ヘ報告スヘシ
第七條 本會ハ專任職員並ニ書記ニハ手當ヲ支給スヘシ

三、會計規程
第一條 本會ノ會計ハ豫算ヲ以テ之ヲ定ム 豫算ハ欵項目ニ分ヲ每年評議員會ノ議決ヲ經ヘシ
第二條 歲入ヲ管長割寺數割ノ二種トシ每年一月之ヲ本部ニ徵收ス
第三條 決算ハ翌年二月迄ニ之ヲ終了シ次期ノ評議員會ニ之ヲ提出
第四條 決算剩餘金ハ次ノ年度ノ歲入ニ繰入ルヘシ
第五條 歲出ノ各欵ハ彼此流用スルコトヲ得ス
第六條 歲出豫算ニ豫備費ヲ置キ項目金額ノ不足並ニ項目以外ノ臨時支出ニ充ツ 豫備費ノ支出ハ本部並ニ出張所幹事會ノ決議ヲ經ス
第七條 本部出張所ノ常務幹事ハ現金採管並ニ收支一切ノ責ニ任ス
第八條 年度代前ニ評議員會ヲ開會スル能ハス若クハ止ムヲ得サル事故ニ依リ豫算ヲ決議セサルトキハ前年度ノ豫算ヲ踏襲シ次ノ評議員會ノ承認ヲ經ヘシ

四、支部設置規程
第一條 支部ハ本會ノ趣旨ニ基キ地方ニ於ケル各宗派寺院ノ協調親睦ヲ圖リ共通ノ事項ヲ審議處辨スルヲ以テ目的トス 但シ地方事情ニ依リ一般ノ教化、社會事業ヲ行フコトヲ得
第二條 支部ハ一市若クハ一郡ヲ區域トシテ之ヲ設置ス 但地方ノ機宜ニ依リ衆議院議員選舉區ヲ標準トシテ隣接ノ數市郡聯合シテ設置スルコトヲ得
第三條 本部ハ支部ニ對シ寺院數並ニ事業ノ成績ヲ考查シ豫算ノ範圍ニ於テ若干ノ補助ヲ為スモノス


頁八六
第四條 本部ハ支部ノ要求ニ依リ政教關係ノ調查及ヒ中央官衙トノ交涉ノ任ニ當ル
第五條 地方ニ於ケル各宗協同ノ旣設團體ニシテ本規程第一條第二條ニ該當スルモノハ之ヲ支部ト見做スコトヲ得
第六條 支部規約ハ地方ノ適宜ニ之ヲ制定シテ本部ニ屈出ツヘシ
第七條 支部職員ハ支部ノ希望ニ依リ本部ヨリ任免ノ辭令ヲ交付スルコトヲ得

五、府縣支部規則
第一條 本支部ハ佛教聯合會何々府縣〇〇(地方名又ハ同府縣內ニ二以上アル時ハ第一第二と冠ス)支部(以下單ニ支部と稱ス)ト稱ス
第二條 支部ハ常ニ本部ト聯絡協調シテ支部區域內ニ於テ各宗派寺院ノ共通事項ヲ審議處辨スルモノトス
第三條 支部事務所ハ何々縣何々市何々町ニ置ク
第四條 支部ハ何々郡市區域內寺院ヲ以テ組織ス
第五條 支部ニ理事〇〇〇名ヲ置キ支部ノ事務一切ノ責ニ任セシム 理事會ハ常務理事ニ於テ必要ヲ認メタルトキ若クハ理事三名以上ノ請求アリタルトキ之ヲ開會ス
第六條 理事ハ支部區域內各宗派寺院數ニヨリ其員數ヲ定メ地方宗務職員若クハ寺院住職者中ヨリ選任ス
第七條 支部ハ常務理事二人ヲ置キ庶務會計ノ常務ニ從事セシム 常務理事ハ理事ノ互選ニ依リ選出シ其ノ任期〇箇年トス
第八條 支部ハ理事會ニ於テ必要ヲ認メタルトキ若ク區域內寺院五分ノ一以上ノ要求アルトキハ寺院總會ヲ開クモノトス
第九條 支部經費ハ區域內寺院住職者ノ負擔トシ其ノ徵收率ハ每年豫算ニ依リ理事會ノ決議ヲ以テ定ム
第十條 理事ハ無報酬トス 但旅費其ノ他ノ實費ハ支給スルコトアルへシ
第十一條 常務理事ハ每年一回事業並會計ニ關シ報告書ヲ作リ理事會ノ承認ヲ經テ寺院一般ニ公表シ且ツ之ヲ本部ニ提出スルモノトス
第十二條 此ノ規則施行ニ關シ必要ノ細則ハ理事會ニ於テ別ニ之ヲ定ム

附則
第一條 此ノ規則ノ改正變更ハ理事會ノ議決ニ依リ之ヲ行フ
第二條 此ノ規則ハ昭和年月日ヨリ之ヲ施行ス

六、佛教聯合會職員(昭和五年十月現在)
天台宗各派代表
天台宗總務 幹事 壬生雄舜
古義眞言宗眞言各派代表
古義眞言宗大覺寺執事長 幹事 谷內清巖
新義眞言宗智山派代表
同派宗務長代表 幹事 平幡照法
同豐山派代表
同派宗務長 幹事 市橋覺俊
淨土宗代表
同宗執綱 常務幹事 渡邊海旭
臨濟宗各派黃檗宗代表
妙心寺派執事長 幹事 後藤亮一
曹洞宗代表
同宗總務 常務幹事 祥雲晚成
眞宗本願寺派代表
同派執行長 幹事 後藤環爾
眞宗大谷派代表


頁八七
常務幹事 阿部惠水
眞宗各派代表
興正派總務 幹事 蓮井良隨
西山各派時宗融通念佛宗南都各派代表
法相宗管長 幹事 大西良慶
日蓮宗各派代表
望月日謙
本部主事(兼)調查部主任 平賢孝
囑託 服部賢成
調查部囑託 武內紫明
本部書記 宮澤無極
同 安西覺永

七、評議員
宗派 氏名
天台宗 石川光祐
同 菅野教純
同 寺門派 三浦道海
同 眞盛派 三田村圓海
古義眞言宗 瀨川大憲
同 土師原穆秀
同 眞西通範
眞言宗醍醐派 岡田戒玉
同 東寺派 西宮觀瑞
同 泉涌寺派 椋本教尊
同 山階派 田村智範
同 小野派 龜谷宥英
新義眞言宗智山派 芙蓉淨淳
同 倉持秀峰
同 豊山派 佐々木教純
同 荒木良仙
眞言律宗 佐伯寶龍
律宗 北川行戒
淨土宗 原田靈道
同 小林圓達
同 岡本貫玉
同 福原隆成
同 西山禪林寺派 藤原齡教
同 西山光明寺派 田村歡陽
同 西山深草派 辻村輪勇
臨濟宗天龍寺派 村上獨潭
同 相國寺派 山田荆州
同 建仁寺派 藤木實秀
同 南禪寺派 岩本光禪
同 妙心寺派 朝日義諦
同 魚住松巖
同 建長寺派 近藤元亨
同 東福寺派 吉田清拙
同 大德寺派 渡邊鴻園
同 圓覺寺派 佐藤虎丘
同 永源寺派 西堀宜整
同 方廣寺派 宮田正雄
同 佛通寺派 藤原楊州
同 國泰寺派 奧村實堂
同 向嶽寺派 雨宮鐵翁
曹洞宗 上野舜顯
同 祥雲晚成
同 保坂眞哉
同 嶽岡悅安
同 山本富賢
同 織田活道
黃檗宗 阪田金龍
眞宗本願寺派 千葉康之
同 斯波隨性
同 花田凌雲
同 市田勝道
同 岡部宗城
同 大谷派 大谷瑩誠
同 阿部惠水
同 下間空教
同 小江榮慶
同 高田派 加藤忍凰
同 興正派 青樹波水
同 佛光寺派 奧博愛
同 出雲路派 小泉宗一


頁八八
眞宗木邊派 辻圓證
同 山元派 藤堂智順
同 誠照寺派 波多野源流
同 三門徒派 林得應
日蓮宗 望月日謙
同 增田海圓
顯本法華宗 山岡日紹
本門宗 富谷日震
本門法華宗 三吉顯隆
法華宗 岡田日淳
本妙法華宗 釋眞誓
日蓮正宗 阿部法運
日蓮宗不受不施派 花房日秀
日蓮宗不受不施講門派 橫山耐琳
融通念佛宗 本靈禪山
時宗 秋庭正道
法相宗 佐伯良謙
華嚴宗 鷲尾隆慶

八、宗教制度調查委員會
天台宗 政、聯 大森亮順
古義眞言宗 聯 蓮生觀善
新義眞言宗智山派 聯 平幡照法
同 豊山派 政、聯 荒山良仙
臨濟宗 政、聯 高林玄寶
曹洞宗 政 祥雲晚成
同 聯 上野舜穎
淨土宗 政、聯 窪川旭丈
眞宗本願寺派 政 後藤環爾
同 政、聯 花田凌雲
眞宗大谷派 聯 (缺員)
眞宗各派 聯 木邊孝慈
淨土宗西山各派時宗融通念佛南部各派 聯 大西良慶
日蓮宗各派 政 望月日謙
同 聯 增田海圓
(政)ハ政府任命ノ委員(聯)ハ佛教聯合會ノ委員

九、府縣支部
東京府支部(東京佛教護國團)神田區一ツ橋通 中央佛教會館
神奈川縣支部 橫濱市北方町 善行寺
埼玉縣支部 埼玉縣大宮町 東光寺
群馬縣支部 前橋市立川町 妙安寺
栃木縣支部 宇都宮市東高田町 成高寺
茨城縣支部 水戶市上市 神崎寺
千葉縣支部 千葉市 智光院
山梨縣支部 甲府市若松町 信立寺
靜岡縣支部 靜岡市下魚町 寶臺院
愛知縣支部 名古屋市中區門前町 天寧寺
三重縣支部 津市寺町 彰見寺
岐阜縣支部 岐阜市小熊町 大谷派岐阜別院
滋賀縣支部 大津市 園城寺
京都府支部 京都市上京區大宮頭二階町 西法寺
大阪府支部 大阪市東區本町四丁目 本願寺派別院
奈良縣別院 奈良市登大路町 興福寺
和歌山縣支部 和歌山市鷺森 本願寺派別院
兵庫縣支部 神戶市兵庫大佛 能福寺
岡山縣支部 岡山市小橋町 國清寺
山口縣支部 山口市大正通 本願寺派教務所
鳥取縣支部 鳥取市新品治町 善久寺
島根縣支部 松江市雜賀町 本願寺派教務所
廣島縣支部 廣島市 本願寺派別院
愛媛縣支部 松山市 六角堂
德島縣支部 德島市寺町 常慶寺
高知縣支部 高知市追手町筋 本願寺派別院
福岡縣支部 福岡市渡邊通五丁目 本願寺派教務所
大分縣支部 別府市 海門寺
長崎縣支部 長崎市大村町 本經寺
佐世保支部 佐世保市元町 教法寺
佐賀縣支部 佐賀市高木町 願正寺
熊本縣支部 熊本市六間町 專光寺
宮崎縣支部 宮崎市 安樂寺
鹿兒島縣支部 鹿兒島市東千石町 本願寺派別院


頁八九
沖繩縣支部 那霸市西新町三丁目 眞教寺
石川縣支部 金澤市橫安江町 大谷派別院
富山縣支部 富山市總曲輪町 本願寺派別院
佐渡支部 新潟縣佐渡郡新穗村 善光寺
新潟縣支部 新潟縣南蒲原郡三條町 大谷派別院
長野縣支部 長野市元善町 大本願內
福島縣支部 福島市舟場町 長樂寺
宮城縣支部 仙臺市南鍛冶町 泰心院
岩手縣支部 岩手縣和賀郡黑澤尼町 染黑寺
山形縣支部 山形市鐵砲町 勝因寺
秋田縣支部 秋田市西根小屋 大谷派教務所
青森縣支部 弘前市西茂森町 常源寺
會津支部 若松市馬場名子屋町 福證寺
武生支部 福井縣武生町 龍泉寺
樺太支部 樺太大泊楠溪町 本願寺派別院
名西支部 德島縣名西郡石井町 童學寺

文部省宗教事務職員(昭和五年九月調查)
文部省 東京、麴町、元衛、一ノ一 電(丸ノ内28 一四、一五、四三、四四 代表番號三四一)
大臣 從三、勳二 田中隆三
政務次官 正五、勳三 野村嘉六
次官 從四、勳三 中川健藏
參與官 正五、勳四 大麻唯男

大臣官房
秘書課長 從五 菊池豐三郎
秘書官 從五 猪股謙二郎
文書課長 從五、從六 菊澤秀麿

宗教局
局長 正五、從三 西山政猪
書記官 從五 松尾長造
事務官 有光次郎
書記官(兼)小笠原豐光
抜師 正六 阪谷良之進
國寶鑑查官 從六 藤懸靜也
宗務課長 書記官 松尾長造
屬 正七、勳七 植田賢太郎
同 池田傳治
同(兼) 阿部廣吉
同 川村精治
同 檜垣良一
保存課長(兼) 松尾長造
屬 七戶吉三
同(兼)山田健槌
同 奧本新太郎
抜手 土居川正矢
同 神谷吉五郎
同 乾兼松
國寶鑑查官補 服部勝吉
同 田山信郎
囑託(宗教ニ關スル事務調查)
從四、從五 荻野仲三郎
相原一郎介
井上惠行


頁九〇
(宗教制度調查)
從四、勳五 荻野仲三郎
相原一郎介
正七 平泉澄
從六、勳六 金子勝太郎
正七、勳七 中村平吉
井上惠行
小關紹夫
市村其三郎
宮地義彥
吉村忠雄
木村茂

(國寶保存ニ關スル事務)
從六、勳六 金子勝太郎
內田英二
內藤敏夫
菅原彌一郎

(國寶保存ニ關スル調查)
從三、勳三 關野貞
藤田經世
本間順治

(古社寺保存事務)
從五、勳四、功五 笠羽榮吉

(古社寺保存事務)
從五、勳四、功五 笠羽榮吉

(古社保存計畫調查)
正三、勳二 伊東忠太
正三、勳一 三上參次
從三、勳二 高村光雲
正七 新納忠之介
從四、勳五 荻野仲三郎
從三、勳三 關野貞
塚大慶尚
丸尾彰三郎
田中一松
大岡實
正七、禮七 藤谷榮尾
猪熊信男
明珍恒男

(史蹟名勝天然紀念物保存事務)
矢吹活禪
佐藤久雄
眞木英男

(史蹟調查)
正四、勳三 黑板勝美
正四、勳五 荻野仲三郎
上田三平
古谷清

(史蹟及名勝調查)
正三、勳一 三上參次
從三、勳二 原凞
(名勝調查)柴田常惠
從五 國分種德
吉永義信

(名勝及天然紀念物調查)
正三、勳二 三好學
從三、勳三 脇水鐵五郎

(天然紀念物調查)
從六 鏑木外岐雄

宗教制度調查會
會長 樞密院副議長 男 平沼騏一郎
委員 貴族院議員 田所美治
行政裁判所評定官 清水澄


頁九一
望月日謙
內務次官 潮惠之輔
東京帝大教授 姉崎正治
大森亮順
正四、勳四 柴田孫太郎
貴族院議員 福原鐐二郎
正三、勳二 高楠順次郎
後藤環爾
高林玄寶
神崎一作
祥雲晚成
司法次官 小原直
土橋八十太
勳六 佐藤範雄
東京帝大教授 男 穗積重遠
窪川旭丈
貴族院議員 男 千秋季隆
荒木良仙
同 伯 柳原義光
同 子 渡邊千冬
幹事 法制局參事官 森山銳一
文部書記官 菊池豐三郎
同 河原春作
同 松尾長造
書記 井津鳴海
栗田源助

國寶保存會
會長貴族院議員 侯 細川護立
委員 帝室博物館長 大島義修
臨時帝室編修官長 三上參次
帝室林野局長官 三矢宮松
帝室博物館事務官 久保田鼎
帝室博物館鑑查官 溝口禎次郎
內務省神社社長 池田清
文部省宗教局長 西山政猪
東京帝大教授 瀧精一
東京帝大教授 辻善之助
史料編纂官 和田英松
京都帝大教授 武田五一
京都帝大教授 濱田耕作
京都帝大教授 澤村專太郎
東北帝大教授 福井利吉郎
東北帝大教授 山田孝雄
京城帝大教授 田中豐藏
特許局技師 奧田誠一
貴族院議員 子 大河內正敏
貴族院議員 德富猪一郎
正三、勳二 塚本靖
正三、從三 伊東忠太
從二、勳二 高村光雲
從三、勳三 關野貞
正四、勳三 內藤虎次郎
正四、勳三 今泉雄作
從四、勳三 山田準次郎
從四、勳五 荻野仲三郎
香取秀治郎
臨時委員 東京美術學校教授 小堀鞆音
正四、勳二、功五 小山田繁藏
幹事 文部書記官 松尾長造
文部技師 阪谷良之進
文部省國寶鑑查官 藤懸靜也
書記 文部屬 奧本新太郎
同 金子勝太郎


頁九二
各宗派宗議會──名稱及組織──

宗派 名稱 組織
天台宗 宗會 公選議員三十名ヲ以テ組織ス
精查局 特命及互選議員ヲ以テ組織ス (局長一名精查員十名)

天台宗寺門派 宗會 特選及公選議員十名ヲ以テ組織ス (任期四ケ年)

天台宗眞盛派 議會 公選議員二十人ヲ以テ組織ス(三ケ年)

古義眞言宗 宗會 特選四名及公選議員二十五名ヲ以テ組織ス(三ケ年)
參事會 宗會議員ノ互選ニ依ル議員七名ヲ以テ組織ス(三ケ年)

眞言宗醍醐派 宗會 特選議員二名公選議員十四名(四ケ年)
常置委員會 宗會議員ノ互選ニヨリ五名ノ議員ヲ以テ組織ス(四ケ年)

眞言宗東寺派 本末寺院總代會 公選議員本末寺院總代七名ヲ以テ組織ス(六ケ年)

眞言宗山階派 本末協議會 特選二名及公選議員五名ヲ以テ組織ス(二ケ年)

眞言宗泉涌寺派 本末總代會 末寺總代公選議員五名ヲ以テ組織ス(二ケ年)

眞言宗小野派 本末議會 特選議員一名及公選議員四名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

新義眞言宗智山派 宗會 公選議員(十九名)及特選議員(三名)ヲ以テ組織ス(四ケ年)

新義眞言宗豐山派 宗會 公選議員二十七名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

眞言律宗 宗會 特選議員三名及公選議員七名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

律宗 宗會 公選議員七名ヲ以テ組織ス(五ケ年)

淨土宗 宗會 公選議員四十八名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

淨土宗西山禪林寺派 議會 公選議員十六名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

淨土宗西山光明寺派 議會 公選議員二十四名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

淨土宗西山深草派 議會 公選議員十四名ヲ以テ組織ス(四ケ年)
參事會 議員互選ニヨル議事員ヲ以テ組織ス(四ケ年)

臨濟宗天龍寺派 宗會 公選議員特選議員十一名ヲ以テ組織ス
參事員會 公選二名特命一名ノ參事員ヲ以テ組織ス

臨濟宗相國寺派 參事會 特定議員ヲ以テ組織ス


頁九三
臨濟宗南禪寺派 宗會 公選議員十六名ヲ以テ組織ス
參事員會 宗會議員ノ互選ニヨル五名ノ參事員ヲ以テ組織ス

臨濟宗妙心寺派 議會 公選議員三十名ヲ以テ組織ス
參事會 互選參事會員正員五名補員五名ヲ以テ組織ス

臨濟宗建長寺派 宗會 特選十名及公選十三名ノ議員ヲ以テ組織ス

臨濟宗東福寺派 宗會 公選二十名ノ議員ヲ以テ組織ス
參事員會 議員互選ニヨル參司員四名ヲ以テ組織ス

臨濟宗大德寺派 宗會 公選會員十四名ヲ以テ組織ス
參事員會 宗會議員ノ互選ニヨリ參事員三名ヲ以テ組織ス

臨濟宗圓覺寺派 宗會 公選議員十四名ヲ以テ組織ス
參事會 特定一人及互選參事員四名ヲ以テ組織ス

臨濟宗永源寺派 宗會 各宗勤取締八名及參事員五名ヲ以テ組織ス
參事員會 公選參事員五名ヲ以テ組織ス(四ケ年)
顧問會 特選ノ顧問員三名ヲ以テ組織ス

臨濟宗方廣寺派 宗會 公選議員及參事員ヲ以テ組織ス
參事會 特定特命並互選議員ヲ以テ組織ス

臨濟宗佛通寺派 宗會 公選議員ヲ以テ組織ス
參事員會 特定參事員ヲ以テ組織ス

臨濟宗國泰寺派 宗會 特定議員(六等地以上ノ住職)ヲ以テ組織ス
參事員會 各宗務取締役四名宗務院執事二名ヲ以テ組織ス

臨濟宗向嶽寺派 議會 特定議員(六等地以上ノ寺院住職)ヲ以テ組織ス
參事會 議員互選ノ參事員七名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

曹洞宗 宗會 特選議員十六名及公選議員五十二名ヲ以テ組織ス(三ケ年)

黃檗宗 宗會 公選議員二十六名ヲ以テ組織ス(四ケ年)
參事會 議員互選ノ參事員四名ヲ以テ組織ス(二ケ年)

眞宗本願寺派 集會 特選及總代會衆三十名以上六十三名以下ヲ以テ組織ス(四ケ年)

眞宗大谷派 宗議會 特選及公選議員六十五名ヲ以テ組織ス(四ケ年)
會計評議員會 特選二百五十名以內ヲ以テ組織ス(四ケ年)
宗務顧問會 特選十五名以內ヲ以テ組織ス(五ケ年)

眞宗高田派 議會 特選五名以內及公會議員十四名ヲ以テ組織ス(五ケ年)

眞宗興正派 議會 公選ノ僧侶議員十名及檀徒議員十名ヲ以テ組織ス(三ケ年)

眞宗佛光寺派 本山議會 公選議衆十八名ヲ以テ組織ス(四ケ年)


頁九四
眞宗出雲路派 集會 公選會衆八名ヲ以テ組織ス(五ケ年)

眞宗山元派 集會 總末若クハ總代會衆ヲ以テ組織ス

眞宗誠照寺派 宗議會 特選議員二名及末寺公選議員十名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

眞宗三門徒派 派會 末寺總代會衆若干名ヲ以テ組織ス

日蓮宗 宗會 特選議員三名及公選議員一級十名、二級二十八名ヲ以テ組織ス(四ケ年)
評議員會 特選三名及宗會議員互選八名ノ評議員ヲ以テ組織ス(四ケ年)

日蓮正宗 宗會 公選議員十二名ヲ以テ組織ス(四ケ年)
評議員會 特選三名及議員互選ノ三名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

顯本法華宗 宗會 公選議員十七名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

本門宗 宗會 特選議員三名本山議員七名及末寺議員八名ヲ以テ組織ス(三ケ年)
常置委員會 本山議員ノ互選二名及末寺議員ノ互選三名ヲ以テ組織ス(三ケ年)

本門法華宗 宗會 特選五名及公選十八名ヲ以テ組織ス(三ケ年)

法華宗 宗會 特定及公選十七名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

本妙法華宗 特別宗會 特定議員ヲ以テ組織ス(四ケ年)
通常宗會 公選議員十三名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

融通念佛宗 宗會 特選無任期議員及普通三ケ年議員若干名ヲ以テ組織ス

時宗 宗議會 大本山正住職特選議員五名公選議員十九名ヲ以テ組織ス(四ケ年)

法相宗 宗會 三大本山住職及選出議員九名ヲ以テ組織ス(三ケ年)

華嚴宗 宗會 公選議員八名ヲ以テ組織ス(五ケ年)


頁九五
第三教學篇

佛教各宗派 僧侶教師の養成

教育機關と狀勢
本社直接照會、並に最近各宗派より文部省當局に提出した「寺務報告」の資料にとる。

天臺宗

教師僧侶の教養に關しては本山に宗立比叡山中學を置き、一宗精要たる學科並に普通科學を兼修せしめ、また東京に三派聯合の大正大學、本山に比叡山專修院並に附屬の叡山學院を設け、宗乘餘乘及高等の學科を研修せしむ。其他別に官公立及私立大學、專門學校中學校に於て普通並高等の學科を修學せしむ。其狀況左の如し。

(校名)(生徒)(內譯)自宗 他宗 俗人

大正大學內天臺學生 一〇五 一〇五 ─ ─
比叡山專修院 一一 一〇 一 ─
叡山學院 三八 三五 三 ─
比叡山中學 八一 五八 三 二〇
地方中學在學者 一三〇 一三〇 ─ ─
計 三六五 三三八 七 二〇

天臺宗寺門派
僧侶の教養に就ては、未だ本派内公設機關なきを以て、任意官公立の學校或は天臺宗學校等に就學せしむ。又特に本派の各師家に從ひ本派の教義を學ばしめ、又毎年講習寮を開催し宗學の概要及び聲明法式を傳授し、本派僧侶の資格を具備せしめつヽあり。

天臺宗眞盛派
本派教師の教育は大中小の三學階を設け、宗餘乘及普通教育を授け以て徒弟を教養す。本派大學林は別に之れを設けず。本宗派の經疏科目ある大學及專門學校に入學の上論文を提出せしめ、又は檢定試驗をなす。

現在生 計二十名、內譯、大學生十二名、高等學校、大學豫科生八名。

本派中學々林は之を別置せず。專ら教學資金の充實を期し、之を以て便宜地方中學程度の學校に於て、普通知識を涵養せしむ。

現在生 計二十五名

專門學寮を設け三ケ年を期限とし、本派專門の學課を履修せしむるの目的を以ちて、中學卒業生及小學卒業生の二部に分ちて收容教化す。現在生二十名。

尼僧講習會は福井縣武生町引接寺に設げ、本派安心及必須の學業を實習せしむ。現在生二十―名。

古義眞言宗


頁九六
高野山大學は前身を古義眞言宗大學林とし、明治十九年現在位置に創立せられた。後眞言宗各派聯合大學林と稱し、後又眞言宗高野山大學となり、大正十五年四月二日、大學令により大學となれり。本宗最高の教育機關なり。

古義眞言宗尼衆學園は尼僧教育を目的として、高岡市關町に經營さる。又宗教々育事業として愛媛縣周桑郡小松町に子安三密學園あり。

(名稱)(教職員數)(其他)(生徒數)男 女
高野山大學 二七 一七 二九 ─
高野山中學 二五 一一 三四〇 ─
修道院 九 五 四九 ─
三密學園 八 四 六〇 ─
尼衆學園 五 三 ─ 五二
計 七四 四〇 六六八 五二

眞言宗醍醐派
本派及東寺派泉涌寺派善通寺派山階派の五派協同し京都東寺境内に京都專門學校、東寺中學校を設置し、以上各派寺院の子弟に教師に必要なる普通學及佛典を授く。

本派修驗道に於ては、僧侶の教養は之を京都專門學校及東寺中學に委托す。又本山内傳法院に於て、加行灌頂を修行せしめ事相の傳授をなす。

眞言宗東寺派
本派及醍醐派、泉涌寺派、善通寺派、山階派の五派協同して、當本山境内に京都專門學校及び東寺中學を設置經營して、專門學校に於ては宗乘餘乘、竝に專門學校程度の一般科目を授け、中學校に於ては中等學校規定の學科目の他、本派寺院子弟には教師に必要なる科目を授く。

眞言寺泉涌派
教師僧侶の教養に關しては、眞言宗東寺派、泉涌寺派、醍醐派、山階派、小野派、五派共同經營にかヽる、眞言宗京都專門學校、東寺中學あり。

眞言寺山階派
本派は眞言宗東寺派、同醍醐派、同泉涌寺派、善通寺派と協同し、眞言宗京都專門學校及東寺中學を經營し必要なる學科を授けて教師、僧侶の養成をなす。

眞言寺善通寺派
本派に於ては眞言五派聯合して眞言宗京都專門學校及東寺中學を設け。本派末子弟に必要なる教養を施しつヽあり。

新義眞言宗智山派
私立智山專門學校は、專門學校令による派内最高の教育機關にして、數年來の懸案たる移東問題も解決して、昭和四年四月に、東京府石神井村に移る。現在學生百四十九名あり。

智山專修學院は宗門子弟簡易教育機關にして、派内子弟の教育に資す、現在生徒卅七名。

他に智山中學に於ては主として派内子弟を傍ら一般子を弟も入學せしむ。學生數百六十七名あり。個人經營の中等學校に成田中學及成田高等女學校あり。

新義眞言宗豐山派
宗立學校としては大正大學あり、本派並に天臺宗、淨土宗の二宗一派協力して大學令に依る大學、及專門學校を設立して宗門徒弟を教養しつヽあり。


頁九七
現在本派所屬學生々徒總計百九十九名あり、又本派布教師たるに須要たる佛教學、法式及高等普通教育を授くる為に專修學林を總本山長谷寺他二ケ所に設けて徒弟を教養しつヽあり。

講習會としては派内の僧侶として傳道の方法を研究並に實習せしむる為傳道講習所を東京に設立し宗務所之を直轄す。又本派の僧侶をして道念を涵養せしめ必要なる佛教學及事相を講習せしむる為、普通講習所を宗務所に開く。又は宗務支所、寺院若くは教師の開設を認可す。特に本派僧、篤學者の為に事相講傳所を毎年一回宗務所に開設す。

尚從來東京市小石川區音羽護國寺内に經營せられし豊山大學は創立以來四十年間、二百二十餘名の卒業者を出し、昭和三年三月三十日を以て廢校せり。

眞言律宗
本宗々學林の設備あれど休校中なる故に專門學校は、總て本山西大寺道場に於て講習相傳し、普通學科は官公立又は私立大中學校及眞言宗大中學に於て修業せしむ。

律宗
宗內僧侶の教養は奈良縣生駒郡都跡村唐招提寺毘尼苑に於て、專門教育を加へ、其他五月十五日から八月十六日迄の九十日間を期し安居を結し、僧侶に宗旨の大綱を練習せしめたり。

淨土宗
高等教育機關として天臺、豊山、淨土三宗聯合の大正大學あり、專門教育機關としては佛教專門學校あり、尼衆普通教育の為に尼衆學校あり。普通宗學院出身者の為に教師養成所あり、教師補養成の為め全國に五ケ所の普通宗教院を設け、又一般の為に中學校、高等女學校を設立す。一方宗門の教育事業援助の為に財團法人淨土宗教育資團を設く。留學生、研究生、給費生の制度ありて現に歐米各國に留學する者六名、內地にありて研究する者十二名、結費を受けつヽある者三十名を算す。

前述の中學校は、芝、東海、東山、鎮西、上宮の五校、女學校は淑德、家政の二校なり。

淨土宗西山禪林寺派
本派に於ては僧侶の教養の為に左の五種の學校を經營せり。

宗學研究所、京都市左京區永觀堂町禪林寺境内に設置す。禪林學院高等科、西山專門本科、文學又は宗教學に關する專門學校以上の學校を卒業したる者又は少僧都以上のものを入學せしめ專ら宗學の蘊奧を極めしめ、修業年限五ケ年にして毎年五月一日より六月三十日迄講座を開き六十日を一期とし、一期毎に論文を提出せしめ、更に口答試驗を行ふ。學年修了者には卒業論文を提出せしめ猶ほ筆答試驗を施行す。卒業者には宗規に依り學階得業を授與す。現在職員二名、講師三名、生徒二十三名。

布教講習所、同じく禪林寺境内にありて布教、傳道に必要なる教義、學術、辯術を練らしむ。現在生徒二十二名あり。

禪林宗學院も禪林寺境内に、聖峰中學と同所に併置し、初等科、高等科に分つ初等科は聖峰中學生をして在學中に中學課程と同時に宗餘乘を研究せしむ。高等科は卒業者を入學せしむ。初等科生徒六


頁九八
十九名、高等科二十四名あり。

聖峰中學は校長根來旭惠、生徒百八十二名あり。

尼衆教習所も禪林寺境内にありに尼衆に必要なる宗費乘及普通學課、並に法式行儀を學習せしむ、生徒十四名。

淨土宗西山光明寺派
本派の僧侶は左記の教育施設に依りて教養を計れり。

西山專門學校、京都府乙訓郡粟生村、本校の目的は專ら本派僧侶として必要なる法器の養成に努む。生徒數は研究科十八人、本科八十三人、別科三人ある。因に

研究科以外は修業年限四ケ年とす。

尼衆教習所、本年度より尼衆教育制度を改め、普通科、高等科と分ちニケ月間開所せり、高等科四名、普通科十六名の卒業生あり。布教師講習會、教學講習會、法式聲明會、日校講習會等相次いで之を開催せり。本年度教師檢定試驗合格者三名、法脈傳承者二十四名、尚ほ本派に於ては秀□=[扌+丿+友=caw034-05]なる人材養成の為め獎學金給與規定を改正し、官公私立高等學校及び大學に在學せる本派僧侶に獎學金を給與す。他に西山、修德の二高等女學校を經營後援す。

淨土宗西山深草派
中等教育は聖峯中學、又は各地方中學校に、專門教育は各專門學校、又は西山專門學校に委托教育し、本派の經營としては宗學研究所を五月一日より六十日間普通教習所を春秋二期に各五十日間開所し、又教學、特殊の講習會を開設して教師僧侶を養成す。聖峯中學西山專門學校、其他中等學校以上在學生には獎學金を支給す。

臨濟宗天龍寺派
本派教師の教養は、本派專門道場と、臨濟大學及花園中學に於て行ふ。專門道場は師家、關清拙にして大衆三十名あり。大學及中學に在學する者三十三名なり。卒業生五名。

臨濟宗相國寺派
專門道場は制規古來の慣例に依り、自他派を擇ばず掛塔を許し、本宗最高の宗要を研究をしむ。

相國寺專門道場には授業師、山崎大耕幹事、牧野忍宗、伊藤敬宗、知客兼副司服部紹文、典座篠塚大英直日三木明德、現在大衆三十七名あり。

普通教育を施す宗立學校は紫野中學と稱し、本宗南禪寺、大德寺、國泰寺、方廣寺、相國寺、建仁寺、永源寺、佛通寺向嶽寺の九派本山及黄檗宗の宗派聯合して大德寺中に設置し子弟教育を行ふ。

臨濟宗建仁寺派
本派の教師養成機關は建仁寺專門道場とす。師家竹田頴川にて大衆四十三名あり。延人員男百四十九人を數ふ。

臨濟宗南禪寺派
本派僧侶の教養は普通學と專門學の二種とす。普通學は紫野中學及其他の學校に於てす。專門學は專門道場に於てす。專門道場には紫野中學、又は其他に於て普通學又は高等教育を受けたるものを掛塔せしめ、專門の宗旨を修行せしむる所にして、本派に於ける其道場は京都南禪


頁九九
寺、美濃永保寺、肥前圓通寺、東京廣園寺なり。

臨濟宗妙心寺派
教師僧侶は花園中學校、臨濟宗大學及本派公認花園專修學校、妙興林禪、宗榮尼衆學林、美濃尼衆學林に於て必要なる學科を修せしめたる後、各專門道場に於て、宗旨專門の修業をなさしめて之を教養す。專門道場は京都市妙心寺、京都府圓福寺、久留米市梅林寺、岐阜縣瑞龍寺正眼寺、名屋市德源寺、神戶市祥福寺、福岡市聖福寺、大分縣萬壽寺、養賢寺、埼玉縣平林寺、宮城縣瑞嚴寺、臺灣臺北市、朝鮮京城府に各々一箇を有す。その掛塔者總計四百八十五名に上る。

臨濟宗建長寺派
建長寺境内に本派專門道場竝に認可鎌倉中學を設置す。

專門道場は宗旨師家菅原時保之を掌し、專ら本宗旨の蘊奧を參究せしむ。講座及提唱に依り、宗乘及餘乘を學得せしむ。生徒二十四名。

鎌倉中學校は普通教育を授け、禪的教養に立脚し、個性の發露を尊重し、啟發的向上を旨とす。本派子弟に限り科外に佛典を研究せしめ四百二十五名の生徒を收容す。

臨濟宗東福寺派
本派教師僧侶の普通教育は貸費生規定に依り、官立及認可學校に於て一派學生を教育す。現大學在學生七名、中學在學生三十名あり。別に本派の宗要を究明する專門道場三ケ所ありて三十八名の掛塔者あり。

臨濟宗大德寺派
本派に於ては專門道場二個を有す、即ち京都市上京區紫野大德寺町龍翔寺專門道場大阪府堺市南旅籠町南宗寺專門道場で、此兩所に雨安居、雪安居を開催し、禪門闔衆に專門教育を施す。又普通教育は臨濟宗各派、黄檗宗と聯合にて紫野中學に學修せしむ。前年度迄卒業生五四三、昭和五年卒業生三十四、現在生徒一五三。

臨濟宗圓覺寺派
本宗に於ては專門道場を神奈川縣鎌倉郡小坂村山ノ內大本山圓覺寺内に設け。管長太田常正之が師家として、掛錫者三十名を教化す。

臨濟宗永源寺派
本派に於ては滋賀縣愛知郡高野村大本山永源寺内に專門道場を設け、管長高木獨鳳之が師家として、五月一日より七月末日に至る雨安居、十一月一日より翌一月三十一日に至る雪安居に接心提唱會を執行し、掛錫者二十三名を教養しつヽあり。

臨濟宗方廣寺派
教師僧侶の教養機關として、本山内に專門道場を設け、末寺の徒弟を收容し專ら修禪悟道の行業を積ましめ、人格の向上を計れり。學校の經營は一派の獨立を以てすること困難なるを以て、末派徒弟をして公私中等學校又は專門學校へ就學を獎勵し、之に對して夫々相當額の獎學補助金を下附するの制度を設け、目下徒弟の就學率一割を示せり。布教師の養成法に就ては、例年有為の人物を選定して


頁一〇〇
之に補助金を下附し、佛教聯合會講習會に出席せしむる外、各種の講習會に出席せしめ、自己の修養に資せしむると共に常に布教上必須の智識を修禪せしむ。

臨濟宗佛通寺派
大本山佛通寺内に專門道場を設置し、本宗僧侶をして禪意を研究せしむる所とす、現在師家一名、役員三名、學徒十七名あり。學校は本派經營にかヽる者二校ありて、各々内外典及び一般高等普通教育を授く、一は京都紫野中學にして本宗聯合各本山の經營なり。本派生徒一名を有す。一は大本山佛通寺内の中等豫備學林にして本宗中學校に入學すべき學力を修めしむ、生徒九名。其他官立大學及び專門學校にある者三名あり。

臨濟宗國泰寺派
教師、僧侶の教養は京都紫野中學校に於て普通教育を施し、其內宗乘餘乘等特別科目を無し、專ら僧侶 道心を固め。修學期を五ケ年と定め、卒業後專門道場三ケ年以上掛錫者を以て、普通住職資格となす、尤も學校卒業者に非るも同程度以上の學識を有し、專門道場掛錫の年數により管長の鑑識を以て、住職資格を與ふる事あり、更に專門道場は三ケ年以上別に年限を問はず、特に年數の如何に依らず師家の印可證明を得たるものを本宗僧侶の本分を待たるものとなす。專門道場は富山縣氷見郡太田村大本山國泰寺中に診け、管長佐竹龍水之が師家たり。生徒十五名。

臨濟宗向嶽寺派
本派に於ては本山向嶽寺内に專門道場を設け、管長勝部敬學師家として、毎月提唱及接心會より宗義を顯揚す。

曹洞宗
本宗々立の教育機は左の如く、何れも宗門の子弟を教育し、佛祖の身心を學得し、傍ら普通高等の學科を修めしめ、法燈の傳持者及布教傳道に堪ふる人器を養成するを目的とす。外に準宗立の臺灣中學林あり、主として臺灣僧侶及子弟を教育す。

本山僧堂は永平、總持兩本山各別に設置し、參禪學道の僧侶を安居せしめ宗乘の蘊奧を攻究せしむるの機關で、當該本山貫主之を統告し、西堂及後堂其他の職員をして之を助化し、宗門最高の數百教育機關にして大學、專門學校又は之と同等以上の學校卒業者、若くは專門僧堂三年修了以上の者三七〇名を收容す。大本山永平寺僧堂貫主、北野元峰、西堂、弘津說三。大本山總持寺僧堂貫主、秋野孝道西堂栗山泰音とす。

駒澤大學は學部を佛教學科、東洋學科人文學科の三に分ち、大學豫科、研究科及び禪學、佛教學竝に國語漢文專攻の專門部とよりなる。學長、忽滑谷快天、學監、光山百川なり。

宗主中學は世田ケ谷、栴檀、愛知、多々良、臺灣の五校、女學校は駒澤高等、駒澤實科、鶴見高等鶴見光華の四校あり。

專門僧堂は宗立若は宗務院の指定する寺院の設立するものにして、宗餘乘を教授し參禪を旨とし、併せて專門學校程度以上の學科を教授す、全國五十八ケ所を算し雲衲四百名を算す。

認可禪林は尋常小學卒業程度の僧侶を安居せしめ、參禪を旨とし宗乘、餘乘並に中學程度の普通學科を教授し全國に其


頁一〇一
數五十二箇所あり。

尼僧學林は尼僧に必須なる宗乘餘乘を教授す、全國に四ケ所あり。

他に研究生を派遣して内地留學十三名、海外二名あり。又朝鮮人僧侶養成の目的を以て、朝鮮學生五名を駒澤大學に入學せしめ、學費を給して教育しつヽあり。

黃檗宗
宗立中學は紫野中學に聯合す。專門道場は京都府宇治郡大本山萬福寺内に設け師家は關義道老師にして、掛錫者はニ十五人、請暇者五人、現在員は四十二人あり。

眞宗本願寺派
本宗の最高の研究機關は宗學院にして、龍大研究科卒業生又は補教以上の學階を有する者の中、選□=[扌+丿+友=caw034-05]入學せしめ宗乘を研究せしむ。

宗立龍谷大學の沿革は古く德川初期、本願寺第十三世良如の學寮創建に由來し、明治年間に至りて、大學林と共に普通學のために文學寮を創立し後合併して高輪佛教大學、佛教專門大學となり後、大正十一年大學令に依る單科大學を認可せられ、龍谷大學と稱するに至る。現在學長を花田凌雲とす。

圖書館藏書數
和漢書一九七六三、洋書六一二四、其他五八一、保管轉換の分一七四三八〇、、寄托の分一一八五八、計二一二七〇六。

尚本大學の為に本願寺内に龍谷大學財團あり。而して本財團は本願寺より寄附したる一百萬圓、通常財產よりの編入金其他の寄附會を基本財產となし、本大學の經營維持に當る。尚他に内地研究生及海外研究生數十名を養成す。

宗立中等專門學校は平安、北陸、龍谷三中學、平安、北陸、龍谷三專修學院、中央、並に各地佛教學院、京都女子、千代田女子、相愛女子三專門學校、京都、千代田、相愛京都裁縫四高等女學校あり。關係各學校として崇德中學校、筑紫高等女學校あり。

眞宗大谷派
大谷大學(學長稻葉昌丸)は大正十一年大學令により設置せられ、創立は今より二百六十年前、即ち寬文五年に屬す。修業年限は豫科、學部(學部長稻葉圓成)及研究科は共に三年にして、外に修業年限三年の專門部(部長加藤智學)を置く。卒業生は五十三名。眞宗大學本科眞宗大學專修科卒業生七百七十六名、眞宗大學專科修了者三十一名眞宗大學豫科完了者七十二名なり。現在の收容學生七百二十六名にして教職員は百〇三名なり。

圖書館には現在藏書數和漢書十萬四千餘冊、洋書二萬三千餘冊、合計十二萬七千一百餘冊、その中、赤字版西藏一切經前法主寄贈の燉煌寫經、教如上人當時の史料たる粟津文庫、井上利正氏のアジヤター窟院の壁畵等はその著名なるものとす。又佛典の蘊奧を攻究せんが為め毎年七月十一日より八月十日迄大谷大學内に夏安居を開催す。

各地眞宗夏期學校を開催して、末寺子弟をして將來一派寺院の住職たらしむるを以て目的とす。又現在六十名に對して學費の補助をなしつヽあり。海外留學生として目下本山の補助を得て海外に留學せる者九名あり。尚昭和四年より眞宗大學院を本山内に設け大谷勝眞氏を院長


頁一〇二
となし擬講以上、大谷大學研究科二、三年以上の者を選□=[扌+丿+友=caw034-05]入學せしめ宗乘最高の研究機關となせり。

宗立專門學校及中學は、京都大谷專修學院、眞宗專門學校、大谷、尾張二中學大谷高等、大谷、凾館大谷高等、北海高等、帶廣大谷高等、櫻花高等、櫻花女子高等技藝、稻澤高等、大谷和洋裁縫、三島家政報德の十一女學校あり。

眞宗高田派
本派立學校としては三重縣河藝郡一身田町に眞宗勸學院あり、中學科は佛學初步及一般高等普通學科を教授し、高等科は專門學校令による專門學校にして、本宗僧侶教師に須要なる宗餘乘、一般高等學科を教授す。

本宗末弟にして帝國大學及單科大學に在學中の者九名あり。專門學校及宗教學校に在る者十五名。四年中に本山内教習會に於て講究結衆せるもの三十二名、講習會に於て各種講習を了れる者二百數十名に上れり。

眞宗興正派
香川縣高松市に私立專正學寮を置き、普通及佛教學の授業をなし、修業者は檢定試驗の後教師に補する事とせり。又本山内に於て夏期講習會を六月中に開催し他に各宗派私立の中大學に入學を委托して勉學せしむ、派内教師は檢定試驗によりて教師に補す、教師以上の者に講習會開催と同時に昇階試驗を行ふ。

眞宗佛光寺派
本年中、本派僧侶にして帝國大學に在學せるもの一名、私立大學に在學せるもの十三名、中等程度の學校に在學せるもの十三名に學費を補助せり。

眞宗木邊派
青年僧侶にして京都平安五、龍大一に對し年々一人に五十圓宛、龍大研究科一名に七拾圓、補助金を支給せり。其他宗教專門私塾にあるもの四名あり。是時に對しても相當の補助をなせり。又本年も昨年に引續き、五月廿八日より七月六日迄四十日間、第八同宗餘乘專門學寮を開催す。講師は辻圓證(當山碩學)武田龍栖(本願寺司教)貳名にして俱舍論文類聚鈔安心章を講ぜり。寮生三十名にして經費千圓を要せり。七月七日より同十六迄本年度安居を開催す。本願寺司教武田龍栖引續き文類聚鈔を講じ、當山碩學辻圓證淨土論を講ぜり。聽衆四十名内外にして此費用參百圓なり。

眞宗出雲路派
教師僧侶の教養には夏季安居(七月一日より二十一日迄)夏季講習會(七月二十一日より二十七日迄)開催し、宗學其他に關する講義を聽講せしめ未教師の者には教科書を選定し購讀せしめ、簡易なる圖書館を設けて勉學の便に供せり。又寺院の子弟にして中學以上の入學者には學資の補給を為し教養に資せり。

眞宗山元派
從來の通り本願寺派に依囑し現に末寺衆徒在學す。

眞宗誠照寺派
宗教學林未設につき記すベきことなし。但し夏安居(自六月一日至三十日)により宗餘乘を講究せしめ受驗者認定。尚


頁一〇三
末寺末弟をして官公私立の大中學に入學せしめ、學資補助を給與す。其人員左の如し。龍谷大學二名、三國中學校一名。

眞宗三門徒派
普通學は宗規に據り、府縣立中學に入らしむると雖ども、便宜上私立中學に入る者あり。專門學は大谷派管長との協約條項に基き、同派大谷大學に入校せしむ尚本山内に於て毎年の通規として住職教師僧侶一般を召集し、講筵を開く、本年中八月一日より十日間教養をなしたり。

日蓮宗
本宗の教育制度は宗則第四號教育方法に於て、「第三條、日蓮宗僧侶の教育は財團法人立正大學の經營に係る、立正大學及立正大學專門部竝に立正中學校に於て之を行ふ。第四條、前條の教育を行ふ為め管長は宗會の經營を經て、每年財團法人立正大學へ經營資金を交付す、第七條、管長は教育上必要に依り、宗門私立學校の設立を認可することを得、第八條、管長は教育上必要に依り、留學生及宗費生を置くことを得」と規定し、布教師の養成の為めに布教院あり。又布教傳道慈濟事業を發展せしむる為めに毎年一回講習會を開く。

宗立學校としては立正大學を東京市外大崎町に設く。其他同所に立正中學授、立正商業學校、立正實務學校あり。其他の學校としては祖山學院、光山學院、池上學院、大阪本化栴檀林、尼衆修道院、中山學林、長崎旃檀林、堀ノ内旃檀林、愛知立正學林、明淨高等女學校、明德高女學校等あり。又英オ教育の目的を以て、英、獨、米に海外留學生を派遣せり次に日蓮宗布教院を京都市柿本町に設け、布教師の養成を以て目的とす。之はは立正大學預科及同專門部卒業生以上の學力を有する僧階大講師以上の者の入學を許し、修業年限を一ケ年とす。

日蓮正宗

總本山內に富士學林を設け在山宗學生に、宗餘兩乘を研究せしめ、公私中學四年以上のものには三週間宗乘餘乘を實修せしむ。尚宗內學生の大學及び中學に通學せるものに對しては、本宗々會第三款第二項の決議に依り學費の補助をなせり。他に本派及顯本法華宗、本門宗聯合の統合宗學林あり。

顯本法華宗
統合宗學林を東京市小石川區白由前町に置く、同宗學林に高等部を置き本科及研究科に分つ。本科五年、正科は宗學林に於て教授す、副科は大學令に依る各大學の宗教に關する學科を履修せしむ。

同宗學林普通部普通科及宗乘科を千葉縣東金町に置く。普通科五ケ年、正科は中學の學科を履修せしむ。副科は宗學林に於て教授す。宗乘科三ケ年、宗乘を主とし傍ら普通學を履修せしむ。

本門宗
本門宗々學林は宗制の規定に基き、一を靜岡縣善能寺に設け、一を京都市本山要法寺内に設け、以て豫備科の履修に重きを置く、林長竹部日正師別に日蓮門下各教團聯合の統合宗學林を設置し、專ら教師の養成に努む。

本門法華宗
本門法華宗學林(所在地兵庫縣尼ケ崎


頁一〇四
市)の生徒七十一名、前年度迄卒業生四百三十二名、本年度卒業生十五名。

第二回布教練習會を靜岡縣光長寺に開催し全國教師に適切なる知識と布教一方法と實際とを普及して其の目的を圖る。

法華宗
教師僧侶の教養は嚮に統合宗學林廢止後は、總本山本成寺内に法華宗學林を設置し、春秋二期各百日間專ら宗餘乘を授け兼て、高等普通の學科を教授しつヽあり。尚過般來より法華宗學校規則に基き橫濱市に校舍建設を計企し之が達成に盡力しつヽあり。本年度は更に宗學林高等科普通科を設け主として東京及附近の寺院に學生を收容し、專門學校以上の文學科に入學せしめ、又中學校に通學する者は各師僧の住職地の學校に在學することを認め是等に宗費を以て學費を補給し、夏期休暇中ニ週間靜岡縣本奧寺に於て宗乘の講習會を開催し通學生全員を收容し教授し年度の終りに檢定驗試を執行

本妙法華宗
本宗に於ては教師養成機關として本妙法華宗學林を京都市花園町谷口に設く。

日蓮宗不受不施派
宗教學校の設備なく、講習會等隨時之を開く、教師の養成は祖山妙覺寺專門道場に於て之を行ふ。

日蓮宗不受不施講門派
岡山縣御津郡金川町、大本山本覺寺內に宗學前を設く、生徒十名あり。

布教講習會、毎年八月一日より三日間岡山市外大安寺に於て開催。

時宗
本宗に於ては時宗々學林を神奈川縣藤澤町に設く。之を高等、普通の二科に分ちて高等科は三年、普通科は五年制度とす。現在生徒數三十六名、本年度迄の卒業者數二百七十名あり。

他に藤澤中學校あり、僧俗在學生徒數六百餘あり、尚昭和六年四月より藤澤商業學校(五年制度)を創設經營す。

融通念佛宗
本宗立勸學林に於て宗乘、餘乘、普通課目を教育せしむ。勸學林所在地、大阪市住吉區平野上町一〇、生徒一五名、前年度迄卒業生四十八名、本年度卒業四名。

勸學林に入學せざる者に付五月十五日より六月三十日迄、夏安居結制せしめて宗乘法義を修得せしむ。

勸學林に入學せざるもにしのて中等程度以上の學校に在學せる者につき、宗餘乘部講習を勸學林に於て行ふ。

法相宗
私立法相勸學院を奈良縣生駒郡法隆寺内に設置高等、尋常の二科に分つて現在高等科六名に宗乘專門、尋常科十三名には課程の宗乘、普通學を履修せしめ、教師僧侶を養成す。

華嚴宗
本宗勸學院を奈良市東大寺内に設け專門教師をして佛典を講述せしめ、官私立大學及中學卒業の本宗僧侶竝に他宗派大學生を教育し、一方本宗立圖書館に於て學生の自由研究をなさしむ。外に金鐘中學を奈良市雜司町に設く。生徒百二十六名


頁一〇五
各大學・專門學校 佛教講座及擔任教師

東京帝國大學文學部(東京市本鄉區元富士町)

文學部長 瀧精一
(印度哲學科)
第一講座 宇井伯壽
第二講座 宮本正尊
第三講座 長井眞琴

京都帝國大學文學部(京都市左京區吉田町)
文學部長
(哲學及文學科)
佛教學概論、印度 羽溪了諦
大乘佛教思想の發達演習(中觀論二十及三十唯識論) 羽溪了諦
講讀 P. Dablke.: Der Buddhismus Seine Stellung innerhalb des geistigen Lebens der Wevschheit. 羽溪了諦
日本淨土宗史 林彥明

東北帝國大學文學部(仙臺市片平町)
文學部長 佐藤丑次郎
宗教學一般講義(鈴木宗忠教授宗教體驗としての大乘佛教……般若經と華嚴經)
宗教學特殊講義(同俱舍論頒の梵漢對照研究) 同
宗教學講習(用書Hegel:Begrifi der Religion) 同
日本佛教史(平安朝佛教史) 寺崎修一助教授
日本佛教史演習(用書、源信著「一乘要決」) 同
佛教史(大乘莊嚴經論講讀) 宇井伯壽教授
印度哲學史概說 同
印度哲學史講義(ウパニシユアヅ及其思想の發展) 金倉圓照教授
印度哲學演習(用書、梵本附註瑜伽經 The Yogasūtra's of Patañjali with the Scholium of Vyàsa) 同
梵語及巴利語 同
西藏語、西藏經典 多田等觀授業囑託
印度學科(Yájñavarkya說の研究) 三原芳信
同(Sutta-nipãtaの研究) 金森西俊

九州帝國大學法文學部 (福岡縣粕屋郡箱崎町)
法文學長 大森研造
宗教學講座 (洋行中)佐野勝也
同 原田敏明
印度哲學史 干潟龍祥
同 小野島行忍


頁一〇六
京城帝國大學法文學部 (京城府東崇洞)
法文學部長 安部能成
宗教學宗教史 赤松智城

早稻田大學文學部(東京市外戶塚町)
文學部長 吉江喬松
婆羅門哲學研究 武田豊四郎
佛教々理史 馬田行啟
佛典研究 椎尾辨匡

龍谷大學學部(京都市下京區猪熊通七條上ル)
學長 花田凌雲
(佛教學第一)
原始佛教學 羽溪了諦
小乘學 同
印度佛教史 高木俊一
佛陀の教化(續講) 羽溪了諦
阿毘達摩の研究 高木俊一
Buddhist Philosophy 羽溪了諦
Itivntlaka 甲斐實行
俱舍論 高木俊一
(佛教學第二)
印度大乘學 深浦正文
唯識教義の研究(續講) 同
成唯識論 同
中論 日下大癡
百論 龜川教信
(佛教學第三)
天臺學 日下大癡
華嚴學 湯澤了榮
天臺教義の研究 日下大癡
華嚴經の研究 湯澤了榮
法華玄義(續講) 日下大癡
五教章 湯澤了榮
(佛教學第四)
佛教學概論 月輪賢隆
如來藏の研究 同
佛教美術 松本文三郎
眞言十卷章 月輪賢隆
大乘起信論 高峰了州
(眞宗學第一)
眞宗學概論 西谷順誓
眞宗史 禿氏祐祥
佛身佛土の研究 雲山龍珠
德川時代に於ける宗學の研究 西谷順誓
教行信證 雲山龍珠
愚禿鈔 藤永清徹
(眞宗學第二)
淨土教概論 杉紫朗
道綽禪師の念佛 豊水樂勝
眞宗鎮西教義の比較 杉紫朗
往生論註 豊水樂勝
觀經四帖疏 大江淳誠

大谷大學學部 (京都市上京區小山上總町)
學長 上杉文秀
學部)
眞宗學概論 加藤智學
(眞宗學第一講座)
眞宗教理史 柏原祐義
眞宗典籍の研究 可西大秀
講讀教行信證 大須賀秀道
演習御文 同
(眞宗學第二講座)
龍樹天親の淨土教 加藤智學
講讀往生論註 同


頁一〇七
演習選擇本願念佛集 上杉
佛教概論 柏原祐義
(佛教第一講座)
佛陀教說の思想的背景 羽溪了諦
佛陀成道の三昧耶の考察 寺本婉雅
印度小乘佛教史 松本
講讀 甲斐
講讀 同
演習異部宗輪論 茜部忍
(佛教學第二講座)
唯識教學概說 小島惠見
講讀成唯識論 同
龍樹教學の研究 稻津
演習中觀論 同
講讀 Bhagavadgita 原
講讀梵本大經小經 同
講讀梵本法華經 本多主馬
(佛教學第三講座)
支那天台教理の研究 山口
講讀法華玄義 同
演習十不二門指要鈔 本多主馬
華嚴教學 同 講讀 同
(佛教學第四講座)
宗教心理學より見たる禪及淨土教 鈴木
講讀開目鈔 本多主馬
(佛教學第五講座)
梵語初步 Pervy; Sanskrit Grammer 原
講讀 Bhagavadgita 同
講讀梵本大經小經 同
講讀梵本法華經 本田主馬
巴利語初步 甲斐
講讀 同
講讀 同
西藏語初步 寺本婉雅
プトン師の印度佛教史 同
講讀藏文中論無畏疏論 同
講讀藏文安慧唯識三十論疏 同
講讀藏文大無量壽經 同
(佛教史講座)
印度小乘佛教史 松本
支那佛教史 同
日本佛教史 大屋德城
演習平安、鎌倉佛教の諸問題 同
大教院とその時代 德重
(專門部)
─第一學年─
眞宗史 可西大秀
淨土三經 小島惠見
印度佛教史 加藤智學
佛教概說 柏原祐義
─第二學年─
七祖釋義(七祖交際) 大須賀秀道
同(選擇集) 茜部忍
眞宗史 可西大秀
佛教要義(俱舍) 茜部忍
同(唯識) 小島惠見
支那佛教史 大屋德城
─第三學年─
宗義要論 本多主馬
七祖釋義(論註) 小島惠見
教行信證 大須賀秀道
佛教要概(起信論) 茜部忍
同(五教章)小島惠見
日本佛教史 大屋德城
宗教概說 阿部現亮

駒澤大學佛教學科
學長 忽滑谷快天
朝鮮禪教史 同
禪學演習及講演 大森知言
禪學概論及研究法 岡田宜法
公案ノ體系的研究 同
英文佛書演習 立花俊道


頁一〇八
佛陀概論、佛陀論 衞藤即應
天台四教儀及獨文宗哲演習 同
日本及支那佛教史及佛教々理史 境野黃洋
日本佛教各宗教義 同
唯識哲學史、法華經講義 渡邊楳雄
三論玄義講義 同
聖典成立史及五教章 林屋友次郎
曹洞宗史 大久保幸次
印度佛教史 宇井伯壽
宗教々育 竹內道說
宗教學 相原一郎介
基督教史 同
眞宗綱要 大島泰信
梵語 山上曹源
巴利語 立花俊道

東洋大學部 (東京市小石川區原町)
學長 高楠順次郎
日蓮宗講座 木村日保
同 石川梅典
眞宗講座 潮留眞澄
同 藤原猶雪
臨濟宗講座 林岱雲
同 今津洪嶽
同 勝部敬學
曹洞宗講座 杉村哲夫
同 神保如天
同 嶽尾來尚
密教講座 神林隆淨

立正大學部及專門部 (東京市外大崎町)
學長 望月日謙
(學部)
本尊鈔講義及び開目鈔講義 望月歡厚
宗學研究、宗學史 同
祖書綱要刪略講義 北尾啟玉
同上 小林是恭
祖書學概論 高田惠忍
三大祕法概說 山川智應
法華經講義 磯野本精
法華玄義講演 岩田教圓
法華經教學史 布施浩岳
俱舍學 望月宣諦
佛教教理研究 加藤精神
印度佛教史 木村龍寬
支那佛教思想史 境野黃洋
巴利佛典研究 長井眞琴
梵本法華經研究 荻原雲來
日本佛教文化史 石田茂作
佛教美術史 逸見梅榮
(專門部)
佛教概論 影山堯雄
宗門史 同上
印度佛教史 木村龍寬
日蓮學概論、本尊鈔 高田惠忍
天台學概論、日本佛教史 小林是恭
開目鈔、安國論 北尾啟玉
大乘起信論講義 坂本幸男
天台四教儀集註講義 磯野本精
支那佛教史 布施浩岳
俱舍論大意、天台四教儀講義 望月宣諦

高野山大學 (和歌山縣伊都郡高野町)
學長 高岡隆心
宗教學 赤松智城
佛教史 天野觀明
佛學 高岡隆心
同 金山穆韶
同 栂尾祥雲
同 松長有見
同 松本文三郎


頁一〇九
同 森田龍僊
同 山田契誠
印度哲學、梵語、巴利語 中野義照
佛學 宇井伯壽
同 羽溪了諦

大正大學(東京市外西巢鴨)
學長 望月信亨
(學部)
佛教學概論 椎尾辨匡
天教學概論 中里貞隆
密教學概論 神林隆淨
淨土學概論 望月信亨
支那天台教理史 田島德音
台密概論 福田堯穎
文句演習 中里貞隆
日本上古天台 二宮守人
密教史(無著時代以後)神林隆淨
祖典演習 同
兩祖の教學 加藤精神
大日經疏演習竝住心品 同
起信教學 松田貫了
支那淨土教理史 望月信亨
善導教學 岩崎敲玄
淨土曼荼羅ノ研究 今岡達音
淨土戒學史 石井教道
淨土對眞宗日蓮ノ交涉 今岡達音
三階教(隋唐佛教思想) 矢吹慶輝
印度佛教哲學(原理論) 椎尾辨匡
法華經成立史 大野法道
印度支那佛教々理史 椎尾辨匡
倡舍論演習(續講) 荻原雲來
世親教學 加藤精神
西藏佛教 河口慧海
眞宗教學 脇谷撝謙
印度佛教史 望月信亨
日本佛教經濟史 友松圓諦
宗教學概論(續講) 矢吹慶輝
輓近ノ宗教學研究 同
宗教哲學(靈魂觀念論を中心として) 宇野圓空
歐米最近の佛教研究 友松圓諦
近代宗教思想史 矢吹慶輝
イスラエルの宗教 石橋智信
宗教史 大島泰信
傳道史 佐山學順
宗教哲學 眞野正順
印度哲學史 渡邊海旭
梵語 荻原雲來
同 近藤隆光
巴梨語 荻原雲來
西藏語 田島隆純
(專門部佛教科)
印度佛教史 望月信亨
淨土宗綱要 石井教道
眞言宗綱要 田中海應
各宗綱要 硲慈弘
華嚴 石井教道
止觀 中里貞隆
二教論 阿部齋精
大日經 田中海應
圓戒 大野法道
往生論說 松田貫了
各宗綱要 加藤精神
支那佛教史 岩崎敲玄
天台宗綱要 田島德音
台密 清水谷恭順
即身儀 田中海應
祕藏寶鑰 岡田契昌
法華大意 硲慈弘
圓戒 鹽入亮忠
淨土宗綱要 今岡達音
日本淨士教理史 松田貫了
佛教概說 田島德音


頁一一〇
天台宗綱要 二宮守人
天台宗史 清水谷恭順
天台宗典講讀 硲慈弘
眞言宗史 田中海應
眞言宗典講讀 坪井清光
淨土宗史 岩崎敲玄
淨土宗典講讀 今岡達音
傳道法 中野隆元
同 吉原自覺
(高師科)
眞言宗綱要 岡田契昌
淨土宗綱要 阿川貫達
天台宗綱要 清水谷恭順
印度支那佛教史 原田靈道
佛教概說 阿川貫達
日本佛教史 硲慈弘
(豫科)
佛教概說 松田貫了
日本佛教史 宮崎榮雅
天台宗綱要 鹽入亮忠
印度支那佛教史 大野法道
眞言宗綱要 阿部齊精
淨土宗綱要 石井教道

京都專門學校(京都市上京區九條東寺町)
校長 松永昇道
即身義祕藏寶鑰大日經疏 長谷寶秀
教理概論曼荼羅講傳 吉祥貞雄
佛教概論 兒玉雪玄
俱舍論 深浦正文
華嚴五教章 高木俊一
日本佛教史 土宜覺了
印度佛教史 鳥越道眼
佛典批評 松本文三郎

臨濟宗大學(京都府葛野郡花園)
學長 棲梧寶嶽
坐禪、提唱 棲梧寶嶽
禪宗要學 日種讓山
禪宗史、支那佛教史 大屋德城
宗乘、餘乘 伊藤古鑑
華嚴、淨土 湯次了榮
三論、唯識 玉置韜晃
佛教概論 釘宮武雄
禪宗要學 鈴木貞次郎

佛教專門學校 (京都市上京區鹿ケ谷)
校長 福島愍雄
宗乘 小林瑞淨
宗乘、餘乘 石橋誡道
天台學 小西存祐
佛教學 前田聽瑞
宗乘、佛教史 千葉良導
佛教學 三長覺靜
宗乘 岸信宏
佛教學、宗乘 稻垣真我
梵語、英文佛教 高畠寬我
佛教學 塚本善隆
聲明、法式 八橋玉純
宗乘 久松鏆瑞
聲明、法式 宍戶壽榮

智山專門學校 (東京府北豊島郡石神井村)
校長 平澤照尊
密教學、佛教學 高井觀梅
同 高神覺昇
同 若木快信
密教學 那須政隆
佛教學 村山正榮
同 常盤大定


頁一一一
同 宮本正尊
密教學 芙蓉良順

西山專門學校 (京都府乙訓郡乙訓)
校長 松本俊誠
宗乘學一部 小早川隨康
同 岩田善如
同 廣瀨觀友
宗乘學二部 同
宗乘學一部 石黑觀道
宗乘學二部 同
宗乘學一部 柏木卓悟
同 三浦一道
宗乘學二部 森英純
宗乘學一部 山口光圓
餘乘學第二部 龜川教信
同 月輪賢隆

眞宗專門學校 (名古屋中區茶屋町)
校長 一柳知成
眞宗學、佛教學 同
同 住田智見
眞宗學、佛教學、佛教史 河邊慶緣
眞宗學、淨土教史 山上正尊
眞宗學、佛教學 加藤智遵
眞宗學 尾中高明
佛教史 一柳隆成
佛教學 飯田法遠
眞宗學 山背香莊
佛教學 木村政快

中央佛教專門學校 (京城府崇一洞二)
校長 金映遂
華嚴經、俱舍學、因明學 金映遂
佛教概論、佛教書史學、佛教美術、日本佛教史、印度哲學史 江田俊雄
禪門拈頌、唯識學 朴漢永
宗教學概論 赤松智成
各宗綱要、金剛經 朴賛範
佛祖三經、印度支那佛教史 金敬注
華嚴經 金芿石
起信論、朝鮮佛教史 權相老
朝鮮宗教史 成樂緒

京都女子高等專門學校 (京都市下京區今熊野北日吉町)
校長 朝倉曉瑞
實踐倫理 西谷順誓
同 月輪賢隆
同 清水尚隆

千代田女子專門學校 (東京市麴町區六番町六)
校長 泉道雄
眞宗概說 脇谷撝謙
佛教概說 宇野圓空
佛教史 寺本慧達

相愛女子專門學校 (大阪市東區本町)
校長 大野開藏
佛教史 深浦正文
佛教概論 同

東京女子體操音樂學校 (東京市外武藏野町吉祥寺)
校長 藤村トヨ
坐禪用心記 嶽尾來尚
碧巖集 水野虎溪

大谷女學專門學校 (大阪市住吉區共立通二丁目)
校長 左藤了秀
佛教史 左藤義詮
宗教概論 左藤了秀
宗教と女性 左藤義詮


頁一一二
大學卒業論文──宗教特に佛教に關する論文一班──
(附、專門部研究 卒業論文)
東京帝國大學文學部
唐朝善導の教義
十地經の研究
唯識學に於ける三性無性說
親鸞に於ける「學」(念佛及念佛者への一考察) 川村義雄
Yajnalkyaを中心としたウパニシヤツドの哲學思想の研究 坂井尚夫
Rabind.anath Tagore研究 鈴木孝夫
古代派佛教美術の研究 高田修
三論宗に於ける空思想の研究 林徹朗
俱舍論に於ける思及五業成立の研究 松浦英文
即身成佛論 三好鹿雄
圓融三諦の史的研究 村上淑照
阿含に於ける我の問題 脇坂智證

京都帝國大學文學部
初期佛教に於ける業輪迴思想に就て 寺林潤
親鸞聖人の佛性觀 花田正大
安慧の識轉變說(その唯識三十頌釋を中心として) 長尾雅人
日蓮教義の特質 岡田四郎
世親に於ける唯識思想と淨土思想 曾我新作
虛空藏菩薩の研究 山本匡夫

早稻田大學文學部
日蓮聖人の本尊の研究 東哲 木村敬之
謠曲に現はれたる佛教思想 國文 鈴木冏
弘法大師の文學觀 國文 大西寬純

日本大學學部專門部
法文學部宗教學科
シユライエルマツヘル宗教本質論への二不二門的考案 大久保海仁
宗教儀禮に現はれる供物の研究 服部文城
宗教々育の理論及實際 宮地濳
專門部宗教科高等專攻科
法華經に於ける成佛思想の研究 二宮龍嚴
宗教否定批判 大藪一作
宗教生活の本質 田中庸隨
宗教宣傳の研究 木村敏夫
日蓮聖人の題目觀 牧田清
宗教々育の中心問題 岡本俊貞
親鸞聖人の宗教とその特質 能登谷英雄
佛教の普遍化としての佛典の現代語譯につき 諸星定利

龍谷大學
(研究科、佛教學專攻)
智顗教學の研究序說(天台以前の三諦三觀思想) 佐藤哲英
原始佛教の業論 速見純一


頁一一三
同(眞宗學專攻)
王本願論 加藤佛眼
大無量壽經註疏の研究 德澤龍泉
石泉學說に於ける教行二卷の考察 益永普行
文學部(佛教學專攻)
唯識學に於ける主客兩觀の問題 赤山得誓
華嚴經に顯はれたる淨土教の思想 淺井信悟
鳳潭上人の研究 池信大融
華嚴經之梗概 加藤唯
佛性思想の二大史觀 鹿島國好
正像末三時思想 上條恭順
賢首教學に於ける緣起と性起の考察 金芿石
華嚴と禪との交涉 後藤純一
四明教學の管見 生源寺冏德
高辨上人の研究 高崎法源
傳教大師圓頓戒に就いて 辻岡良稔
普寂德門律師の研究(特に華嚴經に就て) 德地廣賢
慧心僧都の念佛に就て 外山圭雄
佛教の婦人觀 都呂須常昭
天台の哲學序說(三千實相の研究) 春名孝文
原始佛教々團に於ける在家の宗教生活に就て 廣橋莞爾
阿含に表はれたる涅槃說について 藤谷利隆
華嚴成佛論(特に賢首通玄の比較) 三元堯
華嚴教判の考察(圓別二教に就て) 宮田儼雄
賢首大師の緣起觀 宮武憲正
大智度論の研究 宮地廓慧
華嚴に於ける佛身佛土論 吉田信誠
唯識緣起の研究 柳溪重誓
同(眞宗學專攻)
五重義について 市川良宣
眞宗に於ける神祇觀 沖田美義
行信の研究 織田祥眞
口傳鈔の研究 掬月正民
淨土眞宗所歸論 木下靖夫
執持鈔の研究 木村義文
二種深信の研究 清水秀教
眞俗二種論 杉宣之
眞宗原始教團の研究(改邪鈔を中心として) 關哲雄
宗教原理として本願に就いて 楠下芳輝
眞宗現益論序說 鷹川惠正
廻向の研究 常盤井智雄
中祖教義の研究 平山壽雄
眞假三願に就て 高山義彰
淨土教に於ける念佛思想の變遷に就て 波多野曉淨
眞宗教判の研究 早島大徹
眞宗眞俗二諦教義の考察 平塚堯雄
他力教原理 波北成章
源信和尚を中心として平安朝時代淨土教研究 藤本惠顒
行照の行信論 船橋行惠
眞實五願 中尾教令
眞宗現益研究 松原秀典
親鸞聖人の罪惡觀 毛利義昭
歸命の研究 山本一雄

大谷大學學部
▲佛教學科
信後生活論 旭野正信
眞宗に於ける報恩の行に就て 奧村祐誠
眞宗に於ける眞俗二諦の研究 筧●雄


頁一一四
行の研究 秃諦住
機法二種深信に就て 川原興
平生業成論 轡田慧眼
宗祖入信三願轉入の研究 久保山善明
淨土眞宗に於ける念佛義の開展 波多野斂
信の一念の考察 東澤眞靜
佛心凡心一體論管窺 堀江義夫
安心決定鈔に表れたる機法一體の考察 水野觀月
信樂開發論 保木俊雄
稱念義の考察 鷲峰
根本圓の提唱(法華玄義に於ける) 奧田常善
摩訶般若經に於ける空觀の研究 加藤永伯
空觀に於ける宗教的意義 里村求
十地經論の研究 櫻井末保
龍樹に於ける空觀の研究 常本憲雄
心觀為宗論 成瀨順導
天台教理哲學に於ける對照の研究 長崎孝次
解深密經の研究 蜷川淨巖
拾理證の研究 富貴原章信
唯識哲學に於ける意識の問題 別符環城
龍樹に於ける諸法實相論 安間靜
阿含 Nikaya に於ける道 春日禮智
僧伽の研究 加藤清
西藏文律分別の批判的研究 本多臣也
平安鎌倉の交期を中心として高野山の淨土思想 大平文雄
山科時代に於ける蓮如の社會的地位 境了祥
日本淨土教の母胎として常行堂の研究 阪圓隆
解脫上人傳の研究 豅徹澄
東北地方に於ける眞宗の發達 本多德成
飛鳥奈良朝に於ける藥師信仰 正木享
▲哲學科
感性論に於ける時間の位置 長現壽
直觀 乘杉憲
物の存在と意識の存在 美棲護
涅槃經の佛性と陽明の良知 淺野弘
武士道の研究 三浦祐孝
カント倫理學に於ける根本惡 藤田正雄
教育の根本精神としての愛の研究 松浦專眞
宗教意識の研究 北條元曉
共同態の本質と諸型式 佐々木敏
社會統制の研究 廣瀨一英
▲人文學科
大友義鎮「宗鱗」特に宗教に就て 伊藤季夫
日本佛教讚歌 今西由教
江戶時代に於ける町人階級の道德生活 花岡巧
明治政府の宗教政策 西山卓惠
高野山大塔領、備後國大田庄の研究 若林峯一
藤原時代に於ける貴族の風格 高倉永輝
奈良平安時代に於ける神佛習合思想の發展に就て 館義順
津經藩に於ける武士歸農策 園村義忠
少貳氏研究 宮本民男
肥後藩教學研究 清水千章
綱吉治政の初期と晚年 末宗元衞
高秦時代の教育に就て 郭正斗
節度史李克川攷 佐藤義憲
唐代を中心とせる渡僧の考察 藪內表吉
木下長嘯子に就いて 淡路光淳


頁一一五
大淀三千風研究 井澤大千代
細川幽齋の研究 池田登
拾六部集の能樂論と八帖花傳書の能樂論 岡村省三
方丈記研究 菅野眞業
吉利支丹文學 德安清幸
現日本詩壇黎明期を背景とする一天才國民詩人の彗星的出現及び其展望 中山信之夫
梁塵秘鈔の研究 成田成正
歌人源實朝 早崎觀緣
慈鎮和尚に就きて 林良浩
良寬の研究 廣澤七郎
村田青海について 三牧正雄
蘇東坡研究序論 市川宗禎
高青邱の研究 加田岡俊雄
白氏文集攷 鷹橋野英
▲選科終了者
報化二土の研究 相馬良平
世阿彌の妙及其の成立過程 辻富之助
唯識より見たる淨土教 成田秀禪

駒澤大學學部
密教々學上より見たる台東兩密比較論 一月正空
起信論の研究 大崎趙橋
佛所行讃の研究(特にその佛陀觀について) 小野村義雄
涅槃經に於ける闡提成佛論 木村孝順
原始佛教々理論 重寅羽
本覺法門より見たる信と行との研究 來馬輝雄
法華經の思想的研究 近藤泰隆
隱元の渡來と黃檗の禪風 鈴木忠良
飛鳥朝時代の佛教美術 田中敏哉
懺悔滅罪について 筒井政明
佛陀の地嶽思想の研究 玉村耕二
維摩經の研究 中村篤潤
正法眼藏面授の卷の研究 奈良場全豊
支那佛教に於ける教判史の研究 濱田哲巖
菩薩道研究序說 藤田忍海
原始佛教に於ける倫理論 古川正賴
道元禪師の宗教 星見碩才
佛教論理學 堀江光雄
原始佛教 三世昇
戰國時代に於ける禪宗の傳播 三輪璞淳
禪定の宗教哲學的考察 山岸義雄
佛陀の社會觀 吉田道三
日本初期天台と禪宗との交涉に就て 渡邊眞龍
道元禪師の禪戒の研究 渡邊寬隆

東洋大學學部
震旦佛教文學の史的研究 門田泰壽
尊號眞像銘文の研究 藤井瑞孝

立正大學學部專門部
▲宗教學科
隋朝以前に於ける求法僧の研究 岩問湛良
吾祖の即身成佛論 井上泰謙
祖文に於ける眞言破の研究 石原慈禎
阿含經中に顯はれたる佛陀の根本教義 久保田敬
吾祖の唱題成佛の就て 田中惠春
本迹歸宗を論じて三秘に及ふ 土屋啟龍
題目論の宗教哲學的考察 鶴時夫
本尊論に於ける導輝二師の異同 中山利靜
成佛論に於ける種脫の研究 中橋透
宗祖滅後に於ける題目論の變遷 永長英教


頁一一六
導輝二師の本迹論 西川信行
當家攝折論 羽柴玄快
三力合成論の研究 染山吉太郎
台密に顯はれたる法華思想を論じて本化の妙旨に及ぶ 山崎教生
本覺始覺を論じて唱題成佛に及ぶ 矢島義宏
本覺思想の史的研究 金東鎮
▲社會學科
日本寺院寺領の經濟學的研究 生駒惠純
▲史學科
行基菩薩の研究 青山國太郎
文献に顯れたる平安初期の寺院に就て 遠藤量雄
法華、揆の研究 小川英一
日蓮聖人御遺文に顯れたる鎌倉時代世相の研究 大石正之助
平安朝末期に於ける佛教信仰 坂田律夫
平安佛教の素材としての經典註疏の研究 桃井秀治郎
唐宋時代の寺院經濟研究 山田文英

高野山大學
▲密教學科
聖十一面觀自在菩薩ノ研究 北村增隆
印契ノ研究 黑澤祐城
念誦法ノ研究 佐伯秀禪
眞言密教ニ於ケル本覺思想ノ考察 田中信圓
眞言密教ニ於ケル阿彌陀如來ノ研究 田邊法完
密宗安心私考 手島暹猷
不動明王ノ研究 長尾義典
歡喜天ノ研究 藤澤義晃
經軌上ニ顯レタル文珠菩薩ニ對スル一考察 藤本智英
大日釋迦ノ研究 三富義仁
彌勒信仰ノ發生ト其ノ史的考察 新田宥範
藥師如來經軌の研究 井內泰雄
▲一般佛教科
世親菩薩ノ緣起思想ニ就テ 岩元法彰
數論頌摩叱羅註ノ研究 五十嵐智昭
彌陀彌勒兩淨土並に極樂兜率兩往生思想ノ比較ニ就テノ一考察 川田惠淨
十住毘婆沙論ノ研究 高橋照道
世親ノ佛性論ヲ中心トシテノ佛性ノ研究 長谷川行榮
佛教王阿育ニ就テ 弘長賢一
釋尊成道ノ一考察 藤井眞隆
▲佛教藝術學科
高野山根本大塔ノ研究 河野清晃
天平時代ノ彫刻ニ關スル一考察 佐藤覺惠
唐招提寺千手觀音像ノ研究 佐藤仁興
高野山聖衆寺來迎圖ニ就テ 田村宣順
日本佛教彫刻發達史上ニ現レタル密教文化ニ就テ 長井松年
僧房ノ一研究 滑瑞寶
定朝ヲ中心トシテ見タル藤原時代ノ佛教彫刻 本山完海
飛鳥時代佛像彫刻ノ一トシテ中宮寺如意輪觀音像一考察 蓮舍大道
不動明王ノ研究(特に明王院赤不動ニ就テ) 岡田隆宏
▲哲學科
グリーノ倫理學說(主トシテ自由意志ニ就テ) 河村光義
ベンザムノ倫理說ニ就テ 加登田哲英
デユヰノ倫理學說研究(主トシテ其ノ道德法則論ニ就テ) 龜山賴之
バークレー神の存在 長井大輔
デユヰニ於ケル善ノ概念ニ就テ 平田智


頁一一七
ヒユームノ時空論ニ就テ 山田壽夫

大正大學學部及專門部
▲一般佛教學
唯識教學に於ける識變に就いて 伊藤眞城
中觀派の佛教研究 陳應莊
般若部經の成立次第に就て 許永鎬
阿羅漢の研究 牧野良順
耆那教與原始佛教比較之研究 姚寶賢
▲天台學
傳教大師の護國理想に就いて 加藤亮順
慈眼大師に就いて 嘉瀨慶司
▲眞言學
慈雲尊者の研究 岩田秀祐
金剛智三藏の研究 小林昌司
泊如運敞の研究 島津有諦
賴瑜僧正に就いて 築山定譽
xx 永古義盛
日蓮上人に觀たる眞言宗 內藤隆敏
沙門に一行に千する研究 松田輝雄
三摩地に就いて 村瀨鑛司
▲淨土學
德川時代淨土宗制度の研究 大竹智海
淨土圓戒史の研究 桑山春山
藤田を中心とする關東三派の研究 小村隆旭
淨土教の唯心論的研究 武田了範
淨土傳法の起原及沿革 土川敏於
善導と天台教義との類同比較 寺島靈玄
阿彌陀經成立及ビ支那ニ於ケル流傳ノ研究 鳥居正語
澄圓之研究 日野良雄
攝論別時意說の研究 久松龍勝
三條流を中心とせる京都三派の研究 本田謙雄
法然、親鸞、兩上人の教義比較 松島定範
念佛三昧の研究 山口覺勇
融通念佛の研究 山添諦善
淨土教に於ける安心の心理學的考察 山田義雲
回向思想の研究 橫井昌行
▲哲學
xx 飯尾博善
コヘン微積分的認識方法論批判 市川●
ウイリアム・ジエイムズに於ける實在論 小野貞學
▲宗教學
カントの宗教學に就いての一考察 風間良昌
巫堂考 金光敬
僧加思想の成立及び發展 楠美知行
天道教に就いて 權寧甲
原始神道に於ける靈魂觀念 佐々木高義
ダンテの思想に就て 田村道明
薩曇芬陀利經(一卷、失譯)の考察 土田周
xx 橋本不二雄
シユライエルマツヘルに於ける「宗教」 英泰豐
マツクスウエバーの宗教社會學に就いて 福泉晃道
兒童及ビ青年期エ於ケル宗教心ノ發達 吉續豊明
▲史學
葬制の沿革 朝貞晋
佛教東漸過程に於ける五胡十六國の地位 嵐若澂
兩朝迭立ト醍醐寺トノ干係、特ニ文觀


頁一一八
僧正ト賢俊僧正トノ抗爭ツイテノ私考 飯東快英
德川時代の文藝復興期に於ける勤王運動に就いて 石田海彰
日本上代に於ける弓の研究 泉正雄
幕末に於ける國學者の排佛運動と佛教 巖清剛
北野天神緣起繪卷について 裏辻憲道
鎌倉時代政府の寺院統制について 瓜生天我
名越派史の研究 大島彥信
叡山教團の研究(良源を中心とす) 霜村澄海
『中世經濟史上ニ於ケル雜稅の位置』瀧善成
漢代ヲ中心トシテ見タ山東、遼東、北鮮ノ關係 服部清五郎
中世に於ける寺院金融事業の一考察 宮崎正鴻
德川時代中期に於ける社會事業の史的考察 宮田然彌
▲國文學
沙石集の研究 今抜俊宏
淨瑠璃の展開 五十嵐賢隆
法師兼好の研究 大石義契
謠曲に顯れた佛教について 齋藤厚順
xx 小寺正雄
風葉集の研究 高橋常進
萬葉集東歌の研究 常葉純雄
四鏡の研究 手柴倫雄
xx 永井舜成
徒然草考 南合智全
假名遺論の變遷に就て 吉永眞行

京都專門學校
倫理上より見た性說史 森岡善曉
國民道德上に於ける儒佛二教の影響 三津龍雄
道德と宗教 在間宜範
支那に於ける性說史 谷內苔巖
德川時代に於ける國體論 遠藤本宣

眞宗專門學校
蓮如上人研究 飯貝演辰
兩重因緣論 伊藤照道
六字釋に就て 服部末夫
涅槃經の傳譯を檢討し信心佛性論に及ぶ 加藤慶信
淨土眞宗稱名概觀 加藤哲雄
楞嚴和尚の淨土教解義 川井契雪
二種深信論研究 橫井慈尊
選擇集題下の十四字より現はれたる親鸞教 武田秀岱
元祖と宗祖門下に於ける一念多念の諍論に就て 竹山界雄
三願管見 永尾正直
三祖の聖教に顯はれた二行私觀 安田諦謙
眞宗の根本的教義管窺 山田竹吉
御文を中心とする機法一體論 松崎祐雄
道綽禪師の聖淨二門研究 藤井香嶺
他力眞宗に於ける讃嘆門の展開 古川克已
幸西說と眞宗教義に於ける一念義相 寺本賢信
觀無量壽經の研究 齋藤源章
自元祖至宗祖教相の展開と其研究 佐々木賢珠
眞宗に於ける行信思想の發達過程 水野秀代
元祖宗祖蓮師の宗義交際と其化風 久守叡賢
如來及淨土の考察 日谷法爾
三心五念の關係に基く二種深信心論 聽講生 上杉了寬
本願論 同 御手洗滿丸


頁一一九
佛教關係の中學及實業學校(宗派別配列)
(名稱) (關係宗派又ハ設立者) (校長) (所在地) (設立年次)
天台宗比叡中學校 天台宗 久田全洸 滋賀縣滋賀郡坂本村 明治四十一年
駒込中學校 同 鹽入亮忠 東京市本鄉區駒込林町 大正十四年
高野山中學校 古義眞言宗 穐越聖憲 和歌山縣伊都郡高野町 明治四十二年
東寺中學校 眞言宗東寺派外四派 岡本慈航 京都市下京區東寺町 明治三十八年
智山中學校 新義眞言宗智山派 御嶽隆道 東京府北豊島郡石神井村 大正十五年
成田中學校 同 增田榮 千葉縣印旛郡成田町 明治三十一年
明倫中學校 新義眞言宗豐山派 山口永隆 同 同 臼井町 明治三十六年
豊山中學校 同 川井精春 東京市小石川區大塚坂下町 明治三十六年
市川實業學校 同 伊東教順 千葉縣東葛飾郡市川町 大正十四年
芝中學校 淨土宗 渡邊海旭 同芝區芝公園地二二 明治三十九年
東海中學校 同 石塚龍學 名古屋市東區車道 明治四十二年
東山中學校 同 定惠苗 京都市上京區南禪寺町 明治四十二年
上宮中學校 同 岡田立穎 大阪市天王寺區天王寺上宮 明治四十五年
鎮西中學校 同 五島法眼 熊本市大江町 明治三十八年
聖峰中學校 同西山禪林寺派 根來旭惠 京都市左京區永觀堂町 大正十一年
花園中學校 臨濟宗妙心寺派 奧江順德 京都府葛野郡花園村 大正十四年
鎌倉中學校 同 建長寺派 菅原東丘 神奈川縣鎌倉郡小坂村110 大正十年
紫野中學校 黃檗宗聯合 伊藤敬宗 京都市上京區大德寺村紫野 明治三十五年
世田ケ谷中學校 曹洞宗 安藤文英 東京府荏原郡世田ケ谷 明治三十六年
山口縣多々良中學 同 田中鐵道 山口縣佐波郡防府町 明治三十五年


頁一二〇
愛知中學校 同 宮本覺純 名古屋市東區田代町 大正十四年
旃檀中學校 同 棟方唯一 宮城縣宮城郡七北田村
平安中學校 眞宗本願寺派 渡邊隆勝 京都市下京區北小路通大宮西入 明治四十三年
北陸中學校 同 楠法勝 福井市江戶上町 明治四十三年
龍谷中學校 同 松信定熊 佐賀市水ケ江町 明治四十一年
崇德中學校 同 觀山覺道 廣島縣三篠町 大正二年
布哇中學校 同 今村惠猛 布哇ホノル、市フオート街 明治四十二年
大谷中學校 眞宗大谷派 清水俊榮 京都市下京區大和大路七條下ル本池田 大正十二年
尾張中學校 同 河邊慶綠 名古屋市中區下茶屋町 明治四十一年
立正中學校 日蓮宗 小林是恭 東京府荏原郡大崎町 明治三十七年
立正商業學校 同 同
藤澤中學校 時宗 林義善 神奈川縣高座郡藤澤町 大正四年
三島實務中學 時宗 桑畑龍音 靜岡縣田方郡三島町 大正十四年
金鐘中學校 華嚴宗 鷲尾隆慶 奈良市雜司町
京北中學校 東洋大學財團 笹川種郎 東京市小石川區原町 明治三十一年
京北實業學校 同 同 同 明治四十一年
中央商業學校 高楠順次郎 南岩倉具威 東京市京橋區越前堀 明治三十五年
同 商科學校 同 同 同 明治三十三年
高輪中學校 龍口了信 田淵友彥 東京市芝區高輪車町 明治三十九年
名教中學校 同校財團 有安助二(事務取扱) 東京市豊多摩郡代々幡町 大正三年
關東中學校 和田幽玄 和田幽玄 東京市北多摩郡武藏野村 昭和三年
光明學員 同校財團 杉崎多門 神奈川縣高座郡麻溝村 大正八年
身延祖山學院 同院財團  山梨縣南巨摩郡身延村 明治四十八年


頁一二一
佛教關係の高等及實科女學校(所在地配列)
(名稱) (關係宗派又ハ設立者) (校長) (所在地) (設立年次)
東洋高等女學校 村上龍英 和田鼎 東京小石川區丸山町 明治四十年
東洋家政女學校 岩邊福雄 岸邊福雄 同 神田區北神保町 明治四十三年
淺草女子商業學校 安藤正純 同 淺草區松葉町 大正六年
千代田高等女學校 眞宗本願寺派 泉道雄 同 麴町區中六番町 明治四十三年
淑德女學校 山下現有 藤田寬隨 同 小石區表町 明治三十九年
淑德家政女學校 同 同 同
岩佐女學校 岩佐えい 岩佐えい 同 牛込區天神町 大正九年
岩佐高等女學校 同 同 同 大正十年
第二岩佐高等女學校 同 同 東京府北多摩郡神代村 昭和三年
日出高等女學校 小林芳次郎 小林芳次郎 同 荏原郡目黑町 大正七年
成蹊高等女學校 成蹊學員 奧田正造 同 北豊島群高田町 大正十年
牛込高等女學校 同校財團 臼井政 東京市牛込區辨天町 大正十三年
立正高等女學校 妙法寺 高島平三郎 東京府豊多摩郡和田堀町 昭和元年
立正學園女學校 馬田行啟 馬田行啟 同 荏原郡中延 昭和三年
武藏野女子學院高等女學校 高楠順次郎 高楠順次郎 同 北多摩郡保谷村 昭和二年
駒澤高等女學校 曹洞宗 山上曹源 同 荏原郡駒澤村 昭和三年
駒澤家政女學校 同 同 同 昭和三年
中野高等女學校 富田斅純 富田斅純 同 豊多摩郡中野町 昭和三年
京都淑女高等女學校 田島教惠 田島祐雲 京都市上京區 明治三十四年
菊花高等女學校 清岡長言 清岡長言 京都府紀伊郡堀內村 明治四十年
菊花技藝女學校 同 同 同同 明治四十年


頁一二二
家政裁縫女學校 同校財團 京都市寺町通四條 明治四十年
家政高等女學校 同 同 同 大正十三年
華頂高等女學校 山下現有 水野隆樹 同 東山區林下町 大正四年
華頂實科女學校 同 同 同同 大正八年
明德裁縫女學校 明德學園 渡邊英明 下京區猪熊通五條 大正十年
明德高等女學校 同 同 同同 大正十三年
京都高等女學校 眞宗本願寺派 朝倉晚瑞 同 東山區七條 明治四十年
京都裁縫女學校 同 同 同
西山高等女學校 淨土宗西山光明寺派 松本俊誠 京都府乙訓郡日向町 昭和二年
大谷和洋裁縫女學系 佐藤了秀 佐藤了秀 大阪市北久太郎町 昭和三年
天王寺高等女學校 吉田源應 同 東成區天王寺町 大正二年
宣眞高等女學校 花桝峻崖 曾我部俊雄 大阪府豊能郡秦野村 大正九年
明淨高等曲學校 山村憲喜 吉澤孝順 大阪市東成區天王寺町 大正十年
相愛高等女學校 眞宗本願寺派 大野開藏 同 東區本町四丁目 明治三十九年
大谷高等女學校 同 大谷派 佐藤了秀 大阪市住吉區天王寺 大正十三年
大谷女學校 同 同 同 東區北久太郎町
凾館實踐女學校 大谷光瑞 竹中賢惠 北海道凾館市東川町 明治三十九年
小樽双葉高等女學校 山本厚三 佐々木千里 同 小樽市 昭和二年
小樽實踐高等女學 同 同 同同 昭和三年
北海道高等女學校 蕪城賢順 武宮環 同 札幌市外札幌村 明治四十三年
凾館大谷高等女學校 同 新鄉法灌 同 凾館市曙町 大正十二年
帶廣大谷高等女學校 同 蕪城賢順 同 帶廣町 大正十四年
成均學園高等女學校 成均學園 高楠順次郎 埼玉縣北足立郡大宮村 昭和二年
成田高等女學校 荒木照定 佐藤國三 千葉縣印旛郡成田町 明治四十四年
鶴見高等女學校 秋野孝定 中根環堂 橫濱市鶴見區 大正十四年


頁一二三
鶴見光華女學校 秋野孝道 中根環堂 橫濱市鶴見區 大正十二年
明倫高等女學校 荒井竹次郎 海老塚春藏 佐伯興仁 橫濱市 昭和二年
金澤女子學院 大谷尊由 石原堅正 金澤市 昭和元年
藤花高等女學校 同 同 同 昭和元年
丸岡高等女學校 丸岡町 朝日融溪 福井縣坂井郡丸岡町 大正十一年
仁愛高等女學校 禿了教 秃すみ 福井市 大正十三年
沼津精華高等女學校 秋鹿見橘 秋鹿見橘 沼津市 大正十五年
櫻花高等女學校 大溪專 大溪專 名古屋市中區御器所町 大正十四年
三島家政女學校 眞宗大谷派 土屋智重 靜岡縣田方郡三島町
青島高等裁縫女學校 曹洞宗 仲田惠法 同靜岡縣田方郡青島町
稻澤高等女學校 同 足立闇勵 愛知縣中島郡稻澤町 昭和二年
大谷實科高等女學校 筧潮 筧潮 同 同 起町 大正十三年
龜山高等女學校 大谷昭道 大谷尊淨 兵庫縣飾磨郡手植村 大正十三年
修德高等女學校 淨土宗西山光明寺派 關本諦承 和歌山市眞砂町 昭和二年
淳和實科高等女學校 津田明導 津田明導 岡山縣小田郡笠岡町 大正十四年
淑德高等女學校 古義眞言宗  同 深安郡中條村 明治三十五年
進德高等女學校 永井龍潜 永井龍洞 廣島縣雙三郡吉金町 明治四十四年
新庄高等女學校 同校財團 豊留アサ 同 山縣郡新庄村 大正九年
安藝高等女學校 眞宗婦人會 福島義圓 同 安佐郡二條町 大正十四年
婦德高等女學校 猪野惠亮 猪野惠亮 同 安藝郡熊野町 大正十五年
中村高等女學校 木村菊三郎 木村信義 山口市 大正二年
岩國女子高等技藝學校 進藤修 進藤修 山口縣玖珂郡岩國町 大正六年
敬愛高等女學校 今里游玄 丸龜市 大正十年
崇德實科高等女學校 栗田與三  松山市 大正十四年
筑紫高等女學校 水月哲英 水月哲英 幅岡市 明治四十年


頁一二四
鶴城高等女學校 小野正躬 小野喜代 同 明治四十四年
鶴城教員養成所 同 同 同 昭和三年
鎮西高等女學校 藤井玄瀛  門司市 大正十四年
清和高等女學校 內田清一 中島善之 佐賀縣三養基都鳥栖町 昭和二年
星岡高等女學校 落水泰忍 落水キヨ 熊本市花園町 大正九年
落水女子學院 同 同 同 昭和二年
德風女學院 九條武子 廣橋了以 富山市總曲輪 大正二年
大谷女學校 眞宗大谷派  富山市
布哇高等女學校 眞宗本願寺派 今村惠猛 布哇ホノル、市ホオート街 明治四十二年
東京女子外國語學校 常光浩然 常光浩然 東京市神田區 昭和五年
女子速記學校 同 同 同 同
ジヤナル・スクール 同 同 同 同
吉田高等女學校 宮崎縣佛教會 木村匡 仙臺市 昭和五年
高田高等家政女學校 古川碓悟 古川フシ 高田市寺町 明治三十七年
東京家政女學校 同校財團 臼井サマ 東京市牛込區辨天町 明治二十五年

顯眞學苑の近况
昭和五年春、佛教文化の研究所として京都に創設された顯眞學苑は漸次充實してきた現在二十餘名の研究員收容して專心に研究に從つてゐる。講義は眞宗概論(梅原)佛教概論(玉置)講讀は教行信證(梅原)觀經疏(大原)選擇集(高千穗)阿含(玉置)開講し綜合研究として觀經觀法の研討近代思想と宗教の討論を催し、尚學生中心の座談會と公開修道講座も行つてゐる。

支部所在地の擴張講座は昭和六年、中に熊本、福井、大野、和歌山の各地にて開き多大の反響を與へた。出版部よりは旣に研究叢書十五冊、修道叢書十五冊と單行本十冊を刊行し、「研究雜誌顯眞學報」六冊を出版した。尚研究調查部(岡)を設けて「宗教と社會事業」等に關する諸種の調查と統計とをまとめてゐる。又西洋文學(埜上、薗)の研究室では佛教聖典の飜譯が計畫されてゐる。

學苑を支持する同志は全國に約三千ほどあつて旣に有力な後援會が確立したので、近く第二期事業に進むことになつてゐる。又顯眞學會の會員が五百を越えて全國に其研究網を張つてゐる。


頁一二五
專門道場・學院及尼衆學校(宗派別配列)

(名稱) (關係宗派又ハ設立者) (院長・校長・師家) (所在地)
專修院並叡山學院 天台宗 今出川圓郡 澁賀縣澁賀郡坂本村
專門學寮 同 眞盛派 森尾即如 同
專修學林 新義眞言豊山派 小林正盛 奈良縣初瀨町
眞言律宗學林 眞言律宗 佐伯悟龍 奈良縣生駒郡伏見村西大寺
尼衆學校 淨土宗 日野西德寶 京都市東山區林下町
宗學研究所 西山禪林寺 根來圓明 京都市左京區永觀堂町
布教講習所 同 倉橋旭靜 同
禪林宗學院 同 久我儼學 同
尼衆教息所 同 藤原齡教 同
尼衆教息所 西山光明寺派 田村勸陽 京都府乙調郡乙調村粟生
宗學研究所 西山深草派 井ノ口泰溫 京都市新京極誓願寺
專門道場 臨濟宗天龍寺派 關清拙 同 葛郡郡嵯峨町
專門道場 同 相國寺派 山崎大耕 京都市上京區相國寺門前町
專門道場 同 建仁寺派 竹田穎川 同 東山區小松町
專門道場 同 南禪寺派 河野霧海 同 上京區南禪寺福地町
永保寺專門道場 同 同 加藤至道 岐阜縣可兒郡豊岡町
圓通寺專門道場 同 同 赤井義勇 佐賀縣西松浦郡牧島村
廣圓寺專門道場 同 中村泰祐 東京市
正眼寺專門道場 臨濟宗妙心寺派 小南惟精 岐阜縣加茂郡伊深村
妙心寺專門道場 同 同 林惠鏡 京都府下花園村


頁一二六
圓福寺專門道場 同 同 神月徹宗 同 府下八幡町
瑞龍寺專門道場 同 同 濱村精道 歧阜市寺町
祥福寺專門道場 同 同 五葉愚溪 神戶市奧平野町
德源寺專門道場 同 同 古仲鳳週 名古屋市東區新出來町
梅林寺專門道場 同 同  東海東達 久留米市京町
聖福寺專門道場 同 同 龍淵謙道 福岡市御供所町
萬壽寺專門道場 同 同 奧大節 大分市東新町
平林寺專門道場 同 同 峰尾宗悅 埼玉縣北足立郡大和田町
養賢寺專門道場 同 同 三關雪堂 大分縣北海部郡佐伯町
瑞巖寺專門道場 同 同 松原禪礎 宮城縣宮城郡松島村
鎮南專門道場 同 同 坂上鈍外 臺北市圓山公園臨濟寺
京城專門道場 同 同 華山大義 京城府長沙洞妙心寺別院
公認花園專修學院 同 同 神月徹宗 京都府葛野郡花園村
公認妙興禪林 同 同 松崗寬慶 愛如縣中島郡大和村
公認宗榮尼衆學林 同 同 伊藤宣周尼 同 丹羽郡城東村
公認美濃尼衆學林 同 同 濱村精道 岐阜縣稻葉郡北長森村
公長寺派專門道場 同 建長寺派 菅原時保 神奈川縣鎌倉郡小坂町
公翔寺專門道場 同 大德寺派 圓山全提 京都市上京區大德寺村紫野
南宗寺專門道場 同 同 橘誼廓 堺市南旅籠町
專門道場 同 圓覺寺派 太田常正 神奈川縣鎌倉郡小坂村
永源寺派專門道場 同 永源寺派 高木默鳳 滋賀縣愛知郡高野村
國泰寺派專修道場 臨濟宗國泰寺派 佐竹龍水 富山縣氷見郡太田村
向嶽寺派專門道場 同 向嶽寺派 勝部敬學 山梨縣東山梨郡七里村
曹洞宗臺灣中學林 曹洞宗 江善慧 臺北市東門町
萬福寺專門道場 黃檗宗 星野直翁 京都府宇治町


頁一二七
平安專修學院 眞宗本願寺派 渡邊雄勝 京都市下京區北小路通大宮
北陸專修學院 同 楠法龍 福井市江戶上町
龍谷專修學院 同 松信定雄 佐賀市水ケ江町
中央佛教學院 同 高木俊一 京都府葛野郡西院村山ノ内
京都大谷專修學院 同 大谷派 清水俊榮 京都市下京區大和大路七條
眞宗勸學院 同 高田派 久保田恒麿 三重縣何藝郡一身田町
日蓮宗布教院 日蓮宗 渡邊英明 京都市下京區柿本町
富士學林 日蓮正宗 阿部日開 靜岡縣富士郡上野村上條
統合宗學林高等部 顯本法華宗 木村日保 東京市小石川區白山前町
統合宗學林普通部 同 中村日錦 千葉縣山武郡東金町
本門宗京都宗學林 本門宗 竹部日正 京都市右京區法皇寺町
本門宗富士宗學林 同 稻葉日乾 靜岡縣富士郡大宮町
本門法華宗學林 本門法華宗 釋日遵 尼崎市別所寺町
宗學林 法華宗 田邊日孝 新潟縣南蒲寺郡三條町
宗學林 本妙法華宗 上島日珠 京都市右京區花園町谷口
日蓮不受不施講門派宗學林 日蓮不受不施講門 佐藤日柱 岡山縣御津金川町
時宗々學林 時宗 寺沼琢明 神奈川縣藤澤町
勸學林 融通念佛宗 山上戒全 大阪市住吉區平上野町
私立法相宗勸學林 法相宗 佐伯定胤 奈良縣生駒郡法隆寺村
華嚴宗勸學院 華嚴宗 三宅英慶 奈良寺雜司町
佛教專修學校 曹洞宗 小松原國乘 名古屋市中區宮出町
曹洞宗關西尼學林 同 陸鉞巖 名古屋市東區柳原町
新潟尼學林 同 高橋俊英 新潟縣小出町
長野尼僧學林 同 渡邊畵仙 長野市吉田町
富山尼僧學林 同 在田如山 高岡市下關東漸院


頁一二八
第四 布教篇

內地布教と海外開教
最近、內地に於ける教義宣傳、並に海外への開教運動は極めて熾んならむとする傾嚮を呈してきた。現下の反宗問題、各種社會問題の展開の影響もあらうが、更により組織的な布教進出を望んで止まらない。最近各宗派當局より文部省へ提出せる「宗務報告」及本社直接照會の資料によりて、布教界の現勢を輯錄する。

內地布教の現勢

天台宗
天台宗の憲章に基き、天台座主親教並に布教師五十名、教區布教師百二十名を駐在、又は例期に巡回せしめ、檀信徒、特殊團體、及一般公衆に對し布教傳道す。

天台宗寺門派
内地布教は例年の如く行へるも、本期間に於ては海外及殖民地等へは特に布教師を派遣せることなし。

天台宗眞盛派
管長の御親教としては、毎年十月十二日より十八日迄一週間本山内に於て門末檀信徒中より篤信の者二百名を選拔し、其他一般有志者を集合せしめ廣く公衆の隨意參聽を公開し思想善導の為め本派所立の安心戒稱二門の妙旨を宣布し、又十一月一日より同月二十日迄授戒、戒灌頂秘密灌頂等諸會を修行し僧俗一般の大衆に公開し社會の淨化民心安定の主旨を流布し昭和の新政に對し國體擁護と佛教徒の態度とを訓示せり。又各教區に巡教師を派し教化動員の特派布教をなさしむ。

古義眞言宗
本宗の布教を十種に分け、管長門跡隨時に行ふを親教と稱し、一般布教師により行ふものを隨化、特派、駐在、本部、巡回、擴張、開教地、映畵、文書布教とす、高野山大師教會本部、金剛講を組織し、本部を高野山に、支部講社を各地に設け、布教傳道に從事す。巡回布教は三十七布教師が全國に亘つて、延日數千百十日間之を實施す。擴張布教は十五布教師が未開拓地方に於て延日數四百二十日間之を實施す、又特派布教は二十七ケ所の婦人會、青年團、海軍工廠、組合等に布教師を派遣して之を行はしめた。

特別布教として軍隊、駐在所、鐵道、郵便局等に向ひ、十四布教師を夫々派遣したる外、映畵布教班を設け、内地各地に於いて四十八回開演す。他に青年教化百四十六日、兒童教化十九日の布教あり


頁一二九
て夫々成績を舉げたり。

眞言宗醍醐派
春秋二季及び臨時に布教師をして、全國寺院を巡回せしめ、又各寺院住職に毎月二回所屬檀信徒を集めて、教筵を開かしめ布教傳道に盡力す。

本派修驗道の布教も亦同じく、巡教師を全國教會に活動寫眞を携帶派遣し布教及映寫をなさしめ、且教會所に於いて毎月二回の教筵布教をなす。

眞言宗東寺派
春秋二季及臨時に巡回布教師をして、全國本派寺院に派遣巡回布教をなさしめ、又各寺院住職に毎月二回、所屬檀信徒を集めて教筵を開かしめ布教傳道をなさしむ。又本山に於いては毎月廿一日及六月十五日境內二ケ所に天幕を張り、本派布教師並に京都專門學校學生をして各天幕傳道をなさしめる。


眞言宗泉涌寺派
内地に於ける布教は春秋二季に泉涌寺塔頭寺院に、管長の親化あり、又全國各地末寺に於て、隨時教筵を張り、本山に於ては夏安居中管長講師となり、事相の傳授並に講演あり。

眞言宗山階派
巡回布教師をして、本派所屬寺院教會等を巡回布教せしめ、又駐在布教師を置きて各寺院教會等に於て布教せしめ、又各寺院教會に於ては住職並に擔當教師をして、所屬檀信徒に對し教旨を宣布傳道せしむ。

眞言宗善通寺派
内地に於いては大阪府及九州に小野教會支部設置せられ、教規による布教を開筵す。又本派寺院に於ては夫々其寺院住職主催となり、其地方組寺の住職教師を聘して、講演會、說教等を勤めしめ、必要に應じて本山より布教師を特派し、或は管長親教を行ふことヽす。

新義眞言宗智山派
本派の教會を密嚴教會と言ひ、本部を總本山内に、支部を各地宗務支所に置き、布教傳道に從事す。又布教講習所を毎年、東京又は京都に開く。本派末寺に於て文書傳道な行ふもの多し。

新義眞言宗豐山派
傳道は一派の管長を始め、教師たる者皆その事に從ふは言を待たざる處なるも宗務所に特派傳道師十二名を置き、宗義の宣揚、國家思想の涵養、思想善導の奉仕に盡せり。特派傳道師は時々宗務所の指定、宗務支所及地方寺院の申請に依り派出し、傳道を施行すると共に、鐵道、郵便局、刑務所、軍隊、警察署、其他エ場、組合、店員、婦人會、戶主會、コドモ會等特殊の傳道に從事す。又地方各宗務支所に於て、一名以上の常任傳道師を置き、毎年一回以上其の支所下の巡教に當らしむ。現在支所傳道師百三十七名なり。

眞言律宗
奈良、三重、佐賀の各縣の布教師を派遣し、其他各寺院に於て、定例說教法語をなさしむ。

律宗


頁一三〇
宗內布教は各寺院、又は教會所に於て毎月二回以上所屬住職、又は所屬教師をして皇室中心新舊思想調和の布教をせしめ、地方の特請に應じ管長自ら出向し布教開演に努めた。教化總動員に際しては諭達を發し管長自ら宗內寺院に布教し、又興律護國龜鑑抄を著し、門末檀信徒其他一般に施し、本宗の立教開宗に基き、國民淨化に邁進すべきを示す。寺院及教會にあつては特に時局に關する布教をなきしめたり。

淨土宗
本宗の布教を、人及び方法によりて七種に分つ。即ち管長の布教を親化と稱し、門主法主の布教を親教、門主法主の管長代理なる時は巡化、布教師の布教を巡教、又特殊なる團體を對照とする時は特殊布教、夫に地方一區の布教を教區布教と稱して布教傳道に從ふ。而して又巡教に特命巡教と指定巡教の二種ありて、指定巡教は春秋二季全教區一齊に特命巡教は必要を認める都度之を行ふ。

又昭和七年三月は宗祖法然上人降誕七百五十年に相當するを以て本年度より舉宗一致大師の盛德を鑽仰し其恩德に報いるため管長より特に親諭を發布し、傳道に記念事業に夫々努力しつヽあり。

淨土宗西山禪林寺派
親教は京都府、三四日、寺院ニ〇箇寺。愛知縣三七日、二三ケ寺。山口縣九日、九ケ寺。岐阜縣二一日、二五ケ寺。兵庫縣二九日。一八ケ寺。滋賀縣九日、六ケ寺。石川縣五日、三ケ寺。計一四四日、九四ケ寺に亘りて實施さる。其他、巡教師は全國各府縣に巡回布教を實施す。派遣回數一四八。巡教寺院五六五ケ寺なりき。

淨土宗西山光明寺派
本年は前年度と異ならず、本派管長は天壤無窮の皇運を扶翼し奉ると共に、安心起行を要とせる一派の教旨信仰によりて、國體の精華を益々中外に發揚せしむる為、親諭並に諭告を接し、以て之れが普及實現を計るべく、宗立諸學校及關係諸學校教育の振展に力を傾注し、尚ほ各地方末剎に布教師を派出して傳道を專らとし、加ふるに文書、其他の方法を以て教化に力む。

光明寺大本山としては、御忌大會、春秋彼岸、布薩會、西山忌、元祖講等の定例法要毎に布教す。

管長は一派の教學を統轄するも本山法要を初め、五重會、授戒會、高僧大遠忌、紀念傳道又は其他の特請により、直接布教に徒ひ、信仰鼓吹に努む。

其他末刹に布教師を定期に派する定期派出布教あり、末剎は又此の外は臨時特殊布教の法要を營み布教に努む。文書傳道としては定期刊行物。施本用印刷物、トラト等を發行す。

淨土宗西山深草派
布教を分ちて一、親教、ニ、巡教、三特別布教三種とす。その布教の方法は管長並に管長候補者が各教區内に日數を定めて親教をなし、兼ねて其地方の信仰狀况を親しく視察して、門末信徒の信念を策勵するを定期親教とし、特請に應じて、授戒會、五種相傳會等に、傳戒師、一傳燈師として教化するを臨時親教とす。

昭和五年度にありては、管長は特請に依り、授戒會、五種相會傳等には臨時親教


頁一三一
せられし日數二十五日、管長候補者が臨時親教せられたる日數二十日間。

布教師を各教區末剎寺院に派遣し、教義信仰の宣傳をなさしむ。之を定期巡教とし、寺務所に於て春秋二期に期日及會所を指定して布教師を派遣せしむ。其日數壹百七日、布教師八名、特請に依り布教師を派遣するを特別巡教と云ふ。布教師五名、其日數四十五日。

地方青年團斡部講習會、婦人會、日曜學校等に布教師を派遣して講習せしむるを特別布教と云ふ。其日數五十日、巡教師九名會場十五ケ所。

臨濟宗天龍寺派
本派の布教は管長親教及普通布教とす。管長親教としては、毎月三日間大阪市金山會に出張講演す。普通布教としては第一教區より第七教區に三月より五月に亘り約十日間宛布教を實施す。

臨濟宗相國寺派
内地に於ける布教に就きては本宗七派(南禪、大德、東福、建仁、天龍、相國、永源の七派本山)聯合布教團の下に各派を通じて之を行ふ。其布教の概况中、管長親化は兵庫縣福圓寺、同繼孝院に於て提唱、觀音像落慶供養を行ふ。

布教師派出巡教は京都を初め七府縣に六布教師を派遣す。日數九十四。


臨濟宗建仁寺派
内地にかける布教の概況は、昭和五年三月一日より四月十五日に至り、約四十日間、本宗各派聯合教師七名を簡派し、當派末寺山口縣、大分縣、福井縣、滋賀縣、岡山縣、京都府下の各寺院及長崎市の各寺院に巡回布教せしむ。

臨濟宗南禪寺派
東京、京都、大阪、埼玉、愛知、岐阜、三重、滋賀、福井、兵庫、島根、滋賀、一奈良、山ロ、大分の三府十二縣に亘り、一臨濟宗七派聯合布教師二十三名を派遣して、巡教に從事せしめたり。

臨濟宗妙心寺派
内地の布教は管長親化、及定期臨時二種の巡教師派遣に分つ。管長親化は三月下旬三重、大分兩縣下、又九月に於て臺灣各布教所、十月に於て岐阜縣の各地に親教。

臨濟宗建長寺派
内地布教としては、管長は東京市、橫濱市、東京府、神奈川縣、埼玉縣、群馬縣、靜岡縣、各地に公式親化巡錫あり。其他應請法話、講演、講座、提唱、其他例月禪會に飛錫して判明せる教席百七十席、定期布教は春秋二季とし、七員三十一教場五十一席とす。其他に臨時布教師派遣、六員六席なり。

臨濟宗東福寺派
本年度内地各府縣に七派聯合布教師、一又は本派單獨布教師を派遣、開筵三百七十五回、其聽衆約十萬七千人ありたり。

臨濟宗大德寺派
管長親化、定期は、每月に本山に婦人會を開催し講話をなし。毎月二日間。大阪市天滿の寒山寺に於ける禪學會に。毎月一回兵庫縣武庫郡の、青木婦人會に赴きて、提唱、入室を開く。その外臨時親化をなす。


頁一三二
布教師派遣、三月一日より六十日間、本宗各派聯合布教師を派遣し、各地派遣寺院を巡回布教せしめたり。

臨濟宗圓覺寺派
管長は毎月東京一如會及至誠會に於て參禪提唱せり。

尚ほ靜岡縣、福島縣、新潟縣、神奈川縣等の一圓の本宗各寺院に布教師をして巡回せしむ。

臨濟宗永源寺派
内地に於ける布教の概况は、三月一日より四月卅日まで、巡教師を全國各教區に派遣し開教傳道せしめ、其他は各寺院の住職を以て布教宣化に從事せしめたり。

臨濟宗方廣寺派
管長親化布教は例年の如く、派内の巡教は勿論、各地に接心會、修養會等を設立し、毎月例會を開催するの外各種の團體、其他會社工場時に於て隨時講筵を張り、以て教化に努む。派內布教は毎年春秋二期に於て、本派布教師又は他より布教師を聘して各教區を巡教せしめ、一般民衆の為め信念の培養思想の善導に努カせり。文書傳道としては隨時パンフレツトを發行する外、地方の新聞雜誌社と連絡を執り以て目的の達成を計れり。

臨濟宗佛通寺派
本派に於ける布教を常住布教及び巡回布教の二種に分つ。常住布教とは各寺院住職自坊に在りて每月檀信徒を集合して便宜布教するをいひ、巡回布教とは管長又は教師が臨時日程を定めて末派寺院を巡回布教するをいふ。

本年度に於て管長は廣島市、吳市、福山市、廣島縣瀬戸田町、大阪市天王寺區法雲寺、住吉區山本方京都市、滋賀石山、姫路、兵庫に於て一般檀信徒の為に禪書提唱並に參禪實究せしむ。巡回布教としては四月十日より五月三十日迄、教師ニ名及囑託巡教師一名をして末派各寺院を巡回布教せしむ。

臨濟宗國泰寺派
內地布教は概ね富山縣、石川縣に涉り一般の信仰極めて濃厚なり。

臨濟宗向嶽寺派
本派本山專門道場に於て恒例攝心會祖錄の提唱をなし緇素を教養し其他東京市駒込蓬莱勝林寺内に向嶽寺派專門道場を設け東都に遊學の大學生を毎土曜日集合せしめ、專ら精神薰育の指導をなし、且つ京濱間の紳士より成る華藏會、各地慈惠院等の聘請に對し講演又は提唱に應じ、武藏小金井の春秋莊には微笑會と設け入會の居士等の為に獨參の便を與へ、轉じて北海道札幌郡手稻村て歸岫軒を設立し地方民の為に專門道場を置き教化の收功名實を完ふし聊か濟世護國の任務を盡しつヽあり。

曹洞宗
一、布教講習會、例年春季を期し巡回布教として全國に七十四名の布教師を巡回せしめた事も本年度はこれを休止し布教講習會を開催して、實地布教に從事し居る者百六十名を講習生とし十日間本宗の宗意、教養を主とし、其他布教に必要なる各種の事項を講習せり。

二、地方布教、曹洞宗布教規定の定むる


頁一三三
所に依り、各府縣宗務所區劃に五十二布教部を設け、布教部に委員長一名、委員及布教師若干名常在して隨時巡回布教をなさしむ。布教師總數五百七十名とす。

三、北海道布教、曹洞宗北海道布教獎勵規定の定むる所に依り、北海道廳管内に布教師をして巡回布教せしむ。

四、軍人布教、曹洞宗軍人布教規定の定むる所に依り、陸軍衞戍地、海軍鎮守府所在地を通じて軍隊布教師四十三名を常在し隨時適宜の場所に布教講演せしむ。

五、刑務所布教、曹洞宗刑務所布教規定の定むる所に依り、千葉縣外二箇所に布教師三名を任命し教誨に從事せしむ。

六、其他一般布教、鐵道、鑛山、エ場、警察、專賣局、郵便局、在鄉軍人、青年團、處女會、其他各種の團體につき二百餘名の布教師をして適宜の布教をなさしむ。

黃檗宗
管長は大阪、福井、滋賀、兵庫に親化布教をなしたり。寺院七、日數三十七日、特派布教としては大阪、滋賀、山口、兵庫、岐阜、愛知、に巡教師を派遣せり。日數七十三日、寺院二十三ケ寺。定期巡回は、昭和五年七月に十日間、大本山に於て布教研究會を開催したる為、本年度は見合したり。

眞宗本願寺派
布教は特殊布教、定例布教、臨時布教の三つに分つてゐるが、特殊布教とは軍隊、刑務所、エ塲、商店等に對しての布教或は映畵文書布教等を言ひ、刑務所布教は之を社會事業の一として最もカを注ぐ所であり、現在全國六十五ケ所に於て之を行つて居る。定例布教とは本山又は地方に於ける月次の布教であり、臨時布教とは特定の標目の下に特定の地域で行ふものである。而して全國を二十九の教區に分ち、夫々管事并に教務參寺教學司察を置き數多の布教使その下に活洞を續けて居る。

布教研究所は内田光融氏所長として、實際布教上の凡ゆる研究に從事する。最近には地方に於ける一般宗教事業、地方信仰事情及思想傾向、派內布教機能に關する事項、社會特殊事情等の調查を始め、一方各宗教及宗派の狀勢、派内異安心狀况、各種社會問題及社運動に關係事項、教化施設に關する事項、各種統計に關する事項、其他布教資料竝に布教機能に關する事項等に就て末派よりの質疑に答へる等、獨特の活動を續けて居る。

眞宗大谷派
布教使、布教使補、刑務教誨師、軍隊布教師、海外開教師、同開教員、映畵宣傳、事務囑託等により凡ゆる機關を通じて各種の布教傳道に從事す。斷えず總會所、高倉會館●東京心光會館、婦人法話會所に於て布教す。又一ケ年間に約三百名の布教師(來年は二五三名)一ケ月に五日乃至二十日間一定ケ所に滯在しつヽ、一定の布教線を巡同す。駐在その布教線は一七線である。特に東京等は、本山又は東京出張所より定例線を敷き巡回す。駐在布教は全國の須要地に布教使を駐在せしめ軍隊、警察、鐵道び及工場、從業員の傳道に從事し、現在の全國駐在布教使任地は東京、金澤、京都、大阪、名


頁一三四
古屋、札幌、高田、其他計三十二ケ所在在、布教使計五十九名。刑務所布教は六十七布教使が二十九刑務所に布教す。尚特別布教使として四月中、京都、臺灣、八月中朝鮮、十月各地樞要の場所、十月下旬より十一月東海地方、九州地方、北陸地方、關西地方に法要特別傳道をなせり。

教育養成機關として、傳道講究院あり。毎年一回、ニケ月乃至六ケ月間甲種、乙種に分ち、之を開催し、一方大谷大學專門部には傳道講座を設け專らその養成に努む。又刑務所教誨師養成のために東西本願寺合同にて刑務教誨練習所を毎年一回開催す。

眞宗高田派
布教師を東京、京都、大阪、三重、靜岡、岐阜、神奈川、栃木、愛知、新潟、藤井、北海道に派出巡回せしめ、寺院教會四六一、講社說教二四二、刑務所二一二其の他五〇一個所に於て布教所せり。


眞宗興正派
布教を分ちて管長巡回、一般出張布教とする。管長は本年度は香川縣下に一ケ月間、大阪府下に十五日間、鹿兒島縣下に廿五日間、巡回布教をせり。一般出張布教としては各縣下に春秋二回派内選出の布教使及講師を派遣し、其他駐在布教師を以て巡回せしめたり。


眞宗佛光寺派
布教及教師僧侶の教養狀况は、前年と敢て異ならず、而して精神作興詔書の主旨を奉體し、之が貫徹の為管長は昨年は北海道へ本年秋期には大和地方へ巡教ず。


眞宗木邊派
内地に於ける布教の概况は、本山に毎月三回(三日、十六日、二十八日)法筵を開き、二十八日には特に法主の親教あり、又毎年一月九日より同十六日迄宗祖大師御正忌七晝夜間、及春秋彼岸會には毎月法座を開き、眞俗二諦の宗義を宣傳せり。

末寺にありては毎月兩度の御命日、並に報恩講、春秋彼岸は定時に法筵を開き、又臨時に法義引立說教を設け專ら宗義の宣傳に努む。

又全國の教區を東西中央の三區に分ち、東西には春秋に使僧を派遣し、中央部に在りては毎月定日に布教使を派し專ら傳道に努む。

又本年は東京、大阪、滋賀、京都、山口、福岡、兵庫、熊本、愛知、等法主の巡教あり隨行布教師の講演ありて宗義を宣傳し特に思想善導に努めたり。

眞宗出雲路派
内地に在りては門徒は信徒に對し本山、末寺、說教所及び公私の會合に於て、定期、臨時、宗義に定むる所に依り、說教、講演を為せり。

本山に於ては每月兩度の忌日、春秋彼岸法要、(七日間)夏安居、夏季講習(二十七日間)の開設等又全檀信徒所在各地に布教使を派遣し、說教、講演を為し信仰の鼓吹德性の涵養に努めたり。


眞宗山元派
毎月二回定例、本山内、春秋二期に布教師をして管内を巡回布教せしめ、特に青年の思想善導に努む。


頁一三五
眞宗誠照寺派
本年度内地布教の概况は、毎月第二日曜に、軍隊布教、春秋彼岸會、六月十八日、八月十八日、宗祖大師報恩講に公衆布教、他に毎月二十七日常例說教あり。自二月七日至四月二十日、第一教區乃至第十教區を巡回布教す。自七月二十五日至十月十七日、第一教區乃至第十教區を巡回布教す。

眞宗三門徒派
内地に於ては福井縣下を初め東京、大阪の二府兵庫等、北海道管内に布教師を派遣して民風作興の聖旨徹底を主とし、勤儉獎勵の宣揚に努めたり。重ねて巡月一日より布教區に特派布教師を派し教化總動員に關し、並に公私經濟緊縮會趣旨の普及に努めしむ。

日蓮宗
本宗の布教方法は口演、文書、又は訓育、慈濟等其對機に應じ感化を與ふることを旨とし、全國を十八教區に分ちて布教す。而して其布教は管長の親教、内地布教、開教地布教、海外布教、慈濟事業とし、布教の狀况等にては、巡教監を任命して視察せしむ。派遣布教とは定められたる各教區、寺院、教會所、說教所又は其他の場所に於ての布教にして現在の派遣布教師は十九名である。駐在布教とは必要と認めたる軍隊、軍港、エ場及刑務所或は新設布教所其他に於ての常例布教とす。教區布教といふは毎年一回以上教區内の寺院佛堂、教會所に於て布教をなす。而して教區は十八教區に分ち各布教監を置きて教區布教の監督其他布教一切に關する事項を取扱はしむ。各教區には專任布教師五名以上を常置す。現在布教監數十八名、專任布教師數百五十六名に上る。文書傳道は『日蓮主義』を毎月發行するものにして將來は一般國民の間に徹底させる目的を有して居る。特種なる形態を有する布教法として加持祈禱をなす修法師の制あり。布教師を養成する為には日蓮宗布教院を設け、感化救濟や社會公益の增進を旨とし、兼ねて布教傳道の為に慈濟事業と稱し、社會事業を營んでゐる。

日蓮正宗
内地の布教は管長第一教區の一部第四第五第六各一般第七第八の一部を親教し、又布教師、宮本義道に命じ第二第三各一般第四の一部を、同松永行道をしては第八第九一般第十の一部を同山本說道をして第一第七各一般第十の一部同櫻井行道をして第四の一部第五第六一般を夫々布教せしめたり。

顯本法華宗
布教部員監督布教師二名、特命布教師七名、布教師十六名を派す。管長は毎月千葉市に於て布教、其他京都、大阪、東京、栃木、福井、千葉、縣下を巡教せり。

監督布教師は廣島、山口、福岡、北海道、朝鮮、靜岡、千葉、福島、の各地に巡教せり。又特命布教師を臨機派遣巡教せしめたり。布教師は擔任區域を定め常に巡教せしめたり。殊に濱松、福島、福岡、開拓の為め充分の宣傳を試みつヽあり。

本門宗


頁一三六
京相府參名、山梨縣、靜岡縣、神奈川縣、島根縣へ貳名、大阪府、和歌山縣、奈良縣、兵庫縣へ四名、福島縣、宮城縣へ勸布教講講習の為參名、千葉縣、埼玉縣、山形縣、宮崎縣へ貳名を派遣し布教及び思想善導に從事せり。

本門法華宗
刻下の社會的情勢に鑑み從來の如く全國教師並に專任布教師を激勵して專心宣教に努力せしめ本年は恰も聖祖六百五十遠忌を迎へ特派布教師を十名選舉して、之が布教の徹底を期し全力を傾注せり。管長代理として宗務總監を派遣し内地一帶北海道朝鮮滿洲大連臺灣等に巡教せしむ。尚本年度教會出願廿五件にして中認可を得たるもの十二件なり、文書傳道として「法の響」は從來の如く繼續せり。

法華宗
内地は布教區を九に分ち各教區宗務支所長は其教區の教監として區内寺院の定期及臨時布教を監督し、且巡回布教を行ふ。而して各寺院に於ては定期に年三回以上の講演を開催せり。

本妙法華宗
本來に於ては布教監督(缺員)、布教員八名を常任し、京都、兵庫、福井方面を主として布教せしむ。

日蓮宗不受不施派
内地布教は適宜に教師を派遣して之を為さしむ。

日蓮宗不受不施講門派
管長及教師は岡山縣、大阪府、京都府、兵庫縣、東京府に於て管長は寺院四〇、教會八五、講社一五〇、布教師は寺院五〇、教會二八六、講社三九二個所に布教せり。

本年度に於ける布教方針は信念の確立、報恩道德の鼓吹を說く。

布教師は世界經濟界の狀勢よりして國民財政緊縮を說き大に勤儉カ行主義を高調、飽くまで日蓮主義を力說し強く民心の緊張を促す。

本宗所屬寺院、教會には本化尚信會を組織し、毎月一回以上檀信徒を召集し、說教講話を開催し教化に努む。

時宗
布教は管長之を統轄し、本宗の教會の任務として機宜に應じて布教せしめ、且つは隨時親ら巡教し、又布教使を派遣して布教せしめつヽあり。本年度親教は、兵庫縣、福井縣、滋賀縣、茨城縣等に實施し又布教使を東京、埼玉、栃木縣等に派遣して布教せしめたり。

融通念佛宗
本宗々規第六號に依り特派巡教、定期巡教を行す。本年は奈良、京都、三重(一部)、大阪に布教す。主旨は民力涵養、思想統一、尊王護國の鼓吹及び宗義宣揚にあり。

法相宗
管長の巡回布教は、京都、大阪、奈良、鳥取、富島、名古屋各所に隨時巡錫し尚ほ本宗管主及布教師の巡回布教をなす。朝鮮全道は春秋二季管長巡錫布教。

例月布教は大本山興福寺、大本山法隆寺、大本山藥師寺、中本山清水寺、小本山法起寺其他寺院、教會、並に說教所に


頁一三七
於ては各擔任教師毎月二回以上布教傳道す。

華嚴宗
内地に於て本山若くは末寺說教所等を使用し法話會を催し、此外近府縣の學校、工場、團體、刑務所等の希望に應じ僧侶を派遣し、通俗講話をなし、教義の宣布、智德の涵養に努力し、尚教學部社會課にありては婦人會員の指導計劃活動寫眞班の巡回映寫、兒童宗教教育の日曜學校、其他青年の為めに夜間中學校を開設し、青年訓練を加味し、尊皇護國の精神を皷吹し、民風の作興に務め根底ある國民道德の普及並に國家的觀念の涵養に力を竭せり。

海外開教の現勢

古義眞言宗
本宗は布哇、臺灣、滿洲、朝鮮、樺太に開教監督を置き米國支那本土其他必要と認むる土地に開教師を派遣し教化に從事せしめ目下の布教狀態左の如し

布教區域 布教者數 寺院 教會 信徒
北米合衆國 一 〇 一 四五
布哇 一三 五 一一 一、三五一
臺灣 九 三 九 一、六九二
滿洲 一八 一一 二一 二、二三六
朝鮮 一七 一一 五五 四、八二八
樺太 九 一 一七 二、一一三
支那本土 四 二 四 一、〇二九
計 七一 三三 一一八 一三、二九五

布教費は宗派の補助並に檀信徒に喜捨のよつて充當す。

眞言醍醐派

米領布哇ホノルルに開教監督を置き、各島に寺院及教會所を設け、教師をして内外人に本派の教旨を徹底せしむ。

朝鮮に於ては京城に布教管理者を置き寺院及教會所に於て本派教師として內鮮人に對し布教せじむ。

本派修驗道は以上の開教と協力し更に米頷布哇に教會所三ケ所を設置し各駐在布教師をして内外人の布教に從事せしめ布教監督を置き、之か管理をなさしめる

朝鮮に布教管理者を置き、二十三ケ所に教會所を設置し教師をして布教せむ

滿洲安東縣に教會所を設し教師をして布教せしむ。

尚中華民國青年には大連に於て本派布教師四名布教に從事す。

樺太に於ては教會所七ケ所を置き、教會をして布教せしむ。

新義眞言宗智山派
朝鮮、臺灣、樺太の植民地に於て布教に從事するものも三十一名なり。
朝鮮、布教者十五名、教會五ケ所、信徒二一二五名あり。

新義眞言宗豐山派
朝鮮に十五ケ所の開教所ありて、開教師長一名、開教師七名が傳道に從事す。

樺太に四ケ所の開教所ありて開教師長一名開教師三名之が傳道に從事す。

北海道に二十三ケ所の寺院並に開教所ありて開教師長一名開教師十六名之が傳道に從事す。

淨土宗
本宗が初めて開教區制を設けしは明治


頁一三八
三十一年であるが、大正十一年全部の制度を改めて現在五開教區。臺灣開教區。朝鮮開教區、樺太開教區、支那開教區、布哇開教區がある。尚南米、南洋等の植民事業の勃興につれて各地に開教する者潮く多きを加ふるに至つた。

開教區 寺院及教會所數 在留開教師員數 信徒戶數
臺灣 一七 三〇 五一六〇
朝鮮 四〇 七七 二七三〇〇
樺太 二〇 三二 七八〇〇
支那 一九 三三 四八四〇
布哇 一七 三七 四四〇
計 一一三 二〇九 四五五四四

臨濟宗妙心派
海外の布教は主として支那にして、青屋新吉林妙心寺別院に細川禪英を、大連市圓山臺妙心寺派別院に圓山太嶺を、安東縣鎮江山臨濟寺に飯塚江嶽を、鞍山赤城町妙心寺派布教所に野々垣東英を、張店櫻木町妙心寺派布教所に岐津宗禪を、奉天新高町妙心寺派布教所に平手泰岩を撫順西町妙心寺派布教所に見岳博應を、夫々派遣しあり、その狀况は寺院一、說教所六を有し檀徒七〇四人信徒三四八〇人あり。尚連山關及濟南商阜にも妙心寺派布教所あるも目下缺員なり。

臨濟宗圓覺寺派
米國口ーサンゼルスに圓覺寺派前管長古川堯道氏を布教師として派遣す。

曹洞宗
本來に於ては開教事業を特別布教と稱す。京城に布教管理を置き、布教師四四市布教師補二五を駐在せしめ、漸次教城の發展を計れり。現在寺院二十三布教所三十三、布教管理部を京城曹洞宗別院内に置き現在寺院二十一、布教所三十七あり布教管理部を大連市常安寺内に置く布教師九、布教師補六、臺灣布教は明治二十九年五名の布教師を派遣して布教に從事せしに始まり、現在寺院六、布教所九、布教師十七名、同補八名を派遣し移住民及土着者の布教に從事せしめつヽあり。樺太布教は明治四十年樺太布教區規程を制定し、現在寺院十四、布教所十六、布教管理部を大泊町楠溪寺内に置く、布教師七七、布教師補十八。

布哇布教は大正五年布哇布教法を定め現今寺院七、布教所二あり、布教管理部をホノルル市ヌアヌ街曹洞宗別院に置く布教師十二名、海外布教は明治三十七年海外布教師に補助金を給し、海外に布教せしめつヽあり。其重なるものは支那間島、天津、揮春、上海、漢口、濟南、青島、北平、吉林、ハルビン、南美祕魯、米國ロスアンゼルス、マユラ、ダパオ、シンガポール、南洋スレパン、南洋サイパン等で中華には寺三、布教所七、教師十二名ある。

黃檗宗
朝鮮布教監督所は朝鮮鎮海日之出通鎮海布教所にありて、布教者二名、布教所二ケ所信徒五百五十名、内、内地人四百八十名、鮮人七十名。布教費は私費を以つて之を行ふ。

眞宗本願寺派
開教事業は開教監督區域を樺太、露領西比利亞、南米、南洋に區分し、開教監督を置いて開教に從はしめ、臺灣、朝鮮支那及英領香港、北米合衆國及英領カナ


頁一三九
ダ、布哇に開教教務所を置き、開教總長をして監督せしめ、現在各地に別院其他約三百を置いて開教に從事せしむ。本派に於て特に盡力するは北米及布哇の開教にして、米國に於ける佛教傳道の端緒は明治三十二年九月、在桑港佛教信徒の請願により、時の本願寺宗主光尊師が薗田宗惠、西島覺了の市兩名を開教使として派遣せられしに開け、爾來在米邦人の增加と發展に伴ひ年を逐ふて布教場の新設せらるヽに至り、大平洋沿岸及山中部諸州並に英領加奈陀ピー、シー州に於て本願寺派に屬せる布教所は三十五に及び駐在の開教使は五十名に達す。尚本願寺派の教會以外に最近に設立せられたる日本佛教宗派に屬するものにして眞言、禪、日蓮宗の布教場は十數ケ所に上る。米國の佛教傳道は開教當初の事情よりしても、主として在米日本人間に限られたるも、桑港に於ける本派教會は夙に對米人布教を開始し、最近には尚、東漸禪窟の設立により、佛教の學的研究志望者の為に特別の機關の設立を見るに至つた。

本派布教機關として北米開教本部を加州桑港パイン街に置き、北米開教總長は增山顯珠、賛事は、猿橋雷笑とす。又開教本部は本派本願寺の北米に於ける四十餘の教會の統制機關にして、北米教團の布教、教育其他一般社會的事業の統一を計つてゐる。

(教會名) (所在地)
サンフランシスコ佛教會 加州桑港市パイン街一八八一
サンノゼ佛教會 加州キンタクラフフ郡サンノゼ市北五街六三〇
プラサ佛教會 加州プラサ郡
ポートランド佛教會 オレゴン州マルトノマ郡
タコマ佛教會 華州ピーアス郡タコマ市
ソートレーキ佛教會 ユタ州ソートレーキ郡ソートレーキ市
バカピル佛教會 加州ソノマ郡バカピル市
ワツソンピル佛教會 加州サンタークループ郡ワツソンピル市
フローリン佛教會 加州サクラメント郡フローリン村
サリナス佛教會 加州モントレー郡サリナス市カリホルユヤ街
ベーカースフイルド佛教會 加州カーン郡ベーカースフイルド市
サンルイスオピスポ佛教會 加州サンルイスオピスポ郡サンルイスオピスポ市外
スタツクトン本願寺佛教會 加州サンオンキン郡スタツクトン市
サクラメント佛教會 加州サクラメント郡
フレスノ佛教會 加州フレスノ郡フレスノ市カーン街一三四〇
オクスナード佛教會 加州ベンチユラ郡オクスナード市街六〇一
キングス佛教會 加州キングス郡ハンポド市
エルセントロ佛教會 加州インピリアル郡エルセントロ市
カナダ本派佛教會 カナダB・C州バンクーパー市


頁一四〇
フエヤピユー佛教會 カナダB・C州ベンクーバー市
西第二街佛教會 バンクーバー市
ミツシヨン佛教會 カナダB・C州ミツシヨン市
ステブストン佛教會 カナダB・C州ステブストン
新西院佛教會 カナダB・C州サベルトン
オークランド佛教會 加州オークランドジヤクソン通
アラメダ佛教會 加州アラメダ郡
ロスアンゼルス佛教會 加州ロスアンゼルス市
プローレー佛教會 加州プローレー市
サンタバーバラ佛教會 加州サンタバーバラ市
シヤトル佛教會 ワシントン市シヤトル
オープン佛教會 加州プラサ郡
デンパー佛教會 コロラド州デンパー郡
パークレー佛教會 加州パークレ郡チヤンニングウエ
オーナツツグロープ佛教會 加州オーナツツグロープ市
レーモント佛教會 カナダ、アルバーター州レイモンド市

布哇開教は明治三十年にその端を發し本願寺光尊宗主によつて開かれたものである。三十年六月布哇別院創立以來漸次布教場を增設し、現在布哇別院を始め四十六布教坊、十六出張所を數ふ。對白人傳道は布哇別院を中心として熱心なる白人研究者五十餘名集合し、其中信徒たらんとする者は入門式を受ける規定にして有識階級の人々の間に漸次信徒數を增しつヽある。

布哇に於ける本派布教所を左に示す。

布哇別院、ホノルル、駐在布教使今村惠猛他七人ありて、專ら布哇、開教の統制機關として布教教育事業等の事業に當る。

(布教所名) (所在地)

布哇島ホノルル市の部
マキキ布教場 ホノルル市
モイリヽ布教場 同市
バラマ出張所 同市
カカアユ出張所 同市
マノア出張所 同市
カリヒ出張所 同市
オアフ島の部
アイエア布教所 アイエア
プールア出張所 同
ハラワ出張所 同
ワーユル出張所 同
ポーリシチ布教場 ポーリシチー
ワイパフ布教場 ワイパフ
エワ布教場 エワ
ワイアナエ布教場 ワイアナエ
ワヒアワ布教場 ワヒアワ
ワイカルア布教場 ワイカルア
アワイロア眞宗教會 同
カフク布教場 カフク
ワイマナロ布教場 ワイマナロ
マウイ島の部
ラハイナ布教場 ラハイナ
オロクル眞宗教場 オロクル
カナバリ出張所 ラハイナ
ワイルク布教場 ワイルト
カフルイ布教場 カフルイ
プウネー布教場 プウネー


頁一四一
パイア布教場 パイア
ハアクアポコ布教場 ハアクアポコ
クラ布教場 クラ
パウエラ布教場 パウエラ
ハナ布教場 ハナ
ラナイ布教場 ラナイ市
ハワイ島の部
ヒロ布教場 ヒロ
椰子出張所 同
オーラ布教場 オーラ
パパイコウ布教場 パパイコウ
ホノム布教場 ホノム
パカラウ出張所 パカラウ
ハパアロカ布教場 ハパラロカ
ホノヒナ布教場 ホノヒナ
パアウイロ布教場 パアウイロ
ホノかア布教場 ホノかア
コハラ布教場 ニウリ
ハラク出張所 コハラ
コナ布教場 コナ
ホーケナ出張所 同
ホナウ出張所 同
ケーイ布教場 同
ホルアロ出張所 同
ナアレフ布教場 ナアレフ
ホノアポ出張所 同
パパラ布教場 パパラ
カワイ島の部
キラウエア布教場 キラウエア
ケアソカー布教場 ケアソカ
カパア布教場 カパア
リフエ布教場 リフエ
コロア布教場 コロア
エレエレ布教場 エレエレ
ワイメア布教場 ワイメレ
マカベリ四愛出張所 マカベリ

眞宗大谷派
北海道の開教には早くより從事し、六別院を有して居る程である。現在に於ては開教地を左の七區域に分ち、各開教監督部を置き、五十八名の開教使、五十五名の開教員が各その傳教に從事して居る。

朝鮮には開教監督部を京城南山町京城別院内に置き、仁川港寺町仁川別院、元山西町元山別院、木浦務安通木浦別院の開教事情の統括機關に任じて居る。その管轄區域は朝鮮一圓及間島、揮春に及ぶ

滿蒙開教監督部を支那大連市若狹町大連別院内に設け、滿蒙一圓を管轄す。

北支開教監督部は支那天津日本租界福島街天津別院内によりて北部支那一圓を受持つ。

長江開教監督部は上海虹口武昌路上海別院内に設けられ、長江一圓及英領海峽植民地を管轄す。

南方開教監督部を臺灣臺北市壽町臺北別院に設け臺灣一圓及南部支那を管轄す。

北米開教監督部を米國カリフオルニア州ロスアンゼルス市サバナ街羅府別院に設け、合衆國、カナダ及メキシコ一帶を管轄區域とする。

布教開教監督部を布哇ホノルル市スミス街布哇別院内に設けて布哇一圓を受持ちて開教す。

其他に樺太に向つても開教を開始し旣に津大豊原町には樺太別院あり、南洋開教にも盡力す全體を通じて寺院二四、布教所八十七、開教使一七三名。

眞宗興正派
開教狀態左に示す。


頁一四二
布教地域 布教者員數 教會 說教所 信徒
支那公主嶺 二 │ 一 五六〇
八面城 右兼務 一 │ 一二〇
四平街 二 一 │ 四〇〇
双廟子 右兼務 一 │ 一〇〇
孟賣街 同 一 │ 一〇〇
計 四 四 一 一、二八〇

眞宗佛光寺派
朝鮮に開教の道を開き說教所擔任教師三名、檀徒一九六戸、信徒男五八八、女六〇四、合計一一九二。

眞宗山元派
大正元年より朝鮮平壤、同尚川、同安東に布教所を設置し各壹名の主任開教使を駐在せしめ、内地人及び鮮人の布教に從事せしむ。布教者五名、信徒數一八〇九、說教所三。

日蓮宗
朝鮮、臺灣、樺太、滿洲等を開教地とし鹿兒島、宮崎、沖繩の三縣を當分の内開教地とし、この五開教區に夫々開教司監を置きて布教事務の外に特に委任せられたる宗務を處理し、部下布教師及僧侶信徒を指揮監督す。海外布教は外國にある邦人又は外國人に本宗の教義を宣布し感化を與ふるを目的とし、布教所又は弘通所を開きて傳道に徒事す。

布教地域 寺院 布教所又は教會所 檀信徒戶數 同人數
樺太 五 九 八八一 二、六四三
臺灣 三 四 四八六 一、九六七
朝鮮 一四 一八 一、七三〇 五、一九二
關東州 五 三 八九三 三、一六三
南滿洲 四 三 │ │
支那各地 二 一 │ │
布哇 一 二 │ │
北米合衆國 │ 四 │ │
英領馬來半島 │ 二 │ │
英領加奈陀 │ 一 │ │
計 三二 四六 三、九九〇 一二、九六六

顯本法華宗
橫山惠正、朝鮮釜山府「顯本布教所」を設立、數年に亘り專ら全道の布教に從事

岡松乾丈、支那營口を中心として布教所を設け「妙光寺」と命名し開教傳道に從事し妙光と稱する雜誌を發行す。

松鵜妙明、臺北市に三ケ所の「顯本布教所」を設立し、日蓮主義の宣傳思想の涵養の為努力し良好なる成績を舉ぐ。

本澤隆正北海道にありて專ら開拓に努めつヽあり。小林日種、日比野妙鏡尼と共に布哇にありて布教に努め目下寺院建立の準備中なり。

本門法華宗
日蓮上人六百五十遠忌記念事業として海外進展を企圖し特派布教師を北米に派遣し桑港を中心にシヤトル、ロサンヂユルス等に教線を擴張し内外人の教化に努カせしめ桑港には旣に大統領の認可を得て教會所の設立を見るに至り信徒の數七百餘名に及ぶ。朝鮮に於ける布教は開教司監、專任布教師を督勵し、鮮人教化機關として立正學院を設立す。大連滿洲に於ける布教は從來最も困難にして數次に亘りて布教師を特派し漸く歸依する者ありて教會所の設立を見る。

本年度の臺灣布教は專任教師を全島に派し特に蕃人教化に努力しつヽあり。


頁一四三
第五 事業篇
佛教者經營の社會事業一覽
◆文部省に提出されしもの、及び本社直接照會の資料に依る。
◆配列は府縣別行政區劃による。
◆宗派各略記號の外、通は通佛教、各は各派のこと。

北海道
名稱 宗派 代表者 所在地
凾館慈惠院附屬大森學校(通)寺井四郎兵衛 凾館市大森町
大谷派札幌佛教青年會附屬兒童訓育所(眞大)阿部由太郎 札幌市豊平町
北海道樺太免囚保護聯合會(通)安達俊三郎 札幌地方裁判所
凾館助成會(通)藤岡大英 凾館市龜田村
札幌大化院(眞大)助川貞三郎 札幌市南七條
北海道授產場(眞大)大照德順 札幌郡札幌村
根室自立會(眞大)岩池政治 根室町彌生町
網走慈惠會(眞大)寺永法專 網走郡網走町
釧路慈德會(通)松野嘉七 釧路市浦見町
札幌養老院(淨)安富賢亮 札幌市南六西一
佛眼教會北海道支部(眞大)和田祐意 札幌市
東京市
淨土宗社會部(淨)本多賢祐 東京市芝公園地
曹洞宗務院教學部(曹)祥雲晚成 同芝區新堀町
日蓮宗社會課(日)加藤文雄 同芝區二本榎町
築地本願寺社會部(眞本)峰田一步 同京橋區築地本願寺內
本願寺派關東社會事業協會(眞本)後藤環爾 同右
眞宗本派本願寺愛護財團(眞本)後藤環爾 同右
增上寺社會課(荏原保育園)(淨)窪川旭丈 同芝區增上寺
佛教社會事業協會(通)渡邊海旭 同深川區西平野町一
東京佛教護國團(通)道重信教 同芝區愛宕町一
智山社會事業聯盟(智)青木榮俊 同芝區愛宕町
淨土宗報恩明照會(淨)  同芝區公園地
淨土宗東京慈善團(淨)岩野眞隆 同芝區增上寺
大正大學社會事業研究室(淨)田島德音 同市外西巢鴨町慶申塚
立正大學社會問題研究會(日)馬田行啟 同市外大崎町
立正社會事業協會(日)岡田教篤 同芝區二本榎町一
眞言宗豊山派社會事業協會(豊)田中海應 同小石川區大塚


頁一四四
淺草寺社會部本部(天)大森亮順 同淺草區公園淺草寺內
護國寺社會課(豊)小野方良行 同小石川區大塚坂下町
吉祥寺社會部(曹)岩本宗國 同本鄉區駒込吉祥寺
寶仙寺兒童健康相談所(豊)富田斅純 同市外東中野寶仙寺
佛教婦人救護會(淨)松濤神達 同下谷區入谷町長松寺
千駄谷町救恤會(曹)越緒浩一 同市外千駄ケ谷町
東京養老院(淨)松濤神達 府下瀧ノ川町中里一六〇
同愛社(通)前田利定 同下谷區上野櫻木町
明照醫院(淨) 同四谷花園町一〇八
東京盲人教育會(眞本)田中賢成 同築地本願寺內
淺草寺病院(天)大森亮順 同淺草區淺草公園辨天山下
佛教廣濟會(通)今井鐵城 同本鄉區本鄉六丁目喜福寺內
同 實費診療所(通) 熊崎閑田 同牛込區箪笥町六
佛眼教會本部(眞大) 和田祐意 同淺草區淺草別院
四恩瓜生會(通)三輪政一 同小石川區大塚坂下町一三四
築地本願寺診療所(眞本)田中もと 同本所區綠町二ノ二三
新義眞言宗豊山派共豊園(豊)蒲田義陽 同府下奧戶村
勞働共濟會職業紹介所(淨)中西雄洞 同深川區西平野町一
江東職業紹介所(眞大)伊藤眞諦 同本所區若宮町三八
淺草本願寺職業紹介所(眞大)早川了祐 同淺草區松清町三八
築地本願寺職業紹介所(眞本)中尾哲雄 同京橋區築地本願寺內
護國寺職業紹介所(豊)小野方良行 同小石川區大塚坂下町一六
服業治產會(眞本)後藤環爾 同深川區猿江裏御料地內
明治會館職業紹介所(眞本)三明永無 同神田區表猿樂町二〇
大谷婦人館(眞大)阿部惠水 同淺草區松清町四〇
中央看護婦學校(眞本)梅上尊融 同京橋區築地本願寺內
大雲寺授產所(淨)西城龍堂 同本所區押上町大雲寺
同朋館(眞大)太田信次郎 同本所區石原町三
淨土宗勞働共濟會(淨)道重信教 同深川區西平野町一
淺草三軌會館(天)大森亮順 同淺草區芝崎町四六
綠山簡易宿泊所(淨)窪川旭丈 同芝公園九號地六
上宮教會宿泊所(通)加藤咄堂 同 府下日暮里町金杉一七九九
日蓮宗報効團宿泊所(日)上條陽一郎 同淺草區永住町八八


頁一四五
作興館(眞大)阿部惠水 同淺草區松清町三九
大乘館(マハヤナ學園)(淨)長谷川良信 同府下西巢鴨町庚申塚六一六
淺草寺婦人相談宿泊所(天)大森亮順 同淺草區公園五區
眞龍館(古義)高岡隆瑞 同淺草區松葉町一二ノ一號
本願寺診療所宿泊所(眞本)後藤環爾 同本所區綠町二ノ二三
東京佛教慈濟會(臨、時、黃)秋庭正道 同府下品川步行新宿七二
作興館人事相談部(眞大)阿部惠水 同淺草區淺草別院
錦華學院(日)土田行學 同府下上板橋小竹二二五六
六華園(眞本)大谷純子 同府下井荻町下荻窪
中央奉仕會(智)萩原淨空 同赤坂區青山南町三ノ六一
巢鴨自立會(眞大)武田慧宏 同小石川區大塚坂下町七四
光明少年少女會 大澤永潤 同府下落合町葛ケ谷四一、自性院
少年啟成會(淨)清水觀碩 同 府下荏原郡玉川村奧澤九一六
星華學校(曹)竹內道骨 同府下吾嬬町龜戶二四五
城東學校(豐)宮崎正義 同府下松江村小松川四二八二
施無畏學園(天)大森亮順 同府下神代村金子宮前
音羽幼稚園(豊)小野方良行 同小石川區大塚護國寺
福田會(各)影山佳祐 同府下澁谷町宮代一
和光童院(眞本)松岡了眼未亡人 同京橋區築地本願寺境內
小石川學園(淨)原田靈道 同小石川區表町七九
小石川學園保育部(淨)伊賀崎顯達 同小石川區表町七九
小石川學園兒童健康相談所(淨)廣瀨茂 同右
淺草寺保育園(天)大森亮順 同淺草區公園淺草寺內
南千住學園(淨)笠原立定 同府下北豊島郡南千住町
深川兒童園(眞本)狩野獲麟 同深川區八幡公園內
田中町託兒所(眞大)池田賢隆 同淺草區田中町
江東學園(眞本)國東秀雄 同本所龜澤町一ノ五〇
德正幼稚園(天)佐野廣中 同本所區押上町一八五
旃檀幼稚園(曹)岩本宗國 同本鄉區駒込吉祥寺內
福昌保育園(曹)上野山拙門 同府下澁谷町四六〇
大島兒童園(眞本)大友教雄 同府下川崎町大島二八〇二


頁一四六
感應幼稚園(豊)富田斅純 府下中野町寶仙寺內
福田會龜戶保育園(各)影山佳雄 同府下龜戶二九三八
東洋モスリン會社第一託兒所(通) 同府下龜戶一二六八
同第二託兒所(通) 同府下龜戶町五ノ橋四八
マハヤナ學園保育部(淨)長谷川良信 同府下西巢鴨町庚申塚
仁風會館(眞本)後藤環爾 同府下三河島町次郎新田
本願寺方南託兒所(眞本)穗積結子 同府下和田堀町方南
增上寺平塚託兒所(淨)內山憲道 同府下平塚町中延
同善會(淨)鵜澤俊成 同下谷區三輪町九九
敬愛女子學園(曹)高崎宗法 同府下大久保町字西大久保
佛眼協會盲學校(眞大)和田祐憲 同淺草區松清町四〇
杉山鉞按學校(通)小川劍三郎 同府下西巢鴨宮仲
旃檀兒童健康相談所(曹)延本宗國 同本鄉區駒込吉祥寺內
慈光學園兒童健康訪問部(淨)岩野眞雄 同府下南千住三輪二二〇
寶仙寺兒童健康相談部(豊)富田斅純 同府下東中野
三輪學院(淨)矢吹慶輝 同下谷區三輪町九九
巖松義塾(豊)田中恭盛 同府下小岩井町十念寺
江東商工學校(淨)渡邊海旭 同澤川區西平野町一
東京勞働學校(眞大)安藤正純 同淺草區松清町三九
自愛會(通)福田馬之助 同赤坂區青山南町五ノ四八
明德學園(淨)窪川旭丈 同芝區芝公園十四號地七
眞龍園(古眞)高岡隆瑞 同淺草區松葉町一二ノ一號
曹洞宗報効會(曹)小阪靈明 同府下瀧ノ川町
東京興仁會(淨)梅本龍海 同小石川區白山御殿町一二〇
兩全會(眞本)藤井惠照 同牛込區市ケ谷富久町六〇
昭和學園(眞大)阿部惠水 同淺草區
淺草無料宿泊所(眞大)早川了祐 同淺草區
同朋館保護部(眞大)伊藤眞諦 同本所區若宮町三八
眞哉會 吉田律 同府下千住町四丁目六四〇
平井學院(眞本)勝水淳行 同府下北豊島俊練馬一八四
後光會(眞本)尾原靜乘 同府下南綾瀨村小菅刑務所官舍內
齊修會(眞本)大谷尊山 同府下大久保百人町六二
八王子扶養會(通)林雅一郎 同府下八王子市萬町六五


頁一四七
東京佛教慈濟會(臨、時、黃) 秋庭正造 同府下品川町步行新宿七二
日蓮宗慈濟會(日)岡田教篤 山田一英 同府下日暮里町字谷中本三五二
南多摩郡佛教會(各)同府南多摩郡公會堂內
佛教聯合會(各)同芝區新堀町三六
日の丸幼稚園(曹)北村大榮 同豊多郡井荻町下荻窪二六九
玉ノ井保育園(曹)武田信雄 同市外寺島町玉ノ井東清寺內
大正幼稚園(曹)土藏宥法 同小石川區水道端町日輪寺內
心の會幼稚園(曹)松崎琢宗 同芝區愛宕町考壽院內
隅田幼稚園(曹) 同市外隅田町圓德寺內
明德幼稚園(曹)忽滑谷快天 同市外豊多摩郡杉並町天沼一八
白山幼稚園(天)市原廣界 同小石川區指ケ谷町圓乘寺內
寬永寺幼稚園(天)大多喜守忍 同下谷區上野櫻木町寬永寺內
ミクニコドモ園(天)石川憲雄 同淺草區森下町金藏寺內
淺草コドモ圖書館(天)大森亮順 同淺草公園淺草寺內
知德會兒童圖書部(天)水谷綱忠 同下谷區山伏町二
駒込學習指導會(天)清明圓衷 同本鄉區駒込千駄木町世尊院內
二葉學園(豊)青鹿秀與 三鷹村井口院內
金町幼稚園(豊)鈴木常光 同市外金町金蓮院內
歡光幼稚園(豊)愛澤德信 同市外巢鴨町東福寺內
尾久兒童學園(豊)中村教信 同市外尾久町寶藏院內
讀書の家(豊)和田辨瑞 同小石川區大塚坂下町護國寺內
青松圖書館(豊)南波義榮 同府下奧戶町正福寺內
護國寺悲田會(豊)小野方良行 同小石川區大塚坂下町護國寺內
施無畏會(豊)牛田惠岑 同府下瑞江村蓮華寺內
三密療養所(豊)志田慈道 同深川區龜住町法來院
常樂院人事相談所(豊)守山義鎬 府下志村常樂院內
京都府
大谷派本願寺社會課(眞大)竹中慧照 京都市東本願寺內
本派本願寺社會課(眞本)後藤環爾 同西本願寺執行所內
眞宗大谷派社會事業協會(眞大)大谷光暢 同東本願寺內
大日本佛教慈善會財團(眞本)花田凌雲 同下京區堀川通花屋町下ル門前町


頁一四八
臨濟宗東福寺派社會課(臨東) 同下京區本町一五東福寺內
京都積善會(通)渡邊郁二 同下京區東洞院六角下ル
大谷派婦人法話會(眞大) 同諏訪町通魚柵南入上柳町
聚樂佛教婦人會(眞本)眞田八千代 同上京區淨福寺通中立賣下妙林寺
實踐救濟會(臨南)仙波貫道 同南禪寺福地町眞乘院內
東福寺光明婦人會(臨東)橫幕滴泉 同下京區本町東福寺內
但一會(眞大)本多良明 同內間之町五條下ル養運寺
京極組慈濟會(淨)伊藤松瑞 同寺町通四條入春長寺內
京都養老院(通)大西良慶 京都府葛野郡花園村
京都施藥院(通)內貴甚三郎 京都下京區新橋通大和大路東入五
六條診療所(眞本)花田凌雲 同下京區油小路五屋町
濟世病院(古眞)清瀧智龍 同下京區八條通大宮西入東本町
東亞慈惠會鹽小路病院(天)延原圓證 同下京區鹽小路通高瀨東入上之町十六ノ一
三聖病院(臨東)尾關本孝 同本町東福寺內
京都婦人慈善教會(眞本)西川忠三郎 同下京區六角通烏丸
同朋協會施療部(眞大)大谷瑩亮 同烏丸高辻下ル
佛眼教會京都支部(眞大)井上智月 同下京區富小路四條德正寺
本派本願寺人事相談所(眞本)花田凌雲 同油小路通り七條下ル
信仰相談所人事部(眞本)羽栗行道 同東中筋花屋町上ル蓮光寺
和敬學園(通)樋口琢堂 同上京區烏丸通り寺之內上ル東入ル慈雲庵內
常護學園(眞大)小山乙若丸 同上京區千本通二條下ル東人東覺寺內
吉水教園(淨)日野西德寶 同上京區淨福寺通り一條上ル淨福寺內
通告受理所(眞本)大谷昭道 同市川通り本派本願寺內
衣笠幼稚園(眞言東)鳥越道眼 上京區大將軍一條町
神泉幼稚園(眞言東)鳥越道眼 中京區御池大宮西入神泉苑中
常盤幼稚園(眞大) 京都市
常盤學院(眞大)小山乙若丸 京都市
慧日幼稚園(臨東)尾關本孝 同下京區本町一五東福寺內


頁一四九
信豊保育團(通)園部マキ 同上京區丸太町日暮西入西院寺
啟成學園(淨西)松本俊誠 同岩上通り三哲上ル宗德寺
私立摩諭園(淨)吉野順應 同上京區出雲路神樂町
京都府聯合保護會(通)京都府知事 同下京區六角通神泉花町西入
同京都感化保護院(通)大澤善助 同上
至正會(淨)管原大禪 同出町橋東詰西入
丹州惠濟會(通)日野諦教 京都府與謝郡宮津町妙照寺內
南桑佛教團(通)田中善之助 同南桑田郡元郡役所內
何鹿慈攝會(通)松本濟惠 同何鹿郡綾部町淨光寺
中郡供濟會(通)中村治作 同中郡丹羽村梢寺內
葛野郡慈友會(通)林茂 同葛野郡大秦村念性寺內
宇治郡慈友會(通)河合景廉 同宇治郡元郡役所內
紀伊郡至道會(通)山口泥平 同紀伊郡伏見町西養寺內
熊野郡佛教同盟會(通)習田義徹 同熊野郡久美濱町宗雲寺
乙訓郡各宗慈濟會(通)關本諦次 同乙訓郡乙訓村光明寺內
綴喜郡佛教和敬會(通)山本龍愍 同綴喜郡大住村●讚寺內
釋放者保護會(眞)平原光親 同井手郡井手正蓮寺內
久世郡樹德會(通)同久世郡元郡役所內
愛宕郡四恩會(通)信樂眞純 同愛宕郡鞍馬村
相樂郡彰善會(通)根垣誠之 同相樂郡木津警察署內
北桑佛教道濟會(通) 同北桑田郡平尾村教誓寺內
竹野郡崇德會(通)上山彌之助 同北野郡綱野警察署內
船井郡佛教團(通)奧村英一 同船井郡元郡役所內
天田郡佛教團(通)日下高順 同天田郡元郡役所內
加佐郡佛教會(通)內海碩天 同加佐郡舞鶴町淨土寺內
伏見慈善會 大倉恒吉 同伏見市西養寺
京都吃音矯正學院(眞大)淺井春榮 同堀川通三條下ル瑞蓮寺內
京都救濟院(古眞)山下義晃 京都府天田郡長田願來寺內
京華養育院(眞大)丹羽憲願 同上京區油小路夷川上ル
平安養育院(淨)岩井智海 同上京區鞍馬口通寺町頭


頁一五〇
紫野施藥所(臨大)圓山全提 紫野大德寺町龍源寺內
京華診療所(眞大)藤波大圓 京都市
實費姙產娼相談所(眞大)鹽見春二 京都市

大阪府
大阪四恩報答會(淨) 大阪市北區西寺町西福寺內
慈善救濟會(眞)田代了實 同北區西野田町吉野東二丁目恩順寺
大阪養老院(淨)岩田民次郎 同市外天王寺字東金塚
堺養老院(各)大上良忍 大阪府堺市翁橋町
信貴山成福積德會醫院(古眞)鈴木了道 大阪市東區小橋寺町興福寺
紅葉寺無料法律相談所(淨)本澤慈洞 同南區天王寺勝山通壽法寺
願生寺人事相談所(淨)林湛由 同天王寺區谷町八丁目願生寺
西法寺人事相談所(眞本)楠龍玄 大阪府泉北郡濱寺町下石津
崇德學園(融)岩上榮覺 大阪市住吉區平野上町大念佛寺內
橋本學園(眞本)根來宰淳 大阪府泉南郡南近義村橋本明教寺內
南河學園(淨)伊藤宗圓 同南河內郡國分阿彌陀寺內
敬豊寮(眞本)安藤崇尊 同郡同村西光寺內
至誠院(眞本)和田實雄 同泉南郡田尻村嘉祥寺眞光寺內
少年高津學園(淨)田尻龍道 大阪市東區八丁目東寺町楞嚴寺內
濱寺希望院(眞本)楠龍玄 大阪府泉北郡濱寺町下石津西法寺內
積德少年治療院(古眞)鈴木了道 大阪市東區小橋寺町興德寺內
東成學園(眞本)吉田章 同東成區深江町長龍寺內
慈教學園(淨)伊藤感徵 大阪府泉北郡伯太村池上養福寺內
不動寺保育園(眞言)三好賢照 大阪市北區兎我野町
泉尾愛兒園(眞大)田中藤三郎 同港區泉尾松之町二丁目
累德文殊園(淨)山上智導 同南區天王寺大道四
私立累德尋常小學校(淨)奧村得音 同南區天王寺大通四丁目
私立心華高等補習學校(通)高倉豊子 同北區北野丁荼屋町
私立德風尋常小學校(通)渡井清太郎 同南區廣田町
私立有憐尋常小學校(通)新井長次郎 同南區榮町二丁目
岩崎篤志夜學校(同)岩崎吉松 同北區東野田町三丁目
堺累德夜學校(淨)松濤心明 大阪府堺市南半町西二丁


頁一五一
累德夜學校錦西分校(淨)同 同市錦之町西二丁
私立累德夜學校熊野分校(淨)同 同市熊野町東六丁
大阪四恩報答會附屬四恩學園(淨)松浦春濤 回西成區東入船六九八
大阪府聯合保護會(通)杉野喜祐 同堺市大阪刑務所內
大阪佛教和衷會(各)塚原大應 同北區山崎町七二三
小西壽樂園(眞本)苅谷哲公 同市三國丘町
弘誠園(眞大)有田靜曉 大阪市
和泉興德會(淨)梨原良文 大阪府泉北郡上條村專稱寺
佛教興生會(通)幸村演隨 同三崎郡豊川村朝日寺內
能仁會(各)坂口祐廣 同岸和田市沼町淨喜寺內
佛教瑞德會(各)伊藤海雲 同中河內郡大戶村芝光寺
仁濟會(本門法華)日種觀明 同河內郡友呂岐村本嚴寺內
同堺支部(各)同 同堺市田出辨井町六九八
佛教慈眼會(淨)葛野猶水 同豊野郡池田町託明寺內
興仁會(融)鹽野泰隆 同東成郡平野鄉町一〇
立正會(日)日種觀明 同中河內郡友呂岐村三井本嚴寺內
社北寮(眞本)河野玄惠 同泉北郡鳳町大鳥
生駒學院(眞本)辻本謙亮 同中河內郡大戶村石切喜贅寺內
南海學園(淨)香月孝道 同泉南郡下莊村箱作宗福寺內
共善會(淨)片岡說融 同郡同村貝掛萬願寺內
少年公德學園(淨)山田靈祥 同中河內郡意岐部村新家觀音寺內
因順寺(眞大)深澤教顯 同市此花區吉野町二丁目
佛教婦人教護會大阪支部(各)近藤轉如 同天王寺區夕陽ケ丘町淨春寺
曉明部(通)廣岡信貴知 同市此花區四貫島
鶴滿寺善憐舘診療部(天眞) 大阪市鶴滿寺
長柄通俗圖書館(天眞)大阪市鶴滿寺
櫻花幼稚園(黃)豊野郡豊中町瑞輪寺
法華寺幼稚園(曹)岡戶元峰 東淀川區柴島町法華寺內
天德裁縫學院(曹)藤井素雲 大阪市北區東寺町天德寺
佛眼教會大阪支部(眞大)和田祐憲 大阪市


頁一五二
佛教婦人救護會(淨)清水大童 神奈川縣中郡平塚町清雲寺
今泉山靜養所(淨)成實隨翁 鎌倉郡小阪旃名寺
前三ノ宮簡易宿泊所(曹)大本山總持寺 橫濱市太田町九七一
神奈川曹交會無料宿泊所(曹)中島俊明 同市久保町友町二八二
鶴見社會館(曹)黑田鐵巖 同市鶴見區潮田町
神奈川縣薰育院(曹) 中郡國府村
神奈川縣佛教少年保護會(曹)大本山總持寺 橫濱市大岡町三角田二三二一
橫濱孤兒院(通)渡邊たま子 橫濱市南太田町
四恩會育兒院(曹)村山大仙 小田原町萬年四丁目
橫須賀佛教同志會附屬孤兒院(各)植原直吉 橫須賀市深田
惠華學院(通)田中海勇 橫濱市中村町中ノ丸
藤澤幼稚園(時)原悅道 藤澤町遊行寺境內
財團法人橫濱保育園(通)渡邊たま子 橫濱市西戶部町字西原
東本願寺橫濱保育園(眞大)左右田惠順 同梅ケ枝町別院內
小田原托兒所及乳兒保護會(曹)村山大仙 小田原町萬年
中郡盲人學校(通)森純一 中郡金日村
小田原乳兒保護協會(曹)村山大仙 小田原町寶安寺
神奈川佛教慈德會(各)田中海勇 橫濱市中區中里町向田
橫濱修養保護會(眞大)大谷勝眞 橫濱市
修道會(眞大)大谷瑩潤 橫濱市中區大岡町
自修學校(曹)大井龍跳 足柄上郡曾我村瑞雲寺
松柏林塾(曹)鈴木孝順 橘樹郡高津町圓福寺
時習學校(曹)宗澤文山 橘樹郡中原町安樂寺
興風學院(古眞東)櫻井定光 中郡大礫町地福寺
圓福學舍(古眞東)木內惠澄 足柄下郡小田原町圓福寺

兵庫縣
富田佛教救護團(眞本)杉浦隨行 兵庫縣加西郡富田村專德寺
播磨佛教婦人報國會(眞本)脇阪法瑍 播磨郡平柄村
無料宿泊所(天)清水谷善照 相野驛上相野教會所內
廣濟院(天)清水谷善照 加東郡鴨川清水寺內
神戶佛教聯合天王谷學園(各)小林義道 神戶市平野天王谷西服山
西播慈光學院(眞大)七條德了 兵庫縣
慶德寮(眞本)波來谷乘勝 神戶市荒田町三丁目慶德寺內
神戶洗心學園(眞大)山森順祐 神戶市
遍照保育園(眞本)村上善孝 赤穗郡鹽谷村眞光寺


頁一五三
明照日曜教團(淨)小林義道 神戶市葺合町生田町二東極樂寺
兵庫縣聯合保護會(通)柴田常次郎 同神戶刑務所內
加東郡保護會(曹)金岡梅友 加東郡社町
同支部學而園(通)高田義襄 同港川町一〇
神戶佛教聯合慈友會(各)雲井行善 同生田町東極樂寺
自成會(通)梅本曠導 津名郡州本町甲八〇七
播磨保正會(通)吉田教靈 姬路少年刑務所內
多紀佛教團保護會(眞本)若宮正隆 多紀郡篠山町尊寶寺內
加古郡佛教各宗協會保護部(各)小鹽闇童 加古郡尾上村法音寺內
美囊郡佛教護國團(各)福岡琢明 美囊郡三木町金剛寺內
印南郡保護會(眞本)矢田賢妙 印南郡大鹽町圓龍寺
有馬各宗聯合會(各)明翫慈船 有馬郡三田町正覺寺內
但馬再生會 梶原繼之助 城崎郡豊岡刑務支所內
三省會(通)若宮清陰 明石市一番町戒光院內
育成會(通)楳泉元秀 尼ケ崎市宮町妙光寺內
相野教會無料宿泊所(天)清水谷善照 有馬郡藍村平野農場
八志路幼稚園(天)清水谷善照 加東郡社町
正福寺圖書館(天)熊谷寂澄 美方郡溫泉町正●寺內

長崎縣
佐世保養老院(淨)川添諦信 長崎縣東彼杵郡日宇村福石免六二五
長崎養老院(古眞)茂里舜龍 長崎市寺町三四
長崎開成學團(淨)大塚惠暢 同坂本町
長崎孤兒院(眞本)長井大幢 同東中町四〇
佐世保孤兒院(各)戀塚顯孝 佐世保市戶尾町
海光園(淨)川添諦信 佐世保市日字福石免六二五
淳心園第一分園(眞本)同 同大浦日之出町
稻香園(眞本)瑞穗亮爾 南高來郡西鄉村●[圓]福寺
常應寺幼稚園(臨南)木村寮應 佐世保市金比良町
惠燈幼稚園(眞大) 長崎市小濱町
佐世保託兒所(眞本)原田了哲 同八幡神社隣
淳心園(眞本)佐々木祐俊 長崎市銅座町三二ノ一
長崎縣佛教聯合保護會(各)教山祐誓 北高來郡諫早町五〇八
同北高來郡支部(各)同諫早町慶嚴寺內
島原保護會(各)菊地寬容 南高來郡島原町安養寺
長崎縣南高來郡眞宗本保護會(眞本)門慈愍 同伊福村光明寺內


頁一五四
長崎啟成會(眞本)三浦達門 長崎市片淵町二ノ五〇一
長崎縣眞宗本派長崎組保護會(眞本)小岱迦城 西彼杵郡小ケ倉村了願寺內
長崎縣曹洞宗第四組保護會(曹)木下達玄 同香燒村圓福寺內
長崎縣眞宗大谷派保護會(眞大)松林實城 同三重村正林寺內
長崎縣日蓮宗西部保護會(日)湯川泰雄 東彼杵郡西大町本教寺內
對馬各宗慈興會慈濟部(通)加納慣道 對馬嚴原町國分一四四一
長崎縣北松浦郡淨土宗保護會(淨)近藤一雄 北松浦縣生月村法善寺內
小值賀佛教慈救會(臨)良緣寺元龍 同笛吹村阿彌陀寺
長崎縣曹洞宗第二宗務所管內保護會(曹)月岡卍舟 同御廚村慈光寺內
長崎縣南松浦郡淨土宗保護會(淨)入江泰禪 南松浦郡若松村極樂寺內
長崎縣曹洞宗第五保護會(曹)幹天明 同福江村觀音寺內
長崎市佛教聯合保護會(各)長崎市岩原鄉聖無動寺內
日蓮宗東部保護會(同) 西上町本運寺內
長崎縣眞宗本派平戶保護會(眞本)長崎縣平戶
東西兩組出獄人保護會(眞本)和田耕月 佐世俣市元町教法寺內

新潟縣
慈善教濟會(眞大)杉田祥惠 新潟縣西頸城郡龍生谷村明了寺
同人會(曹)上村良光 西蒲原郡岩室村松岳庵
新潟佛教協會眼科施療所(各)山田英源 新潟市西堀通長照寺
佛眼教會新潟支部(眞大)和田祐意 新潟市
新潟無料宿泊所(曹)中山寶瑞 同礎町三
新潟育兒院(通)櫻井市作 同學校町通二番町
長岡福田會(各)土田放牛 長岡市大工町
各宗魚沼孤兒院(各)熊谷憲淨 北魚沼郡小千谷町
柳原育兒院 三井貞法尼 同小出町
寶珠育兒院(眞大)土田義範 古志郡新組村大字百束
新潟縣聯合保護會 飯島藤作 新潟刑務所內
新潟縣保護會(通)林金次郎 同濱田中町八三五
中越悲田會(通)齋藤高吉 長岡市長岡警察署內
栃尾鄉慈惠會(通)中村萬之助 古志郡栃尾町
中頸城郡高田市慈善協會(通)渡邊鶴藏 高田市高田警察署內
東頸城郡佛教團(通)長尾亮俊 東頸城郡安塚村添井寺內
刈羽郡慈濟會(通)田邊松巖 刈羽郡元郡役所內
三島郡保護會(通)佐藤賢治 三島郡元郡役所內


頁一五五
北魚沼郡南部免囚保護會(通)坪谷準次郎 北魚沼郡小出町正圓寺內
中魚沼郡德化會(通)後藤勘之助 中魚沼郡十日町警察署內
南魚沼郡佛教會(同)森山賢成 南魚沼郡鹽澤町善光寺內
中蒲原郡慈濟會(同)今井龜三郎 中蒲原郡
北蒲原町慈惠協會(同)大野文藏 北蒲原郡新發田警察署內
佛心會(同)渡邊惣一郎 南蒲原郡見附町
葵博善會(通)春日圓城 南蒲原郡加茂町廣圓寺內
東蒲原慈教會(同)根谷慈舟 東蒲原郡提川村龍耕寺內
新穗村佛教護國會(同)石井智行 佐渡郡新穗村根本寺內
佐渡佛教慈濟會(同)鞍立長健 同畑野村宮浦四四〇
善心會(同)青水清吉 岩船郡大川谷村
西蒲原郡慈照會(同)小日向請彌 西蒲原郡卷町警察署內
北魚沼郡北部保護會(同)亮木虎槌 北魚沼郡
岩船郡慈雲會(同)草間正 岩船郡村上警察署內
守孤扶獨幼稚兒保護會(淨)赤澤夫妻 新潟市東港町一六
軍人托子園(眞大)鈴木峰暎 三島郡大河津村岩方願念寺
芳香稚草園(豊)佐藤義信 栃尾町寶光寺內
蓮法圖書館(豊)田邊義正 大津村法華寺內
公德圖書館(豊)松澤長辰 松浦村八幡教海寺
學校町幼稚園(曹)中山百代 新潟市學校町通り三番町
加茂葵幼稚園(曹)西村タヨ 南蒲原郡加茂町大昌寺內
日章幼稚園(曹)保志酬音 北蒲原郡水原町雙善寺內
松葉幼稚園(眞大) 新潟縣三條町

埼玉縣
無料宿泊所(各)武田正樹 兒玉郡本莊町
廻禮無料宿泊所(曹)田中巨樹 秩父郡中川村
同(曹)青木照海 同久那村
桶川町人事相談所(淨)名和義成 北足立郡桶川町
鉢形慈善會(通)崇山宗育 大里郡鉢形村
埼玉育兒院(曹)小島乘眞 比企郡松山村
大宮幼稚園(眞大)岩崎慈堅 北足立郡大宮町
埼玉自彊會(各)大島寬爾 同浦和町
川越就實園(通)綾部利右衛門 川越市川越
埼玉盲啞學校(曹)笠松仙英 川越市神明町二〇六八
大寄村農繁託兒所(天)永島考照 大里郡大寄村內ケ島永光寺
吉祥寺教化團(天)三崎良泉 大里郡中瀨村吉祥寺內


頁一五六
精華塾(豊)山高龍觀 郡高野村永福寺內
文華塾(豊)白井宥眞 郡川邊村東光寺內
埼玉自彊會金澤村地方部(豊)塚越元快 秩父郡金澤村西福寺內
遍照講(豊)飯野元眞 秩父郡倉尾村日光菩薩寺內
新里農家保險組合(豊)坂本德如 青柳村光明寺內
俣己一講(豊)高木眞淨 金屋村清瀧寺內
神保原保育園(曹)俣坂眞哉 兒玉郡保原村安盛寺
本鄉愛護保育園(曹)丸山本隨 大里郡本鄉村定光院
秩父幼稚園(曹)柴原弘道 秩父郡秩父町慈眼寺內
昭和幼稚園(曹)松本鳳一 北埼玉郡忍町清善寺內
羽生幼稚園(曹)安野禪綱 北埼玉郡羽生町建福寺內
向嶽文庫(曹)香川瑞鳳 秩父郡高條村光明寺

群馬縣
積善會(眞大)九條嚴英 前橋市代田町
群馬縣甘樂各宗協會(各)小林檀靈 富岡町龍光寺
常濟會(曹)清水浩龍 利根郡池田村
桃新救災會(曹)坂西道仙 同桃野村
前橋積善會(天)前田順辨 前橋市前代田
伊勢崎積善會(天)觀月祐願 伊勢崎町
桐生積善會職業紹介所(天)靜溪暢純 桐生市本町五
伊勢崎積善會(各)日野戒藏 伊勢崎町
無料宿泊所(眞大)近角常觀 吾嬬郡草津町
人事相談所(眞本)同 同
妙華人事相談所(日)新井辨孝 邑樂郡館林町
高崎昭光館(曹)田邊鐵定 高崎市下橫町
勢多郡佛教各宗協會(各)船戶祐研 元勢多郡役所內
邑樂郡各宗協會(各)堀口禎三 邑樂郡館林町
桐生各宗協會(各)野口周善 桐生市東久方町
山田郡各宗協會(各)丹羽竺道 山田郡玉巖寺內
吾嬬樹德會(各)星野亮石 吾嬬郡原町
群馬郡佛教協和會(各)大瀧卓雄 總社元景寺
利根佛教會(各)桑原道賢 利根郡沼田町
多野縣各宗協會(各)平渡明修 多野郡藤岡町
新田各宗協會(各)鈴木靈眞 新田郡太田町
佐波郡各宗協會(各)日野戒藏 佐波郡宮鄉村
甘樂各宗和敬會(各)西有靜觀 北甘樂郡富岡町
碓氷郡各宗會(各)廣瀨大虫 碓氷郡安中町
高崎幼稚園(淨)中島靈眞 高崎市通町大信寺
明照保育園(淨)野口周善 桐生市本町
前橋各宗協會託兒所(各)九條嚴英 前橋市神明町
高崎盲學校(通)三浦與泰 同羅漢町七〇
桐生訓育院(淨)野口周善 桐生市淨蓮寺
私立相生盲學校(豊)井口賢行 桐生市


頁一五七
高崎樹德學校(曹)山端息耕 高崎市清地町
群馬縣佛教聯合保護會(通)佐田仙馨 同宗甫分
前橋各宗協會(各)同 同立川町
前橋養老院(通)田邊熊藏 同芳町
群馬學院(曹)金井智見 同天川町一三二八
慾なし屋前橋質店(天)岡慈賢 前橋市益町三番地
下仁田幼稚園(天)並木實謙 北甘樂郡下仁田町
速取幼兒園(豊)岩井隆照 佐波郡宮鄉村寶幢院內
修證學園(曹)岡本哲雄 多野郡新町川岸
昭和幼兒園(曹)大澤祖鏡 桐生市養泉寺
修證學園幼兒部(曹)岡本哲雄 多野郡新町川岸
新田學館(曹)松尾俊廳 新田郡木崎町大通寺

千葉縣
川津公益社(日)齋藤豊吉 赤隅郡豐瀨村
千町教友會(曹、日、天)藤平遵田 千町村萩原區行光寺
成田幼稚園(智)荒木照定 千葉郡成田町
旭幼稚園(同)角田澄宣 海上郡旭町
成田清聚學校(同)荒木照定 印旛郡成田町
千葉縣歸性會(通)廣部三之助 千葉縣都村貝塚
成田山學園(智)荒木照定 印旛郡成田町
婦人教養所(天)佐藤貞教 夷隅郡東村西照院內
正滿寺時習學校(天)小安亮仙 長生郡東浪見村東浪見
浦安青年夜學會(豊)渡邊賢亮 浦安町寶城院
公民學校(豊)岩井快順 六合村
私立弘文學校(豊)川島晃阿 津田沼町
君不去讀書俱樂部(豊)宮崎誠榮 木更津町愛染院內
歸性會(各)青蔭輝雲 東浦飾郡梅鄉村
明倫義塾(曹)庄司德誠 安房郡館山町長光寺內

茨城縣
筑波學園(通)岡野豊四郎 筑波郡小田村平澤
護國教會(豊)海老原俊溪 布川町德滿寺
佛教和合幼稚園(通)西城龍興 水戶市
茨城縣聯合保護會(通)長谷場圭介 同上市北三ノ九一二〇
水戶佛教慈善會(各)幡谷白英 同常磐川和田橫町
保內佛教慈善會(各)堀川信朗 久慈郡大子町
常北佛教護國團(臨圓)佐野禪流 同中里村
紫東慈惠會(各)鈴木龍之 新治郡石岡町
筑南慈濟會(各)秋元梅峰 同土浦町
那珂佛教護國團(通)高野海音 那珂郡瓜連村
公信會(通)山上研道 鹿島郡白鳥村大儀寺內
稻敷佛教團(各)渡邊駿道 稻敷郡龍ケ崎町
多賀佛教會(各)原曉堂 多賀郡日立村


頁一五八
結城郡佛教護國團(通)大谷奉徹 結城郡水海道町
水北佛教慈悲會(各)渡邊眞善 東茨城郡岩船村高根
茨城佛教會(智)櫻井雄信 同大貫町西光院
水戶佛教和合會(各)澤田唯頂 同酒門村
常總慈光會(淨)齋藤典察 指相馬郡山王村
筑陽眞言宗救護會(古眞)古幡乘善 同北條町
行方郡保護會(通)吉田亮樁 行方郡麻生町
猿島郡勸善會(通)赤祖父順雷 猿島郡古河町
眞壁郡佛教聯合會(通)橫井泰明 眞壁郡下館町
西茨城向上會(通)天津忠道 西茨城郡笠間町
佛教公道會(各)大曾根龍瑞 鹿島郡鹿島町
昭和社會中學園(天)大澤俊泰 新治郡葦穗村西光院
育英學寮(豊)本田隆觀 郡中渡村金剛寺
三計學舍(豊)渡邊智海 中結城村
靜修學舍(時)茅根察瞭 多賀郡磯原町磯原

栃木縣
双葉會人事相談所(曹)黑田白純 那須郡大田原町光眞寺
下野三樂園(天)人見貞開 宇都宮市戶祭町
栃木婦人協會(通)平岩平八郎 栃木町
同養老院(通) 同
日光幼稚園(天)今井德順 日光町日光
宇都宮託兒所(通)塚田大賢 宇都宮市旭町
兒童健康相談所(曹)黑田白純 那須郡大田原町
栃木中央保護會(通)高野平八郎 宇都宮一條町
上都賀郡四恩會(各)今井德順 上都郡鹿沼町
下都賀保護會(眞本)內田正二 栃木町旭町一九
宇都宮佛教協會(各)
日光文庫(天)今井德順 上都賀郡日光町
新聞雜誌縱覽所(天)黑崎貞順 宇都宮市小袋町寶藏寺內
光永學會(豊)榎本來俊 植野村光永寺內
都賀青年學寮(豊)飯島快秀 下都賀郡中村俣壽寺內
足利幼稚園(豊)山越忍堂 足利市家富町鍐阿寺內
那須佛教慈惠會(各)柴田四郎 那須郡大田原町
葛生農商學校(曹)永井泰量 葛生町
大明學園(曹)高田儀光 安蘇郡田沼町本光寺
幡龍山圖書館(曹)荒木礒夫 芳賀郡久下田町芳全寺
花園幼稚園(臨妙)柴田慈孝 足利市善德寺

奈良縣
東大寺社會課(華)栗原武平 奈良市東大寺內
華嚴宗社會課(淨) 奈良市東大寺內
東大寺就貧救濟部(華)上司永純 同
東大寺婦人會(華)雲井春海 同
慈善救濟會(眞大)寺本法海 生駒郡郡山町
奈良養老院(通)中井勝次郎 奈良市辻町


頁一五九
尚齡會(眞本)市川正道 宇陀郡神戶村
眞樂市人事相談所(眞本)眞田知圓 宇陀郡內牧村字高井
敬老會(眞本)同 同
專立寺人事相談所(眞本)脇屋了嚴 北葛城郡高田町
正覺寺人事相談所(眞本)藤井義乘 磯城郡三輪町
自彊館贊助會(眞本)
大和育兒院(眞本)菅谷寬治郎 宇陀郡榛原村
奈良縣聯合保護會(通)三島智盛 奈良市高畑町
至德會(通)同 同
奈良養老院(通)中井勝基 奈良市辻町
奈良教區教務所釋放保護部(眞本)宇治田貞亮 奈良市奈良區教務所內
奈良縣眞宗本願寺派免囚保護會(眞本)眞邊覺超 同市奈良區教務所內
興仁會奈良支部(融)阿波谷道雄 同市鴨川町德融寺內
山邊佛教護國團(通)竹田省友 山邊郡朝和村長福寺內
磯城佛教護國團(各)靈了覺 磯城郡櫻井町來迎寺內
正覺寺人事相談所(眞本)神田眞證 磯城郡櫻井町正覺寺內
東光會(眞本)神田眞寂 同右
大和佛教教國團(各)芝亭龍雲 添上郡帶解村龍象寺內
自彊會(眞本)眞田英道 宇施郡內牧村眞光寺內
大和修導會(眞本)今田丑松 南葛城郡御所町
北葛城郡佛教護國團(各)脇屋了嚴 北葛城郡高田町專立寺內
南葛城郡司法保護部(各)木上定本 南葛城郡御所町眞龍寺內
回光會(各)花岡大雄 字智郡大阿太村淨迎寺內
新庄町佛教護國團(各)布施興勝 南葛城新庄村法林寺內
生駒郡佛教護國團(各)佐伯定胤 生駒郡郡山町圓融寺內
同片桐支部(各)大東良清 生駒郡片桐村
光友會(各)花岡大雲 吉野郡大淀町々役場內
高市郡佛教護國團(各)辻岡良盛 高市郡眞菅町光岩院內
川東佛教護國團(各)增田仙學 磯城郡川東村寶貴寺內

三重縣
三重感化院(眞本)山田作藏 四日市市濱田八六八
明昭淨濟會職業紹介所(淨)清水法隆 宇治山田市吹上町九〇
久華育兒院(眞本)矢田俊正 桑名郡桑名町新町
宇治山田市佛教團體保育園(淨)澤潟久富 宇治山田市宮後町養草寺


頁一六〇
佛教慈惠會(淨)後藤亮穩 四日市市上新町光運寺
三重養老院(眞高)玉野玄陵 河藝郡一身田町二二
明照淨濟會(淨)清水法隆 宇治山田市吹上町九〇
三重濟美學院(天真)能眞海 津市丸ノ內殿町二〇八七
三重保育園(眞高)玉置諦聽 津市興字米內二一二一
三重縣保護會(通)杜多源亮 津市津興上辨財町
四日市佛教保育團(淨)後藤亮穩 四日市市南町
白鳳愛兒團(各)渡邊博道 阿山郡上野町丸の內二三
明德館(曹)橋本等 南牟婁郡五鄉村光明寺

愛知縣
名古屋慈友會(淨) 名古屋市東區高岳寺內
慈無量壽(淨)加藤鏡心 名古屋市中區白川町光明寺
額田慈無量講(淨)杉山大運 岡崎市伊賀町昌光律寺
四恩十善會(通)室田了海 額田郡豊富村
帝國養老教會(通)橫田務 名古屋市中區松枝町
尾北佛教慈善會(曹)櫻木龍海 東春日井郡小木町玉林寺
成瀨慈善會(通)岩田八五郎 幡豆郡橫須賀村富田
岩塚慈善會(眞大)本多惠孝 幡豆郡常盤村高林寺
慈友會(淨)伊藤次郎左衛門 名古屋市東區高岳町高岳院內
名古屋養老院(添)大野隆阿彌 名古屋京中區養老町二丁目
名古屋養老育院(通)有阪泰忍 名古屋京中區大井町
東海佛教慈惠學校 八幡繁 名古屋市西區菊井町六丁目
慈惠療院 八幡安吉 名古屋市西區菊井町
大日本施藥院(眞大)龍義道 名古屋市中區廣路町石坂五〇
櫻花巡回看護婦會(眞大)大谷護 名古屋市
濟美會(天)安村忍澄 知多郡阿久比村最勝寺內
慈友會職業紹介所(淨)椎尾辨匡 名古屋市中區不廣井町一ノ八〇
岡崎無料宿迫所(眞大)北條龍玄 岡崎市澤町通法光寺內
愛知無料宿泊所(眞大)原宜賢 名古屋市西區志摩町八四
人事相談所(曹)福山知泉 額田郡常盤村
愛道館(眞大)野々山正夫 幡豆郡西尾町


頁一六一
佛眼教會名古屋支部(眞大)和田祐意 名古屋市
光明寺人事相談所(淨)大光明隆巖 寶飯郡豊川町光明寺
人事相談所(淨)加藤拙晃 岡崎市能見町
愛知育兒院(通)山田大啟 名古屋市中區矢場町一ノ切二六
名古屋養育院(通)有坂泰忍 同中區大井町二二
豊橋有隣財團育兒部(曹)青山衢天 豊橋市大字東田一二〇
西區幼稚園(眞大)八幡菩晃 名古屋市西區菊井町六ノ一八
二葉保育園(眞)原宜賢 同西區笹島町六二
信德夜學校附屬保育園(通)同西區平野町
慈友會保育園(淨)椎尾辨匡 同中區牧野町願王寺境內
談合保育園(曹)青山衢天 豊橋市談合町九
花田保育園(曹)同 名古屋市花田町字野黑
慶和幼兒園(眞大)伊藤式部 同東區千種町
東海佛教慈惠學校第一分校(通)八幡善晃 同中區笹島町
橫須賀簡易學校(曹)佐治大謙 知多郡橫須賀町玉林寺內
岡崎盲學校(天)左竹政次郎 岡崎市伊賀町
名古屋盲人會(眞大)稻越遠意 名古屋市中區名古屋別院內
崇德會(眞本)杉浦亮嚴 碧海郡旭村願●寺
愛知自啟會(眞大)羽向智風 名古屋市千種町字葭地五六
愛知自啟會岡崎支部(眞大)羽向智風 岡崎市
愛知自啟會豊橋支部(眞大)清島大順 豊橋市
中京免囚保護會(眞大)加藤清之助 同中區御器所古市場四九
同事務所(眞大)同 名古屋控訴院構內新愛亭內
婦人釋放者保護會(眞大)大溪專 名古屋市中區春日町
豊橋無料宿泊所(各)松本堅晴 豊橋市花田齋藤英靈殿內
豊橋有隣財團感化部(曹)青山衝天 豊橋市東田
名古屋市佛教會(各)大岩勇夫 名古屋市役所內社會教育課
豊橋盲啞學校(通)粟屋道章 豊橋市旭町
松若幼稚園(通)木津無庵 名古屋市中區南武平町三丁目
鷲塚幼稚園(眞本)杉浦亮嚴 碧海郡旭村鷲塚
下奧幼兒保育園(眞本)原天隨 名古屋市中區下奧田町二四
子供の家(曹)服部賢準 同市南區熱田一割
戶苅彌天保育園(淨四光)魚住源廣 中島部萩原町戶苅四方寺


頁一六二
熱田幼稚園戶(豊)奧田惠澄 名古屋市南區熱田中町地藏院
德鳳幼稚園(眞大) 知立町
棚尾幼稚園(眞大) 棚尾町
鳴海幼稚園(曹)近藤靈秀 愛知縣鳴海町如意寺內
雲龍幼稚園(曹)酒井仙宗 名古屋市中區東田町乾德寺
橫須賀幼稚園(曹)坂安 知多郡橫須賀町
田洋女子裁縫學院(曹)大曾根大忍 知多郡內海町昌久寺內
佛教圖書館(曹)小松原圓乘 名古屋市中區宮出町永安寺內
慈光幼稚園(眞大) 橫須賀村
燕岡幼稚園(眞大) 岡崎市
神明幼稚園(眞大) 蟹江町

靜岡縣
靜岡市慈無量講(通)靜岡市兩替町
金谷佛教積善會(通)兒玉祖虔 金谷町金谷河原
沼津積善會 神原日祐 沼津市大門正見寺內
加島各宗寺院聯合相談所(各) 富士郡加島村金正寺內
今泉佛教卒圍會人事相談所(各) 同郡今泉村
三島無料宿泊所(各)桑畑龍音 三島町光安寺內
人事相談所(曹)土屋道綱 加茂郡南上村安樂寺
清源寺人事相談所(曹)開地清純 安部郡清澤村
清水人事相談所(淨)中村辨康 清水市實相寺內
靜岡人事相談所 同市音羽町一七九
藤枝人事相談所(淨)安井辨義 同市藤枝町春命寺內
入江人事相談所(淨)鵜飼義孝 同市入江町法岸寺內
不二見人事相談所(淨)友松覺眞 安部郡不二見村福嚴寺內
江尻人事相談所(淨)鵜谷誠堂 清水市江尻町江淨寺內
三島人事相談所(時)桑畑龍音 三島町光安寺內
高洲人事相談所 志太郡高洲村春源寺內
沼津積善會人事相談所(各)島本智圓 沼津市西光寺內
遠江救護院(曹)鈴木大隆 引佐郡伊谷村
靜岡コドモ相談所附屬保育園(淨)戶崎潜龍 靜岡市宮ケ崎町報土寺內
靜岡市兒童保護會(淨)同 同
靜岡縣聯合保護會(通)鱸重康 靜岡市追手町二〇八
遠州佛教積善會(通)中村隆平 濱松市鴨江三四七
駿豆佛教保護聯會(通)池山清 安部郡安東村北安東二九七
靜岡縣佛教慈濟會(日)丹澤日章 靜岡市研屋町顯光院內


頁一六三
岳南保護會(通)島本智圓 沼津市西光寺內
田方郡佛教慈光會(各)丘球學 田方郡三島町心經寺
志太郡佛教慈惠會(各)伊藤哲遠 志太郡西益津村源昌寺內
護國親善會(各)秋山忠平 富士郡大宮町宗心寺內
賀茂郡佛教慈善會(各)淵水歸一 賀茂郡松崎町淨感寺內
梅花幼稚園(曹)鏡島寬綱 庵原郡蒲原町二三一二
修禪寺幼稚園(曹)丘球學 田方郡修善寺町修善寺內
桃花幼稚園(曹)松永希道 庵原郡興津町
青島幼稚園(曹)伊藤哲遠 志太郡青島町宗乘寺內
微笑幼稚園(曹)吉川仙鼎 田方郡田中村大仁區
清源寺圖書館閱覽所(曹)開地清純 安部郡清澤村清源寺
花園保育園(臨妙)魚住松巖 由比町桃源寺

山梨縣
八華婦人會(臨向)勝部敬學 鹽山向嶽寺內
身延深敬病院(日)綱脇龍妙 身延山久遠寺內
身延山功德會(日)長谷川寬善 南巨摩郡身延村
代用感化院(臨向) 東山梨郡七里村向嶽寺
私立甲州學園(臨向)勝部敬學 鹽山向嶽寺內
山梨以德會(通)里見虎藏 甲府市東青沼町一六二
北巨摩町出獄者保護會(通)鈴木道記 北巨摩郡藏前院內
北都留慈惠會(通)前田祐圓 北都留郡元郡役所內
東八代郡慈濟會(通)竹下幸內 東八代郡遠妙寺內
承陽コドモ園(曹)大久保賢龍 甲府市愛宕町

滋賀縣
天台宗教學部社會課(天)菊都寺旭堂 比叡山天台宗務廳內
近江婦人慈善會(眞本)遠藤了眞 大津市南町近松別院
慈善救濟會(眞大)那須正人 神崎郡五ケ庄村金堂弘誓寺
慈善救濟會(眞大)松室眞惠 伊香郡杉野村各寺院聯合
佛教悲田會(日)兒玉禪戒
無料宿泊所(眞大)粟田敬運 大津市玉屋町玄福寺
信樂人事相談職業紹介所(淨)西山靈歡 甲賀郡雲井村永仙寺
私立報恩學園(各)東勇哲 坂田郡長濱町
近江婦人慈善保育所(眞本)印山法電 大津市布施屋町第八ノ二
新町託兒所(眞大)種村了徹 彥根町新町
土田託兒所(眞本)馬場了照 犬上郡多賀村土田


頁一六四
紫雲託兒所(淨)吉水善應 滋賀郡石山村西蓮寺
安土託兒所(通)山本勝藏 蒲生郡安土村字長樂寺
教圓寺託兒所(眞本)島本亮憲 愛知郡葉枝見村田附
宮村佛教聯合會託兒所(各) 甲賀郡宮村崇福寺
榮林寺託兒所(淨)林法雲 甲賀郡北杣村中飼榮林寺
滋賀縣聯合保護協會通(通)井桁良男 滋賀縣膳所町丸ノ內番外地
滋賀自助會(通)吉村信孝 滋賀郡膳所町膳所五六六
滋賀縣淨土宗至德會(淨)北條辨道 犬上郡彥根町圓常寺
滋賀縣咬菜園(通)笠沼賢信 大津市上百石町常德寺內
大津市佛教同和會(各)松島慧成 大津市中堀町常圓寺內
野州町一心會(各)三田了善 野州郡町役場內
龍池各宗同盟會(通)梅山圓淳 甲賀郡龍池村役場內
柏木村自濟會(通)安藏玄良 甲賀郡柏木村役場內
御園各宗佛教團免囚保護共導會(各)樁性園 神崎郡御園村役場內
蒲生郡支部(各)河遺法壽 蒲生郡安土村西性寺內
高島郡佛教護國團(各)高部正立 高島郡安曇村玉泉寺內
栗太郡佛教同心會(各)木村信弘 栗太郡葉山村淨玖寺內
葉枝見村相愛會(各)深井惠照 愛知縣葉西見村役場內
滋賀育兒院(各)西尾關仲 太津市三井寺山內
圓德寺人事相談所(眞本)里內教照 栗太郡葉山村手原
人事相談所(眞本)上寺喜了 栗太郡常盤村西蓮寺
鏡山人事相談所(淨)寺本教瑞 蒲生郡鏡山町正念寺
叡山文庫(天)獅子王圓信 滋賀郡坂本村
福聚童園(臨大) 堅田町福壽院內
滋賀養老院(各)西尾關仲 大津市三井寺境內
滋賀育兒院(各)西尾關仲 大津市三井寺境內
草津幼稚園(眞大) 草津町
聖德幼稚園(眞大) 長濱町

岐阜縣
佛教慈善會(眞大)石丸現俊 郡上郡八幡町柳町願蓮寺
慈信會(眞大)滋谷相模 羽烏郡足近村西方寺
高山奉仕會(通)直井佐兵衞 大野郡高田町
大垣公德會(淨)田中進順 大垣市西船町常樂寺
飛彈中央佛教團(通) 大野郡高山町


頁一六五
岐阜養老院(通)大野隆阿彌 岐阜市澁谷町
岐阜眞宗聯合會無料宿泊所(眞大)岐阜市大門町大谷派本願寺別院
人事相談所(眞大)前田利生 安八郡南杭瀨村通念寺
豐富學院(眞本)多田得了 揖美郡豊美村大門
清水育兒院(眞本)河瀨治定 揖美郡富秋村寺內六二四
慈光保育園(通)高木興圓 不破郡府中村
岐阜縣保護會(通)藤井建一 岐阜市菅原町二ノ二〇
山縣郡司法保護會(通)長島義憲 山縣郡高富町警察署內
岐阜別院簡易宿泊所(眞本)阿部太三郎 岐阜市西野田本派本願寺別院
人事相談所(眞大)泉琢磨 大垣市九瀨町大泉寺
藥師保育園(曹)櫻泰順 武儀郡下有知村藥師庵
今宮保育園(曹)加藤契心 武儀郡下有知玄霜庵
玉皐託兒園(曹)松下國丈 吉城郡坂上村洞泉寺
龍雲保育園(曹)梅村海門 稻葉郡芥見村龍雲寺
龍雲保育團支部(曹)杉山眞城 稻葉郡芥見村圓通院
宮代保育院(天)中川智契 傍島弘覺 不破郡宮代村正行院
藤城文庫(曹)雲山文周 武儀郡美濃町善應寺
大垣幼稚園(眞大) 大垣市
高山幼稚園(眞大) 高山町
各務第二保育園(曹)林祖光 稻葉郡各務村洞谷庵
岩地保育園(曹)石黑貞中 稻野郡北長森村水月庵

長野縣
助葬會(曹)宮入月鮮 小縣郡寶賀村前松寺
上田市慈光團(各)上野祖寬 上田市寺前町
上諏訪社會事業助成會(智)丸山榮臨 上田市諏訪町用立寺
岡木勞働者保護所(淨)岡木聽道 小縣郡浦里村宗安寺內
無料法律相談所(眞大)新田了正 埴杵郡松代町本誓寺內
大勸進養育院(天)原順榮 長野市元善町四九二
松本女子求道會(通)寺西五三 松本市蟻ケ崎
慈敬保育園(通)小林惠鏡 上伊那郡中箕輪村
上田明照會兒童保護會(淨)橫內淨音 上田市淨念寺內
長野縣佛教社會事業協會(各)長野縣廳地方課內


頁一六六
信濃福壽團(通)富樫源治 上水內郡安茂里村大字小柴見
埴科佛教護國團(各)戶谷憲量 埴科郡元郡役所內
南佐久各宗聯合會(各)西田靈苗 南佐久郡田口村蓄松院內
北佐久佛教會(各)岡本大鵬 澤柳迎瑞 北佐久郡平根村字芳院內
更級佛教會(各)南澤享安 更級郡稻荷山町極樂寺內
上高井佛教護國團(各)上高井郡小布施村淨照寺內
長野市佛教各宗同盟會 長野市田町普濟寺內
上田各宗同盟會 上田市海善寺內
小縣佛教會(各)柴田慧鳳 小縣郡豐里村全宗院內
松本助協會(各)小原賴永 松本市中原町八九二
上伊那佛教會 上伊那郡元郡役所內
下伊那郡佛教會 伊那郡元郡役所內
松本各宗和合會 松本市瑞勝寺內
下水內佛教社會事業協會 下水內郡元郡役所內
上水內郡佛教會 上水內郡元郡役所內
信濃中央佛教會(各)宮下靈隨 松本市宮村町瑞松寺內
木曾佛教護國團(各)松山繼芳 西筑摩郡福島村
南安佛教會(各)寺口良知 南安曇郡東穩高町宗雲寺內
諏訪福田會(各)宮下榮臨 諏訪郡上諏訪町甲立寺內
岳南佛教社會事業協會 下高井郡日野村松山寺內
岳北佛教社會事業協會 下高井郡瑞穗村法善寺內
長野縣佛教聯合會(各)山岸勇善 長野市元善町善光寺大勸進內
普濟會(各)新田了正 埴科郡松代町本誓寺內
人事相談所(天)天利暢順 小縣郡滋野村東漸寺內
片桐町文庫(天)山本寬海 上伊那郡上片桐村瀧泉寺內
信濃同仁會支部(豊)東山範明 更級郡眞島村尊良寺內
津和村社會改善委員會(豊)笠原觀秀 埴科郡寺尾村永福寺內
洞源育英會圖書館(曹)岡本靈苗 南佐久郡前山村貞祥寺
曉星學園保育所(曹)田中豊春 下伊都郡喬木村法運寺
慈光幼稚園(眞大) 飯田町

宮城縣
一福館(日)大槻良治 仙臺市元寺小路


頁一六七
無料宿泊所(知)佐藤待隆 北見立郡上瓦町辨照院
瀧濱人事相談所(曹)主藤禪龍 本吉郡戶倉村松林寺內
佛教託兒園(曹)福定無外 仙臺市北山通町輪王寺
報德幼兒保育院(通)佐藤肥吉 仙臺市勾當臺通
仙臺能仁保育園(曹)白石全牛 仙臺市榮町二二三
宮城縣聯合保護會(通)井桁貞男 仙臺市吉城町
宮城縣佛教給濟會(各)澁谷正宗 仙臺市東九番町全勝寺內
黑川郡佛教保護會(各)相澤宗復 黑川郡吉岡町中興寺內
玉追郡佛教保護會(各)安藤賢應 育造郡岩出山町來迎寺內
名取郡佛教保護會(各)佐行孝宣 名取郡長町瀧澤寺內
遠田郡佛教保護會(各)富田禪宏 遠田郡小牛田町真證寺內
桃生郡佛教保護會(各)計良淨一 逃生郡鹿又村光明寺內
宮城郡佛教保護會(各)鈴木惠人 宮城郡鹽釜町願成寺內
本吉郡北部佛教慈善會(各)片山多賢 北吉郡松岩村松嚴寺內
本吉郡南部佛教保護會(各)館寺雄龍 本吉郡志津川町金秀寺內
登米郡佛教保護會(各)大崎德眞 登米郡登米町養雲寺
志田郡保護會(各)木村智秀 志田郡古川町瑞泉寺內
加美郡興風會(各)今村智本 加美郡中新田町長興寺內
栗原佛教保護會(各)金田諦正 栗原郡筑館町通大寺內
牡鹿郡能仁會(各)深草遠童 牡鹿郡石卷町永嚴寺內
刈田佛教廣濟會(通)德力智海 刈田郡白石町專念寺內
亘理郡佛教保護會(各)岩淵邦璨 亘理郡亘里町常因寺內
仙臺佛教託兒園(曹)福定無外 仙臺市北八番丁十二番地
佛眼教會仙臺支部(眞大)和田祐意 仙臺市
觀音寺セツツルメント(天)鮎貝眞觀 本吉郡氣仙沼町觀音寺
佛教少女手藝會(天)大友亮昌 伊具郡藤尾村藤田寺
東雲寺簡易圖書館(天)山田海秀 牡鹿郡蛇田村東雲寺
國寶人事相談所(天)山田海秀 牡鹿郡蛇田村東雲寺
仙臺佛教託兒園(曹)福定無外 仙臺市木町通北七番町
築館佛教託兒園(曹)金田諦正 栗原郡築館町大通寺


頁一六八
玉荻佛教託兒園(曹)三浦文明 栗原郡玉澤村光明寺
統禪寺託兒園(曹)林喝道 桃生郡鹿又村統禪寺
太陽幼稚園(曹)靜田正志 仙臺市東二番町一四一
向山幼稚園(曹)靜田正志 仙臺市長町大窪谷地四九
築館裁縫女學校(曹)金田諦正 庵原郡築館町大通寺
太陽保姆養成所(曹)金山活牛 仙臺市東二番町一四一
能仁保兒園(曹)金山活牛 仙臺市連坊小路

福島縣
八山田健康相談所(豊)三瓶信光 富久山村金剛寺內
福島育兒園(各)二宮哲三 福島市清明町九
郡山保育園 河井臥龍 郡山市是下五〇
須賀川盲人協會(眞本)岡部宗成 岩瀨郡須賀川勝誓寺
福島縣聯合保護會(通)亘理正從 福島市森谷町
福島佛教慈善會(通)松岡白欣 福島市五月町誓願寺內
伊達郡河西佛教慈善會(通)佐藤泰善 伊達郡桑折町無能寺內
伊達中部佛教慈善會(各)二階堂宥玄 伊達郡保原町仙林寺內
伊達北部佛教慈善會(各)海野教壽 伊達郡梁川町萬休院內
伊達南部佛教慈善會(各)西坂寂榮 伊達郡川俣町大圓寺內
安達佛教慈善會(各)武田喚隨 安達郡二本松町光現寺內
安積郡佛教慈善會(各)河野大徹 郡山市如寶寺內
南達佛教慈善會(各)柳本俊海 安達郡本宮町石雲寺
安積西部佛教慈善會(各)渡邊信男 安積郡福良村千手院內
岩瀨佛教慈善會(各)戶田吾雄 岩瀨郡須賀長祿町寺內
會津佛教慈善會(通)松山良純 若松市大町名古屋町福證寺內
南會津佛教慈善會(各)齋藤孝順 南會津郡田島町慈恩寺內
大沼佛教慈善會(通)筧義海 大沼郡藤川村藥師寺內
大沼中西部佛教慈善會(各)山內教觀 大沼郡中ノ村高現寺內
大況沼佛教慈善會(通)宍戶泰龍 況沼郡坂不町定林寺內
耶麻郡佛教慈善會(通)塚原教道 耶麻郡喜多方町願入寺內
猪苗代佛教慈善會(各)陰山顯海 耶麻郡猪苗代町西勝寺內
西白河佛教慈善會(通)寺西大龍 西白河郡白河町橫町專念寺
東白河佛教慈善會(通)岩井大晋 東白河郡棚倉町賢瑞院內
石川佛教慈善會(各)廣川奇道 石川郡石川町繁松院


頁一六九
田村佛教慈善會(通)長井徹乘 田村郡中鄉村龍光寺內
田村東南佛教慈善會(各)安倍正明 田村郡小野新町入水寺內
石城郡佛教慈善會(各)旭純榮 石城郡平町九品寺
雙葉郡佛教慈善會(各)鳥賢亮 雙葉郡廣野村廣●[德]院內
標葉佛教慈善會(各)青田曉仙 標葉郡幾世橋村
相馬佛教慈善會(通)八幡義教 相馬郡中村町正西寺內
南相佛教慈善會(各)野田甫先 相馬郡大甕村新祥寺內
南會津西部佛教慈善會(各)新保德舟 會津郡八幡村大泉寺內
早稻原健康相談所(豊)菅野泰孝 喜久田村西泉寺內
金剛寺託兒所(豊)三瓶信光 富久山村金剛寺內
福良第一養蠶組合(豊)渡邊信永 福良村千手院內
昭和實行組合(豊)渡邊信勇 福良村千手院內
尊嚴會(豊)青田曉仙 双葉郡幾世橋村大聖寺內
梁川幼稚園(曹)大塚孝順 伊達郡梁川町萬休院內
須賀川幼稚園(曹) 岩瀨郡須賀川町長綠寺內
栗田女子修養會(豊)寺島智舟 田村郡要田村大聖寺
岩手杜陵學院(曹)上館全靈 岩手郡米內村
岩手縣聯合保護會(通)香取久吾 盛岡久吉 盛岡市少年刑務所
岩手保護院(通)阿部靈純 盛岡市鷹匠小路
氣仙法雨會(各)岡本宜男 氣仙郡高田町滿藏寺內
江刺遷善會(各)佐藤元惠 江刺郡岩各堂光明寺內
釜石保護院(各)板澤永良 閉伊郡釜石町觀音寺內
西盤井和光會(通)廣島文雄 西盤井郡一ノ關町願成寺內
上閉伊郡出獄人保護會(通)大矢戒停 上閉伊郡野遠村大慈寺內
東盤伊佛教報德會(各)渡邊懿忍 東閉伊郡千飯町大光寺內
膽澤佛教護國團(通)高倉大憲 膽澤郡水澤町安養寺內
稗貫郡佛教團(各)神惟安 稗貫郡元郡役所內
紫波郡慈光會(各)石龜祖石 紫波郡日詁町龍泉寺內
和賀佛教團(通)和歌郡黑澤尻町染黑寺內
二戶保護會(各)岩館定善 二戶郡福岡町岩龍寺內
下閉伊郡免囚保護會(通)久保田東傳 下伊閉郡宮古町華嚴院內


頁一七〇
膽澤佛教奉仕會(曹)阿部善英 膽澤郡水澤町大林寺內
水澤幼稚園(曹)阿部トシヨ 膽澤郡水澤町大林寺內
一ノ關幼稚園(曹)廣島文雄西磐井郡一ノ關町廣街
明峰幼稚園(曹)瀨川午朗 釜石町石應寺內
鹿背隣保會館(曹)石橋惠信 盛岡市大澤川原小路

青森縣
陸三慈善會(各)開宮俊冏 三戶町恒眞寺內
東北育兒院(通)佐々木五三郎 弘前市新寺町
青森同情園(通)今井武一 青森市造道字浪打
青森縣佛教慈善會(通)川村次郎 青森縣東津輕郡青森郡刑務所內
青森縣弘前支部(不)川村次郎 弘前市西茂森町常源寺內
青森佛教慈晃會(各)柏木幸平 青森市外大野片町
見能花幼稚園(曹)柿崎素明 弘前市本町佛教會堂內

山形縣
廣濟村佛教團(曹)船岡月潭 東田川郡廣瀨村
親愛會(曹)伊藤喚應 飽海郡內鄉村
慈善道九會(曹)渡部泰淳 東田川郡藤島町
窮民救助會(曹)石川默文 飽海郡日向村城仙寺
酒田慈善授產會(眞)菊地秀言 酒田町今町六四
人事相談所(曹)上林鐵山 飽海郡酒田町
行啟記念放光園(各)大瀧宗淵 飽海郡酒田町
羽陽佛教教育兒院(曹)坂部魯山 西村山郡谷地町
淨福寺託兒所(眞大)菊地秀言 酒田町淨福寺
大鄉村各宗協和會(通)西崎了惠 東村山郡大鄉村中野
豐安財團(眞本)本澤五八 東村山郡高櫛村
西根村弘濟會(各)齋藤小平治 西村山郡西根村
山形盲學校(曹)平澤高岳 山形市香澄町
山形縣保護聯合會(通)前田政之輔 山形市上町字飯塚口三一五
羽陽和光會(眞本)加藤儀助 山形市上町字飯塚口三一五
同酒田支部(各)前田了恩 飽海郡酒田町字新田長坂東三番
東西田川郡佛教慈善會(各) 西田川郡鶴岡市大昌寺內
米澤佛教興道會(各)鈴木宥信 米澤市北寺町成就院內
羽陽佛教慈濟會(各)角張東順 山形市宮町
米澤佛教興道會(各)鈴木宥信 米澤市
惻隱會(通)鶴岡市馬場町
置賜佛教慈善會(各)越中谷賢龍 米澤市北寺町
新清幼稚園(曹)新關靈登 山形市七日町建昌寺內
山形聾啞學校(曹)平澤高岳 山形市香澄町


頁一七一
新清女學校(曹)新關靈登 山形市七日町建昌寺內
松岬幼稚園(眞大) 米澤市

秋田縣
慈善會(眞大)龜崎無蓋 田利郡本庄町廣誓寺
施藥院(眞大)今井了 北秋田郡陀仁合町善勝寺
土崎託兒所(通)清澤瀧哲 南秋田郡土崎港町
衆樂園(通) 北秋田郡大館町
秋田至仁會(通)秋田縣知事 秋田市楢山下濱町五四
秋田佛教利生會(曹)石田全壽 秋田市寺町光明寺內
眞宗協會(眞大)笹原貫軒 秋田市西根小屋町秋田教務所內
南秋田郡佛教會(各)●澤龍哲 南秋田郡土崎港町本山町
山本佛教會(各)和田龍造 山本郡能代港町
私立福田小學校(通)本間金之助 秋田市併戶野中町
昭和幼稚園(曹)中泉智性 秋田市東根小屋町秋田佛教會堂內

福井縣
敦賀佛教慈善會(眞本)岡崎孝義 敦賀町旭九四
四ケ浦濟生會(眞大)佐々木順藝 丹生郡四ケ浦村西德寺
庶民療院(眞大)西本法龍 福井市日ノ出下町八三眞淨寺
福井平岡學院(眞本)二見直三 吉田郡圓山東村
福井縣私立育兒院(眞本)同別院輪番 福井市若松上町七二
雲濱育成園(曹)高松俊道 遠敷郡今富村
丈生幼稚園(天真)長谷川眞徹 武生町引接寺
早翠幼稚園(眞出)德本達雄 敦賀町常盤良覺寺
福井聾啞學校(眞本)廣岡善壽 福井市日出下町三二
社會救濟團(眞本)廣岡善壽 福井市日出下町三二
福井縣福田會(各)松野嘉七 足羽郡和田村勝見二二
鹿苑幼稚園(眞三)平光園 福井市豊町專照寺婦人會館
松岡幼稚園(曹)東野玉尖 吉田郡松岡村
總光寺幼稚園(曹)高尾石聞 福井市若松町總光寺內

石川縣
小野慈善會(通)飯尾次郎三郎 金澤市常盤町二二
廣濟會(通)高木勇 小松町
人事相談所(眞本)金澤本願寺別院輪番 金澤市金澤別院內
加能慈保護場(眞大)河邊湛然 金澤市備中町七ノ二


頁一七二
能登國慈善會(眞大)畠山數民 鹿島郡七尾町七尾教務所內
能進會(眞言) 能美郡粟津村大王寺中
佛教會 能美郡元郡役所內佛教會感化部
法德會(眞大)本曹琢磨 大聖寺町鷹匠町一七
石川更新會(眞大)大谷光暢 金澤市下自々女木町
金澤市佛教會(各)市川潔 同廣坂通市役所內
輪島幼稚園(眞大) 輪島町
高松幼稚園(眞大) 高松町
實生幼稚園(眞大) 津幡町
金澤幼稚園(眞大) 金澤市
大聖寺無料宿泊所(眞大)木曾琢磨 大聖寺町

富山縣
富山養得園(通)宇野津宗之助 上新川郡堀川村
眞言宗保修會(古眞)金岡良禪 富山市古鍛冶町
曹洞宗承濟會(曹)在田如山 射水郡下關村
氷見慈善托鉢會(眞本)富樫信淳 氷見郡氷見町
慈惠會(眞本)廣橋了以 富山市總曲輪
高岡託兒所(曹)四津谷道雲 高岡市上關町瑞龍寺
光嚴寺幼稚園(曹)關頑牛 富山市五番町光嚴寺內
富山佛教會堂(曹)石田義道 富山市總曲輪
同和幼稚園(眞大) 中賀積町

鳥取縣
若櫻說教所備荒部(眞本)園井繁志郎 八頭郡若櫻町
眞報園社會館(曹)石田哲明 西伯郡成實村妙義寺
因伯保育院(眞本)八雲龍震 東伯郡倉吉町
鳥取縣給產會(通)浦川忠藏 氣高郡大正村
鳥取縣和光會(通)本城月潭 米子市角盤町

島根縣
石見佛教興仁會(眞本)井上功 那賀郡濱田町
石見慈育院(通)和田平作 那賀郡濱田町
安來町幼稚園(時)加藤實法 安來町
島根授產會(通)藤井建一 松江市奧谷
同濱田支部(通) 那賀郡濱田町
松江保護會(通)河野潜麟 松江寺市町東林寺
八東保護會(通)新宮利朗 松江市中原町
能義保護會(通)中津慎我 能義郡飯梨村
嵌川保護會(通)曾田達圓 嵌川郡今市町
仁多保護會(通)池田宗哲 仁多郡三成村
大原保護會(通)川島雲海 大原郡木次町
飯石保護會(通)林清眞 飯石郡吉田村
安濃保護會(通)龍未法幢 安濃郡大田町
邇摩保護會(通)赤慈潭 邇摩郡大森町
邑智保護會(通)西原眞月 邑智郡谷住鄉村
那賀保護會(通)龜山宥信 那賀郡濱田町
美濃保護會(通)山根幸臣 美濃郡益田町


頁一七三
鹿足保護會(通)四村最勝 鹿足郡津和野郡
隱岐保護會(通)青山常丸 周吉郡西鄉町
山陰家庭學院(各)和田守光 松江市中原町
護國幼稚園(曹)加納金剛 周吉郡中條村護國寺
益田幼稚園(曹)永見得玄 美濃郡益田町妙義寺

岡山縣
報恩積善會(日不講)田淵藤太郎 岡山市南方
悲眼院(古眞)高橋慈本 小田郡北川村
大同協會(古眞)中村道榮 苫田郡大野村
津山施療院(天)清田寂道 津山町西寺町
施藥施療會(眞本)高浦崇顯 小田郡金浦町
笠岡慈友會(淨)椋梨了我 笠岡町
甘露育兒院(眞本)津田明導 小田郡笠岡町
岡山充洽園(日)西山勇太郎 岡山市七番町
菩薩會孤兒院(通)大石平 御津郡鹿田村
釋尊修養院(日)釋日研 吉備郡總社町
二葉學園 早川賢牛 苫田郡津山町
甲化學園(通)深川佳虎 兒島郡甲浦村
ルンピニー學園(通)中尾韶俊 同
岡山保護聯合會(通)大原公平 岡山市旭町
備作惠濟會自省會(日)國富友次郎 岡山市瓦町
岡山明德會(通)豊田日珖 御津郡福濱村
御津郡明德會(通)藤井靜一 御津郡各種團體聯合事務所
赤磐郡明德會(通)片山嘉一 赤磐郡瀨戶町
淺口郡明德會(通)龜井山聖演 淺口郡河內村
和氣郡明德會(通)尾上全道 和氣郡元郡役所內
上道郡清心會(通)藤村憲亮 上道郡西大寺町
上道郡明德會(通)細川圓省 上道郡高島村
明教會(通)佐伯增行 兒島郡元郡役所內
自助興產會(通)小野嘉四郎 都窪郡加茂村
美作佛教各宗自修會(通)村田密禪 苫田郡津山町
都窪郡慈教會(通)同 都窪郡倉敷町
吉備郡洪濟會(通)泰義雄 吉備郡總社町
上房郡興仁會(通)植田道林 上房郡高梁町
邑久郡修心會(通)最明快運 邑久郡鹿忍町
岡山縣小田郡進德會(通)石橋百川 小田郡元郡役所內
阿哲郡至誠會(通)片山長之助 阿哲郡新見町
後月郡佛教各宗同盟會(通)高峰慈性 後月郡西江原町
川上郡佛教團 若林仙巖 川上郡平莊村
岡山縣平和教會(眞)龜井山聖演 淺口郡西河知町
赤磐郡明德會(各)渡邊憲朝 赤磐郡潟瀨村
大悲の光社(天)今田賢純 上道郡高島村
天台宗婦人會無料宿泊所(天)大塚常與 岡山市小橋町六〇
西川村濟世會(天)神谷園舜 久米郡西川村大字通谷
中津圖書館(天)渡邊憲朝 赤磐郡潟瀨村願與寺


頁一七四
金剛窟圖書館(曹)石橋百仙 小田郡川面村蓮華寺

廣島縣
尾道慈善會(各)大田桓了圓 尾道市十四日町
慈善救濟會(眞)梅田淨玄 深安郡八尋村
廣島養老院(通)本林勝之助 廣島市廣瀨町六〇四
哭施宿所(眞大)駒月陸 吳市公園通
哭海兵寮(通)植田新之助 吳市登町一
本願寺人事相談部(眞本)西村榮藏 河原町說教所
廣島修養院(眞本)平原唯順 廣島市長尾町
同修道院(眞本)北村藤三郎 廣島市大須賀町
廣島育兒院(眞本)平原唯順 廣島市尾長町
奧堅德社會事業協會育兒部(眞本)滿田惠順 吳市岩派通
四恩託兒所(通)池田隆究 吳市山手通
鹿苑幼稚園(眞三) 吳市豊町
吳保育所(眞本)滿田惠順 吳市岩方通
廣島縣聯合保護會(通)古森幹枝 廣島市吉島町
安藝郡佛教奉公會(通)吉川泥洹 安藝郡海田市町
廣島保護院(眞)平原唯順 廣島市千田町
尾道保護會(通)岡田大豊 尾島市土堂町
雙三郡同仁會(通)福萬智海 雙三郡三次町
御調保護會(眞)小島秀哲 御調郡三原町
福山保護會(通)水野琢秀 福山市紅葉町
奧保護會(通)滿田惠順 吳市岩方町
深安保護會(眞)棗田良道 深安郡吉津村
甲奴佛教會保護會(通)內田覺翁 甲奴郡階見村
芦品郡成德會(通)津田諭吉 芦品郡府中警察內
比婆郡明德會(通)橘高政治 比娑郡庄原町
沼隅郡保護會(通)鈴木宏道 沼隅郡元郡役所內
佐伯佛教奉公會(各)德澤龍象 佐伯郡廿日市町
安佐郡安立會(通)玉川貫吾 安佐郡可部警察內
賀茂郡興仁會(各)武田智順 賀茂郡西條町
高田郡保護會(各)靈山俊嶺 高田郡可愛村法圓寺內
神石郡佛教奉公會(通)橋本種次郎 神石郡
山縣郡太田保護會(眞本)川野慧雲 山縣郡加計町
豊田獎善會(通)吉川直眞 豊田郡長谷村
大悲學園(豊)池田隆鍐 吳市三城通四丁目大師山
無得幼稚園(曹)中村桂堂 廣島市材木町三番地
淑德裁縫女學院(曹)渡邊澤雄 神石郡高蓋村池長善寺

山口縣
馬島佛教慈善會(眞本)小野島覺哲 熊毛郡麻里布村
下關佛教同盟濟世會(眞本)多田道然 下關市奧小路町
紫津浦診療所(淨)中山法產 大津郡仙崎町
下關簡易宿泊所(眞本)丘道徹 下關市大坪町
性乾院人事相談所(淨)熊野潤教 山口市性乾院
專稱寺人事相談所(淨)木村純導 熊毛郡伊保庄村


頁一七五
淨泉寺人事相談部(淨)岡崎純皎 玖珂郡高森郡
普濟院(通)吹田小作 熊毛郡鹽田村
防長孤兒院(黃)進堂瑞堂 豊浦郡長府町
山口育兒院(臨) 吉敷郡山口郡
岩國孤兒院(通)富津田惠海 玖珂郡川下村
久米村共樂園(眞本)河野諦圓 都濃郡久米村
岩國染香童園(眞本)熊谷勝圓 岩國町
下關保育林(眞木)多田道然 下關市伊崎郡
山口縣聯合保護會(通)國弘勝三郎 吉敷郡山口町
下關保護會(眞本)丘道徹 下關市大坪町
玖珂郡修道義會(通)常津田惠海 玖珂郡岩國町
大島郡保護會(通)川西惠海 大島郡久賀町
熊毛郡佛教團保護會(各)伊藤慈圓 熊毛郡佐賀村
佐波郡南部佛教團保護國(通)福山快實 佐波郡防府町
佐波郡北部佛教團(通)金澤文雄 佐波郡出雲村
豊浦郡免囚保護會(通)進藤瑞堂 豊浦郡長府町
山口縣阿武佛教團(通)渡邊曜明 阿武郡萩町
大津郡佛教甲寅會(通)池信脩省 大津郡深川村
都濃郡佛教團保護部(通)厚東旭應 都濃郡久米村
美禰郡東部佛教慈善會(通)落合良範 美禰郡秋吉村
同西部佛教愛護會(通)河野實 同山領村
字部共榮會(通)兼安英哲 字部市上字部
不關保護會(眞本)丘道徹 下關市大坪町
下關佛教同盟濟世會感化保護部(通)多田道然 下關市西之端町
吉敷郡各宗同盟佛教團(通)讃井照慈 吉敷郡山口町
柳井幼稚園(黃) 玖珂郡柳井町先台寺
小松幼稚園(黃)大島郡小松町雲●寺
姙產婦保護會(曹)義滿玄機 大島郡屋代村淨福寺
畜類慈愛會(曹)仁保活曉 佐波郡防府町
小兒保護會(曹)福谷堅光 佐波郡右田村興禪院
山陽吃音學校 熊毛郡三丘村周通院

和歌山縣
古義眞言宗社會事業協會(古眞)瀨川大憲 伊都郡高野町
田邊佛教慈善會(通)堀政吉 田邊町
南總婦人會(曹)杉本道憲 和歌山市寺町
糸谷救護團(眞本)寺岡龜藏 日高郡白崎村
和歌山佛教各宗協同會養老院(通)紀俊秀 和歌山市寺町
同附屬孤兒院(同)紀俊秀 和歌山市寺町
有田學園(淨西光)矢倉隆 有田郡藤並村
新宮育兒院(通)山口大信 東牟婁郡新宮町
和歌山縣聯合保護會(通)七戶大信 和歌山刑務所內


頁一七六
伊都郡佛教各宗協同會(通)和田性海 伊都郡元郡役所內
有田郡佛教各宗協同會(各)濱田惠璋 有田郡廣村
西牟婁郡佛教各宗協同會(通)釋香林 西牟婁郡元郡役所內
東牟婁郡佛教各宗協同會(通)高須賀了 東牟婁郡元郡役所
端正會(通)小山憲隆 和歌山市小松原通
慈育會(眞)宇多敏成 那賀郡狩宿村
精華會(通)鶴田彌勝 西牟婁郡田邊町
海草郡佛教各宗協同會(通)荻野孝雄 海草郡
港幼稚園(淨西光)關本諦承 和歌山市道場町
新宮第一幼稚園(臨妙)芝崎大同 東牟婁郡新宮町
昭和幼稚園(臨妙)釋香林 田邊町

德島縣
阿波養老院(各)豊田明實 勝浦郡多賀良村
青谷施療院(通)小川寶憲 那賀郡富岡町
德島學院(通)富士屋力次郎 名東郡沖洲村
青谷幼稚園(通)小川寶憲 那賀郡富岡町
德島縣助成協會(通)河野英助 德島市福島本町

香川縣
讚岐學園(古眞)佐伯行輝 高松市二番町
私立雞鳴學館(古眞)渡邊豊 丸龜市福島町
子守學校(眞本)筒井冠見 丸龜市鹽屋別院內
讚岐修齊會(眞本)今里游玄 高松市西濱町
眞宗本派令成會(眞本)同 高松市內町
道友會(眞興)堀乘動 同御坊町
眞言宗免囚保護會(古眞)高幢龍騰 同二番町聯合法務支所
天台宗開導會(天)村岡俊嶽 同宮脇町
曹洞宗保護會(曹)吉武龍松 同濱ノ町
淨土宗免囚保護會(淨)上野忠誼 高松市五番町
本門法華宗免囚保護會(本門法) 同北古馬場町

愛媛縣
人事相談所(天)松尾見洲 小野村正觀寺
愛媛慈惠會(通)仲田傳之□=[(肆-聿)+公=鬆=caw034-06] 松山市旭町
愛媛保護會(通)福岡安次 松山市柳井町
松山履信會(通)高木圓海 同小唐人町西法寺
喜多郡明昭會(通)河野玄要 喜多郡大淵町
伊豫郡明道會(通)大森眞教 伊豫郡郡中町
西宇和郡護友會(通)西山蘭溪 西宇和郡官內村
東宇和郡普濟會(通)後藤金龍 東宇和郡土居村
東宇和郡義昭會(各)中井香信 東宇和郡下宇和村
三間齋修會(通)小林泰純 北宇和郡三間村
宇和島報恩院(各)生玉寬靈 北宇和島市
津島報始會(隨妙)三關智運 北宇和郡岩松町
利生會(各)矢野義孝 北宇和郡三島村
吉田慈德會(通)松尾琢宗 北宇和郡奧南村


頁一七七
南宇和郡慈教會(通)五島覺禪 南宇和郡內海村
越智郡福田會(通)加藤大俊 今治市慶應町
周桑佛教團(通)宇野智道 周桑郡田野村
東新佛教會(通)松浦百英 新居郡角野村
東部佛教保護會(通)上原俊英 新居郡大町村
宇摩郡佛教團(通)服部覺禪 宇摩郡金田村
上浮穴郡慈郡濟(各)今村完道 上浮穴郡田渡村
西溫佛教會(通)增田晴城 溫泉郡三津濱町
風早風信會(通)二宮謙道 溫泉郡北條町
慈照會(各)丹生谷隆道 溫泉郡拜志村
報公會 澤田義範 北宇和郡來村
愛媛養老院(曹)中內霜吟 西宇和郡八幡濱町

高知縣
高知縣海南救濟會(通)宮地廓窈 高知市江ノ口町
高岡郡保護會(通)杉本鶴古 高岡郡
幡多郡保護會(通)乾光暉 幡多郡元郡役所內
慈善協會自彊會(通)高原伊三郎 土佐郡小高坂村
吾川郡保護會(通)渡邊熊藏 吾川郡
佛教眞和會(豊)光門大哲 中村町智圓寺內

福岡縣
福岡養老院(曹)高階瓏仙 福岡市南港町
九州帝國大學佛教青年會(通)旭憲吉 福岡市蓮池町
人事相談所(眞大)德永說誠 三瀦郡大川町善隆寺
福岡學園(眞本)戶田大叡 福岡市外鳥飼村
龍華孤兒院(眞本)七里順之 福岡市下祇園町萬行寺
小倉孤兒院(通)玉水後麟 小倉市堅町
愛國護法永照寺婦人會託兒所(眞本)村上春枝 小倉市米町
本願寺託兒所(眞本)長尾芳登 門司市楠町七
福岡縣聯合保護會(通)豐田多三郎 福岡市西新町刑務所
福岡致誠會(眞本)筑紫文基 同桝木屋町
小倉共成會(通)三島恒三郎 小倉市鑄物師町
早良郡扶接會(眞)井尾銀藏 早良郡姪濱町
筑後保護會(眞大)大谷瑩誠 久留米市篠山町
三池保護會(通)引野信夫 三池郡駃馬村
鞍手郡一心會(各)鷲尾國瑞 鞍手郡直方區裁判所
彝德會(曹)同 同若宮村珠石寺
大豊奉仕部(通)
糸島郡佛教青年會(通)甘蔗大吽 糸島郡前原町
京都郡佛教各宗聯合會(通) 京都郡行橋町
田川郡佛教洗心會(通)長川良雄 田川郡後藤寺町
田川佛教道元會(通)乘永昌亮 同添田町乘泉寺
濟世軍一心會(通)眞田慶順 八幡市前田
筑上郡佛教各宗聯合會免囚保護部(各)矢菊千代 筑上郡角田村


頁一七八
日就館(通)安達駿三郎 福岡市西新町
濟世軍幼稚園(通)眞田慶順 八幡市西本町七丁目
養源寺宏濟會(天)井上泰承 嘉穗郡大分村大分養源寺內
歡喜幼稚園(眞大) 福岡市後藤寺町

大分縣
慈善奉公會教養院(眞本)河村大芳 大分郡鶴崎町
光圓寺敬老會(眞本)天門知章 西國東郡高田町
別府養老院(曹)矢野嶺雄 別府市福永町
循誘學館(眞本)稻田靜雄 大分市上野
大分育兒院(各)奧大節 大分市萬壽寺
私立習教校(淨)田口透爾 西國東郡田原村
大分縣保護會(通)藤山竹一 大分市北ノ新町
大分佛教顯正會(各)大友芳虔 同大分東新町
佛教四恩會(各)入不二義勝 大分郡戶次村
東部佛教保護會(各)後藤照晃 大分郡鶴崎町法心寺
北海部郡北部歸一會(各)姬野愍乘 北海郡佐賀關町
北海部俊佛教保護會(通)佐々木蓮麿 同郡臼杵町
佛教惠眞會(眞)巖水芳溪 同郡坂ノ市町
南部佛教保護會(通)石田修英 同郡元郡役所內
大野各宗宗教團廣濟會(各)渡邊大年 大野郡三重町
龍華會(各)原智溫 大野郡東大野村
直入郡佛教協濟會(各)相良唯心 直入郡豊岡村
普濟會(各)花小野忠淨 同都野村
橫灘各宗和合會(各)高橋正道 遠見郡別府市
慈善法德會(各)日野誓成 同北田布村
教濟會(谷)藤井玄雄 同日出町
和敬會(各)木村玄聖 同杵築町
南部協和會(各)足利天香 東國東郡西武藏村
國東佛教保護會(各)赤松惠順 東國東郡國東町
西國東郡各宗同盟救濟會(各)小笠原圓長 西國東郡高田町
翼成會(曹、臨、淨)石臥道隆 宇佐郡糸口村
宇佐郡眞宗教團端行會(眞本、眞大)長岡吟教 同四日市町別院
宇佐郡佛教救護會(各)廣井芳葊 宇佐郡四日市町
中津各宗救護會(各)重松祐順 中津町
仁愛會(眞)江口勵雲 西國東郡田染村
眞宗下毛中組成善會(眞)赤坂探道 下毛郡櫻川村
耶馬溪眞宗博仁會(眞)新田覺音 同耶馬溪村
玖珠宗眞教團洗心會(眞)楳溪洞英 玖珠郡北山田村
二田佛教開導會(各)新田宏周 日田郡西有田村

佐賀縣
佐賀養老院(曹)渡邊鐵肝 佐賀市與賀町
唐津町人事相談所(淨)善乘運 東松浦郡唐津町安養寺
佐賀育兒院(各)正覺慈規 佐賀市水ケ江町
佐賀縣恒產會(通)赤羽乙二郎 同上多布施町
唐津力行保護會(通) 東松浦縣唐津町


頁一七九
双葉園託兒所(曹)久賀政雄 東松浦郡濱崎町瑞雲寺
呼子託兒園(曹)宮木宗隆 東松浦郡呼子龍昌院
自修園託兒部(曹)村上秀道 東松浦郡名護屋村觀音寺

熊本縣
延壽寺慈善救濟會(眞)菊地現隆 熊本市河原町
熊本醫大佛青無料診療所(眞)甲斐靜也 同本庄町
大悲施療院(眞本)廣海浮山 飽託郡八分字村
熊本自營協會(通)屋山朝太郎 同熊本刑務所內
肥後慈惠會(通)安藤門記 熊本市大江町

宮崎縣
日州保護會(通)原田義教 宮崎郡憶村

鹿兒島縣
鹿兒島養老院(眞出)橘大安 鹿兒島市高麗町
佛教二葉團附屬人事相談所(淨)中原麟宏 同新屋敷町
人事相談所(眞大)權藤正行 同新町別院內
錦江學院(眞本)山名立天 同藥師町
佛教二葉園(淨)中原麟宏 同新屋敷町
同車町分園(淨)同 同車町弘文學舍內
光接寺育英部(眞本)太田周教 出水郡阿久根町
鹿兒島縣保護協會(通)植田夈三郎 鹿兒島市草牟田町
鹿屋幼稚園(曹)寺師徹嚴 肝屬郡鹿屋町安養寺內

沖繩縣
球陽學園(眞本)菅深明 那霸市松下町
沖繩自發會(眞大)田原法馨 同市眞教寺內

臺灣
日蓮宗施療院(日)丸井智選 臺南州臺南市鹽埕町
寶仙寺職業紹介所(眞本)岡本泰道 高雄市一〇二
護國十善會(眞)小山祐金 臺北市西門前
光園寮(眞本)高橋良誠 基隆市義重橋光尊寺
寶仙寺無料宿泊所 岡本泰道 高雄市寶仙寺
臺北成德學院(眞本)佐々木芳照 臺北七星郡內湖庄後山坂
屏東幼稚園(曹)貫田至道 屏東郡屏東街屏東護國院內
臺灣共濟會(眞大)臺灣開教監督 臺北市

樺太
本斗慈善護國會(眞本)西鄉照圓 樺太本斗郡本斗村
樺太慈惠院(通)小西喜次郎 同豐原町東二條南八丁
樺太保護會(通)堀井治一郎 同本願寺別院
大泊幼稚園(曹)小倉俊丈 樺太大泊本町

朝鮮
京城佛教慈濟會(各)久家慈光 京城府元町一丁目
平壤廣濟會(眞本)植村祐孝 平安南道平壤府南町


頁一八〇
慈善教會(眞本)佐々木慧音 釜山府西町別院
窮民救濟所(通)李漢烈 忠清南道公州郡雞龍
和光教團(淨)荻野順導 京城府鐘路通
共生園(淨)大田秀山 釜山瀛洲
咸興佛教會人事相談所(各)喻興南道咸興郡咸興面東陽里
若草幼稚園(曹)高階瓏仕 京城若草町曹洞宗別院
釜山鎮幼稚園(曹)山口大苗 釜山鎮曹洞宗布教所
統營幼稚園(曹)平間忍清 慶尚南道統營大和町禪宗寺內
昭和幼稚園(曹)金寶泰禪 忠清南道天安大典禪寺內
鳥致院幼稚園(眞大) 鳥致院
釜山幼稚園(眞大) 釜山府
太田幼稚園(眞大) 太田府

滿洲
二尊教會施療部(淨)吉武堯爾 大連市伏見臺惠比須
陽慈醫院(眞大)服坂賢教 撫順明石町
長春無料宿泊所(淨)福田闡正 長春市曙町東三條
長春人事相談所(淨)同 同
人事相談所(眞大)服坂賢教 撫順明石町
長春こども會(淨)福田闡正 長春市曙町東三條

佛青聯盟の事業

全日本佛青聯盟の仕事は、その規約に掲げてある通りかなり、廣い範圍に亘つて居るが、聯盟成立の日なほ淺く、又、この組織を運用する方法、資金の調達等の點に於て大いに研究を要する問題が殘され、その活動が意に任せざることは甚だ遺憾の至である。聯盟の仕事の内、花祭は己に一般に普及せられてゐるから、更に之れを効果あらしむることに努め、悟りの會は漸次普及せられ、殊に昨年は始めて悟りのガードを發行し、大に好評を博し本年は更に趣向を新にして社會に送り出した。この運動は冬季の宗教的行事の一つに數へらるヽになるであろう。又、國際的には印度サルナート鹿野苑の寺院の落慶式に日本佛青を代表して祝意を表し、シヤム皇帝陛下御來朝の節は御歎迎の電報、東京驛頭の奉迎等本部としての仕事を行ふた。又、各地の佛青設立を促進し、發式の節は祝電を發して、成立を祝する等のことは、些細の事のやうではあるが、聯團本部のなすべき仕事である。又、隣邦支那の水災の節は、各團體にその救濟を提唱し、東京に於ては、大規模の救濟運動を起したが不幸にして、日支問題の為め中止のやむなきに至つたことは、甚だ殘念の至りであつた。

今後の聯盟の問題としては、佛教青年會を如何に發達せしむべきかの問題を研究し、又、現代の青年に對して佛青はいかなる指導原理を掲げて呼びかくるか、幹部の養成は如何にすべきか、將來の佛青の經濟問題は如何なる方法によりて解決するか、等、重要なる問題が山積してゐるのである。


頁一八一
佛教者關係の教化修養團體

教化團體

團體名 所在地 代表者
東京府
國柱會 東京市下谷區鶯谷一 保坂智宙
中央佛教會 同市神田區一ツ橋通二 柴田一能
上宮教會 日暮里町元金杉一八〇〇 加藤熊一郎
佛教青年傳教會 東京市淺草區橋場町一〇四 安藤嶺丸
鐵道道友會 東京市牛込區矢來町六六 大谷尊由
財團法人聖德太子奉讚會 東京市麻布區我善坊町三二 細川護立
株式會社天業民報社 下谷區上野櫻井町一 田中巴之助
鐵道共敬會 淺草區橋場町一〇四 安藤嶺丸
奉仕會 麴町區飯田町六ノ二四 佐藤鐵太郎
國本會 芝區二本榎一ノ一五 酒井日慎
明德會 牛込區箪笥町六 熊崎閑田
財團法人立正會 荏原郡池上町大字雪ケ谷四一 宮原六郎
國民向上會 芝區西久保廣町二三青龍寺內 成田大兆
明治會 下谷區櫻木町一 田中巴之助
淺草寺教學部 淺草公園內 鹽入亮忠
傳通會館 小石川區表町二七 木村玄俊
護國社 南葛飾郡奧戶村上平井二三六〇 佐野廣中
正隆會 小石川區戶崎町三八 三吉顯隆
北多摩佛教會 府下北多摩郡武藏野町關東中學校內 白川至敬
東京佛教護國團 神田區一ツ橋通二 道重信教 岡本貫玉
精神社 市外代々木山谷一〇八 加藤咄堂
聖勞院 市外高田雜司ケ谷五〇九 金田日出男

京都府
工場青年會 京都市堀川通本願寺內 甲斐靜也
衆善會 京都市上市區烏丸記寺之內上ル慈雲庵內 樋口琢堂
何鹿慈攝會 京都府何鹿郡綾部町淨光寺 松本濟惠
京都佛教護國團 京都市上京區大宮頭二階町西方寺 野口義成
對揚會 葛野郡花園村妙心寺海福院茶寮 野口繁治

大阪府
達明會 大阪市北區南同心町二ノ九 葭崎勝正
大阪佛教團 天王寺區西高津中寺町法雲寺


頁一八二
覺醒社 豊能郡岡町松原通四丁目 宮澤英心

神奈川縣
橫濱佛教各宗司 橫濱市中區久保山光明寺內 宮下舜達
橫濱佛教講話會 橫濱市中區櫻木町橫濱教育會館內 大谷嘉兵衞
神奈川縣佛教慈德會 橫濱市磯子區丸山町分田二〇一 田中海勇
中郡佛教護國團 中郡成瀨村大應寺內 大野恩酬

兵庫縣
加西郡和敬會 加西郡北條町 松本寬眞
播磨德育會 宍粟郡安師村安志九〇四 岡田善吾
財團法人神戶積德會 神戶市會山下町一丁目十八番地ノ二 武岡豊太
美囊郡佛教護國團 美囊郡久留美村金剛寺中 福田琢明
神戶佛教聯合會 神戶市生田町二丁目極樂寺內 小林義道
出石郡佛教各宗聯合會 出石郡出石町吉祥寺內 伊藤禪優
加古川町四恩會 加古郡加古川町篠原町善照寺內 北村義照
立正教報社 神戶市熊野町三丁目一七 竹內善次郎
多紀郡佛教團 多紀郡篠山町誓願寺內 高橋覺純
立正曉鐘會 神戶市荒田町一ノ四四二大澤惠修方 西川惠招
神戶佛教會館寶林會 神戶市四番町一丁目 印山法電
神戶修養會 神戶市籠池通七ノ二歡喜寺內 橫山顯峰
立正團 神戶市兵庫湊町四ノ一五 新間智啟
尼崎佛教聯盟會 尼崎市別所村本興寺內 增田日繼

長崎縣
長崎佛教會 長崎市鳴瀧町高林寺內 河野武翁
長崎佛教修導會 長崎市銅座町五一 市原澄太郎
縣佛教聯合會佐世保支部 佐世保市役所內 相賀照鄉
時津佛教青年會 西彼杵郡時津村萬行寺內 龜井靜雄
日蓮主義讚仰會 西彼杵郡龜岳村妙經寺內 村上孝俊
立正國本會 西彼杵郡長與村法妙寺 水谷多香樹
村雲婦人會支部 東彼杵郡西大村本經寺 清水麗昇
大村婦人會 同 同
縣佛教聯合會北高來郡支部 北高來郡諫早町慶巖寺 福永法俊
玉耶會 同 同
長崎縣佛教聯合保護會 北高來郡諫早町 教山祐謷
佛教婦人會專照寺支部 南高來郡千々石町 神田キヨ
縣佛教聯合會北松浦郡支部 北松浦郡平戶町 藤井眞隆
相浦谷佛教團 北松浦郡相浦町洪德寺內 谷口虎山
縣佛教聯合會南松浦郡支部 南松浦支廳內 杉村誠一


頁一八三
新潟縣
財團法人新潟日蓮主義實行會 新潟市並木町二三九二番地 磯部和吉
和敬會 中魚沼郡千手村清龍寺內 金山良念
島上村教化團體聯合會 西樸原郡島上村役場內 廣瀨大慧
方正會 中蒲原郡臼井村戶石行願寺內 武田雷雄

埼玉縣
潮止佛教團 潮止村役場內 田中四一郎
入間郡佛教會鶴瀨支部 入間郡鶴瀨村大字鶴馬 大谷亮溪
兒玉郡佛教會 兒玉郡本庄町泉林寺內 上山是道
埼玉縣入間郡佛教會 川越市喜多町廣濟寺內 笠松仙英
中瀨佛教青年會 大里郡中瀨村四一〇番地 三崎良泉
入間郡佛教會飯能支會 入間郡高萩村 小川宗禪
淨土宗正樹院報德會 北足立郡木崎村木崎 松本武治
新鄉村各宗聯合會 北足立郡溪鄉村大宇峰一二七六 內田覺雄
橫手佛教子供會 入間郡高麗村瀧泉寺 狹間龍定
外秩四恩會 秩父郡大河原村大字御堂淨蓮寺內 奧澤智賢
埼玉縣佛教々化團 大里郡熊谷町報恩寺內 吉州皆法
郡幾傳道會 比企郡平村慈光寺內 佐伯賴秀
今宿龜井兩村聯合教風會 比企郡今宿村圓正寺內 中澤賢道
埼玉縣佛教聯合會 大宮町東光寺內 須田貫孝
報恩會 比企郡玉川村大字日影東光寺內 濱島智信
東武佛教會 南埼玉郡八條村清勝院內 杉村祐善
西武教化團 入間郡豐岡町大字扇町屋 宇田川玉瑞
橫手主婦會 入間郡高麗村瀧泉寺 狹間龍定
粕壁佛教婦人會 北葛飾郡幸松村仲藏院 平原天朗
昭和同志會 北葛飾郡幸松村仲藏院 大作竹里
北足立郡佛教會 北足立郡浦和町玉藏院內 昭比奈秀敏
松光山弘德會 北足立郡膝折村東圓寺內 陶山憲宥
新鄉村各宗佛教聯合會 北足立郡新鄉村 內田覺雄
入間郡佛教會入間川支會 入間郡入間川町 傘松亮宣
高麗佛教青年會 入間郡高麗村 澁谷辨盛
吉見佛教會 比企郡西吉見村 村田榮識
佛教傳道會 比企郡高坂村 井草英悟
秩父佛教同志會 秩父郡秩父町慈眼寺內 武田慧定
國民精神振興會 秩父郡秩父町慈眼寺內 柴原弘道
寄居町外六ケ村 大里郡折原村 大澤瀧雄
男衾村佛教團 大里郡男衾村大字赤濱 高野秀海
深谷佛教會 大里郡深谷町西運寺 島田大梁
折原村佛教青年至誠會 大里郡折原村常光寺 小山暢昔


頁一八四
北葛飾郡南部佛教會 北葛飾郡吉川町 津島英海
淨土宗埼玉教區社會事業協會 北葛飾郡幸手町 村上運梢
北葛飾郡佛教會 北葛飾郡幸手町聖福寺 今井眞靜

群馬縣
桐生積善會 桐生市大字桐生四十六番地 鹽澤綠龍
高崎修養會 高崎市赤坂町三十番地 山端息耕
吾妻樹德會 吾妻郡名久田村林昌院內 星野亮石
大胡積善會 勢多郡大胡町役場內 東琢善
前橋修養會 前橋市萱町五七 加藤立成
澁川修養會 澁川町二、一六〇五正蓮寺內 阿部順三
粕川尚善會 勢多郡粕川村東壽寺內 青柳興敬
佛教聯合會群馬縣支部 前橋市立川町妙安寺內 九條嚴英
原市修養會 碓氷修養會 碓氷郡原市町 深山仙道
舘井積善會 新田郡世良田村 中村良憲
迦業山婦人會 利根郡沼田町 北川美知子
館林佛教積善會 邑樂郡館林町大道寺內 吉田龍海
吾妻佛教樹德會 吾妻郡高山村大字尻高 吉永靈誡
甘樂各宗和敬會 北甘樂郡富岡町海源寺內 西有靜觀

千葉縣
木更津町大正會 木更津町役場內 伊藤勇吉
新更會 印旛郡成田町 佐々木祖門
夷隅郡佛教護國團 夷隅郡大原町 醍醐亮慶

茨城縣
大日本佛教護國團 新治郡土浦町一二五番地 秋元梅峯
茨城佛教青年聯盟 水戶市竹隈町眞宗會館 寺西惠然
鹿島郡佛教公道會 鹿島郡中野村林瑞雲寺內 小太刀圓通

栃木縣
財團法人下野三樂園 宇都宮市戶祭町一五五〇番地 人見貞開
上都賀四恩會 上都賀郡鹿沼町松原寺內 今井德順
宇都宮安國會 宇都宮市馬場町四番地 瀧澤佐市
日光婦人會 上都賀郡日光町輪王寺 加藤直久
光永學會 栃木縣植野村光永寺 榎本來俊
三谷公友會 同縣小野寺成就院 寺內正
那須佛教慈恩會 那須郡太田原町 中井本儀
鹽谷郡佛教協會 鹽谷郡北高根澤村 久谷光麟
芳賀郡四恩會 芳賀郡眞岡町 根本正郎

奈良縣
慈眼會 添上郡帶解町大字柴屋龍象寺內 芝亭龍雲
金陽佛教會 宇智郡五條町五百〇八番地 康成達倫
高井婦人會 宇陀郡內牧村眞樂寺 津岳ソノ 眞田マキエ
佛教各宗尚德會 同內牧村眞樂寺 眞田智圓
奈良縣佛教聯合會 奈良市登大路町興福寺內 佐伯良謙
總本山長谷寺波津勢布教團 磯城郡初瀨町長谷寺內 塚本賢曉


頁一八五
淨土宗奈良布教團 高市郡畝傍町見瀨阿彌陀寺內 藤井規矩聞
矢田村各宗聯合佛教護國團 生駒郡矢田村矢田光蓮寺 寺本慶圓
南葛城郡佛教護國團 南葛城郡御所町眞龍寺中 木上定本
古義眞言宗奈良宗務支所 生駒郡矢田村松尾寺內 松岡秀賢
高市郡佛教護國團 高市郡八木町小房觀音寺內 密門了明
本派本願寺奈良教務所 奈良市三條通淨教寺內 宇治田貞亮
昭和會 同 宇治田貞亮
北葛城郡佛教護國團 北葛城郡高田町專立寺內 脇谷了巖
二階堂佛教護國團 山邊郡二階堂村庵治稱念寺內 鷲尾德靜
作興會 磯城郡田原本町淨照寺內 佐々木誠意
奈良佛教護國團 奈良市登大路町興福寺內 佐伯良謙
聖德修道會 磯城郡川東村八田 佐伯定胤
生駒佛教護國團 生駒郡法隆寺村法隆寺內 佐伯定胤
四恩會 南葛城郡御所町眞龍寺內 上村佐太郎

三重縣
三重縣佛教會 三重縣廳社會課內 市村慶三

愛知縣
愛知縣佛教會 名古屋市中區新榮町愛知縣廳內 知事
至誠會 名古屋市西區菅原町三丁目方等院內 鈴木光圓
名古屋市佛教會 名古屋市役所社會教育課內 大岩勇夫
名古屋青年佛教俱樂部 名古屋市中區御器所町櫻花高等女學校內
佛教協會 名古屋市中區南武平町三ノ五 木津無庵
帝國社會教化團 名古屋市東區松山町一〇 米本孝巖
和敬會館 名古屋市中區大池町 原天隨
布袋教化舍 丹羽郡布袋町布袋 江口祖關
慈友會 名古屋市東區建中寺 椎尾辨匡

靜岡縣
南中佛教々化團 加茂郡南中村加納十八番地 堀井靜先
庵原村佛教證道會 庵原村字草ケ谷大乘寺 足立宜研
稻梓村自彊會 加茂郡稻梓村隨源院 鈴木仙峯
護國親善會 富士郡富士町金正寺內 古川義宗
沼津積善會 沼津市大門町三十三番地 神原日祐
榛原郡佛教積善會 榛原郡川崎町釣學院 大石廉一
濱名郡佛教報國會 濱松市高町濱名郡町村長會內 倉元要一
藤枝四恩會 志太郡藤枝町若王寺洞雲寺內 安井辨義
岳南佛教會 沼津市本字出口乘運寺內 林彥明
庵原郡佛教奉詔會 清水市各種團體聯合會事務所 手島慶嚴


頁一八六
竹麻教化團 加茂郡竹麻村正善寺內 中野實道
清水市佛教聯合會 清水市傳馬町江淨寺內 淨見泰嶽
清澤コドモ會 安倍郡清澤村清源寺 開地清純
靜岡縣大菩提會 小笠郡南山村正林寺內 田中靈鑑
引佐郡佛教護國團 引佐郡金指町實相寺內 巨島玄慧

山梨縣
佛教靈光會 市川大門町五丁目禪林寺 有泉直松
南都留佛教會 南都留郡谷村町長安寺內 原澂信
大日本立正教會 東山梨郡奧野田村西廣門田百四十番地 平野玄林
大草村上條東割教化會 北巨摩郡大草村上條東割 廣瀨佳幸
日蓮主義青年會市川大川支部 八代郡市川右町一三三六 村松忠次
觀音婦人會 中巨摩郡龍王村慈照寺內 大森禪戒

滋賀縣
滋賀縣佛教聯合會 大津市滋賀縣廳社會課內 大久保住吉
西庄村佛教護國團 高島郡西庄村役場 伊花伊左衛門
滋賀縣佛教聯合會大津支部 大津市役所內 奧野英太郎
同甲賀支部 甲賀郡水口町 福住孝賢
同犬上支部 彥根町元郡役所內 種村了俊
滋賀郡佛教聯合會 眞野村役場內 中村與
栗太郡佛教同心會 葉山村 木村眞弘
野州郡佛教一心會 野州郡元郡役所內 安藤忍覺
伊香郡佛教聯合會 木之本町 大森眞亨
高島郡佛教護國團 今津町 宮島了俊

岐阜縣
岐阜市各宗協會 岐阜市大寶町大寶寺內 濱村精道
岐阜縣佛教會支部加茂郡德林會 加茂郡國體教務所 町村會長
岐阜縣佛教會支會益田郡報國會 益田郡萩原町大字萩原一二八二番地 缺員
岐阜眞宗聯合會 岐阜市東西兩別院內 兩別院輪番
岐阜縣佛教會養老郡支會 養老郡高田町 澤村忠三郎
岐阜縣佛教會稻葉郡支會 岐阜市司町二番地稻葉郡事務所內 大野勇
岐阜縣佛教會惠那郡支會 惠那郡中津川惠那郡團體事務所內 河村牧太
岐阜縣佛教會 岐阜市司町一番地 一戶二郎
岐阜縣佛教會安八郡支會 安八郡福東村福滿寺內 佐々木義俊
岐阜縣佛教會揖斐郡支會 揖斐郡公益團體事務所內 竹中保一
岐阜縣佛教會山縣郡支會 山縣郡山縣村長政寺內 木村眞隆
岐阜縣佛教會大野郡支會 大野郡高山町大字三町一二七〇 直井佐兵衛
岐阜縣佛教會土岐郡支會 土岐郡土岐津町廣福寺內 菊知玄寔
岐阜縣佛教會養老郡支會 日吉村分會養老郡日吉村大字字田二一八番地ノ一 鼻橋慈欣


頁一八七
大垣公德會 岐阜縣大垣市西船町常樂寺 田中進順

長野縣
小縣佛教會 小縣郡深澤村 百瀨仙苗
上伊那郡佛教會 上伊那郡聯合事務所 吉澤智道
北佐久佛教會 北佐久郡聯合事務所 岡本大鵬
上水內郡佛教會 上水內郡聯合事務所 野田瑞勝
南佐久郡各宗聯合會 南佐久郡聯合事務所 西田靈苗
更級佛教會 更級郡聯合事務所 宮本享勇
岳北佛教社會事業協會 下高井郡往鄉村 成田寬圓
南安曇郡佛教會 南安曇郡聯合事務所 寺口良知
信濃中央佛教會 東筑摩郡片岡村 小野龍道
碩水寺修養會 東筑摩郡坂北村 宮坂喆宗
松本女子求道會 寺田妙仙

宮城縣
不動堂佛教青年會 遠田郡不動堂村 佐藤文雄

福島縣
相馬郡佛教慈善會 相馬郡中村町正西寺內 八幡義教
伊達北部佛教慈善會 伊達郡梁川町萬休院內 立花純孝
福島縣伊達郡川西佛教慈善會 伊達郡桑折町無能寺內 佐藤泰然
行川佛教慈善會 石川郡石川町 廣川奇道
雙葉佛教慈善會 雙葉郡木戶村大字上小塙廣德院內 島賢亮
安積佛教慈善會 郡山市善導寺內 河野大徹
西白河郡面佛慈善會 西白河郡白洲町字橫町八六專念寺內 寺西大龍
耶麻佛教慈善會 耶麻郡喜多方町字東町滿福寺內 鈴木俊學
東部大沼佛教慈善會 大沼郡高田町龍興寺內 筧義海
安達佛教慈善會 安達郡二本松町少林寺內 武田喚隨
猪苗代佛教慈善會 耶麻郡猪苗代町安穩寺內 細川寬田
會津佛教慈善會 若松市馬場名子屋町福證寺內 山口元瑩
田村東南佛教慈善會 田村郡小野新町保泉寺內 阿部正明
南相佛教慈善會 相馬郡原町新祥寺內 野田甫先
標葉佛教慈善會 雙葉郡浪江町正西寺內 小丸善雄
福島市各宗聯合和光會 福島市大字福島字五月町九 松岡白欣
立子山佛教婦人會 伊達郡立子村天正寺內 栗林良海
不染會 安達郡二本松町字鳥谷二ノ七長泉寺內 鈴木巨舟
郡山生活改善實行會 郡山市字堂前如寶寺內 保森覺圓
華鬘會 石城郡夏井村大字山崎如來寺內 鈴木積善
善性寺日曜學校 安達郡二本松町字鳥谷二ノ十二番地 漆間清明


頁一八八
慶德佛教慈善會 耶麻郡慶德大字豐岡字今町 伊藤楳心

岩手縣
岩手縣佛教會 盛岡市內丸、岩手縣廳社會課內 栗田五百枝

青森縣
田子佛教會 三戶郡田子町牛尾山內耕田寺 村上嶺雲
東北四恩會 上北郡七戶町 飯坂圓收
戶來四恩會 三戶郡戶來村 中村冏定
八戶四恩會 八戶市湊町 佐藤隆三

山形縣
双月報德會 東村山郡鈴川村大字双月 大壽隆芳
大山佛教慈善團 西田川郡大山町道林寺內 大澤圓應
鶴南兒童智德會 鶴岡市賀島町萬福寺內 志摩法秀
昭和學園 米澤市大字花澤長福寺內 山口義隆
佛教聯合會山形縣支部 山形市鐵砲町 角張東順
財團法人酒田報恩會 飽海郡酒田町 菊池秀言

秋田縣
山本佛教會 山本郡能代町
神宮寺顯彰婦人會 仙北郡神宮寺町寶藏寺內 嵩慈春
秋田縣光北佛教會 仙北大曲町 棟方唯一
秋田縣南秋田郡佛教會 南秋田郡土崎港町山本町 清澤瀧哲
本莊宣正期成會 本莊町日役町 武藤儀道
蓮松會 雄勝郡西馬音內町寶泉寺內
雄勝佛教會 湯澤町清涼寺內 島佛惠
鹿角郡佛教會 鹿角郡花輪町 川村眞明
明珠會 雄勝郡西馬音內町寶泉寺內 小山田トヨ
日本教化院會 河邊郡船岡村 柳原日永
土崎佛教會 南秋田郡土崎港町 渡邊良觀
男鹿佛教會 男秋田郡天王村 鈴木道悟
北秋田郡佛教會 大館町 桑名健龍
佛教利生會 秋田市寺町 石田全壽

福島縣
聖德會 福井市尾上中町二八興宗寺 北條尊善
同朋會 大野郡上穴馬村下半原興正派本山出張所 今泉俊英
佛教聯合會福井支部 福井市葵町孝顯寺 岡本默音
福井佛教婦人會 福井市東別院內 大谷朝子
三門徒派佛教婦人會 福井市豐町專照寺 平三枝子
福井縣福田會 吉田郡和田村勝見 松野嘉七
足羽郡佛教報國會 福井市日ノ出下町 西本法隆
遠敷郡佛教各宗聯合會 小濱町青井瑞雲寺內 山田覺初


頁一八九
石川縣
石川郡佛教會 石川郡松住町字古城町 海野秋千代
石川縣能美郡佛教會 能美郡小松町字丸ノ內町一番地 多田豐壽
江沼郡佛教會 江沼郡大聖寺町字馬場 出雲路現祐
鳳至郡佛教會 輪島郡字河井町財團法人鳳至郡自治會內 高柳恒榮
鹿島郡佛教會 七尾町字所口元郡役所官舍內 富樫瑞昭
金澤市佛教會 金澤市廣坂通金澤市役所 吉川一太郎
珠洲郡佛教會 珠洲郡飯田町 梧北涯
石川縣聯合佛教會 石川縣社會課 中野邦一
河北郡佛教會 津幡町淨眞寺內 藤原德含

富山縣
富山縣佛教教化團體聯盟 富山縣社會課 中村寬澄

島取縣
淨土宗鳥取教區教務所 氣高郡湖山村 伊藤法瑞
曹洞宗々務所 東伯郡花見村 石田哲明
古義眞言宗々務支所 氣高郡大和村 岡田教傳
天台宗第二十四教區 島取市立川町 武田光俊
臨濟宗妙心寺派第八教區第四部 氣高郡美德村 安木靖巖
黃檗宗第九區 島取市栗谷町 道垣丹田
眞宗本願寺派因幡教區 八頭郡若櫻町 高野須泰然
眞宗本院寺派伯耆教區 東伯郡淺津村 上杉謙恭
眞宗大谷派鳥取縣全部 東伯郡宇野村 伊藤諦俊
日蓮宗鳥取縣全部 鳥取市西品治町 奧野日妙
西伯郡佛教護國團 米子市寺町 本城月潭

島根縣
愛國護法協會 濱田町顯正寺內 幡谷淳信
島根縣佛教奉公團 島根縣社會課內 萱場軍藏

岡山縣 岡山縣後月郡佛教各宗同盟會 後月郡西江原町正雲寺內 高峰慈性
美作佛教各宗自修會 津山市山下四六 井上觀潤
岡山明德會 岡山市瓦町蔭凉寺內 高橋探禪
聖德記念邑久郡修心會 邑久郡鹿忍町寶光寺內 最明快道
淺口郡明德會 淺口郡西阿知町法嚴寺內 龜井山聖演
倉敷市都窪郡慈教會 倉敷市八八七番地觀龍寺內 村田密禪
赤磐郡明德會 赤磐郡瀨戶町大字瀨戶四十番地 片山嘉一
御津郡明德會 岡山市嵓井町 藤井靜一
上道郡明德會 上道郡高島村賞田安養寺內 松田圓堯


頁一九〇
岡山縣佛教報國團 岡山市小橋町國清寺內 華山海應
佛教聯合會岡山縣支部 岡山市小橋町國清寺內 華山海應
岡山佛教會 岡山市瓦町蔭凉寺內 華山海應
縣主村濟世會 後月郡縣主村大字門田一七〇九番地 小寺全志
岡山縣曹洞宗務所 小田郡川西村 石橋百仙
日蓮宗布教團 岡山市東田町 高見慈悅
津山佛教婦人會 津山市上之町 三浦すけを
上道郡清心會 財田村 藤村憲亮
川上郡佛教團 成羽村 若林仙巖

廣島縣
佐伯郡佛教濟世軍 佐伯郡廿日市町四十番地ノ一 吉本管太郎
佐伯郡佛教奉公會 佐伯郡廿日市町四十番地ノ一 德阪龍象
佐伯郡北部佛教團風教部 佐伯郡出雲村昌福寺內 金澤文雄
廣島同朋舍 廣島市西本願寺別院 北畠玄瀛
佛教聯合會廣島支部 同 同
眞宗安藝婦人會 同 同
佛教濟世軍廣島支部 廣島市研屋町百 田原廓然
同尾道支部 尾道市士堂町七一二 住吉旗吉

山口縣
都濃郡佛教團 都濃郡德山町 赤松智城
山口縣大島郡佛教團 大島郡久賀町久屋寺內 樹下潜龍
山口縣大津郡各宗聯合佛教團 大津郡日置村光安寺內 鷲山卓爾
下關佛教同盟濟世會 下關市西之端町七五教法寺內 多田道然
山口縣玖珂郡佛教團 岩國町西福寺內 山本成道
豐浦郡聯合佛教團 豐浦郡長府町覺苑寺內 進藤瑞堂
熊毛郡佛教團 大野村常春寺 吉原元明
佐波郡北郭佛教團 出雲村昌福寺 金澤文雄
佐伯郡南郭佛教團 防府町西法寺 稻田圓住
厚狹郡佛教會 船木町 山名悟朗
美禰郡佛教團 大田町 南萊
阿武郡佛教團萩支部 萩町廣雲寺 楊井報眞
山口縣佛教團 吉敷郡大歲村 村上織江

和歌山縣
和歌山縣有田郡佛教各宗協同會 有田郡南廣村上中野法藏寺 吉水宏瑞
和歌山縣佛教徒聯盟 和歌山縣廳社會課內 橋由太郎

德島縣
德島縣佛教會 德島市寺町善福寺 庄野琳眞


頁一九一
香川縣
香川佛教會 高松市三幡町行德院 村岡俊岳

愛媛縣
喜多郡明昭會 喜多郡大洲町大禪寺內 河野玄要
大日本四恩協會 溫泉郡三津濱町 高橋常雄
越智郡聯合婦人會 今治市外清水村西念寺內 鳳精洲
愛媛縣佛教會 松山市六角堂前佛教會館 瀨川大憲
越智郡佛教團 今治市外清水村佛城寺內 鳳精洲

高知縣
高知佛教婦人會 高知市追手筋本願寺別願內 今村靜江
高野寺密教婦人會 高知市中島町高野寺內 谷信讚
赤岡光明寺佛教婦人會 香美郡赤岡町 小原教應
革新佛教眞生教會 吾川郡伊野町金蓮寺 岡田隆彰
大峰修臉會支部 高知市石井一、六二一 岩本光生
高知村雲婦人會 高知市湖江妙國寺 金澤誠愿
佛教聯合會高知縣支部 高知市追手筋 細川順實
幡多郡佛教同歸會 中村町 岡宗珤

福岡縣
大日本佛教濟世軍 八幡市西本町七丁目 眞田慶順

佐賀縣
北川副洗心會 佐賀郡北川副村役場內 凌貫夫
佐賀郡北部佛教聯合會 兵庫村瓦町光圖寺 生三俊庵
東與賀佛教青年會 佐賀郡東與賀村 祖岩哲雄
神埼郡佛教聯合會 神埼町 田中眞藏
山內佛教會 杵島郡中通村 山北眞雄
七浦佛教會 藤津郡七浦村 染川齋源
愛護教會 杵島郡北方村 立花慶司
吉祥婦人會 杵島北郡方村 杉岡清道
三田川教化團 神埼郡三田川小學校內 早田祐禪
大野報德會 三養基郡基里村 藤本宗實
佐賀郡南部佛教聯合會 佐賀郡東川副村 西谷智海
吉祥婦人會 杵島郡北方村 遙山現成
佛教修養會 三養基郡北茂安村 立川圓月
求道會 神埼郡境野村 貞包好隆

熊本縣
熊本佛教護國團 熊本市六間町專行寺內 望月義庵

沖繩縣
財團法人沖繩自營會 那霸市西新町三丁目十八番地眞教寺內 田原法馨
財團法人球陽學園 那霸市松下町一丁目七十一番地 菅深明
沖繩佛教青年會 那霸市松下町一丁目大典寺內 菅深明
沖繩佛教聯合會 同 菅深明


頁一九二
朝鮮
和光教團 京城府觀水洞一〇二番地 荻野順導
鎮海立正慈教團 慶上南道昌原郡鎮海面寺町一番地 旭寬成
釜山共生園 慶尚南道釜山府水昌町一ノ二一 太田秀山
財團法人朝鮮佛教團 京城府長谷川町十七番地 韓昌洙

臺灣
臺灣精神社 臺南市本門町二丁目彌陀寺內 王兆麟

佛教徒融合事業

全國的事業
本派本願寺一如會 京都市西本願寺社會部 後藤環爾
大谷派本願寺眞身會 京都市東本願寺宗務所內 武內了溫

地方的事業
旭町改善會 栃木縣下都賀郡水代村榎本 吉澤建之助
親睦會 滋賀縣栗太郡老上村乘誓寺 中西道太郎
矯風會 同縣犬上郡東良村存長寺 小川與總右衛門
一心會 同縣阪田郡醒井村一色 青山伊藍
島村清和會 岐阜縣稻葉郡鳥村 藤井了祥
吳地方同和會 廣島縣吳市公園通吳教院 幡谷惇信
久松會 福山市三吉町久松會館內 原田信行
和敬同行會 愛媛縣越智郡清水村佛城寺 岡平慈選
三崎村融和會 高知縣幡多郡三崎村 橋本定章
光明寺滿月會 高知縣香美郡赤岡町光明寺 小原教應
安藝町藝陽會 同縣安藝郡安藝町 乾光暉
曉生會 德島縣海部郡川西村正賢寺 藤井六夫

信仰團體
一燈園 不二の光明による利他行 西田天香 京都市外山科町四ノ宮光泉林地內
各宗祖師讚仰會 各宗祖師の讚仰 丹靈源 東京市芝區三田臺町一丁目一六
共生會 佛教的眞生主義の普及 推尾辨匡 東京市芝區芝公園地
求道會 眞宗信仰の普及 近角常觀 東京市本鄉區森川町一
觀音會 觀音信仰の普及 靭山髻華 東京市京橋區木梚町
公民協會 眞宗信仰による世界的公民の養成 羽栗行道 京都市下京區東中筋魚棚下ル蓮光寺


頁一九三
光明會 念佛主義による信仰集會 笹木戒淨 土屋觀道 相馬千里 會員の私宅を交互に會場とし事務所とす
光明團 親鸞教義の普及 住岡狂風 廣島市八丁堀二六
國柱會 日蓮主義による社會教化 田中智學 東京市下谷區櫻木町一
四恩協會 佛教の四恩報謝普及 高橋常雄 愛媛縣三津ケ濱
四恩教林 同上 野口日主 東京市淺草區永住町妙經寺
修道會 眞宗信仰と修養の促進 東陽眠龍 大分縣宇佐郡封戶村水崎
醇厚會 日蓮主義思想善導健康增進國運振興 河島大太郎 大阪市西區土佐堀大同ビル五階內
正信協會 親鸞主義の知識階級普及を目的とす 富士川游 神奈川縣鎌倉町雪ノ下
淨心會 學生を中心とする佛教思想の普及 室住熊三 森祐吉 福岡縣戶畑市明治專門學校
大乘會 大乘佛教運動 田中弘之 東京市小石川區小日向臺町一丁目六三
大日本救世團 法華經主義の社會救濟運動 本田仙太郎 東京府大井町鮫津四三
大日本眞宗宣傳協會 淨土眞宗の信仰宣傳 野依秀市 東京市芝區愛宕町三ノ二
大日本佛教濟世軍 佛教信念の皷吹と社會淨化 眞田慶順 福岡縣八幡市西本町七丁目
知法思國會 日蓮主義の普及 本多日生 東京市下谷區北清島町統一閣
統一教 全宗教の統一 海津月光 東京市本所區江東橋四ノ三四ノ四
念佛道場 專修念佛 村田常照 三重縣河藝郡一身田
八王子佛教會 社會教化思想善導 互選 東京府八王子市上野町金剛院
佛教奉仕會 皇室中心思想善導 津田宗保 大阪市西區新町四丁目三
法華會 日蓮聖人による法華經主義の普及 山田三良 東京市牛込區辨天町一七二
三田日蓮聖人讚仰會 日蓮聖人の讚仰 柴田一龍 東京市外大崎町桐ケ谷三九
立正婦人會 日蓮主義による在家婦人佛教の皷吹 松平俊子 東京市外松濤四〇
如是會 信仰修養の促進 中西葉舟 東京府代々木富ケ谷一四四七
財團法人信道會館 佛教の宣揚と實踐 福田正治 名古屋市中區南伏見町二ノ一
堀內日蓮上人讚仰會 日蓮主義の讚仰發揚 岡田教篤 東京市外和田堀內
北葛城郡佛教護國團 民力涵養教化事業 脇屋了嚴 奈良縣北葛城郡高田町專立寺


頁一九四
白鷺洲家祭祀記念慈善會 慈善修養 其他 高橋廣演 靜岡縣榛原郡白羽村三一〇五ノ一
慈信會 修養信仰教化 岐阜縣羽島郡足近村西方寺
丸の內佛教修養會 信仰修養の促進 東野金瑛 東京市芝區田村町五三
國民修養會 佛教主義に依る精神修業 菅原洞禪 同芝區白金三光町微笑窟
山口縣佐波郡北部佛教團 佛教主義に依る尊皇護國精神振作 金澤文雄 山口縣佐波郡出雲村
狩宿村佛教信仰會 思想善導 井畑晃 和歌山縣那賀郡狩宿村
香川縣綾歌郡佛教會 佛教主義により民風作興 今里游玄 香川縣綾歌郡坂出町
勸善社 眞宗教義研究宣布 栗田與三 愛媛縣松山市西堀端町
高松青向會 佛教々理宣揚 鎌田憲英 高松市內町本願寺出張所
愛媛修德會 信仰の皷吹教化救濟 松尾見洲 愛媛縣溫泉郡小野村正觀寺
糸島保護會 佛教主義に依る精神向上風俗改善等 甘蔗大吽 福岡縣糸島郡可也村松隅長音寺內
福岡有終會 感化教育の調查研究兒童保護の振興 戶田大叡 福岡市鳥飼縣立福岡學園內
香草社 出版物による思想運動 曉鳥敏 石川縣松住局區內
人生創造社 人生創造主義運動 石丸悟平 千葉市寒川新宿
富士休養學園樂山莊 佛教主義の休養研究修養 高楠順次郎 靜岡縣駿東郡玉穗村
沼津修養學園樂水莊 佛教主義の休養研究修養 同上 靜岡縣沼津市我入道
愛國護法協會 大乘的文化國土の建設 幡谷淳信 島根縣濱田町顯正寺
佛教思想普及會 佛教思想の普及 野依秀市 東京市芝區愛宕町三ノ二

學術團體
イースターン・プソデイスト・ソサイテイ 大乘佛教の研究と海外傳播 山邊習學 京都市上京區烏丸頭、大谷大學內
光壽會 佛教の研究宣布出版梵文の譯出 大谷光瑞 京都市伏見桃山三夜莊
新更會 更始一新溫故知新 荒木成田山貫首 千葉縣成田町成田山新勝寺
眞宗學研究所 眞宗學の研究と普及 足利瑞義 京都市上京區間之町二條上ル
宗教と教育社 宗教教育の實現 大村桂嚴 東京市外和田堀方南四四〇
大正一切經刊行會 大藏經刊行 高楠順次郎 東京市本鄉區本鄉二丁目
日獨佛教協會 日獨協同の佛教研究及普及 高楠順次郎 東京市淺草區淺草寺々務所內


頁一九五
日佛佛教協會 日佛協同の佛教研究及び弘通 渡邊海旭 東京市深川區御船藏錢町十一渡邊方
佛教協會 佛教的社會教化 木津無庵 名古屋市中區南久屋二ノ七町破塵閣
佛教文化研究所 佛教文化の研究 新道高明 熊本縣菊池郡城北村明嚴寺
顯眞學苑 眞宗學の研究と普及 梅原眞隆 京都市上京區加茂反倉町
日本佛教童謠協會 佛教主義による音樂舞踊等にて兒童の宗教々育をす 江崎小秋 東京市外中野町四〇二五
佛教研究會 佛教の大衆化 常光浩然 同神田區一ツ橋通二中央佛教會館內
正法眼藏會財團 曹洞宗正法眼藏の研究普及 熊澤泰禪 福井縣吉田郡志比谷村永平寺
佛教新聞 佛教の研究發表教化思想善導 善乘運 佐賀縣唐津町安養寺
佛教音樂協會 佛教音樂の創成と普及 四條隆愛 文部省宗教局內
ルンビニー・コーラス團 同右 弘田龍太郎 東京市本鄉區彌生町三弘田龍太郎方
佛教同志俱樂部 佛教の研究 日山豊次郎 東京市淺草區田島町八〇

佛教婦人會
眞宗本願寺派佛教婦人會聯合本部 京都市下京區本派本願寺內 大谷紝子
華頂婦人會 京都市東山區林下町知恩院內
上野佛教婦人會 東京市外高田町雜司ケ谷四二六 波多野玄猷
大谷婦人會 淺草區松清町東本願寺內 溪內德子
眞宗婦人會 東京市京橋區築地西本願寺內 濱田錦代
淨土宗婦人會 東京市深川區靈岸町湖江院內 赤尾龜子
勝間婦人會 東京市芝區芝公園增上寺內 中谷梅子
東佛教婦人會 同 同
淨團宗婦人協會 東京市外東大久保二四六 中谷梅子
淺草寺婦人會 東京市淺草公園 山田政子
栴檀婦人會 東京市本鄉區駒込吉祥寺內 片岡君子
吉祥寺婦人會 東京市麻布區新綱町一ノ三五 蒿國榮子
栴檀婦人會 同麻布區五九長谷寺 片岡君子
共生婦人會 推尾辨匡
護國寺光明婦人會 東京市小石川區護國寺


頁一九六
Y.M.B.A & Y,W.B.A 佛教青年會と佛教女子青年會

佛教青年會

東京府
會名 所在地 代表者
全日本佛教青年會聯盟 神田區一ツ橋通リ二中央佛教會館內 高楠順次郎
東京帝國大學佛教青年會 本鄉區本鄉三丁目帝大佛教會館 藤岡勝二
東洋大學佛教青年會 小石川區原町東洋大學內 長井眞琴
慶應義塾佛教青年會 芝區三田慶應大學內 柴田一能
早稻田大學佛教青年會 牛込區早稻田早稻田大學內 中桐確太郎
日本大學佛教青年會 神田區三崎町日本大學內 椎尾辨匡
大正大學佛教青年會 市外西巢鴨庚申塚大正大學內
明治大學佛教青年會 神田區甲賀町明治大學內
法政大學佛教青年會 麴町區富士見町法政大學內
駒澤大學佛教青年會 市外駒澤町駒澤大學內
立正大學佛教青年會 市外大崎町立正大學內
日本醫科大學佛教青年會
一高澍洽會 本鄉區第一高等學校內
東京工業大學佛教青年會 市外碑衾町大岡山東京工業大學內
智山專門學校興風會 市外石神井村智山專門學校
天台宗是一會 市外西巢鴨町大正大學內 田島德音
築地本願寺佛教青年會 京橋區築地三丁目本願寺內 岡部宗城
青年佛教協會 市外西巢鴨庚申塚六一六 塩入亮忠
顯本青年聯盟 淺草區北烏町一四統一閣 秋山乾英
九段佛教會館青年部 麴町區飯田町九段佛教會館 英秀雲
中央佛教青年會 神田區一ツ橋通リ中央佛教會館內
佛教青年傳道會 淺草公園第一區 安藤嶺丸
東京高師佛教會 小石川區大塚窪町東京高等師範學校
荏原佛教青年會 市外碑文谷井口健太郎方


頁一九七
古義眞言宗學生會
佛教思想普及協會大日本眞宗宣傳協會 芝區愛宕町三ノ三一 野依秀市
東部日本佛教青年聯盟 神田區一ツ橋通リ中央佛教會館內 藤岡勝二
佛教濟世軍東京本部青年部 神田區三崎町二ノ一一濟世軍東京本部 溝口兼一
新興佛教青年聯盟 市外高田町雜司ケ谷龜原 妹尾義郎
てるひ佛教青年會 市外田端二九三田端照日堂內 佐々木慶成

大阪府
關西大學佛教青年會 豊能郡千里村 賀來俊一
大阪高校佛教青年會 大阪高等學校內 佐々木教授
大阪藥專佛教青年會 南區日本橋筋五丁目大阪藥學專門學校 加藤直溫
大阪醫科大學佛教青年會 北區常安町大阪醫科大學內 澤田秀忠
大阪工業大學佛教青年會 北區東野田九丁目大阪工業大學內 高留岩雄
大阪高等醫學專門學校佛教青年會 三島郡高槻町大阪高等醫專內
大阪齒科醫學專門學校佛教青年會 北河內郡牧野村大阪齒科醫學專門學校 華學默震
浪速高業學校佛教青年會 豊能郡櫻井谷村浪速高等學校內 三浦菊太郎
大阪眞宗青年會 東區北久太郎町四丁目難波別院 木川宗圓
善隣會佛教青年會 西成區中間町四ノ九 風間榮一
大阪一味會青年會 此花區上福島一丁目森谷清松方 利井興隆
大阪學生佛教青年聯盟 北區常安町大阪醫科大學內 片瀨淡
上宮中學校佛教青年會 天王寺區天王寺上宮中學校內
昭和佛教青年會 三島郡茨木町稱名寺
大阪佛教青年會 大阪市本願寺津村別院

京都府
京都佛教青年會聯盟 京都市下京區六條高倉會館內 朝倉曉瑞
京都帝國大學佛教青年會 京都市京都帝國大學內 羽溪了諦
三高佛教青年會 京都市第三高等學校內 湯淺廉孫
京都府立醫科大學佛教青年會 京都市河原町廣小路 淺山忠愛
臨濟宗大學向上會 市外花園村臨濟宗大學內 棲梧寶嶽
日本佛化新青年會 市外花園驛前二六佛化社 緒方宗博
高倉佛教青年會 市都市下京區六條通高倉會館內 山名義順
京都光明會青年會 京都市岡崎東福ノ川町公安院內 菱田隆道


頁一九八
伏見佛教青年會 伏見市京町北七丁目 松本雪城
京都佛教青年會 京都市堀川通七條下ル本願寺京都教區教務所內
久法寺報德會 天田郡細見村久法寺內

埼玉縣
中瀨佛教青年會 大里郡中瀨村四一〇 三崎良泉
小濱青年矯風會 兒玉郡丹莊村普門寺內
吉祥青年會 大里郡中瀨村吉祥寺內
高麗佛教青年會 入間郡高麗村西光寺內

群馬縣
生枝修養會 利根郡白澤村觀音寺內
例月修養會 勢多郡荒砥村慈照院內
佛教青年團 群馬郡小野上村眞龍寺內
前橋佛教青年會 前橋市南曲輪町清光寺內

靜岡縣
靜岡高校佛教青年會 靜岡市靜岡高等學校內 辻善定
清水共生青年會 清水市清水木魚町實相寺內

愛知縣
名古屋佛教青年俱樂部 名古屋市中區御器所櫻花高等女學校內 大溪贇雄
八高佛教青年會 名古屋市第八高等學校內 椎尾大
聞信會 名古屋市愛知醫科大學內

岐阜縣
宮代青年修養會 不破郡宮代村正行院內
專行寺青年會 大井町專行寺內

滋賀縣
彥根高商佛教青年會 彥根町彥根高等商業學校內 木村善堯
叡山佛教青年會 滋賀郡坂本村山口光圓方 山口光圓
垣見佛教青年會 神崎郡八幡村垣見 武田智了
大津市佛教青年會

千葉縣
東洋青年會 成田町成田八三九成田山十善布教會館內 島照康
千町教友會 夷隅郡千町村行元寺內 藤平遵田
佛教潤德會 長生郡東浪見村枇杷畑集會堂
歡喜寺佛教青年會 長生郡土睦村歡喜寺內


頁一九九
荻原青年團後援會 夷隅郡千町村行元寺內
觀音弘誓會 夷隅郡千町村行元寺內

茨城縣
眞淨佛教青年會 多賀郡華川村淨蓮寺內
岩瀨町青年會向上聯盟 茨城岩郡岩町妙法寺內 黑田坦海
茨城佛教青年聯盟 水戶市竹隈町眞宗會館內 寺西惠然

神奈川縣
橫濱佛教青年會 橫濱市中區櫻木町寶光寺內 鈴木長之
橫濱高等商業學校佛教青年會 橫濱市中區南太田町橫濱高等商業學校

宮城縣
仙臺佛教青年聯盟 仙臺市東二番町一四一佛教會館內
原町青年向志會 仙臺市原町陽雲寺內
仙臺佛教洽濟會 仙臺市東石幡町金勝寺內
東北帝大佛教青年會 仙臺市東北帝國大學印度學研究室 宇井伯壽
二高道交會 仙臺市第二高等學校內 阿戶田令造
不動堂佛教青年會 遠田郡不動堂村 佐藤文雄
角田佛教青年會 角田町 氏家清吉

秋田縣
金澤町佛教青年會 仙北郡金澤町祇園寺內
同朋會 秋田市寺町二二八專念寺內 菊地祐寬

山形縣
天童佛教青年會 天童町中町善行寺內
山形高等學校佛教青年會 山形市山形高等學校內 佐藤直丸

新潟縣
新潟高校佛教青年會 新潟京新潟高等學校內 朝日方圓
新潟佛教青年會 新潟市西堀通七番町宗現寺內 布川興策
橫田佛教青年會 西頸城郡橫田村法藏寺內
片見佛教青年會 三島郡片見淨照寺內
中島佛教青年會 西蒲原郡國上府中島大蓮寺內
針佛教青年會 中頸城郡板倉府針淨覺寺內
新潟醫科大學佛教青年會 新潟市新潟醫科大學內
新潟市佛教青年會 新潟縣廳社會課內
刈羽佛教青年會 柏崎町淨土寺內


頁二〇〇
長岡成人會 長岡市長柄町鷲尾忠孝方
直江津佛教青年會 直江津町眞行寺內
聖德會 高田市淨興寺內
上越佛教青年會
出雲崎佛教協會 三島郡出雲崎町
柏崎佛教青年會 刈羽郡柏崎町旭町二

福岡縣
西部日本佛教青年會聯盟 福岡市馬飼六本松岡高等學校內 干潟龍祥
全九州淨土宗青年聯盟
九州帝國大學佛教青年會 福岡市渡邊通リ四丁目九州帝國大學內 西川虎吉、高木繁、干潟龍祥
明治專門學校淨心會 戶畑市明治專門學校內 室住熊三、森祐吉
九州醫學專門學校佛教青年會 久留米市柳原 松岡文七
福岡高等學校佛教青年會 福岡市福岡高等學校內 赤野法香

熊本縣
第五高等學校佛教青年會 熊本市星髮町第五高等學校 松尾精一
熊本高等工業純眞會 熊本市熊本高工內 本多顯曜
相良寺佛教青年修養會 鹿本郡內田村相良寺內

廣島縣
廣島佛教青年會聯盟 廣島市中島本町淨寶寺內
佛教濟世軍青年部廣島支部 廣島市研屋町 田中義信
廣島文理科大學佛教青年會 廣島市千田町廣島文理科大學內 吉田賢龍
廣島高校佛教青年會 廣島市皆實町廣島高等學校內 鳴澤寡愆 長島喜三
廣島高等工業佛教青年會 廣島市千田町廣島高等工業學校 井口豊八郎
廣島佛教同志會 廣島市堀川町永照寺內 龍永悟由
淨寶佛教青年會 廣島市中島本町淨寶寺內 諏訪令海
廣島佛教青年會 廣島市立町崇德教社內 中川義澄
乃美尾佛教青年會 賀茂郡乃美尾村 松尾將壯
阿賀町佛教青年會 吳市阿賀町稱名寺內

岡山縣
天台宗青年年會 久米郡久米村圓光寺內
日蓮讚仰會 岡山市第六高等學校內 近成多一

兵庫縣
姬路高等學校佛教青年會 姬路市外安室村 新田芳 湯淺溫
甲南聖鸞會 武庫郡甲南高等學校內


頁二〇一
小童寺佛教青年俱樂部 川邊郡東谷村小童寺內 山下覺順
和田青年洗心會 多紀郡畑村善法寺內
野間早蕨會 多紀郡城北村玉照院內
神戶商科大學佛教青年會 神戶市神戶商科大學內
尼崎佛教青年會 尼崎市西本町北通二妙光寺

長野縣
菱野佛教青年會 北佐久郡大里村長泉寺內
傍陽青年修養會 小縣郡傍陽村實相院內
布引觀音會 佐久郡川邊村釋尊寺內

朝鮮
朝鮮佛教青年總同盟 京城府京城佛教青年會館
朝鮮佛教青年會 京城府壽松洞四四 金尚昊
大渚佛教青年會 慶尚南道金海郡大渚面 荒木靜男
京城帝國大學佛教青年會 京城帝國大學內
京城佛教青年會 京城府若草町本派本願寺別院 朝枝不朽
釜山佛教青年會 釜山府富平町本派別院

島根縣
松江高等學校佛教青年會 松江市松江高等學校內 高畠喜市
濟生佛教青年團 島根縣安濃郡刺鹿村正專寺內 森山義勝
佛教青年求道會 島根縣簸川郡久本村覺專寺內 佐々木慧正
今市佛教青年會 島根縣簸川郡今市町 松田誓鎧
立善佛教青年會 島根縣安濃郡波根東村 菅本精覺
稗原佛教青年會 島根縣簸川郡稗原 藤原凌學
窪田村佛教青年會 簸川郡窪田村
松江佛教會 松江市寺町宗泉寺內

和歌山縣
南紀佛教青年會
和歌山佛教青年會
願成寺同志會 海草郡巽村願成寺
野上佛教青年會 那賀郡東野上町六道寺內 塚田好全
高野山大學々友會 伊都郡高野町
和歌山高等商業學校佛教青年會 和歌山高松町

福島縣
雨田青年不退會 石川郡大森田村無量寺內

福井縣


頁二〇二
福井高等工業學校佛教青年會 福井市外牧ノ島福井高工校內 佐藤重賢

鹿兒島縣
七高佛教青年會 鹿兒島第七高等學校內 池田淳
鹿兒島佛教青年會 鹿兒島市東千石町大正會館內 後藤澄心

大分縣
鶴崎佛教青年會 大分縣鶴崎町福正寺 岩鶴寂圓
大分高商佛教青年會 大分市上野町大分高商內 末永惣太郎

長崎縣
長崎醫大佛教青年會 長崎市醫科大學內 國友鼎
長崎高商佛教青年會 長崎市片淵町長崎高商內 高畑得四郎 伊東勇太郎

佐賀縣
佐賀高等學校佛教青年會 佐賀市 岩本秀雅 調圓理

山口縣
山口高等商業學校佛教青年會 山口市山口高商內 國吉省三
山口高等學校佛教青年會 山口市高等學校內 隆高鑑
下關佛教青年會 下關市新地町三三妙蓮寺內 宮川春雄

愛媛縣
松山高等學校佛教青年會 松山市持田松山高等學校內 林竹次郎
松山高等商業學校佛教青年會 松山市味酒松山高等商業學校內 一柳學俊
松山佛教青年聯合會 松山市東雲町愛媛縣佛教會館內

青森縣
弘前求證會 弘前市商業學校內 安齋宏素

石川縣
北陸佛教青年會 金澤市第四高等學校 江上秀雄
慶哉佛教青年會 金澤市五寶町本派本願寺別院 石原堅正
美川佛教青年會 石川郡
鶴來佛教青年會 同
鳥屋佛教樹德會 同
羽咋佛教青年會 羽咋郡
德田村佛教會 鹿島郡
德前佛教修養會 同越路村
金澤佛教青年會 金澤市
獅子王青年會 同
山中正信俱樂部 江沼郡
柏野青年講 同
西往田青年講 能美郡
小松八日市青年興德會 同
小松在鄉軍人講 同
小松濱田町青年講 同
小松上本折町青年講 同


頁二〇三
小松西町青年講 同
石川縣佛教青年會聯盟 金澤市西町佛教青年會館

北海道
光明佛教青年會 北見國野付牛町
信行寺佛教青年會

沖繩縣
沖繩佛教青年會 那霸市松下町一ノ七一 板橋叶

台灣
臺北高校佛教青年會 臺北市臺北高等學校內 松井貫之

佛教女子青年會
日本佛教女子青年會 東京市代々木北山谷二〇八 高楠順次郎
佛教婦人青年會 東京市淺草區永住町二一 山中十寸美
大乘女子青年會 橫濱鶴見高等女學校內 中根環堂
名古屋女子佛教青年會 名古屋市中區御器所町北山前櫻花高等女學校內 大溪專
金澤マハヤナ女子青年會 金澤市西町藤花高等女學校內 石原堅正
富山佛教女子青年會 富山市總曲輪町本願寺派別院內 廣橋了以
金澤佛教女子青年會 金澤市五寶町木派別院 石原堅正
京都佛教女子青年會 京都市堀川七條下ル本願寺執行 大谷泰子
京都女子佛教青年會 京都市東山七條京都女子高等專門學校 朝倉曉瑞
大阪府女子專門學校佛教會 大阪市住吉區常塚山大阪府女子專門學校內 阿部現亮
佛教女青年會 滋賀縣蒲生郡八幡町本派別院內 三宮絜信
木次佛教女子青年會 島根縣大原郡木次町木次同朋會館內 加納大二
廣島佛教女子青年會 廣島市立町崇德社內 中川義澄
光明團女子青年會 廣島市八丁堀二十六光明團本部內 住岡狂風
今市佛教女子青年會 島根縣今川郡今市町 松田誓鎧
福岡佛教女子青年會 福岡市渡邊通福岡佛教會館
小倉佛教女子青年會 小倉市大阪町法泉寺內 黑田得玄
鹿兒島佛教女子青年會 鹿兒島東千石町本派別院內 後藤澄心
坪井佛教女子青年會 熊本市坪井町廣町內 森山イヨ 杜多光枝


頁二〇四
京城佛教女子青年會 朝鮮京城府若草町本派別院內 朝枝不朽
南山佛教女子青年會 朝鮮京城府南山町三丁目大派別院內 久保泉
城西佛教女子青年會 東京市牛込區矢來町城西佛教會館 多賀義仁
千代田女子青年會 東京麴町區中六番町千代田女子專門學校
日出高女慈風會 東京市外日黑町日出高等女學校
中央佛教女子青年會 東京神田區一ツ橋通中央佛教會館
名古屋市女子佛教青年會
明淨女子青年會 金澤市
清水女子佛教青年會 靜岡縣清水市波止場鈴木まさ子方
大谷派婦人法語會京都女子青年部 京都市諏訪町萬年寺上ル婦人法話會館
松本佛教女子青年會 松本市本派別院
大阪府女子專門學校佛教會 大阪市住吉區常塚山
佛教女子青年會 滋賀縣蒲生郡八幡町本派別院內
梓河內處女會法の友 滋賀縣坂內郡柏原村常福寺內
稗原村佛教女子青年會 島根縣簸川郡稗原村
神戶佛教女子青年會 神戶市四番町本派別院內
鳥取心華女子青年會 鳥取市上町觀音院內 山根天龍 田尻光暢
佛教婦人會 新潟縣中頸城郡新井町大派別院內
小出雲佛教婦人會 同新井町小出雲光蓮寺內
名立佛教婦人會 同西頸城郡名立町淨福寺內
新潟佛教婦人會 新潟市西堀勝樂寺內
長岡佛教婦人法話會 長岡市長柄町鷲尾忠孝方
櫻島佛教女子青年會 鹿兒島市外櫻島
馬公佛教女子青年會 臺灣馬公
奧佛教女子青年聯合會 吳市吳會館

布哇全島佛教青年會 (昭和六年八月現在)
布哇佛教青年會調查

會名 地名 設立 代表者
布哇佛教青年會 ホノルル 一九〇〇 築山長松 安井美然
眞言宗青年會 同 一九一九 黑平法照 秋山政一
立正青年會同 一九二五 大井常英


頁二〇五
曹洞宗青年會 同 一九二三 高橋理圓 小林榮之助
曹洞宗女子心華會 同 一九二五 岡迫勝子
淨土宗明照青年會 同 一九一〇 福田孝雄
東本願寺青年會 同 一九二一 關戶寬了
布哇女子佛教青年會 同 一九二三 今村清子
アイエヤ佛教青年會 オアフ島アイエヤ 一九〇七 平島政一
ポールシチー佛教青年會 同 ポールシチー 一九二六 三浦利雄
ワイパフ佛教青年會 同 ワイパフ 一九〇四 川本榮
ワイアナエ佛教青年會 同 ワイアナル 一九〇七 城戶久雄
ワヒアワ佛教青年會 同 ワイアワ 一九二七 關屋武雄
望の會 同 ワイアルア 一九二〇 向井和男
カフク佛教青年會 同 カフク 一九二九 豊田勇
ワイマナロ佛教青年會 同 ワイマナロ 一九二九 廣澤蓮城
曹洞宗信友會 同 ワイバフ 一九〇五 渡會讓
曹洞宗二葉會 同 一九一五  上島譽子
カワイロア曹洞宗青年會 同 ワイアルア 一九一一 木村市郎
カワイロア曹洞宗處女會 同 同 一九二八 細川夫人
ワイアケカ佛教青年會 同 ワイアケア 一九二六 宮地貫一
ホノウリウリ四恩佛教青年會 同 エワ 一九二六 西村周一
キラウエア佛教青年會 カワイ島キラウエア 一九一四 國行勉
ケアリヤ佛教青年會 同 エアリヤ 一九〇六 藤田眞一
リフエ佛教青年會 同 リフエ 一九〇四 山崎勝實 酒井幸人
コロア佛教青年會 同 コロア 一九一一 村岡惟滿
エレエレ佛教青年會 同 エレエレ 一九二六 迫田柳一
ハナレイ佛教青年會 同 ハナレイ 一九二七 橫田一人
カパア本願寺青年團 同 カパア 一九二九 森茂次
ワヒアワ曹洞宗青年會 同 ワヒアワ 一九二六 前田龍慶
ワヒアワ曹洞宗處女會 同 同 一九二六 豊福カツエ
カワイ東部明照青年會 同 カパア 一九二七 佐伯喜一
ケカハ佛教青年會 同 ケカハ 一九二八 大館誓
ヒロ佛教青年會 ハワイ島ヒロ 一九一一 長尾勝一
パパイコウ佛教青年會 同 パパイコウ 一九一一 田中久八
ホノム佛教青年會 同 ホノム 一九一〇 津川忠行


頁二〇六
ホノヒナ佛教青年會 同 ホノヒナ 一九一四 大倉清導
コハラ佛教青年會 同 ニウリー 一九二八 田村門一
オノメア佛教青年會 同 オノメア 一九二五 沖本敏
力の會 同 ケアラケクア 一九二五 足立一二
ナアレフ佛教青年會 同 ナアレフ 一九〇七 鯛瀬政人
オーラー佛教青年會 同 オーラー 一九一〇 藤間順平
パホア佛教青年會 同 パホア 一九二五 新屋謹二
カポポ佛教青年會 同 カポポ 一九一七 中村義雄
カパパラ佛教青年會 同 パハラ 一九二五 立石正英
コナ佛教青年會 同 ケアラケクア 一九一七 川上喜代志
コナ佛教處女會 同 ケアラケクア 一九二〇 岡野とき子
ワイナク佛教青年會 同 ワイナク 一九二六 沖野登增
ヒロ明照青年會 同 ヒロ 一九二四 岡村光政
ラウパホエホエ淨土宗青年會 同 ラウパホエホエ │ │
佛教サンデー俱樂部 同 ハカラウ 一九二四 水口薰
カーチスタウン明照青年會 同 カーチスタウン 一九一一 阿郭新一郎
ペペケオ佛教青年會 ペペケオ 一九一二 大城太郎
ラハナイ佛教青年會 マウイ島ラハナイ 一九一七 林治
ワイルク佛教青年會 同 ワイルク 一九〇三 藤森義雄
ワイカプ佛教青年會 同 ワイカプ 一九二八 門山忠義
パイヤ佛教青年會 同 パイヤ 一九二五 松本等
パウエラ佛教青年會 同 パウエラ 一九一七 桝尾德治
ハマクアポコ佛教青年會 同 ハマクアポコ │ 美濃部利雄
立正會 同 プウネネ 一九二六 柳下慈明
プウネネ淨土宗青年會 同 同 │ │
ハピー青年會 同 ハピー │ │
ワイルク明照青年會 同 ワイルク 一九三〇 中林茂
ラハナイ青年會 同 ラハナイ 一九二六 和泉敬止
ラナイ佛教青年會 ラナイ島ラナイシチー 一九三〇 小笠原馨
カウナカカイ曹洞宗青年會 モロカイ島カウナカカイ 一九二八 中村登


頁二〇七
佛教に關する圖書
單行本並に叢書(發行順)
昭和五年十一月以降同六年九月末日に至る間に刊行されし重なるものを調查揭載す。

書名 著者 定價 發行所
大正新脩大藏經、六六(讀論疏部・四)非賣 本鄉 大正一切經刊行會
宗教概論 江部鴨村 一・三〇 千葉 人生創造社
人生の惱みを救ふ親鸞上人 杉森卒谷 一・八〇 本鄉 中央出版社
夢殿研究(上) 一・〇〇 奈良 觴故鄉舍
印度佛教固有名詞辭典(原始期篇) 赤沼智善 名古屋 破塵閣
日蓮(上卷) 大佛次郎 一・六〇 本鄉 先進社
日本思想鬪諍史料・二(護法資治論) 非賣 神田 東方書院
淨土宗布教全書(十一) 一・五〇 淨土教報
社日蓮上人文抄 姉崎正治校註 〇・四〇 神田 岩波書店
聖德太子憲法と法王帝說の研究 會田範治 一・八〇 本鄉 山喜房
國譯禪學大成 神田 二松堂
國譯一切經(瑜伽部)一 芝 大東出版社
同 (本緣部)八 同
現代布教全書、婦人講演集 二・〇〇 京都 法藏館
比較研究・佛教と基督教 增谷文雄 一・二〇 本鄉 山喜房
世界大思想全集、五一(佛教篇) 日本橋 春秋社
昭和新纂國譯大藏經(大智度論二) 神田 東方書院
大正新修大藏經、五七(續經疏部二) 本鄉 大正一切經刊行會
釋尊傳教案 內山憲堂 一・五〇 京都 興教書院
日本寺院經濟史 細川龜市 六・〇〇 芝 啟明社
禪の極致を洒脫に說いた澤庵和尚 谷至道 一・八〇 本鄉 中央出版社
佛教一般の人に講話聞かせたい一日一講 田並青嵐 一・八〇 同
梵文佛傳文學の研究 木村泰賢 平等通昭 五・八〇 神田 岩波書店
日蓮カマルクスか 田邊惜道 一・〇〇 神田 天人社
曹洞宗全書(註解一)  芝 同刊行會
青年は佛陀を如何に見る 小瀧淳 一・八〇 カオリ社
福岡縣寺院沿革史 可兒茂公編 七・〇〇 八幡市 同刊行會
曹洞宗布教全書(酒) 一・五〇 赤坂 同刊行會
照遍和尚全集、五(戒律部) 大阪 同刊行會
淨土宗全書、一四(要義解釋) 芝 淨土宗典刊行會
新纂佛像圖錄(天之卷) 非賣 深川 佛教珍籍刊行會
佛門に入りて 宮島蓬州 一・五〇 芝 創元社


頁二〇八
佛教信仰實話全集、一三(在家篇下) 芝 大東出版社
高僧名著全集、十二(白隱禪師篇) 麴町 平凡社
了惠集錄法然上人和語燈錄 京都 法林寺
佛教年鑑(昭和六年) 土屋詮教編 一・八〇 牛込 佛教年鑑社
親鸞聖人蓮如上人聖蹟寶典 非賣 赤坂 眞宗興隆會
佛教信仰實話全集、六(淨土篇中) 芝 大東出版社
新井石禪全集、十二(書簡遺墨篇) 芝 同刊行會
信尼に關する法制の研究 荒木良仙 二・八〇 奈良 寶生寺
親鸞聖人文集 神田 有朋堂
時代と宗教 泉道雄 〇・七五 麴町 白蓮社
眞盛上人御傳記集 牧野信之助編 二・五〇 神田 三秀舍發賣
加持祈禱眞言宗秘密の解剖と其奧傳 目下敝道 一・八〇 本鄉 中央出版社
笑ひながら修養になる一休頓智笑話集 遠藤良雲 一・八〇 同
末法万年古今楷定史の研究 藤守曉名 二・〇〇 京都 為法館
行信論集(眞宗叢書) 三・五〇 前田是山兩和上古稀記念會
曹洞宗全書(註解二) 芝 同刊行會
佛教信仰實話全集(淨土篇下) 芝 大東出版社
華嚴大經の研究 龜谷聖馨 一・八〇 日本橋 万里閣
昭和新纂國譯大藏經(宗典部十九) 神田 東方書院
高僧名著全集、十四(元政上人、日蓮上人篇) 麴町 平凡社
信は力なり 新井石禪 一・六〇 小石川 京文社
密教概論 高神覺昇 二・二〇 赤坂 甲子社
印度哲學研究(第六) 宇井伯壽 七・五〇 同
印度佛教固有名詞辭典(原始期篇四)赤沼智善 名古屋 破塵閣
叩けよ開かれん 釋宗演 二・四〇 小石川 京文社
笑ひながら修養になる一休珍問答集 赤木健 一・八〇 本鄉 中央出版社
處世應用禪の殺活 竹田默雷 一・八〇 同
本願寺物語 高島米峯 一・三〇 京橋 實業之日本社
マルクス主義の宗教批判 淺野研眞編 〇・八〇 芝 大東出版社
日本佛教史の研究(續編) 辻善之助 五・八〇 神田 金港堂
傘松餘翠 非賣 麻布 永平寺出張所
佛法僧鳥の研究 太田成和 一・五〇 日本橋 寶文館
臨濟錄夜話 間宮英宗 二・五〇 本鄉 森江書店
國譯一切經(密教部二) 芝 大東出版社
國譯一切經(經集部九) 同
高僧名著全集、三(源信僧都篇) 麴町 平凡社
佛教信仰實話全集、四(眞言篇) 芝 大東出版社


頁二〇九
淨土宗布教全書、二〇 一・五〇 小石川 淨土教報社
東方の光・聖日蓮 塚本東壁 一・八〇 熊本市 世界の眼社
新井石禪全集、十一(詩偈歌頌篇) 芝 同刊行會
佛教初步佛教に入る門 田並青嵐 一・八〇 本鄉 中央出版社
禪の解剖(肉と血と皮) 釋宗演 一・八〇 同
藏文大日經 服部融泰校合 一〇・〇〇 埼玉 西藏譯經典出版所
日本思想鬪諍史料(第一卷)鷲尾順敬編 神田 東方書院
昭和新纂國譯大藏(經大智度論三) 同
少年聖德太子御傳 佐々木貞之 二・〇〇 神田 大同館
禪林法話集 神田 有朋堂
高僧名著全集、一(傳教大師篇) 麴町 平凡堂
佛教信仰實話全集、一五(靈蹟篇上) 芝 大東出版社
淨土宗布教全書、一五(授戒說教外二篇) 一・五〇 小石川 淨土教報社
照遍和尚全集、二(眞宗部二、華嚴部) 上田覺城編 大阪 同刊行會
諸教對比本尊優劣阿彌陀佛の解剖 小野清秀 一・八〇 本鄉 中央出版社
お釋迦樣がやさしく說いた佛教入門 二入素堂 一・八〇 同
淨土宗年鑑(昭和六年) 一・〇〇 芝 教學週報社
大正新條大藏經、七六(續諸宗部七) 本鄉 大正一切經刊行會
日本佛教史講話 境野黃洋 五・〇〇 本鄉 森江書店
曹洞宗全書(語錄一) 芝 同刊行會
印度佛教固有名詞辭典(原始期篇)第五分册 二五・〇〇 名古屋 破塵閣
宗教體驗實話 一・二〇 麴町 宇宙社
高僧名著全集、十(覺如上人存覺上人篇) 麴町 平凡社
正倉院御物圖錄(六) 二五・〇〇 帝室博物館
佛教信仰實話全集、三(天台篇) 芝 大東出版社
佛教の根本思想 高楠順次郎 〇・六〇 小石川 大雄閣
昭和國譯大藏經(宗典部十七) 神田 東方書院
佛教通解(中卷)內藤藤一郎 三・八〇 奈良 鹿鳴莊
法華傳奇集 磯村野風 一・八〇 京都 平樂寺書店
日蓮 南海夢樂 一・五〇 日本橋 春江堂
因緣奇話佛教歷史物語 赤木健 一・八〇 本鄉 中央出版社
佛教より觀たる死後の人間 小野清次 二・〇〇 同
淨土宗布教全書(十四) 一・五〇 小石川 淨土教報社
佛教大綱 島地大等 三・五〇 神田 明治書院
佛教文學概說(國文學研究者のために)鈴木暢幸 一・五〇 同
眞言秘密兩部神法加持祈禱奧傳 小野清秀 二・〇〇 下谷 神宮館


頁二一〇
前田慧雲全集、五(佛教人生觀外三篇) 日本橋 春秋社
佛教信仰實話全集、一八(禪宗篇續) 芝 大東出版社
眞言宗年表 守山聖眞編 一二・〇〇 小石川 豐山派宗務所
東洋史講座、十二(支那佛教史外二篇) 常盤大定他二氏 雄山閣
前田慧雲師語錄 前田致遠編 二・五〇 京都 興教書院
淨土の教義と基教團 石井教道 三・〇 日本橋 寰文館
昭和新纂國譯大藏經(大乘義章第二) 神田 東方書院
出家良寬 江原小彌太 一・八〇 日本橋 春秋社
日本名筆全集(高僧名蹟集) 高柳光壽編 麴町 雄山閣
高僧名著全集、十一(澤庵禪師篇) 山本勇夫 麴町 平凡社
國譯一切經(毘曇部十) 芝 大東出版社
同(阿含部六) 同
淨土宗布教全書、一六(淨土三部經說教) 一・五〇 小石川 淨土教報社
人間親鸞 石丸梧平 〇・八〇 千葉 人生創造社
日蓮(下卷) 大佛次郎 一・八〇 本鄉 先進社
人生創造親鸞の步んだ道 田並青嵐 一・八〇 本鄉 中央出版社
心膽を練り人物を作る禪の要諦 菅原時保 一・八〇 同
無憂華(普及版) 九條武子 一・〇〇 京橋 實業之日本社
讃佛歌劇集(生命の花) 上野祐誠 一・五〇 京都 法藏館
支那儒道佛三教史論 久保田量遠 六・五〇 神田 東方書院
岩波文庫(聖德太子御製法華義疏上卷) 花山信勝校譯 〇・四〇 神田 岩波書店
戲曲鐵眼 赤松晋明 一・七〇 大阪 鐵眼寺
蓮門直譯五重本末講義 京都 土川勸學宗興隆會
曹洞宗布教叢書(第一卷) 高島隆基編 一・五〇 赤坂 同刊行會
曹洞宗全書(清規) 芝 同刊行會
岩波文庫(歎異鈔) 金子大榮校訂 一・二〇 神田 岩波書店
法然 中里介山 一・五〇 神田 三省堂
前田慧雲全集、一(大乘佛教史論外三篇) 日本橋 春秋社
大正新修大藏經、七七(續諸宗部十) 本鄉 大正一切經刊行會
弘法大師傳 蓮生觀善編 高野山金剛寺
弘法大師の生涯と思想 大山公淳 一・二〇 赤坂 甲子社書房
昭和新纂國譯大藏經(探玄記第三) 神田 東方書院
淨土宗布教全書(第十七卷) 三井晶史編 一・五〇 淨土教報社
佛教論文總目錄 佛典研究會編 三・五〇 神田 潮書房
佛教信仰實話全集、十六(靈蹟篇中) 芝 大東出版社
道重信教言行錄 河合從雄 五・〇〇 駒澤 同刊行會


頁二一一
高僧名著全集、十六(夢窓國師一休禪師篇) 麴町 平凡社
佛教と人生 長井直琴 〇・九〇 小石川 大雄閣
思ふことが自在になる觀音信仰の念力 深谷瑞輔 一・九〇 本鄉 中央出版社
佛教より觀たる幽靈の正體 修羅挑天 一・八〇 本鄉 中央出版社
高僧名著全集、十七(拔隊禪師盤珪禪師篇) 麴町 平凡社
善導大師及往生禮讚の研究 上杉文秀 三・五〇 京都 法藏館
佛教信仰實話全集、一九(在家篇續) 芝 大東出版社
眞宗史の研究 日下無倫 六・〇〇 京都 平樂寺書店
佛と人 小瀧淳 一・八〇 神田 カオリ社
法句經と人生 小瀧淳 一・〇〇 神田 カオリ社
國文東方佛教叢書(法語上)鷲尾順敬編 神田 東方書院
親鸞の宗教と其本質 細川崇圓 〇・八〇 廣島市 大地社
日蓮崇大系(自第一篇至第七篇) 市外池上町 大林閣
社會の宗教 椎尾辨匡 一・五〇 赤坂 甲子社
佛教概論 木村泰賢 一・五〇 赤坂 甲子社
解脫への道 木村泰賢 一・五〇 赤坂 甲子社
佛陀の言葉 友松圓諦譯 〇・六〇 赤坂 甲子社
國民思想叢書(佛教篇下) 加藤咄堂編 芝 大東出版社
信仰とは何ぞや メンチエン 角田桂嶽譯 一・五〇 名古屋 一粒社
宗教哲學研究 伊達保美 二・三〇 ●町 理想社
社會思想の研究及批判 福原保洲 古義眞言宗々務所社會課
無根の信 調圓理 〇・九〇 名古屋 破塵閣
寺院日用法令 下間空教編 芝 佛教聯合會
大乘院寺社雜事記(一) 辻善之助 神田 潮書房
ひとのみち教團の内容 橋本鄉見編 一・〇〇 神田 天人社
佛教槍關係雜誌論文分類目錄 三・〇〇 京都 龍谷大學出版部
支那に於ける佛教と儒教道教 常盤大定 本鄉 東洋文庫
日蓮聖人の御一生 水島芳靜 〇・五〇 日本橋 大本館
佛說無量壽經聖行改講話 曉鳥敏 一・五〇 石川縣 香草舍
時宋宗典(第一卷) 飯田良傳 麴町 平凡社
宗教問題と反宗教運動 赤神良讓 一・二〇 芝 大東出版社
教理口史論 故 島地大等 三・五〇 東京 明治書院
佛教文學概說 鈴木暢幸 一・四〇 東京 明治書院
宗教小說天界地界(後篇) 片桐龍子 二・〇〇 岐阜市 忠誠婦德會
佛教信仰實話全集、一七(靈蹟篇下) 岩野眞雄編 芝 大東出版社
宗教の史實と理論 宇野圓空 三・二〇 神田 同文館
花 大谷光瑞 一・五〇 京都 大乘社
選擇本願念佛集解說 京都市 土川觀學宗學興隆會


頁二一二
佛教關係の社團及財團法人
(一)昭和五年九月文部省宗教局の調查に依る

道府縣 關係宗派 目的並に事業 事務所所在地 設立許可年月日
北海道
眞宗本願寺派 本願寺派本願寺凾館別院維持財團 本願寺凾館別院の宗教宣布及營業維持の為め必要の費用を支辨す 凾館市東川町一本願寺凾館別院內 大正 四、一二、二二
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派北海道教區教學財團 本願寺派北海道教區教務所及同派所屬寺院說教所の行ふ興學布教及社會事業の為めに必要に要する經費を支辨す 札幌市南四條西五丁目一眞宗本願寺派北海道教區教務所內 一一、一一、一八
眞宗大谷派 眞宗大谷派本願寺札幌別院維持財團 眞宗大谷派本願寺札幌別院の維持及法要に要する經費を支辨す 札幌市南七條西八丁目同別院內 昭和 三、五、二五

青森縣
社寺關係 津輕厚志會 津輕家代々祖先の祭祀の為弘前市長勝寺報恩寺、中津輕郡●代村華秀寺及同各廟所、高照神社等の維持に必要なる費用を補助す 弘前市大字本町四七 明治 三七、一二、二七
淨土宗 貞倉寺維持會 貞倉寺の維持に必要なる費用を永遠に補助す 弘前市大字新寺町一六一貞昌寺內 三九、一〇、一一
曹洞宗 長德寺維持會 長德寺の維持に必要なる費用を永遠に補助す 弘前市大字西茂森町一一九長德寺內 四一、五、一六
日蓮宗 本迹院維持會 本迹院の維持に必要なる費用を永遠に補助す 弘前市大字新寺町一六八本迹院內 大正 一二、一二、二四

岩手縣
時宗 長濟會 長光寺及伯濟寺の昌隆を計り法光の發揚に資す 膽澤郡水澤町字寺小路三三 大正 一〇、二、九
曹洞宗 財團法人保光會 江刺郡岩谷堂町光明寺の維持經營に要する費用を供給するを以て目的とす 江刺郡岩谷堂町字向山四〇光明寺內 一〇、三、一五
黃檗宗 財團法人大慈會 故原敬氏記念の為め盛岡市所在黃檗宗大慈寺事業に要する費用を支辨す 盛岡市吳服町三六岩手銀行內 一一、一一、四
曹洞宗 財團法人吉祥寺興隆會 曹洞宗吉祥寺の維持經營に要する費用を供給を目的とす 江刺郡廣瀨村吉祥寺內 昭和 四、七、四

山形縣
眞宗大谷派 豐安財團 慈善の行為を振興し社會の福祉を增進する為の事業を行ふ 東村山郡出羽村大字漆山五六ノ二 明治 四三、五、七
新義眞言宗智山派 財團法人注連寺護持會 東田川郡東村新意眞言宗智山派注連寺の維持經營の為の費用を供給す 東田川郡東村大字大網字中臺九一注連寺內
曹洞宗 財團法人安樂寺維持會 安樂寺の堂宇伽藍什器寶物を永遠に維持し及佛法弘通濟世利民の為に其費用を供給す 結城郡大花羽村大字大輪一安樂寺內 七、一二、二三
曹洞宗 曹洞宗大雄寺保護會 大雄寺の永世維持に必要なる經費を供給す 那須郡黑羽町九一 一〇、六、二二

埼玉
天台宗 星岳保勝會 星野山喜多院の堂塔伽藍什器寶物の永存並に境內保勝の為に要する費用を供給す 川越市喜多院內 明治 四四、二、二二
新義眞言宗智山派 財團法人善光寺護持秀盛會 智山派善光寺の寺門興隆の為め事業を行ふ 北足立郡川口町三二二善光寺內 大正 九、一、二四


頁二一三

古義眞言宗 財團法人聖天堂護持會 聖天堂の維持並に祭祀に必要なる資金を供給す 大里郡妻沼町大字妻沼一六二七歡喜院內 大正 一二、一一、二一

千葉縣
日蓮宗 聖教護持財團 日蓮上人の御真蹟を永遠に護持するに在り 東葛飾郡中山町中山二四二法華經寺內 一五、一〇、一三

東京
日蓮宗 日宗十萬人團結報恩會 日蓮立教の大旨に基き其の教風を宣揚せんが為め事業を行ふにあり 豊多摩郡和田堀町大字堀之內八〇 明治 三七、三、三
曹洞宗 曹洞宗兩本山維持財團 曹洞宗兩本山の開祖の祭祀、兩本山の境內に存在する堂宇維持並に兩本山內に於ける衆僧教育に要する費用を供給す 東京市芝區新堀町三六 三七、一二、一六
曹洞宗 曹洞宗教學財團 本宗々立の布教及教育機關に必要なる財產を供用し並に本宗の布教及教育事業に要する費用を供給す 東京市芝區新堀町三六曹洞宗宗務院內 四〇、七、一〇
眞宗大谷派 淺草本願寺維持財團 淺草本願寺の殿堂の管理維持及勸學布教に要する資財を供給す 東京市淺草區松清町本願寺 四二、四、六
淨土宗 淨土宗布教資團 淨土宗の布教傳道に必要なる資產を備へ之を淨土宗の設施に係る布教傳道及慈惠救濟事業に對し金員物件を供給又は貸與 東京市芝區芝公園第十五號地 四四、二、二〇
日蓮宗 日蓮宗護法會財團 日蓮宗の教學を作振し社會の改善を圖らんが為め之に必要なる資財を備へ日蓮宗の布教勸學其他慈善救濟事業に要する資財を供給す 東京市芝區二本榎一丁目一五 四四、七、一四
淨土宗 淨土宗報恩明照會 明治四十四年徽號加諡實下並大正勅額下賜の聖恩を記念し之に報答する為益々宗義を宣傳すると共に社會的慈善事業を經營す 東京市芝區芝公園第一五號四 大正 三、九、二六
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派本願寺築地別院維持財團 本願寺派本願寺築地別院の布教及經營維持の為之が必要の費用を供給す 東京市京橋區築地三丁目一六本願寺別院內 五、四、八
新義眞言宗豐山派 財團法人愛染院護持會 愛染院の維持經營に必要なる費用を供す 東京市四谷區四町二二愛染院內 六、七、七
本門法華宗 本門法華宗護法財團 本門法華宗の教學を作振し社會の改善を圖るに必要なる資產を備へ同宗の布教勸學其他慈善救濟事業に要する資財を供給す 東京市本鄉區駒込淺嘉町七五 八、七、二
日蓮正宗 財團法人日蓮正宗法道會 日蓮正宗の興隆を圖り其宗旨に教義の弘布宣傳に必要なる財產及費用の供給をなし以て宗派の維持發展を期す 東京市本所區向島小梅町一六七 八、一〇、二〇
新義眞言宗豊山派 護國寺維持會 護國寺の永世維持及傳道等に必要なる經費を供給す 東京市小石川區大塚坂下町一六 八、一一、一五
眞宗本願寺派 稱福寺維持財團 眞宗本願寺派稱福寺の布教傳道並に營繕維持の費用を供給す 東京市淺草區今戶町四六同寺內 九、二、二七


頁二一四

淨土宗 宗勢復興後援會 大正十二年九月の震火災に因る罹災地の淨土宗寺院教會所並に關係各種事業の復興を後援し併せて其住職、僧侶、其他關係者に對する救護事業の後援を為さむが為め淨土宗宗勢復興事業に要する費用を供給す 東京市芝區芝公園第十五號四番 大正 一三、三、一四
天台宗 財團法人淺草區觀音大慈會 淺草寺經營の建築物並に境内の修理保存及教化事業僧侶教育に要する費用を供給す 東京市淺草區淺草公園第三區淺草寺內 昭和 三、一、三〇
本門法華宗 財團法人顯德會 本門法華宗妙壽寺の維持併に同宗教學事業に必要なる費用を供給するを以て目的とす 北多摩郡千歲村烏山二二七八 四、五、一五
眞宗大谷派 眞宗大谷派東京教區教學財團 眞宗大谷派東京教區の施設にかヽる教學事業の振興を圖らんが為め之に要する資財を供給す 東京市淺草區松濱町四〇眞大谷派東京教區內 四、九、一二
天台宗 財團法人天王寺常住會 天王寺の三寶ヲ永遠ニ傳センガ為其必要ナル費用ヲ供ス 東京市下谷區谷中天王寺町三四天王寺內 五、一、一四

神奈川縣
寺宗 時宗總本山護持宗 根本道場たる時宗總本山の紹隆を期圖し其三寶を護持して法光の發揚に資せんが為の事業を行ふを以て目的とす 高座郡藤澤町大阪町字西富二〇八時宗總本山內 明治、四一、七、一
日蓮宗 正法護持財團 日蓮宗の妙旨三大秘法の宣揚及び橫濱市川合寺、京都府加茂村燈明寺の興隆を圖らんが為の事業を行ふ 橫濱市久保町九二一 大正 八、二、二〇
曹洞宗 宗賢院維持福田會 宗賢院伽藍を維持し布教傳道の經費に資せんが為伽藍修理に必要なる經費の補給布教傳道に必要なる經費を補給す 高座郡藤澤町八一九宗賢院內 大正 八、一二、二

新潟縣
法華宗 法華宗の教義を宣揚する為の事業を行ふ 南蒲原郡本成寺大字西本成寺五一本成寺內 明治 四四、一二、二三
眞宗大谷派 財團法人米北教學會 縣下東頸城、中頸城、西頸城の三郡を除きたる他郡市に於ける眞宗大谷派內の興學布教の振起を圖るための事業を行ひ之に必要なる費用を支辨す 南蒲原郡三條町大字三條字大町九三八大谷派本願寺別院內 四二、一一、二四
眞宗本願寺派 正善寺護持會 正善寺の佛堂並に附屬建物を修理し及佛教の普及宗祖の法要の費用を補充す 東頸城郡牧城大字岩神一〇三六 大正 五、一二、二五
眞宗大谷派 眞宗大谷派三條別院維持財團 大谷派本願寺三條別院布教及營繕維持の為め必要の費用を供給す 南蒲原郡三條町大字三條字大町九八三本願寺三條別院內 一〇、一、二〇


眞宗本願寺派 水波佛教々學財團 高岡市射水郡、氷見郡、東礪波郡、西礪波郡に於ける、眞宗本願寺派內の教學の振起を企圖する為の事業を行ひ費用を支辨す 高岡市下關四一一 明治 四二、九、七
日蓮宗 財團法人日蓮宗信教會 立正安國佛冥合の祖訓を遵奉し世々に涉りて其鴻願の成就を期せんが為め富山市婦負郡、上中下新川郡日蓮宗寺院の行ふ事實を翼賛し之れが為必要なる費用を供給す 富山市梅澤町二六五大法寺內 大正 一一、四、一一


頁二一五
山縣
日蓮宗 財團法人日蓮宗顯正會 目的同上、右の目的を達せんが為高岡市射水郡、氷見郡、東礪波郡、西礪波郡等に存在する日蓮宗寺院に於て行ふ事業を翼贊し之が為必要の費用を補給す內 高岡市利屋町六七大法寺內 一三、一〇、二一
眞宗大谷派 井波別院瑞泉寺維持會財團 井波別院瑞泉寺の營繕維持並に勸學布教に必要なる資財を供す 礪波郡井波町三〇五〇同寺內 昭和 二、九、二五
眞宗大谷派 眞宗大谷派常光寺維持財團 眞宗大谷派常光寺の營繕維持並勸學布教に要する費用の供給 下新川町泊町泊二八三常光寺內 昭和 五、一、一三
眞宗大谷派 眞宗大谷派本願寺別院善德寺維持財團 眞宗大谷派本願寺別院善德寺の維持に要する費用を供給するを以て目的とす 東礪波郡城端町四〇五善德寺內 昭和 五、一、二九

石川縣
眞宗大谷派 能登眞宗大谷派教學財團 能登國に於ける眞宗大谷派寺院の興學布教に必要なる資財を供給す 鹿島郡七尾町字生駒三一 大正 一四、八、一一

福井縣
眞宗大谷派 眞宗大谷派慶福寺維持財團 大谷派慶福寺を維持す 福井市佐桂枝下町慶福寺內 大正、八、一一、一
眞宗山元派 財團法人眞宗山元派本山證誠寺維持財團 眞宗山元派本山證誠寺の營繕維持に必要なる費用を供給す 今立郡新橫江村橫越十三號四三證誠寺內 一〇、一、二〇
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派本願寺鯖江說教所維持財團 鯖江說教所の維持及布教の改善を期する為之が必要の經費を支辨するを以て目的とす 今立郡鯖江町南小路一一〇 一〇、一二、二、
曹洞宗 正法眼藏會財團 永平寺僧堂に於ける正法眼藏の研究普及を圖り法器を養成する為の事業を行ふ 吉田郡志比谷村志比五號一五永平寺內 元、六 一三

長野縣
眞宗本願寺派 明德寺維持財團 下水內郡常盤村明德寺の維持保存に要する費用を補助す 下水郡內常盤村五二四 明治 三六、九、二一
天台宗淨土宗 財團法人善光寺保存會 善光寺如來を奉安する堂塔伽藍の永存に要する費用並に境內保勝に要する費用を供給す 兵野市善光寺 三九、一、一〇
曹洞宗 龍洞院保存會 龍洞院維持の為め本山宗費の賦課工作物其他物件の修理並に境內保勝に要する費用を供給す 小縣郡神川村龍洞院境內 大正 三、一二、一九
淨土宗 淨土宗長野組布教教學資團 淨土宗北信教區長野組各寺院の布教傳道教育事業を幇助するを以て目的とす 長野市東之門町一番地 八、五、二四
淨土宗 財團法人安樂寺維持會 安樂寺諸堂宇の維持費、布教傳道費、慈善事業費及宗費及宗派徒第教養に要する資財を供するを以て目的とす 上伊那郡赤穗村安樂寺內 一〇、四、七
新義眞言宗智山派 財團法人長命寺法資教育護持會 新義眞言宗智山派長命寺を子第教育及寺門維持等に要する費用を供給す 南佐久郡大澤村九〇五番地長命寺內 一〇、一〇、一〇
臨濟宗妙心寺派 正受庵保存會 正受老人の遺跡たる正受庵の維持保存及法燈相續に要する費用を供す 下水內郡飯山町一八七一番地正受庵內 元、二、一六


眞宗本願寺派 本願寺派本願寺岐阜別院維持財團 岐阜別院に於ける本宗教義の宣傳に屬する各種事業及建造物の營繕修理の為必要の費用を支辨す 岐阜市西野町三丁目一眞宗本願寺派岐阜別院
大正 八、五、二二


頁二一六
阜縣
眞宗大谷派 財團法人大谷派本願寺岐阜別院維持會團 當別院に別ける本宗教義の宣傳に屬する各種事業及營繕修理の為、必要の費用を支辨す 岐阜市大門町大谷深本願寺岐阜別院內 一〇、一二、二〇
眞宗本願寺內 眞宗本願寺岐阜教區教學財團 本願寺派岐阜教區興學布教並社會事業の為め必要の費用を支辨す 岐阜市西野町三丁目一眞東本願寺派岐阜別院內 一四、八、一四
眞宗大谷派 妙輪寺維持財團 妙輪寺維持並に眞宗の教法宣布に要する費用を供給す 梅斐郡坂內村大字廣瀨二六九二同寺內 昭和 二、三、二九
眞宗大谷派 眞宗大谷派向源寺維持財團 眞宗大谷派向源寺の維持及法要に要する費用を供給す 梅斐村川合村大字下座倉一一二同寺內 二、一二、二七

靜岡縣
本門宗 財團法人教學護持會 本門宗の布教を獎勵し並に學業を興隆する為の事業を行ふ 富士郡北山村山三七九 大正 七、三、一三
曹洞宗 白鷺洲家祭祀記念會慈善會 白鷺洲家祖先祭祀記念の為めの事業を行ふ 榛原郡白羽村增船寺內 八、五、二七
日蓮正宗 日蓮正宗教學護法財團 日蓮正宗の布教興學を企圖し並に總本山大石寺の維持を圖らんが為の事業を行ふ 富士郡上野村上條七一 一〇、八、一二
臨濟宗方廣寺派 臨濟宗方廣寺寫經會 敬虔なる佛教の信仰に基き佛道の修業及佛奧の淨間を為す及目的とす 引佐郡奧山村方廣寺內 一四、九、一五

愛知縣
眞宗大谷派 眞宗大谷派名古屋別院維持財團 大谷派名古屋別院を維持す 名古屋市中區下茶屋町一大谷派別院內 明治 三九、六、三〇
眞宗大谷派 本願寺別院維持財團 豊橋市大字花園五十五番地所在眞宗大谷派本願寺別院を維持す 豊橋市大字花園五大谷派本願寺別院內 大正 元、八、二六
淨土宗西山禪林寺派 清光院維持財團 海部郡津島町清光院の維持を確保するにあり 海部郡津島町大字津島字寺前りの割六〇三の一清光院內 四、六、九
各宗 覺王山日暹寺維持財團 日暹寺維持費法會修行費布教傳道費慈善事業費等を供給す 名古屋市東區田代町同寺內 六、六、八
淨土宗西山禪林寺派 宗榮寺維持財團 宗榮寺の維持を永遠に確保する為め同寺建造物の修理保存費及同寺の布教並に徒弟教育に要する費用を支辨す 中島郡明治村大字平字細工藏一七の一宗榮寺內 一一、七、一七
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派本願寺名古屋別院維持財團 眞宗本願寺名古屋別院の維持營繕、教化及社會事業等に要する費用を供す 名古屋市中區門前町七丁目六同別院內 一五、二、二〇
眞宗大谷派 眞宗大谷派一宮說教場維持財團 一宮說教場の維持經營に必要なる資財を供給するを以て目的とす 一宮市大字一宮自傳馬浦五 昭和 三、一一、六
眞宗大谷派 眞宗大谷派光圓寺維持財團 眞宗大谷派光圓寺の維持經營並其行ふ教化事業の為之が必要の費用を支辨するを以て目的とす 名古屋市中區養老町四丁目二三光圓寺內 昭和 四、四、二五


眞宗本願寺派 三重佛教教學財團 三重愛知二縣內に於ける本願寺寺內の教學振興の為佛教講話會開催及團員の子弟に教育費を補助す 桑名郡森名町大字新町二、四四七 明治 三九、
眞宗高田派 眞宗高田派十萬人講財團 眞宗高田派に於ける行ふ布教興學の振興を圖り並に所屬寺院教會を保護し及慈善事業を補助し以て社會の福祉の增進に必要の資金を備へ之に供給す 河藝郡一身田町大字一身田二八一九、專修寺內 大正 八、二、二八


頁二一七
重縣
眞宗本願寺派 財團法人明覺寺維持會 本願寺派明覺寺を維持經營の為の費用を供給す 阿山町上野町大字中町三〇二三明覺寺內 八、九、一一
淨土宗 樹敬寺維持財團 樹敬寺堂宇修繕寺門の經營維持保存其他必要なる費用を支出す 飯南郡松坂町大字松坂新町八七四樹敬寺內 八、
眞宗大谷派 桑名別院本統寺維持財團 本統寺の營繕及新經法要施行並勸學布教の為必要なる費用を供給す 桑名郡桑名町大字今一色四町一〇一一 一〇、六、六
淨土宗 大得寺維持會 大得寺及同寺內所在の舊田丸藩主久野家の御墓所の永世維持に必要なる經費を供給す 度會郡田丸町大字田丸一四九大得寺內 一二、一、一五
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派東海教區財團 東海教區布教傳道並に青英思想善導社會事業の為是れが必要なる費用を供給す 桑名郡桑名町大字新町二四四七 一四、五、一三
眞宗高田派 財團法人高田教化財團 高田派に於ける布教研究に關する施設及教化宣傳に必要なる物資を供す 河藝郡一身田町一身田二八一九專修寺內 昭和 二、

滋賀縣
眞宗木邊派 錦織寺維持會財團 錦織寺の保存並に同派の維持に要する費用を補助支辨す 野洲郡中里村大字木部二十一番屋敷錦織寺內 明治 三五、七、四
天台宗 天台宗護持財團 宗祖の教旨を遵奉する為の事業を行ふ 滋賀郡坂本村坂本四百七十番屋敷天台宗務所內 大正 四、一一、二二
眞宗本願寺派眞宗佛光派 財團法人阪田益際會 教育獎勵、在鄉軍人に關する事項、寄附者指定の社寺の維持に關する事業を行ひ及之に要する費用を造成す 大津市橋本町五五の二 大正 三、六、二三
社寺關係 財團法人妙咫社 神崎郡御園村大字妙法寺住民の利益を圖る為めの事業を行ふ 神崎村御園村大字妙法寺六一四 三、一〇、二
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派滋賀教區教學財團 滋賀教區興學布教其他教化事業の為め必要なる費用を支辨す 大津市南町番外地二號顯證寺內 一四、七、一五
天台宗 財團法人松禪院維持財團 松禪院の維持並に同寺の布教興學に必要なる費用を供給す 滋賀郡坂本村大字坂本四二四四の二松禪院內 一四、九、一四
天台宗 財團法人橫川如法經會維持 橫川如法經會の修行並に如法塔の維持に要する費用を供給す 滋賀郡坂本村大字坂本二八七八弘法寺內 昭和 三、三、一三


眞宗關係 內山保存會財團 攝政太政臣藤原兼實公の本墓保存の為め墓堂、御影堂、茶所、手洗屋、四脚門墓域及安置の影像供佛具其他附屬の物件を修營管理する費用を支辨す 紀井郡深草大字福稻小字東坂五 明治 三一、八、七
眞宗佛光寺派 興教會 佛光寺本山受其末寺の為め有用なる僧侶を養成する費用を補助し又は其の末寺の護持を補助す 京都市下京區高倉通佛光寺南入新開町一番戶 明治 三三、三、二七
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派護持會財團 眞宗本願寺派の布教及興學の發達を企圖する為に必要の費用を支辨す 京都市下京區堀川通門前町一本願寺派本願寺內 三三、一二、七
顯本法華宗 教學財團 顯本法華宗の教義を宣揚する為めに必要なる資財の供給なし本山妙滿寺の管理維持に必要なる資金の供與其他●內樞要寺院教會に補助金を與ふ 京都市上京區榎木町妙滿寺 四〇、二、六


頁二一八
眞宗本願寺派 本末共保財團 宗祖見眞大師六百五十年大遠忌の為め本願寺派本山別院末寺說教所及教會講社の維持資金を積立て一派本末基礎の安全を圖る 京都市下京區堀川通本願寺門前町一、本願寺內 四〇、六、二
臨濟宗妙心寺派 臨濟宗妙心寺派教學財團 妙心寺派の布教及興學事業の普及發展に必要の資財を供給するにあり 葛野郡花園村大字花園七一 四三、五、一三
眞宗佛光寺派 眞宗佛光寺派護法會財團 佛光寺派の布教及私立眞宗學校の維持に必要の費用並に同派僧侶の教育に要する費用を支辨す 京都市下京區高倉通佛光寺南入新開町一眞宗佛光寺派本山佛光寺內 四五、七、一七
眞宗大谷派 眞宗大谷派本廟維持財團 眞宗大谷派本願寺の維持を確保す 京都市下京區烏丸通り七條上ル常葉町大谷派本願寺內 大正 元、一一、二一
古義眞言宗並眞言宗各派 事相講傳所に要する資財を所有し之を管理供給するに在り 京都市下京區九條東寺町四一 二、三、一〇
眞宗大谷派 岡崎別院維持財團 眞宗大谷派京都岡崎別院維持の補助をなす 京都上京區岡崎東天王町二六大谷派別院內 二、四、一
天台宗 妙法維持財團 妙法院並蓮華王院維持及條理に要する資財供給 三條實美公以下七鄉西竄記念碑並に七鄉肖像維持及法會修行に要する資財を供給 京都市下京區馬町通大和大路東入四丁目南入妙法院二側四二三妙法院內 三、一二、一一
古義眞言宗 古義眞言宗大覺寺護法財團 大覺寺の維持經營並布教教育に必要なる費用を供給す 葛野郡嵯峨町字大澤四、大覺寺內 五、一〇、三
淨土宗西山禪林寺派 守家祖先並に守良藏夫妻記念の為めの事業を行ふ 京都市上京區永觀堂町禪林寺 五、一一、二九
眞宗興正寺派 眞宗興正寺教學財團 眞言興正派の布教興學の發達の為め必要なる費用を支辨す 京都市下京區華園町興證寺內 八、四、二六
淨土宗西山光明寺派 總本山光明寺財團 光明寺の勸學布教及維持を確保す 乙訓郡乙訓村大字粟生光明寺內 八、六、二〇
本門法華宗 本門佛立財團 本門法華宗の興隆を期し同宗所屬教會の宣教及慈善救恤の事業を行ふに要する土地建物及設備品其他の資產を所有し管理し之を當該教會に供給するに在り 京都市上京區御前通一條下る下豎町一六八 八、一〇、一三
本門宗 要法寺教學財團 本門宗の教義を宣揚する為めの資金の供給 京都市左京區新高倉通孫橋上る法皇寺町四四七要法寺內 大正 九、六、二
淨土宗 財團法人本末共濟會 宗祖大師開宗七百五十年を記念し祖息に報答する為め總本山知恩院並本宗寺院及其經營に係る各種事業の維持資金を蓄精し非常災害に對する救濟其他基礎の鞏固を圖る 京都區下京區林下町七三、知恩院內 九、一二、二〇
日蓮宗 財團法人光悅會 光悅寺の保存に助力し本阿彌光悅翁の遺業を顯彰するにあり 愛宕郡鷹峰村字光悅二九光悅寺 一一、一〇、二六


頁二一九
淨土宗 大本山黑谷護寺財團 大本山黑谷金戒光明寺の維持興隆を圖らんが為め同寺の建造物修理保存の費用及勸學布教の費用を支辨す 京都市上京區黑谷町三三金戒光明寺內 一二、二、二四
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派本山法要財團 法要基金を蓄積し本山並に大谷本願に於ける永代經其他法要の經費を支辨す 京都市下京區堀川通花屋町下ル本願寺門前町眞宗本願寺內 一二、二、二六
眞宗本願寺派 本願寺內外布教會財團 內外に於ける本願寺派布教傳道の發展を圖る 京都市下京區堀川通花屋町下ル本願寺門前町本願寺 一二、二、二六
曹洞宗 紫竹林財團 曹洞宗安奉寺の維持及同宗の經營する曹洞宗僧侶の養成事業に對し資財を供給す 愛宕郡大宮村大字東紫竹大門字三筑北東三の一安臺寺 一三、三、三一
眞宗大谷派 眞宗大谷派婦人法話會財團 眞俗二諦相係り眞宗教旨に基く事業を行ふ 京都市下京區諏訪町魚の柵の上る上柳町二一五 大正 一三、四、二三
日蓮宗 光山教學振興吉田財團 故吉田茂八の遺志に基き日蓮宗本圀寺の經營する教學振興の事業(光山專修學院の設置、維持研究生補助、其他必要なる事業)を援助す 京都市下京區柿本町本圀寺內 一三、一〇、一三
臨濟宗東福寺派 瑞光山海臨寺維持財團 臨濟宗東福寺派瑞光山海臨寺境內建物並に工作物維持保存の費用を供給す 如佐郡東大浦村字田井一、東福寺派瑞光山海臨寺內 一四、二、二三
天台宗 青蓮院維持財團 一、青蓮院の維持 ニ、青蓮院の法會修行費の維持 三、布教傳道費の補助 京都市上京區粟田口三條坊町青蓮院內 一四、八、一五


淨土宗 財團法人總本山知恩院祠堂資團 總本山に於ける永代祠堂の金品を永久に保全し總本山へ永代祠堂並其設備の費用を供給す 京都市下京區林下町四四二知恩院內 一五、九、三〇
古義眞言宗 古義眞言仁和寺護持財團 古義眞言宗仁和寺の維持經營に必要なる費用を供給す 葛野郡花園村大字御室六八同寺內 昭和 二、九、九
臨濟宗大德寺派 財團法人龍翔寺維持財團 龍祥寺の維持同寺の開基大應國師に同寺再建の大檀那の祭祀に必要なる費用を供給す 京都市上京區大德寺町六一同寺內 二、一二、二七
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派京都教區教學財團 眞宗本願寺派京都教區興學布教の經費を支辨す 京都市下京區堀川通花屋町下ル眞宗本願寺派本願寺內 二、一二、二七
淨土宗西山光明寺派 財團法人楊谷寺維持慈恩會 楊谷寺の維持並に祭祀に必要する經費を供給す 乙調郡海印寺村大字淨土谷二、同寺內 昭和 三、五、一
古義眞言宗 智福山法輪寺護持會 智福山法輪寺の永積護持を圖らんが為同寺境內に建築物の建設維持、興學布教社會教化其他同寺の維持發展に必要なる費用を供給す 葛野郡松尾村大字上山田一六番法輪寺內 三、一二、二八

大阪
眞宗木邊派 財團法人眞宗實語教會護持會 眞宗木邊派に屬する眞宗實語教會所の維持經營に要する土地建物を管理し其他必要なる費用を供給す 大阪市東區谷町一ノ四四、大阪眞宗實語教會所 大正 一二、二、二七
眞宗本願寺派 財團法人眞宗本願寺派本願寺津村別院維持財團 津村別院の布教及營繕維持の為之が必要の費用を支辨す 大阪市東區本町四丁目二七眞宗本願寺津村別院內 一五、三、三


頁二二〇

眞宗大谷派 難波別院維持財團 大谷派本願寺難波別院を維持す 大阪市東區本久太郎町四丁目難波別院內 大正 一五、六、一
天台宗 四天王寺教育財團 就學中の天台宗僧侶及天台宗義の研究者に對し學資補助又は貸付を為すを以て目的とす 大阪市天王寺區元町四天王寺內 昭和 三、一〇、二四

兵庫縣
天台宗 清水寺與樂講社 兵庫縣加東郡鴨川村の內平木村所屬御嶽山清水寺の保存及祭祀を永遠に期し其靈場の功德を衆生に頒たんが為清水寺の設備及祭祀講續に要する費用を供す 加東郡福田村の內東古瀨村一八 明治 四〇、一、一〇
各宗 財團法人神戶積德會 尊皇奉佛の趣旨を奉戴し宗派の區別なく佛教共通の本義に憑り信仰と道德とを鼓吹し汎く公益慈善等の事業を獎勵し且つ一般の家庭及社會の風紀を匡正し以て人類眞正の皈禪を示す 神戶市兵庫港地方字會下山一八ノ二 明治 四〇、四、二七
天台宗 理教院護持財團 天台宗總本山延曆寺直末寺神戶市永潭町理教院の維持資金を積立て該寺の必要費を支辨し該寺の基礎安故を圖る 神戶永澤町四ノ二五理教院內 四五、五、一五
古義眞言宗 財團法人高山寺保存會 高山寺十一面觀世音の尊嚴と神聖を重んじ高山寺建造物及風致を保存す 氷上郡葛野村の內良野村高山寺內 大正 元、一〇、一
各宗 財團兵庫縣神崎郡尚武教會 尊王奉佛の趣旨を奉戴し宗派の區別なく佛教共通の本義に●り信仰を鼓吹し廣く公益慈善等の事業を獎勵し且一般家庭社會の風紀を匡正し人類眞正の歸趣を示す目的を以て事業を實行す 神崎郡福崎村禪田眞宗大谷派本覺寺內 大正 六、六、二八
古義眞言宗 財團法人先山保存會 先山千光寺境內建造物及風致を建造す 三原郡加茂村內膳五四 九、六、二九
眞宗本願寺派 光德寺維持財團 眞宗本願寺派光德寺の建物及什寶物を永久に維持し且つ布教其他教務を營むに必要なる經費を支出す 神戶市葺合小野柄通八丁目一ノ一光德寺內 一一、三、一八
淨土宗 財團法人東西極樂寺後援會 東西兩極樂寺の維持發展の為の事業に要する經費を支出す 神戶市葺合生田町二丁目二六ノ一淨土宗東極樂寺內 大正 一一、九、六
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派兵庫教區教學財團 兵庫教區教學發展の為之が必要の費用を供給するを以て目的とす 神戶市四番町兵庫教區教務所 一三、五、一三
眞言宗醍醐派 財團法人光久寺保存會 光久寺の國寶及建築物の維持保存並慈善救濟及宗教の興隆に●せんが為に同寺に對し必要の費用を供給す 宍粟郡安師村安志七九番屋敷光久寺教院內 一五、七、一九
日蓮宗 財團法人日蓮宗高砂教會所 同教會の維持及布教々務に要する土地建物等の物資を供給す 加古郡高砂町南渡海町九八一同教會所內 昭和 二、九、九
日蓮宗 財團法人日蓮宗妙法講眞妙結社護持財團 日蓮宗妙法講眞妙結社教會所を維持し其布教及費用を供するを以ても目的とす 尼ケ崎市尼ケ崎町字別所町四三同結社內 二、一一、三〇


頁二二一
奈良縣
臨濟宗大德寺派 財團法人法德會 添上郡柳生村大字柳生下に現存する柳生家祖先の菩提寺たる法德寺の建造務修理保存に要する費用を供給し並に同村に存在する柳生家の史蹟を保存顯彰す 添上郡柳生村大字柳生四〇〇ノ二 大正 一一、一〇、二七
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派奈良教區教學財團 眞宗本願寺派奈良教區の興學、布教、社會事業の為に要する資を供給す 奈良市上三條町一八 昭和 五、五、六

和歌山縣
眞宗本願寺派 鷺森本願寺派 佛教の本質に基き眞宗眞俗二諦の旨趣を弘布せんが為和歌山縣下教法の淵源たる眞宗本願寺派鷺森本願寺別院を維持保存す 和歌山市鷺森一本願寺別院內 明治 三九、六、三〇
淨土西山光明寺派 財團法人總持寺維持財團 淨土宗西山光明寺派檀林總持寺の維持を確保し西山教義の興隆を圖らんが為同寺の殿堂修理及布教々學に必要なる費用を供給す 海草郡野崎村大字梶取八六同寺內 昭和 二、六、一七
社寺關係 重疊山靈地維持保存財團 和歌山縣東牟婁郡西向村大字伊串に在る重疊山の靈地を保全し併せて重疊山神社及大師堂を維持す 東牟婁郡西向村大字西向八四二 二、一〇、一五

島根縣
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派山陰教區教學財團 山陰教區教學發展の為之が必要なる費用を支辨す 松江市新雜賀町一五〇本願寺派山陰教區教務所內 大正 一一、三、二
曹洞宗 財團法人萬藏寺興隆會 曹洞宗萬藏寺の維持興隆を計らんが為同寺の布教及徒弟教育並に建造物修理保存に要する費用を支辨 簸川郡出東村大字坂田二五九萬藏寺內 一一、一一、二〇
本門宗 財團法人妙蓮寺常唱護持會 常唱庵(妙蓮寺境內庵室)及妙蓮寺諸建築物の修理並に布教々學に要する費用を供す 簸川郡布智村大字下古志一六六〇妙蓮寺常唱庵內 昭和 三、四、九
天台宗 財團法人清水寺保存會 清水寺本堂並に附屬諸堂宇の修理及境內保勝其他布教興學に必要なる資財を供するを以て目的とす 能義郡宇賀庄村大字清水五二八同寺內 三、四、二四
眞宗本願寺 財團法人滿行寺維持財團 眞宗本願寺派滿行寺の維持及同寺の行ふ布教並に徒弟の教育に必要なる經費を支辨するを以て目的とす 邇摩郡大國村大字天河內五五滿行寺內 四、二、八

岡山縣
古義眞言宗 財團法人金敷寺維持會 金敷寺の維持經營に要する費用を供給す 後月郡出部村大字笹賀二七一金敷寺內 大正 一五、二、五
曹洞宗 財團法人洞松寺維持會 曹洞宗洞松寺の維持經營に要する費用を供給す 川田郡三谷村大字橫谷三七九六洞松寺內 昭和 三、六、二七

廣島
眞宗本願寺派 眞宗崇德教社 眞宗二諦の教義を遵奉し興學布教慈善を隆慶ならしむる為の事業を行ふ 廣島市立町三二ノ一 明治 三二、七、九
眞宗本願寺派 眞宗世羅教社 眞宗二諦の教義を遵奉し興學布教慈善を隆慶ならしむる為の事業を行ふ 世羅郡西大田村重永一一 三六、七、九
眞宗本願寺派 蒲刈島聞名會 眞宗眞俗二諦の教旨に基き信徒たるの本分を盡さんが為の事業を行ふ 安藝郡下蒲刈島村七〇八 四四、二、二二
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派備後教學會 備後教區に於ける行ふ興學布教に必要なる費用を支辨す 尾道市土堂町字新道一七〇 大正 一〇、八、一〇


頁二二二

眞宗本願寺派 眞宗本願寺派安藝教區教學財團 安藝教區教學發展の為之が必要なる費用を支辨す 廣島市寺町一三 大正一二、六、二三

山口縣
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派山口教區教學財團 山口教區教學發展の為之れが必要の費用を供給す 吉敷郡山口町一五六七正善寺內 一四、四、一〇
曹洞宗 龍心寺維持財團 同寺本堂及附屬建築物の維持並に修理に要する費用を支辨す 大島郡屋代村八〇二 昭和 二、八、二五
曹洞宗 妙喜寺布教財團 妙喜寺の維持並に布教傳道徒弟教育等に必要なる資財を供す 吉敷郡宮野村大字宮野下一五九四同寺內 二、一二、九

德島縣
曹洞宗 丈六寺維持會 勝浦郡多家良村曹洞宗丈六寺の維持興隆を圖らんが為同寺の地所建物の修理保存並に同寺に於て行ふ教義宣傳に要する費用を供給す 勝浦郡多家良村丈六寺內 大正 一四、五、一五

香川縣
各宗 香川縣木田郡佛教會維持財團 木田郡佛教會の事業費を補助す 木田郡平井町西德寺內 一〇、四、七
各宗 綾歌郡佛教會維持財團 綾歌郡佛教會に交付し地方改良事業に要する費用を補助す 綾歌郡坂出町一一六 一〇、九、一五
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派四川教學財團 眞宗本願寺派四川教區(愛媛、德島、高知、香川各縣)に於ける布教興學に資す 丸島市鹽屋町本願寺別院內 昭和 二、七、一四
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派源勝寺護法會 眞宗本願寺派源勝寺の教學法要及維持に要する諸費を助成するを目的とす 木田郡川島郡大字坂元一四四六源勝寺內 三、一二、二八

高知縣
古義眞言宗 高知高野寺護法財團 高野寺維持經營及奉仕事業に必要なる經營を供給するを以て目的とす 高知市中島町二七四高野寺內 昭和 四、二、二六

福岡縣
眞宗本願寺派 財團法人光林寺維持財團 光林寺の布教傳道儀式執行及營繕維持の為之が必要の費用を補助するを以て目的とす 築上郡西吉富村大字安雲光林寺內 大正 八、一一、一九
眞宗本願寺派 豐前國本願寺派寺院教學財團 佛法興隆の為豊前國內眞宗本願寺派寺院にて行ふ布教傳道徒弟教育其他社會教化事業に要する費用を補助す 企救郡大里町大宇原町二三九五本願寺派鎮西別院內 一二、一、二四
日蓮宗 財團法人福岡市日宗護法會 日蓮宗の信仰を篤くし立正安國の教義に基き異體同心の祖訓を遵奉して其の發展を期する為め福岡市に於ける日蓮宗各寺院の布教傳道を贊資し之れが為に必要なる費用を補給し其他慈善事業に關し義捐金を為す 筑紫郡千代町一一三〇日蓮聖人銅像保存會事務所 一三、一一、二六

佐賀縣
眞宗本願寺派 眞宗佐賀教區教學財團 佐賀教區布教宣傳學事發展及社會事業の為必要の費用を支辨す 佐賀市大字高木町九四願正寺內 一〇、一二、二一
臨濟宗南禪寺派 財團法人泰長院護持會 南禪寺派泰長院を維持經營す 佐賀市與賀町精小路泰長院內 一一、九、五

熊本縣
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派熊本教區教學財團 本教區布教傳道並に育英思想善導社會事業の為是れが必要なる費用を供給す 熊本市花畑九三ノ三 昭和 三、二、二

鹿兒
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派本願寺鹿兒島別院維持財團 本願寺派鹿兒島別院の維持及營繕の為め必要の費用を支辨す 鹿兒島市東千石町一本願寺派本願寺鹿兒島別院內 大正 八、九、八


頁二二三
島縣
眞宗本願寺派 眞宗本願寺派本願寺鹿兒島教區教學財團 本願寺派本願寺鹿兒島教區教學發展の為め必要なる費用を支辨す 鹿兒島市東千石町一本願寺派本願寺鹿兒島別院內 大正 一〇、一〇、二三

沖繩縣 眞宗本願寺派 大典寺維持財團 眞宗本願寺派大典寺維持並其行ふ布教の發達を企圖するを以て目的とす 那霸市松下町一丁目七一眞宗本願寺派大典寺內 昭和 四、一〇、七

(二)次に掲ぐる文部省專門學務局一覽に依る
道府縣 關係宗派 社團財團の別 名稱 目的並事業 事務所所在地 設立許可年月日
北海道
 社 社團法人小樽上宮協會 聖德太子の遺訓近くは今上天皇の趣旨を奉じ精神の修養を圖る 小樽市花園町一四番地 明治 四二、二、八

千葉縣 財 財團法人中村檀林記念獎學會 立正大學學生生徒中より道念堅固學術優秀の者を選ひ之を特別に教養化育す 香取郡中村南中一八二〇 大正 一四、一一、一九

東京
新義眞言宗豐山派 財 新義眞言宗豐山派教育財團 新義眞言宗豊山派の教育事業興隆の為諸般の施設經營をなす 東京市小石川區大塚坂下町一七 元、八、二〇
同 智山派 財 智山派教學財團 智山流教學振興の為專門學校及中學校令に依る中學校を經營し並に必要なる資產を有して布教興學に關する費用を支辨す 東京市芝區愛宕町一ノ八 二、六、一、
日蓮宗 財 財團法人立正大學 立正大學並其の他の學校の經營維持 東京市芝區二本榎町一ノ一五 八、五、一七
曹洞宗 財 曹洞宗教育財團 大學並專門の教育を施す學校の經營維持 東京市芝區新堀町三六曹洞宗々務院內 大正 一〇、九、二一
 財 佛教々育財團 大學並專門の教育を施す學校の經營維持 北豊島郡西巢鴨町庚申塚五三〇 一五、四、五
 財 財團法人千代田女學校 女子教育 東京市麴町區中六番六番地 昭和 二、二、一八
曹洞宗 財 曹洞宗宗事舍 佛教主義の苦學生を救濟して利生報恩の道念を修養せしむ 荏原郡駒澤町世田ケ谷新田八五 明治 四二、二、二三
 財 佛教同志俱樂部 部員の學術研究特に佛教の教理に開し必要の材料を供し其の他諸般の便異を與ふ 東京市淺草區田島町八〇 大正 三、五、一二
眞宗大谷派 財 東京帝大大谷學生會 眞宗大谷派に關係ある學生を扶掖誘導す 東京市小石川區白山御殿町一一〇 四、一〇、二六
日蓮宗 財 財團法人日蓮宗奠統會 日蓮宗尊師法錄の子弟教育の費用給與 東京市外淀橋町柏木一〇九常圓寺內 一三、三、二五
 社 社團法人上宮教會 佛教を基礎とし東西文明を融合し精神教育を圖る 北豊島日暮里町元金杉一八〇〇 明治 四一、七、二
 社 顯本宗學研究會 會員相互に顯本宗法華宗學を研究す 東京市淺草區新福井町三 四二、五、一九
淨土宗 社 淨土宗育英會 同宗寺院の徒弟及僧侶の子弟に教育費の扶助又は貸與をす 東京市淺草區山谷區七八宗念寺內 大正 二、七、五


頁二二四

日蓮宗 財 吉田講學資金財團 日蓮宗教學發展のめた同宗僧侶のめた同宗僧侶の學術研究を獎勵す 東京市芝區二本榎町一ノ一五番地 大正 一三、一一、九
 財 財團法人佛教育英會 必要に應じ學資の貸與又は給與をなし育英の實を舉ぐ 北豊島郡岩潭町本宿七八三 同 一三、一二、二

山梨縣
 財 財團法人吉田獎學育英會 身延山久遠寺經營の祖山學院出身學生を宗立大學若しくは他宗大學に遊學せしむ 山梨縣南巨摩郡身延村四二五二久遠寺內 一〇、三、一五

岐阜縣 財 佛教養老同志俱樂部 部員の學術研究、佛教教理の講義、圖書閱覽、部員の精神修養等 岐阜市字松鴻二四〇八の二〇 八、六、九

愛知縣
眞宗大谷派 財 三河國眞宗大谷派教育財團 三河國同派寺院の子弟本山所定の學校に學ぶ者に學習補給 額田郡岡崎町中野添眞宗大谷派本願寺別院 五、三、三一
 財 眞宗專門學校 眞宗教學の研究に須要なる學科を教授し宗門有名の人材養成 名古屋市中區茶區町五八 一〇、六、一二
 社 佛陀會獎學部誠明學舍 佛教を信する學生ため寄宿を建獎學の道を開き佛教々理を究め信念の確立人格養成を為さしむ 名古屋市中區下茶屋町一 二、二、一九

三重縣
眞宗高田派 財 眞宗高田派教育財團 教育事業 河藝郡一身田町二八一九 一一、一二、二

滋賀縣
 財 財團法人比叡山專修院 宗祖傳教大師立教教宗の趣旨を體し遮那止觀の兩業及之に關する學科を教へ宗乘の蕰奧を究める機關の經營 滋賀郡坂本村坂本一七一八 一四、八、四
天台宗 財 天台宗教學財團 傳教大師一、一〇〇年御遠忌奉修記念のため天台宗の教育布教の事業援助 滋賀郡坂本村坂本一七七一ノ二 大正 一二、八、●

京都府
日蓮宗 財 財團法人本法寺勸學會 同宗本山本法寺の經營する宗教並佛教學の研究事業を援助し法器人材を養成す 京都市上京區小川通寺ノ内上ル本法寺前町六一七番地 昭和 二、一、二五
眞宗本光寺派 財 眞宗學研究財團 同派宗學振興のため同派宗學院の維持、一般宗義研究者の保護教養及宗學の獎勵をなす 京都市下京區堀川通花屋町下ル眞宗本願寺派本願寺 二、二、一二
 財 眞言宗聯合勸學財團 眞言宗京都大學同中學の教育事業の為金員、物件の貸與又は供給 京都市下京區九條東寺町四一 明治 四〇、一二、二五
眞宗大谷派 財 大谷教學財團 眞言大谷派の勸學及布教の發展を圖る 京都市下京區烏丸通七條上ル大谷派本願寺內 四一、二、二五
眞宗佛光寺派 財 眞宗佛光寺派護法會財團 眞宗佛光寺派の布教及眞宗學院の維持 京都市下京區高倉通佛光寺南入眞宗佛光寺派本山 四五、七、一七
眞宗本願寺派 財 京都女子專門學校維持財團 同校の經營維持 京都市下京區眞宗本願寺派本願寺內 大正 九、三、二九
 財 龍谷大學財團 同校の經營維持 京都市下京區堀川通花屋町下ル本願寺門前町官有地本願寺內 一一、三、二〇
眞宗大谷派 財 眞宗教育財團 眞宗の精神に依る教育機關の維持經營 京都市下京區烏丸通七條上ル常葉町大谷派本願寺內 一、三、二〇


頁二二五
臨濟宗妙心寺派 財 臨濟宗妙心寺派教學財團 同派の興學布教振興の為め學校の維持經營及各種布教事業の補助をなす 京都府葛野郡花園村花園七十一番地 明治 四三、五、一三
 財 高野山勸學財團 學校經營及維持 伊都郡高野村高野山第一三二番地金剛峯寺內 大正 一五、四、五

(三)次に掲ぐるは文部省普通學務局公益法人一覽に依る。
東京府
 財 聖德太子奉讚會 聖德太子の偉德鴻業の奉讚闡明を為す 東京市麻布區飯倉片町六ノ一四 大正 一三、六、二二
淨土宗 財 淨土宗育資團 淨土宗の教育專業のために金員又は物品を淨土宗設立の學校に貸與又は供給す 東京市芝區芝公園第十五號四 明治 三七、四、七
曹洞宗 財 曹洞宗興學財團 曹洞宗々立の教育事業を經營維持す(愛知中學校の經營●) 東京市芝區新堀町三六曹洞宗務院 大正 一四、一、二二
 財 財團法人駒込中學校 傳教大師の鎮護國家主義に依り男子に主要なる高等普通教育を施す(駒込中學校) 東京市本鄉區駒込林町二三六 一四、一二、二六

神奈川縣
 財 財團法人西有專修學林 曹洞宗僧侶及沙彌の為めに普通學校及參禪說教、法式宗、餘乘を教授す 橫濱市中村町平樂一四一 一二、二、一七

新潟縣
 財 財團法人新潟日蓮主義實行會 皇國觀念の普及思親の善導をなす 新潟市並木町二三九二 一二、四、一八

京都府
 財 山內慶華財團 佛教の趣旨に基き社會の福利の為め學生の資金補助、幼稚園の經營等をなす 京都市下京區三條裏通白川筋東入堀池町三七三ノ二 大正 一二、七、二

大阪府
 財 財團法人上宮中學校 男子に須要なる高等普通教育を施し及之に關する教育事業を行ふ 大阪市南區天王寺上ノ宮町五三三〇 明治 四五、三、二五

鳥取縣
 財 本多教學財團 布教傳道の補助、秀才の養成自治及教育機關の後援をなす 東伯郡淺津村下淺津二八 大正 一二、四、二

廣島縣 社 闡教部 佛教の擴張を本旨とし旣設の小學光道館を維持し、貧民の救護をなす 廣島市猫屋町三 明治 三二、七、一一

(四)次に掲ぐるは文部省實業學務局公益法人一覽に依る。
東京府
 財 財團法人立正學園 立正主義に基く教育を施す學校を設立經營及維持す 東京府荏原郡大崎町桐ケ谷八〇 昭和 三、三、一六

(五)次に掲ぐるは文部省社會教育局公益法人一覽に依る。
宮城縣
 財 仙台佛教財團 社會諷教改善のため青英、授產、慈善講演、出版等をなす 仙台市東二番町一四一 大正 九、九、二九


 財 財團法人千住愛育院 佛教主義に依り青年の補習教育及勞働者子女の託兒保育 南足立町千住町千住五ノ一一一 七、九、二五
 財 財團法人中央佛教會 佛教を基礎とし國民精神の善導、人道の振興教化並社會事業をなす 東京市四谷區三光町一二八 一〇、八、二〇


頁二二六
 財 財團法人至道庵 禪學の研究、講演集會をなし人格修養をなす 東京市小石川區茗荷谷一 大正 一、七、二七
 財 財團法人立正會 立正大師銅像を維持し之を國民教化の為に活用す 荏原郡池上村雪ケ谷四一 一四、五、一四
 財 財團法人兩忘協會 禪學研究、講演會堂保存、講習雜誌等の專業をなし人格修養を圖る 東京市下谷區谷中中天王寺町三四 一四、七、一三
 財 財團法人心の會 保育事業、日曜學院、青年指導、兒童相談等をなし佛教に依る人格向上を圖る 東京市芝區愛宕町一ノ一八 一四、九、二〇

神奈川縣
 財 財團法人平間寺社會事業部 佛教の趣旨に基き人類の福祉を增進す 川崎市大師河原一、六四八 四、三、二四

岐阜縣 財 田代重信會財團 神佛を尊崇し人材養成貧孤兒の教養及社寺學校、病院、慈善、田代家法要、其の他公共事業に出捐す 揖斐郡川合村下座倉一二六 九、三、一七

愛知縣
 財 財團法人神野康際會 佛教主義に依り祖先尊崇の美風を振興し、德性の涵養其の他公益事業の施設助長 名古屋市中區南久屋町一ノ四 九、六、七
 財 財團法人淺井女人佛教會 佛教主義に基き祖先尊崇の美風を振興し、公益、慈善事業を施し助成す 一宮市一官井桁東四九ノ一 一五、五、二
 財 信道會館 佛教主義に基き教育慈善其の他公益事業を施設助成す 名古屋市中區南伏見町二ノ一 昭和 二、八、一八

滋賀縣
 財 財團法人前川慈修會財團 神佛を尊崇し病貧老竅罹災者を救恤し學校病院慈善其の他公益事業を出捐す 犬上郡高官町二、三三〇 大正 七、一二、二九

京都府
 財 財團法人山口佛教會館 佛教信仰に基き人格修養、忠誠心の鼓舞敦厚の氣風を涵養す 京都市上京區寺町通丸太町上ル松蔭町一三八 一三、七、一〇

大阪府
 財 財團法人佛教奉仕會 佛教會館の建設維持機關雜誌發行、講演及講習會を開き佛教思想に依り思想善導をす 大阪市西區新町通四ノ三 一三、三、一七

 財 財團法人茶陵山攝心會 禪學研究講演會開催、國民教化、人格修養忠誠なる精神の涵養 大阪市區天王寺茶臼山町一九 一三、四、三〇

和歌山縣
 眞宗佛教青年團 佛教の興隆と風教の振作を圖る(講演會夜學會等をなす) 伊都郡隅田村眞土極樂寺內 明治 四四、一、五

山口縣
 財 財團法人下關佛教青年團 佛教の意義を尊重し人心の安定精神の修養をなす 下關市新地町三九妙蓮寺內 昭和 三、一一、七


頁二二七
東京佛教俱樂部の誕生

青年佛教協會主催の五日會(五日に集合する談話會)は回を追ふて益々盛大になり、都下の如何なる會館に於ても談話を中心として行ふ會合としては、これ以上多數なことを許されなくなつたので、常設五日會なる意味に於て、廣告欄にあるような略則の下に、東京佛教俱樂部がおこされた。都下佛教界の大立物の全部は云はずもがな、床次竹二郎、下村壽一、山田耕作、小野賢一郎、麻田駒之助、中桐確太郎、松岡讓、諸岡存、弘田龍太郎、大倉邦彥、プリンクレー氏等々の人々もこれに馳せ參じ、將來はY・M・C・A・Y・W・C・Aを一丸としたような佛教界唯一の社交團體が生れた譯である。

京都の佛教兒童博物館內には京都佛教俱樂部が生れた、大阪、仙臺、廣島、福岡等々にも將に生れんとして居る。相互に特別な連絡と提携とをもつたムープメントとして注意に價する。

立正婦人會 東京市外松濤四〇 松平俊子
東寺婦人會 京都市下京區九條東寺內 教王護國寺
紫野婦人會 京都市紫野大德寺內 大德寺
東大寺婦人會 奈良市東大寺 東大寺
眞宗佛光寺派婦人教會本部 京都市高倉通佛光寺內 大谷篷子


佛教關係の新聞雜誌
次に揭げたるは昭和四年八月より同五年九月に至る間の日刊、月刊、週刊等の定期出版物を調查したものである。

一、佛教一般
名稱 創刊年月 日刊月刊 代表者 主義目的 發行所
アカツキ 大正一三、 同 高楠順次郎 佛教婦人運動 東京室外千駄ケ谷九〇二佛教女子青年會
愛と眞 同 一四、六 同 伊藤證信 無我愛主義 津市大門町觀音境內愛眞社
愛 同 一三、 同 槙原玉葉 愛の會機關 松江市母衣町五〇愛の會
愛と力 同 高知縣伊野町金蓮寺內日本革新教團
イースタン・フテイスト(英文) 大正元年 年四回 山邊習學 鈴木大拙 佛教研究海外宣傳 京都市上京區烏丸頭大谷大學內東方佛教協會
一德 月刊 同 市上京區新町二條上ル一德會
觀想 大正一三、二 同 石井光躬 東洋大學機關 東京市小石川區原町東洋大學內觀想社
海潮音 民國九年 同 太虛 支那佛教復興 中華民國江西省九將盧山大林寺


頁二二八
迦音社 週刊 功德主義之宣傳 同 國浙江省抗州金剛寺巷四十二號
覺華 同 寗達蘊 新嘉坡直落亞逸街天福宮內覺華週刊社
會報 毛利薰人 九大佛青會機關 福岡市今泉金田二八九 大佛青會館內
現代佛教 大正一三、五 月刊 高楠順次郎 佛教研究 東京市本鄉三丁目三 大雄閣
教育と宗教 昭和四、五 同 上田純明 同市外和田堀町方南四四〇教育と宗教社
教誨研究 大正一三、 隔月 武田慧弘 藤井惠照 刑務教誨研究 同市外野方町豐多摩刑務所官舍藤井方
きようけい 同一〇、 月刊 安藤嶺丸 鐵道布教 同市淺草區橋場町一〇四望月日謙方共敬會
教友新聞 同一五、五 同 田島宗三郎 佛教一般報道 同市芝區芝公園七ノ一〇教友新聞社
教團時報 明治三八、 隔月 今村惠猛 教團機關 布哇ホノルル市本派本願寺
華鬘 大正一五、一一 月刊 學藝 東京市外西巢鴨康申塚大正大學
匡濟 同 同 新田七七七青木匡濟財團
國民精神 同三、九 月刊 渡邊小洋 精神作興 東京市麻布區宮村町六三國民精神社
貢文新報 同一二、 同 元木眞覺 大阪市天王寺區谷町九丁目三七貢文新報社
公友新報 同二、 旬刊 丸茂殉喜 佛教一般報道 長野市箱清水公友新報社
こヽろ 同一五、一 月刊 加藤熊一郎 東京市外代々木山谷一〇八
同剛杵(朝鮮語) 同一四、 不定期 金泰冷 朝鮮佛教運動 同市小石川區指ケ谷町一〇鈴木方
護光 同一四、一〇 年刊 花園兼秀 護國團機關 同市神田區一ツ橋通東京佛教護國團
三寶 明治三二、 月刊 加藤熊一郎 佛教布教 同布麻布區飯倉町五丁目森江書店
新生命 大正一三、 同 金澤市仙石町三一金澤佛教青年會
四川佛教 旬刊 中華民國四川省成都文殊院佛學會
自然淨土 同一五、四 月刊 江部鴨村 佛教文學運動 東京市神田區自然淨土社
宗教教育 同一五、一 同 日曜學校研究 同府下池袋大原一四六八佛教日曜學校協會
宗教と生活 同一三、一 同 竹田豊三郎 佛教一般 京都市土手町正面下ル
宗教通信 青木若治 宗教一般通信 東京市外吾嬬町請地三三〇
心燈 民國一五、 一旬 太虛 佛化教育運動 中華民國上海塘山路佛化教育社


頁二二九
神變 明治 月刊 京都府宇治郡醍醐村小字端山町神變社
莊嚴 昭和四、七 同 藤秀璻 廣島市寺町德應寺內莊嚴社
人生創造 大正一三、一〇 同 石丸梧平 個人雜誌 千葉市寒川新宿一三〇六人生創造社
精神 同一三、一〇 同 加藤咄堂 佛教的教化運動 東京市外代々木山谷一〇八精神社
青年佛教協會々報 昭和三、一一 隔月 淺野孝之 青年佛教運動 東京府下西巢鴨庚申塚マハヤナ學園內青年佛教佛教協會
世界佛教居士林林刊 民國一四、 不定期隔月位 唐大圓、聶雲臺 佛教研究 上海海寗路錫金公所內世界佛教居士林
生活と宗教 大正八、四 月刊 木津顗 新譯佛教聖典普及會機關 名古屋市中區南久屋町二ノ七破塵閣書房
絕 同 京都市東川端七條下ル中外出版社
大乘 大正九、 同 大谷光瑞 光壽會機關 京都府紀伊郡堀內村三夜莊內大乘社
臺灣佛教新報 同 一五、 週刊 陳煥琳 臺北市龍山寺町一ノ三四臺灣佛教新報社
大悲の光 月刊 岡山縣上道郡高島村安養村
大獅子吼 同 東京市淺草區馬道町一ノ二八大獅子吼社
中央佛教 大正六、 同 飯塚哲英 通佛教 同市牛込區矢來町五七中央佛教社
朝鮮佛教 同 一二、五 月刊 中村健太郎 朝鮮佛教團機關 京城府舟橋町一四〇朝鮮佛教社
統一の宗教 同 海津月光 布教 東京市本所區松代町一ノ二〇統一教舍本部
東亞の合掌 同 廣島縣比婆郡敷信村字實留東亞の合掌社
東洋文化 大正九、一〇 同 井上秀文 東洋思想研究 神戶市元町五丁目寶文館方
動靜 同 一四、九 同 尾形武 山形縣鶴岡市三日町
道友 同四、 同 岡部宗城 德操涵養 東京市牛込區矢來町六六鐵道道友會本部
同朋 同 釜山府西町一丁目同朋青年會
內學 民國一三、 年刊 歐陽漸 唯識研究 中華民國江蘇省南京牛邊街八十支那學院
日本佛教新聞 旬刊 眞繼雲山 佛教一般報道 神田區今川小路二ノ二日本佛教新聞社
日曜學校研究 大正元、四 月刊 前田芳夫 日曜學校研究 京都市本派本願寺學務部日曜學校研究社


頁二三〇
能美佛教 大正一四、 月刊 淺井惠定 石川縣能美郡自治館內石川縣能美郡佛教會
光 同 大阪市東淀川區中津濱通光德寺善隣館
光 大正一二、 同 西田天香 京都府宇治郡山科町四宮柳山回光社
佛化週刊 週刊 支那泰縣佛經流通處
佛化報 民國一三、 旬刊 中華民國漢口佛教會
佛事報 同國香港太平山六祖禪堂
佛音 民國一三、 同國福建省履門鎮南關鴻山寺內閩南佛化新青年會
佛教(朝鮮語) 大正一三、 月刊 權相老 京城府壽松洞八十二朝鮮佛教中央教院內佛教社
佛教 同一四、 同 柴田一能 友松圓諦 東京市芝區三田慶應大學佛教青年會
佛教文化 昭和二、六 隔月 稻葉茂 學的佛教 同市本鄉三丁目五帝大佛教青年會
佛教新聞 大正四、 旬刊 早川琢道 佛教一般報道 奈良市本子守町十四佛教新聞社
佛教年鑑 昭和四、一二 年刊 佛教年鑑社 東京市牛込區通寺町二一 佛教年鑑社
佛教美術 同一四、不定期 奈良市帝室博物館飛鳥園發行
佛教思想 同一五、一〇 月刊 野依秀市 通佛教宣揚 東京市芝區愛宕町三丁目二佛教思想普及協會
佛教の世界 同一五、三 同 布哇聯合佛教青年會 布教 布哇島聯合佛教青年會
布教の友 大正一〇、 同 今井助松 各宗布教 東京市神田區駿河臺西紅梅町六日本禪書刊行會
婦人文化 同一五、五 同 中野萬吉 大阪市北區船大工町堂島ビルヂング五階中山女性文化研究所
佛教濟世軍 同 六、六 同 眞田慶順 佛教濟世軍機關 福岡縣八幡市西本町七丁目佛教濟世軍本部
中道 大正一二、一一 同 林德林 臺中市臺中一五八三 臺中佛教會
法施 明治四二、 同 丹靈源 布教 東京市芝區三田臺町一ノ一六國母社
マハヤナ時報 不定期 長谷川良信 社會事業 同市外西巢鴨六百十六マハヤナ學園
丸の內佛教 月刊 東野金瑛 修養 同市芝區田村町丸の內修養會
吾が徒 年四回 東京府下杉並町阿佐ケ谷六八七實則久五郎方新佛教同志會


頁二三一
無礙光 大正一四、 月刊 中西義雄 エスベラントの佛教宣傳 福岡縣若松市山手通六丁目無礙光社
木喰上人之研究 同一三、 同 柳宗悅 甲府相生町四六木喰五行研究會
ラ、バツツオ 同一〇、 不定期 大谷大學エスベラント研究會 佛教宣揚 京都市上京區烏丸頭大谷大學エス語會
楞嚴特刊 民國一五、一 月刊 靜觀 佛化運動 中華民國廣州楞嚴佛學社
聯盟時報 昭和二、 年一回 眞田昌孝 西部日本佛青聯盟機關 福岡市渡邊通四丁目九大佛教青年會館內

二、天台宗
蓮華國 大正一二、 月刊 籾山半三郎 在家觀音信仰 東京市京橋區築地游神苑內
淺草寺時報 昭和二、 同 鹽入亮忠 寺報 同市淺草公園淺草寺
倭國の光 大正七、 同 羽根田文明 個人雜誌 滋賀縣堅田町國光社
一音 同 二宮守人 東京市下谷區上野公園寬永寺內
慧命 同 布教 大津市別所三井寺圓滿院道友會
觀自在 大正一〇、 同 清水谷善照 觀音信仰 京都市等持院北町二五清水寺
鞍馬 同一一、 同 服部眞晃 同市外鞍馬寺內
護國 昭和五、七 同 佐野廣中 布教 東京市外奧戶村上平井二、三六〇護國寺
道誌 同 二、三 同 山田文造 奈良縣吉野郡吉野町金峰山寺
大無畏 大正一四、 同 清水谷恭順 觀音信仰 東京市淺草公園淺草寺觀音會
傳教大師研究 鹽入亮忠 傳教大師研究個人雜誌 同市淺草區芝崎町四六傳教大師研究發行所
比叡山 大正一三、 七月刊 今出川行忍 布教及宗報 滋賀縣比叡山延曆寺內比叡山發行所

三、眞言宗
家庭の教 大正七、四月刊 大野松石 京都市外嵯峨町舊嵯峨御所新密教社
合掌 同一四、 朝鮮仁川宮町二七遍照寺


頁二三二
高野山時報 同二、七 月三回 吉川法城 古義眞言宗々務 和歌山縣伊都郡高野山、高野山時報社
修驗道 同一四、一 月刊 宮城信雅 修驗道の研究感想 奈良縣吉野郡吉野村金峰山內修驗道社
神齡 同九、七 同 佐々木教純 眞言教義發揚寺檀融和 東京市小石川區大塚坂下町護國寺
新興 明治三三、月二回 荒木哲信 傳道 同市大塚坂下町一七新興社
新豐 同一四、一二 同 樋口劣夫 豐山派布教 別府市長松寺新豐社
心鏡 同一五、 同 後藤信教 信仰雜誌 大阪市北區壺屋町一丁目三〇心鏡社
清觀 同一五、一二 同 荒木哲信 豐山派布教 東京市小石川區大塚坂下町一七新興社
大師教報 同一〇、 同 吉川法城 眞言宗布教 和歌山縣伊都郡高野山、高野山時報社
智山派宗報 昭和二、 月刊 芙蓉淨淳 東京市芝區愛宕町一ノ八智山派宗務所
智山公論 同三、一 月刊 中林宥專 宗制報道 埼玉縣蕨町三三九一智山公論社
寺院と檀家 大正一四、一 同 香川縣多度津町密教社
童話と童謠 同 江崎圭一 東京市牛込區若宮町三一五佛教傳說研究會
東寺教報 同 山本忍梁 京都市大宮八條第一番地東寺教報社
內觀 昭和四、 年一回 三國淨春 佐賀縣藤津郡鹿島町誕生院興隆會
如意密報 大正一四、 月刊 堀井豐太郎 大阪市東成區大今里町六〇八清淨院出張所內如意密報社
豐山宗報 明治 田中海應 東京市小石川區大塚坂下町一七豐山派宗務所
密教研究 大正一〇、 年四回 松永有見 密教研究 和歌山縣伊都郡高野山百四十一密教研究會
密教公論 月刊 岡田戒玉 京都市下寺町五條下ル密教公論社
密宗學報 大正二、 同 同市九條東寺町京都專門學校而眞社
六大新報 明治二五、四 週刊 高橋慈本 古義眞言宗務 同市下京區三哲大宮東入六大新報社
我 大正一五、五 月刋 高神覺昇 密教研究 同市下京區東山線六條智山大學內我社

四、淨土宗


頁二三三
愛泉 大正一〇、 月刊 牧浦愛泉 奈良縣北葛城郡志砌美村
出雲教報 同 桑門學念 島根縣簸川郡伊波野村大光寺中出雲教務所
一音 同 橫井孝中 京都市下京區四條寺町下ル一音社
綠山 同 戶松學瑛 東京市芝區芝公園增上寺文書課
永生 昭和二、七 同 三井諦心 布教 小石川區表町一〇五佛教文書協會
華頂 明治二五、 同 大河內貫靜 知恩院寺務 東京市東山區新橋筋大和大路東入三丁目林下町華頂文社
啟成新報 大正一一、五 森誠文 宗教道德宣揚 京都市下京區岩上通三軒替地町
樺太佛教 月刊 中島教典 樺太豐原開教院開教資團
教區時報 同 里見義隆 東京市芝公園增上寺中淨土宗東京教區教務所
共命 同 田中龍定 大津市松本町西方寺
光明 同 三木惠教 大阪市生玉寺町長圓寺
教學週報 大正一五、九 週刊 淨土宗政報道 東京市芝公園七號ノ一教學週報社
宗教文化 旬刊 蓮本了恩 東京市小石川表町七三宗教文化社
宗粹 月刊 椙村諒善 京都市下京區下寺町五條南入宗粹社
宗教新聞 同 善乘運 佐賀縣唐津町滿島
眞聲 同 立花眞哉 大阪市東區下寺町一丁目大蓮寺內真聲社
眞生同盟 月刊 山口常照 朝鮮仁川府仁川眞生同盟
四恩 同 上田顯光 大阪市兎我野龍興寺
淨土宗報 大正七、 同 宗務報告 東京市芝區芝公園十五號淨土宗務所
淨土教報 明治二一、一二 週刊 三井諦心 淨土宗政報道 東京市小石川區表町一〇五淨土教報社
淨朋 同一〇、七 同 江上秀靜 布教 京城府本町三ノ五〇開教院
信仰の友 同四五、 大田源勝 西山光明派布教 京都府乙訓郡乙訓村粟生總本山光明寺教學部
眞生 大正一四、同 土屋觀道 信仰鼓吹 東京市芝區芝公園十四號地九眞生社
月かけ 同 六花眞哉 大阪市天王寺區逢坂上之町一心寺內


頁二三四
傳通 月刊 木村玄俊 東京市小石川區表町傳通會館
東光 昭和五、三 同 栗本俊道 東京市芝區芝公園七ノ一教學週報社
大正新報 同 寺西聽學 京都府山科町第一步社
白道 同 栗田顯善 大連市天神町明照寺
布哇佛教 明治 同 野崎靈海 ホノルル市サウス街淨土宗布哇布教團
摩訶衍 京都市東山佛教專門學校
ミオヤのめぐみ 同 神戶市生田町二丁目東極樂寺
ミオヤの光 同 山崎辨成 東京市小石川區水道端町一ノ四五
明照 同 大阪市東區八丁目中寺町天然寺內圓光社
友園 同 宮木節信 滋賀縣蒲生郡日野町
立信 明治四四、八 後藤是州 西山深草派布教 京都市下京區新京極櫻之町誓願寺文書部
共生 同 椎尾辨匡 修養 東京市芝公園內公生會

五、臨濟宗
一悟 大正九、七 月刊 細川禪英 中華民國青鳥市吉林路(舊山岸町)二號妙心寺別院
圓覺 昭和五、九 同 富澤珪堂 宗務報告 神奈川縣鎌倉郡小坂村山ノ內圓覺社
佛化 大正一五、一 同 緒方宗博 佛化運動 京都市外花園驛前佛化社
救濟 同五、同 京都市東山南禪寺福地町真乘院內實踐救濟會本能
佛心 同一二、九 同 倉地圓照 京都市北野御前通一條下ル萬松會
關道 坂上鈍外 臺北市圓山町一七六臨濟護國寺內婦人會
正法輪 明治二四、七 月刊 後藤光村 妙心寺機關雜誌 京都市外花園正法輪社
衆善 同五、 同 樋口琢道 社會教化 同市上京區今出川相國寺山內慈雲庵衆善會
瑞石 昭和五、四 山口桃岳 宗務並布教 滋賀縣愛知郡高野村永源寺宗務本局
禪學研究 大正一五、一 年二回 久松眞一 臨濟學研究 京都市外花園臨濟宗大學內禪學研究會


頁二三五
禪宗 明治二七、一二 月刊 三木五葉 臨濟宗機關雜誌 京都市二條通木屋町西入貝葉書院
禪の研究 昭和三、八 伊藤敬宗 禪の研究に東洋文化の特質宣揚 京都市下京區本町十五丁目東福寺栗棘庵禪學會事務所
東北教報 明治三七、二 同 角張東順 布教 山形市鐵砲町二九二東北教報社
微笑 大正一一、三 同 後藤光村 布教教化 京都市外花園妙心寺內花園婦人會本部
法施 明治三八、三 同 細川南岳 布教 大阪市北區西寺町二丁目一〇寒山寺
法輪 橫井孝中 京都市寺町四條下ル一音社
靈光 大正一三、 月刊 關昌作 兵庫縣武庫郡芦屋村靈光洞
和光 同九、五 同 渡邊謙恭 布教 神奈川縣鎌倉郡小坂村建長寺內和光社

六、曹洞宗
吉祥 明治四〇、四 月刊 來馬琢道 曹洞宗布教 東京市淺草區新谷町十佛教社
公正 大正一四、 同 長谷川孝善 宗政評論 東京府豐多摩郡中野町本鄉七九成願寺內公正社
金剛 同一三、同 江田俊雄 曹洞宗布教 京城府大和町三ノ二六朝鮮曹洞宗布教師會
宗教と人間 同一二、一二 同 大倉照瑞 名古屋市中區矢場町五ノ切五東洋ピルデング三八號宗教と人間社
幸の泉 同一一、七 同 米本孝嚴 工場布教 同市東區松山町十帝國工場布教團本部
宗報 明治 廣瀨玄麟 山本富賢 宗務報告 東京市芝區新堀町三六曹洞宗務院
修養世界 大正元、 月刊 菅原洞禪 修養 東京市芝區白金三光町修養世界社
星華 昭和三、八 隔月 杉原宗道 布教 東京市芝區新堀町三六曹洞宗務院
栴檀彙報 大正一五、 年四回 岩本勝俊 同 東京市本鄉區吉祥寺町吉祥寺社會部
禪の生活 同一〇、 月刊 山田靈林 曹洞宗布教 同市芝區芝公園八號地二青山書院
達磨禪 同六、一 同 忽滑谷快天 同市外代々木一五七〇代々木書院
大乘禪 同一三、一一 同 原田祖岳 同 同市牛込區矢來町五七中央佛教社


頁二三六
想苑 明治 月刊 光山百川 佛教研究 同市外駒澤町駒澤大學內和融社
中道 大正一二、一一 同 林德林 修養 臺中市臺中一五九三臺中佛教會
佛教 明治三二、 同 三尾透關 布教 東京市芝區露月町十八鴻盟社
洞上公論 大正一四、一 同 成田大兆 宗政評論 同市同區西久保廣町二三洞上公論社
菩提樹 同八、 同 有澤透關 布教 大阪市天王寺區生玉町齡延寺內道友會本部

七、黃檗宗
黃檗宗報 月刊 林義昌 宗務報告 京都府宇治町黃檗宗務院

八、眞宗
雨の聲 月刊 上山涓潤 趣味 新潟縣中頸城郡吉川村轉法寺
家と同朋 昭和五、八 同 西井元信 京都市新間之町二條下ル西井方、家と同朋社
一味 布教 臺北市新起町本願寺別院
慧觀 大正一四、一〇 月刊 北峰順修 個人雜誌 大阪市北區河內町二丁目三十番地
園友 同 青原慶哉 東京市小石川區久堅町七四
永劫之友 大正一三、 同 柏樹廉 布教 京都市堀川通綾小路南入常念寺內永劫之友社
大谷學報 年四回 大谷大學新聞研究會
大谷大學新聞 同一二、一一 月二回 大谷大學新聞學會 大谷大學生新聞 同市上京區烏丸頭大谷大學內
櫻花女學新聞 同一五、 月刊 大溪賛雄 女學校機關 名古屋市御器所北山前櫻花高等女學校々友會
觀想 同一四、七 年四回 大谷大學學友會 佛教研究及文學 京都市上京區烏丸頭大谷大學內觀照社
覺醒 同一一、七 月刊 南山別院 大谷派朝鮮開發 京城府南山町三ノ三三信友會
開道 同一三、五 同 藤枝正英 同人雜誌 大阪市西成區玉出町九四開道社
覺路 同一三、四 同 森四洲 野山光治 布教 佐賀市材木町一〇七佐賀縣佛教青年會


頁二三七
觀喜 大正一一、 月刊 轡水良順 大谷派布教 京都市不明門通上珠數屋町上ル高槻町三五三觀喜社
顯眞學報 昭和五、一〇 隔月 眞宗學研究 京都市上京區賀茂板倉町六一顯眞學苑出版部
願慧 大正一一、一 月刊 曉烏敏 個人の思想發表 石川縣石川郡出城村北安田香草社
群朋 同一二、一二 同 福永勇賢 同人雜誌 滋賀縣坂田郡神照町字新庄馬場
教壇 同一一、一 同 竹中慧照 青木教之助 大谷派布教 京都市下京區中珠數屋町烏丸東入法藏館
教海一瀾 明治三〇、八 同 本派本願寺 本願寺派宗務 同市西六條本派本願寺教海雜誌社
教化新報 大正一五、一一 旬刊 今泉隆宣 佐賀市水ケ江町一二一教化新報社
克念 同一四、七 月刊 御橋義海 大谷派布教 山形縣鶴岡市一日市町
光曉 昭和四、 同 木戶廣觀 眞宗布教 東京市淺草區淺草本願寺
光明 大正八、 同 住岡狂風 眞宗宣傳 廣島市八丁堀二六光明團本部
更新 同七、一二 同 二階堂隆生 同人雜誌 明石市大藏谷五八二更新社
更生 兒玉 同 滋賀縣長濱町更生社
光輪 同一四、六 東洋大學眞宗會 眞宗學 東京市小石川區原町十八東洋大學內眞宗會
公民と言仰 同一二、一一 月刊 羽栗行道 本願寺派布教 京都市西六條西中筋花屋町上ル蓮光寺公民協會
三條教報 教務所報告 新潟縣南蒲原郡三條町三條教務所
さんげ 布教 石川縣石川郡出城村北安田香草社
寺報 不定期 波多野玄猷 福井縣今立郡鯖江郡誠照寺々務所
宗教生活 大正一五、一 月刊 原子廣輾 親鸞主義 東京市外平塚町戶越七九〇萠文社
宗學研究 昭和五、一〇 年二回 宗學研究會 京都市大谷派宗學院
眞宗 同五、三 月刊 竹中慧照 大谷派宗務 京都市大谷派宗務所社會課
同 同 足利瑞義 眞宗研究 同市上京區間之町二條上ル眞宗學研究所
眞宗布教新聞 大正一四、八 週刊 大野美惠丸 大谷派布教 東京市四谷區內藝町一
眞聖 同一五、 月刊 名古屋市中區御器所町櫻花高等女學校
眞宗の世界 同一〇、九 同 野依秀市 眞宗宣傳 東京市芝區愛宕町三丁目二眞宗宣傳協會


頁二三八
親鸞教 明治二五、 月刊 苗村高綱 本願寺派布教 京都市油小路通御前通上ル興教書院
親鸞教徒の雜誌 大正一四、同 東京市外平塚町戶越七九〇萠文社
親鸞聖人研究 同九、 不定期 梅原眞隆 親鸞研究 京都市高臺寺桝屋町三六一
新生 月刊 油小路宗範 個人雜誌 同市油小路六角下ル新生會本部
信仰界 本願寺派布教 同市油小路花屋町下ル興教書院
信德 大正九、一〇 同 照峰馨山 布教 愛媛縣越智郡盛口村盛甲
淨土 同一二、 管舜英 眞宗布教 北海道追分局下親鸞教會
紫紅 同 一五、一〇 月刊 高楠順次郎 武藏野學院生徒教養 東京市外保谷村武藏野學院
眞宗公論 同一五、六 同 華園眞淳 眞宗宣傳 京都市七條堀川興正寺內眞宗公論社
親鸞主義 同九、五 同 中井玄道 親鸞主義鼓吹 大阪市淀川町南方町一三九親鸞主義社
自照 昭和四、六 同 臼杵祖山 個人雜誌 山口縣佐波郡中關町二五二〇圓通學園
慈光 大正一五、 同 馬場堅助 眞宗宣傳 今治宮下通二五五
慈悲の國 同一〇、 同 高橋常雄 親鸞主義布教 愛知縣三津濱町四恩協會
生々 昭和五、四 同 四戶慈文 盛岡市外北山教明社內東北開教部
眞生活 同一四、 同 松永諦惠 個人雜誌 北海道石狩國雨龍郡多度志村多度志佛教青年會
信の力 同八、一〇 同 岡部宗城 本願寺布教 東京市京橋區築地三ノ一六本願寺內眞宗文書佛道會
兒童と宗教 日曜學校研究 京都市大谷派本願寺社會課
精神講話 昭和二、一 月刊 和道實 信仰宣傳 山口縣大津郡三隅村見眞教社
絕對の救濟 同 臺中市明治町第四號官舍掬月方
成同 大正七、 同 峰屋賢喜代 大谷派布教 大阪市北區岩井町二ノ三六成同社
鮮友 同一一、一〇 同 斯波隨性 本願寺派朝鮮開教機關 京城府若草町一〇七朝鮮文書傳導會
聖思 同一五、一三 同 松山亮 個人雜誌 北海道帶廣町西四條二十丁目一番諦
聖典新聞 同一五、一二 同 美濃晃順 新譯佛教聖典宣傳 名古屋市中區南武平町三ノ五佛教協會


頁二三九
高田派本山報告 明治三四、 月刊 高田派宗務所 宗務 三重縣河藝郡一身田專修寺寺務所
高田講座 大正一五、一〇 不定期 同 布教 同縣佛教文化講座事務所
大地 同一三、 月刊 細川崇圓 個人雜誌 廣島市外三條町中原大地社
旅人 同一一、 同 福永勇賢 個人通信 滋賀縣坂田郡神照村新庄馬場旅人社
ちから 岐阜市西野町三丁目西別院內岐阜教區教務所
兒童と宗教 大正一二、 月刊 武內了溫 大谷派社會事業 京都市大谷派本願寺社會課
點字濟世軍 同一二、 同 上田順三 盲人布教 福岡縣築上郡八屋町濟世軍點字出版部
女性の光 同一四、一〇 同 千代田女學校 本願寺派婦人布教 東京市麴町區中六番町廿五女性の光社
同胞 同 今村惠猛 安井美然 同布哇開教機關 布哇ホノル、布哇佛教青年會
燈炬 大正九、 月刊 橋川正 大谷派布哇 京都市間之町通リ上珠數屋町下ル三一三燈炬社
友達 同一二、 同 峰松勝市 同派布教 神戶市湊川町二二六友達社
同朋愛 昭和三、一 同 本願寺布教 京都市油小路御前通上興教書院
ともしび 大正一三、 同 林大統 同 鹿兒島市本願寺別院文書宣傳部
なるかね 同 文藝 大阪府三島郡清溪村西方寺鳴鐘社
日曜學校研究 明治四五、六 同 本願寺派日校研究 京都市本願寺派教學部
白道 同 森島黎民 布教 尼崎市別所村鳥地白道社
白道 同 松尾長造 同 鳥取市藪片町眞宗寺內白道社
白道生活 大正一四、六 同 吉田無染 親鸞主義 東京市神田區三河町二ノ一三三立社
白毫 隔月 池田堅正 個人雜誌 長崎縣上波佐見村白毫社
佛教研究 同六、 年四回 大谷大學教授 佛教研究 京都市烏丸頭大谷大學內佛教研究室
佛座 同一五、一 月刊 曾我量深 金子大榮 同 同市上京區鹿ケ谷櫻谷佛座社
婦人 同 本願寺派婦人布教 同市本願寺派佛教婦人會聯合本部
米北通信 大谷派布教 長岡市長柄町米北教學會
法爾 大正七、二 月刊 富士川游 眞宗布教 東京市本鄉區西片町十法爾社


頁二四〇
法藏 明治四一、六 月刊 西村七兵衞 大谷派布教 京都市下京區中珠數屋町法藏館
法緣 大正七、五 同 北村教嚴 本派布教 東京市牛込區若松町一三七
ほヽえみ 同一五、一 同 木戶廣觀 大谷派婦人布教 同市淺草區松清町四〇東京大谷婦人會
本山報告 同 今井 三重縣河藝郡一身田町高田派專修寺
誠 同九、六 同 平松龍定 大谷派布教 大阪市東區石町二丁目十一誠發行所
民衆宗教 同一一、 同 海岸周向 同 札幌市南十二條西十三丁目
道 同一四、六 同 梅原眞隆 眞宗宣揚 京都市高臺寺桝屋町三六二
みどり兒 同一一、一 同 多田鼎 大谷派布教 愛知縣寶飯郡蒲郡町五井常圓寺
道の友 同 千々岩誓道 布教 羅府北マツト街一一八大谷派本願寺別院
無上道 大正一三、五 同 本派布教 大連市若草山關東別院內
無憂樹 同一四、七 同 安井廣度 大谷派布教 福岡市住吉上宮崎町二三
唯信 同 三重縣津市寺町彰見寺內唯信社
欲生 大正一一、一 月刊 成川靈雄 同人雜誌 石川縣石川郡比樂島村字上安田
六華 同一四、 同 信仰宣傳 朝鮮釜山府富平町一丁目一五本派本願寺文書傳道部
龍谷大學論叢 年六回 玉置韜晃 佛教研究 京都市下京區熊龍谷大學
龍谷大學新聞 大正一五、一 月刊 學生新聞 京都市下京區龍谷大學內龍谷大學新聞社
流轉 同 安藤現慶 大谷派布教 愛知縣碧海郡安城町赤松
黎明 同 坪井慧照 同 北海道夕張町本町三丁目黎明社

九、日蓮宗
あさひ 月刊 大阪市北區伊勢町一九あさひ社
大崎學報 明治三七、一二 年四回 北尾啟玉 東京市外大崎町立正大學
圀の教 大正八、 月刊 渡部智啟 日蓮宗布教 京城府旭町三ノ一一護國寺內圀教社
心の培ひ 同一二、一 同 櫻木誠進 日蓮宗布教 長崎市西上町本蓮寺內日蓮聖人讚仰會


頁二四一
瑞雲 同五、 月刊 西村唯妙 布教 京都市上京區岡崎東福ノ川九善正寺內瑞雲社
信友會月報 明治四五、 同 服部銳三 名古屋市東區櫻町本遠寺別院內信友會月報部
宗門公論 大正一三、 同 深見耀宏 日蓮宗宣傳 京都市外松ケ崎村涌泉寺內宗門公論社
社會問題時報 同一五、 年二回 立正大學社會問題研究會報 東京市外大崎町立正大學社會問題研究會
天業民報 明治四五、 三 日刊 田中智學 日蓮主義の唱導 東京市下谷區櫻木町一番地天業民報社
東光 大正一四、一〇 月刊 望月眞亮 大亞細亞主義 同市芝區二本榎町二丁目十五國本會本部
日蓮主義 昭和二、一〇 同 加藤文雄 日蓮宗宣傳 同市芝區二本榎町一丁目一五日蓮宗々務院
日蓮之世界 同 布教 大阪市北區葉村町五〇日蓮主義傳道社
宗報 明治 同 妙立英壽 宗務報告 東京市芝區二本榎町一丁目一五日蓮宗々務院
日宗時報 大正一五、 同 高佐貫長 同 同市本所太平町一ノ九一日宗時報社
日本教報 同五、一二 月二回 田村玄祥 日蓮主義 名古屋市西區本重町二ノ八日本教報社
佛立 月刊 同 大阪市此花區上福島町二ノ七佛立弘通後援會
法華 同 小林一郎 日蓮主義布教 東京市牛込區辨天町一七二法華會
身延教報 明治四二、 同 下村是察 同 山梨縣身延山身延教報社
妙光 同 支那營口入船街妙光寺
立正 大正一二、二 同 井田日孝 同 京都市寺町通姉小路上ル本能寺
立正新報 月二回 加藤文淵 同 東京市外池上町根方昌林寺內立正新報社

十、本門宗
要法誌 月刊 嘉儀義霑 京都市左京區本山要法寺

十一、時宗
宗報 昭昭四、 年三回 木戶定豐 宗務報告 神奈川縣藤澤町時宗々務院


頁二四二
時の衆 昭和三、六 月刊 今井宗一 時の宣傳時宗布教 東京市外府中町長福寺內時の日本社

十二、融通念佛宗
宗報 月刊 森田慈誠 融通念佛宗々務所總務課
建築時報 同 泰本蓮萼 本堂建築情況報道機關 大阪市住吉區平野町總本山大念佛寺建築事務所
道之友 同 今大路慈圓 文書傳道雜誌 大阪市浪速區元町二丁目八二
融通 同 清原實全 同 同市住吉區南田邊町
同窓會誌 年四回 木本慈靜 同 同市同區平野上町十融通念佛宗勸學林同窓會事務所

十三、宗教一般
宇宙 大正一四、五 月月 山岡萬之助 宗教研究と宣揚 東京市丸ノ內海上ビル三階一三二七宇宙社
宗教時報 昭和五、八 同 原侑 宗教一般 東京市芝區琴平町二小倉ビル內宗教時報社
宗教研究 同一三、九 隔月刊 姉崎正治 宗教研究 同市神田區表神保町二同文館
政教新論 大正一二、九 月刊 窪川旭丈 佛教聯合會機關 同市芝區芝公園八ノ二政教新論社
中外日報 明治三〇、一〇 日刊 眞溪淚骨 宗教一般報道 京都市東川端七條下ル東入刊中外日報社
文化時報 大正一〇、 同 伊藤一郎 宗教一般報道 同市岩上通五條上ル柿本町文化時報社


頁二四三
第六 時事篇

宗政關係

流會となつた妙心寺派宗會
臨濟宗妙心寺派第二十寺定例宗會は、昭和五年十一月廿日に開會されたが、本年は昭和、道友の議員數同數なる為め、兩派種々折衝あり、議長定らずしてこぢれ、神月管長の調停も功を奏せず會期を經過して遂に流會となつた。これが為めに臨濟宗大學の昇格案が又々五里霧中になり、又、臨濟宗各派の幹部が何十回となく集會して成案した禪宗學院も新學期からの實現が不可能となつた。

古義眞言宗宗會
第六回古義眞言宗々會は昭和五年十一月二十一日高野山金剛峯寺大廣間に於て開會、第一日午前開會式午後議事日程に入り請願委員、議事錄署名委員選舉、議案を配布。第二日休會。第三日正議長選舉を行ひ岩吉亮海氏議長に野澤密全氏副議長に當選。瀨川總務の施政演說あり、豫算編成で百二十萬圓の大減額を斷行。記念事業は不況の折柄と雖も絕對繰延せぬこと等を可決。第四日久保大師教會本部長及總務總監に對して質問、第五日御修法問題、寺族保護問題、宗機顧問選舉規定、御遠忌局事業、豫算編成替等に關し慎重協議。第六日豆州大震災に關し議案上程。靜遠忌局理事の遠忌局豫算案に關する說明あつて議場緊張、報恩會費三千圓の增額、出張旅費三千圓に低下の件は物別れとなる。第七日、土師執行の金剛峯寺經營豫算案の說明、眞西仁和寺執行の御室臨時局の奉讚會、寬平法皇一千年遠忌の現狀等說明あり。引續き本年度豫算中報讀會五千圓、報恩傳道費二萬九百五十圓、出張旅費五千圓は夫々三千圓、一萬圓、二千圓に減額方を協議したが、諒解を見ず、古義眞言宗として未曾有の會期三日間を延長。第八日本宗會第二の難關たる御遠忌大阪出張所廢止の件に就て緊張第九日減俸反對嘆願で臨時本會議、午後特別委員會に入つて宏寶保管並に職務減俸に對する請願書作製上程。第十日特別委員會讀會、本會議に於て「御遠忌事業の達成を期する為當局内部の改造を要望す」との決議あり、釋總監は「深く考慮する」との答辯あつて大破亂を來した第六回宗會も午後六時管長臨場告諭あつて無事閉會となつた。

天台宗々會
第二十四回天臺宗々會は昭和五年十一月二十九日より十二月五日迄滋賀縣坂本天台宗務廳に開會、提出議案中重なるものは豫算決議案及び之に伴ふ特別會計、延曆寺と宗務廳との合同案たる憲章從典中の改正案であつたが、本期宗會は野黨と與黨との議員數が旣に差ある為め略圓滑に進行、たヾ中央宗務機關の合同を中心に紛擾もあつたが、希望條件は比較的好調子に、兩山合同問題は字句修正に止


頁二四四
めて解決、斯くて非常なる紛擾を豫想された宗會も意外にも平穩無事にて、五日に映畵班設置問題だけ審議未了となり、七時過ぎ座主臨場の下に閉會となつた。

曹洞宗々會
第三十五次曹洞宗々會は昭和五年十二月九日東京芝曹洞宗務院樓上に開會。議長奧村洞麟氏、副議長谷口虎山氏に決定各部理事、豫算委員、請願委員、徵罰委員決定。第二日總務上野舜頴氏の施政演講。昭和六年豫算案上程、歲入總額金四十七萬四百圓に關し嶽岡財物部長の說明あり、第三日は議案研究の為休會。次で宗憲改正の上申問題を揉みつヽも、十二十三、十五の三日間に亘つて豫算案及びこれに附帶する各案に就て質問戰ありて委員附託となる。宗憲改正の上申運動は宗門に一新紀元を劃すべきもので、闔宗の注目は此の一事に集中されてゐたが、宗憲に關しては堂々論議する自由を與へられぬので宗憲改正同盟會では院内樓上に懇談會を開き山田奕鳳氏を座長に推して上申文を作製し、滿場一致で上提することを決議したが、該問題は宗門百年の大計に關することヽて特別調查會を設けて慎重審議することになつて一先づ一段落を告げた。次で、小松原、谷口議員が四十餘名の賛成になる宗立四個中學校廢止問題の提出を見、該四個中學校長の東上を求めた結果、これ亦慎重深議を要すべきものとの理由で、結局教育審議會を設置することヽなつて解決。宗門制度調查會案は十八日の本會議に提出あり滿場一致可決、宗會掉尾の十九日は新豫算案を上提總額四十三萬三千九百九十五圓也を可決し、其他議案全部の可決を見、午後八時秋野管長臨場教諭あつて閉會となつた。

新義眞言宗智山派宗會

新義眞言宗智山派第二十三次定期宗會は昭和六年二月二十三日東芝智山派宗務所に開會、午後一時より宗務所案全部の第一讀會に入り、平幡宗務長の施政方針の演說あり、總本山興隆策、寺院住職遺族保護の二件及び、教育の伸張、布教の刷新、御遠忌事業の完成等に就て述べこれに對する財政並に豫算案編成に言及し、次で相澤財務、芙蓉教學、倉持庶努各部長の說明を聽取して、二十四日は議案研究の為め休會、二十五日は質問戰あり少檀微錄の寺院子弟を考慮しての智山專門學校の年限短縮問題に就て論議があつたが、結局宗務所案全部を可決して後旭管長臨場の下に閉會式が行はれた。新豫算額は大體前年底豫算額を踏襲した金十五萬七百餘圓であると。


新義眞言宗豊山派宗會
豊山派第三十二次宗會は昭和六年二月二十四日より音羽の宗務所樓上に開く。湯澤管長、市橋宗務所長就任以來の初會議であり、議長副議長改選の交涉にひまどりて午後三時開會。改選の結果、議長に關澄道氏、副議長に網代智海氏當選。第二日は宗務長の施政方針演說あり、大體に於て昨年度の踏襲であり、專ら財政整理、緊縮中心で宗政諸般の上に遺憾なきを期したいと抱負を述べた。此日、質問戰に入つて名刹南藏院へ加藤精神氏を兼住として特任した問題で華々しい質問應答が行はれた。第三日は六年度の豫算案が上程されて常任委員附託となる、因に新豫算總額は金拾四萬二百五十圓である。此日中村議員の現代に於けるマルキシズム批判並に研究所設置の件に就て宗務長は之を諒とし講習會に於てその意を


頁二四五
表現することを言明。其他小作爭議協調等の問題があつたことは注目に價する。第四日は議案第一讀會。第五日は告長選舉法中改正案、宗務所職員制中改正案等で非常な論戰を見たが委員附託第六日は委員附託の諸案審議結果の說明があつて裁決に入つたが多數議案審議未了となり、六年度豫算は一千圓の增加修正を可決し、午後八時管長臨場の下に閉會式が行はれた。

眞宗本願寺派集會
第七十二回本願寺派定期集會は昭和六年三月二日開會、第一日豫算案の上提、後藤執行長の施政方針演說があつた。因に六年度豫算總額は八十三萬千一百三十九圓五十七錢である。第二日集合を法度通り三十日とせよといふ案や、特選會衆に關する問題、異安心問題、監正問題で論戰。第三日は龍谷大學長、執行兼任の問題、法主の教育方針に就て、民衆的平民的教養の必要を力說すものがあり、執行長の答辯があつた。第四日特別會計覺信尼大遠忌(五百五十回忌)豫算案を上程委員附託となる。第五日女僧侶案(得度規約更改案)東京別院再建補助案等上提委員附託となる。第六日豫算委員會に次で本會議、ローサンゼルス佛教會館の整理問題、龍大移轉問題、專修學院用教科書中の高僧和讚要解に就て指方立相が立つ立たぬの問題があつて論戰。第七日本期會議の興味をもたれた會衆選舉法案上提。更改案の要旨は現在の十九選舉區を十一の中選舉區とし從來の寺院小心主義に「人」を含ましたもので總數からは現在の四十八名の會衆が四十九名となつて居るのである。第八日山立中學存癈問題あり第九日は明如上人裏方心光院尼死去の為哀悼を表して休會第十日、女僧侶案可決、會衆選舉法更改案は審議未了、豫算案を可決して閉會。

淨土宗宗會
淨土宗第三十一次宗會は昭和六年三月四日舉宗一致の政黨清和會の成立直後だけに平和裡に開會された。

清和會は從來の大同會、甲子會、扶宗會等が解體合同して舉宗一致の基礎を築かんとするもので宗會開會に先立つ三月三日發會式を芝公園明照會館に於て盛大に行ひ左の決議をした。

決議、人口問題、食糧問題、勞資問題、矢業問題、農村問題、融和問題等社會政策的解決を要すべき幾多問題の街頭に橫はり國民の實生活を脅かさんとする狀あるは我等の深憂を禁ずる能はざる所なり今や我が宗政界各派對立の感情を一洗して漸く統一の期に達し茲に淨土宗清和會の成立を中外に宣明すると共に進んで指を之等緊要なる諸問題の解決に染め教家の重責を果さんとす則ち益團結を鞏固にし政府及政黨を鞭韃して速に宗教に關する諸法令の改廢を斷行せしめ以て教家の社會的地位を確保せんことを期す

右決議す

昭和六年三月三日

淨土宗清和會

宗會第二日渡邊海旭執綱の事務報告あり、昭和七年宗祖降誕八百年記念事業としての兒童教化、布教興學に就て「各國で排宗教運動が熾んであり宗團內部でも暴露をなす者が多いが一面宗教の必要が叫ばれてゐることも仲々熾んである。如是現時に於ては特に布教方法や指導原理の徹底的研究が必要である」と述ベ、宗門關係の學校に於ける信念の教育社會事


頁二四六
業就中農村寺院の託兒所經營等の實際問題の抱負を語つた。次で質問に入つて、授戒制度に對する安心の問題、光明會、共生會等の信仰を異安心とするか否かの問題が論じられた。第三日も眞面目な質疑應答、第四日に入つて豫算案上提委員附托となる。因に六年度歲計豫算額は金十七萬八千百九十七圓四錢である。第五日も議員精勵全案委員付託。第六日委員會の報告に次で全議案の大部を無修正 、小部分を小修正して可決會期も一日縮少して六日間で開會した。

眞宗大谷派臨時宗會
大谷派臨時宗會は昭和六年三月五日を以て召集、六日午前九時より本山大寢殿に發會式、大谷宗務總長は昭和五年度追加臨時歲入歲出豫算提出の理由に就て四月を期し相續講死亡講員追吊大法要を勤むること、光養麿殿の御禮始式を行はせられたることの二つを述べたが、特別委員會並委員長選舉に當り清和會と同志會との間に紛糾を生じ、遂に流會の止むなきに至り、宗憲第五十一條に依り會期一日を延長することになつた。七日募財問題を中心として論戰あり午後九時、十一時、十二時と連續的に會議延長がなされ更に午前零時より會期を延長、結局、豫算收入總額金四萬圓の内、二萬圓は寺院教會を經たる懇志、二萬圓は募集を強要せざる意味に於て意味の趣旨の敷衍により生ずる淨財として、將來に對する警告を附して原案を可決し、午前三時前代未聞の徹夜會議が終つた。

眞宗高田派議會解散
眞宗高田派本山では本山宗會議員改選後第一回の議會を三重縣一身田の本山に於て昭和六年三月六日に開會したが、新法主常盤井堯祺氏の婚儀取止問題や新豫算案に對する加藤內局不信任の問題によつて議事進まず、九日遂に解散となつた。

日蓮宗宗會
單稱日蓮宗第二十五次宗會は昭和六年三月十一日芝二本榎の宗務院に於て開催されたるも與黨は絕對大數の二十四名、野黨は革新九名、道友五名、中立三名にて、玉碎主義を以て之に當つたが、第二十四次宗會に於ける多數議員の連袂缺席問題によつて流會となり、第二日に至り、第二日に至つて日程に入つて高見總監は施政方針を述べ、宗祖六百五十同忌記念事業に就て力說するところがあつた。第三日は立正中學移轉問題に就て論議が戰はされ仲々當局の思ふやうにはなられかつたが、比較的順調に進んで、第四日には今次宗會の重大案件ともいふべき懲戒規則改正案、審議會規程改正案、審查手續規則制定案及び之に伴ふ褒賞規則中削除案等原案通過、第五日も絕對多數の威力で當局案總て通過、豫算案は歲出に於て三步九厘削減を行つたのみで可決(當局提出昭和六年度豫算總額十六萬八千一百十九圓也)午後四時酒井管長を迎へ與黨たる同心會の凱歌裡に閉會式を行つた。

融通念佛宗定期宗會解散となる
紛擾中の融通念佛宗では三月二十七日午前十時定期宗會開會のため議員を召集したが、これより前管長排斥派の同志會議員に於て右召集に應ずべきや否やが討議され、旣に山上管長の排斥を決議して居る以上同管長の意志に基く一切の命令に服從すべきでなく連袂缺席すべきだといふ議論もあつたが、もしこれが為に管長擁護派の議員によつて專斷的な豫算が成立するやうのことがあつては却つて不


頁二四七
利だからともかく召集に應ずることヽして其間に管長不信任決議の機會を見出すべしとの議論多數を占めたので同志會議員は全部出席することになつた。然るに開會時刻迫つた時分に兩派の正面衝突を憂ひた本山直署信徒側より開會時刻延期の申払あり、遂に同夜十一時まで荏苒時を移して漸く開會したが旣に深更のことであり型の如く管長の垂示報告文起草等のみで十二時散會した。第二日は二十八日午前十時開會されたが劈頭同志會より宗務當局不信任が提出され續いて山上管長の不信任案が提出され絶對多數を以てこれを可決したので、當局は狼狽の極直ちに管長に對して宗會解散の要請をなし尼崎宗務長安岡議長を擱いてこれを朗讀し同宗會は午前十一時事實上解散となつた。


本妙法華宗宗會
本妙法華宗々會は昭和六年五月二十一二日の兩日に亘つて本隆寺客殿に開會、林山務執事より報告あり、六、七年度豫算案上提委員付託。第二日豫算承認可決安井議員他十名の請願統麒にかヽる北海道在住教師待遇案は論爭の後保留、宗制宗規改正の件の八名の委員を選定して近く委員會によつて草案成文に着手することになつて閉會。

臨濟宗天龍寺派參事會
天龍寺派定期參事會は昭和六年六月二日開會、五年度決算及び六年度豫算を審議して無事通過、當局より後醍醐天皇奉賛會に就ての現狀報告あつてタ刻終了。

臨濟宗南禪寺派宗會
臨濟宗南禪寺派臨時宗會は昭和六年六月五日本山に於て開會。河相議長辭任し新たに副島自範氏當選。第二日紫野中學缺損埋合せと禪宗學院參加問題で議論沸騰したが、中學を廢止して禪宗に必要なる專門學校にして貰ひたいとの意見一致し、禪宗學院は妙心寺派の宗會を俟つことになつて保留。次で宗政を圓滑ならしめる為宗會を隔年(四年毎を)にすることの請願書が出て委員付託。第三日に至つて宗會隔年說は本所案となつて號外一で提出愈々二年毎に開會を決議。次で寺族保護法案設定の件、社會事業、教師法階名稱の一定、布教振興等に關する建議案を審議、その全部を採擇し、當局に回附して午後六時管長の答禮あつて散會。

眞宗大谷派定期宗會
大谷派定期宗議會は昭和六年六月十日光暢法主臨席の下に發會式を舉行、各委員並に委員長選舉。第二日大谷總長の施政方針の演說があり、就中、反宗運動に對し

「吾々宗教家として最も注意を要することは今日の宗教否定の思想から實動に移り反宗教鬪爭同盟が出來て東京に於て宗教打倒の講演會が開かれ實行綱領が出たことてある如是反宗教運動が實動に進んでゐることは宗團のみでなぐ宗團を構成する寺院にもよせく來る怒濤である。その對策如何、宗團として又その構成分子たる寺院並に僧侶の覺悟如何は今日の大問題でろる。本年度はこれを主題として徹底的の研究を致したいと考へてゐる。從來は聖淨二乘の對立であつたが、今は宗教肯定と否定との對立となつてゐる。吾々は深くこの問題を考へ一時の流行と目すベきてない。」

と述べた。第三日大谷大學問題に就て阿部教學部長代理の說明あつて質問戰に入る。第四日續いて谷大問題の論戰。第五


頁二四八
第六日を經て、第七日下問教學部長死去の報告あり次で時局決議案並に現内局に對する不信任案提出のことあり、此の動議成立と共にニ日間の停會命令が出た。停會明けの十九日(第八日)不信任案で討論、採決の結果、三票の差で否決となつた。第九日は限定問題、谷大紛擾問題に就て當局は連日三機關を召集して時局に善處すべしとの決議案に就て討論、採決に入つて遂に可決し、大谷總長は三機關召集を言明。第十日全議員の時局問題に對する懇談會あり第十一日豫算委員會は豫算原案を可決、第十二日谷大建議案修正可決となり、六年度豫算總額九十九萬九千四百六十九圓を可決して閉會。

善通寺派臨時宗會
眞言宗善通寺派では、改稱、新管長就任後の第一回臨時宗會を昭和六年七月五日召集した。昇格後の第一次豫算は、從來個人寺であつた善通寺の豫算が三百萬圓内外で、一派を統制する管長寺としては意外にも貧弱なりと種々研究するところありしも、歲出入の完全なる證據なく宗務當局、各議員の豫想は根柢から覆へさるヽに至つたが、更生の第一步にある同寺としては無暗な豫算編制を許されず大體の數字を協定三名にて作成し、第一期は當局に一任することとなり、七日蓮生管長臨場の下に閉會式を行つた。

融通念佛宗會
融通念佛宗々議會は七月二十七日午後二時より本山大念佛寺に於て開會、型の如く議長選舉(大東良清氏當選)管長宣示、報答文役員選舉等が行はれて議會成立宗務長尾崎全明氏の施政方針演說が終るや突如議事進行に名をかつて戸田浤圓氏發言を求めて登壇、選舉當時當局の取りたる態度を非難し更に當局としてはこの際重大問題を解決すべき義務ありとて曩に正統擁護宗徒大會委員長が文部大臣に陳情したる「山上氏は法主管長を侮辱する者也」の内容に就て述べ立てるや管長側は騷然としていきり立ち議長は休憩を宣したが戶田氏その理由なきを口實に更に演說を續けたがその間反管長派は該內容文書を散布して議場混亂議長は遂に休會を宣するの止むなきに到つた。斯くて三時再出したが秘密會として傍聽を許さず反對派は必死となつて發言を求むるも許されず所定の議事を進めて無理矢理に五時閉會にまで漕ぎつげた。

曹洞宗全國宗制調查
打合會並近畿大會

大阪に於ける曹洞宗々憲改正に關する全國宗制調査會打合會並に近畿寺院大會は六月二十四日午後六時から翌日午前にかけて阪急沿線萩の寺に於いて委員總會を二十五日午前十一時より五近畿寺院大會を中央公會堂に於て開催した。委員總會に出席した議員は東西各府縣より二十七名に達したが二十四日夜十二時に至るも容易に議論の一致を見ず翌二十五日午前十時寺院大全の定刻時まで改めて討議を繰返したが遂に何等の決定を見るに至らなかつたので、一旦中止し取敢ず十一時公會堂に於ける寺院大會を開催した。大會に集つた員數は委員を加へて約八十名、大阪奧村洞麟氏開會の挨拶をなし兵庫高田良三氏司會者となりて座長推薦、京都阪野貞祐座長席につき協議を進た、各出席者より發表された意見にはり永平寺總持寺兩山分離の理想論、管長別置の現實論等種々あつたが先づ大體は後者をとるものヽやうであつた。その結果左記の決議文を可決し午後三時閉會した。


頁二四九
一、兩本山は宗政に絶對反對干涉ぜざること
一、管長は全國寺院の公選とす
一、宗政は立憲的にし當局者の責任を明にすること
一、總務は議會の公選とす

深草派參事會
淨土宗西山深草派の參事會は旣報の如く六月二十五日誓願寺に於て開會、審議した議案は

第一號 豫算各項目互融流用の件
第二號 昭和四年度決算承認承の件
第三號 總本山高祖大遠忌決算承認の處收支移動につき承認を求めるの件
第四號 大本山高祖大遠忌修行決算承認の件
第五號 婦人會創立及大授戒會修行時期延期の件、之が創立及修行時期は當局へ一任の件
第六號 復興毎一期事業整理部決算及祠堂金その他基金報告
第七號 隆信會講會並に眞榮會講會組織に關する事後承諾を求むるの件
第八號 第十一議會決議第十五號案實現敷地賣收の中着々進捗を計るべく道澄寺を移轉し本派關東別院の理想實現を期するの件

で凡て可決、承認となり、最後の關東別院に關しては非常な熱をもつて協議するところあつた。

大谷派更正會の結成
過般の大谷派宗議會開期中大谷派東京末寺教會同盟では實行委員會十名を上洛せしめ院外團として内局打倒、議會監視に必死的運動を續けたが、七月七日該同盟は報告會を開き、一般寺院教會に向け經過並に會計報告をなしたが、該同盟は一時的のものであるから一派將來の宗政に關し周到なる研究と嚴正なる批判の下に長くその淨化の實行を計るべき機關として大谷派更正會の結成を見た。

曹洞宗教學審議會
昭和五年宗議會に於て宗立四ケ中學の存廢が問題となつた時宗務院の聲明によつて開設された曹洞宗教學審議會は昭和六年七月一日より滿一ケ年間設置さるヽことになつた。

會長總務祥雲晚成△委員熊澤泰禪、黑田鐵嚴、忽滑谷快天、安藤文英、棟方唯一、宮本覺純、田中鐵道、伊藤道海、福山界珠、赤柴哲禪、來馬琢道、大石竪同、鈴木仙苗、野口蓮生、小坂宗憲、清泉眞龍、西村元信、長谷川孝善、岡田大豐、香川瑞鳳。小松原國乘△幹事福井天章、三尾透關△書記橫關了胤、竹内實明

で調查の内容は左記各項である

一、布教普及に關する事項
一、都市及び近郊發展地の開教に關する事項
一、新領土及び殖民地の教務擴張に關する事項
一、海外傳道に關する事項
一、布教に關する諸法規改正の件
一、教育機關の刷新に關する件
一、教育に關する諸法規改正の件
一、社會事業に關する件其他

曹洞宗制度調查會
曹洞宗々憲改正に關する調査機關として宗令を以て發布施行を見た制度調查會は委員及び調查範圍を決定した。その顗觸れは宗務院側では嶽岡、織田、保坂の各部ヽ長が當り、宗會議員では永平寺系では高田良三、後藤勇禪、谷口虎山の三


頁二五〇
氏、一方總持寺系では岩井孝溫、奧村洞麟、宮坂喆宗の三氏と決定を見た。然しその調查方針乃至調査事項は大體左の如く之も委員の任命と同時に宗達乙號を以て發布する事となつた。

調查方針
一、各委員は其の自坊に於て別記各事項に就き調查を遂げ其の材料又は意見を本年十月末日限り宗務院制度調查會に提出すべし
ニ、調查會は前項各委員の提出に係る材料又は意見を整理し之を特別委員に付託して研究調查せしむるものとす

調查事項
一、一般宗門制度に關する事項
一、宗門の教育及び布教に關する事項
一、寺院財産增殖及び管理に關する事項
一、現行會計法に關する事項
一、宗門共濟組合又は信用組合設置の要否
一、宗教法案制定促進に關する事項其他

智山派全國支所管理會
新義眞言宗智山派全國支所管理會は昭和五年十二月六日七日兩日宗務所に召集六十支所管理の內四十二名出席、所管諮問事項に對して各委員會を開き、左記各申書を平幡宗務長に提出した。

一、少檀微錄寺院廢合の件
(イ)兼務住職の任期中は充分の努力を拂ひ維持興隆の方法を樹てること
(ロ)同一大學内に二ケ寺以上存在し將來發展性無き見込あるものは一寺に合併すること
(ハ)檀信徒少なき寺院は、發展地帶に移轉せしめること
ニ、寺院住職遺族保護に關する件
(イ)一寺の正住職死亡の場合は遺族に一百圓を供すること
(ロ)密嚴教會の機能を發揮せしめること
三、寺院住職をして現代民衆に適合せる講社組織の促進に當らしむること
右の答申書は直に實行機關にうつす事

黃檗宗新宗憲認可
黃檗宗に於ては本春宗議會に於て決議し認可申請中であつた新宗憲は昭和六年六日四日附認下せられたるを以て直ちに發布七月十五日より實施。

小野派が善通寺派と改稱
十有八年來繫爭中の眞言宗小野派善通寺の大本山昇格案に關する宗典宗規改正案は昭和五年十二月二十二日石堂御室門跡の調停により一先解決文部當局に請願中のとこる六年三月十四日付認可となつた。改正の重なる點は、隨心院と善通寺とを小野派の兩大本山とし、管長は善通寺を常在寺となし、同時にその根本問題として眞言宗小野派は眞言宗善通寺派と改稱された。隨心院は從前通り門跡にして管長之を兼務し別に能化を置き同派僧侶に事相の傳燈相承を教導し、東京と同樣に宗務出張所を設置した。因に四國の善通寺は宗祖弘法大師の誕生地である。

時宗管長に桑畑大僧正
時宗總本山神奈川縣藤澤町遊行寺後董同宗管長選舉は昭和五年十二月十日執行即日同票の結果、山梨縣甲府一蓮寺住職桑畑靜善大僧正が當選した。

相國寺派執事長選舉
臨濟宗相國寺執事長選舉は昭和六年三月二十日同本山にて行はれた結果、山内玉龍庵住職坂根良谷氏が當選した。

日蓮宗柴田內局成る
日蓮宗に於ては昭和六年四月二十日、高見宗務總監が桂冠し、與黨同心會の最


頁二五一
高幹部にして現宗會議員たる柴田一能氏が就任した。

眞言宗山階派管長決定
眞言宗山階派管長選舉は、田村、玉島兩氏の競爭あつて、文部省の認可も遲れて居たが昭和六年五月十日附で田村智範氏に認可された。

善通寺派新管長
眞言宗善通寺 管長選舉は昭和六年五月十一日京那の大本山隨心院に於て開票の結果蓮生觀善氏が當選した。

建仁寺派管長選舉
竹田默雷老師遷化による臨濟宗建仁寺派管長選舉は昭和五年五月十五日開票の結果、同寺僧堂師家竹田頴川氏が與宗一致で當選、七月五日盛大なる晋山式を舉行した。

善通寺本山執事決定
臨時宗會終了後の七月十一日善通寺派管長は江崎明道氏を善通寺本山執事に、龜谷宥英氏を隨心院執事に任命した。

天龍寺派執事長更迭
臨濟宗天龍寺派執事長村上獨潭氏突然の辭職により選舉の結果兵庫縣天隣寺住職伊藤正山氏が當選した。

大谷內局總辞職
眞宗大谷派宗務總長大谷瑩誠氏は昭和六年七月十五日突如辭表を管長大谷光暢氏の許に提出、同時に參務阿部惠水氏も辭表を提出した。同内局は昭和四年四月成立以來、句佛上人の僧籍問題、大谷大學問題等あつて過般の宗議會では不信任案の提出さへ見るに至つたが、大谷大學の騒動が多數の無期停學と戒飭とで一段落を告げたのを機會に總辭職を決行した。次で管長は宗務顧問會招集の結果、七月二十一日辭表を提出したばかりの前參務阿部會水氏を宗務總長に選任した。

岡田教篤身延山へ
杉田日布師の遷化によつて日蓮宗總本山身延の久遠寺後董選舉は、昭和六年一月三十日宗務廳で行はれた結果、同宗の長老にして前宗務總監たりし東京市外堀ノ内妙法寺住職岡田教篤師が當選し、日蓮上人以來第八十二世の貫首となつた。

智恩院加藤內局組織
淨土宗總本山智恩院では門末會の選舉によつて加藤鏡心氏執事長に當選、昭和六年七月一日就任した。

增上寺野上新內局成る
淨土宗大本山增上寺執事長窪川旭丈氏以下錄事に至るまで總辭職したので後任内局を野上運外氏が代つて組織し、昭和六年五月十七日新舊事務引繼が行はれた。

妙心寺派內局動搖
道友、昭和の協調會議で火花を散らし昭和會の如き委員會に分裂騷ぎをさへ生じた妙心寺派の宗政問題は漸くにして道友昭和兩幹部の鞏固な握手成り後藤亮一氏を總長に兄山、武井。朝日魚住の諸氏入局まで決定し共同聲明書が飛んだのでこれで兎も角新内局の新陣容とヽのひ各黨から別々の聲明書が九月十三日發送され一段落を見た。

古義釋內局成る
古義眞言宗々機顧問會は、遠忌事業達成を目標として庄野總務說も擡頭したが結局對宗議會等に就て研究の結果、御遠忌局總監釋法傳氏を全會一致推薦決定。猶庶務部長高橋慈本、財務部長岡崎密乘教務部長龜山圓海、學務部長(總務兼任)金剛峯寺執行加藤清卓、同眞淵實榮、大覺寺執行(未定)仁和寺執行眞井覺深の諸氏に決定をみた。


頁二五二
築地本願寺の新設計
東京築地本願寺の新建築は東大教授伊東忠太博士外十二名の技師が約一ケ年に亘つて設計の研究を續けてゐたが、漸く完成したので現在の假本堂を境内の一隅に移し松井組の手によつて第一エ事百五十萬圓の豫算で着手することになつた。建築の樣式は外觀が古代インド佛教式、内部は純日本式で高さ百二十尺間ロ四十八間、奧行三十餘間、總延坪三千坪に亘る尨大なものである。内部の組織は中央を本堂に充て、その他は講演、說教所、小會議室、控室、議場、各部事務所室、青年會、婦人會、日曜學校、圖書室、娛樂室、地方僧侶、青年團宿泊所等にあて葬儀の時には靈柩車がエレヴエターで本堂に運ばれる仕組になつてゐる。

政教關係

佛教聯合會の五大請願提出
佛教聯合會本部は、昭和五年十一月八日、福井縣曹洞宗大本山永平寺に開會したる第二十一回評議員に於ける決議に基き、第五十九回帝國議會に對し、宗教法制定の請願書の外四請願書を提出すべく、舊臘來全國各支部を動員して署名調印を求めつヽあつたが、一千餘通に達したのて、一月二十二日議會の再會を俟つて德川、藤澤兩院議長へ提出した。

(因此の五大請願は各宗派共通の重要問題として佛教聯合會は約二十年來運動を續行してゐるものである。詳細は昭和六年度佛教年鑑三一七頁を參照せらわたし。)

寺院佛堂國有境內地問題
大藏省の整理方針と該問題從來の經過
別項佛教五大請願の一たる「寺院佛堂國有現境内地並墓地無償下戾」に關して大藏省は第五十九帝國議會(昭和五年十二月──六年三月)に對して「寺院佛堂の國有境内地整裡に關する法律案」を提出すべきことを決定した。元來寺院佛堂の國有現境內地及墓地は地寺院佛堂の所有境内地であつたのを明治初年政府が上地沒收したものであるから之を當該寺院佛堂に無償を以て讓與せよといふのが佛教各宗派當局の主張であつて佛聯は過去十餘年來、これが請願運動を續けて來たもので、昭和二年若槻内閣は宗教法の付則に依つて此の問題を解決せんとし、昭和四年田中內閣は宗教團體法案と同時に寺院國有境内地處分に關する法律案を提出したが、何れも貴族院に於て審議未了となつて今日に殘されて居る。現内閣の大藏當局も、これを速かに解決せんとして、文部省と交涉を重ねた結果、上記法律案の提出を決定したのである。

井上藏相と特別委員の任命
昭和五年十二月ニ十八日、井上藏相は國有財產調查委員總會に於て「寺院國有境内地及墓地の整理方針を如何にすべきか」といふ諮問案を提出した結果、これに關する特別委員十五名を舉げて委員付託と決定した。特別委員は、法制局長官川崎卓吉、大藏政務次官小川鄉太郎、大藏次官河田烈、大藏參與官勝正憲、會計檢查院部長河野秀男、文部次官中川健藏文部省宗務局長西山政猪 農林次官松村眞一郎、農林省山林局長平熊文明、貴族


頁二五三
院議員藤田四郎、貴族院議員伯爵奧平昌恭、貴族院議員男爵池田長康、衆議院議員高木正年、議院議衆員岡本實太郎、衆議院議員星島二郎

特別委員會と答申書及び法律案
昭和六年一月十三日午後一時、大藏省内會議室に於て「寺院國有境内地及び墓地の整理方針に關する件」の特別委員會開會。國有財産調查會の原案に對して、豫て寺院國有境内地問題の大要に通ぜる高木正年氏は、寺院佛堂の國有境內地は全部無償讓與の處分を行ふべきものにして一部の整理をなすベきもの非ざる旨を委曲力說して原案に反對し、また農林次官松村眞一郎氏は、寺院佛堂の國有境內地の處分は宗教法の制定を俟ちて為すべきものなれば未だ宗教法の制定なき今日之を部分的に整理するは至當にあらず隨つて現在境内地としての目的以外の使用に供せるものに對しては宗教法の制定を見るまで當分の間有償貸付けをなすことヽしては如何とこれ亦原案に反對したるも採決の結果大多數にて八ケ條より成る原案を可決して午後三時散會した。

大藏當局佛聯に諒解を求む
次で同十七日大藏大臣官邸に開かれたる國有財產調查委員總會は該答申案及法律案を逐條審議の上可決し、井上藏相は即日之に署名し、田中文相、町田農相は二十日署名して内閣法制局に廻附されたが、法制局は審查の結果、該案の第一、第二、第四、第五、第七の各條に就き字句の修正をなし、第三條を削除し以下順次繰上げて、全條を七ケ條となした。

次で一月三十日、大藏當局は佛教聯合會幹部(湯澤龍岳、祥雲晩成、窪川旭丈服部賢成の四氏)と會見して諒解を求めるところがあつたが、佛聯側では、多年主張し來れる國有境内地無償讓與問題の解決を目的とせることを力說し、大藏省作成の一部整理案には到底賛成し難しと述べた。

佛教聯合の對策活動 無償與讓解決の決議
佛教聯合會にては、前項記載の如く一月十七日大藏大臣の諮問に對する國有財產調查會委員會總會の答申書及び法律案の可決確定せしこと及び大藏省案の決定のことを聞くや、一月廿一日午後二時、同本部に幹事總會を開き、在東京宗教制度調查會委員も列席して之が對策に就き協議する所あり、種々論議をなしたる結果同會多年の主張に基き、即ち寺院佛堂の國有境內地は、假令その一部分に本來の目的の以外に使用に供せりと認めらるヽ點ありとするも、皆これ當該寺院佛堂の維持經營の為めになせるものなるが故に決して目的外使用と稱すベきものに非ざるも、併し此等の部分に就ては去る昭和四年田中內閣が毎五十六回帝國議會に對し宗教團體法案を同時に寺院等の國有境内地處分に關する法律案を提出したる際同法律案第一條の規定たる國有境内地讓與と同時に此等一部分の整理賣拂をなすベきことを認めたれは其部分に關しては之を便宜の方法に依りて整理することは今更反對は為さヾるも、併て其整理は必ず根本目的たる國有境内地大部分の無償讓與の解決を同時に之を處分すべきが至當なれば、隨つて今回の國有境內地の一部分の整理案には是非國有境內地の無償讓與を加へ、以て全部的解決を為さヾる可らずといふ意見の一致を見、該法律案に對し即ち左の如き修正方針を決定し


頁二五四
た。

修正要綱
一、名稱と「寺院佛堂の國有境內地處分に關する法律案」となすこと
一、第一條に、昭和四年ニ月田中內閣が第五十六回帝國議會に提出したる寺院國有境內地處分に關する法律案第一條の趣旨を加へ、寺院又は佛堂に無償にて貸付しろある國有財產は之を當該寺院又は佛堂に讓與することを規定すること
一、目的以外の用途に供せりと認められたる境内地に就ては、之が返還を命ぜられたる境內地に就ては三年内に主務大臣に賣拂の申請を為したるものに限り時價の半額とし十年内の年賦延納を認むること、但し、國債を以て擔保を提供したるときは十五年内の年賦延納を認むることを妨げずとすること
一、寺院境内地整理審查會を認めざること
一、右の外條文に就き字句等を充分考慮すること

佛聯の修正案及び修正案作成の理由
次で佛教聯合會は大藏省案に對ずる修正案及びその必要なる理由書を作成した。全文左の如し

國有財産調查會決定の寺院佛堂の國有境内地整理法律案に對する佛教聯合會の修正案

寺院佛堂の國有境內地處分に關する法律案
第一條 寺院又は佛堂の國有境内地及之に定著する國有物件にして本法施行後五年内に當該寺院又は佛堂より申請したるものは特に國有として存置するの必然ありと定めたるものを除くの外命令の定むる所に依り主務大臣之を當該寺院又は佛堂に無償讓與す
第二條 寺院又は佛堂の國有境內地にして其の賃付の目的に供せざるものあるときは主務大臣は之が返還を命ずることを得

前項の規定に依り返還を命ぜられたる國有地及び之に定著する國有物件は返還を命ぜられたる日より三年内に申請したるものに限り之を當該寺院又は佛堂に賣拂ふことを得

第三條 第一條の規定は國有財產法施行後寺院又は佛堂の境內地より除却せられたる國有地及之に定著する國有物件に付之を準用す

第四條 第二條の規定に依る賣拂金は時價の半額とし十年内の年賦延納を認むることを得

但し國債を以て擔保を提供したるときは十五年内の年賦延納を認むることを妨げず

第五條 寺院又は佛堂が第一條乃至第三條の規定に依りて無償讓與又は賣拂を受けたる土地を譲渡し又は擔保に供せむとするときは地方長官の許可を受くることを要す許可を受けずして之を為したるときは其の効を生ぜず

前項の場合に於て前條の規定に依り國債を以て擔保を提供せずして年賦延納を認められたるものにありては賣拂代全を完納し又は國債を以て擔保を提供することを要す

第六條 第二條第一項の規定に依る返還處分に不服ある寺院又は佛堂は訴願をなし又は行政裁判所に出訴することを得


頁二五五
前項の訴願の裁決を為す場合に於ては國有財産調査會に諮問すべし

第七條 本法施行に關し必要なる事項は命令を以て之を定む

附則
本法は公布の日より之を施行す

寺院佛堂の國有境內地處分に關する法律第一條に依る命令に規定すべき事項

第一 寺院佛堂の國有境內地處分に關する法律第一條の規定に依り無償讓與を為すべき區域は左記各號に該當するものたること

一、本堂庫裡其の他寺院又は佛堂に必要なる工作物の敷地に供する土地
二、參道として必要なる土地
三、宗教上の儀式を執〇する為必要なる土地
四、寺院又は佛堂の災害を防止する為必要訣缺くべからざる土地
五、寺院又は佛堂の森嚴を維持する為必要なる土地
六、歷史又は古記等に依り寺院又は佛堂と特に密接なる緣故あるものと認めらるヽ土地
七、前各號の土地に於ける立木竹其の他の定着物

第二 前各號に該當せざるものと雖も國土保安其の他公益上又は森林經營上特に國有として存置するの必要あるものは賣拂を為さざること
(理由書省略)

佛聯修正案に對する京都各宗派重役會議
大藏省が寺院佛堂國有境內地の目的以外の使用に供せりと稱する地域の比較的多數(約八萬坪)ありといはれる京都府の各宗派本山重役る此の寺院佛堂の國有境内地整理に關する法律案問題に關する會議は、一月廿六日午後一時、京都市東山清水寺に於て開催せられ、各宗派本山重役三十餘名出席、佛教聯合會本部より豊山派管長湯澤龍岳、常務幹事祥雲晩成の二氏之に列席して前記佛聯幹事總會にて決定せる寺院佛堂の國有境内地處分に關する法律案及び修正理由書を提案して詳細說明し種々協議をなしたるが結局、同法律案に賛成し總て佛聯本部に一任することの決議をなし、午後五時散會した。

斯くて佛教聯合會は、東京五宗派當局の活動を促し更に全國各府縣支部に通牒し、修正案成立に向つて一大運動を牒ふことヽなつたのである。

國有境內整理法律案議會提出延期となる
大藏省の寺院佛堂國有境內地整理に關する法律案は二月中旬衆議院に提出する運びまでになつたが、佛教聯合會の猛運動が奏効して、井上藏相及び田中文相は一部の整理方針より無償讓與問題の全部的處分の大方針に決意した為め、該案の議會提出は延期となり、第五十九議會には遂に提出せられずして終つた。

僧侶諸宗教師政社加入權付與衆議院を通過す
政府提出の婦人公權案に伴ひ政府より衆議院に提出せる治安警察法中改正法律案は、單に滿二十五歲以上の婦人のみが政治結社に加入出來る事になつてゐるのであつたが、衆議院同委員會に於ては「神官神職僧侶其他諸宗教師」をも政社加入の自由を得ることに修正すべしとの議論起り、民政、政友兩黨委員間にて協議の


頁二五六
結果、三月四日「神官神職」は除き「僧侶の他諸宗教師」を之に加へること妥協成立し政府側の同意を得て五日の委員會にて此の修正案を全會一致可決し、七日衆議院を通過した。然し該案は別項の如く、貴族院特別委員會に於て審議未了になつた。

佛聯五請願と貴族院
佛教聯合會提出の五請願に對し、貴族院請願委員會は審查の結果
一、治安警察法中改正に關する請願
一、宗務法制定に關する請願
一、寺院佛堂國有現境內地並に墓地無價下戻に關する請願
の三つは審議未了となり
一、貴族院佛教各宗派管長議員互選規則制定に關する請願
一、貴族院伯子男爵讚院選舉規則改正に關する請願
の二つは不採擇と決定した

東京佛教護國團の請願
東京佛教護國團が特別都市計劃整理に伴ふ罹災寺院の清算金問題に關し昭和五年九月以來官邊に對して緩和運動を續けつヽあつたが、十一月末に至つて、內閣總理大臣、内務、大藏、文部の各關係大臣及び東京市長、復興事務局長に向つて請願書を提出した。その要旨は
一、土地區劃整理に伴ふ清算金を徵收せらるヽ寺院境内地に對しては總額五百圓以上のものに限り十年以内の分納を許すこと
ニ、前項の寺院境内地に關する清算金の分納を認むる場合に於ては無利子とすること

本願寺派佛教婦人會の婦人公民權獲得運動
眞宗本願寺派の佛教婦人會では昭和六年二月五日、會員中四十萬人の署名を以て婦人公民權案に對する請願書を貴衆兩院議長に提出した。全文左の如し。

市町村制北海道會法中改正請制書
我等女子にも帝國臣民として速かに公民權を與へられますやう、市制第九條、町村制第七條及び北海道會法第三條より「タル」及び「ノ男子」の文字を削除せられん事を謹んで請願いたします。
理由
一、我等女子本來の使命は、主に家庭を中心として子女の教養にある事と信じます、然るに市町村の政治は最も密接なる關係あるにも不拘之に參與する事の出來ない限り其使命を達成する事か出來ませぬ仍つて昭和五年十月十八日東京に於て開催せる我が佛教婦人會幹部大會の決議に甚き之を請願する所日であります。

眞宗協和會と神社法私案
一月二十四日本願寺飛雲閣で開催した眞宗十派の協活會はこの程愈々脫稿を見た神社法私案の最後の審查採擇に就いて意見を練つたところ公法人としての官衙規則と私法人としての神社法を如何に區別して別して發表すべきかにつき意見が續出したが、然し、これを最後には決定を見たので、今後は如何に實行に移すかの域に達した。ちなみに今度の神社研究で十派の足並みは近來にない緊密となりたるを以て、協和會は近く財團法人の組織となるであろう。(詳細は六年度佛教年件三二七頁參照)

佛聯常務幹事主事改選
佛教聯合會の常務幹事及び主事の任期滿了に伴ふ改選は六月十九日本部に於け


頁二五七
る總會にて行はわれた結果、市橋覺俊(豊山)後藤環爾(眞本)祥雲晩成(曹洞)の三氏に決定、主事は平賢孝氏再任となつた。

行政整理と宗教局
文部省宗教局を内務省神社局に合併すべしといふ政府の行財政整理準備委員會の案は一度立消えとなつたが再び擡頭し今度は專任の宗教局長を廢して之を文部次官の兼任に改正すべしといふ案が提示さるヽに至つた。依つて佛聯本部に於ては、九月十六日、臨時緊急幹事會を召集してその對策を協議し、直に木邊管長を始め市橋覺俊、後藤環爾、柴田一能、平賢孝、服部賢成氏らは田中文相を訪れ、反對意見を陳情するところあつた。

寺院が監督官廳への手續で怠り易い諸點
大阪佛教團では府市社寺課關係の人々を五日午後二時より大阪難波元町月江院に招待して懇談會を開き寺院監督行政事務に關する意見を聽取したが、府社寺課側より寺院に關する注意事項として舉げた點は左記の諸點てあつた。
寺院監督に關する件
一、營繕規程に定むる手續を經ずして建物の增改築又は修繕等をなすものが特に郡部に多いやうである
一、營繕公事の竣エ延期及びエ事完了屆出を怠るものも相當ある
一、財源の不確實なる計劃の下に營繕等を出願したるため認可後着エし得ざるもの又は中途にしてエ事の施エを打切るに至るものも相當ある
明細帳に關する件
一、明細帳記載事項と實狀と合致せざるがため營繕又は財產處分等の際煩瑣なる手續を要するものも多い
一、不動産を購入又は寄附を受けたる場合は直ちに明細帳に登載すべきであるがその手續を怠るものも相當ある

學界消息

駒大佛教學界年報
駒澤大學が昇格するとヽもに同學內に佛教學會が組織せられ研究に修養に精通しつヽあつたが、今回衞藤、渡邊兩教授等の努力に依つて初めて「駒澤大學佛教學會年報」が發刊せられたことは最近佛教界の一大收穫と言へやう。

京大佛教青年會創立
京都帝國大學内の各種佛教關係團體を打つて一丸とし、新しい佛教青年會を創立すべく數度の準備委員會を開いて來たが愈々五月三十日京大樂友會館に於てその創立大會を開く。

大藏經編纂近く完成
文學博士高楠順次郎氏ドクトル渡邊海旭氏の監修に係る「大正新脩大藏經」は去る大正十一年以來同氏等が心血を濺ぎて編纂せられたる空前の大寶典にして旣に七十七卷を刊行し殘餘八卷近く完結の運びとなり目下佛教聯合會本部に於てこれが完成事業として最後の會員募集中てある。

高麗版慧琳一切經音義
朝鮮文化の最高峰を示す珍籍「高麗版慧琳一切經音義」が京都帝大法學部で重印されることになつた。由來高麗本が諸種藏經中優越な地位を占めてみるのはひとしく認めらわるところ、然かも現在朝鮮慶尚南道陜川部伽耶山海印寺儲藏の一切經の木版こそその原版で高麗國高宗の朝に鐫刻された舊物で藏經刊行の祖型を


頁二五八
そのまヽ今日に保存してゐる奇寶である。嘗て寺内總督時代摺刷を試みたこともあつたが、今回は特に全藏中から佛典の解釋以外支那の訓話音韻小學に關係深く、利用範圍最も廣い唐の釋慧琳撰になる一分經音義百卷を選んで摺刷するのである。この書は支那でもすでに宋代にこれを逸し、僅かに高麗本によつて今日に傳へられてゐる稀書、重印に當つては紙墨摺印などすべて朝鮮古來の技法、をそのまヽ生かし、原版から直接印刷し、かの增上寺その他わが國古剎に藏される數部の古高麗刻本にならはんとするものである。全卷二十五冊、紙數四千百六十五枚限定百部印刷頒價八十四圓、然かも七百年前の舊版を重印するやらなことはたヾこの海印寺藏經のみに許された絕無の例でこの花やかな朝鮮古代文化が現代に生きるわけて學界から多大の期待をもつて迎へられてみる。

東大印哲研究室へ暹羅から藏經寄贈
暹羅公使館では六月東京帝大印哲梵文學研究室を始め渡邊、宇井、長井氏等の各印度學者等に對して暹羅文字のビスデイマツカアの註釋書を寄贈し、更らに右研究室へは暹羅版大藏經二十一部四十五冊を寄贈し。

龍谷大學へも御寄贈
シヤムの先帝ラマ六世、モングート・クラオー陛下の記念出版たる三藏經を現陛下より特に龍谷大學に(四十三卷)御寄贈になつた。尚ほ別にこれもシヤムの前司法大臣チアーオー・フオアー、アプフアイ・ラージアの印刻した「勝義經」三卷も寄贈された。

東洋大學長に高楠順次郎就任
東洋大學々長詮衡委員は文學博士高楠順次郎氏に對し出馬懇請中であつたが、六月四日同博士より内諾の旨返事あり、委員會に於て正式就仕方並理事改選の件を協議した結果、七月一日就任した。

宇井博士受賞
東大教授文學博士宇井伯壽氏は二月十二日帝國學士院例會の決議により、その著「印度哲學研究」に對して帝國學士院賞を授與された。

加藤咄堂居士表彰祝賀會
筆舌を通しての社會教化に盡すこと四十有餘年の偉大なる功績と昨年迎へたる還曆の祝ひを兼ねた加藤咄堂氏表彰祝賀會は旣報の如く朝野の名士發起のもとに昭和六年三月十四日午後五時より帝國ホテルにて催された、集る者床次竹二郎氏以下二百四十名、先づ安藤嶺丸氏司會のもとに歸敬文の讀誦後、祥雲晚成氏開會の辭を述べてその功績を讚へ祝賀會開催の所以を述へ、次で來賓の祝辭に移つて床次竹二郎氏以下の頌德の辭が盛に述べられた。

境野黃洋氏へ文博
前東洋大學長たりし同氏は大正十五年駒澤大學教授となり「隋唐以前に於ける支那佛教」なる論文を駒澤大學を經て文部省に提出し、昭和五年十一月廿一日附を以て文部大臣より文學博士の稱號を授與された。

眞言宗年表
眞言宗豊山派にては來る昭和九年三月高祖弘法大師一千一百年の遠忌を奉修するに當り記念事業の一として、先に昭和三年六月眞言宗年表の編纂を企圖し委員を設置して事業に着手せるが、以來滿三年の日月を費して完了發刋せられた。


頁二五九
佛教諸團體の活動

暹羅皇帝奉迎式と日比谷の花祭り
快晴に惠まれた四月八日、東京花祭聯合會は第十六回花祭大會を日比谷公園新音樂堂に舉行した。今回は暹羅皇帝奉迎式と相俟つて、押寄せた大衆は十月と稱せられた花祭開始以來空前の盛况を呈した。先づ例年帝群の呼物たる花御輿の入御、公園上空には奉祝飛行機の快翔、軈て當番宗派大谷瑩潤氏大導師のもとに灌佛式を嚴修。暹羅皇帝皇后兩陛下の御燒香、佛教各宗派代表、佛教各團體大學中學女學日曜學校代表の供花献香ありて頗る盛會。かくて午後一時より午後三時までが花祭り、其後は暹羅皇帝歡迎式の行ばれる公園運動場に全部が移された次第。一方、東京佛教聯合少年團の花祭大會は之れに先だち五日新音樂堂で開催。尚佛教會聯絡會の「花祭の夕」は七日午後六時神田一ツ橋教育會館で舉行、武藤叟氏の司會、稻葉茂氏開會の辭渡邊海旭氏導師、二三の獨唱、晩餐會、更に小野清一郎氏、プリンクレイ氏、ペツオールド氏等の熱烈な信仰感話あり、參會者は例年の數を越へて約二百五十名、頗る盛會であつた。尚特筆すべきことは、在來は安藤嶺丸氏の個人的活動の花祭も今年よりは各宗代表者に依つて組織され東京聯合花祭會と改稱されたことである。

京都の花祭
本來の當番は西本願寺派で、各大學日曜學校各宗派本山婦人會が聯絡提携し、左の日程のもとに花祭週間を行つた。
一日、花賣、市電現業員慰問
二日、各小學校童話會、病院慰問
三日、兒童大會、養老院慰問
四日、各小學校童話會、孤兒院慰問
五日、花祭大行進、少年灌佛會
六日、各小學校童話會、少年保護團體慰問、各エ場花まつりの集ひ
七日、花祭お遊戲の會、各小學校童話會、花まつりの夕
八日、市民慶讚法要、講演會、各小學校童話會、花祭お遊戲の會、各婦人會代表自動車行進、婦人會慶讚法要ラジオ放送、奉祝音樂大會
因に七日午後六時よりの花まつり晚餐會は參集三百名、佐上府知事、土岐市長、新城帝大總長等も出席極めて盛會であつた。序ながら、今年度に至り左の聯盟規約が作られた。

京都花まつり聯盟規約
第一條 本聯盟は京都花まつり聯盟と稱す
第二條 本聯盟は各種佛教團體を以て組織す
第三條 本聯盟は各種佛教團の釋尊降誕會を聯絡統一し併せて花まつりの普及を圖るを以て目的とす
第四條 本聯盟に總務部庶務部會計部宣傳部を置く
第五條 本聯盟加盟の團體を市民都婦人部青年部少年部幼兒部等に分つ
第六條 本聯盟には各部に委員若千名を置く委員並に其の選出方法は總務部に於て釋當に定む
但し總務委員は各加盟團體より一名宛を選出す


頁二六〇
第七條 本聯盟に顧問若干名を置く顧問は總務部委員に於て推薦す
第八條 本聯盟の特に重要なる事項を顧問は參議す
第九條 本聯盟の經費は加盟團體の負擔金各宗本山下附金各寺院各種團體及び特志家の寄附並に事業に依る收入を以てす
第十條 本聯盟の規約は總務部委員會に於て出席者の過般數の決議に非れば變更する事を得ず

大阪の花祭

大阪伊佛教團主催のもとに花祭週間が舉行されたが、特に今年の花祭りの夕は盛會であつた。會場は中之島中央公會堂、參集三百餘名。八日午後一時よりの花祭大會はやはり中之島中央公會堂に舉行。定刻前さしも廣き會場も旣に滿員となり舉式は禮拜、國歌齊唱、献花、歎德文朗讀、知事市長の祝辭代讀、上宮中學、相愛大谷天王寺各女學校の花祭の歌合唱で式を終り次に舞樂狂言奇術等の清興に移る。午後六時よりは同公會で紀念大講演が開始され文字どほり市内は終日花まつりデーであつた。

第三回日本佛教學大會
昭和五年十一年十五日京都大谷大學講堂に開催されたる第三回日本佛教學大會は東西より斯界の權威は二百有餘雲集如し各部會に分つて、それ□研究の發表があつた。當日の各部科目及び擔任者は次の如し。
一、歷史部。新出の闢邪史料に就て(谷大德重淺吉氏)本尊としての佛名及經題龍(大禿氏祐祥氏)
二、言語部。四十二字門に就て(龍大山田龍城氏)近世印度佛教に於けるのSrmdha bhsa文學とS'unya 富爛那(立正大木村龍寬氏)
三、教理部。佛身論の研究特に密教の佛身論に就て(智山專門高神覺昇氏)華嚴經に就て(金子大榮氏)
四、藝術部。支那佛教文化の種々相(東大常盤大定博士)古聲明の研究(比叡專修多紀道忍氏)
次で翌十六日總會あり、境野黃洋博士の初期日本佛教史上に於ける二三の問題と題する講演があつた。

癩病救濟の光明會結成
癩豫防、撲滅、救護、慰安の目的を以て結成された眞言大谷派の光明會は昭和六年六月八日東本願寺白書院にて發會式舉行、總裁は大谷智子裏方、會長は大谷宗務總長、副會長阿部教學部長、常務理事安藤嶺丸、井上香月、竹中慧照とし、相談役に朝野名士を舉げて、具體的實動に着手した。

全日本佛教青年會聯盟の創立
日本の佛教青年會が大同團結して日本に於ける男女佛教青年團體の聯絡統一を圖り且つ世界各地に於ける佛教青年會と提携して佛教精神の自覺及び振興を期するを目的として『全日本佛教青年會聯盟』なる名の下に四月二、三の兩日にわたり創立大會と用いた。北海道を除く各府縣から送られた代表者百二十餘名出席して、次の順次で行つた。二日午後五時から帝大佛青會館で地方代表者の歡迎會を開き引續き創立總會の豫備會議として會則の協議や議題及び宣言文の協議に入つたが、妹尾義郎氏らの新興佛教青年同盟の一派が聯盟の指導原理と綱領の設定を要求し聯盟の歸一點を釋尊に置く事、矛盾せる社會制度の改革を明示することを主張するに至り、反對意見が出たが、討議


頁二六一
の結果は綱領起草の銓行委員七名を選び起草を依託した。三日は午前十時から帝大佛青會で創立總會を開き三十名の理事を決定すると共に理事長には高楠順次郎博士、書記長に常光浩然氏が就任した。かつ全會一致で會則及び宣言文を承認した。その午後一時から日比谷公會堂で大會を行ひ文相、府知事、市長、佛聯日本宗教協會等の祝辭、佛教音樂會の演奏獨立座の『大釋迦』の實演を行つた。同午後六時から帝大佛青會館の講演會で地方代表と倉田百三氏が講演した。同刻役員會議で五月の日本宗教平和會議に聯盟から代表を送ること、シヤム皇帝陛下の奉迎等を決議し、聯盟の綱領は理事會にかけて決定することにして終了した。

世界宗教平和會議 日本委員會の決議
丸の内國際聯盟協會々議室で開いた世界宗教平和會議日本委員會は種々の懇談を遂けたが、出席者は坂谷芳郎、今岡信一良、海老澤亮、矢吹慶輝、中桐確太郎、祥雲晩成、友枝高彥、アキスリング、松平俊子、河井道子、川崎靜子等二十人で協議した結果、日本宗教平和會議を五月十八日から廿日までとし主催團體は世界宗教平和會議日本委員會のみに限り、同會の趣旨にては(一)宗教の立場から眞正なる平和思想及び平和思想の勃興を計ること。(二)平和問題を中心として諸宗教の提携を計ること。(三)會議の結果を明年度の世界宗教平和會議に提出して、世界の平和運動に參加すること。

日本宗教平和會議
平和問題を小心として世界各宗教の提携を計るべく昭和七年十一月米國ワシントンで開催される世界宗教平和會議の日本團委員はその準備會として昭和六年五月十八日から三日間明治神宮外苑日本青年會館に於て日本宗教平和會議を開催した。

第一日。午後一時開會神佛基代表者三百五十餘名出席、議長に豊山派管長湯澤龍岳氏を、副議長に神崎一作、井深梶之助兩氏を推し、首相外相(代理)田中文相、國際聯盟協會等の祝辭、及び世界宗教平和會議實行委員長フトキンフン博士の祝電朗讀の後、渡邊海旭、松井米太郎、井上哲次郎氏等の講演があつた。

この日午後六時半より丸の内朝日講堂に記念講演會を開き、加藤玄智(神道の國民性と普遍性)椎尾辨匡(和を以て貴しとなす)海老名彈正(キリスト教の平和思想)諸氏出席した。

第二日。部會開會。第一部會は文博矢吹慶輝氏を部長として宗教倫理、博愛事業、人到問題等に就て、第二部會は、友枝高彥氏を部長として學術、藝術、教育衛生、國際語、國際競技等一般文化に就て、第三部は田川大吉郎氏を部長として政治、經濟、外交、勞働、特に國際聯盟等の實際問題に就て各々研究討議意見發表があつた。

第三日。午前九時大講堂に委員總會開會。湯澤議長より天機奉伺の件を報告、各部會の報告を終つて、各國の宗教團體に挨拶狀發送の件を滿場一致可決、次で左の「平和宣言」を可決した。

人類の全歷史を達觀するに、世界平和實現の步みは緩漫ながらも步一步前進して來た。世界戰爭の勃發は一時平和の道を杜絶するの觀があつたけれども之を機會として却て國際聯盟成立し、次いで不戰條約締結せられ、各國は戰爭非認の原則を承認するに至つた。是れ實に世界平


頁二六二
和實現の途上に於ける劃期的飛躍てある。然も我等は國際聯盟乃至不戰條約を單なる政治家乃外交家の國際的關心事とのみ見るべきでは無いと思ふ。換言すれば我等は其處に深遠雄大なる宗教的精神の躍動な認めるものである。加之、此機運に乘じて全世界の宗教者が協力一致の奮鬥を續けるならば無戰世界實現の可能は單なる宗教的信念たるに止まらずして國際政局の實際問題たるに至るであらう。乃ち我等は茲に我等の所信と決意とを宣言して敢て全世界に訴へるのである。
一、我等は戰爭の頻發に就ては宗教者先づ其責に任すべきであると信ずる
二、我等は諸宗教の特異性を認めめかつヽも、國際平和の實現に關する阻り諸宗教は協力し告る得ることを信ずる
三、我等は道德律は個人關係を支配すると共に國際關係をも支配すると信ずる
四、我等は眞正なる愛國心は眞正なる國際心と一致することを信ずる
五、我等は眞正なる平和は正義と善意とに基くものであると信ずる
六、我等は一切の國際的紛爭は平和的手段を以て解決せらるべきだと信ずる
七、我等は民族的人種的及び宗教的偏見の打破を期する
八、我等は國際聯盟及び不戰條約の精神を指導完成せんことを期する
以上にて各部共通の議題を限り後は一瀉千里にて左の各件が可決された。
一、國際平和、各教大同團結等に關する研究機關設置の件(之は旣報せる八名の委員と宗教平和會議主催團體との協議により具體案決定のこと)
一、平和日決定のことを世界宗教會議に提出の件
一、人種差別撤廢の件
一、國際平和促進に關する件
一、國際平和と勞働問題に關する件
一、軍備縮少に關する件
(尚右以外に第二部に關する三決議は別項の如し)
以上にて神崎一作氏閉會の辭を述べ、木邊孝慈氏の萬歲にて、茲に三日間に亘る日本宗教平和會議を閉ぢた。

全國佛教保育大會
東京の佛教保育協會の主催にて六年七月廿五、六兩日、一ツ橋帝國教育會館に開催、出席者は全國に亘つて二百餘名に達し最初の試みとしては大成功であつた。協議の問題としては、寺院に於ける保育事業施設と方法といふことが中心でこれに關する五六提出案を審議し、佛教保有事業從事者の信念を涵養し人格並に技術の向上を期す云々の決議があつた。第二日の午後は保育講習會、講師は加藤咄堂、倉橋惣三、弘田龍太郎、本田庄太郎、及川ふみ、關寬之氏等であつた。

天台宗青年會の組織
東京に組織された天台宗青年會は、黑田亮文氏理事長に就任し、六月二十一日淺草寺に於て發會式が舉行された。目的は内には教義信仰の顯揚と宗門の改革をなし、外に向つて反宗教徒排擊の運動をなし、名實共に青年が中堅となつて漸進徹底を期すると。

智山教化事業聯盟成る
新義智山の傳道會及び社會事業協會はいづれも解體して新しき教化團體を組織する事とし、六月二十一日兩日の總會を開いて協議する所あつたが、何れも之を承認したので直ちに宗會議員の吉田眞也氏他九名を舉げて「智山教化事業聯盟」創


頁二六三
立準備に總ての委員を舉げ委々種々協議の結果大要左記の如き規約を得直ちに總裁以下の役員を決し創立總會を舉げた。
△名稱 智山教化事業聯盟
△目的 「本派布教の充實と社會事業の振興を圖るを以て目的とす」
△組織 派内僧侶及檀信徒を以て組織し傳道部、社會事業部の二部を置く
△事業 一、本派布教諸機關並に社會事業の聯絡援助
一、定期隨時の各種布教、布教師の派遣
一、布教並に社會事業に關する研究、調查、報告、講演、講習、並に冊子の發行
一、布教師並に社會事業從業員の養成
一、活動寫眞の映寫
一、其他本聯盟の目的を達成する必要なる事項
△役員副裁 管長旭純榮、△會長 宗務長平幡照法 △副會長 教學部長芙蓉淨淳、御嶽隆道 △理事 安西(亮)安西(宥)相澤、阿部、金剛、小林、室九、青森、角田、倉持、内藤、井上、花川、御嶽、野口 △評議員若干名

京都帝大に佛教青年會生る
京都帝國大學佛教青年會の創立大會は六年五月三十日午後一時から帝大樂友會館に於て開催、開會の辭に次いでこの會は全く青年の若き純情で進んで來たと經過報告あり、それより司會者の指名で辻多聞氏議長席につき會則の協定あり、のちその會則地に基き委員選舉を議長指名にて選定。會則は羽溪了諦氏の副會長に本田義英氏就任した。會則の重なるものは第二條 本會は大乘佛教の精神に基き最高正法の體驗と最高文化の發揚とを期す
第五條 普通會員は京都帝國大學々生及び生徒を以てす
第六條 特別會員は京都大學教官、職員、卒業生及び委員會の推薦者を以てす
第十二條 本會は前條の目的遂行のために左の事業を行ふ
一毎年一回大會を開く、一講演會研究會等の開催、一機關雜誌の發行、一會館の設立、一其他必要と認むる事業

京都佛教社會事業協會成る
京都佛教社會事業協會が成立され、其の第一回集會が二月十五日樂友會館に開催された。參集者四十餘名、發起人を代表して光明正道氏の挨拶あり、座長に清瀧智龍氏が推され清瀧氏の挨拶あつて後協議に依りて其の會則が協定された。

智山互助會生る
新義智山では曩に宗制調查會の議決を經て寺族保護を目的とする半官半民の智山互助會を組織し、今次宗會は之を認めて之に對する補助金一千圓の支出を承認したが、之は派内寺院の正住職を以て組織し、會費は一口年額金六圓(一口以上五口以内)で其那附期間は十ケ年である然してその給付及び返還方法は、會員死亡の場合に豫め屈出してある指定人は旣納會費の二倍に相當する金額を給附するが、旣にその納附期間を滿了した會員死亡の場合には前記の金額の外に超過年數に應じて一年又は其の未滿毎に金五圓を增加給付すると言ふにあり、若し會員が老衰其他の事由で住職を辭した場合は旣納會費の金額を返還し轉派其他の場合はその三分の一のみを返還する規定てある。役員は會長(宗務長)專務理事(庶務


頁二六四
部長)財務理事(財部部長)各―名、商議員五名(内一名は教學部長が當り殘る四名は會員の互選)常務員一名(有給)を置き之等に要する一切の經費は會費及び宗務所補助金積立金より生ずる果實又は雜收入を以て之に充つる事になつてゐる。

京都佛青聯盟成る
京都佛教青年會聯盟は加盟各團體の選出せる委員が三月九日高倉會館に集會し正式に結成した。當日二月末の會合に於て交涉委員に舉げられた朝倉曉瑞、高見觀應ニ氏も出席し(中神氏病氣不參)、全委員の推薦により朝倉氏座長席につき各團體一名宛の常務委員を出すことに決定し、評議員の推薦は先づ各團體一名宛の選出のみを行ひ佛青運動に理解ある側からの評議員推薦は關西佛青の態度の決定及尚今後に加盟する團體の決定を俟つことヽし一應現に決定せる委員及評議員の協議會を十七日午後三時から高倉會館に於て開會することに決定した。日本佛教青年會聯盟の結成については京都聯盟としての加盟を決定して散會した。加盟の團體も當日は右の八團體であるが今後增加の見込である。

光德寺善隣館のシユー・ボーイス・ユニオン
大阪中津高德寺の善隣館で靴磨きの組合が結成された。名をシユー・ボーイス・ユニオンといふ。失業青年ばかりが集つて一組合としての統制の下に市の大衆雜踏の場所に立れて靴を磨くのである。朝八時光德寺に參集、住職の佐伯祐正氏から紺青のベリー帽とルパシユカをあてがはれ靴磨き道具の一セツトを貸與される。一人一日の收入は最低一圓五十錢より三圓。好况のため次第に擴張されるといふ。

東京佛教護國團役員改選
團長を始め役員全體に亘り異動を決行し本部も傳法院内に移轉した東京佛教護國團では今秋より更生的活躍に入るべく種々計劃準備中であり「宗教時局問題講習會」開催の件等は旣に内定した。因に同團役員は左の如し
△團長 大森亮順、△常務理事 岡本貫玉、高辻圓乘、肉倉寶運 △常務參事 黒田亮文、新美孝道 △理事 池月順孝、石川光祐、宮田正圓、内藤隆深、長岡慶信、永見聖光、渡邊海旭、岡本貫玉 里見義隆、今井鐵城、野口蓮生、長谷川孝善、三好俊英、石上照然、高辻圓乘、安藤正純、朝倉慶友、和田幽玄、松井日量、及川眞龍、酒井惠祐、肉倉寶運、高木教順、秋庭正道、速見邦夫 △參事 青木道晃、黒田亮文、水上義清、田和諦觀、久野芳隆、田中恭盛、務台教眞、栗本俊道、杉浦演順、岩本勝俊、波多野德豊、高野仙家、新美孝道、網代貫誠、倉澤戒立、細川辨龍、二階堂行善、花園兼秀、小笠原義雄、肉倉寶運、西川景文、福田旭圓、三木龍雄
尚ほ右以外に評議員六十九名。

全布哇の第四回佛青大會
第四回全布哇佛青大會は、八月十四日加哇島リフエ佛青會館に於て開催された。出席者二百數十名。各島提案の主要なるものは左の如くである。
一、聯合佛青本部改造に關する件
1、ホノルル本部に布哇聯合佛青の總幹事一名、幹事一名、理事五名置く
2、各島を巡回する佛青指導の專任主事を置くの件
3、ホノルル本部へ各島聯合佛青の日


頁二六五
英常任書記を二名置くこと
4、大會決議案行委員を、本部及各島に一名宛置く
二、米市大會に關する件
八、兒童博物館後援の件
十二、國籍離脫獎勵の件

女子會館の建設
大日本聯合婦人會、大日本聯合女子青年團などで計劃中の女子會館建設は、芝增上寺和宮奉讚會及び芝區有志から、增上寺境內には日本婦人の典型として仰がれる和宮さまの御墓所もあり、婦德の修養上最も適當なところであるとて、芝公園內プール傍の敷地一千八百坪と、建設資金十萬圓の寄附を申出たので聯合婦人會、聯合女子青年團では、六月一日午後文部大臣官邸で合同理事會を用いて協議の結果、建設資金百萬圓で同所に女子會館を建てることに決定した。因に本建設は今年より内ふ三ケ年で竣エせしめる豫定であると。

統一團協讚會設立計畫
日蓮宗に於ては日蓮大聖人六百五十年御忌記念のため統一團を設置して日本文化の精髓を發揚し佛祖の法統を擁護すべき權威ある團體として後世に遺すべく諸般の計畫を樹立せられし本多日生上人が三月十六日遷化されたるに付き種々なる事情のため其計畫發表を延期中なりしが今回上人の遺志を實現ずべく其第一步を進めんとして統一團協賛會を組織して多數の協力援助を懇請してゐる。

曹洞宗保育講習會
曹洞宗社會課では九月三十日より十月四日まで福井縣永平寺本山に於て第四回兒童教化事業講習會を行ふた。

佛聯第二十二回評議員會
佛教聯合會第二十二回評議員會は九月二十九日知恩院山内華頂會館に於て開會。後藤常務幹事財界の變動、反宗問題等の時局問題に就ての開會の辭あり、續いて議長指名の下に渡邊海旭氏(常番淨土宗)議長に推薦せられ、大西法相宗管長導師の下に禮讚文あり、終つて渡邊氏議長席につき會の成立をつげた。かくて祥雲常務幹事から事務經過報告あり、つヾいて宗務局長の兼任反對の動議を出し滿場一致可決、直に總理文部大藏各大臣に通電。別に滿洲慰問の件、寺院新設並に移轉に關する制限撤廢請願の件を提出することになつた。

東京濟世軍開館式
東京の佛教濟世軍では多年の議案であつた會館を神田三崎町に建設、六年五月十五六七の三日間に亘り旣成教團を排擊し、反宗運動に抗爭せよとのスローガンの下に記念講演會を開催した。

大阪四天王寺の施藥療病院開設
大阪四天王寺の低料診療所は昭和六年七月一日(四天王寺施藥療病院」の名を以て事業を開始した。宣傳ビラには「千三百有餘年の昔聖德太子がおやりになつた施藥療病院が今復活しました」と記されてゐるから以てその事業に對する抱負と信念とを窺知することができる。前日三十日午前十時塚原大僧正を初め山内事務局並に醫員看護婦一同は聖德太子廟に涙ぐましい感慨に浸りつヽ敬虔な奉吾會を營んだ。内科專任伊藤孝之助、外科專任天野謙吉、兩醫學士、診療時間は七月一日より九月十日まで午前七時から午後零時までヾある(日曜祭日は休診)其筋の證明あるものは無料。一般は低費。その規定は


頁二六六
診療券十錢三ケ月有効、內服劑十錢、高貴藥二十錢以上,外科藥頓服劑十錢カルシウム注射三十錢、皮下注射三十錢、六〇六注射一圓より、處置料一回十錢乃至一圓、外科處置料十錢乃至三十錢、手術料五十錢以上十圓迄、太陽燈反射一回十五錢、檢查料十五錢、血液ワツセルマン反應一回
といふ破格の低料である。

教化事業功勞者選獎
多年教化事業に盡瘁し、その功顯著なる廉を以て、昭和五年十一月二十一日中央教化團體聯合會長山川建次郎男より選獎せられた全國五十二氏中、佛教關係より、花まつり會總務の安藤嶺丸氏、山形酒田報恩會長菊池秀言氏等が選獎された。

弘法大師報讃會
高野山根本大塔の復興を協賛して之を大師に捧ぐると共に大師の鴻業偉德を宣揚して、大師の洪恩に報じ、大師讃仰の至心を表せんとの趣意にて設立せられたる弘法大師報讃會の現在役員は、會長伯爵清浦奎吾、副會長本山彥一、同片岡直溫、顧問として伯爵松平賴壽、侯爵德川賴貞、男爵益田孝、安達謙藏の諸氏、猶理事評議員極めて多數に及んでゐる。

劇・映畵・音樂

宗教劇團の旗上げ
大谷派出身の花村緋紗子氏は、信仰と美貌と、藝術的天稟とを以て、從來あまり手のつけられなかつた宗教劇及び宗教映畫への大望を抱き、先づその恩師鷲尾順敬博士の「親鸞聖人」を今秋東京に於て演ずる。氏は畑中寥坡氏の新劇協會の解體後寶塚國民座に活躍してゐた人である。

佛教音樂協會役員總會
昭和六年六月二日午後一時より文部大臣官邸に於て理事會開會、引續き役員總會を開き先づ伊藤主事より會務報告あり次に左の各項を決議した。

一、會則改訂の件
 一第五條中「一會長一名」の次た左の一號を加ふ
 一 顧問若干名
 一 第六條の次に新に左の一條を設く
 第七條 顧問は會長之を委囑す
 顧問は本會の機務に關し會長の諮問に應ず
 一 現第七條を第八條とし以下各條を順次繰下ぐ
 一 現第十七條を削除し新に左の一條を設く
 第十八條 本會の目的を遂行する為め必要あるときは地方に支部を置くことを得
 支部の組織並事業施行の方法は支部に於て之を定め其の經費は支部の負擔とす
二、佛教音樂講習會開催の件
佛教音樂に關する知識及び實習を可成徹底せしむる為め連續講習を開始し先づ本年六月第三日曜より每日曜十回を以て第一期終了(夏休前三回夏休後七回とし詳細は追て發表)
三、シヤム國王陛下歡迎の件
午後三時半田中文部大臣出席、下村理事より大臣が本會顧問受諾ありたる旨披露あり、續いて田中文部大臣より顧問としての懇ろなる挨拶あり一同と共に佛教音樂に關する諸多の歡談ありて午後五時散會。

佛教音樂會第一回講習會


頁二六七
文部省宗教局內の佛教音樂協會は左記各日曜の午前九時から千代田高等女學校に於て最初の講習會を開くことヽなり、六月廿一日開會した。會員の出席會員九十名女學校、女子專門、佛教專門、大正立正、東洋、駒澤、日本各大學生、教員僧侶、殊に六十を越した老僧もあつた。會期は六月二十一日、同二十八日、七月一日、九月二十日、同二十七日、十月四日、同十一日、同十八日、同二十五日、十一月一日

講師講題は左記の如し
佛教々理概說 小林一郎
講習歌詞說明 藤岡勝二
作歌に就て 野口雨情
音樂の理論一般、讀譜及び發聲練習 小松耕輔
佛教聖歌實地指導 權藤圓立、藤井清水

大谷派の宗教々育映畵協會
大阪市に於ける大谷派教界の新人增田圓麿、河野包麿、間野敬重の三氏は從來何れも各個に映寫機を所有し映畵による教化に從事し來つたが、今回三氏共同の下に宗教々育映畵を組織し積極的に映畵を以て宗教々育社會教育に進出する事になり、七月三十日午後七時より佛教會館に於てこれが披露をかねて大阪市に於ける大派寺院住職を招待し講演と映畵の會を開催したが當夜出席者多くすこぶる有意義な集ひとなり、席上で本山教學課長高濱哲雄氏の「現下教界の動き」と題する講演は多大の感銘を與へた。

大阪淨土宗布教團 小型映畵作製
大阪淨宗布教團では宗祖降誕八百年記念事業として兒童に對する小型映畵の作製を計劃してゐるが、六月二十五日靈場四卷の撮影を完了したので續いて童話劇の作製に取りかヽるり懸賞で六百呎內外の脚本を募集する。

映畵教化聯盟生る
六月十一日午後三時からこのま會主催映畵運動懇談會及觀賞會は最初知恩院山內華頂會館に於て開催、大阪及び京都各團體が各々得意の映寫機を据え團體が各々得意の映寫機を据え團體によつて新しく製作されたフイルムを交々觀賞し合ひ映畫教化聯盟を造ることヽなつた。

日蓮宗の立正映畵協會
曩に東京の新甫寬實氏等の發起で立正映畵協會が設立された、同宗には之とは別に宗務院社會課に映畵班が早くから設けられてあり兩立の形になつたので、六月上旬兩者の關係者會合協議の結果兩者が合流して立正映畵協會を宗務院社會課內に置き、大型小型各々四ケ班を組織して一般の希望に應ずる事とし理事として左記

加藤通溫、伊藤海聞、牧野智銑、土橋觀英、田中海珠、酒井智見、外山寬郎の七氏が舉げられた。

海外の佛教

布哇本願寺へ米人入門
ドクトル・エドウン・マシントツシウ・スタントン氏はシカゴ醫科大學出身の眼科醫學士で有名なる故ボール・ケーラス博士が先年同市に於てオプンコート出版會社を創立し佛教研究の結果を澤山の著書として宣傳した頃から佛教に興味を有し今日に至つたが、米大陸に於て英語傳道部の設けある佛教々會なきため入門する機會なく偶々ホノルル在住の令息を訪問中、本願寺別院に英語傳道部あるを知


頁二六八
り非常に喜び、多年の念願たる入門式を受けんとて昭和五年十二月七日午後八時今村總長ハント開教使司式の下に正式に入門し佛前に宣誓し英語傳道部會員の一人となつた。

米國陸軍大尉佛式の結婚
布哇のスコフイルド兵營駐在二十七大隊附きの陸軍步兵大尉アルフレツド・ジヨーヂ・ハント氏はマーガレツト・ポール・ポント孃(ミゾリー州セントルイス出身)と昭和五年十二月十三日午後二時本願寺別院本堂に於てハント開教使の司式の下に結婚式を舉行した。兩氏とも每日曜には久しき以前より參詣してゐた由で本願寺に於ける外人の結婚式は一九二八年に一組、一九二九年二組、一九三〇年に三組でこれで五組であるよ。

ラーゲル博士ライデン大學教授となる
昭和四年日本に來朝した日佛會館の佛教辭典編纂の事業に携つたラ―ゲル博士は、昭和六年一月十六日、和蘭ライデン大學の日本語日本文學講座擔任の正教授に任ぜられた。博士は十地經梵本改訂によつて學位を得、他に梵漢藏蒙四對照の十地經語彙の著作があり、歐洲に於ける將來の佛教研究に重きをなす學者であるといはれて居る。

大德寺へ米國禪僧
昭和六年の春、京都紫野大德寺へ修業に來た米人禪僧二人がある。名はフランク・オルムスビ(二五)ジヨーヂ・コルバーン(二一)といひ、桑港の東漸禪窟の千崎如幻氏の剃髮得度を受けて孤雲、默齋と改名して居る。默齋はパプテイストのカレツヂで神學宗教學を研究した青年であるが、海軍々醫トムソン氏の佛教講演を聞いたのが回心の動機となり、その紹介で、英語說教に堪能な千崎氏の門に入つたのである。

セイロン佛教徒觀光圍
印度錫崙島なる佛教徒は茂垣コロンポ領事夫妻が賜暇歸國するを機として夫妻に連れられ日本觀光のために渡來、三月二十三日午後四時昭國丸にに神戸入港、豫て錫崙に戒律研究のため留學してゐた洛東法然院の井上義宏氏の案内にて知恩院の彼岸法會に參拜し東山の春色を愛しつヽ清水大佛寺等を巡歷した。

布哇に日本文庫建設の計畫
日本佛教を世界の大舞臺の眞只中に雄し進しすヽめてこヽに三十餘年の活躍をつヾけて居る布哇の今村惠猛氏は、第二世日系米人への大事業として布哇ホノルルに「布哇日本文庫」の文化的大殿堂を建設する大計畫を齎らして歸朝、各關係方面の應援を求め、六月下旬東京神田中央佛教會館内、及び京都東山藤影寮に後援事務所を設けた。因に今村氏監理の下にある圖書約四千冊は全部之を該文庫に移すと。

奈良佛教の研究にハ大學ワーナー教授來朝
米國ハーバード大學フオツグ美術館長ラングドン、ワーナー教授は二月三十日橫濱着のプレジデント、マツキンレー號で來朝した。同氏は米國有數の東洋通、日本通で約十五年前茨城縣五浦莊で大觀觀山等の畵伯と日本服に日本食と言ふ生活で日本美術を研究した程で、佛教美術や日本文學に就ても權威者である。現在フオツグ美術館長として「奈良朝時代の佛教」その他の好著があり、ハーバート大學では東洋文學、美術等の講座を擔任してゐる。今度の來朝は一先づ支那に渡


頁二六九
り約二ケ月間支那美術を研究し、更らに日本に三ケ月滯在して奈良佛教の研究を續ける由。

日佛協會が巴里に研究所新設
日佛々教協會にては佛國寺建設の目的達成のために努力しつヽあるが、これは文字通り百年の計とて差當りは巴里に佛教學研究所を設けるとヽもに、日本から留學生を送ることヽなり、これが經費年額日本側四千圓の醵出方について渡邊海旭、下村壽一、大倉邦彦氏等が盡力し、佛國側ではシルバン・レビヰ氏が斡旋しつヽある。

鶴見高女へ日系市民留學
曹洞本山總持寺設立にかとる鶴見高女へは昨年布哇から三名の第二世日系市民が留學し中根校長監督の下に勉學に勵んでゐるが、今度更に植村しづ子、平江民子の兩名が留學する事となり何れも六月十一日入港の秩父丸で在朝した。尚北來本土に於ても禪宗寺が中心となつて内地留學生の勸誘に努めつヽあり新秋九月には更に三名の女學生が同校へ留學すると

佛立講が伯國で普及
プフシル國サンパウロ・ノロエステ線プロミツソシ驛新田建二郎氏は愛媛線出身で父祖傳來の佛立講信者であるが、伯國でバイオニアとして活動の傍一天四海皆歸妙法の下に外人間にも宣傳しつヽあり、目下五十餘名の信者を得てゐるが英木現樹氏も盛んに活躍しつヽあると。佛立講が大をなした原因は信者本位にあるが、その祈禱で病氣が治つた場合は御體のために三人以上の信者を作ることを誓ふことになつてゐる。かうして信者が信者を作つてゆくのだからその發展は目醒ましく行はわて行くのてある。

パリー佛教研究所
日佛々教協會では佛教興隆の為の一事業として今回パりー佛教研究所を設けることは前記の如くである。右はレビー教授の發案に成り過般歸朝した友松圓諦氏が依賴されて來たものであつて、豫算八千圓のうち四千圓を日本側で調達し佛國側でも四千圓を募集することになつて居り、日本側では理事會の結果愈々資金勸募のこととなり旣に淨土宗と曹洞宗で五百圓づヽ支出することが確定した。因に同研究所が設置さるれば日本から留學生を送ることになつてゐる。

反宗教運動と教界の動搖
日本に於けるアルキシズムは、その運動の一翼として、果然反宗教運動の蹶起となつた。宗教界に於ける各新聞雜誌は勿論一般の一流新聞思想雜誌に至るまで、その華々しき理論鬪爭は不斷に連載され、各宗教宗派は舉げて鼎の湧く如き動亂を呈した。誠に宗教界近年に無き法難として、永く■日本宗教史の頁を彩るであらう。そのクライマツクスは、反宗教鬪爭同盟準備會が創立された四月より、その衰頹期たる十月まで、その期間內の問題を特に成るべく多く錄することヽした。


頁二七〇
反宗教鬪爭同盟

秋田雨雀、川内唯彦氏を中心として左翼運動の尖端をゆくプロレタリア科學一派は、四月東京市神田區今川小路江戸ビル内に右同盟準備會を設け、ニユース機關紙を發行して氣勢を舉げ、或は工場農村學校に於ける宗教狀態の調查を行ひ、或は農民及び學生に對し夫々檄文を發して、宗教排斥宗教々育廢止運動の激勵をなし、更に實際運動の班を組織し、本部の運動方針行動綱領等に基きて、工場、農村、街頭、學校、青年團等を目標として積極的活動を開始した。隨つて其等の主義主張運動方針、行動綱領規約及スローガン等は宗教者にとりて十分參考に資すべきものがある。

運動方針大綱(草案)
一、客觀的主觀的狀勢
謂はゆる第三期における資本主義の諸矛盾は極めて露骨な姿をもつて現はれてゐる。分けても勞働者農民の祖國ソヴエート同盟と、文學通りに破綻に瀕する資本主義國との矛盾對立はます■ハツキりとして來た。國際ブルシヨアジーのソヴエート同盟に對する厚顔無恥な跳戰的行動は、資本主義世界の危機の切迫を如實に物語るものとして特徵的である。國際ブルジヨアジーはその代辯者メンシエヴイキーを通じ、第二インターナシヨナルのダラ幹を通じて、ソヴエート同盟に對して、大規模な經濟的軍事的干涉を組織した。

けだしソヴエート同盟における五ケ年計畫の偉大なる進展は資本主義諸國の諸矛盾への拍車として國際ブルジヨアジーにとつてはまことに恐るべきものだからである。

他方、中國におけるソヴエート革命の進行は帝國主義戰爭の危機に當面する帝國主義列強へのこの上なき脅威となつてゐる。印度における革命運動の擴大は「勞働黨」政府の露骨な反動性、反動的ガンデイズムの破綻を上り一層明瞭にし、フランス帝國主義は印度支那の植民地革命に大衆的虐殺をもつて答へることを餘儀なくされてゐる。スべインにおけるブルジヨア革命ですら、現瞬間においては、謂はゆる無血のブルジヨ革命として終り得ないこと、勞働者農民の戰鬪的同盟の確立の如何んによつてはそれがプロレタりア革命に轉化し得ることを實證してゐる。

日本においては來るべき偉大なる階級戰の客觀的諸條件はすでに具はつてゐる。複雜な幾多特殊性を内包する日本資本主義の危機は世界資本主義の一般的危機との關聯において、日本金融プルジヨジーの如何なる瀰縫策をも嘲笑しつヽある。「不景氣が底を割つた」といふ空虛な掛け聲は飢饉にあへぐ勤勞大衆の中から二百萬以上にも及ぶ失業者をつくつた事實に對する一個の皮肉でしかなかつた。客觀的狀勢の切迫は勞働者農民を否應なしに戰鬪化しXX化した。官許メーデーはすてに革命的勞働者によつて一個の葬式として拒否された。支配階級およびその手先共にとつて「怪物」としか映じないⅩX的組合「全協」の力は官許メーデーに對してさへ有力な影響力を及ぼしか。いままで難攻不落と稱せられてゐた北九州の炭山においてさへ、資本家の攻勢に對して勞働者は一齊に蹶起して立つたではないか!。さらに農民は何うか?。「全農」内の戰鬪的組合(山形島根等)に對する官憲の彈壓はその慘忍性、徹底性より


頁二七一
見るときはまことに前代未聞である。數百數千の貧農は彼等の毒牙にかけられてを容赦なく投獄された。

このとき支配階級の手先社會民主々義者(特に左翼社會民主々義者)は勞働者農民の革命的統一の要求を踏みにじつて雜炊無産黨の大同團結に夢中になつてゐる。だがプロレタリアートの指導組織の強化は、官憲の如何なる彈壓、社會民主々義者の如何なる妨害の前にも停止しない。これは支配階級にとつては何よりも脅威である。彼等はあらゆるものを積極的に利用して、自己の榨取的地位の安泰を計らうとする。從つて今日のやうな狀勢切迫の日には支配階級の驅逐する一切のものには自由主義の片鱗さへ認められず、すべてのものが反動の衣を着る。支配階級はイデオロギーの武器をもX隊、X察、X判所を利用するのと同じやうに積極的に利用する。文化反動は現瞬間のあらゆる國に共通な現象である。ブルジヨア的文化戰線において宗教が支配階級への積極的奉仕を怠らないことは言ふまでもない、教化總動員、世界宗教平和會議の下準備、新興宗教の擡頭等々は、宗教徒が客觀的狀勢の急激なテンポに步調を合せ、より巧妙に階級支配の要具の役割を果さんとする現はれである。他のイデオロギーよりもヨり包括的なイデオロギーとしての宗教の反動的役割は特に注目されなければならぬ。

二、反宗教鬪爭の目的
明治維新のブルジヨア革命は僧侶の身分の基本的な經濟的根據をくつがへしたヽめに、彼等の從來の社會的政治的地位は一層弱められた。この點において日本の反宗教鬪爭は革命前のロシアまたはカトリツク教會が強力な勢力をもつてゐる西ヨーロパにおけるものとは事情を異にする。しかしながら僧侶の政治的地位の相對的な弱化は寄生的社會層としての彼等の存在、從つてまたその役割を絕對的に無意義にするものではない。彼等のうちの或るものは農村においては地主であり、都市においては莫大な賽錢の蒐集者である。或るものはその榨取財源を資本化して企業家とさへなつてゐる。殊に注目すべきは阿片撒布の代償として、種々の名目の下に榨取される募財、寄附が驚くべき額に達するといふ事實である。一般勤勞大衆のうちに深い根を下してゐる東西本願寺の榨取額は莫大である。彼等はこれらの財源を摑むためには學校を經營し、社會事業を營み、軍隊、刑物所在鄉軍人會、青年團、青訓等に組織的に宗教の毒素をふり撒かなければならぬ。イデオロギーの上から支配階級に奉仕しつヽある彼等の役は決して過少評價さるべきものではない。彼等の社會的機能は支配階級の充分のお氣に召すほどには活發に行はれてゐないが、まだ□後れた勤勞大衆を宗教にしばりつける位には有力である。さらに、こヽに注目しなければならぬことは、沒落期に瀕する支配階級が宗教を積極的に利用して文化反動に役立たせてゐる點である、たとへば日本におけるブルジヨア革命は教育と宗教(特に佛教)との分離を不完全な形で實行したが、特に近年に至つてはこれは益々逆行しつヽある。國家は文部省内に宗教局を設置して各宗派を政治的に統制してをり、各宗派の管長の任免は明白に政治の權限内にある。從つて政府は革命的思想に對する各宗派の共同戰線を布かうと思へば、何時でも全宗教徒を動員するこ


頁二七二
とができ、何時でも教化總動員おカンパを行ひ得る。最近にいたり文部省は意識的計畫的に宗教との接近を計畫しつヽある。宗教と教育の分離は革命的プロレタリアートの擡頭の前には一片の空語である。兒童の宗教的情操教育の獎勵または宗教的教科書作成の企圖等はこの現はれの一つである。國家は阿片撒布業者の功勞に報ゆるためには、教團や宗教的修養團(希望社等々)に年々補助金を與へ、神社には特別の恩典を與へる。

さらに日本の教團組織を考察するときに忘れてはならないのは神道の役割である。明治政府は神道を國教にさへ奉りあげた最も反動的なイデオロギー的支柱としての神道は小學生の時代より公々然と兒童の頭にたヽき込まれる。このイデオロギーが日本國家機構のX樞と密接に結びつけられ、フアシズムの一根據となつてゐるとき、これの役割は特殊の意義をもつてゐる。日本の反宗教鬪爭においては神道の地位は特に強調されなければならぬ。

近代工場の生活に慣らされ、階級鬪爭の鐵火のうちに鍛はれた都市勞働者は最早や今日では宗教の束縛から切りはなされてゐる。農民のうちで組合に組織化されてゐる戰鬪的貧農は坊主の影響を逃れてゐる。しかしながら勤勞大衆のこれらの無宗教分子はその全體數より見れば取るに足らない。なほ大多數の勤勞大衆は宗教並びに文化反動の影響の下につなぎ止められてゐる。反宗教鬪爭はこれらの後れた層を一刻も早く宗教並びに文化反動の束縛より切りはなして階級鬪爭の能動的な分子に轉化させることを目的とす。しかしもちろん反宗教鬪爭は後れた勤勞大衆を宗教並びに文化反動の束縛より切りはなすといふ消極的な仕事にのみ止るものではない。この運動は當然に積極的な側面をもつてゐる。すなはち宗教並びに文化反動より切りはなすといふことは同時にマルクス=レーニン主義世界觀の注入を意味するのである。勤勞大衆は階級鬪爭の實踐によつてマルクス=レーニン主義世界觀を把握するとき初めて意識的な階級戰士となり共産主義者となる。しかしながら反宗教鬪爭のみが獨力でよくこの仕事をなし得ると考へるならば、それはこの運動に對する過重評價である。反宗教鬪爭はあらゆる文化運動と同樣に、政治鬪爭に從屬させられ、それに密接に協力するときに最も効果的な運動となり得る。たヾ宗教は他のイデオロギー(藝術、科學等々)よりも著しく包括的であり、その領域がはるかに廣汎であり、且つそれ自身の特殊性をもつてゐるために、これに對する鬪爭は他の種類の文化鬪爭に比して特殊の地位を占めるのである。

三、反宗教鬪爭の基本的方針
宗教は現實の世界が歪曲され顛倒されて、人間の意識に反映したものである。これを今日の資本主義社會に就いていへば、生産の無政府狀態こそ人間に宗教心を生み出す根抵である。だからを教を根こぎに無くしようとするにはまづ計畫經濟の行はれる社會、換言すれば社會主義の社會を建設しなければならぬ。ところで社會主義の社會を建設するには、まづ資本主義社會を打ち倒さなければならぬ。日本は現存では誰にも分るとほり資本主義社會である。それなら何うして反宗教鬪爭者が有効に行はれるかといふ幼稚な質問が起るかも知れぬ。しかしこれは


頁二七三
全くの機械論である。社會主義社會の到來を待つてゐて、宗教の自然消滅を待つのは、資本主義の自然倒壞を待つのと同じ機械論である。たしかに宗教の安全な消滅は計畫經濟の行はれる社會が來ないと實現されぬ。しかし資本主義においても反宗教鬪爭は、階級鬪爭の具體的な實踐に從屬させられ、一般勤勞大衆に對する文化的啓蒙運動として展開されるとき堅實な地步を一步々々と獲得して行く。階級鬪爭は資本主義機構の秘密を一つ一つめくつて行く運動であり階級鬪爭の進展に應じて顛倒された意識の秘密のべールが徐々に曝き出され、資本の前における人間の無權力がたん□叩きこはされる。反宗教鬪爭は階級鬪爭の一翼とならねばならぬといふこと、反宗教鬪爭は政治鬪爭に從屬されねばならぬといふこと、これがこの運動にとつて第一に考慮されなければならぬ點である。

勞働者農民の具體的な實踐より離れて、徒らに抽象的に公式的にマルクス主義宗教論をふり廻しても、大衆の啟蒙にとつては何程の効果もない。大衆の宗教心は單純な抽象理論によつて掘り返されるには、餘りに根深いものでありあまりにその社會的物質的根據が鞏固である。宗教が被壓迫大衆の精神的重壓の道具として如何に支配階級によつて利用されてゐるか、宗教の阿片性が如何に現存の階級支配にとつて好都合であり有用であるかを、大衆に知らしめることは、大衆自身を宗教的朦昧の谷につき落してゐる資本主義機構そのものに對する能動的な鬪爭を通じてのみ効果的に行はれる。しかしながらこのことは反宗教鬪爭に當つて理論の武器を輕視せよといふ事には少しもならない。われ■は宗教を克服する道を理論的に知らねばならぬ。われ■は宗教の起源を唯物論的に說明し、謂はゆる「宗教の本質」を唯物史觀の立場より明瞭に把握してゐなければならぬ。後れた勞働者農民會に働きかける場合に、もしわれ■がこれらの勞働者農民の色々な質問に科學的にマルクス主義的に滿足な解答を與へ得ないならばわれ■の運動は決して正しいとは言はれない。

さらに反宗教鬪爭において特に注意しなければならぬことは、政治運動または經濟鬪爭における運動方法のすべてを機械的に採用してはならぬといふことである。反宗教鬪爭が政治運動や經濟鬪爭に密接な關聯を保たなければならぬことは、前述の通りであるが、その運動方法にはまた特殊のものがなければならぬ。その一つは日常の反宗教宣傳における說得の態度である。說得とは相手がよく納得するように忍耐強く親切に(強制的でなしに)説明することである。これはイデオロギーの領域において特別の地位を占める宗教の特殊性から來る方法である。マルクス主義者の反宗教鬪爭は「宗教迫害」運動ではない。宗教迫害とは行政的權力または暴力による不自然な宗教撲滅運動である。宗教迫害によつては大衆の宗教心は決して根絕され得ない。不自然な宗教迫害はその結果において大衆の宗教的狂信に一層の油を注ぎ、宗教的迷妄を無限の彼方に押しやる。われ■の日常の反宗教鬪爭は寺院を叩きこはし。坊主にテロを加へて快哉を叫ぶ如き騷々しい逸脫的運動であつてはならない。反宗教鬪爭は階級闘爭の實踐に結びついて組織的計畫的に執拗に忍耐づよく說得的に行はなければならぬ。後れた大衆は口先


頁二七四
きだけの宗教攻擊は却つて反感をこそ增すであらう。しかしながらこの塲合もわれ■の運動は別種の偏向に陷つてはならない。大衆自身のイニシアチープの下に行はわる反宗教的行為を徒らに抑止してはならない說得の武器による長期の忍耐づよい反宗教運動は宗教の阿片性、階級性に對するバクロ、攻擊をいさヽかも陰蔽し扮飾してはならない宗教の現實的世俗な内容に對して妥協の態度をとることは特に有害である。それは宗教が特に包括的な、一見地的なものに見える特殊性をもつてゐるからである。宗教に對する妥協的態度は反宗教鬪爭の本旨に背反する。宗教は絶滅さるべきものであつて止揚さるべきものではない。けだし宗教は現實の世界の歪曲され顛倒された意識だからである。

四、個々の鬪爭目標についてー行動綱領參照ー
一、個々の反宗教鬪爭は、もちろん勤勞大衆の日常生活に關係ある具體的な問題から出發しなければならぬ。たとへばエ場勞働者についていへば工場布教の反對、エ場内の佛壇神社禮拜所の撤廢があり、エ場内の宗教的修養團の排擊がある。これらの施設はもちろんみな勞働者の日常生活に直接の關係があり、勞働者の賃銀の一部分はこの為にシボリあげられる。またエ場では勞働者の革命的意識の生長を極力壓へるために勞働者は反動的な修養雜誌を買はせられるそしてそれの雜誌には多くは忠君愛國の精神か、坊主の說法かヾ盛られてある。これらの雜誌の排擊は當然に勞働者をヨリ早く宗教の影響よりひきはなす効果がある、もちろんこの場合は、われ■の方からはこれに代る積極的なものを提供しなければならぬ。すなはちわれ■の陣營から出版されてゐる新聞雜誌等々を提供すべきである。エ場では宗教的祭禮に名をかつて遠足、慰安會、旅行を催すことがある。しかもそれには勞働者の零細な積立金が使用される。かういふ場合にはやはり對抗的に勞働者の自主的な自主的や會合をもつて單なるお祭氣分から勞働者を遠ざければならぬ。

ニ、坊主が婦人の奴隷的地位を宗教的阿片の撒布に最も功妙に利用してゐる點は特に注意されなければならぬ。從つて婦人に對する働きかけは反宗教鬪爭の最も重要な一部分である。

三、農村では坊主は寺院での説教によるか、青年團、在鄉軍人團、青年訓練所に出しやばるかして、宗教的宣傳をやるこれらの場合には、反宗教鬪爭は單なる坊主の惡口に終つてはならない。農業恐慌下の農村にあつて、農民にとつて最もその利害關係あるものは募財、寄附、お布施、賽錢である。農村における反宗教鬪爭はこれらの具體的な生きた問題に結びつけられ、宗教の阿片性をバクロしつヽ行はれなければならぬ。坊主が同時に地主である場合には、反宗教鬪爭は當然に小作爭議と密接に結びついて行はれる。たヾしこの場合に極めて慎重な戰術的考慮が必要であることは言ふまでもない。

四、植民地における反宗教鬪爭はそのまヽ直ちにXX運動である。けだし宗教は植民地においては、完全に帝國主義のお先棒であり金融ブルジヨアジーの榨取をより安泰ならしめんとする巧妙な補助物だからである。われ■の反宗教鬪爭は植民地の反宗教鬪爭に特別のカを注が


頁二七五
なければならぬ。

五、旣成宗教は舊態のまヽでは戰鬪化しつヽある勤勞大衆をその影響下につなぎ止め得ない。階級鬪爭の激化は旣成宗教に看板の塗替を要求しつヽある。支配階級が宗教の積極的利用を必要とすればするほど、この傾向は增長される。近來續出しつヽある新興宗教(佛教であれ、キリスト教であれ)は未だ強力なものではないが、階級鬪爭の激化および反宗教鬪爭の強化つれてこの種の宗教が一時ハビコルことは容易に豫想される。これらの宗教徒は「平等」「博愛」等々の抽象的な空虛なソローガンより出發し、あだかも階級鬪爭を是認し勤勞大衆に味方するかのごとく裝ふてゐる。彼等は宗教によつて社會改造ができるかのごとく笑ふべき幻想をふりまき、具體的な問題はついては何らハツキリした解決策をもたずに徒らに空虛なスローガンを張り廻はし、資本主義の社會機構を科學的に分柝し得ずに階級闘爭說の外廓だけをマルクス主義より剽窃してある。これらの宗教運動は徹底的に叩き破る必要がある。

六、さらに社會民主々義者の一部も似而非反宗教運動を企圖してゐる。彼等は雜炊無產黨の後楯によつてのみ運動を押し進めようとする、がさういふ運動が結局において反宗教鬪爭をプロレタリアートとの運動の基本方向より意識的に外らすものであることは言ふまでもない。かヽる運動も當然に徹底的に排擊されなければならぬ。われ■は社會民主々義幹部とのいかなる協同をも是認しない。しかしこのことは、もちろん社會民主々義的諸組織における普通のメンバーへの働きかけを拒否するものではない。

七、日常的な具體的問題をキツカケとして展開される反宗教鬪爭は必ずより廣汎なカツバニアに結びつけられねばならぬ。支配階級は宗教の利用を一般の文化反動並びにフアンズム、社會フアシズムに結ひつげ、帝國主義戰爭の準備にさし向ける。また反ソヴエート戰爭の準備は日本の金融ブルジヨアジーの緊急當面の任務である。(ハアニキニフ射擊事件)。坊主がこの任務に奉仕しないわけはない。日本ではまだ反ソヴエート十字軍は組織的には行はれてゐないが、ロシアの反宗教運動に對する厚顏無恥なデマはすでに幾らも見受けられる。かくて反宗教鬪爭が個々の鬪爭より一般の文化反動並にフアシズム、社會フアシズムに對する鬪爭へ高め上げられ、帝國主義戰爭反對のためのカンバニアヘ展開され、從てまた反ソヴエート十字軍打倒、ソヴエート同盟の擁護へとすヽむときそれはプロレタリアートの政治闘爭の一部となり、全體的な運動の一環となり得るのである。そのとき反宗教鬪爭は正しき方向を取る。

五、運動方法及形態組織

一、反宗教鬪爭はその運動の本質上、廣汎な大衆組織によつて行はるべき運動である。從つて構成メンバーの如きも、百パーセントの階級意識をもつものに限る必要はない。構成メンバーの第一の條件は無神論(反宗教)の立場に立つてゐることである。けれども同盟は廣義の宣傳家の組織でなければならぬ。從つて構成メンバーは先づあらゆる形態の宗教より解放されてをり反宗教鬪爭に積極的に參加するものでなければならぬ。今後の鬪爭過程を通じて自分のもつてゐる宗教を克服しようといふやうな者はノンバーとは成り得ない。かヽる人は班の周圍につ


頁二七六
くられる一般研究會員となるべきである。

二、同盟を構成する組織單位は原則として他の種類の大衆組織の内部に設けられなければならぬ。殊に政治鬪爭、經濟鬪爭な行ふ大衆組織内に設けられねばならぬ。之は反宗教鬪爭が政治鬪爭、經濟鬪爭に從屬して行はるべきことからの當然の歸結である。しかしこの場合にはこれらの組織別の班はその基本組織の獨自の活動に對して妨害になる行動をとつてならぬことは勿論である。これらの班の主要任務は反宗教鬪爭の領域における仕事を受けもつのである。しかしたとへば文化團體の場合には、事情の如何によつて、その團體が全體として反宗教鬪爭同盟に這入り得る場合はある。この場合には前の場合とは事情が異つてゐる。何らの組織もない地方では當然に班は地域別に組織されなければならぬ。しかし地域別といつても同一の宗教の影響下にある幾つかの近接地域がある場合には、便宜上それらの地域を一つにまとめて班なり支部なりをつくるべきである。

三、運動の方法には大體宣傳、煽動、說得、組織の四つがある。このうち說得の武器は前述のごとく反宗教運動においては特に有効に使用されなければならぬ。說得は執拗に親切に組織的になきなければ効果が上らない。

四、宣傳、煽動は文書、研究會、座談會、講演會、屋外宣傳、示威運動、ピクニツク、旅行、演劇、映畵、スポーツ等々によつて行はなければならぬ。文書は主として同盟より發行される機關誌、ニユース、ビラ、パンフレツト、單行本等によるべきである。研究會や座談會には班のメンバーでない準メンバーをも加へなければならぬ、これらの會合を組織内にもつことによつて宗教信者を忍耐づよく啟蒙しなければならぬ。宗教的年中行事や祭禮の場合には、たヾに口の上だけでそれを攻擊するだけでは不充分である。その日にピクニツクやデモを催してそれを有効に反宗教鬪爭に使用するように企圖しなければならぬ。班または支部は各地方の特殊事情に應じてニユースを發行してアジ、プロをやる必要がある。勞働者農民の記念日祝祭日には積極的に參加しなければならぬ。

五、同盟のメンバーは單に無神論に關する知識だけをもつてゐるのでは不充分である。メンバーは唯物史觀およびマルクス主義一般の知識を具えてゐなけかばならぬ。從つて研究會や座談會において單に宗教に關する研究のみに限つてはならない。この意味においては反宗教鬪爭は特殊の廣汎な文化運動であり啟蒙運動である。

宗教が文化反動一般と結合してゐる現段階において、反宗教闘爭を極めて狹隘な反宗教運動に限ることは全く誤謬である。反宗教鬪爭はマルクス=レーニン主義世界觀の普及擴大の運動にまで展開されなければならぬ。

六、農民の宗教心は彼等が自然の支配力に關する知識が少ないとこるから來る場合がある。かういふ場合には反宗教宣傳家は自然科學の知識をもつてゐる必要がある。從つて自然科學者や學校教師はこの仕事には適當である。またロシアのコルホーズと宗教との關係なども引用さるべきである。

七、學校内の班は主として―般學生に働きかけるための啓蒙組織として活動す


頁二七七
べきである。ブルジヨア學校は學內に公然と學生宗教團體の存在を許してゐるかぎり、これに對する對立的な組織としても學生班は強力に活動しなれけにならぬ。

八、宗教と支配階級との結びつきを撥き宗教の階級性をバクロすることは反宗教鬪爭の有力な手段である。このためには同盟員は宗教の階級性に關する事實を具體的に知つてゐなければならぬ。各班又は支部はできれば各々調查部を設けて各地方に於ける宗教の狀態を調べなければならぬ。また嘗て教團の内部にゐた者はその教養を逆利用して反宗教宣傳に資すべきである。宗教徒は宗教の具體的世俗的内容をバクロされると、つねに「宗教の本質」または「宗教そのもの」といふ抽象語の蔭に逃避するものである。この場合には同盟員は宗教の本質をマルクス主義的に把握する用意がなければならぬこと勿論である。

九、反宗教宣傳の一つの方法として展覽會の開催がある。これは坊主の偽瞞のをカラクリを示した文獻荒唐無稽な聖物等々を蒐集して行はるべきである。また展覽會とまで行かずとも具體的な事務による實物教育は反宗教鬪爭においては重要視されなければならぬ。イデオロギーに對する鬪爭を具體的な事物によつて實行することは時に効果的である。

十、つぎに教育的方面の仕事としては專門的反宗教宣傳家の養成事業がある。反宗教宣傳は單なる素人によつては充分の効果は收められない。これは或る程度まで特殊の技術と專門知識を有する人を必要とする。このために同盟は定期的または不定期的に宣傳家養成のための學校、講習會を開かねばならぬ。また技術の向上を計るためには經驗ある人を招いて研究會を開催する等々のことが為されなければならぬ。


反宗教鬪爭同盟準備會行動綱領(暫定)

一、あらゆる教科書より一切の宗教的宣傳記事の削除
二、學校に於けるフアシズム教育の排擊
三、神社寺院への學生々徒の參拜強要反對
四、宗教學生の反宗教運動の參加の自由
五、各種學校に於ける宗教科または學生宗教團體の廢止
六、一切の宗教學校の廢止
七、エ場布教絶對反對
八、エ場内の佛壇、神社、禮拝所の即時撤廢
九、エ場内の一切の宗教的修養團の排擊
一〇、エ場内に於ける宗教的修養雜誌の配布購買勸誘強要絶對反對
一一、宗教的祭禮に名をかる工場勞働者の慰安會旅行遠足等々反對
一二、軍隊、刑務所、在鄉軍人會、青年訓練所等々に於ける布教絶對反對
一三、社會事業(救民、給養、授産、職業紹介、宿泊所、簡易食堂、人事相談所、感化院等)に名をかる一切の宗教的宣傳の排擊
一四、教團所屬財團設立維持反對
一五、あらゆる色彩の宗教的反動的教化團體の排擊
一六、一切の宗教的激化運動の排擊
一七、加持祈禱及一切の宗教的醫療反對、無産者病院の支持擴大強化
一八、あらゆる神符護符の拒否
一九、一切の聖像、偶像の禮拜反對
二〇、一切の迷信及宗教的慣習の徹底的


頁二七八
打破、科學思想の普及
二一、宗教的募財、寄附の徹底的拒絕
二二、教團による營利事業反對
二三、宗教的婚禮、儀式、葬儀及一切の宗教的年中行事排擊
二四、反宗教的勞働者農民葬の舉行普及
二五、宗教的祝祭日、記念日に代る勞働者農民の祝祭日、紀念日(メーデー、三一五記念日、四一六記念日、ハンデー、十月革命等々)の普及擴大
二六、宗教的青年會、婦人會、宗教的日曜學校の撲滅
二七、宗教的文藝、映畫、演劇、音樂、ラヂオの排擊
二八、スポーツによる宗教宣傳絕對反對
二九、プロレタリア藝術、プロレタリア娛樂及赤色スポーツの宣傳普及
三〇、國家による宗教統制擁護の撤廢
三一、社寺に對する國家及地方自治團體の經濟的補助廢止
三二、新興宗教を名乘る一切の偽瞞宗教的運動に對する徹底的抗爭
三三、世界宗教平和會議絕對反對
三四、社寺境內及附帶地の勞働者農民への無償解放
三五、社寺、教會、說教所の勞働者農民の集會に利用する自由の獲得
三六、反宗教運動に關する一切の言論出版集會の自由の獲得
三七、反宗教運動の屋外宣傳、示威運動の自由の獲得
三八、反宗教運動者の監禁逮捕絕對反對
三九、帝國主義のお先棒、植民地海外布教絕對反對
四〇、あらゆる形態の宗教撲滅
四一、社會民主々義的似而非反宗教運動との徹底的抗爭
四二、一切の教化運動並にフアシズムに對する鬪爭
四三、マルクスコレーニン主義世界觀の普及擴大
四四、反ソヴイエート十字軍打倒
四五、帝國主義戰爭絕對反對
四六、ソヴイエート同盟の擁護
この行動綱領は草案である。準備會加盟者諸君は直ちに同志を集めてこれを大衆討議に移し參考意見を本部に提出して貰ひたい。
反宗教鬪爭同盟準備會

反宗教鬪爭同盟準備會
規約(暫定)
一、名稱 本會は「反宗教鬪爭同盟準備會」と稱す
二、目的 反宗教鬪爭は階級鬪爭の一翼であると云う見地に立ち、總ての勤勞大衆をあらゆる形態の宗教的觀念より解放し以てマルクス=レーニン主義的世界を獲得せしむる為の組織としての「反宗教鬪爭同盟」結成の準備活動を以て目的とす
三、本部 東京市神田區今川町小路一ノ一江戶ビル內に置く
四、會員資格、入會、脫退
イ、年齡十五歲以上にしてあらゆる形態の宗教より解放せられ本準備會の目的規約を承認しその活動に從事せんとするものは何人も會員たることを得、但し反宗教運動を意識的に本來のプロレタリア的方面より外らせんとするものは會員たり得ない
ロ、本會員は每月會費二十錢を納入する義務を有す(會費三ケ月以上の滯納者は本會より除名せららるヽこと


頁二七九
あるべし)
ハ、本會員は毎月機關誌「反宗教鬪爭」及ニユースの配布を受く
ニ、本會の統制に成せざるものは中央委員會の承認により之を除名す
五、組織
(一)班
イ、本會の最下級單位を班とす
ロ、班は最少三名以上を以て組織す
班は其地方の諸條件に依て黨派別(例へは大衆社民黨內班の如し)
勞働組合別(例へば何々組合班)農民組合班、企業別(例へば鐵道、エ場)其他の諸組織別(例へば全國水平社、消費組合、學校、婦人團體、文化團體、借家人組合等內班)に組織することを得

之が不可能なる場合に於ては地域別(例へば何々市町村等)に組織することを得

但し大衆的組織に班をつくることを以て原則とす

ハ、班の構成メンバーが十名以上なる場合は適宜のメンバーより成る班事務局を構成し事務局は書記係(例へば組織宣傳等々係)を置く

班の構成メンバーが十名に滿たざる場合に於ては書記一名を選出す
班事務局及書記は班の一切の活動を統制すること
備考(イ)班は一ケ月一回以上班活動の情勢を支部委員會に報告する義務を有す(ロ)支部なき場合は中央委員會ヘ(イ)の義務を有す

(二)支部、地區委員會、府縣聯合會
ニ、若干(三班以上)の班は結合して支部を構成す

支部は各班の構成メンバー數に比例する代表選舉により支部委員會を設け委員長、係(會計、宣傳、教育等々)班書記を置く
ホ、鬪爭と動員の必要上班又は支部は地區委員會を設置することを得、地區委員會の機組の構成は文部委員會に準ず
ヘ、府縣内に五名以上の支部を有するときは府縣聯合會を設けねばならぬ、府縣聯合會は當該府縣内の全般的活動を統制す。府縣聯合委員會は支部代表に依りて成る府縣聯合大會に依りて選出せらる

(三)中央委員會
ト、全國中央統制機關は中央委員會にして同委員會は府縣聯合會代表の互選によるものとす
チ、中央委員會は事務の執行上常任委員會を設く
リ、中央委員會は調查、國際、宣傳、組織、機關誌、財政の六部を置く
各部は一名の責任者を設く

宗教打倒演說會スローガン一
一、帝國主義戰爭絕對反對
ニ、エ場布教絕對反對
三、寺院、教會、說教所を勞働者農民の集合に使用の自由
四、宗教的募財、寄附に關する拒否運動を開始せよ
五、反宗教鬪爭を階級鬪爭の一翼とせよ
六、反宗教闘爭同盟準備會萬歲

日本反宗教同盟
眞宗出身の社會主義者である高津正道氏を中心とし、堺枯川、河野密、中村高一其他無產派各黨派の賛成支持を得て、企てられたのが日本反宗教同盟である。高津式は前記反宗教鬪爭同盟設立。


頁二八〇
準備中、秋田雨雀氏一派と指導精神を異にした所から前者を脫退し無產政黨を背景に、合法的に進まうとするもので、必然的に前者とは對立の形にはなるのであるが、一方の使命を負つて宗教の內容を暴露し積極的に宗教及教團を破壞しようといふのである。

全國水平社、全農組合の共同鬪爭委員會
全國水平社、全農組合の共同鬪爭委員會は、その計畫の第一回懇談會を六日廿九日堺市潮場に開催、反宗教鬪爭同盟の執るが如き宗教そのものヽ打倒を目標とせず、專ら宗教の名に依る榨取的寄附行為を擊滅することを決定した。

全國宗教擁護同盟
東京府北豊島郡三河島町子之神七五にある建國會本部は、六月十九日、趣意書、宣言を發表した。目的構成等を左に
目的
一、本同盟は日本主義運動の一翼てあると云ふ見地から、國體に背かざる一切の宗教を擁護し、マルクス、レーニン主義を基礎とする反宗教運動の本質を暴露し、凡ゆる民衆をして日本主義的世界觀を獲得せしむるを以て目的とす
名稱
一、本會は全國「宗教擁護同盟」と稱す
構成
一、本會は同盟の趣旨に賛成する個人及團體を以て構成す
組織
一、班 (イ)班は組織の最下級位であり二名以上を以て構成す、(ロ)班は支部の統制の下に活動すること
一、支部 (イ)支部は三十名以上を以て構成す、(ロ)支部は縣聯合會の指揮統制の下に活動すること、(ハ)支部は班を統制すること

一、聯合會 (イ)聯合會は各府縣を單位とす、(ロ)聯合會は支部を統制すること、(ハ)聯合會は中央本部の統制の下に活動すること

附則
一、班、支部、縣聯合會、及本部の機關規約並に運動方針書は別に之を作製すること
皇紀二千五百九十一年六月
全國宗教擁護同盟本部

佛教青年聯盟
東京市本所區西片町一〇ろの六號に本部を置ける今戒光(春聽)氏の佛教青年聯盟は、スローガン、檄、宣言等を發表した。そのスローガン、檄を左に錄す。

スローガン
一、佛教徒にパンと職を與へろ
一、僧侶の政治結社及結社加入の自由を與へろ
一、二千圓基金募集
一、同志獲得萬歲
一、一人の同志は一人の同志を獲得しろ
一、反宗教運動絶對反對
一、佛教青年聯盟萬歲


吾等は全國の佛教徒に訴ふ。

佛教は再び是等全國の佛教徒によりて正しく把握せらるべき事を要求して居る。

佛教夫れ自體が苛責なき自己否定によりて再認識され、かヽる佛教徒としての吾等が把握せる質は不可避的に實踐に轉化され追求せらるべきことを。

即ち佛教を佛教徒としての立場より佛教が必然化する社會觀として把握せらるべきことを。夫故社會を統制し規定せる


頁二八一
佛教として認識せらるヽことを要求してゐる。斯る我等の認識こそ是等の信仰生活を確然たらしめ是等が存在をして即ち社會構成員として現在何をなすべきを決定っするものなのだ。此點は最も重要である。吾等は斯く佛教をその必然的發展に於て觀察し認識することに依つてのみはじめて吾等反宗教運動に對して戰ふべきである。斯る再認識こそ佛教が民衆に常に味方であり民衆のためにその要求の先頭に立つて進むことを證明するものである。

反宗教運動對策座談會にて相會せる吾等佛教徒は、全國の佛教徒に訴ふ。
反宗教運動絕對反對!
佛教徒にパンと職とを與へろ!
佛教青年聯盟萬歲!

右決議す
六月二十一日
反宗教運動對策座談會

反宗教運動折伏聯盟
東京市小石川區小日向臺町一の六三大乘會發起のもとに結成せる反宗教運動折伏聯盟は、六月廿七日その發起人總會を開き、宣言及綱領を發表して、反宗教鬪爭同盟等の反宗教運動に對し、徹底的に折伏對治運動を起した。その宣言及綱領は左の如し。

宣言
最近マルキシズム國產共產黨運動の一分派たる反宗教運動の擡頭に對して我國宗教界が驚愕狼狽して為す所を知らず。或は之を敬遠することによつて其の鋒を避けんとし、或は是に迷惑して追隨阿附する者あり。偶々此と抗爭せんとする者にあつても消極的防禦の態度に止り、進んでその思想動搖の愚朦低劣を徹鑒し破邪顯正の積極的活動に出づる者なきは、是れ正にマルキシズムに對して學術的批判折伏を加へ、之を思想的に處置し得ざりし我が學界教育界の無為無能に平行する日本宗教界の無信仰無活力の現實暴露に外ならぬ。

社會科學上の時代後れの誤謬思想の一實例、二十世紀の切支丹伴天連、賣國的邪宗門たる彼マルキシズムの反宗教運動の如きに內心畏怖を感じ。又は此に對して無反應の態度を續ける者等よ、退れ!。

本聯盟は宗派と僧俗と其の他一切の身分差別を問わず、捨身求道の熱誠、金剛不壞の信念を以て國家社會人類生活の現實を勇敢に批判し、無上正眞道を欣求精進し、祖國日本の民族的國家的獨立を防護せんとする同志によつて組織せらる。

故に、本聯盟は、反宗教運動と外廓的に對立抗爭するものに非ず進んで歐洲の基督教が處置するを得ざりし「宗教の代用物」(Religionsersstz)たるマルキシズムの鬼畜的思想運動の核心肺肝を衝いて之を折伏對治すると共に、又現日本の國民生活を蠹毒殘害する腐敗宗教並に金權閥族支配としての政黨政治を革正し、以て「光は東方より」の大理想を實現更新せんとする者である。

現下國民思想生活の急迫情勢に對して靜止に堪えざる生の衝動を感ずる者の共に競ひ立つべきは今である!

綱領
一、本聯盟は、教派僧俗身分を問わず不惜身命の宗教的信念に立脚し祖國日本を防護せんとする團體結社及び有志を以て組織す
一、本聯盟は、反宗教運動の擡頭を契機として賣國的、非人道的邪宗門マルキシズムの凶惡思想の徹底的折伏を期


頁二八二
す。

一、本聯盟は、祖國未曾有の思想的國難時に對し、國家社會に對する宗教の重大使命を痛感し、國民生活を蠹毒殘害する腐敗宗教、亡國的金權政黨政治の革新を期す。

昭和六年六月廿七日
反宗教運動折伏同盟

而して九月中旬結盟式を舉げることになつたが其前驅として京濱其他で講演會を開いて同志を糾合し、尚反宗教鬪爭同盟側の宣傳演說會の開催豫定地たる大阪、愛知、新潟、富山の各地方へ警告狀を送り、場合によつては委員を派遣して協力抗爭せしむる手筈を整へた。

因に聯盟役員中重なる者は
評議員 安藤正雄、荻野仲三郎、角張東順、河口慧海、クルパンガリー、高島米峰、土田杏村、頭山滿、蜷川新、忽滑谷快天、濱地八郎、福原俊丸、深作安文、松井茂、松本重敏、三井甲之、望月信亨、若宮卯之助、鷲尾順敬、渡邊海旭の諸氏

統制部々長──田中弘之氏、調查部々長──蓑田胸喜氏、宣傳部々長──武田豊四郎氏、出版部々長──境野黃洋氏、經理部々長──本多廣善氏、庶務部々長──吉田無染氏

尚聯盟の本部は、前記大乘會に置かれ會費は年額一圓。

反宗教運動と日本宗教協會
六月三十日增上寺景光殿に開かれた日本宗教協會の反宗教運動に關する會合には渡邊海旭、神崎一作、麻生正三、今岡信一良諸氏等三十余名參集、大體の意嚮は反宗教運動を愚舉として默殺に限るとなし、むしろ現實に於ける教團に反省を希望する意見が多かつた。

本願寺派が反宗教運動の研究、調查を開始
西本願寺布教部では井上部長初め部員が主となつて、反宗教運動に對する研究調查とその對策及びそれの種々なる部面を研究することヽなり、毎一回を六月一日に開催し、隨時に開くことになつた。

反宗運動と佛聯
佛聯本部では、幹事會議に開き調查部主となつて反宗運動の成行其他を調査し之が對策に就て考究を重ね、その成案を得て、七月二十三日芝明照會館に於て在京幹事、及び在京の智山、豊山、淨土、曹洞、眞宗の各宗派當局の聯合協議會を開きこの問題に就て協議した。その結果反宗運動の對策としては席上、各宗管長の聯合諭達を發して七萬の佛教寺院を動員してこの際積極的に何等かの對策運動を起してはと言ふ議も出たが、かくては反つて彼等に反感の念を高からしめるやうな事無きを期し難く結局各宗各派に於て單獨に諭達を發す事を申合せ、近く各派よりそれに發せられる事になつた。

反宗と天臺宗青年會
東京に於ける天台宗の有志は宗教の遭遇せる重大時局に鑑み、六月「天台宗青年會」を組織し思想問題、時局問題を研究し宗內に大きな刺戟を與えたが、九月十七日には午後二時より日本反宗教同盟準備會の高津正道氏を招き淺草傳法院に於て「反宗教運動發生の社會的必然性」の講演を聽き講演後引續き充分なる質疑應答をした。

反宗教同盟結成大會
反宗教鬪爭同盟は、その結成大會を築地小劇場に於て、九月二十日午前九時開催すべく地方代議員數十名、本部員百名


頁二八三
傍聽者、友誼團體一千人近くも同劇場に集合したが議事々項及宣言、綱領、運動方針書及壇場に掲げられた十一項のスローガンは臨檢の警官から全部撤回を命ぜられ極めて險惡なる空氣を漂はしてゐたが、それを察知した同盟側では對策を講ずベく協議し、遂に豫定の時刻を延引して十一時次の如きプログラムによつて開會の運びとなつた。

一司會者の辭、一議長及副議長の選舉、一書記の任命、一東京府聯代議員の歡迎の辭、一地方代議員代表の答辭、一各種委員の選出、一友誼團體の祝辭及びメツセーヂ、一本部報告、一支部報告、一議事、一中央執行委員の選出、一中央執行委員長の選出、一中央執行委員長の挨拶

而して司會者秋田雨雀氏は開會時間の延長の詫をのべ開會辭に移るや臨檢の警官は突如「辯士中止解散を命ず」と叫び同結黨大會は悲壯なる一幕と共に解散された。この時會場の一角から「全國宗教擁護同盟」の多數の赤き紙片にすられたビラが飛び、忽ち多數警官ともみ合ひこれらもろとも同盟員及會衆三十名築署に檢束された。

「時局批判」と改稱せる反宗教演說會
九月二十日築地小劇場で結成せんとした反宗同盟はその開會と何時に解散を命ぜられ二十名の留置者を見たが二十一日午後七時から上野自治會館に於て「時局批判」と改稱して反宗演說會を開催し、本部の殘員及友誼團體の應援を得て辯士尠なしと雖も物々しい數百名の警官の監視の裡に布施辰治氏の開會の辭から始めたが「全國宗教擁護同盟」の身延奉思會の赤たすきをかけた若者がビラを撒布し壇上に亂舞するなど、開會當初から極めて不穩なる空氣を見せ、加ふるに辯士殆ど中止、東京府聯の吉田氏この演說會を變更して結黨大會に代へることをほのめやかすや忽ち中止、檢束、九時遂にまたもや解散となつた。

檢束者は十一名、こヽに反宗同盟は殆ど中心メンバーを拔かれ合法的な結黨を見ることが出來ない狀態に陷入つた。

教界片々

立正大師に勅額下賜
昭和六年は日蓮上人六百五十年忌に相當し、大師號宣下十年にあたるので。長き邊りでは、六月十八日「立正」の勅額御下賜の御沙汰があつた。日蓮宗では恩賜の勅額を十月一日宮中より拝戴して、池上の本門寺に於て欽戴式を嚴修し、即日之を身延山の祖廟に供奉して奉迎の大典を舉行することに決定。

AKから全國へ盂蘭盆法要の放送
七月十四日JOAEでは、東京麻布の曹洞宗大本山永平寺出張所に於て北野元峰禪師導師の下に行はれた盂蘭盆會の施餓鬼大法要を午前十時から全國に向けて中繼放送した。

國寶の觀音四天王像燒く
昭和五年十二月二十一日眞言宗總本山東寺の食堂がやけて其の中にあつた千手觀音像と四天王像がやけた、前者は千餘年を經たもので理源大師作と傳へられる唯一の國寶で四天王は鎌倉期のものである。然るに其のやけたあとのこの五體國寶が修理されるものがされぬものがで議論があつて學者達の興味を湧かしたが六


頁二八四
年三月廿四日に四天王は國寶を除籍されたが本尊の觀音樣は佛德イヤチコなるものがあつて修理を加へてもとの通りにすべきものであるとなつた。

三十三間堂本尊の作者時代等の確證出づ
五月一日より第二期工事に着手した洛東三十三間堂は同三日國寶保存會萩野博士一行入洛新納氏と共に調查の結果本尊胴洞中より羽目板及び臺座の心棒を發見、直に調查の結果從來湛慶作とのみて作年時等は不明であり從つてこれに伴ふ幾多の疑問を殘してゐたが、右の臺座心棒によると建長三年辛の亥月二十四日法勝寺で彫作し同六年甲寅正月二十三日に一部修理したことが判明したものヽ如くである。

親鸞存生中最古寫本發現
從來、親鸞聖人の眞本として確定されて居るものには越前大味浦法雲寺の尊號銘文がありこれは世に「略銘文」と稱され親鸞八十三歲の眞本で現存眞本として最貴重の優品とされて居る、今一つは高田專修寺に藏されるそれであつて之は「廣銘文」と稱され親鸞八十六歲の眞本であるところが六年二月上旬、大谷派本山内事局寶藏を調查せる日下無倫氏は一見大味浦法雲寺の尊號眞像銘文に髣髴たる最古寫本を發見した、恐らく親鸞存命中、其の門弟が眞本を直寫したものらしく筆寫年代は鎌倉時代を下らぬと日下氏は斷定した。

鐵眼禪師二百五十回忌と窮民救助の大施行
大阪難波の雙眼寺に於て六年六月六七の兩日に亘り、大藏經刻版で名高い鐵眼禪師の遠忌法要を嚴修したが、鐵眼の二大事業の一たる窮民救濟の精神を奉じて境內に大施行をなし、方面委員の手を通じて配布された供養券によつて約二千人の窮民に托鉢及び喜捨による米四十石と菓子とを施與した。

伊藤博文公の菩提寺 春畝山博文寺地鎮式
故伊藤博文公の偉業をしのぶべき追福寺院建立計畫は着々進捗し、四十萬圓の資金が纏つたので六月二十二日朝鮮京城獎忠壇公園の紀念寺院敷地で、前政務總監兒玉伯祭主となり、曹洞宗京城別院住職高階瓏仙師導師の下に嚴かに行はれた寺號は「春畝山博文寺」と決定。

臺北東本願寺別院
臺北市東本願寺別院は昭和五年十二月十四日炭小屋から發火して全燒した。同別院は昭和三年六月起工漸く竣功したばかりで、損害は三十餘萬圓である。

小田原道了尊の都入り
神奈川縣大雄山最乘寺に鎮座まします道了大薩埵は昭和五年十一月十四日六十年振りに東京へ出開帳、十五日宮城前大廣場に至り最乘寺住職伊藤道海師、赤星執事長以下衆僧參列鎮護國家の大祈禱會を行ひ、宮内次官を通じて寶牘を捧呈し日比谷公會堂に於て復興七週年記念の大祈禱會を行ひ、市内各所を巡行し非常なる賑ひを呈した。

震災記念堂に佛舍利を奉安
曩きにポーイスカウトを率ゐて暹羅國を訪問した二荒芳德伯は同國皇帝陛下より佛舎利を下賜されたので、之を捧じて歸朝し、安置方に就て永田東京市長に依囑した結果、永田氏は六年三月二十三日市參事會に諮り、本所の震災記念堂に奉安することに決定し、次で四月五日盛大


頁二八五
なる釋尊遺骨奉安式が行はれた。

盆の供米で缺食兒童の救濟
淨土宗青年聯盟が五年の盂蘭盆に各寺院より供米を集め之を東京市に委託して缺食兒童に分配し非常なる好成績をあげたのにかんがみ今年は規模を擴大して右の企てを行ふことヽなり

增上寺、淨土宗東京教區布教團、淨土宗務所社會課、淨土宗兒童協會、淨土宗青年聯盟、教學週報社の各團體

が共同主催となつて八月一日より手分けして供米の募集をした。

九月一日の震災記念堂
恨みも深き關東大震災八周年を迎え東京本所の震災記念堂に於ては府市聯合主催の下に九月一日午前九時より神佛兩樣に依る記念祭及追悼法要を嚴修する所あつたが、本年は記念堂竣成後最初の事とて例年に比べて一層の人出で附近は市内外より繰り出した參詣者で大混雜を呈した。式は午前九時より先づ神式に依つて始められ、續いて佛式に移り、先づ服部賢成氏の道場洒水を經て祥雲晩成氏啓白文を朗讀し續いて天台宗の大多喜守忍氏以下の各宗導師五百餘名の大衆と共にいと嚴かに記念法要を修して橫死者の冥福を祈つた。猶安達内相の燒香、永田市長の大梵鐘三點があつた。

皇后陛下の香爐御下賜
皇后陛下には、震災八周年を迎へるに當り、畏くも震災記念堂に對し香爐一基を御下賜に相成つた。

支那水害と佛教徒の義金
大出水の為め酸鼻を極めた中華民國長江一帶の罹災者に對し東京市を中心とせる各宗寺院の團體である東京佛教護國團及び佛教聯合會では東京市後援の下に廣く佛教徒から義捐金を募集することに決し九月一日の震災記念日にのぞみ各宗代表總動員の下に街頭に立つて大活動を開始した。集められた義金は寄附者名簿と共に外務省を對じて直ちに友邦の然る可き機關に傳達されることになつた。

女性僧侶の進出
尼僧さんではない、有髮の女性が初めて教團に參加することになつた。それは西本願寺派で多年懸案となつて居た女僧侶の制度規定が昭和六年七月十七日附發布實施を見た。その規定の中に「女子の得度は剃髮を要せず束髮とす」「女子の教師準教師は寺院住職に任ぜら ることなし、但し說教所擔任教師たるを妨げず」「女子にして教師準教師たるものの說教は規定の服裝とつけ別に講壇を用ゆべし」とある。

同宗に於ては、女僧侶の養成機關として、六年十月より中央佛教學院に女子部を開設して宗乘餘乘と副科として社會事業一般等の課目を授け、修業期間は六ケ月、入學資格年齡は十七歲以上とある。

教界の哀悼

竹田默雷老師の遷化
臨濟宗京都建仁寺派管長たりし默雷老師は豫て病臥中の處昭和五年十一月十五日同寺僧堂に於て遷化された享年七十七同師は明治二十五年大本山住職となり、管長に就任して現在に至つた、今上御即位の大典には佛教各宗管長代表として參列し、教界多年の功勞によつて畏き邊りより特に金杯を下賜せられた人である。

信隆日秀師遷化
本門法華宗前管長たる同師は十一月二


頁二八六
十八日大阪市西高津中寺町妙蓮寺に於て遷化せらる。

杉田日布師遷化
日蓮宗總本山身延山久遠寺法主杉田師は十一月七日遷化、享年七十六歲。


本多日生師の宗葬
顯本法華宗前管長本多大僧正は三月十六日自坊東京品川妙國寺に於て遷化、享年六十五、本葬は五月十六日宗葬として井村管長導師の許に行はれたが、會葬者三千名、弔電六百餘に及んだ。

山本富賢氏逝去
曹洞宗庶務部長たりし同師は鄉里愛知縣大野町にて五月七日逝去された。

田村智範氏遷化
古義眞言宗山階派管長田村智範師は、七月十五日突如として本山にて遷化せられた。同師は今春管長に就任、六月十八日晋山式を舉行せられ、管長認可より僅に二ケ月餘、蓋し、事務長時代を通じて前後約廿年宗門の為に盡くされた人である。

手塚文蒼氏逝去
臨濟宗妙心寺派の人て京城帝國大學法文學部助教授手島文蒼式は胃癌にて靜養中の所昭和五月十九日京城にて遂に逝去された。

下間空教氏の訃
東本願寺教務部長下間空教氏は六年六月十七日京大病院にて死去、同氏は佛教界唯一の法律通と稱せられ、宗教法案に關して政府案に先立つて佛教聯合會案を作製し、東本願寺重役として眞宗協和會の神社法調查の中心となつてゐた。享年五十四歲、大谷派法主は氏生前の功勞に對し權僧正に補し正定院釋空教の院號法名を贈つた。

橋川正氏の訃
大谷大學前教授橋川正氏は持病の喘息の急激な發作とハリの手當の經過の不結果により突如容態險惡に陷り九月六日午後五時遂に急逝した、享年三十八。

野口主師逝去
單身歐米各地の布教行脚から歸つて間もなく重體を傳へられた顯本法華宗の傑僧野口日主師は六年七月二十三日生別式を行つて後何等思ひ殘すところなきが如く靜かに病床に橫はつて居たが二十六日遂に眠るが如く逝去した。行年六十六歲自坊淺草永住町妙經寺に於て二十八日密葬が行はわた。

弓波龍大學長の訃
龍谷大學長弓波瑞明氏は六年一月二十五日突如逝去した。氏は文部省に開かわた私立大學々長總長會議に出席し東京で髯を剃つて歸洛の途中風邪にかヽり、剃り傷から丹毒菌に侵かされて病勢が急變したものである。享年六十五歲、二十七日西大谷本廟に於て密葬が行はれた。

福原隆成氏逝去
淨土宗智恩院執事長福原隆成氏は六年三月廿日逝去。行年六十歲。甞てゴツダルド氏が京都に來て、某クリスチヤンを訪ね、眞に僧型であり僧堂らしい寺院及寺院生活を見せて吳れといつた時、そのクリチヤンは鞍馬ロの上善寺を紹介し福原師をたづねさせたと云ふ話があるが一生妻帶せず禪の道場に於けるやうな生活をして居た人である。


頁二八七
第七 人事篇

例言

本篇には各宗派管長及教家並び外護者等に關する佛教者を登載した。記載の正確完全を期するために直接照會、回答を得、又本社編輯局調查課保存資料による。

人名配列の順序は、最初に各宗派管長を宗派配列順によつて掲げ、次いで現在の著名佛教者を五十音順に配列揭出した。人名叙述は◇所屬宗派◇現職◇現住所◇略歷(生年月、出生地等)の順を追つて誌してある。

各宗派管長

梅谷孝永 ◇天◇天台宗座主(管長)廷曆寺住職◇滋賀縣滋賀郡坂本村延曆寺◇電京都衹園四六七◇文久三年福井縣令立郡船津村上鯖江上。明治十二年妙法院門跡道盈大僧正の室に入りて得度受戒、特に魚山聲明業の奧旨を極む。三千院門跡天台宗精查局長、大僧正、宗機顧問、妙法院門跡、探題等に歷任。

山科晃玉 ◇天寺◇天台宗寺門派長吏(管長)、圓滿院門跡◇滋賀縣大津市別所圓滿院。◇明治六年生。十八年五月大闍梨祐玉師によつて得度受戒、三十五年三月法務局執事下、大正二年十一月敬和上により入境傳法灌頂、十年法務局執事長、十一年十二月圓滿門跡へ轉任、十三年十一月大僧正に補せらる。

山田智善 ◇天眞◇天台宗眞盛派管長西教寺住職◇滋賀縣滋賀郡坂本村大字坂本西教寺◇文久二年京都市上京區東堀川丸太町生。明治四年十月得度、八年本山にて受戒、十一年本山勸學寮入學、四十四年阿闍梨、四十五年五月福井縣武生引接寺住職、眞盛寺派教師檢定委員長、大正七年北海道北引接寺開山、八年十月總本山月西教寺住職、大僧正に昇位、八年十月長吏(管長)就任。

龍池密雄 ◇古眞◇古義眞言宗管長、金剛峰寺住職◇和歌山縣伊都郡高野町金剛峰寺◇天保十四年廣島縣深安郡道上村生。嘉永六年十月中道山道場にて得度、安政六年高野山惣持道場にて灌頂、明治三十六年高野山寺務檢校法印、四十四年同山寶性院門主、大正元年大覺寺門跡に任じ、管長に就任、九年眞言宗長者●修法大阿闍梨、昭和三年九月古義眞言宗管長就任。

平之亮禪 號、春泉◇眞言醍◇眞言宗醍醐派管長、醍醐寺住職◇京都府宇治郡醍醐村醍醐寺◇萬延元年廣島縣西條町生。明治三年廣島縣尾道市西國寺慈明大和尚に就き得度受戒、九年同師に就き入壇灌頂、十年より七ケ年高野山大學林並に京都總黌にて自他宗部を研鑽す。大正三年醍醐派惠印部傳法院長、大正四年五月醍醐派執行長、十年七月大僧正、醍醐寺座主、管長就任。

松永昇道 ◇眞言東◇眞言宗東寺派管長、教王護國寺住職◇京都市下京區九條東寺町教王護國寺◇慶應二年岐阜縣大野郡丹生川村大字町方生。大正十二年九月大僧正補位、教王護國寺住職。管長就任。

椋本龍海 ◇眞言泉◇眞言宗泉涌寺派管長、泉涌寺住職◇京都市下京區今熊野町泉涌寺◇明治二年京都生。二十四年高


頁二八八
野山大學、二十七年東洋大學卒業、三十一年より鼎龍曉師に就き松本十二流及泉涌寺所傳別受戒を受く、嘗て臺灣の開教に努め、泉涌寺寺務長、宗會議員、宗門幹部、佛教聯合會幹事、佛教護國團主事等歷任。次で管長就任。

密門快範 ◇眞言山◇眞言宗山階派管長、勸修寺住職◇京都市山科町仁王堂町勸修寺◇元治元年東京市生◇入寺明治七年六月八日、得度明治八年九月、住職三十一年六月奈良縣久米寺、現職昭和六年十月十九日、明治三十二年以來各宗務拝命歷任。

蓬生觀善 號、幽芳◇眞言善。眞言宗善通寺派管長、大本山隨心院門跡◇香川縣善通寺町善通寺◇電一一一◇明治七年一月十五日香川縣生◇六大新報主事、眞言宗聯合會議員、山階派宗務長、眞言宗聯合法務所部長、香川縣宗務支所長、佛教聯合會幹事、宗教法委員、高野山宗務所執行、香川縣佛教會長歷任。

旭純榮 ◇新眞智◇新義眞言宗智山派總本山智積院住職◇京都稻下京區東瓦町◇元治元年水戸市向井町生。明治十年三月得度、十二年交衆、十八年受戒灌頂、二十四年練行、同年新義派大學林卒業。三十九年三月菩提院結集、大正十一年二月集議、昭和四年十月二十二日管長就任。總本山智積院住職。福島縣石城都赤井村常復寺外三ケ寺を兼務す。

湯澤龍岳 ◇新眞豊◇新義眞言宗豊山派管長◇東京市本鄉區元町二八、三念寺◇明治九年山形縣生。明治十八年五月山形西置賜東根村釋迦院住職栗林智法徒弟となり二十年三月二十一日本山遍照寺に於て戒師宥泰阿闍梨に隨ひ得度、加行、交衆、授戒、灌頂、練行、法流傳授、灌頂開壇、傳法大會、如法修行、二十九年新義派大學林卒業、大正五年總本山再建局長、十年豊山派宗務長、十四年宗會議長、昭和三年再度宗會議長、五年再度宗務長、同年八月二十一日管長就任。

佐伯悟龍 ◇眞言律◇眞言宗律宗管長、西大寺住職◇奈良縣生駒郡伏見村西大寺二五八五西大寺◇明治八年京都市生。二十年得度、二十六年受戒、三十年灌頂、三十一年より西大寺佐伯泓澄長老に隨つて菩薩流その他傳授、又眞言律宗大學林に於て大小顯密を修學す。明治三十三年より宗會議員、三十九年より眞言律宗執事、昭和三年九月六日管長就任。

北川智海 ◇律 律宗管長、唐招提寺住職◇奈良縣生駒郡唐招提寺◇元治元年奈良縣字智郡年原町生。明治十一年得度、十二年成滿阿闍梨性海和尚に就き加行、十六年大阿闍梨照遍大和尚によつて灌頂、十七年受戒、十四年より二十六年まで上田照遍大和尚に師事して四分南山律儀及び華嚴、天台、密教の諸學を學ぶ。四十五年唐招提寺住職、管長就任。

山下現有 ◇淨◇淨土宗管長、總本山知恩院住職◇京都市東山知恩院◇天保三年愛知縣丹羽郡赤見村生。天保十一年得度嘉永二年冠譽慧嚴大僧正に就き兩派相承、安政二年山下學寮主、明治三年山口西堂開講、八年幡隨院住職、十二年圓成寺住職、二十年大本山百萬遍知恩寺住職及び京都大効會長に任ず。二十三年轉法輪寺隱棲、三年大本山增上寺住職、三十五年總本山知恩院住職、淨土宗管長就任、三十九年朝鮮各地巡教、總本山阿彌陀堂再建企圖、四十年同堂落成、四十四年宗祖大師の加諡明照拜載、宗祖大師七百年御遠忌奉修、大正四年佛教各宗派首長代表として御卽位大禮參列、昭和三年社會教化


頁二八九
の功勞により天盃拜戴、五年三月高祖善導大師一千二百五十年御遠忌奉修。

大西玄光 ◇淨西禪◇淨土宗西山禪林寺派管長、禪林寺住職◇京都市上京區永觀堂町四一禪林寺◇明治元年廣島縣生。昭和四年十二月管長就任。

關本諦承 ◇淨西光◇淨土宗西山光明寺派管長、大本山光明寺住職◇京都府乙訓郡乙訓村大字粟生光明寺◇萬延元午和歌山縣日高郡上南部村生◇明治六年得度、十二年本山光明寺宗學本校に入り十五年卒業、次で高野山に登り密教を學び山本嚴識師に就て唯識華嚴を學ぶ。此間東都に遊學して宗教哲學を修む。四十一年檀林總寺住職となる。大正七年本山光明寺晋住、大僧正となる。

富永慶法 號、深空◇淨土宗西山深草派管長、誓願寺住職◇京都市上京區新京極櫻ノ町誓願寺◇電、京都本局九五八◇嘉永六年愛知縣幡豆郡横須賀村生。慶應元年得度、明治十八年曼陀羅相承、同派勸學林教師、十九年觀音寺住職二十四年阿彌陀寺住職、三十年守樂寺住職、三十一年南北改正協議員、三十五年南北兩本山東部寺務取扱。大正五年宗會議員、十四年復興局副總裁等歷任。昭和三年三月大僧正、管長就任。

關清拙 (別に精拙とも書す)號、青峨◇臨天◇臨濟宗天龍寺派管長、天龍寺住職◇京都市嵯峨町天龍寺◇電嵯峨一五六◇明治十年兵庫縣美方郡濱坂町生十五年關敬州師に就き得度、十五年より十九年まで天隣寺關仁舟仁就き休學、十九年より二十五年迄福富村私塾正法館に入り宗乘及び漢籍修學、二十六年天龍寺峨山和尚に就き參究後、鄉に歸りて住菴すること七年、四十年神戸布引山の龍淵和尚に參ずる事約十年、大正五年同派宗會議員貫、宗務顧問、教學部長、慈濟院職、大正六年より七年に亘りて支那佛教の視察を行ふ。九年より十年まで印度佛蹟及南支那佛教視察。十一年管長就任。

橋本獨山 號、對雲窟◇臨相◇臨濟宗相國寺派管長、相國寺守住職◇京都市上京區今出川通烏丸東入相國寺◇明治二年新潟縣南魚沼郡中之烏村生。十七年橋本峨山に就て得度、二十二年より三十三年迄天龍寺派專門道場に入り高木龍淵、橋本峨山二師に就きて參學、三十三年鹿王院住職、四十二年相國寺專門道場師家となり、兼ねて管長就任。

竹田頴川 號、古渡庵◇臨濟宗建仁寺派管長◇京都市東山區小松町一三九建仁寺◇電京都祇園三七七〇◇明治十一年愛知縣生◇昭和六年五月廿五日建仁寺住職同年六月三日建仁寺派管長就任。

赤井義勇 ◇臨南◇臨濟宗南禪寺派管長、南禪寺住職◇京都市左京區南禪寺福地町南禪寺◇電京都上三六五◇明治三年島根縣大原郡大東町生。佐々木泰道師に就きて得度、爾後京都の荻野獨園、齋藤龍關兩師、大和の片岡六湛師に就きて修行、三十三年東京哲學館佛教專修學校卒業、三十四年南禪寺派伊萬里圓通寺住職四十一年一等教師拝命、次で昭和三年四月四日管長就任。

神月徹宗 號、清竹軒◇臨妙◇臨濟宗妙心寺派管長兼圓福僧堂師家◇京都府葛野郡花園村妙心寺◇明治十二年兵庫縣城崎郡生。大德寺派前管長見性宗般師に法を嗣ぐ。大正七年京都市外八幡町妙心寺派專門道場圓福寺住職、後支那、暹羅、ジヤワ、印度を漫遊、十二年臨濟宗大學々長、昭和二年辭任。管長就任、

菅原時保 ◇臨建長◇臨濟宗建長寺派


頁二九〇
管長、大本山建長寺住職◇神奈川縣鎌倉郡小坂村建長寺◇慶應二年生。明治三十八年同派選舉にて管長當選、同時に大教正となる。

尾關本孝 號、行應◇臨東◇臨濟宗東福寺派管長、東福寺住職◇京都市本町東福寺◇電京都祇園八七◇明治七年兵庫縣養父郡安廣谷村生。二十年京都尾關惠薩師に就き得度同師の養子となる。十六年より二十六年まで師匠及び大槻彌生師等に就き内典漢籍を修學。二十七年より四十一年迄橋本峨山、宮裡東昱、井山九峰の三師に就き修禪。大正十二年東福寺派管長事務取扱、東福寺派專門道場師家就任、十三年六月管長就任。大阪別院移轉改築東福寺本堂再建中。

圓山全提 ◇臨大◇臨濟宗大德寺派管長、大德寺住職◇京都市下京區紫野大德寺◇明治四年廣島縣沼隈郡鞆町生。十三年圓山腸谷師に就き得度、十九年より岡山縣太田進造、藤原松軒に就き漢學を修む。二十二年より鎌倉圓覺寺洪川和尚に就き修禪す。二十四年より京都紫野大德寺廣州和尚に就き參禪、三十七年師承、五十五年岡山縣上道郡富山村曹源寺住職、大正十三年京都紫野大德寺專門道場師家、同年大德寺住職及び管長就任。昭和四年一月再選。

太田常正 ◇臨圓◇臨濟宗圓覺寺派管長、圓覺寺住職◇神奈川縣鎌倉郡小坂村字山ノ内圓覺寺◇前東京府下品川町同宗大德寺派東海寺住職、昭和五年六月三十日管長就任。

高木獨鳳 號、萬松關◇臨永◇臨濟宗永源寺派管長、永源寺住職◇滋賀縣愛知郡高野村永源寺◇電滋賀縣山上一六◇元治元年佐賀縣神崎郡西鄉村生。明治元年佐賀縣高木陽堂師に就き得度、十四年佐賀縣正法寺先住關觀道師に就き佛教祖錄を學習す、十九年より三十六年まで久留米市梅林寺先住東海猷禪師に就き禪宗專門修行證明を受く、四十二年一等教師拜命、東福寺住職就任、大正十年は管長就任

足利紫山 號、閒雲◇臨方◇臨濟宗方廣寺派管長、大本山方廣寺住職◇靜岡縣引佐郡奧山方廣寺◇安政六年愛知縣葉栗郡葉栗村生。慶應二年得度、明治二年より七年まで同郡横山洪堂に就きて宗乘研究、七年より十一年迄東京大教院に入り今北洪川師に就きて宗乘漢學を研究、十一年より十四年迄岐阜縣正眼僧堂に掛塔十四年より二十九年まで京都市今出川相國寺專門道場に掛錫修行、荻野獨園師の印可を受く、昭和二年奧山方廣萬壽禪寺に住職し、管長就任。

山崎益州 ◇臨佛◇臨濟宗佛通寺派管長、佛通寺住職◇廣島縣豊田郡高坂村佛通寺◇明治十五年京都府南桑田郡篠村生二十四年京都府山崎浩寶に就き得度、二十三年より二十六年まで兵庫縣常光般若林に學ぶ。三十七年より大正五年まで京都天龍寺派專門道場へ掛塔、十年天龍寺派執事、十一年專門道場師家、昭和四年管長就任。

佐竹龍水 號、石雲室◇臨國◇臨濟宗國泰寺派管長、大本山國泰寺住職◇富山縣氷見郡太田村田泰寺◇安政四年三重縣河藝郡御園村上。明治元年臨濟宗天龍寺中弘源寺敬叟師に就きて得度、同年よりも七ケ年宗學并に漢學を研鑽、其後美濃伊深正眼寺僧堂泰龍老師に隨身七ケ年、爾後各所に歷參、末後天龍に滴水老師に投じ眞參苦修するもの約七ケ年。丹後全性寺へ特住、二十四年間在住。明治四十三年二月右國泰寺へ移住し大本山五十七世


頁二九一
の貫主となり、管長就任。

勝部敬學 ◇臨向◇臨濟宗向嶽寺派管長向嶽寺住職◇山梨縣東山梨郡七里村向嶽寺◇明治十年用島根縣簸川郡國富村生。十六年出雲完道江西に就て得度、二十三年度牒受領、二十六年より三十年迄京都相國寺專門道場に掛塔、荻野獨園師に就き修行。三十年より三十九年まで大分萬壽寺專門道場に掛塔、足利紫山師に就き修行大事了畢、印可證明を得、大正四年管長就任。

北野元峰 號、大夤、不二庵◇曹◇曹洞宗管長(昭和六年)、大本山永平寺貫首◇福井縣吉田郡志比谷村永平寺◇出張所東京市麻布區筓町永平寺出張所◇電青山五二一・三四七五◇天保十三年福井縣大野小山村生。九歲出家、十六歲東京芝青松寺魯衷和尚の弟子となる。此年行脚の途に上り諸師に歷參すること十餘年、二十七歲にして箇の大安樂を得明治初年の癈佛毀釋の際節を守つて法門の護持に努む。四十四年朝鮮布教總監に任じ、大正四年辭任、九年全國末派寺院の選舉に依り大本山永平寺貫首に當選。

秋野孝道 ◇曹◇曹洞宗管長(昭和五年)、大本山總持寺貫首◇橫濱市鶴見區總持寺◇安政五年生。明治十五年曹洞宗大學林卒業、爾後十三年間西有穆山師に隨侍して刻苦し竟に心事了畢の證明を得、二十五年曹洞宗大學林學監に舉げられ、三十三坪大學林教頭、三十五年師家を認可せらる。四十二年曹洞宗大學長就任、靜岡縣可睡齋前住職、昭和四年十一月二十日全國末派寺院の選舉に依りて大本山總持寺貫主に當選。

星野直翁 ◇黃◇黃檗宗管長、萬福寺住職◇京都宇治郡宇治村萬福寺◇慶應三年大阪市此花區上福島生。明治九年大阪市妙德寺住職星野謙光師に就きて得度佛典を學習す。十五年黃檗宗管長林直六郎に就き授戒、十九年渡支、上海龍華寺に寓す、二十二年歸國慶瑞寺住職三島五山に參學。二十四年黃檗山掛錫、管長多々良觀輪に參學。三十九年慶瑞寺住職拜命、四十四年黄檗宗々務本院執事長歷任。次で管長就任。

大谷光照 ◇眞本◇眞宗本願寺派管長本願寺住職、伯爵◇京都市下京區堀川通花屋町本願寺門前町本願寺。東京市外池袋一三六二自治寮寓◇明治四十四年京都生。◇大正六年より十三年まで本願寺勸學島地大等師より佛典を聽講す。十三年學習院初等科卒業。昭和二年得度、教師となり、本願寺に住職し、四年東京高等師範學校附屬中學校卒業、同年第一高等學校文科入學。

大谷光暢 ◇眞大◇眞宗大谷派管長、大谷派本願寺住職、伯爵◇京都市下京區烏丸通七條上ル常葉町一◇明治三十六年京都市下京區大谷家生。大正六年得度、十一年眞宗京都中學卒業、十四年大谷大學豫科修了、同年九月二十二日本願寺住職となり、眞宗大谷派管長就任。

常盤井堯猷 ◇眞高◇眞宗高田派管長專修寺住職、男爵、文學博士◇三重縣河藝郡一身田町大字一身田專修寺。明治五年三重縣河藝郡一身田町生。十九年獨逸留學、二十一年ノイウヰード中學へ入り二十五年卒業、二十六年ストヲースプルヒ大學へ入學し「梵本須摩提女經の飜譯及研究」の論文を提出しドクトルフイロヒフイーの稱號を受く、三十二年歸潮三十四年南條、高楠、上田、柳澤の諸博士と共に帝國東洋學會を組織して會長となる大正二年管長就任、大正七年京都帝國


頁二九二
大學文科講師被命。大正八年襲爵、大正九年學位受領。

華園眞淳 ◇眞興◇眞宗興正寺派管長興正寺住職、正四位、男爵◇京都市下京區醒ケ井通七條上ル華園町七◇明治十七年京都市生。三十七年得度法嗣となる、四十五年京都帝國大學文科大學卒業、大正元年眞宗興正寺派管長、同年襲爵、九年歐洲各國の社會狀態視察に赴き十年歸朝す。

澁谷隆敏 號、鸞堂、揚東◇眞佛◇眞宗佛光寺派管長、佛光寺住職、正四位、男爵◇京都市下京區新開町佛光寺◇明治十八年京都市生。二十八年京都府師範學校附曆小學校卒業。二十九年男爵を授けらる。三十六年眞宗學院普通科卒業、三十八年佛光寺派管長就任、四十五年眞宗學院專門科卒業、爾來學匠に就き宗乘及び外典を研究す。

木邊孝慈 ◇眞木◇眞宗木邊派管長、錦織寺住職、正四位、男爵◇滋賀縣野川郡中里村二一錦織寺◇明治十四年京都市生。二十五年得度、二十八年管長就任。二十九年授爵、明治二十八年より四十三年まで前田慧雲、高田信岳、玉山隆延、辻圓證、是山惠覺、田村德海、佐伯定胤、豊田毒湛、野々村直太郎諸氏に就きて内外に涉り研究す。以後專ら各地で巡錫布教す。

藤光曜 ◇眞大◇眞宗出雲路派管長毫攝寺住職◇福井縣今立郡味眞野村清水頭毫攝寺◇明治二十八年生。四十二年得度、大正四年京都立命館中學卒業、教師に補せらる。大正七年東洋大學に入學。九年管長就任。

藤原善敬 ◇眞山◇眞宗山元派管長、證誠寺住職◇福井縣今立郡新橫江村證誠寺◇明治四十二年福井縣生。大正十五年武生中學卒業、同年龍谷大學豫科(入學、昭和四年卒業、同年龍谷大學文學部へ入學、現に在學中、大正十二年得度立嗣法職に就き、昭和四年證誠寺住職、昭和五年管長就任。

二條秀曉 號、樹德◇眞誠◇眞宗誠照寺派管長、誠照寺住職◇福井縣今立郡鯖江町誠照寺◇明治十二年生。十八年より三十一年まで普通學生を修め、同年より四十一年まで宗教高等學校に學び卒業、二十四年繼嗣となり、得度し新法主となる。四十五年管長就任。

平光圓 ◇眞三◇眞宗三門徒派管長本山專照寺住職◇福井市豐町專照寺◇明治元年福井市豐町生。明治十二年四月得度、二十年三月補教師、二十六年五月住職、同月管長就任。

酒井日慎 ◇日◇日蓮宗管長、大本山本門寺住職◇東京府荏原郡池上町本門寺◇嘉永四年千葉縣勝浦在生。安政五年千葉縣飯高教藏院住職市川日輝に就て得度慶應二年より明治八年まで飯高檀林にて修學、十三年より十五年まで第一區池上中教院にて修學、十九年より二十八年まで第一區大檀支林勤務、三十八年千葉縣市川町本山弘法寺住職、昭和三年四月東京府池上大本山本門寺住職、其間、宗會議院、免囚保護慈濟會長、日蓮宗宗務總監宗祖聖誕七百慶讚大會委員長、千葉縣社會事業南部歸性會々長、鐵道共敬會會長、日蓮宗護法會財團理事長、審查會委員長、評議員、制度調查委員、宗教法調查委員、財團法人立正大學協議員、日蓮宗大學林設立委員等其他宗內の重職に歷任す。大正十五年十月叙大僧正、昭和四年十月一日日蓮宗管長再選。

阿部日開 ◇日正◇日蓮正宗管長、大


頁二九三
石寺住職◇靜岡縣富士郡上野村大石寺、常在地東京市本所區向島小梅町一六五◇明治七年生。二十二年大石日應に就きて得度、二十五年日蓮宗興門派大石寺學林卒業、二十五年より二十八年まで東京市神田成立學舍、芝正則中學校に修學、同年より二十一年まで哲學館に修學、又師僧大石日應師及び佐藤慈一師に就きて宗乘學を專修。大正四年宗務院總務就任、昭和二年管長就任。

井村日咸 ◇顯◇顯本法華宗管長、本教寺住職◇東京府北豊島郡高田町雜司ケ谷二三入本教寺◇明治九年金澤寺生。二十年本多日生師に就き得度、二十五年より二十八年まで東京淺草小林日至師に就き宗學專攻、二十八年より哲學館大學及び天台宗大學に學ぶ。三十三年より宗務廳宗務部長及び大學林教授就任、大正四年大學林長となる。大正九年より十年まで宗會議長、十一年より十五年まで宗務總監、十一年統合宗學林高等學部長、十五年權大僧正、昭和四年管長就任。

稻葉日乾 ◇本門◇本門宗管長、妙蓮寺住職、出張所東京芝區二本榎本町上行寺◇電高輪四一三◇明治七年生。十四年靜岡縣妙蓮寺貫首稻葉日穩師に就き得度、爾後二十五年迄同師より宗餘乘を學ぶ。二十八年興門七山學林創立委員となる。同三十年宗務院執事となる。三十六年本山宗會議員に就任。三十八年宗務院臨時總務となる。四十四年本山妙蓮寺貫首となり四十五年本門宗管長に就職。大正八年大僧正に叙せらる。大正九年宗會議長となり爾後重任す。昭和四年管長就任。

木村日舜 ◇本門法◇本門法華宗管長大本山光長寺住職◇靜岡縣沼津市八幡町二五五長光寺◇元治元年廣島縣芦品郡生。明治九年三月廣島縣本泉寺住職桃井日精師に就きて得度、十四年五月大本山本能寺へ入寺、同年八月東黌入學以來累通、三十七年四月文能講師權僧都。其間光長寺塔中辻ノ坊、東ノ坊、沼津市本光寺に歷任、大正五年八月二十五日大本山光良寺住職、同年權大僧正、同年十月管長就任、大僧正に補せらる、

岡田日惇 ◇法華◇法華宗管長、本成寺住職◇新潟縣南蒲原郡三條町竹本成寺。

小澤日寬 ◇本妙法◇本妙法華宗管長總本山本隆寺住職◇京都市上京區紋尾町本隆寺◇電五七六二◇慶應二年福井縣鯖江生。明治七年五月五日井上日勇師につきて得度、十二年四月一日本山にて度牒を受く、同年小栗栖檀林に入學、大正三年僧正に昇進地方管事、宗會議員及議長、宗務總監を經て昭和四年十月十日管長就任。

釋日壽 ◇日不◇日蓮宗不受不施派管長、妙覺寺住職◇岡山縣御津郡金川町妙覺寺◇安政元年生。明治五年釋日正師に就て得度、同師より佛學を受く、九年本山學林に入り佛學全科卒業、二十四年本山勤務兼稗田教會教師、三十六年福田佐伯兩教會監督教師を歷任、三十九年妙善寺副住職となり、大正十三年管長就任、祖山妙覺寺住職となる。

佐藤日柱 ◇日不講◇日蓮宗不受不施講門派管長、本覺寺住職◇岡山縣御津郡金川町本覺寺◇明治十八年岡山縣生。三十年釋日心師に就き得度、三十六年日蓮宗不受不施講門派宗學林尋常科卒業、三十七年大阪本化宗學研究大會卒業、四十二年日蓮宗不交不施講門派宗學林高等科卒業、四十三年管長事務取扱、大正十年權大僧正、十四年管長就任。昭和六午一


頁二九四
月「本化眞報」發行、萬代龜鏡錄出版會の顧問。

桑畑靜喜 ◇時◇時宗管長◇神奈川縣藤澤町時宗總本山清淨光寺住職◇慶應三年生◇明治廿五年哲學館館卒業、時宗教務院執事、總本山護持會理事長、藤澤中學校理事長、顧問會議員、宗議會議長等を歷任し昭和五年十二月現職就任。

山上戒全 ◇融◇融通念佛宗管長、大念佛寺住職◇大阪市住吉區平野鄉町大字上町一〇一、大念佛寺◇明治五年生。二十三年融通念佛宗普通學林卒業、同年嵯峨大覺寺楠玉諦師に隨學二十六年比叡山大學林入學、三十七年華園學院内典科教師囑託、三十九年融通念佛宗學務課長に就任、四十二年同宗務長となる。四十五年華嚴宗勸學院講師、大正二年監濟宗大學教授及び專修學院講師となる。九年融通念佛宗歸入大僧都に補せられ、同年管長就任。

大西良慶 號、五明洞◇法相◇法相宗管長、興福寺住職◇奈良市登大路◇明治八年奈良縣生。二十二年受戒得度、園部忍慶の徒弟となり、法相宗勸學院全科卒業。明治三十三年十月大本山興福寺貫首大僧正に任じ、八年管長就任、再任四回。爾來京都清水寺兼務住職となり。佛教聯合會幹事、京都佛教護國團々長、養老院經營、朝鮮佛教團顧問等の重職に在り。

三宅英慶 ◇華◇華嚴宗管長、知足院住職◇奈良縣雜司町東大寺塔中知足院◇明治二年京都市生。十一年十一月東大寺知足院戸田英懷の徒弟として入寺、二十二年七月得度、二十三年哲學館に入學、二十六年同館修了。二十八年知足院住職となる。二十九年南都佛教圖書館主任、三十年宗會議員、三十五年執事執任。大正四年宗會議員當選、九年僧正に補せられ、昭和五年二月管長就任。

現代著名佛教者

アの部

荒木良仙 號、樵村◇新眞豊◇宗教制度調查會委員◇奈良縣宇陀郡室生村室生寺◇明治十二年栃木縣上。。同派大學林修業宗務所會計課長、庶務課長、教學課長、豊山護法銀行監查役豊山尋常學院長同大學々監、宗會議長、宗務長歷任。

荒木哲信 ◇新眞豊◇常任傳道師◇東京府下瀧野川町紅葉寺◇電王子一一七〇〇◇明治二十五年一月東京市生◇前新興社主事、傳道素演會主幹。

荒木勝美 號、朽杏◇眞大◇小田原刑務所教誨師◇神奈川縣小田原町綠町三ノ四四五少年團◇明治卅七年三重縣生◇眞宗專門學校出身、光泉寺住職、著書に「廻向義」あり。

荒木照定 ◇新眞智◇新勝寺住職、同派集議、宗機顧問、宗會議員、教學財團顧問、教學審議會委員、宗政調査會委員◇千葉縣印旛郡成田町新勝寺◇明治二十五年生。同三十五年得度、大正十五年集議拝命。

荒谷實乘 ◇新眞智◇明王寺住職◇大阪府市河内部彼方村明王寺◇電富田林六四◇明治二十二年愛知縣生。

荒谷憲宗 ◇曹◇法性寺住職◇埼玉縣秩父郡長若村法性寺◇明治三十六年愛知縣生。曹洞宗第三中學林を經て、昭和四年早稻田大學文學都卒業。

荒井眞行 號、敬博◇法華◇本長寺住職、同宗學林教授◇山形縣西置賜郡豊原村樁、本長寺◇明治二十八年富山縣生。同宗學林卒業、同學林講師、同宗々務所


頁二九五
執事歷任。

新井石龍 ◇曹◇雲洞庵住職、大本山總持寺副監院◇新潟縣南魚沼郡上田村雲洞庵◇明治二十二年新潟縣生。京大哲學科卒業、大正十年渡米大統領ハーヂング氏に謁見、歸朝後寺内に專門僧堂及認可禪林置設。

新居辨孝 號、獨壽日妙◇日◇圓教寺住職◇群馬縣館林町圓教寺◇明治二十四年群馬縣生。日蓮宗大學東洋大學及び司法省輔成會、同司法保護職員養成所卒業、千葉縣歡喜寺、岩手縣仙壽院住職を經て現圓教寺住職となる。現在妙華日曜學校、同少年相談所同人事相談所主事、日蓮主義宣傳隊阪本部主事、邑樂各宗協會布教師常任委員。

荒川一盛 ◇新眞豊◇豊山派總本山長谷寺執事◇奈良縣磯城郡初瀨町長谷寺。

荒居養貞 號、日修◇日◇妙音寺住職◇栃木縣安蘇郡佐野町妙音寺◇明治三十三年二月岩手縣生◇日蓮宗大學修、大正十五年私立佐野子守學校創止、昭和三年同宗管長より賞狀下附さる。

荒樋榮實 號、默堂◇天◇本山布教師◇兵庫縣氷上郡吉見濟納寺◇明治二十二年京都府生。宗務廳錄事、宗會幹事等歷任。目下第一教區布教主任、郡佛教會理事。

淺野孝之 號、柳溪◇眞本◇成溪高等學校長◇東京市外吉祥寺九五二◇電吉祥寺一八◇明治二十一年愛媛縣生。第一高等學校を經て大正三年東大文科大學哲學科卒業、同年文部省囑託拜命、六年七月布哇に渡り、布哇中學校長、布哇高等女學校長となり、十三年十一月歸朝、成溪高等學校長に就任、昭和四年九月歐洲の教育事情視察に趣き五年九月歸朝。校務の傍、日米文化學會理事、あそか病院常務理事、善隣館理事等社會事業に參與す。

淺田航海 號、雪堂◇天◇妙音寺住職同宗護法會常任委員、駒込中學校評議員◇千葉縣夷隅郡宿町妙音寺◇明治二十八年岐阜縣生。現に御宿町々會議員、同町方面常任委員、公認自動車學校教授。

淺井惠定 號、柳堂◇眞大◇妙永寺住職、布教使◇石川縣能美郡苗代村妙永寺◇明治三年十二月石川縣生◇哲學館得業生、明治三十七年より四十一年まで英米に留學、現在月刊雜誌「能美佛教」編輯發行に從事。

淺尾教信 號、歲雲◇眞高◇高田派京都別院輪番◇京村市河原町ニ條上ル清水町專修寺院◇明治十三年三重縣生。刑務所教誨師、本山錄事、布教師となり後京都別院輪番として勤續九ケ年、同別院の發展に盡せる功に依り該派輪番に榮任。

淺田榮一 號、豫彥鐵居士◇眞大◇仁壽生命保險會社外務部長◇東京市外瀧野川町字上中里一四一◇慶應三年石川縣生。官吏生活十一年、實業界に三十一年、大正十四年東洋大學印度哲學科入學、昭和四年三月卒業。

淺山忠愛 ◇淨◇從四位勳三等、醫學博士◇京都府立醫科大學長兼教授、附屬醫院長◇京都上京區室町通下長者町下ル三十三◇電、西陣二二七八◇明治十二年十二月京都府生◇明治三十九年京都帝大醫科大學卒業、大正三年歐洲留學、同十年十二月京都帝國大學教授醫學部勤務、大正十二年四月京都府立醫科大學教授に轉任、同十五年八月現職に就任。

淺川津海 ◇古眞◇德島市津田町津田寺◇明治四十年德島縣生◇高野山大學選科卒業。


頁二九六
淺田經海 ◇古眞◇兵庫縣加古郡母里村高蘭寺。

朝倉惠見 ◇眞本◇淨覺寺住職、本願寺布教使、北海道教區會衆、北海道教區教學財團監事◇北海道上川郡名寄町淨覺寺◇明治七年福井縣生◇明治卅七年山命により現地に開教使として赴任一寺を制立して今日に至る。

朝倉曉瑞 號、子逸◇眞本◇京都女子高等專門學校長兼京都高等女學校校長◇京都市今熊野北日吉町一七◇電、祇三〇五七◇明治十年福井縣生。文學寮、三高を經て四十年東大文科卒業。中央商業學校幹事兼教諭、佛教大學教授、京都高等女學校長事務取扱歷任現職に及ぶ。

朝倉慶友 ◇眞大◇同派東京教務所賛事、淺草本願寺復興事務局長◇東京市淺草區松葉町二七遍立寺◇明治十三年東京市生◇早大政治科卒業、新潟商業學校教師、朝鮮駐在開教師等歷任。

朝枝誓實 號、蘭窓◇眞本◇金藏寺住職、總代會衆、山口教區管事、山口市本願寺會館勤務◇島根縣那賀郡國分村金藏寺◇明治十二年十二月島根縣生◇臺灣、米國。朝鮮、支那等の開教使。軍隊布教師、本山直屬特選布教使、新潟、熊本、和歌山各教區管事及國府、鷺森別院輪番を經て現職に至る。

朝原栴一 ◇眞本◇東京府社會事業主事、東洋大學教授◇東京府豊多摩郡野方町上沼袋八五◇明治二十一年島根縣生。東洋大學印度哲學科及び日本大學專門部法律科卒業。大正八年二月より現職に就任。

潮比奈宗源 號、別峰◇臨園◇淨智寺住職、布教使◇神奈川縣鎌倉郡小坂村淨智寺◇明治二十四年一月靜岡縣生。妙心寺湘山老師圓覺寺堯道老師に就き參禪、大正十一年日本大學宗教科卒業、同派宗務取締宗會議員、參事會員、執事、管長事務取扱等歷任。

朝日融溪 號、散雷子◇眞本◇千代田女子專門學校教授◇東京市麹町區上ニ番町六◇明治二十三年福井縣生。大正三年七月東京帝大史學科卒業、大正十四年三月丸岡高等女學校長就任、『西洋文化史論十二講』『文檢西洋史講義』文藝復興史之研究、文藝復興史概論等の著者あり。

曦原成 號、圓應◇臨建◇同派第四教區取締、北都留佛教會長◇山梨縣北都留郡富濱村圓福寺◇明治十二年山梨縣生。惠林寺、建長寺、圓覺寺等にて奉禪同三十六年住職、宗會議員、教師檢定委員等歷任。

旭野蓮乘 ◇眞大◇永養寺住職◇岐阜縣益田郡川西村尾崎永養寺◇大谷大學卒業。

麻野宣定 ◇淨◇奈良縣生駒郡郡山町洞泉寺◇明治四十年奈良縣生◇大正大學卒業。

麻田駒之助 號、椎花◇眞本◇同派勘定、株式會社中原病院社長、丸の内倶樂部評議員、あそか會、千代田高等專門部愛護、築地本願寺以上各財團、明治會館等各理事◇東京市本鄉區西片町一O◇電小石川三四二〇◇明治二年京都生。前中央公論社長、アソカ病院建設常務委員。

安藤樂全 ◇天寺◇天台宗寺門派權律師◇名古屋市東區黒門町一〇五◇明治十八年愛知縣生◇昭和六年權律師に補せらる。

安藤正純 號、鐵膓◇眞大◇衆議院議員◇東京市外巢鴨宮下町一八三四◇電、自宅大塚一六〇〇、事務所淺草一八一〇◇明治九年◇東京府生。東洋大學及早大


頁二九七
政治科卒業、外國語學校修業。『明教新誌』及び『政教新聞』主筆『日本』新聞記者、東京朝日新聞編輯局長、同社取締役、東京毎夕新聞副社長、淺草區會議長、衆議院議員(當選四回)、文部參與官、眞龍女學校長、東京勞働學校長等歷任。

安藤文英 號、湖南◇曹◇世田谷中學校長、靜岡縣崇信寺住職◇東京府下世田谷町三宿一〇〇◇電、世田谷二八◇明治十七年靜岡縣生。四十三年駒澤大學卒業卒業後同宗研究生として宗理研究五年、可睡齋僧堂に實地修行七年。『正法眼藏註解全書』『禪學辭典』を編纂。同志と共に『曹洞宗全書』編纂中。

安藤崇遵 號、竹仙◇眞西◇西法寺住職、少年保護司◇大阪府南河内郡國分村西法寺◇明治二十八年七月大阪府生◇少年保護司、少女保護敬愛寮經營、本願寺布教使。

安藤環中 ◇曹◇財團法人同潤會勤務東京女子體操音樂學校講師◇東京市牛込區原町一ノニ二◇明治二十三年大垣市生。曹洞宗大學卒業。元本光寺住職、東京市社會局囑託、大正新修大藏經編輯員現に同潤會にありて社會事業に盡瘁。

安藤嶺丸 號、步佛◇眞大◇眞大參教院委員、宗議會議員、布教使、佛教青年傳道會總務、聯合花まつり會總務、鐵道共敬會專務、上宮教會理事◇東京市淺草區橋塲町一〇四蓮窓寺◇明治五年東京市生◇東京佛教青年會、眞宗崇德會、佛教青年傳道會、郵便局傳道、花まつり會、鐵道共敬會等を創始す。明治四十一年來東京遞信局情神講話囑託、大谷派光明會敬愛會、東京布教團各理事に歷任。

安達仁識 ◇古眞◇大仙寺住職布教師◇橫濱市程土ケ谷町大仙寺◇明治二十五年鳥取縣生。大正十四年日本大學卒業。

安念眞禪 ◇眞言◇富山縣東礪波郡栴檀の村千光寺◇明治三十一年八月富山縣生◇高野山大學卒、金澤砲兵隊へ入隊、砲兵少尉任官、目下山林開拓園藝事業に努力中。

安間靜 ◇眞大◇大阪市東成區鶴見町願正寺◇明治三十九年三月大阪府生◇大谷大學文學部佛教科卒、目下東本願寺内宗學院在學中。

安立法舟 號、空海◇曹◇福井縣第六教區長◇福井縣南條郡武生町龍門寺◇明治九年福井縣生◇教區長、宗務所長、布教委部委員。

赤松性信 ◇眞本◇金子商會代表者、純鉛鍍金エ場取締役◇東京府下池袋西山五八一◇明治十七年德島縣生。同三十九年東京外國語學校(獨)卒業、農商務省、南滿鐵道會社在勤十年餘、大正十年合資會社金子商會(貿易)設立。

赤松蓮城 ◇天台宗妙法院執事◇京都市東山妙法院。

赤松智城 ◇眞本◇文學博士、京城帝大教授◇京城府壽町四八◇明治十九年十二月山口生。明治四十三年京大文科大學卒業、宗教學專攻、龍谷大學教授佛教、專任學校講師等歷任。

赤松慈潭 號、刻舟◇曹◇島根縣邇摩保護會長◇島根縣邇摩郡大森町榮泉寺◇明治九年六月兵庫縣生。

赤松月船 ◇曹◇岡山縣小田町禪源寺住職にして著述家◇東京市外杉並町天沼八十七◇明治三十年岡山縣生。九歲出家伊豫瑞應寺及び越前永平寺にて修業、東洋大學に學ぶ。新聞記者となる。評論、詩、小說等を發表して、文壇に知らる。詩集「秋冷」「花紛の日」小說集「露を呼ぶハンカチ」等又近勘來馬琢道氏との共


頁二九八
著『禪十二講』あり。

赤沼智善 ◇眞大◇願淨寺住職、新潟縣長岡市上田町◇明治十七年新潟縣生。眞宗大學卒業、昭和六年四月大谷大學教授及同大學圖書館長を辭して歸坊、著書に『印度佛教固有名詞辭典』其他多數。

赤井日蘇 號、泉昇◇日◇宗柏寺住職◇東京市牛込區榎町五七宗柏寺◇電、牛込五八八七◇明治九年薪潟生。曾て臺灣布教師を務む。

阿部惠水 ◇眞大◇眞宗大谷派事務總長◇京都市日暮通椹木町上ル等觀寺◇明治三年生。本山會計部長、相續講事務局長、事務總長等歷任。

阿部諒童 ◇曹◇栃木縣河内郡豊鄉村萬松寺住職◇明治四十一年栃木縣生。駒澤大學出身。

阿部天海 號、玄透◇曹◇宗會議員◇愛媛縣喜多郡宇和川村安樂寺◇明治十五年愛媛縣生。曹大卒、大本山布教師、管內布教師、教區長、縣佛教會講師等歷任。

阿部教證 號、孤秋◇眞本◇布教師◇山口縣阿武郡田崎村教惠寺◇明治二十七年島根縣生。佛教婦人會、日曜學校經營關西、九州を布教巡回。免囚保護事業從事。

天野實榮 ◇眞言醍◇同派駿豆宗務支所學頭修驗道管理◇靜岡縣菴原郡袖師村榮松院◇明治十三年靜岡縣生。宗立惠印學校卒業、宗務理事、宗會議員、青院財産調查會調查委員等歷任。

天野觀明 ◇眞言醍◇高野山大學教授同豫科部長◇和歌山縣伊都郡高野町◇明治二十一年愛知縣生。大正七年高野山大學卒業。十二年東大印度哲學科卒業。高野山大師教會本部參事、同學昇格事務主任、同學々監等歷任。

天野實榮 ◇眞言醍◇眞言宗醍醐派駿豆宗務支所、學頭務同上修驗道管理◇靜岡縣菴原郡袖師村榮松院◇明治十三年靜岡縣生◇宗立惠印校卒業、宗務理事、宗會議員、同派寺院財産調查定會委員等。

青木若治 號、作州山人◇日刊宗教通信社主幹◇淺草區阿部川町二六◇明治二十七年四月岡山縣生。大正八年中央大學法學部卒業、元帝國通信社經濟部副部長。大正十五年五月宗教通信社を創立。

青木道晃 ◇天◇清水寺住職◇東京市淺草區松葉町五四◇明治二十二年一月埼玉縣生。大正五年天台宗大學卒業。土地區劃整理委員、何十三年駒込中學校財團主事及維持員となり、昭和四年佛教護國團參事に任命され、同六年宗會議員となり現在に至る。

青木秀暢 ◇淨◇敦賀港立石海安寺住職、松原尋常高等小學校立石分教場主任◇福井縣敦賀郡松原村海安寺◇明治卅六年大阪府生◇立石青年支部顧問、常宮青年訓練所指導員、同水産補習學校助教諭兼務。

青木敬策 ◇眞高◇山喜房主◇東京市本鄉區本鄉六◇明治三十二年十一月三重縣生。佛教圖書の出版小賣業に從事。

青樹波水 號、濤涯◇眞興◇同派總務◇京都市下京區堀川通興正派寺務所◇明治十三年香川縣生。三十五年哲學館卒業四十年興正寺本山教務部に入り本山雜誌『華園』を編輯す。

青木觀學 號、琴水◇淨西深◇同派布教師理事、藤川村佛教會長◇愛知縣額田郡藤川村德性寺◇明治二十六年九月岐阜縣生。大正四年同派專門學校修了。曾て極樂寺住職、大正十一年德性寺に轉任布教及び社會事業に從事。


頁二九九
青山喜悅 號、月溪◇曹◇三重縣度會郡下外城田村廣泰寺◇明治七年十一月名古屋市生。二十五年より八年間大本山總持寺に安居、元宗會議員。

青山常丸 號、雲峰◇眞大◇隱岐保護會長◇島根縣周吉郡西鄉村蓮光寺◇明治四年十一月島根縣生。明治三十年布教師拜命、臺灣開教、吳梅兵團布教、監獄教誨師等に歷任今日に至る。

青山映道 號、青峰◇天◇同宗會議員第二十六教區長◇大分縣直入郡豐岡村大泉寺◇明治五年八月大分縣生。大學林出身、同三十年以來現職在任。

青柳興敬 號、花明◇天◇群馬童謠詩人會及月田こども會主宰◇群馬縣勢多郡粕川村東壽寺◇明治二十八年十月東京市生。天台宗中學卒、佛教童謠協會に關係し、佛教童謠の創作及兒童佛教事業に從事。

青原慶哉 ◇眞本◇安藝高等女學校長◇廣島市空鞘町眞光寺◇電、廣島三三五八◇明治二十五年二月廣島縣生。大正六年東大印度哲學科卒業。

秋山逸惠 號、周月◇眞本◇小倉衞戍刑務所教誨師◇山口縣豊浦郡彦島町西山說教所◇明治十五年山口縣生。四十三年開教使として朝鮮に八年間駐在、黄海道沙里院を創立。

秋山文陽 ◇日◇大雲院住職、艸山學員經營◇京相府京都市深草町雲院◇明治十九年福井縣生。日蓮宗大學卒業、神田高女、大妻高女教諭、遞信省職員訓育囑託、立正大學專門部講師歷任。

秋山大 ◇目下鷲尾順敬博士の下に日本佛家人名辭書編纂に徒事◇東京府大崎町上大崎四一四◇明治三十九年東京市生。故海軍中將秋山眞之の長男。曹大に學ぶ。

秋山照仲 號、四白◇新眞智◇東福寺住職、智山派教化事業協會評議員◇埼玉縣北足立郡草加町東福寺◇明治二十六年千葉縣生。智山派布教師として大正三年北海道に渡る、昭和元年歸坊布教從事。

足利宣正 號、拙庵◇眞本◇執行所出仕、布教使◇福岡縣山門郡柳河町西方寺◇明治十六年福井縣生。明治四十二年佛教大學卒業。四十五年同大學研究卒業。大正十年本願寺學務部賛事として就職、同十二年●職。近時寺務の傍ら佛教聖典史研究。

足利淨圖 ◇眞本◇出版會社同朋社主◇京都市壬生川町五條上ル同朋社◇著書『一樹の蔭』『一河の流』等あり。

足利瑞義 號、剛谷◇眞本◇本願寺護持會財團理事◇京都市八條源町二八◇明治五年一月廣島縣生。

足羽哲成 號、格外◇曹◇妙音寺住職◇兵庫縣氷上郡幸西村◇明治十五年鳥取縣生◇明治卅八年現寺住職、兵庫縣曹洞宗務所組長、教區長歷任。

明石延成 號、松雲◇東京府八王子市臺町信松院◇明治七年東京府生。哲學館并に曹洞宗大學卒業。本山布教師、宗務所長等歷任。目下住職寺建立中。

明石芳倫 ◇曹◇秋田至仁會主事◇秋田縣南秋田郡旭川村闐信寺◇電秋田七〇五◇明治十七年一月秋田縣生◇大正三年曹洞宗大學高等部修了、同十月現至仁會主事就任現在に及ぶ。

明本寬隆 號、石皷◇曹◇宗務所參與員◇德島縣海部郡淺川村正福寺◇明治三十二年德島市生◇宗務所管內布教師布教區長等歷任。

明野儀海 號、吟雨、眞愚、大死龕主人◇天眞、准別◇三重縣乙教務支所管事


頁三〇〇
權僧正◇三重縣一志郡倭村成願寺◇元治元年五月三重縣生◇明治二年全海上人の室に入り、同八年得度、光明寺誓嚴寺を董し、大正十一年成願寺住職となり、爾來青年佛教會、日曜學校を經營し今日に至る。

秋本之唯 號、溪水◇眞本◇大阪市港區町二丁目五四◇明治四十年十月廣島縣生◇大正十二年四月本願寺派本山にて得度、昭和五年一月より同志と共に同盟青年會組織、會誌「同盟主義」編輯主任として現在に至る。

龝月聖憲 ◇高野山中學長◇和歌山縣伊都郡高野村◇明治二十一年三月愛媛縣生◇大正四年七月京都帝國大學文學部卒業、大正十四年五月現職就任。

秋田貫融 號、霞峰◇淨◇大蓮寺住職◇大阪市天王寺區下寺町一大蓮寺◇電、戎二六一三◇明治二十一年二月和歌山縣生。明治四十五年宗大卒業後研究院に入る。大正四年教師として臺灣に派遣され、臺南布教所主任兼臺南學堂校長となる。大正八年歸山。

秋山宥尚 ◇香川縣三豊郡辻村小松尾寺。

秋庭正道 ◇時◇善福寺住職、總本山清淨光寺執事長◇東京市外品川步行新宿七二善福寺◇明治四年靜岡縣生。從軍布教使、佛教慈濟會常務理事、佛教傳道株式會社常務取締等歷任。

秋葉眞盛 ◇曹◇山形縣第六曹洞宗々務所長◇山形縣西田川郡大山町寶藏寺◇明治六年十二月山形縣生。

粟津勸緣 號、勸◇眞大◇東北別院輪番◇仙臺市東二番町東北別院◇明治二十八年岐阜縣生。前東京宗務出張所錄事、同出張所教學課主任兼淺草本願寺社會部主任等歷任。本年二月現職に就任。

油小路宗範 號、山水、竹溪◇眞本◇佛現寺住職◇都京市油小路六角下ル佛現寺◇電、本局六九三七◇明治二十八年二月京都生◇新庄會を主宰し功德林を經營す。

姉崎正治 ◇眞佛◇文學博士、東京帝國大學教授兼圖書館長、帝國學士院幹事◇東京市小石川區白山御殿町一一七◇明治六年京都府生。二十九年東大文科大學哲學科卒葉。三十二年宗教學研究のため英獨及び印度に留學、歸朝後東大教授となり三十八年宗教學講座を創設、著書『根本佛教』『法華京の行者日蓮』『現身佛と法身』『佛切支丹宗門の迫害』『切支丹の興廢』近刊英文日本本宗教史等。

穴穗行滿 號、支瑞◇十輪寺住職◇京都府乙訓郡大原野村小鹽十輪寺◇明治十九年岐阜縣生。大正六年布教師拜命

阿刀田令造 第二高等學校教授◇仙臺市三百人町一七二◇電、二一七八◇明治十一年八月宮城縣生◇明治三十八年東京帝國大學文科大學史學科卒業。

迹見法專 ◇眞大◇唯專寺住職◇大阪市浪速區鷗町二丁目外ニ◇電、戎五〇七一◇慶應二年石川縣生◇大谷派布教使。

味岡文龍 號、白華濟◇曹◇香積院住職◇名古屋市中區廣路町香積院◇明治元年十一月愛知縣生◇明治廿一年金澤市天德院住職森田悟由師に隨侍、同二十四年秋同寺住職拜野太壽師に隨侍、同二十八年六月中島郡明地村鳳洲寺に住職、同三十年現住地に轉住現在に至る。

相原一郎介 ◇文部省宗教局囑託、駒澤大學講師◇東京市小石川區大阪下町七〇◇明治十六年仙臺市生。四十年東大哲學科卒業、爾來内務省及文部省に勤務、大正十四年文部省研究員として在外一ケ


頁三〇一
年。

在田如山 號、仙老◇曹◇富山縣第二宗務所長、同宗尼學林長◇高岡市關町繁久寺◇電、八二五◇安政六年十二月石川縣生明治十五年曹大卒業、爾來地方中學林教師、軍人布教師、富山縣免囚保護、高岡市立幼稚園創設、曹洞宗々會特選議員、大本山總持寺顧問、高岡市養老院々長等に歷任現在に至る。

有松勘吉 號、箕山◇眞言◇無職業◇岡山國富町二七三◇明治元年四月岡山縣生。

有田道緣 ◇曹◇靜岡縣安倍郡有度村楞嚴院◇明治元年東京市生。

鮎澤晃壽 號、相澤◇眞本◇中外日報編輯局員◇京都市東山區妙法院前側町四二八◇電、祇九八九◇明治三十八年三重縣生◇京都平安中學校、龍谷大學を經て現職に至る。

藍川德成 ◇眞大◇凾館刑務所教誨師◇凾館市乃木町六刑務所官舎◇明治三十八年岐阜縣生◇大谷大學人文科卒業、昭和五年小田原少年刑務所教誨師、昭和六年四月現職就任。

我孫子悅道 號、白羊◇曹◇山形日刊新聞記者◇山形縣鶴岡市外齋村我老林寶台院◇山形縣生◇栴檀中學卒、齋小學校に奉職兒童教育及青年指導に從事すること拾有餘年、退職後は鶴岡日報、同新聞に歷任、最近は現職に轉じて活動中。

綾地亮凞 ◇眞言醍◇千代寺住職、醍醐派朝鮮布教管理◇京城南山町三丁目千代寺。明治二十七年二月廣島縣生。

愛澤德信 ◇新眞豐◇東福寺作職、觀光幼稚園々長◇東京府下巢鴨町一四五九東福寺◇明治三十四年十一月福島縣生。昭和二年法政大學法文學部卒業、一年間京都東寺にて眞言學專攻目下法政大學院研究生に研究中。

天岫接三 ◇臨妙◇同派布教團長、教學調查會長◇靜岡縣沼津市東方寺◇明治十一年愛知縣生。三十四年同派大學林卒業、滯米八年、ウエスヴワジニヤ大學、エール大學等に學び、ドクトルオヴフイロソフイの稱號を得。次いで歐洲諸國の宗教、教育を視察歸朝。花園學院學監、臨大教授歷任。

イの部

伊田證信 ◇眞大◇愛知縣碧海郡明治村大字西端無我苑◇明治九年三重縣生。眞宗大學卒業。「無我の愛」を唱へて雜誌『我生活』發行、大正五年より、中外日報主筆となり、大正八年迄京都在勤、大正九年再び東京に出で雜誌「無我愛」を發行す。大正十四年三月退京。百姓生活をしつつ續書三昧に耽る。時々名古屋及び東京に出でて佛教、哲學を講ず。

伊藤康安 ◇臨大◇早稻田大學講師、同高等學院教授◇東京府下品川町北品川二九三春雨庵◇明治二十三年東京府生。四十五年早大文學科卒業。

伊藤道機 ◇曹◇早大學生監◇東京府豊多摩郡大久保町西大久保七一◇明治三十三年北海道生。同宗第二中學林を經て大正十三年早大政經學部卒業、曹洞宗研究學生として引續き四ケ年大學院にて社會倫理學研究、其間世田ケ谷中學教諭を勤む。近著『唯物心理學』あり。

伊藤喚應 ◇曹◇第七教區長、縣方面委員、部落協議員◇山形縣飽海郡内鄉村長秀寺◇明治七年十月山形縣生◇明治三十二年專門支校卒、中學林學ぶ、明治二十六年東田川郡廣瀨村長德寺初住、明治三十年飽海郡内鄉村長秀寺に轉住、明治四十年以來同區組長として現在仁至る、


頁三〇二
目下救濟事業に盡瘁中。

伊藤信道 ◇眞言東◇大僧都◇山口縣宇都市東區錦橋通法興寺◇明治八年十一月山口縣生◇明治二十四年より同六年迄京都府下宇治郡醍醐村三寶院に於て門跡大原演護和尚に宗乘を學ぶ。同三十二年大本山醍醐寺事務廳に奉職、同四十年より山ロ縣豊浦郡吉母小學校に奉職、大正三年より法興寺移轉建築に從事す。

伊藤眞諦 號、南陽齋◇眞大◇同朋館長東京市本所區石原町三ノ二一◇電、墨田五〇二◇明治二十七年愛知縣生。布教使、江東職業紹介所長、司法省囑託少 保護司等歷任。

伊藤韶雄 號、鐵蓮◇天◇喜光寺一□=[艹+月+曷=caw034-07]職◇長野市元善町常智院◇電、一〇三二◇明治三年三重縣所生。宗務監察員、審理局綠事歷任、長野縣佛教聯合會、支部理事、財團法人善光寺保存會理事、同養育院理事歷任。

伊藤廣圓 ◇眞言宗◇南方寺住職◇栃木縣安蘇郡赤見村西光寺◇明治四十一年栃木縣生◇昭和二年本山學林卒、青年團指導委員、西光寺子供會主事。

伊藤古鑑 ◇臨妙◇臨濟宗大學教授◇岐阜縣山縣郡梅原村普救寺◇明治二十三年愛知縣生。花園學院中學部及高等部卒業後叡山、高野山に留學。天龍寺專門道場にて宗旨研究の後、現職に就任『大般若理趣分の研究』『禪宗日課經新釋』等の著あり。

伊藤精次 號、如山◇佛教音樂協會主事◇東京府北多摩郡武藏野町吉祥寺二六九一◇明治十一年熊本縣生。十餘年間中等教育に從事せしも道德教育に慊らず佛教に入り日本佛教研究會を起し佛教聖典の日本語譯を志して先づ『原文對照和漢譯淨土三部經』を著す。又現代に適應せる佛教音部樂のの大成普及を企圖して佛教音樂協會を創立し、昭和三年一月より文部省宗教局内に其事務所を置く。

伊藤道海 ◇曹◇大本山總持寺顧問、最乘寺住職◇神奈川縣足柄上郡南足柄村最乘寺◇明治七年五月新潟縣中蒲原郡小合村生。同二十年新潟縣曹洞宗中學林に入學、同二十七年二月より三十二年二月迄大本山總持寺僧堂に安居、三十三年九月曹洞宗大學入學三十七年卒業、大本山總持寺が能登より神奈川縣鶴見に移轉するや其要職たる副寺、監院の職に就き實務に當りて昭和三年九月迄常在。大雄山最乘寺住職杉本道山氏が總持寺貫首となるや、氏は其後董となり今日に至る。目下燒失せる最乘寺の伽藍復興に從事。著書『峨山禪師行實』『常濟大師御傳記』あり。

伊藤宜周(尼) 號、水月庵至道◇臨妙妙心寺派大仙尼衆僧堂助化◇岐阜縣可兒郡池田大仙寺◇文久二年愛知縣羽黑興禪寺に於て剃髮し、爾來岐阜縣下尼衆學林に於て宗乘を研鑽し、後故毒湛志明に就いて宗旨を究明すること十四年、遂に尾張尼衆學林を創設し專ら尼衆教育に盡瘁せしが大仙僧堂開單と共にその助化として今日に至る。

伊藤感徵 ◇淨◇司法省認可少年保護會教學團長、司法省囑託少年保護司◇大阪府泉北郡伯太村養福寺◇電、呼出伯太七◇京都府生◇大正十五年司法大臣より慈教學園の認可を得て大阪少年審判所の少年委託を受け、延人員一四〇三七人收容、昭和四年、同五年、同六年御下賜金拜受。猶現在攝河泉教區泉北組長たり。

伊藤隆範 號、八葉山人◇淨西禪◇本山布教師◇京都市中京區新京極安養寺◇明治十八年三重縣生。普通學寮、專門學


頁三〇三
校卒、大正七年研究科卒業、北海道岩見澤及山端歸命院に住して布教すること多年、昭和三年現住地に轉ず、日曜校免囚保護等の社會事業に從事。

伊藤法龍 號、一氣◇淨◇宗會議員◇神奈川縣橘樹郡日吉村壽福寺◇明治四年愛知縣生。二十五年淨土宗本校卒業、淨土宗神奈川布教團長、同教務所長等歷任。

伊藤文鏡 號、眞海◇曹◇岐阜縣奉仕員、教化團員、惠那保護主任、宗務所參與、管內布教師前議◇岐阜縣惠那郡長島町圓通寺◇明治十五年愛知縣生。宗會議員精神作興講師等歷任。

伊藤普行 號、殘雪◇眞本◇崇德實科高等女學校長◇愛媛縣松山市西堀端町一四勸善社◇電、松山八九六◇明治三十一年島根縣生。大正十二年日本大學法學部卒、同年九月西本願寺教務部兼室内部奉職、大正十四年一月松山駐在布教師奉職同年六月現職に就任。

伊藤超山 ◇淨◇巢鴨家政女學校教區◇愛知縣額田郡岩津町九品院◇明治三十八年十二月愛知縣生◇昭和五年三月大正大學史學科卒業、同四月同大學社會事業研究室助手囑託、同月現職に就任。

伊藤義男 ◇淨土眞◇名古屋信道會館速事記務擔任◇中央縣高藏寺町◇明治二十年九月岐阜縣生◇愛知縣會速記事務囑託、日本電報通信社金澤支局長等歷任、近來文書布教に專心す。

伊藤碩洲 號、夾山窟◇臨妙◇圓悟寺住職、兵庫縣方面委員、幸世村青年團長、香良旭青少年團各團長、佛心寺理事◇兵庫縣氷上郡幸世村香良圓悟寺◇明治三十年一月京都府生◇大正十二年日本大學卒業、天龍寺專門道場にて修業、橫濱社會課、同隣保館に勤務すること四ケ年、住職となりて以來妙心寺派布教師として郡内を巡教す。

伊藤禪優 ◇曹◇出石郡佛教聯合會長、兵庫縣保護會出石郡支部長◇兵庫縣出石郡出石町下谷吉祥寺◇明治八年九月愛知縣生。

伊藤寬一 號、大寬◇曹◇名古屋市中區宮出町佛教專修學校長心得◇名古屋市新袋町一照運寺◇電、東五一七三、中一八九〇◇明治十九年愛知縣生愛知一中、早稻田大學政治經濟科卒業、大本山永平寺に修業、名古屋運動界の重鎮にして現に名古屋體育協會の理事たり。昭和六年角松寺住職となる。

伊藤勝隆 ◇眞大◇滋賀縣犬上郡彥根町淨願寺◇明治四十一年生◇龍谷大學文學部。

伊佐治快龍 號、愁果◇新眞智◇同派布教師、新聞記者◇長野縣北佐久郡小沼長泉寺◇明治三十三年長野縣生。智山大學に學ぶ。淺間宗報發行主宰、民衆教化並に佛教宣布に關する著述數種あり。

伊熊覺淨 號、老櫻居◇眞本◇本願寺布教師◇長野縣埴科郡清野村正源寺◇明治九年十二月長野生◇文學寮卒、中等教員、從軍布教使、本山役員を經て現在に至る。

伊關貢 ◇眞本◇「佛教思想」「眞宗の世界」編輯長◇東京芝區芝公園五號地の十佛教眞宗會館◇電、芝一五五〇、一五五一◇明治三十五年山口縣生◇東洋大學卒。

伊井野天眞 號、自覺◇曹◇大本山總持寺別院後堂、縣第一宗務所長、同布教部委員長、松山寺住職◇金澤市八坂三六松山寺◇明治十年鳥取縣生。大正八年宗洞宗大學卒業、宗會議員、石川縣宗務所


頁三〇四
長同宗視學員等歷任。昭和五年十一月一日社會功勞者として石川縣廳に於て梨本宮守正王殿下に拜謁を賜ふ。

今井修證 號、蘇水◇古眞◇神照寺住職權中僧都◇神奈川縣鎌倉那腰越淨泉寺◇明治四十一年岐阜縣生◇高野山大學卒業。

今井鐵城 ◇曹◇喜福寺住職、同宗東精宗務所長、社團法人佛教廣濟會會長兼理事長◇東京市本鄉區本鄉六ノ一六、喜福寺◇明治二年福井縣生、十三歲得度曹洞宗專門支校卒業、曹洞宗大學林卒業、東洋大學哲學科卒業、宇都宮成高寺、永亨寺、永昌寺に歷任し喜福寺住職となる。宗會議員、總持寺副監院、大日本佛教會代表歷任。

今井德順 ◇天◇輪王寺門跡住職◇栃木縣日光輪王寺◇明治六年上野國生。二十五年日光山淨土院住職となり大正十年現職に就く。育兒院、圖書館、幼稚園等を開設經營す。

今井助松 號、雷堂◇各宗法檀布教の友主幹、日本禪書刊行會主◇東京市神田區駿河臺西紅梅町六◇明治九年十月長野縣生◇明治三十三年來日本全國滿洲等各地を週遊視察、大正八年日本禪書刊行會を創立、同十年六月雜誌「布教の友」を創刊今日に至る。著書に「修養其日■」等拾餘種あり。

今井有安 號、大安◇天◇東榮寺住職◇千葉町夷隅郡大原町七八五◇明治二十年福島縣生。現に千葉縣各宗聯合會評議員、縣社會課方面委員、大原町各宗聯合免囚保護會理事たり。

今井勇 ◇眞◇德島市立中洲病院醫員◇大阪市十三南ノ町一丁目十三◇明治三十四年福井縣生。大正十四年五月大阪醫科大學佛教青年會創設、同年十二月更に大阪學生佛教青年聯盟を創設し、昭和五年七月汎大平洋佛教青年會議に出席す。

今井紀綱 ◇天◇教區長、審理局委員◇岡山縣淺口郡金光町寂光院◇明治九年岡山縣生。三十三年早稻田大學文學科卒業。比叡山中學教授、教頭、幹事、天台宗務廳教學部長等歷任。

今井宗恭 號、大順◇臨大◇靈泉院住職◇東京府下澁谷町元廣尾六靈泉院◇明治十年岐阜縣生。

今井宗一 號、竹志◇時◇正光寺住職、長福寺住職◇東京府北多摩郡府中町長福寺◇明治二十六年栃木縣生。時宗々學林、天台宗大學卒業、時宗々學林學監兼教師、藤澤中學校教諭、教務支所長宗會議員、學制審議會委員、時の日本社長等歷任。

今井了 號、月城◇眞大◇善勝寺住職◇秋田縣北秋田郡阿仁谷善勝寺◇明治元年三月秋田縣生◇眞宗大學寮兼學都卒業 監獄教誨師、秋田縣至仁會保護委員、同縣慈善協會評議員、監視教誨及鑛山布教師、郡農會議員、信用組合監事等歷任、又施藥院、授業會を創立す。

今川海嚴 號、大我◇眞言◇宗會議員◇德島縣海部郡日和佐町藥王寺◇明治十七年十月德島縣生◇明治廿九年藥王寺山口智嚴和上の門に入り後、板東覺心師に入室、眞言宗京都大學を卒業、圓通寺童學寺を經て現住職となる。專ら徒弟の教養、社會事業に盡瘁す。

今川圓勝 號、紫雲◇眞本◇直屬布教使◇佐賀縣佐賀縣佐賀郡中川副村妙恩寺◇明治二十三年佐賀縣生。大正四年佛教大學卒業。臺北、岡山、小倉、鹿兒島、京都、福岡各市に軍隊布教其他都市に駐


頁三〇五
在、目下自坊を中心に廳招布教。其間六高及岡山醫專に佛教青年會を組織す。

今泉靈堂 號、仙齡◇曹◇高長寺住職師家◇神奈川縣足柄下郡足柄村谷津高長寺◇慶應二年七月群馬縣生◇縣曹洞宗務所長、、特選議員等を經て神奈川縣佛教慈德會理事、同佛教聯合會評議員、谷津區長等の現職にあり。

今泉隆宣 ◇眞本◇龍谷中學校教諭教務主任◇佐賀市水ケ江町二八◇電、四四◇明治三十年八月佐賀縣生◇大正十三年龍谷大學文學部卒業後佐賀龍谷中學校教諭に奉職し今日に至る、傍ら旬刋教化新報を發行經營して地方教界の開發に盡瘁中。

今枝法宗 號、大葊◇曹◇常泉寺住職◇長野縣上伊部郡南向村常泉寺◇明治六年七月愛知縣生◇電、南向二四◇下伊那郡大島村海藏寺住職、郡佛教會支部長、同郡宗務所長等歷任に至る。

今田賢純 號、如水◇安養寺住職、月刊『大悲の光』主幹◇岡山縣上道郡高島村安養寺◇明治三十二年岡山縣生。大正十年以來、大悲の光社、日曜學校、脇田山兒童會、大悲婦人會、御大典記念所高島圖書館等を創立、現在上道郡明德會專務理事に就任し司法保護並融和事業に盡瘁す。

今津洪嶽 號、拈華室◇臨建仁◇日本大學教授、東洋大學教授◇東京市外千駄ケ谷町五六五◇明治十七年岐阜縣生◇眞宗大學卒業、同大學研究院、南都留學。宗教大學、天台宗大學、豊山大學、東洋大學、曹洞宗大學の教授を經て大正十四年駒澤大學專任教授となり傍ら東洋大學教授を兼ね、慶應、早稻田各大學佛教青年會講師たり。昭和五年駒大教授辭任。

今西由敬 ◇眞大◇小田原少年刑務所教誨師◇神奈川縣小田原町外谷津十◇明治三十八年岩手縣生◇大谷大學人文科卒。

今村惠猛 ◇眞本◇本願寺布哇開教總長◇布哇ホノルル市本願寺別院◇福井縣生。普通教校並に慶應義塾出身。三十餘年間開教に從事。

今村是龍 號、蓮坡◇日◇祖山學院教授◇山梨縣南巨摩郡身延町久遠寺◇明治三十三年四月山梨縣生◇昭和三年立正大學卒業、身延山祖山學院教授就任、傍ら身延山を中心として歷史古文書の研究に從事、近業として「身延の傳說」なる著あり。祖山學院機關誌棲神を主宰す。

今成顯法 號、劍峯◇顯◇中外日報記者◇東京市外品川町南品川三〇六◇電、自宅高輪五六二三、中外支局銀座醫七二一◇明治三十三年東京生。東洋大學卒業。

井上哲次郎 號、巽軒◇文學博士、東京帝大名譽教授◇東京市小石川區表町一〇九◇安政二年福岡縣生。長崎廣運館に入り英米人に就き英語を學び、明治十三年東京帝國大學大學部卒業、獨逸留學歸朝後、同大學助教授となり、爾來帝國大學文科大學教授、學習院囑託、帝國學士院第一部長、東京帝大文科大學々長、貴族院議員等に歷任。『釋迦牟尼傳』をはじめ宗教關係其他の著書多數あり。

井上德命 ◇眞本◇本派本願寺布教部長◇京都市八條諏訪開町本願寺役宅◇電京都下二四〇◇明治二十年佐賀縣生◇東京帝國大學文學部卒業、鹿兒島縣立出水高等女學校長、本願寺特選會衆。

井上令 號、昇令◇眞本◇婦人僧侶◇福岡縣築紫郡安德町眞教寺◇明治十七年鹿兒島縣生◇女學校及佛教學院一部卒業、大正十五年女教士拝命、昭和六年九


頁三〇六
月僧侶となる。明治三十五年より大正十一迄小學校教員、十五年より在寺法務。

井上鳴水 ◇眞本◇眞宗本願寺布教使◇福岡縣加穗郡飯塚町八一四。

井上琢為 ◇眞本◇宗願寺住職◇茨城縣猿島郡古河町宗願寺◇明治十三年四月茨城縣生◇明治四十一年東京帝大文學部卒業、陸軍教授、海軍囑託を歷任、大正九年現職に至る。

井上右近 ◇眞大◇善福寺住職◇京都市伏見區深草瓦町善福寺◇明治二十四年京都府生。眞宗大學出身、大正十年より六年間大谷大學教授、目下自坊にて青年の為に夜學「枝葉村塾」、婦人の為に「勝鬘家庭會」を經營して、親鸞主義的日本主義を以て教育に從事、著書『聖德太子研究』月刊雜誌『青人草』發行。

井上慶覺 號、麥雨◇古眞◇高野山巡回布教師、◇奈良好生駒郡矢田村北僧坊◇明治三十一年奈良縣生。高野山中學を經て日本大學宗教科卒業後同大學宗教研究室に於て一ケ年宗教哲學研究。爾來布教に從事、目下「日本戒律思想史研究」執筆中。

井上秀天 ◇曹◇英國外務省官吏◇神戸市海岸通英國總領事館◇電、湊川一四二〇◇明治十三年島取縣生。神學校教授從軍布教師、陸軍通譯官等歷任。著書『碧巖錄の現代的解說』『無門關の新研究』『老子の新研究』『維摩經の新研究』等約十餘種。

井上一 號、羽城、風露郎◇顯◇德島每日新聞主筆、德島法華會幹事長◇德島縣德島市福島本町◇明治四年福井市生。明治二十六年以來新聞記者として活躍。

井口泰溫 號、臨淵◇淨西深超勝寺住職◇京都市超勝寺前町八二超勝寺◇明治四年福岡縣生。西山專門學校教授約二十年間奉職、昭和六年三月退職、深草派宗學研究所長現在。

井口哲宗 ◇眞大◇醫學博士、鐵道省神戶鷹取工場治療所主任◇神戶市鷹取工場治療所內◇滋賀縣通覺寺に生る。井口乘海氏の令弟。

井口乘海 ◇眞大◇醫學博士、警視廳衛生部防疫課長◇東京市小石川區戸崎町三◇電、小石川三三二明治十六年滋賀縣通覺寺に生る。小學校卒後、小學教員奉職、大正十二年醫術開業試驗及第、大正三年一月警視廳に奉職、昭和五年十二月「痘瘡豫防に關する研究」に對して東大より學位を受く。

井川定慶 號、東史郎◇淨◇京都帝大囑託智恩院史編纂所主任◇京都市東山區林下町華頂繼志學寮◇電、祇園三六◇明治三十一年奈良縣生。畝傍中學、佛教專門學校を經て京大文學部史學科卒業。嘗て『華頂』主宰『淨土宗史概說』『善導大師繪傳』知恩院』『法然上人繪傳校訂版の解說』を刊行。大正十三年現職に就き、近衛公爵家の京大寄託文書を調査中、尚西山專門學校と智恩院にて佛教史を講じほてゐる。

石井遵常 ◇日◇東京市社會局方面委員聯絡主任◇東京市芝區白金三光町五四九◇明治二十九年靜岡縣生。大正十一年日蓮宗大學卒業。同年東京市社會局囑託となり、小石川第二方面、芝區第二方面事務所主任、東京市白金市民館長等歷任。

石井榮照 號、杰堂◇眞豊◇寶藏院住職、常任傳道師◇東京市淺草區吉野町寶藏院◇明治六年七月千葉縣生◇新義大學林卒、天台宗大學入學、教相、事相、經


頁三〇七

史專攻。青少年教化事業に從事すること十二年。

石井教道 ◇淨◇大正大學教授◇京都市裏寺町稱名寺◇明治十九年愛知縣生。宗教大學卒業。比叡山大學講師、佛教專門學校講師、宗教大學教授等を經て現職に至る。昭和四年發行の「淨土の教義と其教團」に「淨土傳戒論」を增補改訂し、昭和六年再版

石井勝賢 ◇日◇本立院住職◇東京市深川區靈岸町本立院◇明治三十八年東京府生。

石井智行 號、日顯◇日◇根本寺住職◇新潟縣佐波郡新穗村根本寺◇明治六年二月新潟縣生。

石井日晃 號、可鳳◇日◇妙行寺住職◇明治元年四月東京府◇原木山妙行寺中興第二祖、先住日淳上人の高弟たり。

石井眞峰 ◇淨◇大項寺住職、橫濱市立商業專門學校教授◇靜岡縣富士郡大宮町大頂寺◇明治二十六年靜岡縣生。宗教大學豫料を經て大正五年早大英文科卒業、九年ワシントン大學研究科卒業、芝中學、富士中學、早大教授、東京商大專門部講師等歷任。『文學と社會』『ピータパン』等の著あり。

石川俊雄 號、英宗◇臨妙◇興禪寺住職◇宇都宮市今泉町◇明治二十七年栃木縣生◇大正八年臨濟宗大學卒業後昭和二年迄、下野中學校に教鞭を執り、現に宇都宮慈善會理事、同托兒所主事を兼ね。短歌をよくし雅號を暮人と云ひ、「菩提樹の若葉」なる集あり。

石川了整 ◇眞大◇宗會議員◇愛知縣碧海郡櫻井村一二三蓮泉寺◇明治九年愛知縣生。四十年眞宗大學研究院卒業後大谷大學教授となり大正七年辭任、同派第七教區教務所長。

石田●溪 ◇臨妙◇祥龍寺住職◇神戸市灘區篠原◇明治廿二年大分縣生◇大正六年臨濟宗大學卒業。

石田茂作 ◇東京帝室博物館鑑查官補東京文理科大學講師、立正大學講師◇東京市外西巢鴨町池袋一〇六一◇明治二十七年愛知縣生。高師國語漢文科、同專攻科を卒業、島地大等、中川忠順氏に付き佛教文化史を研究、現在聖德太子奉讃會特別會員、著書『那智發掘佛教遺物の研究』『寫經より見たる奈良佛教の研究』あり。

石田慶封 ◇眞本◇慶誠寺住職、同派總代會衆◇旭川市五條通六ノ右二。

石塚龍學 號、魯山◇淨◇東海中學校長、東京靈巖寺住職◇名古屋市東區車道町一◇明治五年弘前市生。淨土宗大學支校淨土宗高等學院を經て三十七年東大哲學選科卒業、淨土宗大學教授、海城中學教授、芝中學教頭歷任。著書『英譯勅修御傳』あり。

石塚教道 ◇曹◇福井縣大野郡上庄村寶慶寺◇明治卅二年愛知縣生◇日本大學宗教科卒業、後寶慶寺專門僧堂に安居。

石上照然 ◇眞本◇光明寺住職、青年聯盟幹事◇東京市神谷町一六光明寺◇電芝四三八五◇明治二十六年富山縣生。岐阜縣五大中學校を經て眞宗學院卒業、教師資格を得。同四十三年東洋大學に入り大正三年卒業。

石上咸然 ◇眞本◇金澤市藤花高等女學校教員◇富山縣西礪波郡水島町萬明寺◇明治二十九年富山縣生。東洋大學印度哲學倫理學科卒業、本願寺布教研究所卒業、本山布教使。

石倉圓妙 號、蘇堂◇本門◇安養寺住職◇島根縣仁多郡馬木村◇明治十年島根


頁三〇八
縣生。本山末寺議員を經て、十二教區宗務取締、縣佛教寺公團評議員同團仁多支部長たり。

石澤久五郎 ◇眞大◇新佛教徒同志會幹事◇東京府下杉並町阿佐ケ谷六八七◇福島縣生◇早大卒業後渡米しアイオワ大學、ウヰスコンシン大學、クラーク大學に於て經濟學專攻。歸朝後講師、記者生活をなす。

石堂惠猛 號、勢外◇古眞◇御室大本山仁和寺門跡、奈良縣別格本山大安寺及攝津中山寺貫首◇京都府下花園村仁和寺◇電、西陣三八◇明治元年石川縣生。高野山大學、慶應義塾卒業、眞言宗機關雜誌『傳燈』『六大新報』主筆、同宗大中學教職、宗會議員本山及宗務局役員等歷任。

石橋百仙 號、曹流◇住◇岡山縣曹洞宗務所長、岡山縣濟世顧問◇岡山縣小田郡川面村蓮華寺◇明治八年三月島根縣生◇宗務所長勤續七年、岡山縣々廳より濟世會顧問を依りせられ社會事業に盡力、且自費を以て圖書館を經營す。

池田禪悅 號、欽堂◇臨妙◇玉藏寺住職◇靜岡縣濱名郡篠原村◇明治十四年靜岡縣生。

池田研赤 ◇眞大◇長源寺住職◇東京市本鄉區駒込富士前町七〇◇電、小石川一、一六〇◇明治二十三年東京市生。

池田壽郎 ◇眞本◇慈願寺住職◇栃木縣那須郡馬頭町慈願寺◇明治廿三年十二月栃木生◇足尾銅山小瀧說教所に十有餘年主任擔當、大正十年現住地に轉ず。

池田泰圓 號、紫山◇曹◇松高庵住職布教師、方面委員、教化動員委員、社會事業協會員◇山形縣東田川郡八榮島村豊榮◇明治十九年山形縣生。曹洞宗大學に游ぶ、布教講習會、梵字陀羅尼講習會、東大公開講義等修了、曾て小學校長たり現農會女學校講話囑託。佛教會布教師等歷任。年數回「禪心」を刋行して布教に努む。著書『觀世音菩薩の信仰』あり。

池田是淳 號、日顯◇日◇蓮昌寺住職◇新潟縣北浦原郡新發田町寺町蓮昌寺◇明治三十年東京府生◇立正大學卒業。

池田正善 ◇天◇克軍寺住職、開導會常務理事◇高松市宮脇町、本門壽院◇明治二十五年香川縣生◇同宗々務廳庶務課員、教區理事、教區會議員等に歷任。目下同教區布教師、高松市佛教會講師たり。

池田堅正 號、白堂◇眞本◇圓證寺住職◇長崎縣東彼杵郡上波佐見村圓證寺◇明治十七年八月福岡縣生◇明治三十八年豊山中卒、同年步兵第廿四隊に入營、同四十一年陸軍步兵少尉任官、四十四年現寺住職、個人雜誌「白毫」を創刋、目下三十二號發行中、猶『佛の道、人の道』なる施用小删子發行、地方教化に努む。

池浦孝忍 ◇眞大◇高知高等學校教授◇高知市大川筋十三◇明治三十年十一月愛知縣生◇大正十二年東京帝大文學部卒同年第五高等學校教授就任、大正十三年現職拜命。

池月順孝 ◇天◇教區長◇東京府南葛飾郡龜戶町三龍眼寺◇電、墨田三六九五◇明治元年東京府生◇明治三十四年本所部幹事りなり、後教區會議員、教區主事關東大震災被害寺院復興委員會等を經て現職に至る。

岩崎信雄 號、錦谷◇天◇淨光寺住職◇埼玉縣比企郡野毛村一二六淨光寺◇明治九年東京府生。天台宗中學卒、二松學舍及東洋大學に學ぶ、地方布教、青年指導に從事。

岩崎勇 ◇佛教濟世軍庶務係兼一心


頁三〇九
會主事◇福岡縣八幡市陣山町二〇一六◇明治三十二年福岡縣生◇東洋大學卒業。大正七年佛教濟世軍に入る。免囚保護に從事。

岩崎慈堅 號、米南◇眞大◇同派布教師、鐵道省囑託講師、縣佛教聯合會專務理事◇埼玉縣北足立郡大宮町安樂寺◇明治七年十二月新潟縣生◇明治卅一年眞宗東京中學卒、同卅四年教導講習院卒業、同年八月本山より大宮駐在布教を命ぜられ爾來大宮鐵道エ場を中心として教化事業に從事、其間廢寺安興寺を再興、本堂建立二回に及ぶ。

岩元法彰 ◇眞言◇權大僧正◇岡山縣上道郡雄神村久保聚福◇明治三十八年岡山縣生◇高野山大學佛教科卒業。

岩本宗國 號、千波道人◇曹◇吉祥寺住職◇東京市本鄉區駒込吉祥寺町一八吉祥寺◇文久二年石川縣生◇明治八年より森田悟由禪師に隨從、十八年宗立大學林卒業後英文學研究、二十一年吉祥寺三井海雲の室に入り嗣法。同三十九年牛込寶仙寺より吉祥寺に轉住、宗會特選議員、布教部委員長等歷任。また吉祥寺社會部を設け、栴檀幼稚園を開設する等、種々教化事業に盡力す。

岩本秀雅 ◇佐賀高等學校教授◇佐賀市水ケ江町二六七◇明治三十年二月京都府生◇京都帝大文學部宗教學科專攻卒業大正十四年現職就任。

岩倉惠覬 號、愚仙、艷魔◇眞大◇宗議院副議長、町會議員、學務委員、社會事業保護教化主任、大谷派特別布教使、東京教區會議員◇長野縣下水内郡飯山町西敬老◇明治六年長野縣生。日清日露兩役從軍布教、第十三師團軍隊布教に從事勳七等及恩給年金下賜さる。

岩越勝躳 號、錦海◇眞言醍◇醍醐寺執行◇京都市伏見區醍醐、醍醐寺◇電、醍醐二◇明治九年鳥取縣生。四十二年同派機關雜誌『神變』を創刊。昭和二年現職就任。

岩上行坡 號、種月道人◇眞大◇長野縣蓮行寺住職、東洋高等女學校教諭◇東京市小石川區丸山町一一◇明治十一年長野縣生。眞宗大學卒業後、『佛教講義錄』を發行、同四十年現職に就任、女子教育に膺る、

岩鶴密像 號、雪峰◇眞醍◇眞言宗醍醐寺醍醐天皇一千年御遠忌事務局總理、三重支所學頭◇三重縣津市大門町大寶院◇明治七年三月和歌山縣生◇明治三十一年高野山大學卒業、大正四年三重支所學頭に就任勤續今日に至る、此間眞言宗醍醐派宗會議員、聯合會議員、眞言宗醍醐派執行長歷任。

岩野眞隆 ◇淨◇淨閑寺住職◇東京府北豊島郡南千住町淨閑寺◇文久三年十二月石川縣生◇明治十四年京都大學林に遊學、同十七年東京に出で明治廿五年當淨閑寺住職となる。

岩淵邦燦 ◇曹◇常因寺住職◇宮城縣亘理郡亘理町常因寺◇明治八年十二月宮城縣生◇亘理郡佛教護國團事務、同保護會長、宮城縣奉仕委員等に歷任今日に至る。

岩井大晋 號、淨水、填雪◇曹◇賢瑞院住職◇福島縣東白川郡笹原村川上賢瑞屋◇明治二十年十月福島縣生◇樺大大泊楠溪寺駐在布教師、東白川郡佛教慈善會長等歷任、昭和四年笹原村託兒所開設知事の視察を受く。

岩田教圓 ◇天眞◇眞盛寺住職、同派東京教務出張所主任◇東京府下杉並町高原寺一四四眞盛寺◇電、四谷一七二七◇


頁三一〇
明治十四年三重縣生。四十二年●台宗大學卒業後同中學及大學教授。大正三年山命を受け、眞盛寺に入り副住職となる。同六年同寺の移轉を企て、十四年完成し同寺住職となる。

岩橋遵成 ◇眞本◇早稻田大學教授、立正大學教授◇東京市小石川區竹早町六八◇明治四十一年東京帝大文科卒業。

岩堀智道 ◇新眞豊◇彌勒寺住職◇東京市本所區林町彌勒寺◇文久元年長野縣生。明治六年岩堀周賢師に就きて得度、爾來京都及東都同宗の諸堂に於て内外典研鑽、東京專門學校卒業。嘗て總本山長谷寺住職となり、豊山派管長に就任。

巖清剛 ◇新眞豊◇群馬縣北甘樂郡新屋村大字金井寶勝寺◇明治四十年三月群馬縣生◇大正十五年富岡中學校卒業、目下大正大學文學部史學科三年に在學中。

飯塚文次郎、號、春山◇東京下谷大鳳閣昭和佛教佛典編輯部◇東京市本鄉區駒込富士前町一二◇明治三十七年九月新潟縣生◇日本大學宗教科卒業。

飯塚哲英 號、夢袋◇曹◇中央佛教社々長、東京市牛込區矢來町五七◇電、牛込一一八五◇明治二十三年秋田縣生。仙臺曹洞宗第二中學、東京曹洞宗大學卒業秋田十七聯隊除隊後中央佛教社、金の鳥社、大日本佛教少年團本部を創立。月刊雜誌『中央佛教』『家庭之友』『佛教童話』『大乘禪』を主宰、著書に『處世世と倫理』『奇僧南天棒』『道元禪師一代記』『聖德太子』等數種あり。

板原闡教 號、南陽、洗心窟道人◇眞本◇法專寺住職◇和歌山縣海草郡西脇野村法專寺◇明治八年和歌山生。十餘年來日曜學校經營。著書『淨土三經の大意』『布教書籍目錄』『大寶積經大意』『教行信證大意』『佛傳關係史料』『大藏經異本通目錄』(十冊)『經典研究』(十四冊)等、昭和五年度には『修道の知津』『佛陀の聖訓』二部を編輯す。

板原淨惠 號、那耆◇眞本◇特選布教使◇和歌山縣有田郡廣村圓光寺◇明治十一年和歌山縣生。佛大卒、教區管事奉職。

板敷晃純 ◇眞本◇茨城縣新治郡蠻瀨村大增大覺寺◇明治二十六年一月二十八日長野縣生◇明治二十六年一月二十八日長野縣生。

板垣傳亮 ◇時◇時宗本山議員、布教師、長源寺住職◇山形縣北村上郡長瀞村長源寺◇明治六年山形縣生◇淨土宗黒田眞洞師に學び本山内事局に勤む。

飯坂團收 號、王山◇曹◇曹洞宗布教師◇青森縣上北郡七戸町瑞龍寺◇明治八年岩手縣生。曹洞宗大學林卒業、同宗中學林教師たること五年、教界記者十年、新聞雜誌記者生活三十六年。

飯田諦英 號、釋讓◇法華◇妙法寺住職◇山形縣飽海部酒田町寺町◇明治十九年靜岡縣生◇法華宗第八教區宗務支所長法華宗々會議員。

礎部滿事 ◇顯◇社會教化、品川妙國寺編輯◇東京市外品川町南品川妙國寺◇明治十五年姫路市生。永年東洋汽船春洋丸機關長たり、目下在家布教に從事。

磯野湛山 ◇融◇法立寺住職◇大阪府中河內郡南高安一三五九◇明治十年大阪府生◇融通念佛宗勸學林出身。

磯田英雄 ◇佛教濟世軍東吉富支部長◇福岡縣築上郡東吉富村鈴熊二六五◇明治廿七年福岡縣生。

稻垣乾回 號、吞空◇臨南◇南禪寺派第一宗務支所長◇京都市南禪寺町光雲寺◇電、上五〇四二◇明治十七年愛知縣生◇臨濟宗大學卒後南禪寺派管長毒湛、霧


頁三一一
海兩師に就き宗旨研鑽すること數年、同派宗會議員、執事、執事長に歷任今日に至る。

稻垣廣運 ◇眞大◇通覺寺住職、囑託少年保護司◇東京市淺草區松清町六三通覺寺◇京都市生。

稻葉昌丸 ◇眞大◇前大谷大學々長、聖德太子奉讃會評議員◇京都市上京區小山上總町大谷大學。

稻葉文海 號、茂◇日◇東京帝大佛教青年會主事、立正大學豫科教授◇東京市本鄉區本鄉三丁目東京帝大佛教青年會館内◇明治卅二年四月福井縣生◇金澤第四高等學校、東京帝大印哲科卒、爾來帝大佛教青年會主事繼續、全日本佛青聯盟幹事、東京帝大印哲科副手歷任。

稻永法俊 ◇淨◇慶巖寺住職、方面委員◇長崎縣北高來郡諫早町慶巖寺◇電、一三六◇明治廿五年九月愛知縣生◇宗教大學研究科卒業日本大學法科卒業、司法職員養成所の出身にして社會事業に從事す、長崎縣教化團體聯合會評議員にして又支部長たり停らは軍隊及警察、郵便局使用の講話をなす。先年眞生幼稚園を設立す。

生三俊隆 ◇眞本◇教區會衆本山布教使、方面委員、教化聯合會評議員◇佐賀縣佐賀郡兵庫村光圓寺◇明治十年佐賀縣生三十七年東京高輪佛教大學卒業、刑務所教誨師勤續二十一年、大正十三年より自坊に在りて布教使として活躍し、同郡佛教聯合會長たり。

生桑寬明 ◇號、光雲院◇眞高◇來照寺住職◇明治二十五年三重縣生。眞宗勸學院高等科律宗毘尼苑。法相宗勸學院修了。明治四十四年『佛之子』創刊、大正三年『眞之光』創刊、大正十一年『新愛知』『三重日報』編輯、大正十二年『三重佛教』創刋、大正十五年『本山報告』並に『高田講座』編輯、昭和三年『唯信』編輯、目下同志と『高田學報』並に『佛法』創刊準備中。

郁芳隨潤 號、水門露三◇淨◇宗會議員◇滋賀縣野洲町野洲町市三宅安樂寺◇明治二十四年滋賀縣生。宗教大學卒業し内地留學を終へ組長宗會議員等を重ね黒谷の常侍長を兼ね。

郁芳隨圓 號、入阿◇淨◇大本山金戒光明寺住職◇京都黒谷三一◇電、上二二〇四◇慶應二年二月滋賀縣生◇滋賀縣野洲町安樂寺、同安土町淨巖院住職を歷て現職に至る。

市川日調 ◇日蓮宗の長老にして、嘗て身延山久遠寺の貫首たりし事あり。前瑞輪寺住職◇下谷區谷中瑞輪寺隱寮。

市田勝道 ◇眞本◇同派樞密部長、大津市正福寺住職◇京都市下京區北小路通大宮西入。

市橋覺俊 ◇新眞豊◇同派宗務長、宗會議員に當選數回◇東京市芝區三田豊岡町明王院。

市原澄太郎 號、澄海◇淨◇和傘製造業◇長崎市銅座町五一◇電、一八八九◇明治十年大分縣生◇大正十年佛教修道會を創設す。長崎名村銅座傘本舖、和傘組合長、知恩院より表彰を受く。

泉道雄 ◇眞本◇千代田女子專門學校長兼千代田高等女學校長◇東京市麴町區中六番町二五◇明治十一年山口縣生。三十六年東大文科卒業、四十年千代田高等女學校幹事となり、大正六年同校々長となり昭和二年同女子專門學校長となる。

泉芳璟 ◇眞大◇前大谷大學教授◇京都市上京區小山大野町三九◇明治十七年三重縣生。四十年眞宗大學卒業、四十


頁三一二
五年大谷大學教授となり、大正七年より九年に亘り、印度、歐洲に留學し梵語を修む。昭和五年三月大谷大教授を退職。著書『新譯法華經』『佛教地獄極樂論』『邦譯梵文入楞伽經』『梵文金光明經』『印度漫談』『印度旅日記』等あり。

絲原武太郎 號、德明◇日◇貴族院議員◇島根縣仁多郡八川村妙綱寺、◇電、三成一〇◇明治十二年島根縣生。地方公共事業に盡す。昭和三年藍授褒章下賜さる貴族院研究會常務委員、帝國畜產會評議員、島根縣農政協會長、松江銀行頭取、簸上鐵道會社々長、其他各種の要職に就く。

一柳知成 號、舜水◇眞大◇眞宗專門學校長◇名古屋市西區押切町五ノ二四養照寺◇明治八年愛知縣生。三十一年眞宗大學卒業、三十三年清國留學、尾張中學校長、眞宗專門學校長、大谷派本願寺寺務總長等を經て現職に及ぶ。

一柳學俊 號、止水◇淨西山光明寺派◇岡山縣笠岡商業學校長◇岡山縣小田郡笠岡町一七五七ノ一◇電、一四七◇明治二十年六日愛知縣生◇大正二年京都帝大文學部哲學科卒、同八年同法科大學英法科卒、前松山高等商業學校教授にして、松山佛教青年會を起し松山を中心として愛媛縣に佛教運動を為す。

犬飼唯一 號、其山◇眞大◇專光寺住職◇愛知縣名古屋市南區熱田新日東組專光寺◇明治六年五月愛知縣生◇明治二十九年父と共に海部郡より現地に移寺、三十三年落慶、同年七月北海道に渡り兒童教育に從事、同三十四年より北海道寺務出張所に勤務、同四十年本山に仕へ、大正元年より釋放者保護事業に從事。

ウの部

上野舜穎 ◇曹洞宗總務◇東京市芝區新堀町三六曹洞宗々務院◇明治五年福井縣生。曹洞宗專門支校、同志社、曹洞宗大學等に歷學。後宇野玄機に參じ 大事了畢す。明治三十九年福井縣三方郡八村に僧堂を建て布教興學に努む。同宗公選議員、大本山布教師、地方布教部委員長、同宗總務尚署に歷任。

上野法忍 ◇日◇一佛土教團々長◇東京市牛込區鶴卷町一八七番地一佛土教團◇文久二年新潟縣生。貧民救濟に弘法に四十有餘年盡力す。

上野覺雄 ◇眞本◇布教使鐵道々友會講師、福島縣共濟委員◇福島縣耶麻郡喜多方町西光寺說教所◇明治廿七年二月福島縣生◇大正七年佛教大學卒業、刑務所教誨師、本山教務所役員、仙臺、福井、駐在布教師歷任。大正十五年喜多方町に說教所設立、現に道光託兒所、道光子守學校經營、喜多方地方開教に從事。

上野忠誠 號、明山◇淨◇淨願寺住職◇香川縣高松市五番町六一◇明治廿三年香川縣生◇宗教大學卒業、東寺大學卒業佛教專門學校舍監、尼衆學校教授、知恩院門末會議員等歷任、讚岐組合長、香川縣融和聯盟理事、保護事業矜哀會長。

上田順三 ◇眞◇鍼灸按摩マツサーシ◇福岡縣築上郡八尾町二五九三◇電、七一◇明治二十五年福岡縣生。大正二年東京盲人技術學校卒業。大正十二年以來大日本佛教濟世軍點字出版部を引受け『點字濟世軍』第一號發行、別に點字書十九種發行。大正十四年以來『點字濟世軍』を通じて、盲界にエスペラントの普及を努めヽ現在に至る。

上田覺城 號、不眠◇古眞◇宗會議員參事會員◇大阪府南河内郡川上村鬼住四九二延命寺◇明治六年奈良縣生。三十二


頁三一三
年高野山大學卒業。三十五年より東寺中學校教諭、四十年延命寺を董す、四十四年より河内國法務支所管理又は學頭、支所長を勤續す。

上杉文秀 ◇眞大◇大谷大學長◇京都市上京區小山上總町。

上杉大峰 ◇臨東◇同派宗務執事◇京都市東山區東福寺宗務本院◇明治十四年香川縣生。大正十三年同派宗會議員、縣佛教會理事、第一區分會長兼任等歷任。

上杉大定 ◇眞高◇眞宗高田派專修寺京都別院輪番◇京都市河原町二條清水町◇電五四五五◇原籍地三重縣安濃郡安濃村松原寺住職。

宇野圓空 ◇眞本◇東京帝大文學部助教授◇東京市本鄉區駒込神明町三四一◇明治四十三年東京帝大文科卒業、嘗て海外留學、原始宗教の研究をなせり。

宇野眞慧 號、芳翠◇眞本◇本願寺布教徒◇臺灣臺中洲彰化郡彰化街西門二五〇彰化寺◇明治三十四年六月奈良縣生。

宇野辰雄 號、哲正◇眞大◇猿江善隣館主事◇東京市深川區猿江裏町猿江善隣館◇明治三十七年愛知縣生。東洋大學社會科卒、愛知縣社會事業協會主事、小田原少年刑務所教誨師兼財團法人小田原少年園保護主任、東洋社會事業協會主事等歷任。

宇野惠空 ◇眞本◇本派本願寺宗學院在◇京都市坊城通七條上ル二◇明治二十七年奈良縣生。大正八年佛教大學考究院卒業。昭和三年迄支那開教使、三年より眞宗叢書編纂員として執務。昭和六年九月まで本願寺監正局監事々務に從事。

宇野得三 ◇眞宗◇小學校教員◇佐賀縣三養基郡旭村善龍寺◇明治卅二年佐賀縣生◇佐賀師範學校卒業。禁酒會創設。

宇井伯壽 ◇曹◇文學博士、東京帝大教授、東北帝大教授、駒澤大學教授、東漸寺住職◇東京市小石川區柿町七五◇電小石川四六三六◇明治十五年愛知縣生。四十二年東大印哲科卒業◇大正二年より六年迄獨、英、印度に留學。十年文學博士となる。十二年東北帝大教授、昭和五年七月東大教授兼東北帝大教授に任ぜらる。『十句義論』英譯『印度哲學研究』六卷あり。

宇津木二秀 ◇眞本◇大阪相愛女子專門學校教授◇大阪府三島郡三ケ牧村西面西德寺◇明治二十六年大阪府生。佛教大學出身、大正六年より十一年迄英米に留學、英語、英文學專攻。『英譯阿彌陀經』『英語佛教』等の著あり。元龍大教授。

宇田川玉瑞 號、文蛇◇曹◇長泉寺住職◇埼玉縣入間郡豊岡町二七八◇文久三年東京府生◇曹洞宗大學卒業、宗學校教職にあること二回、宗內布教師として勤續三十年、縣教化團體聯合會講師等歷任。

宇佐美信美 號、霞堂◇眞三◇同派東京寺務出張所所長◇東京府下目黒町上目黒一六九六專照寺出張所◇明治二十二年福井縣生。大正十四年大谷派より三門徒派に轉ず。昭和二年東京寺務出張所々長に任ぜらる、大乘會幹事々業部專任となる。

海野鏡圓 ◇眞本◇紙屑拾ひ◇名古屋市西區日比津町八五第二同朋舎◇明治二十六年長野縣生。大正九年感ずる所あり還俗し、長野縣更級郡鹽崎村康樂寺を出で、岐阜市港町にて薪炭賣をし、大正十年岐阜市外北長森仙波農園に移り、同十二年名古屋市中區奧田町貧民部落に入り同朋舍を建て昭和五年現住地に移る。

海野貞純 ◇眞大◇專精寺住職、布教使◇長野縣更級郡東福寺二二四專精寺◇


頁三一四
明治三年長野縣生。本山高倉學寮及び哲學館修了。現在所屬寺に於て專ら布教に從事し傍ら自坊に託兒所を經營して社會事業に盡す。

海野秋千代 號、梅里◇眞大◇眞教寺住職、石川佛教會長◇石川縣石川郡松任宇町辰正町眞教寺◇明治七年八月新潟縣生◇大谷派立共中學校卒業、大谷派高倉大學寮々司、同派議會讃衆、加賀第四組々長、加賀視察等歷任。

海野善堯 ◇眞本◇福島市五月町二〇康善寺◇明治三年福島縣生。

梅山英夫 ◇眞本◇同派樞密部長◇京都市下京區八條諏訪開町本願寺役宅◇電自宅下二七八、執行所下二四〇◇明治二十年三重縣生。大正二年佛教大學卒業、朝鮮開教教務所賛事、鹿兒島別院輪番別院助勤、中書、東京教區管事となり、昭和四年本山教務部長に轉じ、同六年現職就任。

梅山圓澤 ◇天◇嶺南寺住職◇滋賀縣甲賀郡龍池嶺南寺◇明治三八年滋賀縣生◇比叡山中學卒業後一年志願兵として入隊、解隊後住職となり且小學校に奉職中。

梅原善苗 ◇淨土◇大泉寺住職、無緣寺兼務住、同宗加能越教務所長◇富山縣下新川郡魚津町大泉寺◇明治二十七年六月富山縣生◇佛教專門學校卒業、宗內新川組長、擔任布教師、社會事業委員、知恩院富山出張所長、佛教協會理事、同佛々化聯盟評議員及理事たり。

梅原眞隆 ◇眞本◇顯眞學苑主幹◇京都市東山區高臺寺桝屋町三六二◇電、京都祇園一九〇〇◇明治十八年富山縣生。佛教大學卒業後同學教授となり、昭和四年七月辭職、同志と共に京都に顯眞學苑を創設し昭和五年四月開苑式を舉ぐ。『淨土眞宗』『教行信證概說』『歎異鈔の意譯と解說』等の著書『道』及び『親鸞聖人研究』といふ個人雜誌刊行。

梅園篤彥 號、大岳◇日◇子爵、貴族院議員、京都藥學專門學校講師◇京都市下鴨中川原町三五要法寺◇電、上二九三二◇明治二十二年京都市生。京相府立二中、大阪市立高商卒業、京都帝國大學法科並政治經濟學科修了。京都市主事、京都藥學專門學校講師、滋賀縣囑託等に歷任。

梅田隆曉 號、照法◇天眞◇阿彌陀寺住職◇三重縣阿山郡壬生野村一五七◇明治三十三年三重縣生。大正十年本山なり學寮卒業。阿山郡佛教會幹事、盛門布教團幹事、教務支所員。

梅澤鳳瑞 號、岐山◇曹◇新潟縣曹洞宗教區長、宗務所會議員、布教部議員◇新潟縣西頸城郡大和川村大雲寺◇明治七年新潟縣生◇免囚保護、社會教化事業に從事。

梅島眞慶 號、慈山◇法相◇京都清水寺執事◇京都市清水寺山内慈山房◇電、祇園四七七◇奈良縣生◇京都佛教護國團常務理事、聖德太子奉讚會特別委員、朝鮮佛教團囑託等現任。

内山信孝 號、靜修◇淨◇新潟教務所長、大本山知恩寺門末會議長◇新潟縣高田市中寺町善導寺◇明治九年新潟縣生。東京支校、日本大學法科卒業。布哇開教師、軍隊布教師、宗會議員、淨土宗務所主事が、同人事部長等歷任。

内山一三夫 號、憲堂◇東洋家政女學校教諭◇東京府下岩淵町稻付梅ノ木莊一二〇三◇明治十二年大阪生◇東洋大學卒業後、增上寺經營明德幼稚園、平塚託兒所に主事として勤務し、同寺日曜學校主


頁三一五
任たること八年、大正十三年に佛教日曜學校協會を作り、日校事業の研究と普及に盡す。『日曜學校の新經營法』『日校管理法』『釋尊傳教案』等あり。

内海玉名 號、柳蛙◇眞本◇心光寺住職◇兵庫縣揖保郡越部村一八四心光寺◇明治二十八年廣島縣生。本願寺布教使、兵庫縣清和會囑託、揖保郡佛教聯合會理事、中央融和事業協會囑託講師、本願寺一如會參與法立教回長等歷任。

内田晃融 號、香幽◇眞本◇本派本願寺布教研究所長◇京都市東中筋御前通下ル紅葉町◇明治九年佐賀縣生。明治三十三年東大哲學科卒業、同三十八年より大正十二年まで北米開教監督として滯米、昭和三年より四年に亘り歐米視察。

内田覺順 號、舍樂齋◇眞本◇長野縣松本別院輪番助勤、◇奈良縣宇陀郡内牧村内牧常德寺◇明治二十一年奈良縣生。本山執行所錄事を勤め、管長の侍僧となり後各地に布教す。

植田道琳 號、梁川◇曹◇安正寺住職曹洞宗教區長、司法保護興仁會長◇岡山縣上房郡高梁町二安正寺◇慶應元年一月岡山縣生◇明治十七年岡山縣專門支校卒業、曹洞宗大學林に學ぶ、岡山縣曹洞宗小學校教授、同組長、同第二宗務所長、同宗務所第二教區長等歷任。

植田賢太郎 ◇文部屬宗教局勤務職◇小石川區雜司ケ谷◇内務省宗教局時代より宗務局が文部省に移管後今日に至るまで二十有餘年宗務局、勤務。

樹木義雄 ◇眞本◇布教使、教區會衆山口第二布教班長、方面委員◇山口縣玖珂郡和木町淨蓮寺◇慶應三年山口縣生◇明治二十三年山口開導教校普通科卒業後京都本願寺執行所に就職、五等巡教使等拜命して今日に至る。

馬田行啓 號、立正學人◇日◇立正學園女學校長、早稻田大學講師、東京文理科大學囑託、妙勸寺住職◇東京府荏原郡荏原町戸越五四二◇電、荏原ニ二八四◇明治十八年福井縣生。同四十二年早大哲學科卒業。前立正大學教授、豫科部長。著書日蓮宗聖典『日蓮聖人の宗教及哲學』『印度佛教史』『釋尊傳』『國譯一切經法華部譯註』『國譯大藏經日蓮宗聖典譯註』『佛教信仰實話全集日蓮篇』あり。

浦井亮玄 ◇天◇現龍院住職◇東京市下谷區上野櫻木町七現龍寺◇電、下谷三二四五◇明治廿四年十二月福井縣生◇大正四年天台宗大學卒業、現在天台宗大學卒業、現在天台宗顯揚會理事。

鵜飼俊成 ◇淨◇三輪商業專修學校長、同善尋常小學校長◇東京市下谷區三輪町九九◇電、淺草四一八〇◇明治二十八年三月愛知縣生◇愛知縣立第二中學校宗教大學研究料、大正大學々部史學科卒、大正九年東京市社會局に奉職、大正十一年現職に轉じ今日に至る。東京市方面委員。

氏家濟吉 ◇時◇角田郵便局長、仙臺信託、七十七銀行、昭和土地各取締役、宮城殖林監查役、仙臺商工會議所議員、角田佛教青年會長◇宮城縣伊具郡角田町專福寺、別宅仙臺市支倉町一三◇電、角田一〇〇、仙臺七九五◇明治廿五年宮城縣生◇角田町收入役、仙臺興業銀行專務取締役、宮城商業銀行監查役、角田町會議員、所得稅調查委員等歷任。

エの部

江上利生 ◇眞本◇駒澤大學教授◇東京市外瀧野川町字瀧野川四三〇◇明治三十二年一月山口縣生◇大正十二年東大倫理學科卒業、同十四年大學院修業、爾來


頁三一六
大阪醫科大學、第七高等學校の教授を經て現在に及ぶ。

江郎秀雄 ◇眞高◇第四高等學校教授◇石川縣金澤市上柿木畠七◇明治二十九年七月三重縣生◇大正十年東京帝大文學部教育學科卒業、文部囑を經て現職に至る。昭和五年ハワイにかける汎大平洋佛青會議に出席後米國にかける宗教教育狀况を視察す。石川縣佛教青年會聯盟理事長たり。

江崎辨融 ◇淨◇悟眞寺住職◇豊橋市關屋町悟眞寺◇明治三十二年四月愛知縣生◇大正十二年早稻田大學文學部卒業、大正十五年豫備役陸軍步兵少尉、目下エ費四萬圓の納骨堂建設準備中、「三河教報」社編輯主任、日本教材映畵株式會社常務取締役、宗教映畵製作並に小型映畵への縮寫等エ場設立しあり。

江崎小秋 號、主一◇眞◇佛教歌謠作家◇府下中野町朝日ケ丘◇明治三十五年岐阜縣生。日本大學美學科修了。佛教兒童教育のため日本佛教童謠協會創設、日本佛教童謠協會主事、佛教保育協會評議員、宗教々育研究會同人。

江田俊雄 ◇曹◇中央佛教專門學校教授、山口縣湘江庵住職◇京城府崇ニ洞一四六◇明治三十一年新潟縣生。大正十一年曹洞宗大學、十五年東北帝大法文學部卒業。曹洞宗研究生。東北大學院學生、副手を經て昭和三年現職就任、朝鮮京城曹洞宗別院發行布教雜誌『金剛』編輯主幹。國譯一切經の中出曜經を譯す。

江原亮瑞 ◇日◇立正大學講師◇橫濱市鶴見區東寺尾町一六二〇◇明治三十五年兵庫縣生。昭和二年立正大學卒業後同五年迄同宗内地留學生として印哲研究、四年立正大學講師就任。元長崎縣常在寺住職。

江部鴨村 ◇日本大學講師◇東京市外松澤村赤堤五九〇◇明治十七年新潟縣生。四十二年眞宗大學卒業。四十三年より大正六年迄新聞記者。十年歐洲に遊び十一年歸朝。十五年日本大學就職、著書『隨筆蓮如』『釋迦の步いた道』『自然淨土』『宗教概論』等あり。又雜誌『宗教生活』を編輯す。

江利山義顯 號、浪靜◇日◇身延文庫圖書整理囑託、青森縣南津輕郡溫湯村遠光寺◇明治二十六年、青森縣生。日蓮宗大學聽講全科修了、大正十一年より三ケ年充洽園全集編纂に從事十三年身延文庫整理に從事、同主事、祖山學院教授、昭和五年辭して現在に至る。

江西蓼州 號、白牛、天聲堂◇臨妙◇布教師赤穗江西修養會長、兵庫縣赤穗郡赤穗町隨鷗寺。明治七年兵庫縣生。同宗大學卒業、參禪辨道十餘年、同派所屬中學、專門大學校教授、主監、宗務本所錄事歷任。目下地方教化につとめ傍ら俳句を研究、俳禪一味を鼓吹す。

永福諦英 號、菰山◇眞本◇永福寺住職◇石川縣鹿島郡豊川村川崎永福寺◇明治三十二年石川縣生。大正四年縣立七尾中學卒、大正十年同派中央佛教學院を卒業し目下華嚴の哲學を研究中。

衣斐令讓 號、仁峰◇臨東◇龍光寺住職、光勝寺兼務住職◇三重縣河藝郡神戸町龍光寺◇明治二十五年二月岐阜縣生◇大正五年京郡臨濟宗大學卒業、鎌倉圓覺寺及美濃虎溪山に於て禪道修行六ケ年、其後滿鮮支那巡錫四ケ年、昭和三年現住職となり本派毎三教區取締拝命、日曜學校經營。

海老原俊溪 ◇紅蓮法師◇新眞豊◇茨城縣第四號宗務支所參事員◇茨城縣北相


頁三一七
馬市川町德滿寺◇慶應二年茨城縣生。

海老塚義隆 ◇新眞智◇高知縣宗務支所管理◇高知縣長岡郡五台山村竹林寺◇明治廿八年十一月橫濱市生◇大正九年三月智山大學卒業、智山派宗務所員を努めたる後、本山布教師として各地に巡錫、目下自坊にて青處女の修養に盡瘁中。

遠藤義仙 ◇日◇並崎町最上教會所教師、同最上別院主任◇山梨縣北巨摩郡並崎町最上別院◇明治卅四年十月山梨縣生◇大正十三年日蓮宗大學卒業、同年十二月近衛步兵第二聯隊入隊、昭和二年任陸軍步兵少尉叙正八位、昭和三年現職に就任。

枝川唯昌 號、貫山◇眞本◇本願寺布教使◇茨城縣那珂郡湊町淨元寺◇明治廿二年茨城縣生◇明治四十二年高輪中學卒業、明治大學法科より龍谷大學に轉じ、大正四年卒業、大正五年より東京豊多摩刑務所教誨師奉職。

枝木崢山 號、紹義◇臨天◇京都府龜岡町外王子村意泉庵◇明治卅ニ年島根縣生◇京都花園專修學院卒業。

オの部

大野開藏 號、洪濤◇眞本◇相愛女子專門學校長兼相愛女學校長◇大阪市東區本町四丁目相愛女學校◇明治六年島根縣生。三十二年大學林高等科卒業。三十三年より濱田楓川佛教中學教頭、三十五年彦根第三佛教中學監事兼教員、三十六年渡米、桑港、フレスノ市駐在九年間、四十四年歐洲、印度を經て歸朝。爾來第四教團賛事及び賛事長を經て現在に及ぶ。

大野一道 號、通念◇黃檗宗第十一區宗務所長◇兵庫縣有馬郡溫泉寺◇明治廿八年一月大阪府生。

大野美惠丸 號、獅吼◇眞大◇眞宗布教新聞社長◇東京府豊多摩郡中野町本町通り三丁目二〇◇明治八年七月愛知縣生◇明治三十五年一月仙臺教務所管事、明治三十八年一月江差別院輪番、大正十二年四月稻川禪坊西念寺立教開宗七百年記念法要事務長、大正十三年十二月眞宗布教新聞發行現在に至る。

大野法道 ◇淨◇大正大學教授◇東京市小石川區小日向水道町一〇三智願寺◇明治十六年三重縣生。四十二年宗教大學研究科卒業。四十四年より大正五年迄天台宗西部大學講師、同五年より十五年迄宗教大學教授。

大野恩酬 號、溫洲◇臨建長◇大慈寺住職◇神奈川縣中郡成瀬村下槽屋◇明治三年愛知縣生◇神奈川縣慈德會理事、中郡護國團幹事歷任。中郡護國團長、神奈川縣佛教聯合會臨時委員等現任。

大塚文亮 號、松籟◇日◇同宗專任布教師、協議員◇栃木縣足利郡山前村大前妙隆寺◇明治二十六年新潟縣生。大正十三年日蓮宗大學卒業後、東京市社會局囑託方面委員、司法省囑託少年保護司となり昭和三年師跡繼承の為に辭す。

大塚治三郎 ◇眞大◇株式會社高瀨農場常務取締役、麗水電氣株式會社長、淨土宗報恩寺信徒總代◇朝鮮全羅南道麗水郡麗水面西町六二五◇明治十五年滋賀縣生。

大塚道光 ◇曹◇明星中學校教務主任◇東京府下府中町明星中學校内◇電、府中一三一◇明治十七年愛知縣生。東京帝大文學部宗教學科卒業。後東京市社會局に入りしが、之を辭して帝大佛教青年會館主事となり、後歐米に留學することニケ年半、歸朝して現職に就く。

大谷光瑞 法號、鏡如◇眞本◇本派保攝◇京都下京區堀川通本願寺◇明治九年


頁三一八
京都市生。學習院卒業後歐洲に留學し、歸朝後六甲山に寓居して深く内外の經典攻究、多數の子弟を薰陶教化して宗勢の進展に努む。屢々印度佛教、西藏等を探險し學界への貢献多大。明治三十六年明如上人示寂後本願寺派管長たりしが、大正三年辭して支那、南洋をはじめ海外に事業を經營し、傍ら光壽會會長として機關雜誌月刊『大乘』により佛教の研鑽普及に盡瘁す。

大谷光明 ◇眞本◇眞宗本願寺派保攝會長◇東京市赤坂區青山高樹町一六◇明治十八年京都市生。文學寮を卒業し、三十四年教師に補せられ、三十七年滿洲從軍布教總監として戰地に出張し、三十八年歸朝、同年同派執行長に任ず。四十年宗教視察の為歐米に出張、四十二年歸朝、同年光瑞法主海外に渡航せらるるに付、法務代理を委任せられ、同四十三新法主に定めらる。

大谷瑩潤 號、珪堂◇眞大◇同派凾館別院住職、東京自立會長、大潤會長、橫濱修道會長、囑託少年保護司◇東京市小石川區竹早町一二四◇明治二十三年京都市生。大正四年大谷大學卒業、七年任陸軍步兵少尉、大正十二年より昭和元年十二月迄大谷派東京復興局總裁、昭和二年より三年五月迄歐米諸國漫遊目下東京にて社會事業に從事。

大谷尊淨 ◇眞本◇千代田女子專門學校教授◇東京府下池袋大原一三六二、自知寮◇明治三十三年兵庫縣生。大正十五年東大文學部卒業。

大谷尊由 ◇眞本◇神戸市別格別院善福寺住職、本願寺派保攝、貴族院議員◇京都市下京區堀川花屋町下ル◇明治十九年京都市生。本願寺文學寮に學び、日露戰役に從軍し軍隊慰問、後東京第一教團長となり、大正三年執行長就職、次で管長事務取扱となり昭和二年辭す。

大谷昭道 ◇眞本◇本願寺保攝、別格別院本德寺住職◇京都市東山妙法院前◇明治二十三年兵庫縣生。前本願寺執行長龍谷大學財團理事長、日本少年保護協會理事、龜山高女校主。

大谷紝子 ◇眞本◇令女教會長、東京眞宗婦人會長、あそか會長◇東京市赤坂區青山高樹町一六◇明治二十六年生。幼年に九條公爵家より大谷家に入輿、華族女學校卒業後大谷光明師裏方となる。故九條文子夫人等と婦人教化、社會事業等に盡力し、昭和三年「あそか會」を創立して施療病院設立。

大江興源 ◇眞言◇瑠璃寺住職◇兵庫縣宍栗郡三河村船越瑠璃寺◇明治廿八年七月岡山縣生◇大正十年高野山大學卒業◇準別格本山高野山安養院住職をへて現住地に大正十三年轉ず。

大江賢昇 ◇眞本◇東京物理學校講師◇東京府下石神井村一九〇六敬覺寺◇明治三十二年東京府生◇大正十三年東京帝大文學部梵文科卒業。

大村桂嚴 號、龜山人◇淨◇陸軍士官學校教授兼大正大學教授◇東京市外和田堀町方南四四〇釜寺◇明治十三年滋賀縣生。三十五年宗教大學卒業、四十三年東大哲學科卒業。四十四年東山中學校長就任、大正九年陸軍士官學校教授に轉任、十五年大正大學教授兼任、昭和四年智山專門學校講師をも兼任す。雜誌『宗教と教育』を主宰。『教育學汎論』『宗教々育概論』『國民教育の根本義』等著書多し。

大村曉心 號、曉村◇眞大◇橫濱刑務所教務主任◇橫濱市中區笹下町官含◇明治十七年富山縣生。眞宗宗大學卒業、舊植


頁三一九
民專門學校朝鮮語科終了。新領土開教使刑務教誨に從事して朝鮮京城、札幌、東京、橫濱歷任、財團法人修養會理事等歷任

大角桂巖 ◇曹◇大道社長◇東京市小石川區關口町一九〇◇明治九年三重縣生。山岡鐵太郎、鳥尾小彌太等の創立せし大道學館出身。同氏等の志を繼ぎ大道社事業に從事す。

大角眞八 ◇眞本◇あそか病院院長、醫學博士、あそか會理事◇東京市北品川御殿山三四五。明治二十年十月神奈川縣生◇大正三年東京帝大醫科卒業、大正十四年學位を受け、昭和西年「鼠咬症の研究」により學士院賞を受く。

大森眞教 ◇新眞智◇同派宗會議員、愛媛宗務支所管理◇愛媛縣伊豫郡中村稱名寺◇明治二十三年愛媛縣生。

大森亮順 ◇天◇淺草寺住職◇東京市澁谷區淺草公園淺草寺◇電、淺草三三〇〇◇明治十一年東京府生。十五歲にして得度、天台宗大學卒業後、天台宗護法會常務理事、次で同宗總務の職にあること前後十一年、淺草寺の山務に從事する事十有六年。

大森知言 號、魯山◇曹◇駒澤大學教授◇山梨縣東山梨郡平等村永昌院◇明治元年山梨縣生。鷹林冷生に就きて禪の鉗鎚を受け、又專門支校に入り、更ニ曹洞宗大學に入り、其學科を修め之を卒業す。折居光輪に就て宗乘を研究す。

大森禪戒 ◇曹◇慈照寺住職◇山梨縣中巨摩郡龍王村慈照寺◇明治四年福井縣生。十八年同町の大森薰戒和尚に依つて薙染してその養子となる。二十九年曹洞宗大學卒業、後內地留學生として華嚴、天台、禪、密を學ぶ。三十七年海外留學生として北米の東部ヴアージニヤ大學、英國のオクスフオード大學、マンチチエスター大學、獨逸のライプチヒ大學等にて神學、宗教制度、宗教法等を學びて四十四年歸朝。曹洞宗大學學監となる。

大井清一 ◇眞大◇工學博士京都帝大教授◇京都市上京區寺町通石藥師下ル◇電、上五九七◇明治十年名古屋市生◇三十二年東大工科卒業。同年京大助教授、四十四年同教授に任ぜられ、大正元年學位を受け、大正十三年同大學工學部長に補せらる。

大井洞雲 號、隨雲窟◇臨東◇司法保護會西宮市支部長、昭和修養會、町衛生委員、◇愛知縣名古屋市矢田町長母寺◇明治十七年京都市生。美濃虎溪山及東福寺にて修行、明治卅七年近衞步兵第三聯隊入營三ケ年、大正三年西宮市茂林寺に住職、其後宗會議員參司員、遠忌常務委員等歷住、昭和六年縣寺住職就任。

大久保武雄 號、吞海◇社會教育研究所宗教部長兼默想庵主◇東京市日比谷公園◇電、銀座四八三八、同三〇三九◇明治三十七年五月東京生◇同志社大學卒、支那印度に於て在來の佛教を研究し、西藏よりコペンハーゲンまで步行し其間五ケ、獨學佛教各宗の奧義を究め、數年前より佛教救世報國の旗織のもとに世界を行脚しつヽあり。

大久保良忠 號、私竹、餕庵◇眞大◇東京教區會議員、鐵道共敬會並青年傳道會講師◇埼玉縣北埼玉俊騎西村淨樂寺◇騎西四◇明治二十八年埼玉縣生。大正五年大谷大學卒業。東京宗務出張所勤務、大正十年四月より十一ケ年鐵道共敬會『共敬』誌編輯、現在は『みおや』修養誌共同編輯發行、日曜學校經營。

大栗道船 號、保舟◇眞興◇佛教濟世軍佐世保支部長◇長崎縣佐世保市宮村一


頁三二〇
五五佛教濟世軍佐世保支部◇明治二十七年佐賀縣生。大正八年英文學院助教師,同九年海軍工廠記錄手、十三年より現職を務む、日曜學校、婦人會經營、講演、傳道に從事す。

大倉邦彥 ◇通佛◇大倉洋紙店社長、小田原製紙會社々長、大文洋行主、東京金網會社監查役、大倉精神文化研究所々長、富士見幼稚園々長、國民女子工藝學院々主◇東京市外目黑町三四五四、東京市日本橋區通一丁目二ノ五◇明治十五年佐賀縣生◇佐賀中學、東亞同文書院出身三十九年大文洋行上海支店に入り、次で大阪支店に轉じ先代大倉文二氏の養子となり現在に至る。

大河內了悟 ◇眞大◇無量壽寺住職◇愛知縣幡豆郡平坂町無量壽寺◇明治三十年生知縣生。昭和二年大谷大學研究科卒業。昭和三年四月より昭和六年三月まで大谷大學豫科並に專門部教授たり。

大西圓照 號、楓蔭◇天寺◇寶積坊住職◇大阪府豊能郡箕面村字平尾寶積坊◇明治二十五年大阪府生◇天台宗寺門派大阪府下第一法教支局管事。

大運永潤 ◇眞言豊◇自性院住職◇東京府豊多摩郡落合町自性院◇明治三十七年十一月栃木縣生。

大矢戒澤 ◇曹◇大慈寺後堂、對泉院住職◇岩手守縣上閉伊郡遠野町大慈寺◇明治六年三月岩手縣生◇宗務所長、布教部委員長、宗務所會議員等歷任、大本山孤雲閣都監、三陸大海嘯の吊葬導師、遠野保護會、岩手縣佛教會創立員、同會長たりしことあ。

大塚孝順 ◇曹◇伊達北部佛教慈善會主事◇福島縣伊達郡梁川町萬休院◇明治二十三年五月福島縣生◇大正四年八月以來幹事就任、大正九年二月司法保護事業職員養成所卒業、大正九年十月以降副會長兼主任、福島縣共濟委員會。

大橋廓靜 ◇淨◇良奈教區教務所長◇奈良縣南葛城郡葛町西方寺◇明治二十年十一月愛知縣生◇明治三十九年京都第五教校卒業、同四十二年現住地住職、大正十二年以來奈良布教正副團長、昭和四年以來現職繼續拜命。

大瀧定雄 號、大嶽◇曹◇元景寺住職◇群馬縣群馬郡總社町元景寺◇電、呼出前橋一五二六◇明治三十七年群馬縣生◇前橋中學を經て昭和五年日本大學宗教科を卒業す。

大坪宥芳 號、曙光庵邦舟◇新眞智◇布教師◇長野縣下伊那郡三穗村立石寺住職、同下條村藤本院兼務◇明治二十一年高知縣生◇大正三年藤本院に住職し昭和五年立石寺を董し前院を兼務す、陽皐日曜學校、曙光庵文庫、人事相談所等を經營、現に智山派長南宗務支所評議員たり。

大多喜守忍 ◇天◇輪王寺門跡、寬永寺住職◇東京市下谷區上野公園輪王寺◇電、下谷二〇三〇◇慶應三年滋賀縣生。大正四年同宗第十一教區正區長に任ぜらる。宗機顧問。

大場玄勇 號、日雷◇日◇大慶寺住職◇靜岡縣志太郡藤枝町大慶寺◇明治二十一年十月靜岡縣生◇大正五年日蓮宗大學卒業、同年六月朝鮮及滿洲布教に從事、更に北海道樺太、米領ハワイ布教に轉じて、教會設立二ケ所、その間約八ケ年に及ぶ。大正十二年歸朝、現住地大慶寺本堂を改築、專ら布教に盡瘁中。

大藤智融 ◇新眞智◇東陽院住職◇東京府荏原郡六鄉町九六一東陽院◇明治二年埼玉縣生。鄉里肥塚村成就院住職の傍


頁三二一
同村役場事務一切を處理し後千現寺に轉住、同派東京府第一宗務支所副管理を勤め、現在六鄉町小學校後援會長たり。

大越眞靜 號、春城◇眞豊◇宗務支所長◇茨城縣新治郡眞鍋町善應寺◇明治十四年七月茨城縣生。

大鹽毒山 號、排雲◇曹◇著述家◇東京市神田區表神保町一、内田松五郎方◇明治二十三年福井縣生。曹洞宗大學に學び同宗研究員となる。曾て中央圖書館長を勤む。『支那佛教史地圖並索引』『印度佛教史地圖並索引』等の著書あり。

大見德善 ◇淨鎮◇滋賀縣宗教々育聯盟委員、同佛教聯合會日校委員◇滋賀縣神崎郡旭村山本。明治四十年八月岐阜縣生◇昭和四年宗教々育研究機關の設立創始、同六月宗教々育聯盟を創立す。

大神最洲 ◇臨妙◇宗會議員◇福岡縣三潴郡三又村修林庵◇明治十八年三月福岡市生。

大神珍祥 號、栞園◇眞本◇同派執行所出仕、教學視察布教使◇福岡縣築上郡西吉村七五〇光林寺◇慶應元年廣島縣生。管事、輪番注記課長、評議員等歷任。別院及自坊維持財團法人を設立す。

大須賀秀道 號、秋峯◇大谷大學教授。同專門部長◇京都市下京區間ノ町通上珠數町下ル◇明治九年靜岡縣生。眞宗大學卒業、後眞宗京都中學に教鞭を執ること十七年間、大谷大學の教授に轉じてより約十年。

大山公淳 ◇古眞◇高野山大學圖書館司書◇和歌山縣伊都郡高野山、善集院◇明治二十八年岡山縣生。大正九年高野山大學卒業。以來日本密教の研究に從ふ。昭和五年『聲明の歷史及び音律』昭和六年『高野山學修灌頂修行記』並に『弘法大師の生涯と思想』を著す。

大溪賛雄 ◇眞大◇櫻花高等女學校、同女子高等技藝學校長◇名古屋市中區御器所町北山前櫻花高女校内、愛知縣幡豆郡橫須賀村富田願專寺◇鹿兒島縣生◇東洋大學專門部修了、慶應義墊大學文學部卒業、陸軍步兵少尉、正八位に任ぜられ眞宗東本願寺名古屋駐在布教使、等昭和五年ハワイ汎太平洋佛青會議に出席、同年歐米各國の教育事情調查のため出張、同六年七月現職就任。

大即莊生 ◇眞本◇本願寺◇布教使◇鹿兒島縣日置郡伊集院町一八九九大光寺◇電一〇六◇明治十五年熊本縣生。四十年早稻田大學文科卒業。四十年より大正六年迄開教使として米領布哇駐在、爾後布教使として現在に至る。

大辻德成 ◇曹◇大圓寺住職、同宗教區長◇東京府豊多摩郡和田堀町大字和泉七六九大圓寺◇明治二十五年東京市生。大正四年曹洞宗大學卒業。大正元年市外大崎町了眞寺首先住職、大正五年六月現住地を董す。

大槻快尊 ◇新眞智◇智山を專門學校教授、眞宗專門學校講師、愛知縣方面委員中區佛教會副會長◇名古屋市中區門前町四ノ四〇寶生院◇明治十三年東大文科卒業。豊山、智山兩大學教授、京大文科講師歷任。

大槻謙孝 號、錦華◇曹◇布教師◇京都府加佐郡八雲村即心寺◇明治三十年京都府生◇大阪朝日新聞社舞鶴通信部後援青い鳥お話會幹事長。童話研究創設、託兒所經營。

大矢榮山 號、六水◇曹◇三重縣北牟婁郡錦村金藏寺◇明治廿三年愛知縣。

大原晃道 號、環山◇眞本◇奈良縣高市郡八木町小房大願寺◇明治四十一年奈


頁三二二
良縣生◇龍谷大學支那學專攻。

大垣圓了 號、皓岳◇眞大◇同派宗議會議長◇石川縣能美郡小松町東町六六勸歸寺◇明治十八年石川縣生。四十年早大哲學科卒業。同年勸歸寺住職、大正十年特選賛衆、十五年議制會副議長、昭和三年現職に就任。本山制度法規の改善、教線の擴張、自坊の發展に努カす。

太田良順 號、月船◇臨妙◇名古屋佛教會常務理事、雜誌『蓬莱』主幹◇名古屋市西區新道町海福寺◇明治二十年名古屋市生。

太田諦龍 號、映峯◇淨◇誓蓮寺住職◇福井縣敦賀郡敦賀町三島誓蓮寺◇明治十九年三月滋賀縣生◇京都東山中學、高等學院等卒業。

太田芳甫 號、如是文庫主人、源一白、釋一白◇眞本◇農林、著述◇山口縣厚狹郡厚狹町第四一一屋敷如是閣文庫◇明治十五年山口縣生。退役陸軍騎兵少尉正八位勳六等、三十三歲縣政に參與、以來國政にも動く、造林經營にて表彰せらる、佛堂を建立し、如是閣文庫を興し廣く佛書を蒐集す、大典記念出版『農材の宗教』は天覽を賜り、十三宮殿下の台覽を賜ふ。

太田深澄 ◇天◇天台宗精查局精査員。滋賀縣犬上郡東甲良村池寺本覺院◇教區長、宗會議員、庶務部長、總務、精查局員。

大田信治郎 ◇天台宗淺草寺檀徒總代東京市會議員、實業家◇東京市本所區若宮町三八◇明治六年愛知縣生。

小笠原長生 號、風翼、鐵櫻、藹堂、金波樓◇日◇宮中顧問官◇東京府下代々幡町大字幡ケ谷九◇慶應三年東京市生。明治十七年子爵を授けらる。同二十年海軍兵學校卒業。日清、日露の戰役に參加し後海軍中將に任ぜらる。教科用圖書調查委員會委員、學習院御用科、東宮御學問所監事等歷任。

小笠原博旺 ◇眞本◇日出高等女學校教諭◇東京市外目黑町中目黒八二七◇電高輪三二九二◇明治三十九年十月山梨縣生◇東洋大學卒業、眞宗本願寺派福泉寺衆徒。

小笠原嶺旭 ◇淨◇大周寺住職、名古屋市南區方面委員助成會囑託◇名古屋市南區熱田東町五本松一四◇明治三十四年愛知縣生◇宗教大學卒業、愛知縣社會課奉職四ケ年、大日本聯合青年團海外視察愛知縣代表として中華民國、滿洲、朝鮮を巡遊、名古屋市高藏青年團理事。

小笠原秀雄 ◇眞大◇愛知縣中島郡朝日村明源寺◇明治四十二年愛知縣生◇眞宗專門學校卒業。

小笠原觀念 號、文武◇天寺◇石土大本山百中手不動院住職、天台宗愛媛縣法務支局管事、伊豫府中史談會長、大日本心身修錬會長◇愛媛縣越智郡清水村不動院◇明治十五年愛媛縣生◇愛媛師範學校日本法律學校卒業。歷史地理中等教員講習科修了。石土山中興開山、少年軍團を組織す。

小笠原秀晃 ◇眞本◇大阪毎日新聞宗教欄擔當記者◇京都市東中筋魚棚下ル遍照寺◇明治二十六年島根縣生。佛教大學卒業。

小野宗教 ◇眞本◇布教使、執行所用係◇大分縣下毛郡西谷村四八〇〇圓流寺◇明治三十一年大分縣生。大正十一年布教使に任ぜられて京城に駐在。昭和四年執行所用係兼教務部勤務を命ぜらる。

小野日熹 號、學鶯、鴨厓◇日◇本山本滿寺住職同宗一級宗會議員、第八教區


頁三二三
布教監◇京都市鶴山町一一本滿寺◇元治元年大阪府生。第六區檀林助教、大阪小檀林教頭等經歷。大正十一年本山本滿寺に住職、嘗て大阪在住中「